Marko Rodin & Randy Powell Vortex Based Mathematics

Marko Rodin & Randy Powell

Vortex Based MathematicsVBM)は、宇宙のエネルギーがどのように物質を生み出すかについての首尾一貫した数学モデルを提供しているようです。 数学は通常、量に基づいていますが、VBMは、比率、パターン、および数の質に焦点を当てた動的な数学モデルです。

VBM
は、電子の非減衰スピンと無限の持続可能な普遍的なエネルギーを説明しているようです。 それは有名なエネルギートーラスを構築することができる数学的モデルを提供し、その作成者であるマルコ・ロディンを引用すると、それは神の数学的指紋です。 もしこれが本当なら、それを音に適用して、宇宙の数学と共鳴するいくつかの調律システムや音階を見つけることができるはずです。

Vortex Based Mathematics
は、ホログラフィックユニバースでNumberがどのように機能するかについての近視眼的な定量的理解を超えています。 数字は単なる量ではありません。 それぞれに独自の品質、原型、および動作があります。 Vortex Based MathVBM)は、それ自体が数の研究です。 数秘術とは対照的な数秘術。 クワドリビウムの基盤であるナンバーは、私たちの概念的な目覚めの現実を構築します。 ピタゴラスがかつて適切に言ったように、「すべては数である」。

数は発明されませんでしたが、発見されました。 数量を表すために、一般的に合意された記号を使用します。 あるものに使用する記号は12つは2、というように続きます。 私たちが12の概念を作り上げたのではなく、これは私たちの現実に固有のものです。 本質的に質を含む、量のこれらの普遍的な概念的理解を表すために、単に記号を割り当てました。

数秘術とは対照的に、この数の振る舞いの研究は「数秘術」と呼ばれますが、数秘術は主観的な手段によって数のパターンと相関を見つけますが、数秘術は数自体の間の相互関係のパターンと相関を見つけます。 この違いは、占星術天文学の違いに例えることができます。前者は(私たちの観点から)主観的な観点から天体の影響を調べ、後者は惑星間の相互関係の知識を 惑星自体。 -TreeIncarnation

バハイ教の神の最も偉大な名前を理解するための彼の追求において、マルコ・ロディンという男は、この新しい定性的な数学の形式を発見しました。 40年後、この分野には、ランディパウエル、タイラーWサーモンド、ルーベンニール、アンソニーモリス、ロバートハッチングス、ダニエル&エリカヌネスなどの先駆者がいて、科学を実用化して、この偉大な失われた芸術に飛躍をもたらしています。 。

VBM
は、Numberのより深い定性的側面を分析します。 それぞれの数字には一定の品質があります。 3には、ある種の「三位一体」、つまり三位一体があります。 最も単純な線形形状である三角形を作成するには、正確に3つの辺が必要であるため、3つは2つの次元に関連しています。 Fourには、3次元空間に関連する独自の性質があります。 四面体は最も単純なプラトニック形式です。 テトラは4を意味し、辺(ヘドラ)の数を指します。

一定数の完全な立体があり、それぞれがその幾何学に独自の数値的性質を持っているという事実は、Numberがおそらく人工のものではあり得ないことを私に証明します。 正多面体は発明されていません。 これは、正多面体と呼ばれる前提条件をすべて満たす、できるだけ多くの3D形状を作成することで証明できます。

今日私たちが知っている数学は、量を象徴するためのツールにすぎません。 Vortex-Based MathematicsVBM)は、関係を示し、したがって量ではなく数の質を示す動的な数学であるため、異なります。 数字は実数であり、他のものの単なる記号ではありません。 数の間の関係はランダムでも人工でもないが、実際にはすべてが構成されている素粒子であることがわかります。 この失われた知識は私たちの古代人によく知られており、今日私たちのために発見されています。 徐々に、トーラスの形を形成する、シンプルでありながら非常に完璧な3次元マトリックスグリッドパターンの数字が表示されるようになります。

私はそれをこのように言うでしょう。 すべてが真実では三元であり、幻想では二元です。十進法は、「二元」を作成する3番目の「見えない」部分である中央の点の結果としてのみ左側と右側(0.0)を持ちます。 片面はマクロ、片面はミクロです。 中央のポイントはあなたがいる場所です。 輝く意識の中心。 3点目。 ALLからの分離の「経験」を持つために、時空を主観的、二元的に知覚する意識のポイント。 数体系は、マトリックス構造の素数冪である生エネルギーの直接の経験の外で私たちが持っている最も近いものです。 数字は、幾何学、音、光、ダイナミクスを理解して表示するために使用できるため、作成ツールの観点からはすべてのものの主要な要素です。 次は幾何学です。」-RhubenNealバルビタール

古代人は、プラトンが数千年後に支持した「すべては数である」という公理を理解し、実行しました。 何世紀にもわたって、研究者たちはこの失われた知恵のいくつかを発見してきました。 この秘教の知識を保存し、受け継ぐ責任を認識して、特定の著者はこの失われた芸術に彼らの人生を捧げます。 人類にとって幸運なことに、利他主義は初期の美徳です。 そして、人間の哲学に根付いた知恵の愛。

「古代の科学は今日のように数に基づいていましたが、数は現在、数の目的で量的な意味で使用されていますが、古代人は数を宇宙のシンボルと見なし、数の固有の構造とすべての種類の形式との類似点を見つけました。 モーション。

彼らのものは、現在得られている世界観とは非常に異なっていました。 彼らは、理性に従って、したがって人間の心によってある程度理解されるように設計された、神の捏造の生き物である生きている宇宙に住んでいました。

古代世界の数学的研究に特別な配慮が払われたのは、数は神の理性から人類への不完全な反映への進行における平均的な用語であるという理解から生じました。 ある非常に早い時期に、説明をはるかに超えたプロセスによって、特定の数のグループが集められ、成文化されました。 このようにして、すべての古代文化の根底にあり、あらゆる場所で何らかの奇跡的な啓示に起因する数値基準、または比例の基準が作成されました。

それは一般に数の核と活性化の原理であり、数の分野内で発生するすべてのタイプの進行と関係の要約であり、したがって数値的に作成された宇宙の忠実なイメージであると見なされました。

中国、バビロン、エジプトなどの古代の既知の文明では、数の規範がすべての知識の源であり、正当な行動へのガイドとして崇拝されていました。 その影響力は芸術や音楽から国政にまで及びました。 科学のすべての分野は、その理論と観察を、規範であるその小さなグループの数の観点から表現しました。

1
つの数値コードが、古代の数学、音楽、天文学、年表、計測学、およびあらゆる種類の工芸品全体を形作っています。 それは古代文化のすべての遺物と伝統にその痕跡を残しました。 これらの研究の結論は、自然現象のさまざまな順序が、数自体のフレームワークを提供する特定の同様の数のパターンに実際に準拠しているということです。」

数を1桁に減らすプロセスは多くの名前と呼ばれ、数秘術だけでなく主流の科学でも一般的に行われています。 バックミンスターフラーは、この数学のサブセットを「統合された数字」または「インディグ9」と呼びました。 また、コンピュータサイエンスでも認識されています。 彼らはそれを「数字根」または「数字和」または「量子ビット」と呼んでいます。 このプロセスは、カバラ還元またはピタゴラス和と呼ばれています。 この慣行の他のいくつかの名前には、10パリティ、量子数秘術、神智学の加算、インディグ、統合桁、インディグ9、モジュロ9算術、連続合計、蒸留、数の本質、減少した順序値、水平加算、および数値減少が含まれます。

Nine in Space and Time

マルコ・ロディンの学生として、ランディ・パウエルは、数値行列の領域における数とパターンのシンクロミスティックな振る舞いを探求する彼自身の旅を始めました。 この分野のパイオニアとして、彼は他の人々が現実の運営方法に根底にあるパターンが存在する可能性に目覚めるのを助けてきました。 時間と空間の構造に固有のこのパターンは、宇宙全体に浸透し、人生の背後にあるネゲントロピー的でインテリジェントな創造力に永遠に信憑性を与えます。

古代のヴェーダのヨギとエジプトの哲学者は、深い瞑想の中で数を0から9まで概念化しました。 9は転換点であり、すべての文明が新しいグリフ、文字、または記号で最初からやり直すことを決定した数です。 彼らは、現実自体が概念的に編成された方法で10進数で動作することを発見しました。 (基数10には9つの数字があり、ゼロは数字がないことを思い出してください)

9
は、卓越した限界であり、最大限の限界であり、数の典型的な原則が到達し、世界に現れることができる究極の拡張です。 古代ギリシャ人は、最初の9桁の原則を無限のサイクルで繰り返す無限の数の海の前の海岸の端にあるため、9を「地平線」と呼びました。 ギリシャ人が「エジプト九柱の神々」と呼んだ9つの原則を超えるものはありません。 –マイケルシュナイダー

マルコ・ロディンの作品を拡張して、ランディ・パウエルは最初から渦の数学とABHAトーラスについて説明します。ランディは、渦ベースの数学を使用すると、エネルギーが数学的にどのように表現されているかを確認できると言います。この数学には異常がなく、トロイドまたはドーナツ型のブラックホールとしての宇宙の寸法形状と機能を示しています。彼は、これが宇宙のテンプレートであり、すべて私たちの基数1010進法の範囲内にあると言います。彼はまた、ブラックホール、神、創造物、情報についての彼の見解を共有しています。 2時間目では、Vortex-Based Mathematicsが数学、科学、生物学、医学、遺伝学、天文学、化学、物理学、コンピューターサイエンスにどのように普遍的に適用できるかについて説明します。ランディは、それが自由エネルギー技術や人工知能など、信じられないほどのブレークスルーにつながる可能性があると推測しています。彼は、ボルテックスコイルがどのように機能するかを説明します。後で、「9」を利用することと、数学が私たちの意志、計画があることをどのように証明するかについて話します。 -ヘンリック・パルムグレン

以下は、MarkoRodinRandyPowellによって説明されているように、Enneadで見つかった2倍と2分の1のシーケンスです。

円を9つの部分に分割すると、VBMが円の360度にどのように関係しているかを簡単に確認できます。 この優れた高度合成数(非常に割り切れる数)は、VBM、基数10の数学、および10進法と同期します。 方法を見てみましょう。


円を9つの部分に分割します。 360/9 = 40なので、各ドットは40度です。 度は反時計回りに0360で割り当てます(時計回りに進まない理由は後でわかります)。

測定された各次数の数字根を見つけます。 3 + 2 + 0 = 5であるため、3205になります。 2 + 8 + 0 = 101 + 0 = 1であるため、2801になります。 このプロセスは、新しい時代のサークルや数秘術で人気がありますが、世界中の大学で一般的な検証可能な数学の形式でもあります。

ここで、45の乗算級数の数字根を取り、それらを円の周りに配置すると、適切な角度に対応していることがわかります。 4の掛け算の九九は反時計回りになり、5の場合、時計回りに進む角度と同期します。

さらに(しゃれを気にしない場合)、1,2,4,8,7,5のダブリングシーケンスが途切れないままであることに気付くでしょう。 これが、最初に反時計回りに進む度を割り当てた理由です。 他の方法では機能しません。 ランディが彼のビデオで指摘しているように、回路を逆にして反対方向に進むことはできません。 これは、エネルギーが自然に二重トーラス、爆縮、爆発で流れ、常にバランスが取れており、常に特定の方向に回転していることを思い出させます。 このようにして、VBMはウォルターラッセルとヴィクトルシャウバーガーの作品と自然に調和します。

示されている1,2,4,8,716)、532)回路は、通常の方法で順序付けられた番号で動作します。 このパターンは電気を表しています。 3,6,9パターン(下に紫色で表示)は磁性を表しています。

このシーケンスから欠落しているこれらの3つの数字は、偉大なニコラテスラに起因する有名な引用を思い起こさせます。

3
69の素晴らしさだけを知っていれば、宇宙への鍵があります。」-ニコラ・テスラ

John C. Keely
は、「「3度、6度、9度」の振動は非常に強力でした」と要約しています。

数字には、私たちが割り当てる単なる量以上のものがあります。 数字は生きています。 彼らは私たちの目覚めている現実を構築します。 時代を超えたすべての偉大な神秘主義者と哲学者は、この数値の宇宙を理解していました。 爆発ではなく爆縮によって、エネルギーを製造し、自然が意図した方法で世界を再形成できるようになるまで、そう長くはかからないでしょう。

Vortex Math
の原理と、この忘れられた科学の根底にあるイデオロギーが再浮上しています。 この失われた数値芸術は、現実の性質を理解するためのポータルであり、そのような内省から得られる心理的影響は、世界の魂の進化にとって最も重要です。

ナインは、その中に、私たちのホロフラクタルグラフィック、ベース10の現実の中で強力な共鳴を保持しています。 910進法で最大の数です。 9は実際にはすべての中で最大の数です。それ以降、他のすべての数はEnneadを反映しており、スカラーの拡大と縮小で10を表します。

10
は数字ではなく、より多くの概念です。つまり、それは自然の組織化の方法であると言えます。 ピタゴラス教徒は、実際には7つの数字しかないと考えていました。 統一性と二重性、12は数字とは見なされませんでした。 数字は3から始まり、最も縁起の良い9で終わりました。

Go to Nine is Space and Time

古代の数学の哲学者は、NINEを「仕上げのポスト」および「完成をもたらすもの」と呼んでいました。 – Michael Schneider –「宇宙を構築するための初心者向けガイド」

十は何もないものの組み合わせです。 1つは、Enneadからゼロを追加して借用し、すべての数値を、拡張と縮小におけるこの組み込みの定性的不変性で編成します。 言い換えれば、432,000、カリユガの年数(ヴェーダの伝統のタイムサイクル)は、43,200と同じ意味と象徴性、時計の文字盤の秒数、および関連する大ピラミッドの拡張係数を持っています 地球の北半球に。

数値はゼロの合計量によって異なる場合がありますが、それらの定性的な表現は、どんなに大きくても小さくても同じままです。

数を1桁に減らすプロセスは多くの名前と呼ばれ、数秘術だけでなく主流の科学でも一般的に行われています。 20世紀の偉大な幾何学的天才(頭韻法は別として)であるバックミンスターフラーは、この数学のサブセットを「統合された数字」または「インディグ9」と呼びました。 また、コンピュータサイエンスでも認識されています。 彼らはそれを「数字根」または「数字和」または「量子ビット」と呼んでいます。 このプロセスは、カバラ還元またはピタゴラス和と呼ばれています。 この慣行の他のいくつかの名前には、10パリティ、量子数秘術、神智学の加算、インディグ、統合桁、インディグ9、モジュロ9算術、連続合計、蒸留、数の本質、減少した順序値、水平加算、および数値減少が含まれます。

5 + 5 = 10
1 + 0 = 1 456であるため、55の数字根は1です。4+5 + 6 = 151 + 5 = 6であるため、カバリズム的に6に減少します。

この手法は、基礎となる数値パターンを現実に示すため、Vortex BasedMathematicsの鍵となります。 中世には、これを「九去法」と呼んでいました。なぜなら、九去法を無視すると、同じ数字根が得られるからです。

3
69の素晴らしさだけを知っていれば、宇宙への鍵があります」-ニコラ・テスラの認定

I.
グルジエフは、20世紀半ばに影響力のあるスピリチュアルティーチャーであり、ほとんどの人間は催眠術の「目覚めた睡眠」の状態で生活しているが、より高い意識状態に超越して完全な人間の可能性を達成することは可能であると教えました。 、別名「グレートワーク」として知られています。 錬金術は、見たところ、鉛を金に変えるだけではありません

ルジエフは、3つの力の基本法則と、エネルギーの7倍の発達の法則(オクターブの法則)、およびエニアグラムのシンボルで表されるこれらの法則の相互関係を教えました。 七つの法則は、自然界の多くのプロセスを説明する「最初の基本的な宇宙法則」として説明されています。 三の法則は「第二の基本的な宇宙の法則」であり、なぜこれほど多くのことが三で起こるのかを説明しています。 ポジティブ-ネガティブ-ニュートラル、過去-現在-未来、長さ--深さ、固液ガスなど。グルジエフは、人間の3つのセンターは、知的センター、感情センター、移動センターであると述べました。

エドワード・リーズカルニンの作品を拡張して、CoralCastleCode.comでのジョン・デピューの作品は、グルジエフの3つの法則と非常に共鳴しています。

分数1/7 = .142857142857。」9つの尖った円内の連続したパスとして表示されます。 7は、1に分割され、異なる桁の繰り返しの軌跡を残す唯一の数値です。

男は砂漠で一人でいる可能性があり、砂の中のエニアグラムをたどることができ、その中で宇宙の永遠の法則を読むことができます。 。 。 異なる学校に通っていた2人の男性が出会った場合、彼らはエニアグラムを描き、その助けを借りて、どちらがより多くを知っているかをすぐに確認することができます。 -NSD.ウスペンスキー(?-1947、ロシアの数学者、作家、GI。グルジエフの学生)

9
は、卓越した限界であり、最大限の限界であり、数の典型的な原則が到達し、世界に現れることができる究極の拡張です。 古代ギリシャ人は、最初の9桁の原則を無限のサイクルで繰り返す無限の数の海の前の海岸の端にあるため、9を「地平線」と呼びました。 ギリシャ人が「エジプト九柱の神々」と呼んだ9つの原則を超えるものはありません。 –マイケルシュナイダー

他の多くのミステリースクールと同様に、オーディニックミステリーはキリスト教によって破壊されましたが、彼らの堕落の根本的な原因は神権の腐敗でした。 これらの教えは地下の地下室や洞窟で行われました。 ミステリーの9つの世界を表すこれらの9つの部屋。

北欧のミステリーは9つの部屋、つまり洞窟で与えられ、候補者は順番にそれらを進んでいきました。これらの印心の部屋は、ドロッターが宇宙を分割した9つの球体を表しています。(1アスガルド、神々の天国。 (2)アルフハイム、光と美しいエルフ、またはスピリッツの世界。 (3)北に位置する冷暗闇の世界ニフルハイム。 (4)東に位置する巨人の世界であるJotun-heim。 (5)真ん中、または真ん中に位置する人間の地球世界、ミッドガルド。 (6)西に位置する、ベーンの世界、ヴァナヘイム。 (7)南に位置する火の世界であるムスペルヘイム8)地球の下にある暗くて危険なエルフの世界であるSvart-alfa-heim。 (9)宇宙の最下点に位置する、寒さと死者の住まいの世界、ヘルハイム。人間の生き物の故郷であるミズガルズを除いて、これらの世界はすべて感覚に見えないことを理解する必要がありますが、開始の過程で、候補者の魂は、司祭の秘密の力によってその地上の鞘から解放されました。これらのさまざまな球の住民の中でさまよう。間違いなく、スカンジナビア人の9つの世界と、エレウシスの秘儀のイニシエーションが再生の儀式を通過した9つの球体または平面との間に関係があります。 -マンリーP.ホール

エジプト人はナインの力を高く評価しました。 Ennead、または9つの神と女神の会社は、数の法則を通じて宇宙を規制および支配する典型的な原則を表しています。

掛け算の九九は、数自体に与えられた神の対称性を示しています。 死すべき男性は、それほど美しく機能するシステムを考案するのに十分賢くなかったかもしれません。 私たちの基数1010進法は、非効率的なNINEによってカプセル化され、自然界でエンコードされていますが、人間が設計したシステムではなく、インテリジェントな作成者の心によって策定されたシステムです。

古代人が完成、達成、そしてサイクルの終わりの原則としてエネアードを保持した偉大な尊敬の源は、9番の算術特性にあります。 最良の例は、おなじみの九九です。これは、内部構造を理解せずに子供たちに暗記させるものです。 その表面上、掛け算の九九は数字のランダムなグループのように見えます。 しかし、それは実際には数学的原理の相互受精の地図です。 –マイケルシュナイダー

NINE
は、空間と時間の測定値の多くにエンコードされています

1
平方フィート:144インチ= 9 1立方フィート:1728立方インチ= 9 1平方ヤード:1296インチ= 9 1立方ヤード:46,656立方インチ= 9

86400
/= 93600/時間= 9604800/= 91440/= 910080/= 92 5920/精度= 9525600/= 9

古代人はナインの重要性を理解し、時間のサイクルの中でそれを隠しました:

歳差運動サイクル25920 = 9歳差運動のマヤ数25956 = 9マヤコンパニオン数1366560 = 9マヤ長期暦(日)= 9古代ケミ数1296000 = 9プラトンの「完全数」(1x2x3x4x5x6x7 = 5040= 9

4
ヒンドゥーユガ(年齢)サティヤユガ1,728,000 = 9トレタユガ1,296,000 = 9ドヴァーパラユガ864,000 = 9カリユガ432,000 = 9

シュメール王名表(シュメール神話)

アロロス–バビロン– 36000= 9アルリム–エリドゥ– 28800= 9アラパロス–不明10,800 = 9アメロン–パウティビブロン46,800 = 9アンメノン–パウティビブロン43,200 = 9アメガラロス–パウティビブロン64,800 = 9ダオノス–パウティビブロン36,000 = 9ユードラチョス = 9 Amempsinos – Laragchos 36,000 = 9 Otiartes – Laragchos 28,800 = 9 Xisouthros –不明64,800 = 9

正多面体

四面体=合計180度の4= 720= 9八面体-1440= 9六面体(立方体)–3606= 2160= 9二十面体–18020= 3600= 9十二面体12540 = 6480= 9

幾何学9:形状の合計角度三角形60°x3180°= 9正方形90°x4360°= 9五角形108°x5540°= 9六角形120°x6360°= 9七角形128.571°n / a八角135 °x81080°= 9ノナゴン140°x91260°= 9デカゴン144°x103600°= 9ヘンダカドン147.273°n / a)ドデカゴン150°x121800°= 9

円の度数は360であるため、これらの数とジオメトリは常に9になります。360には9の数字根(3 + 6 + 0 = 9)があるため、これを掛けた数も9になります。

例:360 x 4.12 = 1483.21 + 4 + 8 + 3 + 2 = 9

今日私たちが知っている数学は、量を象徴するためのツールにすぎません。 Vortex-Based MathematicsVBM)は、量ではなく数の関係、つまり質を示す動的な数学であるため、完全に異なります。

マルコは世界のすべての偉大な宗教を研究しました。彼は、アブハであるバハウラ(バハイ教預言者)の最も偉大な名前を取り、それを数字に変換することに決めました。彼は、神の最も偉大な名前の真の正確な神秘的なイントネーションを発見するためにこれを行いました。バハイ教聖典はもともとペルシア語とアラビア語で書かれていたため、マルコはこの文字から数字への翻訳にアブジャドの数値表記システムを使用しました。これは、アルファベットの27文字の各文字に一意の数値を割り当てて、秘密の量子力学の物理学を単語にエンコードできるようにする神聖なシステムでした。マルコが発見したのは、(A = 1b = 2h = 5a = 1= 9でした。神の最も偉大な名前が9に等しいという事実は、彼が両方のバハイで読んだすべてのものとして、彼にとって非常に重要であるように見えました。経典や他の宗教的なテキストは、9が全能の数であると述べました。そこで次に、彼は上に9つ、時計回りに1から8の円を回って円を描きました。それから彼はこの円の中に非常に興味をそそる記数法を発見しました。マルコは、自分が非常に深い何かに出くわしたことを知っていました。数列が隠されたこの円は「悟りの象徴」でした。これは神の数学的な指紋です。

このシンボルの驚くべき特性があなたに明らかになるので、それに従ってください。鉛筆を1番に置き、鉛筆を持ち上げずに、鉛筆を2番、4番、中央を横切って8番に直線で動かします。2倍になっていることに注意してください。したがって、次は16である必要がありますが、1 + 6 = 7です。したがって、鉛筆を7に移動します。162倍にすると32になりますが、3 + 2 = 5になります。したがって、鉛筆を5に移動します。32倍になると646 + 4 = 101 + 0 = 1になります。そして、1に戻ります。鉛筆を中央を横切って1に戻します。マヤ暦の重要性は、64が無限の1つの完全なサイクルであるということです。次に、642倍にして1281 + 2 + 8 = 111 + 1 = 2で再開します。等々。倍増し続けると、このトラックから外れることはありません。鉛筆の下に無限大の記号が形成され、124875の繰り返しパターンが作成されていることに注目してください。驚くべきことに、この数列は、半分の数でもそのまま残ります。 1からやり直しますが、今回は無限大の記号を逆方向に進みます。 1の半分は.5なので、鉛筆を5に移動します。.5の半分は.25で、2 + 5 = 7です。したがって、鉛筆を7に移動します。.25の半分は.125で、1 + 2 + 5 = 8です。したがって、8に移動します。.125の次の半分は.0625および0 + 6 + 2 + 5 = 13および1+ 3 = 4です。したがって、4に移動します。.0625の半分は.031250 + 3 + 1 + 2 + 5 = 11および1+ 1 = 2です。だから2に移動します。永遠に124875のルートにとどまります。

10
進数をその累乗(たとえば、0.5 = 10.25 = 1000.125 = 1,000)に置き換えると、累乗が水平方向に並んでいることがわかります。

この時点で、「これらの数値パターンは実際のアプリケーションと何の関係があるのか」と考える人もいるかもしれません。 これらの数字のグループは、エネルギーの流れを完全に示すジグソーパズルのパターンにまとめられています。 私たちの10進法の基数は人為的なものではなく、このエネルギーの流れによって作られています。 驚くべきことに、このシンボルを20年間使用し、エンジニアや科学者と協力した後、マルコは1,2,4,8,7,5が非常に効率的な電気コイルの倍増回路であることを発見しました。

実現すべきもう1つの非常に重要な数のパターンがまだありました。 MATHEMATICAL FINGERPRINT OF GODで、39、および6が赤で表示され、ベースで接続されていないことに注目してください。 それはベクトルだからです。 1,2,4,8,7,53次元であり、36の間の振動は、電気コイルの高次元磁場である4次元を示しています。 39、および6は、常に9をコントロールとして一緒に発生します。 実際、陰陽は二元性ではなく、三元性です。 これは、36が陰陽の両側を表し、9がそれらの間の「S」曲線であるためです。 すべてが3分の1に基づいています。 私たちは、原因ではなく影響を見るので、宇宙は二重性に基づいていると思います。

私が36の間の振動を言うとき、私が意味するのは、3 doubled6であり、6 doubled12ですが、1 + 2 = 3、そして12 doubled24ですが、2 + 4 = 624doubled48です。 、ただし4 + 8 = 12および1+ 2 = 3。 したがって、36はそれぞれ別の次元で行き来します。 これにより、(3,9,6,6,9,3,3,9)の他の重要なパターンが作成されます。

次に、2Dグリッドに数値パターンを配置します。 3,9,6,6,9,3,3,9の番号パターンを、今後の1,2,4,8,7,5の番号パターンと1,2,4,8,7の中央に配置します。 、5番号パターンが逆方向に進むと、驚くほど完璧な番号マップが作成されます。 MATHEMATICAL FINGERPRINT OF GODは、トーラスの凡例または青写真であり、以下の2D形式で視覚化できます。

2D
番号マップは、トーラスの3Dスキンを形成し、コイルの巻線の概念を示しています。

そして9は、磁力線の中心内で常に発生するスピリットと呼ばれる高次元のフラックス放射であるオムニ次元を示しています。 神の数学の指紋から説明されるために残された最後の数は数9です。数9は、私たちの物理的な創造の世界で発生する一瞬の出来事で現れるエネルギーです。 垂直直立軸を識別する唯一の番号であるため、フォーカルセンターであるという点でユニークです。 それは特異点または統一のプライマルポイントです。 数字の9は決して変わらず、線形です。 たとえば、9の倍数はすべて9に等しくなります。9x1= 99x2 = 18、ただし1 + 8 = 99x3 = 27、ただし2 + 7 = 9。 これは、重心からすべての原子の核から、そしてブラックホール特異点から直線的に放射されているためです。 それは完全であり、完全性を示しており、常にそれ自体と等しいため、同等性はありません。 数字の9は、暗黒物質として知られている宇宙で失われている粒子です。

数字の9は無限大のシンボルの中心と並んでおり、この中心から、私たちがスピリットと呼ぶ線形放射が重心から外側に向かって発散します。 宇宙で直線的に動くのはスピリットだけです。 スピリットは、アインシュタインが仮定した慣性エーテルです。 スピリットは、他のすべてのものをその周りで歪ませたり湾曲させたりするものです。 完全数パターンは、実際にはこのスピリットエネルギーによって作成されます。 スピリットがなければ、宇宙は貧しく、空虚になります。 スピリットフローは、すべての動きの源であり、電子の非減衰スピンの源でもあります。

数には、時間的、空間的、および体積的な性質があります。 たとえば、物理学は基数10の記数法です。 言い換えれば、数は左右対称または鏡面対称であり、水平面の層状層に並んでいます。 これは物理学のパリティと同じです。 渦ベースの数学には、9つの単純な乗算級数(離散数19ごとに1つの級数)があります。 これらの乗算シリーズは、意味のある数列を形成する水平加算によってすべての積を1桁に減らすことに基づいています。

3
つの極数のペアがあります。 182745。たとえば、4の倍数は1x4 = 42x4 = 83x4 = 12ですが1+ 2 = 34x4 = 16ですが1+ 6 = 75x4 = 20です。 ただし、2 + 0 = 26x4 = 242 + 4 = 67x4 = 282 + 8 = 101 + 0 = 18x4 = 323 + 2 = 59x4 = 363 + 6 = 9。 したがって、4の倍数は4,8,3,7,2,6,1,5に等しく、5の倍数は4の反対の極であり、(5,1,6,2,7,3,8,4)です。 各ペアは、同一であるが反対方向の番号シーケンスを形成します。 したがって、5の倍数を取り、それらが逆方向に実行されているのを見ると、順方向に実行されている4の倍数と同じです。 まったく同じように、極ペア[1,8]の乗算級数は、(1,2,3,4,5,6,7,8)と(8,7,6,5,4,321)それぞれ番号1と番号8の場合。 極ペア[2,7]の乗算級数は、(2,4,6,8,1,3,5,7)および(7,5,3,1,8,6,4,2)です。 すべては、特異点から、中心から外側に向かって始まります。

自然は数字で自分を表現しています。 私たちの10進法の対称性は自然の原理です。 9軸は倍増回路を引き起こし、それは物質が収束する方向と離れる点であり、そこから発散または膨張します。 したがって、極数のペアは互いに鏡像になり、両方とも中心軸から反対方向に流れます。 花びらがバラに包まれたり、オウムガイの殻が外側にらせん状になったりするように、外側に巻かれた単一の点に完全な対称性があります。

vMarko Rodin
は、電子の非減衰スピンの原因を発見しました。 科学者は宇宙のすべての電子がスピンすることを知っていますが、このスピンの原因を発見したことはありません。 ロダンは持っています。 彼は宇宙の基盤となる幾何学、時間そのものの構造を発見しました。 彼は、微積分、幾何学スカラー数学など、すべての高等数学を離散数数学に減らすことでこれを実現しました。

Vortex-Based Mathematics
の導入により、エネルギーが数学的にどのように表現されているかを確認できます。 この数学には異常がなく、トロイドまたはドーナツ型のブラックホールとしての宇宙の寸法形状と機能を示しています。 これは宇宙のテンプレートであり、すべて10進法の基数の範囲内にあります。

ロダンソリューションの潜在的な範囲と幅は驚異的です。数学、科学、生物学、医学、遺伝学、天文学、化学、物理学、コンピューターサイエンスに広く適用できます。 Rodin Solutionは、プロセッサに重要なギャップスペース、つまり等電位の主溝を作成することにより、コンピュータハードウェアに革命をもたらします。このギャップスペースは、基盤となる入れ子になった渦を生成し、熱の蓄積なしにはるかに高い効率をもたらします。 Rodin Solutionは、バイナリコードを、コンピュータのオペレーティングシステムに革命をもたらすバイナリトリプレットと呼ばれる新しいコードに置き換えます。それは、ブラックホールとパルサーがどのように機能するかを最終的に答えることによって、物理学と天体物理学を変革します。宇宙旅行は、引っ張る重量の影響を受けない無反応ドライブによって革命を起こし、現在の燃焼エンジンは時代遅れになります。無反応駆動によってもたらされる革命は、蒸気機関から現在の燃焼機関への移行によってもたらされる社会の変化をはるかに超えています。ロダンソリューションは、無尽蔵で汚染のないエネルギー源を作り出すことで、汚染や干ばつを終わらせるためにも適用できます。ロダンの渦ベースの数学により、彼は1兆倍の計算をわずか数整数ステップに凝縮することができ、すべての数学的謎を解くことができるため、ロダンソリューションはコンピューター情報の圧縮に革命をもたらします。

ロダンコイル、またはロダントーラスの初歩的なバージョンは、一流の科学者によって作成およびテストされており、現在、米国大陸の四隅を保護するアンテナで米国政府によって使用されています。 ロダンコイルトーラスは、癌患者の治療に製造され、使用されています。 Microsoftの元主任研究者は、Rodin Coilを使用して、新しいコンピューター情報圧縮スキームの研究、開発、特許を取得しています。

多くの人々がロダンソリューションの側面を適用していますが、個人的な協議と20年前に公開されたロダンのモノグラフに基づいて、マルコロダンロダンコイルの位相調整や通電などの重要な概念を説明したことがありません。 この仕事を手に入れるための事実上のスタンピードがありましたが、ロダンは沈黙または非協力的であり続け、彼の仕事と研究を孤立して続けることを好みました。 彼は今、ロダンソリューションの真の力と範囲を公に明らかにする準備ができています。

- source: www.markorodin.com

ジョン・C・リリー博士の著書「サイクロンの中心」の中で、彼は次のように述べています。 以前にそれらを発見しました。」 これが深遠な発見の本質です。

30
年以上前、Marko Rodinは、これまでに書かれた中で最も完璧な方程式であると多くの人が考えていることを初めて書いたときに、そのような発見を1つ行いました。 それはそれが得るのと同じくらい簡単でした。 円の周りに等間隔に配置された9つの数字。 それでも、そこに含まれていたのは、何世紀にもわたって人類を避けてきたすべての科学の秘密でした。 マルコは数そのものの本質を発見しました。 彼は数学的完全性を発見しました。 この小さな図の中には、数学と科学のすべての分野のすべての機能と能力が含まれていました。

23
年以上の間、マルコはこの方程式を設計可能になるレベルまで押し上げるために努力しました。 彼の目標は、この数値の完全性を利用して、電力と推進力、医療と外科手術、食料と水の生産、コンピューター、さらにはアンテナと音響システムの分野で、既存のすべての技術を廃止することでした。 そして、それが不可能かもしれないと思われたちょうどその時、彼は別の突破口を開きました。 マルコは、量子空間で自分の数の次元を与える方法を見つけました。それらをプロットすると、円のこの小さな2次元の断面は、実際には、次の形の宇宙の3次元モデルに折りたたむことができることがわかりました。 トーラスまたはドーナツ。

トーラスの形が自然にとって非常に重要で基本的な理由を初めて明らかにしたので、これは非常に重要な発見でした。 非常に重要なので、実際には他のすべてのフォームの基礎になります。 したがって、私たち自身の血球やDNAから竜巻やハリケーン、惑星の磁場、大規模な銀河の形成に至るまで、ミクロからマクロのスケールでそれを見るという事実。 すべてがトーラスの形に折りたたまれているのが観察されます。 いつの日か、宇宙全体でさえこの形になっていることに気付くと思います。

マルコは6か月以内に、1988年にAir Space Americaで、世界でこれまでに開催された最大の航空宇宙コンベンションを発表しました。 ジョージブッシュシニアはセレモニーのマスターであり、彼がトーラスモデルを最初に発表したのは、これまでに作成された中で最も先進的な飛行機械のエンジニアリングの青写真であると主張したときでした。

マルコは、自分の数字を使ってスピンの力を利用し、これまで観察されていなかった未開発の「ゼロポイント」エネルギーを解放して、宇宙のどこにでも移動できる垂直リフト翼のない飛行機械を作成できると主張しました。 このエネルギーは科学の多くの名前(タキオン、単極子、シータ粒子、ダークエネルギー)で知られていますが、宇宙の「いつどこで」それを可能にする場所を特定できる数学モデルを誰もが主張したのはこれが初めてでした 利用する。 つまり、空飛ぶ円盤を作るための青写真ができました。 マルコは彼のマシンを「フラックススラスターアトムパルサー電気ベンチュリ時空爆縮フィールドジェネレーターコイル」と呼んだ。


マルコの作品に最初に出会った2006年のほぼ20年後、マルコの最初の二層フラックススラスターアトムパルサーコイル( 別名ロディンコイル)。 入手できた唯一の情報は、90年代後半にMarkoによって提供された、Youtubeでまだ入手可能な、短く、非公式で、初歩的なプレゼンテーションでした。 しかし、私はこのプロジェクトを前進させることを決意したので、この限られた情報源から可能な限りの情報を絞り出し、見つけた知識の適用に取り掛かり始めました。

次の数年間、私はマルコの独自の方法を彼の作品に一晩まで熱心に適用し、驚いたことに、この作品にアプローチして分析した最高の科学者には見落とされていたまったく新しい解決策を見つけました。 もう一度、リリー博士の言葉は真実でした。 私はまったく新しいもの、完璧さの完璧さ、そして(適切に設計された場合)室温で超伝導する能力を持ち、このとらえどころのない「ダークエネルギー」を利用できる3次元格子構造回路を作成するための鍵を発見しました。

私は自分の発見をABHAトーラスと呼んでいます。 これで、MarkoRodinVortexBasedMathematicsを設計する方法が完全に完了しました。 私が発見したABHAトーラスは、真の完璧なトーラスであり、3D空間で可能なすべての数学的/幾何学的関係を明らかにする機能を備えているため、テクノロジーの世界で必要な機能アプリケーションを本質的に実現できます。 これは、ABHAトーラスが、数の真の秘密(角度と比率に基づく定性的な関係)が完全に明らかにされる数学的フレームワークを提供するためです。

これが、私が計算したABHAトーラスが、数値が単なる虚数ではないという証拠を提示するため、存在する中で最も強力な数学ツールであると私が信じる理由です。 それどころか、数は実数であり、常に空間的、時間的、および体積的な品質を示す静止したベクトルの隙間です。 静止しているということは、それらが固定定数であることを意味します。 ABHAトーラスでは、数字は決して移動しませんが、関数は、振動と、自然が生きているエネルギーを利用するために使用する基礎となるフラクタル回路をモデル化する数字を移動します。

ロダン/パウエルの解によって明らかにされたABHAトーラスは、完全に対称的な数のスピン配列を表示します(素数の対称性さえも明らかにします)。これは、時代を超えて数え切れないほどの科学者や数学者を困惑させてきた偉業です。 それは、実際には、表面に沿って、トーラスの内部体積を介して、これまで観察されなかった正の極性の相互作用によって生成された膨張および収縮する分極対数螺旋ダイヤモンド粒子網状パターンの対数運動の結果であるとして、両側対称の秘密を明らかにします。 エネルギー放射(いわゆる「ダーク」または「ゼロポイント」エネルギー)とその結果として生じる負の極性のバックドラフトカウンタースペース(重力)。

実験的に正しいことが証明された場合、そのようなモデルは、たとえば、移動システムに存在するすべての比例関係と角度関係を正確に定義し、すべての加速運動が求める真の経路だけでなく、今日のエネルギー生産で使用されるトロイダルコイルへの標準的なアプローチを置き換えます( それは、原子核の周りの電子またはドレインを流れる水の)ですが、それに加えて、これまで観測されていなかった、定義されていない、すべての時空、運動、および振動の根底にある点エネルギー源を明らかにします。

ABHA
トーラスは、エネルギー変換の最大効率と、宇宙が物質を再処理する機能的な方法のために設計された普遍的な主要なジオメトリであり、ブラックホールのコアでそれ自体を浸し、熱を放散する冷却源として使用します。 ホワイトホールから出て、トーラスの分極した運動経路に沿った中心。 これは実際には、ブラックホール、ホワイトホール、クエーサーなどがどのように機能するかについての本当の説明です。 これらはすべて、自動車のエンジンや冷蔵庫など、今日の多くの技術で温度を制御するために使用される圧縮と減圧の原理のさまざまな現れです。

DNA
分子のらせん構造でさえ、ねじれ効果の例です。 電気コイルと同じ原理です。 私たちの血球もトロイドであり、実際、人体全体がトロイダルシステムの例であり、「トルソ」というアペラシオンによって証明されています。

前述のすべては、上部で物を吸い込み(爆縮)、下部でそれらを発射する(爆発)、一方向に生きる全身の磁気/電気システムの代表です。 このプロセスは本質的に、システムがそれ自体を前方に推進することを可能にするジェットを作成します。 ただし、前述のように、ABHAトーラスには、正の点光源放射であり、無限のエネルギーポテンシャルを利用するための鍵である焦点中心、制御、および収束を明らかにすることにより、爆縮と爆発の3次元プロセスを超えてモデル化する機能があります。 より高い次元の。

ロダンチームのエーテロンによって呼び出されたこれらの放射は、全方向性であり、電子の非減衰スピンと失われた慣性エーテルの源である三元調和位相で、任意の質量体の焦点中心から外側に放射します。 アルバートアインシュタインによって提案されました。 エーテロンは、魅力的で、すべてに浸透し、すべての物理的質量が反り返ったり曲がったりすることを余儀なくされる、偏りのない、腐敗しない直線で動く唯一のものです。

これらの放射がなければ、エーテロンがすべての物質に浸透し、アニメーション化し、質量を与える方法のために、宇宙は即座に貧困になり、無効になり、マルコ・ロディンが最初に宇宙の基盤となる幾何学と呼んだものを作成します。言い換えれば、エーテロンはその形と機能の両方をすべての物質に授けます。そのため、ABHAトーラスは、大気圏に入るワイヤーまたは宇宙船を通る電子であるかどうかにかかわらず、あらゆる動きに対する抵抗が最も少ない真の自由飛行経路を明らかにすることができます。数学への標準的なアプローチは現実の近似に基づいており、これらの角度と比例関係を明らかにすることができないため、これは、たとえば天体ナビゲーションに関心のある人にとって非常に重要な発見です。厳密に言えば、これは数学者が3次元空間内の場所を正確に特定する方法を見つけることができず、目的地に近づき始めると、宇宙船の面倒な修正計算を常に組み込むことを余儀なくされていることを意味します。

一方、ABHAトーラスは、宇宙に存在する他のすべてのエーテロン放射とインターフェースする能力により、空間内の任意のポイントを正確に特定することができます。 これにより、自動自己安定化と、その軸である優先基準系への方向付けという自己固有の特性が得られます。 また、ABHAトーラスは自己参照型であるため、他の自己参照型の相対性理論との関係で、上、下、左、右、前、後ろがどこにあるかを常に知ることができます。

そのような声明は、その重要性を過小評価することはできません。 この計算が正しければ、ABHAトーラスによってモデル化された正確な場所と時間で、エーテロンの放射の位置とその結果として生じる磁気的および電気的効果を理解することが、究極の技術を構築する方法を理解するための鍵となります。

このようなモデルを使用すると、同期され、調和のとれた不一致がなく、焦点の中心で特異点に集中する電気運動を実現できます。 この特異点は、表面上は、途方もない磁気出力を備えた無尽蔵で自己完結型の垂直リフト無反応ドライブの作成を可能にするジェットでもあります。 非常に多くの私たちの数は、その重量に関係なく、燃料のために地球に戻る必要なしに、宇宙へのあらゆる負荷を支えることができることを私たちに教えています。

それだけでなく、ABHAトーラスの数値干渉計パターンを読み取ることができるエンジニアは、実際に量子しきい値を超えて、過去、現在、未来のすべての位置でカウンターミラーイメージ方向に実行される個別のフリーズフレーム電気モーメントを観察できます。 xy、およびz'。 したがって、実際には、z軸の線形放射状スポークに沿って計算しても、ABHAトーラススキンのさまざまな分極層が明らかになり、過去、現在、および将来の位置を同時に知ることはできないというハイゼンベルク不確定性原理を非常に簡単に上書きできます。 電子。

ただし、物理学だけでなく、科学研究の他の多くの分野でもエーテロンの放射は非常に重要です。 ABHAにとって、トーラスは、ある科学から別の科学への境界を越えることができる唯一の数学的概略図であり、原子以下の物理学、周期表、またはコンピューターサイエンスの秘密を明らかにするだけでなく、DNAの原因不明のらせん状コイルの真の原因を示しています。 数学的に観察可能なAetheronFluxFieldsとその結果として生じる入れ子になった渦である。 これらの入れ子になった磁束場の渦を利用してDNAの有糸分裂と複製を制御することにより、病気を治療するまったく新しい道が開かれ、侵襲的な外科技術やラジオニクスなどの外部周波数ベースの技術を使用せずに、遺伝子パターンを選択的に切断および接合することが可能になります。 。

これと同じ原理をABHAトーラスのコンピューターハードウェアに適用できるため、すべての電気回路に自然に磁気的にアクティブなギャップスペース(DNAスパイラルヘリックスに見られるものと同様で、等電位主溝と呼ばれることもあります)を実装する必要があります。 処理システム。 ABHAトーラスから抽出された数学的データによって明らかにされたように、これらのギャップスペースは、熱の蓄積なしにはるかに高い速度と効率を生成する可能性がある、電気運動のこれらの同じ入れ子になった渦の自然発生を可能にします。

ABHA
トーラスのRodin / Powellソリューションを使用すると、これらの基盤となる微視的な入れ子状の渦を利用して、渦の位相と2つの導電性ワイヤーを可能にする調和せん断効果の作成に基づいて、室温で任意の連続媒体を超伝導に変えることができます。 ショートせずに並べて接触させます。 これは、総エネルギー出力量に関係なく、断熱材を必要としません。

つまり、人体が温度調節電気機械であるのと同じように、自身の温度を自動的に調節するコンピュータ処理システムを作成できるということです。 したがって、すべての標準的なアプローチに見られる抵抗と寄生摩擦を取り除くことで、高価で面倒な冷凍ヒートシンクが不要になります。 ABHAトーラスは、外部冷却システムを使用する代わりに、電気自体の磁場を呼吸させ、複数のフラクタル導体を「磁気風」に自然に浸し、温度を維持し(特異点から熱を集中して即座に除去することにより)、 焼却と短絡。

ABHA Torus
モデルを使用すると、ワイヤーを介して電気を強制し、直角の補正磁石で磁場を切断するという原始的な手法を使用する必要がなくなります。これにより、今日のほとんどの電球で測定されているような大きな摩擦と熱損失が発生します。 代わりに、ABHAトーラスはこれまで観測されていなかったエーテロン放射を使用して磁束場を生成します。磁束場はコイルの表面積全体に均一に分布し、負のドラフトカウンタースペースを作成することで完全に位相同期して電気を引き出します。 これは重力と同じ現象です。 これは、現在物理学で想定されているような実際の力ではなく、正の単極放射(以前はマクスウェルによって存在すると想定されていた)によって作成されたバックドラフトカウンタースペースです。

これらの放射により、ゴルフボールの黒点やくぼみに似た「基盤となる入れ子になった渦」を作成できます。これらの渦は、調和のとれたシーケンスのアクティブ化ステージを持ち、そこから膨大な量の情報が推定される可能性があります。 入れ子になった渦を支えるために、ABHAトーラスは、動的な角運動量と加速度と組み合わせて、常に完全な分極と安定した平衡を維持できます。つまり、回転を傾けることさえできません。

前に述べたように、そのような現象は、パルサー、クエーサーブラックホールなどの天体物理学的現象の背後にある真のメカニズムを初めて明らかにする物理学だけでなく、ABHAトーラスによって提供される極性と重力の数学的統合も同時に重要です。 コンピュータのバイナリコードが、実際には3値位相シーケンスと複数の回路パターンの結果であり、バイナリトリプレットと呼ばれるまったく新しいコーディングメカニズムを作成していることを明らかにする数値モデル。

マイクロソフトの元上級研究員であるラッセルブレイクは、これは非常に複雑な計算をわずか数整数ステップに凝縮することで、コンピューターのオペレーティングシステムと情報圧縮に完全に革命を起こす力を持っている可能性があると考えています。 ブレイクによれば、「この素晴らしい一貫性は当初から存在していましたが、人類はまだ活用しておらず、その可能性は本当に驚異的です。」

ABHA
トーラスがコンピューター用の新しいタイプのプロセッサーを導入するだけでなく、その普遍的な数値アプリケーションがまったく新しい人工知能オペレーティングシステムの作成を可能にすることを考えると、驚くべきことです。 繰り返しますが、これは、01の標準の無次元バイナリコードを、最小で完全な数学的コヒーレンスを持つ次元、幾何学的、分極化バイナリ整数反復倍増シーケンスに置き換える機能を備えた新しいバイナリトリプレットオペレーティングシステムの計り知れない使用によるものです。 任意の点と交差する6つの異なる自己参照軸の3次元であるだけでなく、実際にはより高いオムニ-4次元でもあります。

さらに、ABHA Torusは、ミクロ無限大からマクロ無限大まで非減衰スカラーフラクタルパターンを維持しながら、同時に有限で、含まれ、一貫性があり、統一され、測定可能なエンティティである、歴史上唯一の整数数値マップです。これは、ABHAトーラスのすべての数値軸をナビゲートし、透明なZ軸の線形放射状スポークに沿っても多次元計算への手段を明らかにする能力によって人工知能への障害を解決できることを意味します。それだけでなく、ABHAトーラスの組み合わせ爆発三角測量図は、プログラマーがトーラス渦の事象の地平線を移動できる完璧でシンプルな方法を実際に示しています。このようなことは、従来の計算では率直に言って前例のないことであり、常に分解と自己破壊を余儀なくされ、特異点の反対側にうまく出現することはできません。

簡単に言えば、ABHAトーラスがすべてを行います。 これは、完全に効率的な磁場生成モーターとスーパーコンピューターをすべて1つにまとめた青写真です。 さらに、ABHAトーラスは同時アンテナとして機能し、すべてのハードワイヤードテクノロジーを世界から排除し、Aetheron Flux Fieldsが任意のメディアを介して送受信できるため、ワイヤレステクノロジーへの現在のアプローチを覆すことができます。 磁石は貫通できず、量子非局所性の原因を利用します

そのようなことは可能ですか? 多分。 実のところ、この発見の完全な影響は、受け入れと資金がほぼ完全に不足しているため、まだ見られていません。 ただし、懐疑論者は、エンジニアによるテストで、Rodin Coilアンテナのおおよそのバージョンが既存の他のアンテナよりも60%感度が高いことがすでに示されていることを覚えておく必要があります。その結果、米国政府は現在、これらのアンテナを使用して国の境界を保護しています。 ヒューレットパッカードによってテストされたRodinCoilの原始的な自家製バージョンでさえ、20%少ない銅を使用しながら、標準の巻線コイルよりも少なくとも62.5%大きい磁気出力を生成することが決定されました。 これらは重要な結果ではありません。 実際には、現在の電気理論がそのアプローチに致命的な欠陥があることを他に何も証明していません。

さらに、新しいパウエル/ロダンABHAトーラス設計のプリミティブバージョンの初期テストでは、コイルにエネルギーが供給されていない場合でも、未知のエネルギーが存在することを示す説明できないねじれ効果だけでなく、さらに高い効率が示されました。

オーバーユニティ? 無料エネルギー? そのようなデバイスにはまだ資金が必要であり、トロイダルピンチの真の力を利用できる正確に研ぎ澄まされたABHAトーラス構造を作成するための自動技術の使用が必要になります。 ほとんどの場合、そのようなデバイスはワイヤーでできていませんが、膨張および収縮する能力を持つプラズマガスなどの他の連続媒体、またはラピッドプロトタイピングレーザーを使用します。 この時点で真実を明らかにすることができるのは実験だけです。 しかし、懐疑論者は、多くの人々が興味深い効果を持つデバイスを構築したが、彼らの仕事について満足のいく説明を提供できた人はほとんどいないことを覚えておく必要があります。 確かに数学的性質の説明は少ない。 その理由だけで、ABHAトーラスは完全にユニークな技術回路図であり、あらゆる分野での実践的な応用と新しい発見を待っています。

では、不可能を試みてみませんか? 私たちがこの惑星に固執している限り、これ以上のことはありません。 そして、人間の脳、意識的な認識、そしてインスピレーションを得たイノベーションほど優れた技術の概略図はありません。 とにかく、誰もが空飛ぶ円盤が大好きです!

xenqabbalah.fandom.com

 

フォトニックディラック単極子

Photonic Dirac monopoles and skyrmions:spin-1 quantization [Invited]

TODD VAN MECHELEN AND ZUBIN JACOB*

 

 

 

 

Abstract:

ディラックとマクスウェルの対応を利用して、フォトニック結晶メタマテリアル2D材料に適したフォトニックディラック単極子の概念を紹介します。まず、マクスウェルの方程式と質量のないディラック方程式(ワイル方程式)の両方の相互運動量空間が磁気単極子を持っている真空を調べることから始めます。重要な違いは、磁気単極子電荷の性質です。これは、光子の場合は整数値ですが、電子の場合は半整数です。この固有の違いはスピンに直接関係しており、最終的にはボソンまたはフェルミ粒子の振る舞いにつながります。また、基礎となるベリーゲージポテンシャルの線の特異点であるフォトニックディラックストリングの存在も示しています。真空での結果は直感的に予想されますが、私たちの中心的な結果は、従来の電子(フェルミ粒子)材料とは対照的に、このトポロジカルディラック-マクスウェル対応を2Dフォトニック(ボソン)材料に適用することです。興味深いことに、分散物質内では、フォトニックディラック単極子の存在は、非局所的な量子ホール伝導率、つまり時空間的に分散するジャイロ電気定数によって捕捉されます。 2Dフォトニックメディアと電子メディアの両方で、重要なトポロジカル相は、時間反転対称性が壊れた巨大な粒子のコンテキストで出現します。 ただし、これらのボソンおよびフェルミオンChern絶縁体のバルクダイナミクスは、運動量空間におけるスピン1およびスピン1/2スキルミオンによって特徴付けられ、これらは根本的に異なる解釈を持っています。これは、それらの対照的なスピン-1およびスピン1/2のらせん状に量子化されたエッジ状態によって例示されます。私たちの研究は、最近提案された物質の量子ジャイロ電気相と、トポロジカルボソン相における光子スピン量子化の本質的な役割に光を当てています。

 

 

 

 

 

1. Introduction

ディラックの先駆的な論文[1]は、磁気単極子が自然界に見られる場合、それらの磁気電荷Qは電子の電気素量eの単位で量子化されることを示しました。

 

hプランク定数です。これは、場の量子論で生じる第二量子化とは根本的に異なるトポロジー量子化の最も初期の例です。現在までのところ、磁気単極子の実験的証明は存在しませんが[2]、逆数(エネルギー-運動量)空間における量子化されたトポロジカル電荷の十分な証拠があります。具体的には、固体のバンド構造におけるそのような単極子の出現は、チャーン数[3]Z2インデックス[4]のような量子化された位相不変量の存在を示しています。最終的に、量子ホール伝導率などの実験的観測量は、この量子化されたトポロジカル電荷の存在にまでさかのぼることができます[5,6]。 冷たい原子[7]とスピンアイス[8]でこれらの単極子物理学を模倣する合成ゲージポテンシャルを構築するための多大な努力がなされてきました。顕著な例の1つは、Yang-Lee単極子による非アーベルゲージ理論の実現です[9]。光の位相的場の理論は、マクスウェルの方程式の結び目のある解[10,11]や、光子の不確定性関係[12]で明らかになりました。これに加えて、フォトニック結晶メタマテリアルを利用して光子のトポロジー特性を定式化するための重要な最近の開発がありました[13–25]

トポロジカルフォトニック結晶の先駆的な研究により、無秩序に強いエッジ状態の存在が示されました。 以前に調査したシナリオでは、フォトニック結晶ユニットセルは、追加の自由度(人工ゲージ場)を取得するように注意深く構造化されています。これは、グラフェンのようなハニカム格子上で実現されることがよくあります。 このアプローチは、パリティ異常に関する彼の独創的な論文[26]で、スピンレス(スカラー)電子に対してHaldaneによって最初に実装されました。 ただし、堅牢なトポロジカルフォトニックエッジ状態が原子物質で発生する可能性があるかどうかは未解決の問題のままです。

以前の理論は疑似スピン1/2現象のみに焦点を当てていたため、光子スピンとその量子化の役割は、さらに別の未解決の問題です[27–30]。 私たちのスピン1理論[31]は、実際のゲージ(ベクトル)場では無視できない光子の偏光(スピン)状態を無視しないため、この点で根本的に異なります。

私たちの場合、位相的理論は、疑似スピンの自由度ではなく、ゲージ場自体の巻線に関連しているため、明らかにボソンです。 私たちの理論のもう1つの基本的な側面は、物質内に分散を含めることです。つまり、位相不変量が光学定数のグローバルな動作から自然に現れるように、伝導率の周波数と運動量の依存性です。 たとえば、非局所的なジャイロトロピック[32]および磁電[33]媒体は、バルク内に質量のような光子を持つ質量のないスピン1量子化エッジ状態をホストすることが示されています。

したがって、ボソンディラック単極子の概念と物質のトポロジカルフォトニック相における整数スピンの影響を理解する必要があります。

この論文では、磁気単極子間の根本的な違いを解明します マクスウェルの方程式とディラック方程式に現れます。私たちの仕事は、 モノポールは、相互のエネルギー-運動量空間の光子と質量のないフェルミ粒子の両方に現れます-真空の場合でも。ディラック-マクスウェル対応を使用して、磁気単極子電荷のボソンとフェルミ粒子の性質を特定します。これは、両方の粒子の相対論的理論に本質的に存在します。真空での結果が期待されますが、従来の電子(フェルミ粒子)材料とは対照的に、このトポロジー理論を2Dフォトニック(ボソン)材料に適用します。この論文で検討されている特定の2Dフォトニック材料は、導電率テンソルの反対称成分を持つジャイロエレクトリックです。ディラック-マクスウェル対応を利用して、分散型ジャイロエレクトリック媒体が、フォトニックスキルミオンとして解釈されるトポロジカルに大きな粒子をどのようにサポートできるかを示します。ただし、ボソンとフェルミオンのスピンの違いにより、これらのバルクスキルミオンの動作と対応するチャーン数が変化します。次に、反対のらせん量子化を示す、自明でないスピン1およびスピン1/2スキルミオンに関連する固有のトポロジカルエッジ状態を分析します。これは、単極子の整数および半整数の性質が、最終的に異なるボソンおよびフェルミ粒子のスピン対称性にどのように結びついているかを明確に示しています。私たちの研究は、最近提案された物質の量子ジャイロエレクトリック相[32]に光を当てます。これは、これまでの既知の物質の相とは異なり、開いた境界条件(エッジで消失する場)を持つ一方向の横方向電磁(TEM)エッジ状態をサポートします。

幾何学的位相の文脈では、磁性電荷の概念は、パンチャラタム、ベリー、チアオ、ウーの先駆的な作品から始まった豊かな歴史を持っています[34]。ボソンとフェルミ粒子のこれらの幾何学的位相の統一は、相対論的場の量子論を使用して、大規模な3D粒子で示されました[35]。この論文では、質量のない3D粒子とトポロジー的に質量のある2D粒子[36–38]に焦点を当て、マクスウェル方程式とワイル方程式のゲージの不連続性を直接示します。私たちの導出は、場の量子論的手法を利用せず、2つの粒子のスピン表現にのみアピールします。スピン量子化は、OAMビーム[3940]、分極特異点[41]、分極渦[42]の実空間で遭遇するトポロジカル電荷とは根本的に異なることに注意してください。これは、ボソンとフェルミ粒子の位相的場の理論に関連する、磁気単極子量子化におけるゲージの不連続性の中心的な概念によるものです。私たちは実空間ではなくマクスウェルの方程式の運動量空間で機能するため、私たちの研究は、フォトニック結晶バンド構造メタマテリアル内の波動分散の位相不変量を開発するのに特に適しています[4344]。私たちの現在の技術の重要な応用の1つは、量子ジャイロエレクトリック効果(QGEE)を示す物質の固有の電磁相を明らかにすることです[32]

私たちの統一された視点は、量子化されたボソンホールの最近の開発にも光を当てます フェルミ粒子相[51]とは対照的に、導電率[45–48]および物質のトポロジカルボソン相[49,50]

スキルミオンは凝縮された物質で名高い過去を持っています-現実と運動量の両方で現れます トポロジーシステムの空間。実空間では、これらの局所的な位相欠陥が最初でした キラル磁石と量子ホール強磁性体で発見されましたが、ボーズ・アインシュタイン凝縮超伝導体でも観察されました[52]。これらの磁気スキルミオンの振る舞いは、スピン構造の自明でない巻線を生成するDzyaloshinskii-MoriyaDM)相互作用[53]と密接に関連しています。運動量空間では、スキルミオンは固体のバンド構造で発生する単極子を特徴づけることが多く、トポロジカル絶縁体超伝導体で出現する現象です[54]。対照的に、フォトニックスキルミオンはごく最近の関心分野です。スキルミオンのような振る舞いの古典的な光学的類似物が、表面プラズモンポラリトンを使用して報告されています[55]。この作品は、最終的にトポロジカル電磁場の運動方程式を支配する運動量空間のフォトニックスカイリオンに焦点を当てています。これらのトポロジカルフィールドの物理学は、スピン1⁄2ベクトルとは対照的に、スピン1ベクトルの自明でない巻線に現れます。

Note:

わかりやすくするために、すべての3Dベクトルはベクトル矢印ÆA=AxAyAz)で示されますが、2DベクトルA =AxAy)には太字を使用します。 原稿のテーマは、ボソンとフェルミ粒子の位相的場の理論を直接比較するディラック-マクスウェル対応です。 全体を通して、下付き文字s = 1はスピン1光子を表し、下付き文字s = 1/2はスピン1/2電子を表します。

 

 

 

4. Conclusion

結論として、スピンフォトニクス、トポロジカルフォトニック結晶メタマテリアルの分野に適したフォトニックディラック単極子の概念を紹介しました。これは、光子のスピン1特性のみから生じる運動量空間での磁気単極子電荷量子化を示しています。この現象は、リーマン-シルバースタインベースのディラック-マクスウェル対応を使用して解明し、このトポロジー理論を2Dフォトニック材料に適用しました。これらのトポロジー的に巨大な光子は、スピン1スキルミオンとして解釈され、非局所的なホール伝導率から生じます。私たちの研究は、最近提案された物質の量子ジャイロ電気相とトポロジカルボソン相における光子スピンの役割を明らかにしています[32,33]。このようなトポロジカル相のエッジ状態は、物質のフェルミオン相におけるスピン1/2量子化とは対照的に、スピン1量子化を示します。これは最終的に、バルク物質の分散における量子化された単極子電荷(ボソンまたはフェルミ粒子のような[47,48])の存在に関連しています。運動量空間で単極電荷を実験的に調べることで、光子と電子のトポロジカル電気力学の基本的な対称性に光を当てることができます。

 

 

奇妙なループ

Gödel Escher Bach series — An overview of Gödel’s incompleteness theorems

Diana Darie

Diana Darie

Oct 1, 2019 · 10 min read

これは、ダグラス・ホフスタッターの「ゲーデルエッシャーバッハ:永遠の黄金の編組」のメインテーマを取り上げることを目的としたミニシリーズのパート1です。 最初の部分では、本のメイントピックと、それがゲーデル不完全性定理とどのように関連しているかに焦点を当て、エッシャーの写真とバッハの音楽作品との関係についての洞察を提供します。

1979年に出版されたホフスタッター教授が彼の本で答えようとしていることは、1つの主要な質問です。それは、生物が無生物からどのように生まれるかということです。 「自己」とは何を表しており、自己を持たないものからどのように自己が生まれるのか。 これらの酸素、炭素、水素、窒素の元素の束が無意味から、それ自体の存在を認識している実体に発展するのはなぜですか?

Approach

これらの質問に答えるためにGEBが採用するアプローチは、分子を無意味な記号に関連付け、特定の種類の無意味な記号のシステムでのみ発生する特定の意味のあるパターンに自分自身を関連付けるアナロジーを作成することです。 この本は主に教授のパターンを調査することに集中しています。 ホフスタッターは彼の本の中で「奇妙なループ」と呼んでいます。

GEBは本質的に、自己がどのように発生するかについてのメタファーとして、奇妙なループの長い提案です。」

それらのループの1つは、ゲーデルの有名な「不完全性定理」に基づくゲーデルの不思議な環です。これは、数学の形式的システムで発生し、そのようなシステムがそれ自体を識別できるようにします…「自己認識」になります。

以前の「自己」に戻ると、頭蓋骨は「完全に無菌で無生物の成分で構成された純粋に物理的な物体であり、すべてが宇宙の他のすべてを支配する法則とまったく同じ法則に従う」ことがわかっています。 それらの鍵は、それらの無生物、つまり脳が構成されている原子にあるのではなく、脳の内部に存在するパターンにあります。

「しかし、すべてのパターンが意識しているわけではなく、奇妙なループだけが意識しています。」 「そして、すべての奇妙なループが魂を生み出すわけではありません。」

 

何の意味もない無意味なプリミティブ(原子、分子など)の束から「私」にたどり着きます。 では、これら2つの関係は何でしょうか。 BEGは、正式な数学システムに戻ることで、この質問に答えようとします。 一連の論理プリミティブ(3 + 2 = 5など)から始めて、それ自体を参照する一連のステートメントに到達します。 これらの2つのシステムはどういうわけか同等です。 前に、より詳細に入る前に、ゲーデル不完全性定理を見てみましょう。

Gödel’s Incompleteness Theorems

まず、使用する用語を説明して、語彙を邪魔にならないようにしましょう。

  • 形式体系は、一連の規則に従って公理から定理を推測するために使用されます。 公理から定理の推論を実行するために使用されるこれらの規則は、形式体系の論理計算として知られています。 正式なシステムは本質的に「公理的システム」です。 (1921年に、David Hilbertは、数学の知識の基礎としてそのようなシステムを使用することを提案しました。)

  • 公理の言語のステートメントについて、そのステートメントまたはその否定が公理から証明できる場合、一連の公理は(構文的に)完全です。

  • ステートメントとその否定の両方が公理から証明できるようなステートメントがない場合、一連の公理は(単に)一貫しています。

ゲーデル不完全性定理は、証明できない真のステートメントがいくつかあることを示すことにより、基本的な算術をモデル化できるすべての形式的公理システムの限界を示しています。 彼は逆説的な数学的ステートメントを利用することによってこれを証明しますが、それらを非常に巧妙な方法で構築します。

最初の定理は、一貫性と証明可能性という2つの概念に関連しています。 矛盾がない場合、数学システム(公理と呼ばれる一連の仮定)は一貫しています。つまり、ステートメントが真と偽の両方であることを証明することはできません。

ゲーデルの最初の不完全性定理ゲーデル1931年の論文「プリンキピア数学および関連システムの形式的に決定不可能な提案についてI」に最初に登場)は、一貫した数学システム(つまり、矛盾のない公理のセット)があれば、それを実行できると述べています。 一定量の数学の場合、そのシステムの公理だけでは証明できないステートメントがそのシステムにあります。

最初の不完全性定理:「一定量の初等算術を実行できる一貫した形式体系は不完全です。 つまり、Ƒでは証明も反証もできない、Ƒの言語の記述があります。」 (ラーティカイネン2015

最初の不完全性定理の拡張である2番目の不完全性定理は、システムがそれ自体の一貫性を示すことができないことを示しています。

2番目の不完全性定理:「Ƒは初等算術を含む一貫した形式化されたシステムであると仮定します。 次に、⊢短所(Ƒ)ではありません。」 (ラーティカイネン2015

理解を深めるために、嘘つきのパラドックスを検討することから始めることができます。「このステートメントは誤りです。」 このステートメントは、それが偽である場合にのみ真であり、したがって、それは真でも偽でもありません。 ここで、次のステートメントについて考えてみましょう。「このステートメントは証明できません。」 それが証明可能である場合、私たちは虚偽を証明していますが、これは一般的に不可能であると考えられています。 残された唯一の選択肢は、このステートメントが証明できないということです。 したがって、それは実際には真実であり、証明不可能です。

ゲーデルの証明は、考えられる各数学的ステートメントに、いわゆるゲーデル数(ゲーデルコーディングとして知られている)を割り当てます。 たとえば、「a」を1に、「b」を2に、というように割り当てると、「数学」という単語は「13–1–20–8」に割り当てられます。 同様に、コンピュータが情報を「0」と「1」に格納する方法を考えることができます。

私たちが示すのは、ゲーデルによって書かれた証拠の提示ではありません。 定理が何を主張し、証明を書くために何が必要かを理解するために必要なすべての基本的な考えを提示します。

初等算術について推論できる形式体系Ƒ(すべての形式体系は定義により効果的に公理化されている)が与えられていると仮定します。 次に、ゲーデルが示したように、「私はƑで証明できない」という文Gを作成することができます。 彼がこの文を作成した後、彼は単に尋ねました:GƑで決定されますか? (GƑで証明または反証できますか)

最初の不完全性定理(ロッサー版):「初等算術について推論できる一貫した形式体系にしましょう。 その後、Ƒは不完全です。」

不完全性定理を証明するロッサーのトリックは、「私は証明できない」を形式化する代わりに、「私のすべての証明には、より短い反証が存在する」という文を形式化したという事実に基づいています。 この文をRと呼びます。

  1. Rが証明可能であると仮定します。 これの意味は: ⇒Rの最短の証明rがいくつか存在します。これは次のことを意味します。

1.1rよりも短い¬Rの証明があります。 ⇒これは、Ƒに一貫性がないことを意味します。 (矛盾)

1.2ORはありません。 ⇒rの長さまでのすべての文字列を調べて、それらのいずれも¬Rの証明ではないと判断できます。
このリストをƑの中に書き出すことができ、すべての長い文字列は少なくともrと同じ長さであることを指摘できます。 ⇒これにより、«より短い反証なしのRの証明(つまりr»=¬Rの新しい(より長い)証明を構築することができます。 ⇒これは、Ƒに一貫性がないことを意味します。

2.¬Rが証明可能であると仮定します。 これの意味は: ⇒¬Rの最短の証明r ’がいくつか存在します。 これの意味は:

2.1rよりも短いRの証明があります。 ⇒これは、Ƒが矛盾していることを意味します。 (矛盾)

2.2ORはありません。 ⇒r ’の長さまでのすべての文字列を調べて、どれもRの証明ではないと判断できます。
このリストをƑの中に書き出すことができ、すべての長い文字列は少なくともr ’と同じ長さであることを指摘できます。 ⇒これにより、«Rのすべての証明に対して、より短い反証(つまりr ’»= Rの新しい(より長い)証明を構築することができます。 ⇒Ƒに一貫性がありません。 (矛盾)

(第2不完全性定理):「繰り返しますが、Ƒを初等算術について推論できる一貫した形式体系とします。 そうすると、Ƒはそれ自体の一貫性を証明できなくなります。」

矛盾の目的で、Ƒがそれ自体の一貫性を証明できると仮定しましょう。 これは、最初の不完全性定理の証明の前半は、Ƒが一貫している場合、Gは証明できないという矛盾による証明として読み取ることができることを意味します。 «Gは証明できない»= Gであるという事実を使用すると、これは「Ƒは一貫している⇒G」としてより簡潔に述べることができます。 したがって、«Ƒは一貫しています=⇒G»は実際にはƑの定理です。 Ƒ«Ƒが一貫している»ことを証明できると想定しています。 したがって、モーダスポネンスによって、ƑGを証明できます。しかし、Gは証明できません。 (矛盾)

ゲーデルがしたことの本質は、数論を使用して、特定の形式体系内のステートメントの証明可能性に関するステートメントエンコードすることでした。 次に、彼は非常に厳密で見事な方法で、ステートメントエンコードしました。このステートメントは証明できません。 この声明が証明可能である場合はどうなりますか? それが証明可能である場合、証明可能なステートメントは必然的に真であるため、それは真です。 それが本当なら、それは証明できません! ⇒矛盾! この声明が証明できない場合はどうなりますか? それはまさにステートメントが主張していることなので、それは真実であり、証明することはできません。

A Musical Logical Offering

GEBは、バッハの音楽の捧げものの物語で始まります。 バッハはフリードリヒ大王を即興で訪問し、国王が提示したテーマに即興で演奏するよう要請されました。 彼の即興はその素晴らしい仕事の基礎を形成しました。 自己参照と、バッハのさまざまなレベル間の相互作用について説明します。 これは、エッシャーの素描、次にゲーデルの定理における平行した考えの議論につながります。

先に進む前に、いくつかの用語を定義しましょう。

キヤノンは、1つのテーマが繰り返され、「それ自体に対して再生される」音楽です。 Hofstadter教授は、キヤノンが複雑になる可能性のあるいくつかの方法を教えてくれます。

  • テーマのコピーは、一定時間後に再生されます。

  • テーマは時間とピッチがずれています。

  • テーマはさまざまな速度で再生されます。

  • テーマが反転します。

  • テーマは逆方向に再生されます。

フーガは、創造的な表現のためのより多くの柔軟性と機会を備えた規範です。

この章では、不思議の環ともつれた階層の概念に初めて会います。

奇妙なループは、階層システムのいくつかの層を通過して最初に戻る循環構造です。 あるレイヤーが別のレイヤーの内側に含まれているため、これらのレベルの奇妙な交差が可能になり、高いレイヤーが突然低いレイヤーに埋め込まれているように見えます。 これが、ホフスタッターが奇妙なループのアイデアの完璧な例証としてエッシャーを選んだ理由です。

もつれた階層という用語は、ストレンジループが発生するシステムを説明するためによく使用されます。

音の奇妙なループの興味深い例があります。 シェパードトーンと呼ばれる錯覚は、ピッチがどんどん高くなっているように見えるが、可聴周波数を超えることは決してないように見える音で構成されています。 音はループしますが、周波数は巧妙に選択され、ピッチが絶えず上昇しているような錯覚を与えます。 バッハは音楽の捧げもののバリエーションで同様のアイデアを使用しています。 テーマは繰り返されているようで、演奏されるたびに音が高くなります。 しかし、ある時点でテーマがオクターブに達し、作品は再び始まっているかのように聞こえます。

 

ヨハンゼバスティアンバッハの音楽の捧げものBWV 1079)は、キーボードのカノンやフーガ、その他の音楽のコレクションです。これらはすべて、フリードリヒ大王(フリードリヒ2世)から与えられた単一の音楽テーマに基づいています。

「このカノン[音楽の捧げもの]で、バッハは私たちにストレンジループの概念の最初の例を示しました。 「ストレンジループ」現象は、ある階層システムのレベルを上向き(または下向き)に移動することで発生します。予期せず、開始した場所に戻ってしまいます。」

同様に、エッシャーの画像を使用することによって、私たちは思考と存在の実際の構造が何であるかについての洞察を得始めます。

「ストレンジループの概念に暗示されているのは無限の概念です。ループとは何か、しかし無限のプロセスを有限の方法で表現する方法は他にあるのでしょうか?…彼のドローイングのいくつかでは、1つのテーマがさまざまなレベルの現実に現れることがあります。 …しかし、これら2つのレベルが存在するだけで、視聴者は自分自身をさらに別のレベルの一部と見なすようになります。その一歩を踏み出すことで、視聴者はエッシャーの暗黙のレベルの連鎖に巻き込まれずにはいられません。 、その上には常により大きな「現実」の別のレベルがあり、同様に、それよりも下の「より想像上の」レベルが常にあります。これはそれ自体が気が遠くなるようなものです。ただし、レベルのチェーンが線形ではなく、ループを形成する場合はどうなりますか?では、本物とは何ですか、そしてファンタジーとは何ですか?エッシャーの天才は、彼が作成するだけでなく、実際には、数十の半現実的、半神話的な世界、不思議の環で満たされた世界を描写できることでした。彼は視聴者を招待しているようです。」

エッシャーの、登り続けているように見える正方形の四角形を登っている僧侶のイメージを考えると、僧侶は完全に一周して、最初の階段に足を踏み入れます。 どちらがプライマリレイヤーであるかがわからないため、これは混乱を招きます。

 

f:id:hibiki-love:20211006012442j:plain

エッシャーによる「上昇と下降」。 階段の2つの同心の行列は、垂直方向の上昇と下降の欠如を強調するのに十分な人を使用します。 さらに、人々が着ているチュニックの短さは、いくつかがステップアップしているものと、いくつかがステップダウンしていることを明らかにしています。 ホフスタッターは、数学がこのレベルの組み合わせを使用して自分自身について話すことができるのと同じように、自分自身を意識する脳の能力も同様の能力のためである可能性があると考えています。 彼は、人間の脳はそれ自体について話すことができるほど十分に複雑になっていると信じています。 ゲーデルが数学がそれらの論理的な奇妙なループを使用して自分自身について話すことができることを示したように、ホフスタッター教授は、私たちが意識と呼ぶ「私」は脳のネットワークの奇妙なループの結果であると信じています。

次のセクションでは、個々の章を詳しく見ていきます。

Resources:

 

時間結晶のコンピューター

Time Crystals May Be the Next Major Leap in Quantum Network Research



Abstract Fractal Quantum Time Concept

時間結晶は空想科学小説のようなもののように聞こえますが、量子ネットワーク研究における次の大きな飛躍となる可能性があります。 日本に拠点を置くチームは、タイムクリスタルを使用して、非常に少ない計算能力で大規模なネットワークをシミュレートする方法を提案しました。





2012年に最初に理論化され、2017年に観察された時間結晶は、時間とともに繰り返される物質の配列です。 ダイヤモンドや塩などの通常の結晶は、空間内で原子の自己組織化を繰り返しますが、時間的に規則性を示しません。 時間結晶は自己組織化し、時間の経過とともにパターンを繰り返します。つまり、時間の経過とともに構造が定期的に変化します。

「時間結晶の探索は非常に活発な研究分野であり、いくつかのさまざまな実験的実現が達成されました」と、国立情報学研究所の情報学研究部門の原理の教授である根本香絵は述べています。 「それでも、時間結晶の性質とその特性、および提案された一連のアプリケーションについての直感的で完全な洞察が欠けています。 この論文では、このギャップを埋めるために、グラフ理論統計力学に基づいた新しいツールを提供します。」


ビデオは完璧なタイムクリスタルから始まります。 時間が経つと、量子系のパラメータが変化し、時間結晶が溶け始めます。 ネットワークを見ると、時間結晶がどれだけ溶けているかがわかります。 時間結晶が等しく溶けず、一部の部分が他の部分よりも速く溶けるのを見るのは興味深いことです。 ビデオの終わりに向かって、時間結晶が完全に溶けたことがわかります。 クレジット:国立情報学研究所量子情報科学グローバル研究センター

根本と彼女のチームは、時間結晶の量子的性質(予測可能な繰り返しパターンで瞬間から瞬間へとどのようにシフトするか)を使用して、通信システムや人工知能などの大規模な特殊ネットワークをシミュレートする方法を具体的に調べました。

「古典的な世界では、膨大な量のコンピューティングリソースが必要になるため、これは不可能です」と、国立情報学研究所の論文の最初の著者の1人であるマルタエスタレラスは述べています。 「私たちは、量子プロセスを表現して理解するための新しい方法をもたらすだけでなく、量子コンピューターを見る別の方法ももたらします。」

量子コンピューターは、情報の複数の状態を保存および操作できます。つまり、従来のコンピューターのように1つずつではなく、複数の潜在的な結果を同時に解決することで、比較的少ない電力と時間で巨大なデータセットを処理できます。

「このネットワーク表現とそのツールを使用して、複雑な量子システムとその現象を理解し、アプリケーションを特定できますか?」 根本は尋ねた。 「この作品では、答えがイエスであることを示しています。」

研究者たちは、アプローチが実験的にテストされた後、時間結晶を使用してさまざまな量子システムを探索することを計画しています。 この情報を使用して、彼らの目標は、指数関数的に大きな複雑ネットワークを数キュービットまたは量子ビットに埋め込むための実際のアプリケーションを提案することです。

「この方法を数キュービットで使用すると、世界中のインターネット全体のサイズの複雑なネットワークをシミュレートできます」と根本氏は述べています。

Reference: “Simulating complex quantum networks with time crystals” by M. P. Estarellas, T. Osada, V. M. Bastidas, B. Renoust, K. Sanaka, W. J. Munro and K. Nemoto, 16 October 2020, Science Advances.
DOI: 10.1126/sciadv.aay8892

Simulating complex quantum networks with time crystals

M. P. Estarellas, T. Osada, V. M. Bastidas, B. Renoust, K. Sanaka, W. J. Munro, K. Nemoto

結晶は、空間的な並進対称性の破れの結果として発生します。 同様に、平行移動の対称性も時間的に破られ、離散的な時間結晶が現れる可能性があります。 ここでは、グラフ理論のツールを使用して、物質のこの段階に関連する物理現象を記述、特性評価、および調査する方法を紹介します。 グラフの分析により、時間結晶秩序を視覚化し、量子システムの特徴を分析することができます。 たとえば、周期2の離散時間結晶の最小モデルの融解プロセスを詳細に調査し、関連するグラフ構造の進化の観点から説明します。 溶融プロセス中に、ネットワークの進化は、スケールフリーネットワークの存在に直接関連する緊急の優先的なアタッチメントメカニズムを示すことを示します。 したがって、私たちの戦略は、複雑な量子ネットワークの量子シミュレータとして、これまで未踏の時間結晶の広範囲にわたるアプリケーションを提案することを可能にします。








INTRODUCTION

対称性は、物質の量子相と対称性の破れの間に強い関係があるため、物性物理学と統計力学において最も重要です[1–4]。対称性の破れた相の動物園の中で、離散時間結晶(DTC)は、関係する対称性のタイプのために、それ自体で基本的な役割を果たします[5]。 「空間」結晶に類似した時間結晶相は、(空間ではなく)時間の並進対称性が破られたときに発生します。量子時間結晶の存在は、もともとWilczek [6]によって提案され、時間結晶の離散バージョンは、周期的に駆動される量子システム[7–9]を実現できます。このような場合、システムのダイナミクスは、シンクロによって引き起こされるドライブの特徴的な周期に関して分数調波応答を示します。これは、多体システムの粒子の時間的変化です[5]。 時間結晶の探索は非常に活発な研究分野であり、トラップされたイオン[10]、ダイヤモンド中の双極子スピン不純物[11]、秩序化された双極子多体系[12]、極低温原子[13]、および核を用いたいくつかの実験的実現です。明確なスピン-分子の1/2モーメント[14]が達成されました。

しかし、時間結晶の性質とその特性、および提案された一連のアプリケーションについての直感的で完全な洞察が欠けています。 ここでは、このギャップを埋めるために、グラフ理論統計力学に基づく新しいツールを提供します。 時間対称性が破れた位相とそれに関連する現象を研究および理解するための新しい戦略を提案します[1516]。 例として、時間結晶秩序とその融解を特徴づけます。

私たちのアプローチは、摂動された時間結晶のインスタンスを、その進化が優先的なアタッチメントメカニズムによって支配される複雑なネットワークをシミュレートする新しい物理プラットフォームとして識別することを可能にします[1718]。 このタイプのネットワークには、規則的またはランダムではなく、多くの生物学的、社会的、技術的システムに存在する重要なトポロジー構造が含まれています。 スモールワールドネットワークスケールフリーネットワークは、最も人気のある2つの例であり、後者は、優先的なアタッチメントメカニズムの存在から説明できるべき乗則の次数分布によって一般的に特徴付けられます。 このようなネットワークのシミュレーションは、通信またはインターネットネットワークに存在する行動の研究と理解[19]、深層学習における新しいアルゴリズムの開発[20]、または生物系の遺伝的および神経構造の分析に至るまで、幅広い適用性があります。 [21]









CONCLUSION

グラフの観点から離散時間結晶を表現するという私たちのアプローチは、そのようなエキゾチックな物質の相の構造を理解し、将来のアプリケーションを想定するための鍵となります。 2T-DTCグラフ理論言語に変換することにより、エラーの増加が時間結晶を溶かすときに結晶秩序がどのように消えるかを詳細に研究できることを明示的に示します。

とりわけ、この特定の時間結晶モデルのクラスターの形成に存在する優先的な付着メカニズムを観察することにより、結晶の弾力性において対称性と保存量が果たす重要な役割を特定することができました。重要なことに、中程度のレベルのエラーについて得られたグラフの性質は、そのようなシステムがスケールフリーのようなネットワークシミュレータとして使用でき、複雑なネットワークの分野でそのようなデバイスの新しいアプリケーションを生み出す可能性があることを示唆しています[3334]。重要なことに、私たちのネットワークは構成空間にまたがっているため、そのようなシミュレーションは適度な数のキュービットで実行でき、したがって、利用可能なノイズの多い中規模量子(NISQ)プラットフォーム(イオントラップから超伝導キュービットチップまで)を実装に使用できます。 NISQバイスDTCを使用するネットワークに関する構造情報(つまり、次数分布)は、構成空間での量子ウォークを利用することで実験的に取得できます。 l点スピン相関関数のセットを測定することにより、特定の時間に動的にアクセスされた構成の数を追跡できます。これは、現在のテクノロジーで実験的にアクセスできる測定です。さまざまな初期条件で特定の時間に訪問された構成の数は、グラフのさまざまなノードの程度に関連しており、ネットワークの複雑さを明らかにしています(提案された実験プロトコルの詳細については、補足資料のセクションVを参照してください)。 。今後の作業には、これらのネットワークの性質に関するさらなる調査と特性評価、およびグラフの観点から時間結晶に存在する追加の現象の研究が含まれます。この形式を使用することで、離散時間結晶とそれに関連する現象をより完全かつ深く理解できるだけでなく、周期的に駆動される量子システムの研究にも非常に有利になると考えています。



臨死体験

Near Death Experiences: Falling Down a Very Deep Well

Abstract

心肺蘇生法(CPR)やその他の緊急技術や手順の大規模な導入とともに、医療健康分野でのここ数十年の大きな進歩により、ますます多くの人命を救うことが可能になりました。また、このため、臨死体験NDE)として分類される証言は、主に西側諸国で指数関数的に増加しています。本研究は、最初に、客観的NDSと主観的Near Death Like StateNDLS)を区別して、Near Death StateNDS)の定義に採用される6つの基本的な包含-除外臨床基準を特定することを目的としています。この分類により、NDE2つの異なるグループに分割されます。NDSに関連付けられた臨死体験NDLSに関連付けられた臨死体験NDLE)です。意識と心身システム(MBS)を配置できる一般的な基準フレーム、つまりTenso-RelationalModelについて説明します。結論として、1)いわゆる体外離脱(OBE)の考えられる説明に採用される生物物理学的参照フレームが導入されます。これは、NDSまたはNDLSの経験中に発生する可能性があります。2)電磁後遺症(EAE)と呼ばれます。つまり、NDSまたはNDLSの両方によって引き起こされる可能性のある電気感受性、および3)いわゆるエネルギーヒーリング能力(EHA)やpsi能力、すなわち念力、テレキネシス、精神的テレポーテーション、およびテレパシー、透視、予知、サイコメトリーなどの体外離脱(ESP)。

Share and Cite:



Messori, C. (2018) Near Death Experiences: Falling Down a Very Deep Well. Open Access Library Journal, 5, 1-11. doi: 10.4236/oalib.1104985.

1. Introduction

The finger pointing at the moon, is not the moon1.

臨死体験NDE2 [1]という表現は、1975年にアメリカの精神科医で哲学者のレイモンド・ムーディ・ジュニアによって造られました。臨死体験の近くまたはその過程で、1892年にスイスの地質学者アルバートフォンセントガレンハイムが、高山登山(アルプス)の間に沈殿した登山者と生存者によって発行された証言のコレクションを兵士が真剣に捧げた状態を経験することができます戦争で負傷したり、足場から落ちた労働者や、溺死や事故で死亡する危険を冒した人々によって負傷した。 人生のすべての瞬間は、厳密に言えば、死への前奏曲であるつかの間の瞬間であり、すべての経験はそのつかの間の瞬間に生きました、それは死前または臨死体験として見ることができます。しかし、レイモンド・ムーディ・ジュニアが臨死体験という表現を作り出したとき、彼は特定の死前または臨死体験に言及し、人生のどの瞬間の体験にも言及しませんでした。それ以来(1975年)、NDEという用語の使用は、死前または臨死状態(NDS)によって何が理解されるべきかについての共通の意見がなくても、一般的な語彙と同様に科学用語の一部になりました。 )。

NDSが何を意味するのかについての共通の定義がない場合、NDEに関連する調査と議論は、次のような考慮事項で簡単に尽きる可能性があります。 または、より技術的には、体は自己の分野のオブジェクトです(…)言い換えれば、人間の動物は、彼の一部が実際に存在または属していると感じる場所に象徴的に配置することができます」[2]、またはに陥る アリスの不思議の国で素晴らしい仕事をしている非常に深い経験ですが、それは、例えば、私たちが経験する通常のものと平行して、エーテルの存在(故人を含む)によって占められた次元の存在の証拠としてはまったく役に立たないことがわかります 毎日。

20世紀の最後の数十年から、心肺蘇生法(CPR)技術の普及と進歩的な改善は、医学科学の知識とノウハウの全体的な改善とともに、ますます多くの人命を救うことを可能にしました3 [3 ]、続いて特定の状態に関連する証言が大幅に増加し[4]、死ぬ過程の近くまたはその過程で経験した(死前)。 文献における臨死体験の全体的な発生率報告は、10%の控えめな数字から約35%まで、さらには死に直面した人の72%という信じられないほどの数字まで大きく異なります[5]

適切な包含/除外基準がないために、自己参照的で信頼性の低いレポートが頻繁に発生する現象。

この作業の目的は、臨死体験としてカタログ化された多くの証言、つまり、客観的な臨死体験NDS)または主観的な臨死体験NDLS)中に発生する主観的な体験を報告または分析することではなく、提供することすらありません。 NDSまたはNDLSの間に経験する可能性のある非日常的な感覚および認知状態を説明する際に採用される新しい神経学的データ[7]、または既存のものに対する代替または統合的なスケールを完了することによってNDEを検証する グレイソンの臨死体験スケール(NDES)として[8] [9]

この作品は、意識と心身のダイナミクスが、NDSNDLSを特徴づけることができるような非通常の状態、変更された状態、または境界線の状態に関しても調査する価値があるという仮定に基づいています。この点で与えられます。この目的のために、達成するための最初のステップは、NDEの理由と方法、つまりNDSまたはNDLS1を含む場合があります)中の人の経験の主観的な遡及的報告を明確にすることです。目撃者によって確認される場合とされない場合があるイベントのコンテキストとダイナミクスとの関連性、および2)身体とは無関係に機能する精神の可能性を示唆する、通常ではないいくつかの感覚および認知プロセス)を選択する必要があります。臨死体験者(NDEr)が彼/彼女の可逆的死の際にあった、またはその際にあった神経心理生理学的状態の基礎(不可逆的に死んだ人は、これまでのところ、インタビューをリリースする意欲を示していません、少なくとも好奇心が強く、心を開いているが、私のような普通の人々に)。 対象の神経心理生理学的状態を確立するために必要な臨床情報の利用可能性または非利用可能性は、最初の包含/除外を構成しますcriterion to be adopted in the compilation of a reasoned classification of the NDE testimonies.

Accordingly, thepresent work is aimed at:

1)臨死状態(NDS)、つまり臨死体験の近くまたは一時的な間に経験した神経心理生理学的状態を区別するために、どの基本的な臨床基準、および包含/除外の一般的な基準を採用できるかを定義する(セクション1) 対象が臨床的に死んでいると判断される、死にゆく過程の可逆的な客観的終了段階、および類似しているが同等ではない状態、すなわち神経心理生理学的状態である臨死体験NDLS) 死にゆく過程の臨床的に確立された可逆的な終末期(臨床死なし)から遠く離れた、一時的で可逆的な主観的な死前のような状態(例えば、見かけの死)の近くまたはその間に経験した。

2)意識と心身システム(MBS)を配置できる一般的な基準枠を提供し(セクション2)、意識とMBSの議論で採用されたものとは異なる用語でそれらの説明についての議論を紹介し、 主に米国で開発され、支配的な科学の哲学である心の哲学は、本質的にカテゴリーとオブジェクトの適切な定義を与えることに関係する分析タイプの哲学です。 そうすることで、私はこの主題に関するフランシスコバレーラの見解に従い、神経科学における意識のトピックについて2002年にセルジョベンヴェヌートによってインタビューされたときに明確に表現されました[10]

NCCNeuronal Correlates of Consciousness)の概念が真に議論の大部分を占めるという還元主義的な傾向がありますが、私たちの何人か(明らかに私はまだ少数派ですが、私は一人ではありません)は、質問が提起したと思います これらの用語では、そのような生きた経験は原則として論理的および経験的に神経機能に還元できないという単純な理由のために、解決策はありません。 これがいわゆる意識のハードプロブレムです。 生きた経験の領域に属するものは、神経系の観点から説明することができない身長または性質を持っています。 相関関係を見つけることができますが、この相関関係は、驚異的な側面が驚異的な幻影、私の意識への驚異的な加入のままであるという事実を完全に変えるものではありません。 したがって、議論を異なる用語で提示する必要があります。

3NDSまたはNDLSの経験中に発生する可能性のある、いわゆる体外離脱(OBE[11]の可能な説明のために採用される、生物物理学的基準系(セクション3)を提案する。 NDSまたはNDLSによって引き起こされる可能性のある、いわゆる電磁後遺症(EAE)、つまり電気感受性。

4)いわゆるエネルギーヒーリング能力(EHA)やいわゆるpsi現象、すなわち念力、テレキネシスなどの他のNDS-NDLS後遺症の可能な説明のために採用される生物物理学的参照フレーム(セクション4)を提案する NDENDLEのナレーションと織り交ぜる、テレパシー、透視、予知、サイコメトリーなどの超感覚的知覚(ESP)は、それらを取り巻く超常現象のハローをさらに魅力的にすることに失敗しません。

それでは、NDEが合法的に参照できるNDSと、NDEではなく臨死体験NDLE)が合法的に参照できるNDLSを区別する神経心理生理学的特性は何ですか? 意識と意識の変化した、または通常以外の状態が危機に瀕していますか?

2. Near Death State vs Near Death Like State: Basic Distinctive Criteria

この経験の主観的な性質と参照枠の欠如は、経験を説明および解釈するために使用される語彙を決定する個人的、文化的、および宗教的要因につながります。 ヴァンロンメル[12]

4つプラス1つの主要なバイタルサイン(生命維持:体温、BT、血圧、BP、心拍数、HR、呼吸数、RRおよび酸素飽和度、OS)の検出に基づいて、神経心理生理学的状態死前の状態を経験している(そして後で報告する変数で)被験者の2つの異なるカテゴリーにたどることができます: 1)死にゆく過程の一時的かつ可逆的な客観的終末期の近くまたはその間に経験される神経心理生理学的状態(Near Death StateNDS)と呼ばれ、その間、生命維持の兆候は見られず、対象は臨床的に死んでいると判断された(臨床死は依然として可逆的な状態であり、生物を構成するすべての単一細胞の不可逆的かつ決定的な細胞死または細胞アポトーシスとは区別され、代謝プロセスの進行性の崩壊として起こり、不可逆的になる影響を受けた体のシステムと器官の劣化)[13] [14]、すなわち:重度の低体温症(体温が70Fahrenheit21Celsius4未満)、脈拍、呼吸、酸素圧、血圧がない。臨床死の開始時に、意識は数秒または数分以内に失われ[15]、測定可能な脳活動は2040秒以内に停止します。意識と意識の両方がオールオアナッシングの法則に従わないため、つまり意識と意識の程度が異なる可能性があるため、NDS中に最終的に発生する身体(エネルギー)と精神(緊張)の次元の間で経過する解離(切断)状態は、被験者に感覚外、浮遊、身体のない、身体のない状態の分離した意識を経験させる可能性があります(緊張段階の相関ダイナミクスから解放された精神的緊張体制、説明についてはセクション2を参照、しばしば誤って分離した意識の状態と混同されます、自己誘発性NDLS中に発生する可能性があります。説明については、セクション3を参照してください)、つまり、被験者のエゴイックな精神的複合体、または自己または意識の中心(意識と区別するため)の間にすべての通常の認知機能がゼロになる水中の精神状態、セクション3)を参照してください。つまり、「(…)特定の精神的イベントが発生する永続的なエンティティ(つまり、私たちが時間の経過とともに同じ人物であるという感覚) ndアクションが割り当てられます(つまり、私たちが私たちの思考や行動の作者であり、環境とは異なるという感覚」[16]は、後に、身体や環境から何らかの形で切り離されて(主観的に)経験されたかのように思い出されます。

被験者のエゴイックな精神的複合体の(一時的かつ可逆的な)分離のこの状態(分離した意識)は、被験者が時空座標の欠如、彼女/彼の内なる洞察(具体化された)および/または 外側の見通し(埋め込み)[17](図1)。

そのような経験は、それが緊張-緊張相関ダイナミクス(対象の精神的→精神的洞察に結合された緊張の領域と対象の外部の洞察に結合された緊張の領域を含む)内で中断されている間に発生します。セクションを参照してください。 説明については23EM感覚モジュールと被験者のエゴイックサイキックコンプレックスの間で経過します(説明についてはセクション3を参照)。

2Near Death Like StateNDLS6と呼ばれる神経心理生理学的状態。一時的で可逆的な主観的な死前のような状態の近くまたはその間に経験し、その間に生命維持の兆候が最終的に示されます。

1.Gianluca TrainaHumanDefault-人体のスキンドレス。 個人として、私たちは自分の皮膚に含まれているように、生物学的に離散しているように自分自身を経験します。 したがって、私たちは自分自身を具体化されたものとして経験し、主に私たちの身体的経験によって私たち自身と私たちの境界を定義します。 しかし、また重要なことは、私たちの不可分な埋め込みの生態学的現実にもかかわらず、私たちは他の人によって窮地に立たされ、定義され、そして位置づけられているので、私たちは他の人によっても具現化されています[6]。 画像ソース:https//gianlucatraina.com/portrait-360/human-default/

深く変化しているがまだ存在している(臨床死なし)、すべての通常の認知機能がゼロ化されていないが深く落ち込んでいるか変化している水中の認知状態を特徴とし、類似しているがそうではない状態など、NDSと共通のいくつかの側面を示す可能性があります 孤立した意識の状態に相当し、後者を経験した被験者によって報告されたいくつかの経験(体外離脱またはOBEなど;病気または幸福感、時には最後に光のビジョンを伴う) トンネルと亡くなった愛する人または他の無形の実体のトンネル;自分の人生の視覚的な要約7[19]、年齢、性別、文化的、宗教的または社会的背景に関係なく。

NDSグループ(被験者が生命維持基準による臨床的証拠で臨床的に死亡していると判断される場合)とNDLSグループ(臨床的死亡の臨床的証拠がない)の区別は、次の臨床の有無によって示されるべきです。 その存在がNDSの包含値を持っている兆候:

-心拍数と肺換気量の停止(脈拍なし、呼吸なし、低体温症の増加);

-等電点脳波、すなわちフラットEEG;

-脳無酸素症(酸素圧なし、血圧なし);

-瞳孔反射および全身反射低下の欠如;

-意識のゼロ化された(一時的かつ可逆的な)状態、すなわち、生理学的心理知覚および心理関係活動の一時的かつ可逆的なゼロ化。ここで、自分自身と自分の行動の準完全な欠如によって残された空虚は漂流によって満たされます- 接地されていない自己(説明についてはセクション3を参照)。

検出されない、または前述の臨床徴候の1つ以上を処理できない場合、臨床死の有無を確認できません。これは、対象をNDSグループではなくNDLSに含める十分な理由です。 グループ。

したがって、臨死体験の証言に近づくとき、それらの価値を確立するために採用される最初の包含/除外基準は、死のプロセスの一時的で可逆的な客観的最終段階の近くまたは間に経験される神経心理生理学的状態を区別することです(NDS、 臨床死)、これは通常集中治療介入、すなわち蘇生努力を必要とし、一方、一時的で可逆的な主観的死前様状態(NDLS、蘇生はあるが臨床死なし)の近くまたはその間に経験した神経心理生理学的状態 努力が必要な場合があります)、臨床的に確立された最終的な、しかし一時的で可逆的な死のプロセスの段階からはほど遠いです。

この基本的な包含/除外基準を採用すると、NDEとして分類された無数の証言のうち、NDSグループに合法的に適合するのはごく一部であり、その大部分はNDLSグループに属しているため、分類可能であるという合理的な可能性が生じます。 NDLEとして。

2.1. Near Death State’s Group

ジ・ルーは霊に仕えることについて尋ねました。 マスターは、「あなたはまだ男性に仕えることができませんが、どうやって霊に仕えることができるでしょうか?」と言いました。 「死について聞いてもいいですか?」 「あなたがまだ人生を理解していないとき、どうやって死を理解することができますか?」 Confucius8

NDS(臨床死)を誘発する可能性のある原因には、心停止、失血後のショック、外傷性脳損傷または脳内出血後の昏睡、溺死または窒息、敗血症またはアナフィラキシーショック、電気治療、自殺未遂が含まれますが、 また、すぐに生命を脅かすものではない深刻な病気[12] [21]

統計的に、臨床的に死亡したと判断された個人が生き返ることができる最大時間(一般に、医療および/またはCPR蘇生の好ましい結果に続いて;心停止後、例えば、CPRなしで毎分、死亡の可能性は10増加します パーセント[22])、補助換気(AV)の有無にかかわらず、脳無酸素症による不可逆的または部分的に可逆的な脳損傷を報告せずに、24分を超えない。その後、心拍の回復および/または AVの場合、不可逆的または部分的に可逆的な脳損傷のリスクは、数分が経過するにつれて指数関数的に増加します。

結果として、NDEの証言のためにこれまでにインタビューされた被験者は、信頼できるために、不可逆的または部分的に可逆的な脳損傷神経心理学的および/または精神的機能の永続的な器質的障害を報告してはなりません。 もしそうなら、彼らの臨死体験の証言は信頼できず、失効するでしょう。 さらに、AVに頼るか、または頼らないことは、(一時的、可逆的)無意識状態の異なる平均潜時を意味します(AVなしで24分の範囲の平均持続時間、AVありでより長い)。 したがって、この側面は、NDSグループ間の区別で採用される最初の包含/除外基準を構成します:NDS-WAVAVなし)とNDS-UAVAV下)。

さらに、薬理学的に未処理のNDSと処理済みのNDSを区別する必要があります。 ショックを受けた患者に麻酔薬またはエピネフリン注射を使用した場合、または頭部外傷に薬物誘発性昏睡状態を使用した場合。 薬理学的治療に頼ることは向精神作用を持っていた可能性があり、その場合、臨死体験の証言は信頼できるとは見なされない可能性があります。

これは、NDSグループ間の区別に採用される2番目の包含/除外基準です:NDS-UMIPE(医学的に誘発された向精神効果の下)vs NDS-WMIPE(医学的に誘発された向精神効果なし)。 この同じ包含/除外基準は、NDLSグループにも適用する必要があり、医学的または自己誘発性の向精神作用(NDLS-UPE、つまり向精神作用下)で死前の状態を経験した被験者と 医学的または自己誘発性の向精神作用のない死前の状態を経験している(NDLS-WPE、つまり向精神作用なし)。

2.2. Near Death Like State’s Group

NDLSグループの中には、カタレプシー、深い睡眠、神秘的なエクスタシー、深い瞑想、催眠状態に関連する明らかな死のケースがあります。これは、たとえば、神経学者Jean-Martin Charcot1825)によって分類された無気力とカタレプシーのケースです。 -1893[23] ―、超音速航空機のパイロットで観察されたような脳低酸素症は、サイケデリックな経験のように向精神性物質の摂取によって、または循環呼吸(ホロトロピック)のように肺の過換気によって誘発された意識状態の変化 呼吸)採用例 対人再生、そして最後になりましたが、タナトーシスまたは擬死。 これらすべての状態の中で、対象が明白な死の状態を示す可能性があるのは、カタレプシーの状態とタナトーシスの状態(両方とも数時間、数日、さらには数週間続く場合があります)であり、ここで簡単に説明する価値があります。

カタレプシーに関連する見かけの死(精神神経症、精神有機性、誘発性または自己催眠性、自発的、中程度、シャーマニック、ナルコレプシー)は、タナトーシスまたはシミュレートされた死と共通するいくつかの要素を持ち(以下を参照)、 次の機能の1つまたは複数にさまざまな程度で影響を与える、うつ病の深い状態、または無気力の鈍化:

-運動機能(横紋筋の無動または運動低下、低または高音、反射低下または反射低下)、

-栄養機能(徐脈、肺低換気、平滑筋運動低下)、

-感覚機能(視覚、聴覚、運動感覚、味覚、触覚、嗅覚麻酔または感覚鈍麻)、

-注意機能(警戒活性化または覚醒または強壮警告の状態のサブリミナルレベル)、

-認知機能(比較的独立した心身関係モジュールの変化した状態)、その協調と相互作用は意識状態を修飾し、それは被験者が環境と相互作用し、それを修正し、修正することを可能にします(フィード -行動の常同行動を克服する傾向に応じて、精神物理学的プロセスを介してフォワード)独自の適応行動。

タナトーシスに関連する見かけの死、またはシミュレートされた死(動物行動学で一般的に観察されるチャールズダーウィンによる死の偽装と呼ばれる)は、甲虫や節足動物などの無脊椎動物と、鳥、哺乳類、爬虫類などの脊椎動物の両方によって防御目的で採用されました 、両生類および魚類)は、対象においてタナトミメシスの経験、すなわちタナトミメシス経験(TME[24]を決定する場合があり、その間、対象は以下の臨床徴候の1つまたは複数を示す場合があります。

-心身相関ダイナミクスの時空間変化または拡張の集中的かつ広範囲に変化する(一時的および可逆的)状態(例えば、催眠トランス、神秘的なエクスタシー、中程度のトランス、シャーマニックトランス、所有状態、OBE、誘拐、深い瞑想中) )、生理学的心理知覚的および心理的関係的活動の変化または抑制(例えば、感覚遮断からの幻覚、催眠および催眠、サイケデリック、精神医学などの幻覚状態9)とともに、集中的かつ広範囲に変化する(一時的および可逆的)状態として解釈可能 相共役ダイナミクスと張力共役ダイナミクスの間で経過する時空間変化または拡張の影響(セクション2および3を参照)。

-血流の自発的な減少または増加、

デルタ波の蔓延を伴う混合周波数のスペクトルを伴う低電圧脳波、レム段階でのEEGタイプの睡眠、

-ガンマ波、シータ波、アルファ波が蔓延している周波数のコヒーレントスペクトルを備えた高電圧脳波、EEGタイプの深い瞑想状態[25] [26]

2.3. NDS and NDLS Final Remarks

(…)そして好奇心を持って燃えていると、彼女はその後フィールドを横切って走りました、そして幸いにもそれが生け垣の下の大きなウサギの穴から飛び出すのを見るのにちょうど間に合いました。 うさぎの穴はなんらかの形でトンネルのようにまっすぐ進み、突然落ちたので、アリスは自分が非常に深い井戸に落ちるのを見つける前に、自分自身を止めることを考える瞬間がありませんでした。 ルイス・キャロル101865) これまでに述べたことを要約し、評価を行う前に、仮説を立て、結論を導き出し、NDErと不明瞭に呼ばれる人々によって報告されたものについて意見を表明する前に、NDEの臨床状態に基づいて分類を行う必要があります。 客観的(NDS)または主観的(NDLS)の臨死体験中のNDEr

この予備的な分類を実行するために導入できる基本的な包含/除外基準は、次の6つだけです。

1)対象の神経心理生理学的状態、すなわち臨床死と非臨床死を確立するために必要な臨床情報の利用可能性または利用不可能性。 臨床データが利用できないことは、報告された経験をNDLSに関連するNDLEグループ間で分類するのに十分な理由です。

2) Status of pre-mortem, i.e. clinical death vs no-clinical death, established on the basis of the presence or absence (of one or more) of the life sustaining clinical signs. The absence of one or more of the life sustaining clinical signs is a sufficient reason not to include the subject in the NDS group but in the NDLS group.

3) Subjects must have not reported irreversible or partially reversible brain damage, no permanent organic impairment of the neuropsychological and/or psychic functions. If they did, their NDE’s testimony would be unreliable and lapses.

4) Among the NDS group it should be distinguished between subjects who have experienced a pre-mortem status under AV or without AV. This is a first inclusion/exclusion criterion which divides the NDS group into two subgroups: NDS-UAV vs NDS-WAV.

5) Among the NDS group it should be distinguished between subjects who have experienced a pre-mortem status under medically induced psychotropic effect or without medically induced psychotropic effect. This is asecond inclusion/exclusion criterion which divides the NDS group into two subgroups: NDS-UMIPE vs NDS-WMIPE.

6) The latterinclusion/exclusion criterion it has to be applied also among the NDLS group, distinguishing between subjects who have experienced a pre-mortem status under medically or self-induced psychotropic effect (NDLS-UPE) and subjects who have experienced a pre-mortem status without medically or self-induced psychotropic effect (NDLS-WPE).

Despite planetary spread of CPR, exponential increase in NDE, NDLE and TME’s testimonies is an eminently late 20th early 21th century Western phenomenon, with few exceptions [27] [28].

In the background, it stays a hyper-techno-centric society committed to removing death and dying from its perspective, condemned to the pursuit of a chimeric immortality, in the Promised Land of Science’s Rainbow Body.

The current post-materialist but still deeply positivist perspective of knowledge, with its transposition of the cult of the Universal Spirit (intentional energy and absolute will) into the cult of Universal Consciousness11 [29] , seems to be moving in the direction indicated by a carbon-fiber finger pointing at a 3D printed mandala-moon: the promises of future scientific developments that will allow to tame and control, in whole or in part, our vulnerability, caducity and impermanence.The Promised Land of Immortality.

A phenomenon that, also with complicity of globalized communication and cultural exchanges, re-proposes the millennial theme of death, dying and post-mortem, calling into question, among others, the Christological eschatology (from the Greek etymon “[éskhatos] last and [loghìa] speech”, i.e. “science of the last things”), the Western philosophical tradition, the Eastern metaphysical tradition, as well as a number of magical and mysterious beliefs and practices traceable in different times and places (up to the Western 20th century occult revival [30] ).

As Bruce Greyson observes [31] :

Adherents to various religions have claimed NDEs as empirical support of their particular doctrines. It has been argued that NDEs provide striking parallels to the teachings of the Hindu Upanishads and to early Babylonian, Egyptian, and Zoroastrian texts (Holck 1978-79), to shamanism (Green 2001), to Taoism (Hermann 1990), to Sino-Japanese Pure Land Buddhism (Becker 1981), to Tibetan Buddhism (Becker 1985; Holck 1978-79), to Gnostic Christianity of the second through fourth centuries (Bain 1999), to medieval Christian religious treatises (Zaleski 1987), to Mormon doctrine (Lundahl 1983), to Christian Universalism (Vincent 2003), to Bishop John Shelby Spong’s New Christianity (Gibbs 2005), and to New Age spirituality (Lee 2003). Regarding these “religious wars” over NDEs, Ring expresses regret that “the body of the NDE, like some sort of Bruce Greyson 407 sacred relic or corrupted corpse, is fought over by warring parties either for rights of possession or unceremonious burial” (2000, 240). Ring found beliefs common among NDErs that seemed consistent with a Judaeo-Christian worldview (1980b). He reports that more than half of his sample of NDErs reached a point where a decision was made either by or for them as to whether they would return to physical life, and 40 percent of them described an encounter with a presence (not always seen) that included an auditory or telepathic conversation. Sometimes the presence would describe specific consequences of the decision whether or not to return, including information about what would occur if the experiencer chose to return to life. This often was accompanied by a life review, and sometime a preview of events to come, in which the experiencer evaluated his or her life. Most experiencers interpret this sequence of events as a direct encounter with God and with God’s unconditional love. Ring himself interprets this sequence of events as an encounter not with an external deity but rather with the experiencer’s “higher self”, of which the individual personality is only a fragment. This higher self seems to have divine aspects and is clearly omniscient with respect to the personality; Ring speculates that experiences of this encounter may give rise to the Christian concept of the guardian angel. Ring later documents further psychological effects in NDErs evidencing changes in attitude and belief that are consistent with the dominant Western Judaeo-Christian heritage (Ring and Valarino 1998).

The newly born secular religion is thus added to other religions and cultic traditions, each of them with some astonishing anecdotes to tell and their own interpretations on the subject. The Dzogchen12 Tradition’s testimonies, concerning the non-natural disappearance (dematerialization-like, which most often presents as complete self-induced body dehydration or mummification) of the body of advanced Dzogchen practitioners, belongs to one of these [32] (translation from Italian is mine):

At death, the greatest Dzogchen practitioners (...) leave the body (...) and manifest the rainbow body. (....) Others leave the body in a flash of lightor in a pile of flames (on the subject see e.g. [33] [34] [35] [36] ).

Sometimes the light is white, sometimes blue or green. Occasionally a white, yellow, red, blue and green light appears. These lights remain for a while and then fade away. The flames are visible from those present, but when the combustion ends, there remains no trace of the body, neither the bones, nor a bit of ashes: simply everything has dissolved. (...) The third category of realized practitioners (...) when they leave the body also join the brightness of true nature. Externally one can see light, water or other elements dissolving (...). The fourth type of death is known as the way of the dakini transformations. As soon as awareness detaches itself from the body, this disappears. Only the hair and the nails remain, everything else dissolves. In the case of some great masters, the body begins to shrink after death and disappears within a week, apart from the nails and hair. All these phenomena are associated with the realization of the rainbow body. (....) This is how they die the great adepts of the Dzogchen tradition, where the rainbow body is a well-known phenomenon.

Among the listing on the Stock Exchange of a hyper-technological Promised Land of Immortality and the reality of our being in the flesh, it seems that not all that glitters is gold, and the result is, as Timmermans suggests [3] , questionable: (…) people in Western societies at the turn of the twenty-first century have turned away from personal, community-centered dying and embarked instead on an elusive search for the postponement of death. Instead of passing away among relatives and friends with whom we have shared long histories, we pay white-coated professionals to deal with the sudden-dying process. Their work is secluded behind closed doors, and their task is to keep death at bay (…) A society that builds and supports an extensive resuscitative system opts for aggressive intervention, death defiance, and medicalization of the dying process.

3. Aphysical Frame of Reference for Consciousness and the Mind-Body System: The Building-Blocks Model

When a rational soul is present in this machine it will have its principal seat in the brain, and reside there like the fountain-keeper. Descartes (1633)13

The investigation and interpretation of reality may have several paradigmatic models of reference. The most studied and applied model in the fields of science, including neuroscience, namely Building-Blocks Model (BBM), is based on Descartes’ dualism and classical Physics, which are also the pillars of Neuronal Correlates of Consciousness (NCC).

The BBMis a deterministic theory conceived in the womb of Positivism, which is based on the postulates of classical Physics (that have been proven wrong by General Theory of Relativity and Quantum Physics), which is based on the Cartesian dualism res extensa vs res cogitans (which leaves to God what belongs to Him, the res cogitans, and gives to classical Science what is of classical Science, the res extensa, forcing science to exclude a priori the mental phenomenon from its field of investigation), which is the post-Galilean expression of the work of rehabilitation of Platonic thought carried by medieval Thomism.

As a deterministic theory, the BBM is matching the doctrine expounded by the mathematician and astronomer Pierre-Simon de Laplace in Système du monde (1814). This doctrine, which would dominate the scene until the conceptual revolution caused by quantum physics, can be summarized as follows:

1) the universe is governed by causality;

2) in the history of the universe every state of matter is determined by what precedes and determines the following, in a manner analysable by means of Newtonian mechanics;

3) causality allows predictability;

4) the phenomena are described according to the mechanistic and deterministic paradigm which draws strength from the precision and rigor of Newtonian mechanics;

5) the case does not exist, it is a concept relative to the limits of human capabilities: it is inconceivable that there are events which fall outside a law;

6) the causal network of the Universe is however too complex for it to be reconstructed by the human mind; because of this all the physical knowledge can only be based on probabilities (approximations for lack of data).

The fundamental purpose of classical Newtonian physics was to causally explain the action of the forces on the particles that compose the cosmos, and to describe their reciprocal motion with the aid of mathematical equations. From the three laws of dynamics and from the law of universal gravitation we obtain the equations of motion, which allow us to predict, with reference to the three dimensions of space and the one-dimensional flow of time, the trajectories of the bodies. On this basis, deterministic links are established between the bodies, according to the principle of a necessary connection between cause and effect, which can be expressed through the equations of motion. Nothing happens by chance in the Newtonian Universe, but everything is necessary as subject to the deterministic laws of Nature.

Newton supposed the existence of an absolute, infinite, empty, three-dimensional, invisible space, not modifiable by the masses and firm with respect to their motion. It was thus possible to measure the uniform motion of a body with respect to this absolute space. Each body occupies a determined and unique position in this absolute space, and two bodies can occupy the same space, but only at different times. Time thus measures the succession and simultaneity of events in space. And like space, Newton’s absolute time is conceived in mathematical terms: it is composed of a continuous series of instants, arranged in a single dimension. The time for Newton is a physical reality, universal and absolute, not alterable from the bodies and their motion.

The world seen through the Newtonian and later on positivist paradigm is a world made up of deterministic elements of reality that interact with other deterministic elements of reality. The structuring of the objects and the phenomena that we observe inside and outside of us, would originate from the different combination of fundamental and irreducible elements of reality (like the atoms of Democritus). Each combination is arranged by a code (algorithm), that is, by a sequence of operations that when applied to certain initial data lead to a certain final result. The structuring of objects and phenomena would take place according to the scheme, reductionist and mechanistic, used in the conception, design and construction of a mechanical system: a certain combination of building blocks generates a certain structure, which generates certain processes that, thanks to the input of energy (the capacity of a physical system to do work, i.e. the capacity to cause movement, change), make the … machine work.

According to this model, there are fundamental, irreducible pieces of reality conceived as tiles of a mosaic (building blocks). From their combination, derive the objects and phenomena that we observe, inside and outside of us. Each different combination is headed by a code. If you know the code, and you have the material to combine (building blocks) and the tools to operate, you can artificially reproduce that particular combination of elements. Following this mapping out of reality, scientists of yesterday and today are hunting for building blocks and codes to assemble them, at all levels of matter, subatomic, atomic and supratomic, inorganic, organic, biological, cellular, of organ and system, of mind and consciousness (AI is based on this assumption).

They are seeking pieces and codes of all kinds (the so-called mirror neurons are on the list), including pieces of concepts, pieces of consciousness, pieces of thought, pieces of life and the codes for the architecture of brain and cells and the like. They assign a primary ontological value to the building blocks, and consider the relationships and interactions that we observe as a fact derived and subordinate to their existence. In this perspective, for modern molecular biology phylogeny is a strong succession, logic and computational, of biochemical events orbiting around the building blocks of the biological phenomenon, the nucleotide bases, the alphabet of the language of life (A, G, C, adenine, guanine, cytosine and T, thymine in DNA; A, G, C and U, uracil in RNA), from which combination and recombination would derive the phyletic descent (to this line of thinking belongs the belief, denied by evidence, that the complexity and the evolutionary degree of a species is directly proportional to the number of genes present in its genome).

An atomistic-like ontology that does not want to give way to evidence, as Hans Primas points out [37] :

(…) the naïve reductionism which tries to explain all phenomena in term of entities at a supposedly lowest level of theoretical description is still popular. This approach fails simply because the presumed lower level entities do not exist in a theory-independent sense. Modern quantum mechanics put an end to atomism. The so-called “fundamental” entities (such as electrons, quarks, or gluons) represent “patterns of reality”, yet they are not building blocks of reality.

Anyway, one thing is to recognize that ill-defined, temporally variable, hard-to-quantify traits such as MBS and consciousness rely on the availability of specific phylogenetic requirements carried on and transmitted by the genic activity (which, despite the enormous progress made by techniques and technologies intended to manipulate it14, remains far from being understood), another thing is to identify these traits with it, which is not just a misleading idea, but patently a wrong one.

Nigel Goldenfeld and Leo Kadanoff are suggesting to Use the right level of description to catch the phenomena of interest. Don’t model bulldozers with quarks [39]. While it is certainly true that all the properties of a bulldozer result from the particles that make it up, like quarks and atoms, it is useless to think about the properties of a bulldozer (its shape, its color, its function) in terms of those building-blocks. Certainly no one would think of associating a ferrous meteorite fallen on our planet to the possible presence (past or present) of extragalactic bulldozer, stating that: Without iron atoms no known form of bulldozer could be realized! Yet there are plenty of experts who associate the recent discovery of the presence of salt water in the liquid state on Mars [40] with the possible past (or present) presence of (biological) life on the red planet, stating that: Without water, no known form of life is possible! To isolate the variable “water” from the complex of variables, still unknown, which have allowed the terrestrial biological phenomenon to develop, treating water in the liquid state as the elective environment-medium for life in the galaxy is not only very reductive, but quite ridiculous. A line of thought that does not cease to surprise, given that also recently some experts in the field [41] believe that the organic matter, i.e. pre-biotic organic building-blocks of life, found in meteorites (Carbonaceous chondrites) that formed during the birth of the Solar System 4.5 billion years ago may provide key clues to understanding the birth of life here on Earth (a belief in line with the theory of panspermia, according to which life on Earth originated from microorganisms or chemical precursors of life present in outer space and able to initiate life on reaching a suitable environment).

Well, this is a very interesting paradigm, but it is not what Physics suggests today. It is what classical Physics prescribed more than a century ago, before it was showed to be wrong.

3.1. A Physical Frame of Reference for Consciousness and the Mind-Body System: The Quantum Model

quantum theory itself is intrinsically psychophysical as designed by its founders, and as used in actual scientific practice, it is ultimately a theory about the structure of our experience that is erected upon a radical mathematical generalization of the laws of classical physics. Henry Stapp, Mindful Universe: Quantum Mechanics and the Participating Observer (2011).

The scientific revolution triggered by the formulation of Einstein’s Theory of General Relativity (which has radically changed what we know about space and time) and Quantum Mechanics (which has profoundly changed what we know about matter), reveals a microscopic and macroscopic physical reality completely different from that theorized by Newtonian physics, which loses the title of universal physical theory and must be content to maintain a practical validity only mechanically, i.e. on the mesoscopic plane of linear relations (predictable, reversible, reproducible) elapsing within a fixed and passive space containing localized material entities whose movement in time is deterministically governed by mathematical laws.

Albert Einstein showed that classical mechanics was based on two wrong assumptions: 1) that the measurement of time between events was independent of the observer’s motion; 2) that the measurement of the space between two points of a reference system was independent of the observer’s motion. It follows that the laws of Newton’s dynamics must be profoundly reviewed: these in the strong sense can no longer be considered true descriptions of natural phenomena. The new theory that replaces the dynamics of Newton will be called theory of special relativity (SR). If SR is true, with its principle of the constancy of the speed of light, then this is incompatible with Newton’s force of gravity, which acts instantly at infinite distances. Einstein worked on the problem for several years, in 1915 he was holding the solution: the theory of general relativity (GR). The principles of SR were extended to accelerated motions, whereas originally they referred only to uniform motions (which always represent idealizations). Since all masses are subject to gravity, and therefore are accelerated (they are never really in uniform motion, or inertial), relativistic laws are enforced for the entire universe. SR challenged the intuitive nature of the concept of time. Now the same fate had to do with the intuitive idea of three-dimensional Euclidean space. Newton’s space was in fact replaced with a new geometry of space, a continuous four-dimensional space-time. The geometry of the cosmos is non-Euclidean. Despite being far from common sense and despite having questioned the fundamental concepts of Newton’s mechanics, because of its determinism the Einsteinian theory of relativity is still a classical theory, and a realistic one, as it considers the laws of nature independent of the observer.

At the beginning of the twentieth century began a new research perspective, in addition to the relativistic one, which ended with the construction of the quantum theory of matter. This theory completely destroyed the building of classical physics, and replaced determinism with quasi-determinism, causal explanation with probabilistic explanation, and introduced the observer as a subject not merely passive in the laws of physics (a variable unrelated to classical physics, which seems to assign to the mental action exercised by the observer the ability to interfere with the object of his/her observation, i.e. the ability to affect the experimental result, a hasty and misleading conclusion contradicted by evidence: to interfere is the “measurement” action itselfregardless of who makes it, human observer or electronic detector as in the Weizmann experiment15).

Einstein’s relativity, since its appearance, introduced very strong elements of discussion in the epistemological debate, concerning the role of the observer, the status of natural laws, the process of formation of scientific concepts and their value. The same can be said, a fortiori, for quantum mechanics (QM). For two centuries classical mechanics had been a great success in explaining phenomena; it was considered a true theory, a marvelous building erected by human intelligence. Now this theory proved to be false, incapable of explaining ultra-macroscopic, galactic, and ultra-microscopic, electromagnetic, and sub-atomic phenomena. In its place there were theories that introduced the relativity of time and space, quantum indeterminacy, wave-particle duality, entanglement, bosonic superposition16 and other “strange” phenomena. A series of phenomena and conditions which, despite being unobservable by, and incompatible with, the deterministic vision of reality provided by classical physics, continue to be explained by deterministic laws that instead of being based on a logic of relations linearly determined, are based on a logic of relations probabilistically determined, leaving to the Heisenberg uncertainty principle the task of occupying the only (quasi) indeterministic box of the whole theoretical system.

In recent years, the twentieth century epistemological disorientation created by the paradigmatic change has been largely overshadowed by tremendous scientific and technological progress on the ability to derive detailed knowledge on the structure of a system, but the ability to integrate this knowledge has been hampered by the absence of a suitable conceptual framework, within which to describe the qualitative behavior. Even when you have a complete map of the nervous system of a simple organism, such as the nematode, it is not possible to derive its behavior. Likewise, if it is useless to reduce the properties of a technological artifact like a bulldozer to those of the atoms which compose it, it is even more senseless to reduce the complex behaviors and traits of an alive and vibrating organism to the properties of the pre-biotic organic building-blocks of life. Behaviors and traits of an organism are emergent properties of the biological system’s endogenous and exogenous relations as a whole, which does not correspond to the sum of its parts, nor to the sum of the properties of each component taken apart from the whole.

The hope that physics can achieve completeness through an ever more detailed understanding of physical forces and fundamental constituents is groundless. The interaction of components at a given scale can result in a complex global behavior on a larger scale, which in general can not be derived from the knowledge of the single components or sequences of components. Basically, by replacing deterministic sequences with probabilistic sequences nothing really changes, reality continues to be described as being composed of sequences, which is false. Sequences of units are part of the map, not of the territory.

The epistemological disorientation of the first half of the twentieth century has paid off during the second half, and not because the first, devastating, atomic bomb was dropped, but because some assonances emerged between the new and overwhelming vision of reality outlined by modern physics and some assumptions of the newborn psychology, such as the Freudian concept of libido and distinction between conscious and unconscious, followed by the Jungian one between individual and collective unconscious (leading to the Pauli-Jung concept of Unus Mundus), intertwined with the nascent Information Theory and with the growing interest in Artificial Intelligence, stimulating a lively debate on the possible overcoming of the res cogitansvsres extensa Cartesian dualism, by resorting to the supposed unifying (eventually computerizable) contributionof quantum physics17.

That is, several hypotheses have been formulated over the course of a few decades, to explain the function of the brain within the framework of Quantum Mechanics, judging legitimate to ask whether quantum theory, the most fundamental theory of matter currently available, can help us understand consciousness18. A great effort that most often rests on a great misunderstanding: the brain, the mind, the psyche and the consciousness are exchanged for each other and with each other as if they were synonyms, when they are not. A big confusion therefore, which at date can only benefit the CPS (Cyber Physical System) market.

3.2. A Physical Frame of Reference for Consciousness and the Mind-Body System: The Tenso-Relational Model

Basically, mind is an emergence which requires the existence of these three phenomena or cycles: with the body, with the world and with others. The phenomena of mind can exist only within the cycle, in the de-centralization that it involves. Francisco Varela

The degree of complexity of a phenomenon is not an inherent property of the phenomenon itself, but a measure of the degree of difficulty we encounter in investigating, understanding and explaining it. In the field of neuroscience, it is a widespread and unanimously shared opinion that the brain is one of the most complex systems we know. The system brain belongs to the energy/matter, namely res extensa, domain.

The definition of mind, as well as that of consciousness, it involves describing something that is subjectively experienced in the first person and explaining it in an objective form in the third person. Since neither one nor the other is detectable or ascribable to any of the categories of the so far known energy/matter domain, objectifying them becomes a very hard task (the epistemological debate that resolves around the application of the Quantum Model is attempting to overcome the obstacle by ascribing the mental fact to the quantum domain). Due to the anthropocentric vision that characterizes all the post-Neolithic internal representations of external reality, whose commitment is to have full control over Nature and its destiny, a mind without consciousness is like a boat without a helmsman, at the mercy of the waves of the sea, at the mercy of Chaos. This is the reason why, from this period on, when referring to mind, mind endowed with consciousness is implied.

In most of the scientific literature mind-consciousness (belonging to the res cogitans domain) is considered an epiphenomenon of the body (particularly the brain). Brain is considered the seat of mind, mind is the software and brain its hardware. The current NCC approach tries to explain mind as a byproduct of physico-chemical processes involving the billions of neurons in the human brain and its various components are the thought process, emotions, intelligence and awareness. This approach it suffers from certain flaws in that it only defines and quantifies mind-consciousness by way of certain neuropsychological parameters and discusses it in terms of its correlations with cerebral states, characterized by electrochemical flow in certain circuits or neural networks, which may extend into multiple brain areas. It fails to explain its physical identity and the experiential aspect of the subjective state of being oneself, or the “I/Me” experience which everyone experiences in day to day life. Basically, it tries to explain something belonging to the res cogitans domain, by replacing the blocks of the theoretical building erected not to deal with it, but leaving its foundations intact.

Alternatively, by projecting the neo-positivist secular religion movie on a cyberspace’s mandala screen it appears that there is who have understood everything there is to understand in order to combine Quantum Physics, Junghian psychology, Vedic doctrine and so on and so forth, coming to the conclusion that mind-consciousnessand res extensa comes together and represents the ultimate and universal reality, namely Universal Consciousness. So get ready because intelligent machines equipped with consciousness (androids) are around the corner.

The model I am going to apply to advance an explanation of MBS and consciousness, namely Tenso-Relational Model [44] , it stems from applying my previous Endo-Dynamo-Tensive Model [45] to the hypothesis independently developed by me [46] [47] [48] [49] and by Sá-Nogueira Saraiva [50] [51] on the phylogenetic scenario that led to the settling of a distinct and relatively autonomous neuro-psychological identity of the human being, i.e. to the settling of an I/Me vs Other than I/Me, and from adopting an approach to the interpretation of mind phenomena which rests on a framework outlined by multidisciplinary contributions, such as Ilya Prigonine’s Complexity Theory [52] , Luigi Fantappiè’s Unified Theory of the Physical and Biological World [53] [54] , Humberto Maturana’s Biology of Cognition [55] [56] , Robert Rosen’s Relational Complexity [57] [58] [59] (later being called Relational Science or Relational Biology), Chris King’s model of Supercausality [60] [61] , Francisco Varela’s Neurophenomenology [62] , Emilio del Giudice and Giuliano Preparata’s Super-Coherent Oscillatory State of Biological Water (see [63] ), and Carl Gustav Jung’s Analytical Psychology [64].

The Tenso-Relational Model is based on a Relationship Theory in which the only relevant fact under the psycho-physical profile is the relationship between different events19 (Alfred North Whitehead) in space-time. According to this model, each element of reality, at any level of observation, is a micro system of relations, set in a macro system of relations. Nothing of what we observe exists in and by itself. Everything we can think of, observable and unobservable (i.e. virtual), instead of being made up of building blocks, or even quantized, in its ground state consists, as I’m going to clarify, of tenso-relationship systems.

As I discussed in [45] , the establishment of a physical dimension based on a relational dynamicit arises as a consequence of a cosmogonic event, namely the supra-liminal self-perturbation (tensorial symmetry breaking) of a primary, irriducible and intrinsically dynamic state of tension (Implicated Endo-Dynamo-Tensive State20), cosmologically assumed as the physical background from which emerge all the differences in potential, all the interactions or forces and all the physical and psychical relationships. A second supra-liminal perturbation (tensorial transition) leads to the constitution of the spacetime system of correlative interactions between gradients of tension that we know as relativistic dimension or dimension of an exited tension-gradients distribution or ET-GD (mass and energy free dimension). A thirdsupra-liminal perturbation leads to the constitution of a non-exited energy-quanta gradients distribution (zero point quantum field), from whose perturbation (supra-liminal oscillatory motions and/or charge densities of energy-quanta and impulse) takes shape the quantum and supra-quantum dimension (the dimension of the exited energy quanta-gradients distribution or EEQ-GD), where the relation (ship) is somehow explicated and may possibly be observed and directly experienced.

The phenomenological becoming is marked by the coexistence of manifested states (explicated), and unmanifested states (implicated) (David Bohm), and by the alternation of rarefied states and condensed states, whose dynamics respond to the prescriptive but not descriptive action of a poietic principle (which produces development and structure) called self-organization. The action exerted by self-organization is contextualized in the constitution of physical objects called attractors, syntropic nuclei (inducing coherence [65] [66] [67] [68] in the dynamic of a system)21 that perform a catalyzing action on the dynamics of the confinement processes, giving them a preferential orientation, and is supported by the availability of an acting principle which, through recourse to polarized hysteresis22 domains, heading to standing mnesic-like processesof a chaotic type, introduces a variable and convergent quota of in-formation (negentropic action)23, namely mnemotropy. The combined action obtained via the 1) poietic action (which produces development and structure) namely self-organization, 2) syntropic action (which induces coherence in the dynamic of a system) which translates into the formation of syntropic nuclei called attractors, and 3) mnemotropic action (which introduces a variable and convergent quota of space-time dependentcausal continuity coupled to a variable and convergent quota of unpredictable discontinuity), based on polarized hysteresis domains heading to standing mnesic-like processesof a chaotic type, is at the base of the overall state of every confinement process or system of confinement processes of phenomenological becoming. Each form of manifestation, at any level, is in a state, referred to as state of mnemopoiesis or mnemopoietic state, which is a function of the degree and level of integration and synergy elapsing between these three actions.

In the exited energy quanta-gradients distribution (EEQ-GD) regime every object or phenomenon is assimilable to a vibrational system (describable via a mathematical tool known as wave function ψ, an abstract mathematical function that contains all the statistical information that an observer can obtain from measurements of a given system24), that vibrates with a certain frequential configuration, a certain oscillatory or phase modality (rhythm of oscillation) and a certain intensity, maintaining an uninterrupted local and non-local relationship of interference25 with other vibrational systems.

The phenomena of interference between the oscillatory modalities of the energy flows and impulse involved in the perturbation/excitation of the quantum field give rise to coupling-phase (oscillatory resonance26) able to trigger the phase transitions27 (here “phase” is referred to the rotation angle and to the dynamical regime in which the system lives at a given stage of its evolution) that lead, according to QED (Quantum Electrodynamic Field Theory), to the structuring of matter (domains of oscillatory coherence vs domains of oscillatory incoherence). In particular, each localized (in space and/or in time) form of confinement (tensorial, energetic, massive, subatomic, atomic, supra-atomic, biological, cosmological), i.e. delimited by a boundary28, is a tenso-vibrational micro-environment and corresponds to an oscillator or a resonant cavity (cavity resonator), a stationary system organized around a particular tensorial/frequential configuration of perturbations (tensions/oscillations), existing thanks to the relationships of interference it has with the endogenous and exogenous tenso-vibrational environment29.

The ordinary dimension (Middle Dimension) to which we are part of, is then defined as the dimension of condensed matter (atomic and supra-atomic organization of fermionic quantum states) and can be treated as a massive fractal oscillating system affected by four orders of phenomena30 relatively autonomous and independent, associated with just as many physical varieties:

- Tensorial phenomena (tensorial varieties: differentiated vs undifferentiated tensions; qualia; images)

- Energy phenomena (electrodynamic varieties: wave fields and matter fields; wave-particle duality; anti-symmetrical/chiral composite quantum states and symmetrical/achiral composite quantum states)

- Condensed matter phenomena (thermodynamic varieties, gas/liquid/solid, and chemical varieties, inorganic/organic)

- Biological phenomena (autopoietic varieties, prokaryotic and eukaryotic organisms)

and by three types of correlative dynamics or couplings:

1) a coupling of a frequency (fermions) ↔ phase (bosons) type, between the massive plane and the wave-particle plane or kinetic gradients distribution (Phase Conjugate Dynamics of the type Frequency-Phase Correlative Dynamics);

2) a coupling of the phase (bosons) ↔ tension (dipolar tension gradients) type, between the wave-particle plane and the dipolar tension gradients distribution (Spin Conjugate Dynamics of the type Phase-Tension Correlative Dynamics);

3) a coupling of the tension (dipolar tension gradients) ↔ tension (monopolar tension gradients) type, between the dipolar tension gradients distribution and the monopolar tension gradients distribution (Tension Conjugate Dynamics of the type Tension-Tension Correlative Dynamics).

The interaction between Phase Conjugate Dynamics and Tension Conjugate Dynamics takes place only (with some exceptions) via Spin Conjugate Dynamics, which means that the interaction between the massive plane “body” and the tensorial plane “mind”, takes place thanks to the interface established by quantum dynamics (Quantum Brain), which are in no way assimilable to “mind” dynamics (the so-called Quantum Mind is one of the inebriating side-effects induced by the seductive charm of quantum revolution).

3.3. At the Roots of Mind: A Phylogenetic Frame of Reference

Phylogenetically, as I discussed in [18] [44] , through Nervous Tissue (NT) and Nervous System (NS) the organism may develop the ability to interface biunivocally the territory of tension with the territory of energy, so as to give way to new relational and adaptive strategies (new compared to the non or pre-neurological relational and adaptive strategies). In this sense, NT-NS as a unit is a selective interface between the two territories, energy ↔ tension, and the original function assigned by cell differentiation to nerve cells is receptorial and meta-physical (of interfacing between one plan and the other of reality): that is, NT and the NS, regardless of the number of anatomical/functional units (neurons, glial cells and the like) involved, are condensed (fermionic) systems specialized in interfacing the Exited Tension-Gradients Distribution (ET-GD) with the Exited Energy Quanta-Gradients Distribution (EEQ-GD), and viceversa, for adaptive purposes. Photons (massless objects) and phonons (quantized mode of vibration) exchanges generated by the neuro-electro-chemical activity, are at the basis of this interfacing dynamic.

With respect to the territory of energy, NT-NS makes a selection (receptor function) species-specific upon the state variations or stimuli (perturbative events, e.g. frequency variations, phase variations, tension variations) from the external and internal environment, making the organism appropriately sensitive to a certain range of state variations and not to others. Moreover, NT-NS is specialized in transforming, upon kinematic similarity, the chemical and physical state variations of the environment, in spatial and temporal neuro-electro-magnetic phase correlations. With respect to the territory of tension NT-NS it transmutes the stimuli from frequencial pattern (receptor activity ↔ neuro-electro-chemical activity) in isomorphic pattern of spin, on which operates a specific Holographic Strange Attractor31 [69] [70] [71] , which transmutes the pattern of spin in tensorial pattern, and viceversa, and sets the functional correlations between them, valid under the biological and/or neurological and/or psychic standpoint.

In general, a Nervous System defines and separates this network of interactions, which are of the chaotic-type (deterministic chaos) [72] [73] [74] , from the environment, so that it can realize an autonomous but not isolated unit, namely a living neurologic organism. Humans, and to some extent also other vertebrates, are engaged in engramming a sensori-neural warp of tensions on which it can weave the weft of a variably integrated state ofmind.

In vertebrates, thesensori-neural responsecommon to all neurological organisms is processed and integrated, e.g. via super-complex anticipatory systems32, to become perception (perception being a function more integrated than sensitivity which is a function more integrated than reacting which is a function more integrated than excitability), which in humans is associated to sensing, the psychic-mental substrate on which thinking is grafted.

So when I say that the mental phenomenon belongs to the tensorial phenomena class, does not mean to say that the latter presents the characteristics we attribute to the human mental phenomenon. Instead, it means that physically the mental phenomenon is given by the localization (a process of confinement established by the action of a specific neurological basin of attraction33 of the chaotic type―e.g. a riddled basin of attraction34―, acting on tensorial level) of a particular ongoing distribution of dipolar tension gradients, coupled (via correlative dynamics) to the localization (established by the action of a specific neurological basin of attraction, acting on wave-particle level) of the energy gradients distribution (see also Section 3).

A distribution of energy gradients which is tuned on the neuro-electrochemical activity, that transmutes the environmental physical variations (internal and external stimuli), filtered by the six sensory organs (the CNS being the sixth and the most important sense organ, specialized in interacting with tension state variations), into a non-linear neuro-compatible stream of energy and tension gradients.

So when we refer to mind, we are not referring to something made up of something, or to the product of a mind-body mechanic, but to a phenomenon literally implicated in the human neuro-psycho-physiological relationship elapsing between its outer-outsight (embedded) and inner-insight (embodied). Accordingly, when we refer to consciousness we refer to the warp (namely the possibilities, skills and attitudes) on which is interwoven the weft of the ongoing faculty and ability to ideate, program and engage, not occasionally and not by domestication nor by artificial programming, an adaptive and supra-adaptive behavior not ruled by the phylogenetic prescription (behavioral stereotypy).

This presupposes that for there to be an adaptive and supra-adaptive behavior not ruled by the phylogenetic prescription, there must be a working “I/Me” which perceives itself as something else from an “Other than I/Me”, and polarizes the Ego accordingly. This presupposition of consciousness is precisely the self, the psychic center of awareness: consciousness and awareness are not synonyms at all! Phylogenetically and ontogenetically awareness precedes consciousness, this also means that all animals are endowed by a species-specific degree of awareness tied to phylogenetic prescription, that allows them, without being endowed by consciousness, to survive across the ontogenetic and phyletic space and time. The only animal endowed with phylogenetic presuppositions that allow it to free itself from the phylogenetic diktat and to undertake a (very difficult) path of epigenetic modulation of the self is the human being. On this irreversible deviation (bifurcation) from the phylogenetic bond, Homo Sapiens has been able to develop what we call consciousness. An acquisition that is not devoid of deleterious effects, since Homo Sapiens et Faber has arrived to this days doing a great deal of damage, not to mention the damage he is about to do by hanging himself on the chips of artificial devices endowed with an algorithmic consciousness supposed to simulate his own.

3.4. The Human’s Mind-Body System

I view the brain not as a box with compartments that contain sadness, joy, colour, texture, and all the other “objects”and categories that one might think of. Instead, I envisage it as a constantly shifting dynamic system; more like the flow of a river in which patterns emerge and disappear, than a static landscape. This is an entirely different image from the brain as a computer with stored contents or subroutines to be called up by a program. In nature’s pattern-forming systems, contents aren’t contained anywhere but are revealed only by the dynamics. Form and content are thus inextricably connected and can’t ever be separated. J.A. Scott Kelso

By mind-body correlative dynamics is understood a non-locally recombining weft of tension and energy gradients, filtered by the mind-body mnemopoietic state of the subject experiencing it, to become a virtual (intrinsically non-observable) stream of images and vortices, which we call sensations, perceptions, thoughts (see also Section 3). When we sense, perceive, think, we literally “become” those sensations, perceptions, thoughts. There is not something or someone separated from the mind-bodycorrelative dynamics, which observes it from the inside or from outside. This dynamics is not codified somewhere, not between the DNA helixes, nor between the folds of this or that body district, of this or that neuronal area. It is not codified at all. Instead, it is implicated in, and belongs to, the whole mnemopoietic system that supports it.

To better visualize the multidimensional scenario within which mnemopoiesis it acts, we can resort to Augusto Sabbadini’s metaphor of the pond and the fish35.

Imagine a muddy pond where we are fishing. A fish swims in the pond, but we can not see it because the water is cloudy. At a certain point the fish bites. We raise the barrel and see it attached to the hook. In such a situation we naturally suppose that, just a moment before biting, he came to be precisely at the point where the hook was. Until a moment ago we were not able to say where it was: its position was for us, in a certain sense, indeterminate. But it was not an intrinsic, irreducible indeterminacy. It was linked only to incomplete information on our part of a reality that was in itself determined.

Now imagine that the fish is a quantum particle and the rod, line and hook are a device that measures its position. Also in this case, until we perform the measurement, the position of the fish is indeterminate. But this is a different and more radical indeterminacy. Rather than a normal fish, the particle resembles a soluble fish, which, before biting, is found widespread throughout the pond, more densely in some places, less densely packed in others. The uncertainty of his position is not just a lack of information on our part. Where it is thicker we are more likely to catch it, where it is less thickened we have less chance. But his position is intrinsically indeterminate. Nonetheless, miraculously, when the soluble fish is caught, its widespread nature instantly condenses and precipitates into a real fish, perfectly localized, hanging on the hook.

Normal fish and soluble fish belong to the territory of energy. Normal fish belong to our middle dimension, the three-dimensionality pond, where time flows from a before to an after and where the concept of distance and of alternation still make sense, the one we experience through our ordinary senses, with respect to which the laws of classical physics apply. Soluble fish belong to the quantum dimension, the one we can not experience through our ordinary senses, with respect to which the laws of quantum physics apply, the pond where the concept of distance and of alternation, of space and time, completely lose meaning, dissolving into something which contemporary physics calls zero point quantum field. Normal fish (massive plane) and soluble fish (wave-particle plane or kinetic gradients distribution) interact via frequency (fermions) ↔ phase (bosons) coupling (Phase Conjugate Dynamics of the type Frequency-Phase Correlative Dynamics).

Spacetime continuum is the pond of tension gradient distribution from which both soluble fish and normal fish appear and disappear. In the pond of tension, i.e. the exited regime (ERRD, Excited Reducible Relativistic Dimension) of the ground state of phenomenological reality, the individual systems (normal fish) of the middle dimension, and the particles or groups of particles (soluble fish) of the quantum dimension, do not exist at all. There are neither separate nor quantized entities that interact with each other, but rather images that are constantly formed and dissolved as in a kaleidoscope, vortices that are constantly formed and dissolved as in the current of a river. Vortices and images exist only temporarily and are only a reality to some extent fictitious (virtual) and arbitrary, cut out, remixed and stretched in the turbulent tension gradients floating.

The mind-body system (MBS), namely the neuro-psycho-physiological dynamics caracterizing an alive and vibrating human being, it can be seen then as an autopoietic system strung between the Exited Tension-Gradients Distribution (ET-GD) and the Exited Energy Quanta-Gradients Distribution (EEQ-GD), governed by the syntropic action of an Holographic Strange Attractor, able to develop different degrees of integration and to carry out different functions, that responds to the laws of psychodynamics of non-equilibrium, that constantly redefines, sustains and reproduces itself. The autopoietic dynamic of the MBS is organized around biophysical autocatalytic patterns (i.e. self-accelerated) regulated by continuous and non-linear fluctuations of selective tension transfer between the outer-outsight (embedded) and inner-insight (embodied) environment. The trans-neurological selectivity is the central element of the autopoietic neuro-psycho-physiological dynamics. There is a diffuse and integrate neurological intercellular relationship system, supported by a dense network of physical and chemical signals (via synapses, gap junctions, intra-extracellular fluid, plasma membranes, Cerebrospinal Fluid) capable of interacting with the environmental substrate so as to produce the net of soliton waves, i.e. neuro-electro-chemical impulses or nerve impulses or action potentials, that qualifies the sensory/receptor system activity. Selective tension transfer between intra and extra environment is associated with the production and transduction of tensorial signals (coherent scans of tension-state variations or tenso-stimuli) that come into play in the tensorial interconnection and in the biophysical processes of the Nervous System tuning (via Phase Conjugate Dynamics; Spin Conjugate Dynamics; Tension Conjugate Dynamics): that is, all neuro-psycho-physiological in-formation dynamics is carried, transformed and made available as holographic spin-phase interference patterns on the surfaces of higher order hyperspace fields (e.g. on a hypersphere, a structure embedded in a 4D space, equipped with a double donut-like shape, which is invisible in the usual 3D dimensions) [79] , which are non-locally resonant with the intermediate EM field generated by the neuro-psycho-physiological activity. Since this dynamics lies under the syntropic action of a Holographic Strange Attractor, all the mnesic traces (retention of the absent) that in-form its becoming will give shape to a subset of tension gradients, a fractalized holographic hysteroid, the psychic basin of attraction or anthropo-psychic basin of attraction of the human spieces.

If we assume that the phenomena generated by the transition betweenpattern of spinandpattern of tensionrefer toa inertial system generated by the actual transition, the so generated inertial system may be treatedas the event-horizon of the neuro-psycho-physiological information dynamics, where by event-horizon36 it is meant a de-localized virtual entity37 [80] , the space-time boundary between different planes of manifestation (heremind vs body), which traces the limits of observability and comparability of the phenomena that lie before and beyond the event-horizon (tension vs energy).

If this is the case, the surfaces of higher order hyperspace fields lay on and in-form the human’s neuro-psycho-physiological event-horizon.

4. Out of Body Experiences and Electromagnetic After-Effects: General Premises

現代人の無意識を通じた「背景物理学」の生成において最終的な観察方法が見なければならないのは、物理学と精神を均一に含む自然の将来の記述に向けた客観的な方向付けです。 先見の明のある段階でのみ経験します。 自然のそのような均一な記述を達成するために、科学用語と概念の典型的な背景に頼ることが不可欠であるように思われます。 ヴォルフガングパウリ、C.G。への手紙 ユング1948616日)

生物学的水[63]、タンパク質、核酸などの塩基性有機化合物は半導体であり、イオンの関与なしに電荷を活性化する能力を持っています[81]半導体は、化学的、熱的、電磁的エネルギーを電気エネルギーに、またはその逆に変換する優れた方法です。半導体は、電子と光子の量子発生器になり得ます。交番電界では、タンパク質、アミノ酸DNARNA、および植物や動物の組織が電歪、つまり電界の存在下での誘電体(絶縁体)の機械的変形を受け、の量子発生器になります。フォノンまたは音波(フォノンは振動の量子化モードです)。これは、問題の構造が同時に圧電性(特定の材料が加えられた機械的応力に応答して電荷を生成する能力)および焦電性(特定の材料が加えられた熱応力に応答して電位を生成する能力)であるために発生します)、つまり、熱的および機械的分極の能力を備えています。圧電素子機械的エネルギーを電気エネルギーに変換し、圧電素子は熱エネルギーを電気エネルギーに変換します。音響効果は、圧電素子だけでなく半導体でも発生する可能性があります。半導体は、誘導された状態の電子を管理できます。このような場合、非放射再結合は、量子量子化モードの振動の形でエネルギーを分子ネットワークに伝達します。したがって、誘導状態から基本状態への遷移には、光子の生成またはフォノンの生成という2つの可能性があります。

ミクロおよびメゾスコピックレベルでの生命は、有機物のような半導体、圧電およびパイロエレクトリックのシステムで、生体内で発生するすべての化学的、電気的、磁気的、光学的および音響的イベントの結果です。 したがって、生命は化学的または電子的システムではなく、光子交換が中心的な役割を果たすこれら2つのプロセスの間である程度起こります。

生命過程と光は、それらの電磁的性質のために分離不可能であり、内部的に接続されています。 光は、生物や生態系全体、たとえば光合成、視覚の過程、生体リズムなどにおいて、エネルギーと調節の重要な役割を果たします。光子放出の強度の変化は、ホメオスタシスの障害と機能的に関連しています。 測定値は、生物の活力の状態と環境適応の能力を指定します。 電磁インターフェースと光子交換はすべての生物学的プロセスの基礎であり、それのおかげで、より複雑でないものから最も複雑なものまで、生物学的システムが環境と相互作用します[82]

この意味で、電磁インターフェースは、ミクロ、メソ、およびマクロのレベルで、あらゆる生物学的システムの基本的な感覚モジュール[83] [84] [85] [86] [87]、すなわちEM感覚モジュール(a いくつかの海洋および少数の陸生動物種が電気受容の開発によって支持され、電気位置特定(物体の検出)および電気信号伝達に使用される生物学的能力)。

生体の神経細胞は、細胞自体の直線寸法に匹敵する波長を持つ超高周波数範囲の電磁放射の発生器です。神経細胞は、外因性の変調された周波数を持つ律動性の中心と見なすことができます。 CNSニューロンの弱い磁場は、シナプスに加えて2番目の信号システムを作成するスピン共役ダイナミクスで重要な役割を果たします。 H.PuthoffR.Targ [88]は、感覚体を脇に置いて、CNSに対する弱い磁場の影響を確立しました。彼らの実験では、感覚的接触がまったくない状態で刺激を伝達すると、仲介者の役割が非常に低い周波数の電磁振動によって果たされることを証明しました。外部信号がない場合の異なるセルの放射の相互作用は、超高調波(正弦波)振動と低周波非線形(確率的)振動の両方が利用可能である場合、異なる長さの波間の共鳴イベント(干渉)を​​犠牲にして行われます。それらの同期は神経系によって提供され、それらの一貫性は細胞構造の組織特殊化によって提供されます。たとえば、精神疾患または神経向性毒素の影響の結果として、CNSの制御が弱まると、これらのプロセスは、外部刺激、すなわち、視覚的、音響的、化学的刺激または電磁放射によって整頓することができます。放射線の相互作用は、分子の相対位置の変化の結果として分子レベルで実行され、空間内に細胞を作成します(立体配座移動)。その時点で、累積信号の共振強化の効果が達成されます。

動脈性生物は、受容体システムだけでなく、生物全体の電磁エネルギーへの変換を介して環境と相互作用します(NDSまたはNDLSの一時的または永続的な物理的結果は電気感受性である可能性があり、これは物理的変化によって引き起こされる可能性があります EM感覚モジュールをサポートするシステム全体の、まず第一に、生物学的水の組成とダイナミクス)。

物質は、いくつかの異なる状態または段階で自然界に現れる可能性があります。 熱力学的法則に応答するメソおよびマクロレベルの気体、液体および固体、プラズマ、格子、ボソンガス用のボーズアインシュタイン凝縮(BEC[89]フェルミ粒子用のバルディーンクーパーシュリーファー凝縮(BCS) ガス、タンパク質と核酸のフレーリッヒ凝縮[90] [91]、ソリトニック波(ソリトン[92]、量子スピン液体(マジョラナフェルミオンとして知られる準粒子でできた量子ゆらぎによって引き起こされる絡み合ったスープ 相関するスピン液体状態、すなわちスピン軌道と磁気運動量結合を介して到達するスピン波パケットのスープ)[93] [94]微視的レベルで、ほんの数例を挙げると、電気力学的法則に応答します。

物質の各状態または相は、その内部構造または順序に従って、つまりその相関構造(たとえば、気体は液体よりも相関が低く、液体よりも相関が低い)、およびそれらの間の接続に従って修飾できます。 相と他の相は相転移によって起こる可能性があります(ある状態から別の状態への相転移はシステムの相関状態を変更しますが、液体、固体、および両方で常に水である水の場合のように、その性質を変更しない場合があります 気体状態)。 位相は、現象のダイナミクスをその時間的経過および振動特性に関連して限定するパラメーターです。各位相または状態では、異なるエネルギーレベル、異なる振動構成、および異なる干渉レジスターに対応します。

力学系の形成によって記述される軌道が相転移によって偏向される場合、一定期間、システムは相境界にある状態になります。これは、東の伝統がバルドと呼んでいる状態です。 NDSおよびNDLSの場合、快適または不快なoneiricのような状態のように見える場合があります)、それを超えると、システムが部分的または全体的に、可逆的または不可逆的な方法で、その形式的および/または振動的および/または振動的に変化する分岐点 または感覚的アイデンティティ

このスキームの下では、システムの基本的な構成要素は、それが含まれるようになる相関システムに応じて、何らかの方法で機能することができます。 したがって、システムの動作を決定する相関プロパティは、個別に取得されて合計された基本構成要素のプロパティではありません[95]

生物学的および神経学的現象は、非平衡ダイナミクスがシステム自体の変換と存在を保証する、カオス型の非線形動的システムと見なすことができます。 カオス(決定論的カオス)は、病気ではなく健康に固有のものです。生理学的流れ(空気、血液、神経インパルスなど)の非線形性は、その解剖学的サポート(肺、 血管、神経回路網など)そしてその自己調節を保証します。 逆に、この病気は秩序の一形態であり、死の中でその決定的な表現を見つけます。 カオスは外部から生物学的システムを脅かすことはありません。それはシステム自体の特性です。それはオートポイエーシスシステムであるという基盤にあります。 摂動は線形平衡にあります。病原体は、システムの無秩序な情報に「秩序だった情報」、つまり条件付けられた行動を導入します38

生命は、生物系の記憶形成状態によってサポートされ、混沌としたタイプの多数の統合された引力の盆地(だらけの盆地)によって発揮される作用によって支配される生物物理学的および生化学的プロセスの非線形でリズミカルで継続的な変換によって記述される軌道です。 フラクタルサイズでホログラム39として構成された、多くの奇妙なアトラクタによって支配されるトロイダルトポロジは、二重層のエネルギーエンベロープで構成されます。つまり、外層は周波数-位相相関ダイナミクス干渉リッジのフラクタルプロットで構成され、内層は 張力-張力相関ダイナミクス(張力コア)のフラクタル分布の、生物種固有のイベント範囲での投影と非局所的に結合(絡み合っている)の位相-張力相関ダイナミクス干渉リッジのフラクタルプロット(図2)。

As for human mind, a basin of attraction could be the metaphor that indicates a single flow of mental images (perceptions, sensations, emotions, thoughts, memories) immersed in the flow of the relationship of continuity that remains implicated in the apparent discontinuity elapsing between the experimenter and

2.人間のエネルギー-緊張の引力の盆地、すなわち心--体(非局在化)システムは、EEQ-GDを特徴付ける基本構造を再現し、次にET-GDの基本構造を再現します[45 ]EEQ-GDの基本構造は、単一のフラクタルおよび共振オブジェクト、トロイダルのような空洞共振器であり、外部周波数緯糸(位相共役ダイナミクス→ボディ)、内部スピン緯糸(スピン共役ダイナミクス→脳)、およびテンソルで構成されます。核(マインド→テンション共役ダイナミクス)。 ET-GDレベルでは、このフラクタルオブジェクトの前兆は、スピン内部運動(ツィッターベヴェーグン、外部要因に依存しない自己ダイナミズム)からなる拡散トロイダル渦であり、その中で静止した分数(非定量化)エンティティです。モーションインパルスは潜在的です。トルク40と回転作用(反射対称性の破れによって引き起こされる)を受けると、この拡散トロイダル渦は、スピン内部運動がdeであるツイストピンチヒステリシスループT-PHL)と呼ばれる双極量子相対論的オブジェクトに変換されます。 -スピンアップとスピンダウンで対称化。最終結果(EEQ-GD)は、ループの自己交差の非局在化点(で強調表示されている8つのようなストリップ)を通過する際の、右旋性と左旋性のスピン角運動量の連続的で不均一なサイクロトロニック運動です。写真)負の値から正の値にシームレスに移動しながら、符号を議論して反転させます。生物学的T-PHLにつながる鏡面対称性の破れは、生物学的ホモキラリティーを決定する生物学的水によって媒介されるエナンチオ選択的吸収に基づいています。

人間の精神に関しては、魅力の盆地は、間で経過する見かけの不連続性に関係している連続性の関係の流れに浸された精神的イメージ(知覚、感覚、感情、思考、記憶)の単一の流れを示す比喩である可能性があります実験者と彼の実験の対象、エネルギーの領域と緊張の領域の間、身体の次元と精神の次元の間、そして精神的イメージの継続的な変化は、別の魅力。つまり、このフローは、動的で流動的な非線形のカオス型システムと比較できます。このシステムは、主観的な時間のコンテキスト化により、多重度に断片化されているように見える、引力の盆地の規範的ではあるが記述的ではないアクションの周りで自己組織化します。統合された引力の盆地の、ここで:神経学的フィルターの選択的かつ識別的な作用によって媒介される、流れの性能の最小の変動またはそれに作用する最小の摂動でさえ、無視できない方法でシステム。

カオス型の非線形動的システムの位相空間では、その引力の盆地の軌道は、予測できない方法で軌道を混合する連続的な伸縮および曲げプロセスを受け、システムに不確実性の本質的な特性を与えます。カオスアトラクタのストレッチとベンディング操作は、初期情報を体系的に変換し、次の情報と統合します。ストレッチは不確実性を小規模に増幅し、ベンディングは互いに非常に離れた軌道(軌道)に近づき、隠れます。大規模な情報。システムの全体的な動きを構成するさまざまな振動のこの継続的な増幅とオーバーラップの結果は、正確には、その将来の動作の予測不可能性、系統発生に関連して私たちが多様化と呼ぶものの手口(解の問題化)です。神経学的行動モジュールに関連して、ステレオタイプの克服と呼ばれるものと、人間の行動に関連して、学習と創造性と呼ばれるもの。

その性質上、すべての物理システム、さらには生物学的システムは、定義された時間と空間の制限内でダイナミズムを発揮します。そうしないと、時間は永遠になり、空間は無限になります。システムの存在を区切る時間と空間の変動の限界を確立し、これらの限界はシステムの限定された変動を表します。この変動性の一部、特に端を引くもの(位相限界)は、システムの通常のダイナミズムには現れません。変動性のこの部分は、埋蔵量の変動性と呼ばれ、動的システムがストレス限界の進化と摂動に適応および/または反応する能力と一致します(NDSおよびNDLSの場合のように)。つまり、全体の変動性(制限された変動性と予備の変動性)は、ランダムに動作しないシステムの能力の限界(決定論的カオス)を示し、システムに固有の応力限界を設定します。これを超えると、動的は制御されませんがランダムになります。 。

連続体の振動システム(連続リズムシステム)では、生物学的システムとして:

1)システムの予備の変動性は、振動システムの各リズム特性のストレス限界でそれ自体を識別します。

2)限られた変動性は、その振動能力と一致します。

3)振動能力は、システムのリズム特性の変調能力に対応します。

システムのリズミカルな特性の変調能力には、次のものが含まれます。

1)強壮性変調または平均振動レベルの変調、

2振幅変調

3)位相変調、

4)周波数変調。

したがって、連続リズムシステムの応力限界を超えると、つまり、1つまたは複数の振動特性が過剰に変調されると、振動システムの連続リズムは、ランダムではない周期的な動作を失い、 不規則で乱雑なランダムなダイナミズム。

通常の状態では、種固有の引力の盆地によって活性化される周期的プロセスは、自己相似性、およびスケール不変性のレベルに保たれます。これは、生物学的システムのプロセスと構造の機能と形態に必要な条件です。 それらが変化しても、割り当てられた役割で機能し続けます(たとえば、老化の過程で構造やプロセスが変化しますが、常にそれらと同様のままです)。 この目的のために、引き寄せられた流域は、ストレンジアトラクター決定論的カオス)からリミットサイクルアトラクター41(概周期)から不動点アトラクター(周期的)へ、およびその逆に絶えず変化します42

種固有のアトラクション盆地の不確実性の程度とそのシントロピック機能(システムのリズミカルな特性を調整する能力)が維持されている限り(決定論的カオス)、その自己変換は可逆的です(例:生理学的プロセス、 自己修復と治癒)、しかし、シントロピック機能の不確実性および/または有効性の程度が内部または外部の原因(システムのリズミカルな特性を維持する能力の変化または喪失)によって損なわれる場合、自己変換のプロセス リミットサイクルアトラクタのレベルで、固定小数点アトラクタの限界で停止することができ、その動作中のプロセスおよび/または構造が再発します(NDSおよびNDLS中など)。

特定の限界を超えると(応力限界を不可逆的に超える)、システムの不確実性および/またはシントロピック能力の喪失は、機能的自由(構造的および/または機能的永久損傷)の局所的または広範囲の低下、または 1つまたは複数の機能は、生物学的システムの衰退につながる可能性があり、最終的には死に至ります(または一時的で可逆的なNDSまたはNDLSにつながります)。

この一連の研究の範囲内で、いわゆる体外離脱(OBE)といわゆる電磁的後遺症(EAE)の可能な説明を紹介し、セクション4で議論を残します。 いわゆるエネルギーヒーリング能力(EHA)とpsi現象。

4.1. NDS’ out of Body Experience

私は非常に空中に浮かんでいて、しっかりと水平で、ベッドの数フィート上にありました[…]天井に向かって移動していました、水平で無力でした[…]なんとか振り返ると、そこに別の「私」が静かに横たわっていました ベッドの上。 シルヴァン・マルドゥーン、アストラルボディの投影、1929

OBE [98] [99] [100]は、次の3つの現象学的要素[16]の存在として定義できます。 離れた高架の視空間的視点(または視点)の存在; そして、この高い視点から自分の体(または自己像)を見る。

NDErは通常、検証的知覚(VP)を伴うOBEの発生を報告します[101]NDEVPは、通常の手段では取得できなかった検証可能な情報を取得する場合です)。蘇生の取り組みとして)および非局所的(すなわち、親戚が何をしていたかを説明したり、待合室のように物理的な距離で言ったりするなど、別の場所にいることを報告する)。 目前のトピックの紹介として、私たちが体外離脱体験として扱うような体験を修飾することは、何か、つまり意識に恵まれた精神に空間的なコロケーションを任意に割り当てるので、疑わしいことに注意する必要があります。空間的なコロケーションはありません。体外離脱体験などの体験の資格に訴える理由は、主に、死と死に関連する現象の場所と解釈に行使される宗教的条件付けに由来します。西洋思想に関しては、そのような疑わしいアプローチの最も象徴的な例は、復活の世界的な神話のヒエロファニーへのキリスト論的アプローチによって与えられます43

ニサンの14時の6時から9時、ヘブライ3791年、つまり西暦3047日の正午から午後3時(キリスト教暦)の間、地球全体が暗くなります。 36-37歳の時、ナザレのイエス44、肉体になったロゴスであるYHWH45の男46は、父に霊を放ち、彼の地上の本質の存在に終止符を打ち、象徴である十字架の謎に身を委ねます47。 :死と贖い、究極の始まりと終わり、創造と破壊、アルファとオメガ。 そして3日後、彼は空に復活しました。

だから私たちの質問は:

死にゆく人の意識が体から離れ、遠くから見て、乗り回すことができるでしょうか?

現在、「意識の座は脳であるという一般的な合意があります」[81]、つまり、意識と精神が何であるかについて一般的な誤解があります。

これまでに議論したように、意識は、精神のように、脳や他の場所に生息していません。 意識とは、それを支えるシステムの一貫性の状態、心と体の相関システム、そしてその記憶形成状態の表現です。 この状態は、精神と水の間の同等性の比喩的な関係に頼ることによって合成することができます。ここで、精神は緊張の領域に属するコヒーレントドメインであり、水はエネルギー/物質の領域に属するコヒーレントドメインです。

-精神は意識に恵まれた精神であるように、水は生物学的水にあります。

-水(固体、液体、気体の状態)は熱力学の法則に反応します。

-生物学的水(液体の水の超コヒーレント状態)は、量子電気力学の法則に反応します。

-精神(神経生理学的緊張状態)は、緊張力学の法則に反応します。

-意識に恵まれた精神(超コヒーレントな精神状態)は、非平衡法則の精神力動に反応します。

パラグラフ1で指摘したように、意識と意識も、すべてまたはまったくの法則に従わない。つまり、その機能は、それをサポートする相関システム全体の完全性の状態の変化に応じて変化する可能性がある。 含まれる可能性があります:

1)詩的/シントロピック/ニーモトロピック作用の間の相乗効果の状態;

2)詩的機能の相関ダイナミクス

3)シントロピック関数の相関ダイナミクス

4mnemotropic関数の相関ダイナミクス

5)機能間の相互作用をサポートするホログラフィックフレームの相関ダイナミクス

したがって、1NDSの意識のゼロ化状態の間に発生する、一時的または永続的な、可逆的または不可逆的な、変化した意識状態、2)一時的または永続的な、可逆的または不可逆的な、変化した状態の類型、程度および程度 意識、NDLSの抑圧された歪んだ意識と意識の状態の間に発生します。3)一時的または永続的、可逆的または不可逆的、障害のある意識と意識の状態、昏睡などの意識と意識の停止状態の間に発生します[103 ]、原因の変化、損傷の持続時間と重症度、心身相関システムの障害、何よりもまず生体電磁変換とエネルギー緊張神経変換に関連するものによって異なります。

したがって、NDSの間は、遡及的に想起され、切り離されたものとして再構築される意識の認知状態ではなく、精神的→精神的な意識状態です。 意識の認知状態が存在するためには、注意の質とビームを修正および/または調整するために自主的に努力するときに、被験者が焦点を当てることを選択する意識の流れが利用可能でなければなりません。 NDSの間、この可用性は拒否され、意識的な認識、意識的な努力の適用、感情的な自己調整戦略は利用できません。

生と死の間のフェーズ境界での客観的(一時的および可逆的)状態の間、つまりNDSの間、経験者と彼女の対象との間で経過する見かけの不連続性に関係する連続性(連続的リズミカルシステム)の関係の通常の流れ/彼の経験は、エネルギーの領域と緊張の領域の間、身体の次元と心の次元の間、彼女/彼の内面の洞察(具体化)と彼女/彼の外面の見通し(埋め込み)の間で、フィードフォワードを失いますフィードバックループダイナミクス(概周期または周期的)に掛けられるダイナミクス(引力の自己変換の盆地)。システム全体のダイナミクスに対する奇妙なアトラクタの引力の盆地によって発揮されるシントロピック機能の不確実性/有効性の程度が損なわれ(システムのリズミカルな特性を維持する能力の喪失)、自己変換のプロセスはリミットサイクルアトラクタのレベルまたは固定点アトラクタの限界で、システムの(可逆的な)ストレス限界を超え、予備の利用可能な変動性のアクティブ化を必要とし、そのアクションの下にあるプロセスおよび/または構造の再発を伴う。

神経学的フィルターと感覚チャネルによって発揮される選択的かつ識別的な作用は、1つを除いて抑制されます:EM感覚モジュールは、生物学的水の容量によって保証され続け、1)渦励起の形で電子電荷を保持します エネルギー予備として貯蔵可能な準自由電子; 2)利用可能なさまざまな分子種の電子的およびプロトン的な長距離および長寿命の励起を誘発し、それらの選択的活性化と相互引力を可能にします。 3機械的振動(フォノン)を電磁エネルギー(光子)の量子に変換し、その逆(圧電効果)を変換します[63]

NDS中に発生する身体的(エネルギー)次元と精神的(緊張)次元の間で経過する解離(切断)状態は、被験者に(準)感知された(知覚されない)、浮遊、意図的ではない、時空座標の欠如を経験させる可能性があります、受動的で、oneiricのような分離された意識の分離された状態(通常の周波数-位相相関ダイナミクスから解放された心と体の体制)。 1)すべての通常の認知機能(意識を含む)がゼロになる、2)神経系の調整(位相共役ダイナミクス、スピン共役ダイナミクス、張力共役ダイナミクスを介して)が生化学的および生物物理学的プロセスに取って代わられる、水没した落ち込んだ精神状態神経学的活動の抑制における細胞、器官およびシステムの一時的な生存、3)それが(左のみの被験者の神経心理生理学的イベント-地平線上で)緊張-緊張相関ダイナミクスに結合されている間、心身システム活動(緊張的相互接続)対象の精神的→精神的内面に結合された緊張の領域と、対象の外面に結合された緊張の領域を含みます。このような状態では、被験者のエゴイックな精神的複合体または自己は、EM感覚モジュールを介してのみ、身体と周囲の間の対称性を見つけること、つまり、そのドリフトを打ち消すための接地座標を見つけることに従事することを余儀なくされます。 (自己)ゴーストイメージング再構成[104] [105]、または(自己)組織の磁気テクスチャとスピン波相互作用再構成(ホログラフィックスピン波干渉パターン認識[106] [107]のように)との親和性を示す可能性のあるプロセスを介して)、文脈に関して何らかの形で根拠があるようになる(これは自己の役割でもある)。

死前の意識の剥奪と通常の感覚チャネルの結果は、身体と周囲をつなぐ対称性が関与している座標の剥奪であり、自己の漂流を押し進め、それを非対称化の状態に向かって強制します。 左の被験者の神経心理生理学的事象の地平線上で、ドップラーのような効果によって、身体が二重のアイデンティティとして精神を反映している空間的に鏡像化された現実で、2倍になります。

漂流-根拠のない自己によって感知されたこの現実(準)は、遡及的に想起されます-前件と文脈の両方の記憶プロセス(不在の保持)を介して再構築されます(分極ヒステリシスドメイン↔立っている記憶のようなプロセスの再構築) NDSは、浮遊し、意図的ではなく、時空座標を欠き、受動的で、ヒステリシスのような局所的に検証的な知覚です。

それで、提起された質問の最初の部分への答えは、死にゆく人の意識が体から離れて(そして)遠くからそれを見ることができますか?、間違いなくNOです、これは(他のように)そうではありません。

そして、同じ質問の2番目の部分はどうですか?

NDSの実行中、前述のように、MBSアクティビティは(左側の被験者の神経心理生理学的事象の地平線上で)被験者の精神に結合された張力のドメインを含む張力-張力相関ダイナミクステンソル相互接続)に結合されます→ 精神的な内面の洞察と緊張の領域が被験者の外面の見通しと結びついています。 後者には、被験者の周囲から遠く離れた待合室の場合のように、被験者から空間的に離れた外側の見通しも含まれる場合がありますが、EM感覚モジュールの位相-張力相関ダイナミクスとの間で経過する相関ダイナミクスによって到達可能で追跡可能です。 張力-張力相関ダイナミクス。 振り返ってみると、この経験は想起されます-非局所的に検証的な知覚の形で、上で提案されたのと同じ記憶プロセスを通して再構築されます。

OBEでないときは物事は異なって見えますが、今ではそうです、(準)知覚され、浮かんで、意図的で、時空座標がなく、アクティブで、一風変わったような、意識の(変化した状態の)状態が、 自己誘導NDLS

4.2. NDLS’ out of Body Experience

これまでに述べたことを要約すると、NDLSNDSを区別するいくつかの基本的な主な違いが提起される可能性があります。

1NDLSの間、対象は臨床的に死亡していません。

2)認知機能と意識はゼロ化されるのではなく、変化します。

3)通常の感覚チャネルはゼロ化されませんが、変更されます。

4)通常の位相共役ダイナミクスとスピン共役ダイナミクスは(準)ゼロ化されませんが、変更されます。

5)心と体のシステムを支配する、だらしのない魅力の盆地は、自己変容する能力を完全に失うわけではありません。

6)自己はその座標を見つけることに従事し、ある程度、EM感覚モジュールに加えて、通常の感覚チャネル、認知機能、および歪んでいてもある程度それを提供できる意識状態を利用できます。 接地されているので、ドリフトが発生しないようにします-接地されていません。

その結果、変化した意識状態が自己の歪み状態に追加され、被験者はある程度、ある程度、意識の流れにアクセスして集中することを選択できる可能性があります。 注意と感情の質とビームを修正および/または調整するための自主的な努力をすることについて。

したがって、NDLSは、それを経験している被験者の可能性、能力、および意欲に基づいて、利用可能な意識の流れを利用するために2つのグループに分けることができます。

1)利用可能な意識の流れを利用する可能性、能力、または意欲を持っている主題によって構成されるグループ、および

2)そうでない主題によって構成されるグループ。

最初のグループには、自己誘発性カタレプシー(自己催眠、自発的、中程度、シャーマニズム)、深い瞑想、向精神薬の摂取、または肺によって誘発される意識状態の変化など、自己誘発性NDLSのすべての症例が含まれます。過呼吸、および(最終的には)カタレプシーまたは擬死。 2番目のグループには他のすべてのNDLSケースが含まれます。後者に属する被験者によって遡及的に報告されたすべてのOBEは、相関するOBENDSについて提案された同じ説明に頼ることによって処理できますが、上記の理由でOBENDLSが相関するという違いがあります。 (準)知覚された、浮遊している、意図的ではない、時空座標を欠いている、受動的で、oneiricのような非実体化および非実体化状態(の変更された状態)の意識的認識(→自己の変更された状態の非対称化意識の変化した状態)であり、(準)感知された(知覚されない)、浮遊している、意図的ではない、時空座標を欠いている、受動的で、oneiricのような非実体化および非実体化された分離意識の状態OBENDSは相関しています。

最初のグループに属する被験者によって遡及的に報告されたOBEは、OBE、つまり生と死の間の位相境界での非対称化された心身システムの経験ではなく、心身相関ダイナミクスの自己誘発停止を指します。 心と体の自己分離体験(MBSDE)、すなわち(準)知覚され、浮かんで、意図的で、時空間座標を欠き、活発で、一風変わったような、意識の(変化した状態の)体外離脱状態につながります。 その説明は、位相限界に近い状態での心身のダイナミクスの理解にいくつかの要素を追加します。

しかし、この目的のためには、私たちが心と体を通して経験できることは何もないことを心に留めておくことが重要です。それは物理的な一貫性を欠いています。ジェスチャー、アクション、行動、姿勢、音の放出、視線の姿勢は、物体や物理的現象と同じように、張力勾配のダイナミクスにまでさかのぼることができる物理的一貫性を備えています。スピンコンジュゲートダイナミクスを介して、振動システムのダイナミクスに結合された分布。このため、彼らは独自の干渉特性と能力を持っており、それがエネルギー計画を実行します。同じことは、思考または思考の流れ(思考が単独で来ることは決してない)、精神的イメージ、夢、感情、知覚、直感、感情、記憶、精神的機能、精神的複合体、意識的および無意識についても言えます。それらはすべて、神経心理生理学的システム(精神力動)として私たちが経験するものを運ぶ張力勾配分布のダイナミクスにまでさかのぼることができる物理的一貫性を持っており、張力計画(張力共役)で実行される独自の干渉特性と能力を持っていますダイナミクス)。

セクション2で述べたように、各局所的(空間的および/または時間的)な形の閉じ込め(張力、エネルギー、質量、亜原子、原子、超原子、生物学、宇宙論)、つまり境界で区切られているのは張力です。振動微小環境であり、発振器または共振空洞(空洞共振器)に対応します。これは、内因性および外因性のテンソ振動環境。つまり、精神の身体性と身体の身体性が一緒になって、空洞共振器間で経過する動的なマルチコンポジットおよびマルチレベルの関係システムを形成します。身体に関連するものはエネルギー現象の空洞共鳴器として扱うことができ、心に関連するものはテンソル現象の空洞共鳴器として描くことができます(「テンソル現象の空洞共鳴器」が参照されることを強調する必要がありますセクション4で説明するように、時空コロケーションがない、つまり非局在化されたコヒーレントなテンソル勾配分布。そのトポロジカルコロケーションは、便宜上、4次元空間の仮想空間次元までさかのぼることができます。 [108] [109] [110]、または文字列理論によって示唆されているように、n次元空間の)。

さらに、これまで見てきたように、位相共役ダイナミクスと張力共役ダイナミクスはスピン共役ダイナミクスを介して干渉します。つまり、量子によって確立されたインターフェイスのおかげで、巨大な平面「物体」とテンソル平面「心」の間の相互作用が発生します。 ダイナミクス

それでは、どのような経験が、(準)知覚され、浮かんで、意図的で、時空座標を欠き、活発で、一風変わったような、意識の(変化した状態の)非実体化および非実体化状態に関連すると呼ばれますか?

おそらく、このような経験の間に変化を起こす可能性があるのは、(存在しない)心と体の空間的(内外)関係ではなく、2つの間で経過する結合関係です。 つまり、心と体の結合関係を一時的かつ自発的に中断することができ、意識に恵まれた心が他のエネルギーおよび/または感覚空洞共振器と結合関係に入ることができます(MBS自体が空洞共振器であるため、それは次に非自発的になる可能性があります いわゆる所持現象の場合のように、おそらく劇的な反応を示す、結合関係によって夢中になっている、または自発的に夢中になっている)。

このプロセスは、それを経験する人々の心身の完全性に対する落とし穴に満ちており、心と体のシステムが自発的にその位相限界に近づいた場合にのみ実現できます(自己誘発NDLS)。 生と死の間の相境界の近くで、正常な魚と可溶性の魚は、張力勾配分布の池に住んでいる場所を失います。そこでは、互いに相互作用する別々のまたは量子化されたエンティティの代わりに、 万華鏡、激しい渦は、川の流れのように絶えず形成され、溶解しました。 渦と画像は一時的にのみ存在し、ある程度架空の(仮想の)任意の現実であり、浮遊する乱流の張力勾配の中で切り取られ、リミックスされ、引き伸ばされます。

この状態で最終的に経験されることは、平行した世界、隠された次元、死後の世界、精神、空気のような存在などの存在とは何の関係もありません(これらのものはすべて、身体のないものと埋め込まれていないものによって引き起こされる心の産物にすぎません テンションコンジュゲートダイナミクス)。

そこにあるのは、空洞間の時空間座標、つまり被験者の神経心理生理学的イベントの地平線を欠いた現実の平面(張力勾配分布の池)で確立された関係の効果だけです。 意識の変化した状態に恵まれた共振器の精神と、(またはいくつかの)生きている被験者の神経心理生理学的イベントの地平線に結合された他の空洞共振器。 つまり、神経心理生理学的イベントに溶解した精神的複合体-生きている人または人のコミュニティに結合された地平線(または精神的または原始的な神経学的生物に結合された神経精神的複合体)は、空洞に干渉する可能性があります 自己誘発性NDLSを経験している被験者の意識状態の変化に恵まれた共鳴器の精神。

その結果は、MBSDEであり、(準)知覚され、浮遊し、意図的で、時空座標を欠き、意識の(変化した状態の)意識の活発な、oneiricのような非実体化および非実体化状態です。

4.3. NDS-NDLS Electromagnetic After-Effects

NDSまたはNDLSにより、それを経験した被験者は、電磁場(EHS)に対する過敏症を発症する可能性があります。これは、電磁後遺症(EAE)とも呼ばれる電気過敏症として知られる現象です[111] [112] [113] [114]、これは、対象が環境内の電磁的(自然および/または人工)の可能性のあるものすべてに干渉する傾向として現れます(EMEnt)。 多くの場合、EHSは、NDSr臨死体験者)とNDLSr臨死体験者)が起こりやすい感度のより大きな複合体の1つです(アレルギー、化学物質過敏症地磁気過敏症、psi現象など)。 この干渉関係が確立されると、EAErElectromagnetic After Effect Experiencer)とEMEnt(環境の電磁気)の両方が影響を受ける可能性があります。

[115]によれば、干渉がEAErによってEMEntに加えられた見かけのアクションによって確立された場合、EMアクションと呼ばれ、逆に、EMEntによってEAErに加えられた見かけのアクションによって確立された場合、EMと呼ばれます。 反応。 NDSまたはNDLSが深くなるほど、NDSerまたはNDLSerEMの動作および反応を報告する可能性が高くなります。これは、MBSが受けたストレスの多い動作が深刻であるほど、細胞、組織、または臓器が被る結果が深くなることを示唆しています。 システムのオートポイエーシスプロセス。

EAErは、さまざまな方法(EM反応)でEMFの存在を感知することを報告できます。つまり、視覚的(たとえば、白色光、ハロー、色がぼやける)、聴覚的(たとえば、耳鳴り、ハミング、パチパチ、歯ごたえのある音)、運動感覚( 例:心臓のドキドキ、体の振動、鳥肌、うずき、身体のしわ、体全体の小さなショック、皮膚の這い上がり、額の圧迫、頭痛、発毛、浮遊感、握手)、内受容的(例:吐き気、めまい、立ちくらみ、 めまい、痛み、眠れぬ、不安、動揺、「水気がなくなった」と感じる)、嗅覚(例えば、においのする香り、焦げたにおい、甘いにおい、メンソールの息)。

可能なEMアクションには次のものがあります。

-近くにいるとコンピュータやその他の電子機器が誤動作する。

-近くにいると、ライトが暗くなったり、ちらついたり、燃え尽きたりします。

-腕時計の電池がすぐに切れたり、摩耗したときに時計が誤動作したりします。

他のタイプの感受性に関連するEHSの文脈的発症は、さまざまな種類と程度の知覚異常および感覚異常を示しており、心身システムの適応フィードフォワードアクション-環境刺激(ストレス要因)に対する反応の地上障害を述べています。 疑問視されているのは、例えば、精神神経免疫学(PNI)システムの完全性[116] [117] [118] [119] [120]です。

ここでは、NDSまたはNDLSを経験している被験者に適合する、生と死の間の位相境界またはその近くのひどく不安定な状態が、内側と外側を分離するバリアの位相境界特性を永続的に変化させる可能性があると想定されます。 生物全体、すなわち皮膚の、1)皮膚の細胞および層が灌流される界面水(生物学的水)コヒーレント/インコヒーレント相(レドックスパイル)の誘電率、および結果として2)表皮、 dermishypodermis誘電率(誘電および電気物理特性、すなわち誘電泳動プロファイル)、EAVで観察されるEMの作用と反応を開発するために(私たちは電気受容体能力を専門とする動物の中にいないことを強調する必要があります)

通常の身体機能の一部として行われる化学的および物理的プロセスにより、体内に小さな電流が存在し、極低周波ELF)および高周波(HF)で非常に弱いEMFを放出します。

したがって、人間は電磁放射を放出します。 私たちが放出する放射線のピークは1012マイクロメートルの波長、つまり赤外線放射波長(0.751000ミクロン、1ミクロン= 10-6メートル)ですが、100GHz付近でも大量の放射線を放出します。 (〜1ミリメートルの波長)、通常、私たちは電荷を放出しません48

心臓の電気的活動および神経電気化学的活動に相関する電流は、体内に存在する最も研究されている電流の1つです(図4)。 神経は、神経電気化学的インパルス(ソリトン波)を脊髄を介して脳から筋肉、臓器、腺、組織に伝達することによって信号を中継します。 一定ではないが周波数が変化する脳波[121]は、神経系全体(神経周膜系を介して)および生物全体に絶えず拡大しています。

視床は、脊髄や脳幹から大脳皮質に至る感覚系から来る神経波の切り替えと統合の中心です。 このシステムは、視床リズミカルジェネレーターまたはペースメーカーと呼ばれます。 カルシウムイオンは、1.528秒振動している特定の視床皮質ニューロンにゆっくりと浸透しています。 脳波を引き起こしています。 その後、脳波は大脳皮質まで伝播します。 標的の神経領域がカルシウムイオンで飽和している場合、視床の振動は停止します。 この沈黙の間、脳波はアイドリングしています

3.外部の超低周波磁場は人体に渦電流を引き起こします。 フィールドは体を貫通します。 簡略化した図は、体軸に垂直な交番磁界の渦電流を示しています。 健康な状態では、誘導された電界と電流の影響は、私たちの日常生活における誘導された電界と電流の制限値を下回ると知覚できません。 [画像ソース:https//www.emf-portal.org/en/cms/page2/home/effects/low-frequency]

4.外部電界は、人間の体表面の電荷を引き起こし、(交流電界の場合)非常に低い内部体内電流を引き起こします。 したがって、電界の影響は一般に体の表面に限定されます。 [画像ソース:https//www.emf-portal.org/en/cms/page2/home/effects/low-frequency]

フェーズ、525秒続きます。視床の振動は、細胞内のカルシウムレベルがニューロンが再び振動できる値まで低下すると、再び始まります。したがって、脳波はNS全体の感度と活動を調整します。脳波が視床で制御されていない時間領域は、システムの最も興味深い部分です。次に、脳のフィールドは、自然または人工の外部からの電気的および磁気的リズムの影響を受ける可能性があります。地磁気地震の接近活動[122] [123]シューマン共振擾乱は前者に属し、地磁気摂動に対する過敏症、また可能性のあるNDSまたはNDLS後遺症は、そのような摂動によって引き起こされる可能性があります。シューマン共振理論は、地球表面と電離層の間の空間が、地球および地球外の磁気および電磁活動の共鳴空洞として機能すると考えています。太陽の活動(太陽磁気嵐など)と雷鳴は、世界中に伝播する電磁定在波を生成し、シューマン共振が終了する間、電離層を破壊します(図5)。シューマン共振の値に対するこれらの摂動の影響は、すべての生物学的システムによって感じられます[87] [124] [125] [126]

人間の場合、PNIシステムの状態によって、摂動によって引き起こされる影響を効果的に補償できない場合(地磁気の摂動に対する過敏症の場合に発生するように)、生物は1つ以上の副作用を示す可能性があります。

Electromagnetic field generated in living cells and conditioning biological activity is a nature of life. In eukaryotic cells, the electromagnetic field is generated

5.地球の表面と電離層の間の空間、非発光プラズマまたは帯電した大気ガスの約50375マイルの厚さの層は、電磁共鳴空洞を形成します。シューマンパルス電磁場共鳴(SPEMFR)。 SPEMFR [振動]は、地球の表面と磁気圏の境界である電離層の間に存在します。 SPEMFRは、ベースラインが7.83 Hzの一連の増強された周波数であり、電磁範囲を14.320.827.3、および33.8 Hz(最初の4つのモード)まで調和数列で上昇します。 Hz値が高いほど、波長が短くなり、波形のエネルギー密度が高くなります。 SPEMFRは、地球の表面と電離層の間の空洞(空間)がいわゆる閉じた導波管として動作するために発生します。これは、波がこの空洞内で静止しているように動作していることを意味します。この空洞は、雷や太陽の活動中に発生する電流によって自然にエネルギーを与えられます。 SPEMFRは、大気中で起こっていることの一種の「マップ」です。これは数学的に導き出された予測であり、大気が打たれると、特定の範囲の周波数が生成されるはずです。

生細胞で発生する電磁界と生物活性の調整は生命の本質です。真核細胞では、電磁界は、強力な電気双極子を持つチューブリンヘテロダイマーで構成される微小管によって生成されます。エネルギーの輸送、処理、小片への分割、およびアデノシン三リン酸(ATP)とグアノシン三リン酸(GTP)への貯蔵は、複雑な発酵および酸化経路を形成します。高エネルギーの電子はミトコンドリア内膜の呼吸鎖を下って輸送され、放出されたエネルギーは内膜を横切って膜間腔と細胞質ゾルプロトンを送り込むために使用されます。ミトコンドリアの周りの電気化学的勾配が形成されます。機能性ミトコンドリアでは、電気化学勾配の実際の電気内膜電位は約-140 mVであり、pH勾配は約-1pH単位です。微小管の共鳴周波数は、細胞機能および組織内の他の細胞との相互作用を評価するための重要なパラメーターです。細胞間の相互作用は、近赤外線範囲の細胞電磁界によって媒介されます。微小管は、20 GHzまでの古典的な周波数帯域、20 THz、およびUV範囲の広いスペクトルで電磁界を生成することができます。

生細胞のコヒーレントな機械的振動は、音響周波数範囲で原子間力顕微鏡によって測定されます。 セルによって生成される機械的振動(フォノン)と電磁場(光子)の周波数は同じです。 外部電磁信号は、システムのコンポーネントの振動運動の可能性と同相であるかどうかに応じて、組織によって選択的に減衰させることができます。 この特定の位相整合機能は、非常に選択的なメカニズムとして機能し、システムに作用する摂動と刺激を区別する一種のフィルターであるため、ノイズの多い摂動バックグラウンドや強力なアクションからシステムを保護します。 システムの内部ダイナミクスによって許容される振動運動[127]

位相整合とは、振動共振を意味します。これまでに述べたように、共鳴と張力は、エネルギー現象の自己組織化に内在する本質的な特性です。それらのおかげで、世界は常に自分自身と同じままで自分自身を変えることができます。しかし、これが彼らの主要で既約の役割である場合、私たちは「使役」と言うでしょう、彼らの二次的な派生した役割はそれほど重要ではありません。共鳴と緊張は、肉体的および精神的の両方の現実の観察のあらゆるレベルで作用します。それでも、緊張の生物学的役割は過小評価されているか、よく理解されていません。生物では、例えば、すべての原子が励起状態にあります。これが、一部はこの覚醒状態を維持し、一部はエネルギー(放射線)を伝達して環境に散乱させるために、エネルギーの一定の吸収が必要な理由です。原子の新しい鎖(つまり、分子が出現する)には、エネルギーが必要です。鎖の中には自由電子が循環していて、それが鎖を支えています。これは「必要な」エネルギーを意味するだけです。しかし、細胞はまた、細胞内の張力が現れて維持されるために電磁空間を必要とします。細胞は、外部からエネルギーが与えられた場合にのみ、それ自体を再生することができます。これは、再生には細胞内の張力ゾーンの出現が必要だからです。

同様に、DNAはまた、その内部の張力が現れて保存されるための電磁空間を必要とします。 DNAは、外部からエネルギーが与えられた場合にのみ、それ自体を複製することができます。これは、複製には、DNAスーパーコイルの超らせん張力につながる張力ゾーンの出現が必要だからです。

生細胞への誘電体粒子の誘電泳動引力が観察され、対応する振動周波数が1.552MHzの周波数範囲で評価されます。最近、研究者たちは、誘電泳動(DEP)と呼ばれる技術を利用して、細胞の健康状態と病理学的状態を区別する努力を指示しました。これは、分極の原理と印加電界における生体粒子の動きを使用する分析診断およびスクリーニング技術です[128]、つまり、細胞の誘電特性と電気物理特性(誘電泳動プロファイル)[129] [130]を検出し、電気的および機械的ストレス(電気変形)による細胞膜障害の根底にあるプロセスを明らかにすることができます[131]DEPは、粒子と周囲の媒体の分極率が異なる場合の、不均一な電界内でのトラップ力による粒子の移動です。異種システムの導電率に関するMaxwell-Wagner理論によれば、イオン伝導度が支配的な低周波数範囲と、誘電特性が電界内でのシステムの動作を決定する高周波数範囲を分離する臨界周波数があります。

スキン層と同じ層の異なるポイントは、異なる導電率と異なる誘電特性を示します。 皮膚のより重要な電気的特性の1つはインピーダンスです。 電気インピーダンスは、電流がそれ自体を流れるときに皮膚を示す反対として定義されます。 主な電気インピーダンスは角質層(表皮の最上層)にあるが、他の層のインピーダンスは数桁低いことが広く認められています[132]

この抵抗は、角質層の水分含有量が非常に低く、下にある組織の70%と比較して、20%以下であるためです。これは、皮膚のインピーダンスが角質層の受動的な電気的挙動によって支配され、正常な皮膚の異なる解剖学的領域間でインピーダンス値に有意差が見られることを意味します。低周波経路は、毛包や汗腺などの付属肢によって支配されています。脂質ラメラは、コンデンサを形成する非常に低い導電率(脂質)と高い導電率(電解質)の境界線です。脂質層が関与する2つの識別可能な経路があります:角質細胞を通る直接経路と角質細胞の周りの水和部位を使用する曲がりくねった経路です。技術的には、これは付属物用の抵抗器と、並列の各容量性経路用の抵抗器とコンデンサの組み合わせとしてモデル化できます。容量性経路のパラメータが分散されているため、抵抗器とコンデンサの組み合わせの数は膨大になるはずです。角質層によって示されるこの組み合わせシステムは非常に反応性が高く、抵抗よりもインピーダンスが高くなります。皮膚の静電容量は、皮膚の電荷蓄積容量の尺度です。したがって、エレクトロポレーションは脂質ベースのバリアや細胞膜の電気抵抗を劇的に変化させることが知られています。より最近では、エレクトロポレーションは、組織の「高電圧」パルスのために発生する急速で大きな電気的変化の原因であることが示唆されています。

皮膚の生物学的に活性な点(BAP;鍼治療点としても知られています)は、電流を伝導する組織の能力の尺度であるはるかに高い電気伝導率を持ち、それらの屈折率はそれらの隣の点とは異なります[133]

皮膚の通常の点で記録された値と比較すると、BAPの抵抗は低く、静電容量は高く、関連するインピーダンススペクトル間の量的だけでなく質的な違いもあります。 人体の生体内インピーダンス特性の大きな分散も、BAPの分散した存在によるものです。

化学結合共有結合、イオン結合、水素、ファンデルワールスタイプを含む)は、一般に、生物学的組織と活動を支配していると考えられてきました。 ただし、これらの結合は、nm領域で短距離で作用する力を表しています。 生物学的システムは、あらゆる次元スケールで一貫性を維持します。

長距離コヒーレンス、長距離協調、および全身制御は、生物学的システムの重要な特性です。

生細胞で生成された電磁場は、過剰な水のコヒーレンス(コヒーレントドメイン間のコヒーレンス)を生成する可能性があります[134]

帯電した表面では、水は最大約500 µmの巨視的な厚さの超コヒーレント層(生物学的水の超コヒーレント状態)を形成します。荷電粒子がそれらから除外されるため、層は除外ゾーンと呼ばれます。超コヒーレント状態の形成は、水分子の変換メカニズムに関連しています。このプロセスは、低品位エネルギーの収集と、電子励起を生成できる高品位エネルギーへの変換によって推進されます。熱ゆらぎのエネルギーは、超コヒーレント状態のエネルギーに変換されます。超コヒーレント状態の分子のエネルギーは、非コヒーレント状態の分子のエネルギーよりも低くなります(レドックスパイルを形成します。以下を参照)。機能不全のミトコンドリアが存在する場合、周囲の生物学的水の層は、電場の向きが逆になって再編成され、細胞質ゾルに放出された電子の輸送を可能にします。生物学的水は細胞体積の70%を占めるため、細胞質ゾルに大量の電子を放出することができます。自由電子は導電率を増加させ、電磁場の減衰を引き起こします。微小管によって生成される電磁振動を減衰させるメカニズムは、ミトコンドリアが機能不全になっている細胞の組織の乱れを説明している可能性があります[135] [136]

[63]で説明したように、QEDは、真空EMFと液体の水の相互作用が、周囲条件で直径約100 nmの大きくて安定したコヒーレントドメインCD)の形成を誘発するという概念を導入しました。 生命そのものを含む水のすべての特別な特性に責任があるかもしれません。 CDは、EMF用の自己生成キャビティです。 トラップされたEMFの光子は虚数を取得するため、CDを離れることができません。

Giuliano Preparata49Emilio Del Giudice50などによると、水CDは、基底コヒーレント状態と励起状態0.870.13の比率)の量子重ね合わせです。 したがって、液体の水は、コヒーレント相(室温での総体積の約40%)とインコヒーレント相からなる2流体システムです。 コヒーレント相では、水分子は共鳴するEMFと同相の2つの電子配置間で振動します。

水の現象論的二相モデルを理解するために、QEDアプローチは、クラスター形成H2O分子が孤立した分子の基底状態とは異なる基底状態にあることを前提としています。この新しい基底状態では、H2O電子雲が変形し、有効半径と双極子モーメントが増加して、クラスターを安定化する水素結合が生成されます。クラスターでは、水双極子はコヒーレントに同相で振動します。クラスターはコヒーレントドメインCD)です。したがって、純粋なバルク液体水は、コヒーレントとインコヒーレントの2つの散在相で構成され、誘電率が大きく異なります(コヒーレントに整列した水分子の分極率が高いため、コヒーレント相の誘電率160ですが、誘電率はインコヒーレント状態の約15)。インコヒーレント相は、分子の基底状態(気相で観察される)の水分子を含み、水分子が妨げられた回転を実行し、大きな電磁場とコヒーレントに相互作用する大きなクラスターの周りの隙間に高密度の状態で詰め込まれます。

したがって、外部から加えられた電界は、非コヒーレント相でのみ感じられます。 コヒーレント水は、ほぼ自由電子のプラズマで励起された水であるため、表面の分子に電子を容易に移動させることができます。 完全にコヒーレントな界面水と通常のバルク水との間の界面は「レドックスパイル」になります。

イオン固有の影響は広範囲に及んでいますが、生物学的構造の流体界面ほど批判的に現れる場所はありません。 活動電位、浸透流、エネルギー変換、およびタンパク質の安定化は、疎水性生体材料上の液膜全体のイオン濃度勾配によって駆動されます。 最近の実験[137]は、イオンが、誘電体媒体の直接静電力の範囲を大幅に超える分離を超えて、プロトタイプの空気-水界面で特異的に相互作用することを明らかにしました。 このような長距離の特定のイオン効果は、静電力および電気力学的力によって引き起こされる可能性がありますが、流体界面に固有の熱ゆらぎなどの他のメカニズムによっても電力を供給される必要があります。

過去には、光周波数で界面の水の屈折率を測定するために実験が行われ、界面で測定された値はバルク値と正確に同じでした。 この結果は、界面水が可視領域に対応する波長の電磁放射によってプローブされる場合に予想されます[138]

それでも、この主題に関する膨大な量の文献にもかかわらず、界面水の誘電率とその深さは、測定が困難であるため、本質的に不明なままです[139]

生物学的水の超構造は、周囲の水環境で分子電気双極子相互作用を生成する生体分子の詳細な型を構成します。 皮膚の界面水によって問題となる長距離双極子相関は、搬送波としても機能し、位相整合によって他の隣接する分子、細胞、および生物学的ユニットのコヒーレント振動を「捕捉」する可能性があります。 相互に、外部または内因性の媒体または他の種類のソースに存在する不純物は、デチューニング剤として機能し、皮膚のCDコヒーレンスを破壊または変更し、一連の効果で界面の水の誘電率を変化させる可能性があります[138 ] [140] [141]、および皮膚層のそれ、および生体電磁界の伝播、皮膚の病状の出現およびおそらくEMFに対する過敏症の最終結果。

人間のエネルギー張力の引力の盆地、すなわち心--体(非局在化)システムは、EEQ-GDを特徴付ける基本構造を再現し、それが次にET-GDの基本構造を再現することを思い出してください[45]EEQ-GDの基本構造は、単一のフラクタルおよび共振オブジェクト、トロイダルのような空洞共振器であり、外側の周波数緯糸(位相共役ダイナミクス→ボディ)、内側のスピン緯糸(スピン共役ダイナミクス→脳)、および 感覚コア(張力共役ダイナミクス→マインド)では、NDSまたはNDLSの経験後、スピン共役ダイナミクスに結合された位相共役ダイナミクスが復元-再編成され、両方の界面水で永久的な誘電率の変動につながる可能性があると仮定できます。 レベルと皮膚の層レベルで、EMFを放出および吸収する被験者の方法を変更し、EAEで観察されるEMの作用と反応を発達させます。

5. NDS-NDLS Energy Healing Abilities Aftereffect



6.双極子磁場として表される、地球によって生成された目に見えない磁力線の概略図。 実際、私たちの磁気シールドは、太陽に面する側で地球の近くに押し込まれ、太陽風のために夜側で非常に長くなっています。 地球の地磁気は、大量の帯電ガスを閉じ込めて磁気圏を形成し、太陽風をその周りに強制的に流しています。

EAEは、仮定された誘電体の再編成から生じる可能性がある唯一の後遺症ではありません。 2つ目は、プラノセラピーなど[142]、つまりLFでのEMFの被験者による放出(最終的にはガス放電視覚化(GDV)を介してテスト)などのいわゆるエネルギー治癒能力(EHA)の獲得の可能性です。テクニック[143] [144])治癒特性を示します。 このような場合、被験者は、自身の長距離双極子相関を利用する(または、環境に存在する自然の電磁振動をフィルタリング、チャネル化、および利用する(図6))可能性を獲得して、(位相整合によって)「キャプチャ」することができます。 、それらのコヒーレント振動において、干渉関係を確立するようになる摂動振動のスペクトルのコヒーレント部分は、「調整剤」として作用します。摂動されたシステムの隠れた場の微妙な電磁勾配を傍受し、それを「調整剤」(コヒーレンスの回復)として作用させる可能性は、例えば、中国の鍼治療、気功の実践[145] [146]、日本の指圧、ホメオファティ[147]、そして魔法、異端、宗教的信念の文脈で、民族医学に属する世界中のすべての厄祓いの実践。 自然源に結合された微妙な地磁気勾配を傍受して追跡する可能性。水と鉱油、または隠れたELFまたはHFソースに結合された微妙な電磁勾配。人工物または生物学的材料は、それぞれ、いわゆる水(ラブドマンシー)[148] [149]および物(放射線麻酔)[150]ダウジングに基づいています。

これらの同じ可能性は、システムを混乱させ、不安定にするのに効果的である可能性があります(脚注25番を参照)。 さらに、これまでに説明したように、周波数-位相相関ダイナミクスタイプの位相共役ダイナミクスおよび位相-張力相関ダイナミクスタイプのスピン共役ダイナミクスに関してだけでなく、張力タイプの張力共役ダイナミクスに関しても効果的である可能性があります。 -張力相関ダイナミクス

この後者の可能性(科学は最終的に超常的なナンセンスとして却下します)は、現在の終了セクションのトピックを紹介します。

NDS-NDLS Psi Phenomena Aftereffect

さまざまな概念も幻想的であり、どれも現実のものではなく、それに応じて消えていきます。 したがって、例えば、全体、輪廻、涅槃について仮定されているすべてのものは、精神的な概念にすぎません。 思考の流れ[またはアイデアの連想]の変化は、外界の概念に対応する変化を生み出します。 したがって、物事に関するさまざまな見方は、単に異なる精神的概念です(....)一般に、精神的に知覚されるすべてのものは概念です(....)心が虚無の知恵であることが知られるとすぐに、概念 善と悪のカルマのように存在しなくなります。 パドマサンバヴァ、Urgyan51からの精神的に恵まれた教師

OBEEAEEHAなどとは別に、考えられるNDS-NDLS後遺症は、いわゆるpsi能力[151] [152]であり、英国の超心理学R.ThoulessBPWiesnerによって1948年に導入された一般的な用語です。 2つの主要なグループに分けられるすべての超心理学的現象:1)念力(既知の中間的な物理的エネルギーまたは器具なしで物質に対する心の直接的な影響)[153] [154]、これにはテレキネシス(静止物体を動かさずに動かす能力)が含まれます 既知の物理的力の使用)。これには、念力(アポートと呼ばれるオブジェクトを他の物理的オブジェクトを介して、または長距離にわたって移動する機能)[155]、および2)超感覚的知覚(ESP[ 156]-[164]、ドイツの超心理学者ルドルフ・ティシュナー(1920)によって導入され、アメリカの超心理学JBライン(1940)によって普及した一般用語で、次のような感覚機能に類似しているように見えるpsiの症状を示すために使用されます。

a)テレパシー(精神活動を介してコミュニケーションする能力)、

b)透視(自然には見えないものを視覚的に知覚する能力)、

c)予知(既知の推論プロセスでは予期されない将来の出来事の影響を受ける方法で知覚および/または行動する能力)、

dサイコメトリー(イベント中に処理された、または人によって処理されたオブジェクトからイベントまたは人に関する情報を収集する機能)。

2004年のリーハイバレーキャンパスサイエンスレクチャーシリーズ(PA)で心理学者ブレンダJ.ダンが開催した、「現実のマージン:物理世界における意識の役割」というタイトルの講義の要約(1987年に出版された同名の本から)は、私たちのトピックを組み立てる: 1979年以来、プリンストンエンジニアリングアノマリーズリサーチ(PEAR)研究所は、人間の意図がランダムな物理デバイスやシステムの動作に影響を与える可能性があるかどうか、および人間の意識が人間の意識に影響を与える可能性があるかどうかの問題に対処する一連の厳密な実験を通じて、心と物質のインターフェースを研究してきました。は、物理的な場所から空間的および時間的に離れたイベントに関する情報にアクセスできます。これらの両方の質問に対する答えは驚くほど肯定的であり、多くの確立された科学的仮定に深い知的および哲学的課題を提起し、主観の新しい科学の基礎を築きました。この新しい科学がどのように進化するかはまだ不明ですが、再現性、客観性、因果関係などの従来の概念の再定義が必要であり、人間の欲求などの無形の可変機能を組み込む方法を見つける必要があることは間違いありません。その方法論とモデルにおける期待と意味。

ロバート・G・ジャン(工学部の学部長)によってプリンストン大学工学異常研究所で行われたような念力(PK)と精神的テレポーテーション(p-TP)の科学的に管理された調査と実験[165] 精神的に物質的な物質に影響を与えるという繰り返し一貫した結果が研究室で実証されたと報告した、は、世界中のいくつかの研究センターで開催されました。

それにもかかわらず、20世紀の最後の四半期まで、調査された多くのケースと実行された実験は、間違いなく詐欺または策略によるものであり、制御された条件下で行われた実験はごくわずかでした。 PKp-テレポート現象および関連する(制御された)実験に関する信頼できる科学的(西洋の基準による)報告のほとんどは、20世紀の終わり以来行われており、主に米国の軍事分野で開催されています[166]ソ連とロシア[167]および中国[168] [169]

この主題に関する入手可能な科学文献から、最初に出現したデータは、観測されたPKp-TP、およびESP現象が文書化されているものの、実際には存在し、現代の物理学では説明できないというものです。 当然のことながら、これらの現象を(ほとんど先験的に)「魔法のトリック」とラベル付けする膨大な数の科学者や学者は、それらをそのように見なし続け、文化的な方向性や信念に従って、エキゾチックで気まぐれな説明の余地を残します。 物質の意識、神の超大国UFO、幽霊、故人、「すべてを説明する」ゼロ点場の量子論などに疑問を投げかけます。

物質はエネルギーのあり方です。 放射線は希薄なエネルギーです。 質量は凝縮されたエネルギーです。 物質は2つの組み合わせです(原子は約99.999999999%の放射線です)。 放射線と質量は、エネルギー閉じ込め状態の尺度です52。 エネルギー(物質、放射線、質量)は緊張の仕方です。 張力は、エネルギー、物質、放射、および質量が取り除かれたときに残るものであり、残っているのは、ダイナミ(アリストトル)に結合された電位勾配(単極子)の不均一な分布の状態であるテンソル単極子であり、その効力は アクション(エネルギー)、モーションに関連する効率的な原因(モーションインパルスが事前に設定されている場合のみ)とその定量的および定性的効果、実現される可能性のあるアクション(エネルギー)に変換される身体の固有の効力または固有の可能性、または そうではなく、実現された実際の行動(エンテレケイア)に関してのみ可能な現実の価値[170]

緊張ダイナミは、実現された実際の行動とその逆に関する現実の価値です。つまり、一方と他方が現実の価値である可能性は、それらの関係の文脈化にリンクされています。 他の可能性。

水が固体、液体、気体の両方の状態で水のままであるように、張力はエネルギーの希薄状態と凝縮状態の両方で張力のままです。ある状態から別の状態への相転移は、対称性の破れのダイナミクスを介して発生します。緊張ダイナミは、あらゆるエネルギー物質の閉じ込めプロセスを支配する魅力の盆地です。エネルギー物質の閉じ込めプロセスは、テンソル現象の空洞共振器として描画できる張力ダイナミの引力の盆地の周りに編成されます。これは、時空のコロケーションがない、つまり空間にも時間にも局在しないコヒーレントな張力勾配分布です。 。 各希薄凝縮変種(電気力学的変種、熱力学的変種、自家生成変種)は、一方では非対称/キラル複合量子状態(フェルミ粒子)と対称/アキラル複合量子状態(ボソン)の間の異なる相関関係に由来し、もう1つ(張力モノポールテンソルダイポール)であり、キャリア周波数変調によって印象付けられたリズムに非線形パターンで振動する異なるコヒーレント振動構成(振動コヒーレンスドメイン)に対応します。

各振動構成は、時間的に分極されたテンソル図との空間インターフェース(絡み合い)における分極干渉の図に対応します(Einsteinを引用:時間は、それを測定するイベントの順序を除いて独立した存在はありません[171])。 ある振動構成と別の振動構成の間は、特定の振動モードまたはリズムと特定のテンソル勾配の抑制に対応します。これらは、説明から関係に移り、他の振動モードとテンソル勾配の増幅に対応します。

場の量子論のヒステリシスサイクル、量子イベントの地平線上で、干渉波によって形成された干渉図の形でのエネルギー物質システムの振る舞いと時空間進化(スピンネットワーク、時空間ボリューム、テンソル勾配) 発振周波数の特定のスペクトル内のフロント。

干渉の数値は、希薄な凝縮の多様性と結合したニーモトロピック状態によって記憶されます。これは、引力/空洞共振器の張力ダイナミ盆地が、スピン波面のホログラフィックフラクタルの形で量子イベントホライズンに転送されます。 干渉図を生成したシステムに関する同形ステレオダイナミック構成53

量子イベントホライズンでは、フラクタル化された波面が複数の次元で重なり合うため、次のようになります。

-イベントホライズンは、情報(位相結合、スピン結合、張力結合に関するシステムの自由度)を保存および送信するホログラフィックインターフェイスとして機能し、さまざまな次元のシステムを接続します(ハイパー↔量子↔中間次元) 互いに構造化する張力-エネルギー-物質の異なる平面。

船舶と海面との相互作用は、上記の翻訳プロセスのメタファーとして導入できます。フーリエは、任意の3次元パターンを、周波数、振幅、および位相のみが異なる一連の規則的な周期的振動に分析できることを示しました。特定の波形は、時空間オブジェクトの正確な表現、つまりフーリエ変換である可能性があります。船が海面に波を発生させると、海の水への影響をフーリエ変換します。海の表面は驚くほど情報が豊富であることが示されています[172](情報、脚注23番を参照)。その波のパターンが数学的分析にかけられるとき、それは船の通過に関する情報を開示します、例えば。風の方向、海岸線の影響、およびその他の要因。干渉する波のパターンは、それらを作成した船舶が通過した後、数時間、場合によっては数日間保存される場合があります。最終的には、重力、風、海岸線の複合作用によって侵食されて消散しますが、波のパターンが続く限り、海面で発生したイベントに関する情報を提供します。しかし、表面の船によって生成された波は、自分の動きに関する情報を作成するだけでなく、他の船の動きにも情報を提供します。特定の船の後ろに広がる航跡を横切るすべての船は、それらの波によって揺さぶられます。この意味で、波を生成する船の動きは、波が揺れる船の動きに変換されます。効果を伝達する媒体は海の表面です。それは波の創造と波の揺れる船を相互接続します。そして、すべての船が波を作り、それらによって揺れるので、海はその表面上のすべての船の動きを相互接続します。

これは、位相共役ダイナミクスとスピン共役ダイナミクスが仮想空間次元で軌道をトレースするときに発生する可能性があります。フーリエ変換を仮想量子イベントの地平線に残します。架空の空間次元は、時空で発生するイベントのダイナミクスを相互接続するので、それらの発生の詳細をエンコードし、他のイベントの発生を通知するためにそれらをシフトするホログラフィックイベントの地平線として機能します。 想像上の空間次元[173] [174]を備えた超空間で、マインドイベント(感覚、感情、感情、思考の流れなど)をモデル化できます。ここで、通常の空間次元は、経験者の空間フレームとの交差を超えて回転します。そして、その時間次元は経験者の時間次元と一致します。このようなn次元の超空間(つまり、神経心理生理学的事象の地平線)で、心のイベントの1つがわずかに優先されるように調整の一貫性が確立されている場合、チューナーの経験者と調整された心の間のループ-イベントが確立されます。

意識の志向性が触媒として機能するPsiおよびESP現象はすべて、張力-張力共役ダイナミクスによって媒介され、次のように扱うことができます。

-念力。 マインドイベントは、すべての非マインドテンソル現象が属する同じカテゴリの現象に属し、すべてのエネルギー現象はテンソルコアを所有し、それによって支配されるため、誰でも自分の中でキャプチャできるのはごくわずかです。 張力マッチング(Tension Conjugate Dynamics)によって他のテンソルコアを引き付ける心の張力ダイナミズ盆地、およびpsi確立器(PSIEr)として機能するpsi関係を確立します。 外部オブジェクトとのループを確立した後、チューナーは、オブジェクトをそのマテリアリティにバインドし、さまざまな方法でそれに作用する関係を(量子イベントホログラフィック-ホライズンインターフェイスで)管理できます。

-念力。 これらの方法の1つは、タイプPhase-Tension Correlative Dynamicsonのスピン共役ダイナミクスを介して作用することにより、フェルミ粒子-ボソンとテンソル単極子-張力双極子の間の相関を、物体(またはPSIEr)に対する重力の影響を減らすことができることにあります。 自己浮揚の場合のようにそれ自体)、したがって、空間内のあるポイントから別のポイントにオブジェクトを移動させることができるマインドイベントへのわずかな優先順位を確立します。

-サイコ-テレポート。 2つ目は、オブジェクト(結晶として無生物、または生きている昆虫としてアニメーション化)をコンテナの内側(初期位置)から外側(終了位置)に移動し、オブジェクトがまだ内側にあるときにオブジェクトが消えるようにすることです。 、それを外に再現させるために(そしてまだ生きている昆虫に関しては)[155]。この場合、外部オブジェクトとのループを確立した後、PSIEr1)(量子イベントのホログラフィック-地平線インターフェイス上で)材料とオブジェクトのエネルギーの一貫性をほぼゼロまで減少させます。2)重力をゼロまで減少させます。 3)オブジェクトの通常の空間次元(対称性の自発的な崩壊を介して、以下を参照)を、コンテナの空間フレームとの交差を超えて回転させます。これを行うと、PSIEは(神経心理生理学的事象-地平線の干渉パターン)、コンテナの壁に干渉することなくオブジェクトを内外に移動できるマインドイベントへのわずかな優先順位を再確立し、最終的にそのエネルギーを再構築します-逆のプロセスに従うことにより、一貫性を問題にします。

対称性の自発的崩壊(SBS)それは簡単な説明に値します。 QFTでは、システムの基本コンポーネントの順序付けがSBSの結果として達成され、一貫性の観察可能な兆候を構成することはよく知られています。 QFTによると、システムのダイナミクスは、システムのすべての特徴を含むと仮定されている一連の場の量子論によって記述されます。フィールドは、システムの基本コンポーネント、たとえば、EMF、原子および分子システムの構成要素、それらの電荷、および双極子モーメントなどを表します。一般に、変換、たとえば、回転、並進などを考慮することができます。フィールドが前述の変換を受けたときにフィールド方程式がその形を変えないようなフィールド。ダイナミクスは、考慮された変換の下で不変であると言われ、これらはダイナミクスの対称変換と呼ばれます。何らかの外部摂動の作用(この場合はPSIErによって発揮されるチューナー作用)の下で、システムの最小エネルギー(真空)の状態がダイナミクスの対称変換の下で対称ではない場合があります。すると、自発的に対称性が崩れると言われています。自発的とは、システムがそれ自体の(内部)ダイナミクスによって非対称状態に駆動されることを意味し、トリガーとしてのみ機能する外部摂動によって強制されることはありません。 SBSを使用すると、基本コンポーネントの微視的スケールからシステム動作の巨視的スケールへの移行が可能になります。

-テレパシー。テレパシーは、動物界におけるテンションコンジュゲートダイナミクス間の相互相関の最も一般的な形式であり、感覚(および人間の感情)をシフトする系統発生的に規定された方法です。テレパシーは、マインドリーディングや脳から脳へのメッセージングとは何の関係もありません(代わりに、この主題に関するほとんどの議論によって誤ってそれに起因する役割。たとえば[175]を参照)。テレパシー相関中に2つのマインドシステムまたはプロトマインドシステム間で発生することは、コミュニケーションとは関係ありません。つまり、特定のシステム間で意味が共有されている場合、情報の送信やセマンティックコンテンツはありません。感覚や感情とその原因。テレパシーはエンタングルメントの一形態であり、テンソル面で発生します。引力/空洞共振器の張力ダイナミズ盆地に属する2つ以上の被験者の張力共役ダイナミクスは、誰もが感知したものをリアルタイムで感知したり感じたりできるように絡み合うことができます。それらの誰でも。

-千里眼。 これは、テレパシーと部分的に類似したタイプの相関関係ですが、ここでは、2つ以上のサブジェクト間の共有モードでエンタングルメントが確立されていない点が異なります。 千里眼は、空間または時間のはるか遠くにある場所、イベント、オブジェクト、または人々のテンソル指紋との絡み合いの相関関係を確立しようとします。 そうするために、PSIErは占いに頼ることができます。占いは、世界中のすべての文化でさまざまな形で採用されている古代の慣習であり、採用された手口に関係なく、精神的な緊張に満ちた経験的に確立されたリズミカルなシステムに頼る方法です。 主観的に経験を積んでおり、さまざまなレベルの症状の間に干渉関係を確立することができます。 千里眼が彼/彼女のビジョンで見ることができるものはすべて、彼/彼女の個人的な解釈、文化的信念および精神的配置によって常に条件付けられます。

-予知。 予測システムは、すべての生物学的システムに共通しています。 自然の予測システムによって示される能力は、生物学的システムが受ける可能性のある環境の混乱を予測し、それに応じて行動することができるということです。 これと同じ機能をPSIErが利用して、将来についての予測を行うことができますが、予測には無視できないほどの不確実性があります。

-サイコメトリー。 これは透視の変形であり、同様に発生します。

[18](脚注5も参照)で説明されているように、次のように、精神機能、精神機能、認知機能を精神力動で区別することができます。

-精神的機能は、人間の精神的環境(洞察)の系統発生的に規定された配置、すなわちその種固有の感覚的引力の盆地(それが特徴づけるエネルギー横糸を織り込むことができる特定の感覚的縦糸)に関与する、独特の関係能力です 系統発生の過程で生物学的現象の超能力(CGユング)に会いに行ったすべての相転移(分岐)が溶解し、神経転移を経て分岐に至るまでのホモ属)の出現につながった ホモ属。

-精神機能は、精神機能の説明された、モーダルで手続き的な形式です。 それは、周囲との関係において人間の精神的環境に会いに行った情報のプロセスを指します。 事実上、精神機能と精神機能は常に存在しており(変化するのは、一方が他方よりも普及していることです)、ユングの原型(精神的原料)の概念と集合的無意識の概念を指しています。 心理力学的観点から、これらの2つの機能は、ホモ属(中期旧石器時代)の心理的誕生に先行する精神的→精神的環境の構成的配置とダイナミクスを修飾します。

-認知機能は、心理的誕生、特に口頭言語の発達、および認知的思考の成熟に続く、精神的→精神的環境の特定の分化とその後の配置から得られる関係能力です( →双極性の心理的次元の思考-感情→論理-抽象的な思考)、常同行動を克服するために、それは、発想と比喩的な差別の行使に頼ることによって、意味のある目的を定式化する能力に関して重要な行動をプログラムする能力として理解されるかもしれません。

精神力動の用語では、すべてのいわゆる超常現象は、精神機能と結合した精神機能、つまり「双極性精神的次元の感知-直感」に基づいて、そして二次的に中期旧石器時代から始まります。 以降、「双極性精神的次元の思考-感情」によって媒介されます。

したがって、これらの現象を自然の精神的→精神的環境、すなわち双極性精神的次元の感知-直観から外挿しようとする試みは、せいぜい、迷信によって養われる説教者、山師、フェティッシュ精神病理学を生み出すことを目的としています[176]。 同様に、ガリラヤの科学的方法のメッシュでこれらの現象を捉えようとする試みは、せいぜい、物議を醸す不確実な結果につながる実験を実行することを目的としています。

明らかに、超常現象と超常活動という表現は、それぞれ、正常性から大幅に逸脱している現象または活動を示しています。さて、正常性によって理解されるべきことは、アインシュタインが引用した時間に関する考察を言い換えることによって要約することができます。正常性は、それを測定するイベントの順序を除いて、独立した存在はありません。たとえば、「医学の女性」や「女性のシャーマン」によって、あるいは必要に応じてこれらの女性に頼ることが正常であると考えるコミュニティによって正常と見なされる可能性があるものは、私たちによって正常と見なされない可能性が非常に高いです。画像、口頭の伝統、歴史的記述は、女性を召喚者、治療者、ハーバリスト、神託と占い師、恍惚としたダンサー、シェイプシフター、シャーマニズムの旅人、そして祖先の巫女として示しています。中国の呉は恍惚とした巫女であり、トランスに達するまで太鼓と笛の音楽に合わせて踊り、体にシェン(精神)を受け取り、インスピレーションの下で癒しと予言をし、異言を話し、剣を飲み込み、火を吐きました。渦巻くダンサーの周りに集まったシェンの力は、ダンサーがナイフで自分自身を斬ったときに傷が形成されるのを防ぐために、物体を空中に浮かび上がらせると言われていました。今日の世界中のテクノロジー消費者は、これらの発動者、ヒーラー、ハーバリスト、神託と占い師、恍惚としたダンサー、変身者、シャーマニズムの旅人、そして祖先の巫女を模倣しようとしています。結果は、ほとんどの場合、哀れです。彼らの何人かがなんとかシェンパワー、アレリア、奇跡と接触することが起こった場合!生と死の相境界またはその近くでの経験の結果として、一部のNDErまたはNDLErが、超常現象、アレリア、奇跡と接触することに成功した場合!個人および彼/彼女が住むコミュニティによって「正常」で統合および統合可能である可能性があるものは、危険であり、統合が困難であり、個人および完全に異なるコミュニティによってほとんど統合できない可能性があります。これは、NDEまたはNDLEの有無にかかわらず、科学消費者になるテクノロジー消費者が経験した、または経験できる超常的な活動の場合です。

超常現象は西洋科学の基本原理に違反しますが、旧石器時代を通してこの惑星に移動した数十万の人間の世代はそれを知らなかったので、彼らは超常能力を彼らの存在に統合し、適応価値を運ぶことができることを発見しました これにより、コミュニティはその生息地と一体になり、何千年にもわたって生き残ることができました。

6. Conclusions

人にとっての決定的な質問は、彼は無限の何かに関係しているのかどうかということです。 それが彼の人生の物語です。 本当に重要なのは無限であることがわかっている場合にのみ、無駄や、それほど重要ではないあらゆる種類の目標に関心を向けることを避けることができます(…)この人生で私たちがすでに持っていることを理解し、感じた場合 無限とのつながり、欲望、態度が変化します。 カールグスタフユング54

死を超えた人生の仮説は、人間が世界との隣接関係を維持し始めて以来、人類を魅了し、苦しめる主題です(心理的誕生)[44]

このような広大で繊細なトピックを扱う際にしばしば忘れられたり過小評価されたりする重要なことの1つは、内在性と超越性に関連するものなど、関連するさまざまな論理的計画を混合せずに別々に維持する必要があることです。魔法の象徴的思考に関連するものや論理的抽象的思考に関連するものなど、異なる関係モジュールを混合しないでください。合理的対非合理的な異なるカテゴリーの思考を混合しないでください。よくあることですが、外部の現実の内部表現につながるこれらの互換性のない戦略と視点を、食欲をそそるスープを調理するための材料として使用する場合、せいぜい、半分が超越的で半分が内在的で、量子が染み込んだハイブリッド真実を食べます男性の全能性の熱狂によって、女性の生殖機能のエンジニアリングとマーケティングが宣言されている理想的なジェンダー後の社会のシンボルとして、マンマシンハイブリッド、サイボーグの姿を想定する運命にある物理学と異端のシンボル、科学的に時代遅れで、ハイブリッドな世界を支持して、男性的なものに衰退しました。

ゴミの中のゴミはアングロサクソン人と言います。

人間の心理的誕生が起こるずっと前の約百万年の間、死の重荷と死の経験は無意味でした、すなわち、彼らは解釈を欠いていました。心理的な誕生の到来は、既存のものとの関係から始めて、すべてを変えました。当初、死の重荷と死の経験は、偉大な母なる地球(母なる女神の崇拝)の子宮への復帰に同化されました。それから、魔法の言葉の忘れられないオーラに包まれた巨石の魔術師の火(性欲)によって供給された呼び出しで追い払われました。その後、冶金学者の火を燃料とする炉で吊り下げられて解釈され、書記言語(火の文字に刻まれた)のひだで不死化され、世界的な神話のヒエロファニーである復活につながりました。その後、エクスタシー、アルケミー、ヨガなどのテクニックの火で作り直され、合成されました。それから彼らはホモテクノロジカスの火によって燃料を供給された蒸気機関の形と性格を変えました。そして最後に、Homo Artificialis力への意志に支えられて、原子炉と研究所の迷路の中で撤去されました。

善悪の知識の木と生命の木の現在の4.0バージョンは、この心理的、歴史的、文化的遺産にルーツがあります。 自然の力をつかみ、その秘密を解読することは、それがその活力を引き出した腐植土であり、今もなお続いています。

私たちの時代には、新しいハイバイオテクノロジーの身体パラダイムを課そうとする巨大な神経心理学マーケティング活動に対処しなければなりません。 有機スペアパーツ市場は拡大しています(現在、種間胚盤胞補完は動物に人間の臓器を生成する可能性を提供します55)。

実証主義の技術者の魂は、彼のソウルメイトである自然愛好家の魂[29]に明確な優位性を持っています。 超常的な活動とグッドマザーネイチャーへの復帰。

臨死体験に関連する物語はこの傾向に沿っていますか?

NOTES

1「比丘、教えは真実を説明するための手段にすぎません。 真実そのものと間違えないでください。 月を指している指は月ではありません。 月を探す場所を知るには指が必要ですが、指を月そのものと間違えると、本当の月を知ることはできません。 教えはあなたを他の海岸に運ぶいかだのようなものです。 いかだが必要ですが、いかだは他の海岸ではありません。 知的な人は、いかだを他の岸に渡った後、頭に乗せて持ち歩くことはありませんでした。 比丘、私の教えは、あなたが生と死を超えて他の海岸に渡るのを助けることができるいかだです。 いかだを使って他の岸に渡りますが、所有物としてそれにぶら下がらないでください。 教えに巻き込まれないでください。 あなたはそれを手放すことができなければなりません。」 (Thich Nhat HanhOld Path White CloudsWalking in the Footsteps of the Buddha)。

2主題については、例を参照してください。

-UVA医学部、精神医学および神経行動科学部門、知覚研究部門、学術出版物https://med.virginia.edu/perceptual-studies/publications/

- International Association for Near-Death Studies, Inc.: http://iands.org/resources/recommended-reading.html http://iands.org/nde-stories/iands-nde-accounts.html

3前世紀の終わりまで、CPRと二次心肺蘇生法(ACLS)のおかげで院外心停止を生き延びた人の割合は非常に低く、生き残った人の中で生き残った人の割合は非常に低かった。 重大な神経学的損傷は報告されていませんが、それも非常に低かったです。 Stefan Timmermansが報告しているように[3]:「(…)救急隊員による突然死から蘇生した人の数は不明です。 また、生存し、神経学的に無傷のままでいる合理的な可能性で蘇生できる人の数も不明です…院外心停止を生き延びた人の割合に関する全国平均は入手できませんが、現在の推定では1人以下であると示唆されています %-犠牲者の3%は病院から退院するために生きています。 本当の割合はおそらくさらに少ないでしょう。」 これらの低いパーセンテージは、蘇生努力の圧倒的多数で、人々が死ぬことを意味します。

4医療記録は、医療とCPRのおかげで無傷の神経学的転帰で生き残った、重度の低体温症、体温70°F未満のために臨床的に死亡したと判断された、年齢の異なる人々の少なくとも3例を報告しています。 当時(1986年)30か月のアメリカ人ミシェル・ファンクは、体温が66°F19°C)で1時間以上続いた後、蘇生しました。 ノルウェーAnnaBagenholmは、当時(199929歳で、体温が56.7°F13.7°C)で1時間以上続いた後、蘇生しました。 スウェーデンのステラ・ベルントソンは、当時(2011年)7歳で、体温が55.7°F13.2°C)で1時間以上続いた後、蘇生しました。

5 [18]で説明したように、精神機能、精神機能、認知機能の間で行うことができる精神力動の区別は次のとおりです。

-精神的機能は、人間の精神的環境(洞察)の系統発生的に規定された配置、すなわちその種固有の感覚的引力の盆地(それが特徴づけるエネルギー横糸を織り込むことができる特定の感覚的縦糸)に関与する、独特の関係能力です 系統発生の過程で生物学的現象の超能力(CGユング)に会いに行ったすべての相転移(分岐)が溶解し、神経転移を経て分岐に至るまでのホモ属)の出現につながった ホモ属。

-精神機能は、精神機能の説明された、モーダルで手続き的な形式です。 それは、周囲との関係において人間の精神的環境に会いに行った情報のプロセスを指します。

-事実上、精神機能と精神機能は常に存在しており(変化するのは、一方が他方よりも普及していることです)、ユングの原型(精神的原料)の概念と集合的無意識の概念を指しています。

-心理力学的観点から、これらの2つの機能は、ホモ属(中期旧石器時代)の心理的誕生に先行する精神的→精神的環境の構成的配置とダイナミクスを修飾します。

-認知機能は、心理的誕生後の精神的→精神的環境の特定の分化とその後の配置から得られる関係能力であり、特に、認知的思考の成熟とともに口頭言語の発達(→双極性) 精神的次元の思考-感情→論理-抽象的思考)、これは、発想と比喩的な差別の行使に頼ることによって、意味のある目的を定式化する能力に関して重要な行動をプログラムする能力として理解されるかもしれません。

6See e.g.: International Association for Near-Death Studies, Inc., Near-Death-Like Experience, http://iands.org/nde-stories/nde-like-accounts.html

7SHI TRO [20]、すなわちBon PeacefulWrathfulShi-TroDeitiesチベット語Shitro Lhatsog [zhi khro lha tshogs])によると、この経験は、 死ぬ過程を構成する5つの段階(イタリア語からの翻訳は私のものです):( ...)あなたはあなたが去る人生を特徴づける習慣と感情的なパターンを示す速いビジョンを経験することができます。 (...)非常に鮮やかな記憶が一瞬現れ、その後消えてから新しい組み合わせで再び現れます。 ニュース番組でニュースを確認するのと少し似ています。 この段階では、習慣パターンの性質がはっきりと示されています。

8The Analects of Confucius http://www.indiana.edu/~p374/Analects_of_Confucius_(Eno-2015).pdf

9アメリカ精神医学会によると、幻覚は「真の知覚の説得力のある現実感を持っているが、関連する感覚器官の外部刺激なしに発生する感覚知覚」と定義されています(1994年、767ページ)。

10Charles Lutwidge Dodgson不思議の国のアリス、第1章、うさぎの穴を下るhttps://www.cs.cmu.edu/~rgs/alice-I.html

11Positivismは、このような操作にとって目新しいものではありません。 彼の人生の最後の年に、実証主義の思想家であるオーギュスト・コント1798-1857)は実証主義カテキズムを書き、実証主義教会を設立しました。そこでは、カトリックの伝統の教義的、倫理的、そして文学的な要素が入れ替わっています。 目新しさは、今日、その新実証主義教会とその普遍的意識のカルトを備えた新実証主義カテキズムが、他の宗教的およびカルト的伝統、ならびにカトリックの伝統の教義的、倫理的および文学的要素を置き換えるという事実にあります。

12チベット語のゾクチェンは、チベットのヴァジュラヤナ仏教の教えの体系と、チベット仏教学校ニンマ派の中心的な教えである仏教以前のボン教に属する教えを示しています。ゾクチェンのサンスクリット語は、アティヨガまたは原始ヨガです。チベットの伝統によると、ゾクチェンの教えは、パキスタン北西部の現在のスワット地区と多くの人が同一視している古代地域であるオディアナのラディセマスターガラップドルジェ(​​西暦1世紀?)によって導入されました。しかし、ボンの伝統によれば、ゾクチェンは、紀元前7世紀にチベットに併合された古代ヒマラヤ地域であるチャンシュンのマスターシェンラブミウォチェ(紀元前2世紀?)によって導入されました。歴史的および地理的に、ゾクチェンの教えのデビューしたがって、マウリヤ帝国(紀元前320-185年)とクシャン帝国(紀元前1世紀から3世紀)の間の移行期に置かれることになります。ゾクチェン、またはグレートパーフェクションは、自然で原始的な状態、つまり心の自発的な状態を示し、同時に、この状態を実現することを目的とした教えのコーパスを示します。私たちの究極の性質は、純粋で包括的なものとして、原始的な意識として定義され、すべての精神的な出来事の背景として常に自然に存在します。この本質的な気づきにはそれ自体の形はありませんが、それでも知覚を可能にするだけでなく、すべての知覚者があらゆる形で自分自身を体験、反映、または表現することを可能にします。ゾクチェンの伝統の巨匠によって提供されたアナロジーは、生物の性質は、オブジェクトを完全かつ包括的な方法で反射する鏡のようなものですが、同じ反射の影響を受けることは決してないということです。または、完全に透明な結晶球として、本来の性質を変えることなく、中性で独自の色を欠いて、それ自体がさらされる光の色を取り込むことができます。

13Descartes, Treatise on Man, 1633, § 131 https://www.colorado.edu/neh2015/sites/default/files/attached-files/descartes-treatise_on_man.pdf

14今日の科学者は、CRISPR-Cas9として知られる革新的な遺伝子編集技術を介して生殖細胞系を改変することができます。 ロバート・ポラック[38]は、優生学プログラムの復活を開くことができます。ヒトゲノムの「正しい」(適合)バージョンの積極的な選択と、健康のためだけでなく「間違った」(不適合)の排除です。 個人ですが、種の将来のために。

15それにもかかわらず:量子実験から生じる測定の問題は、必ずしも「観察者の心から」何かが外部の物理世界に影響を与えることを意味するわけではありません。 しかし、測定の問題は、量子論が言うよりも物理世界について言うべきことがたくさんあることを示唆しています[42]

16対称波動関数によって記述される粒子はボソンとして知られており、ボーズ・アインシュタインの統計に従います。 非対称波動関数によって記述される粒子はフェルミ粒子として知られており、フェルミディラックの統計に従います。 量子相対論的力学は、対称または非対称の波動関数によって記述される特性が粒子の性質に依存することを示しています。 特に、それは彼らのスピンに明確に関連しています:

-セミホールスピンを持つ粒子はフェルミ粒子(電子、陽子、中性子など)です。 物質を構成するすべての素粒子フェルミ粒子です。

-全スピンを持つ粒子はボソンです(例:光子)。

フェルミ粒子をまとめる力の原因となる素粒子はすべてボソンです。 パウリの排他原理によれば、2つのフェルミ粒子は同じ量子状態を共有できませんが、ボソンは共有できます。 これは、フェルミオンの圧縮に対する強い抵抗につながります。 この抵抗は、通常の原子物質の剛性を生み出します。

17したがって、量子論の基本的な構成要素は、エージェントによる一連の意図的なアクションであり、そのようなアクションごとに、エージェントが その意図的な行為に関連する基準(…)量子論では、主な理想化は、すべてのオブジェクトがミニチュアの惑星のようなオブジェクトで構成されているということではありません。 むしろ、意図的な行為を実行するエージェントが存在し、そのそれぞれが、その行為に関連する特定の基準に準拠する場合と準拠しない場合があるフィードバックをもたらす可能性があります。 フィードバックがその基準に準拠しているかどうかに応じて、そのエージェントが住んでいる世界に1ビットの情報が導入されます。 したがって、カウンターがクリックされたかどうかを知ることは、エージェントを世界史の過程の2つの代替可能な別々のブランチのどちらかに配置します[43]

18概要については、例えばを参照してください。: Atmanspacher, H. (2015) Quantum Approaches to Consciousness, Stanford Encyclopedia of Philosophy https://plato.stanford.edu/entries/qt-consciousness/

19イベントは、宇宙の具体的な主要要素として意図されており、それが構成されている全体から分離も分離もされていない関係の結び目です。

20静穏または非励起領域における相対論的次元の還元不可能な形態(N-EIRD、非励起の還元不可能な相対論的次元)は、物質、エネルギー、空間、時間を欠く還元不可能な物理的平面を構成し、 構造(連続的、等方性、均質、乱れ)および超対称性、その中に原動力的、未分化、および全能性の原理(ダイナミ)を有する含意張力(IT)として適格な張力の。 この状態は、関連する内分泌運動状態として示されます。 通常、張力とは、電位差または力の適用によって生成される効果または状態を意味しますが、N-EIRDのコンテキストでは、張力/ダイナミは効果としてではなく、前提条件(スーパー 電位のすべての違い、すべての相互作用または力、およびすべての物理的(エネルギー的およびテンソル的)関係の関係する張力の対称性)。

21シントロピー(エントロピーの対称法則)とは、特定の方向に応じて(ランダムではなくコヒーレントに、たとえば位相共役ダイナミクス、スピンを介して)一斉に変化する要素または要素のセットに接続された生体システムの内部組織の程度を意味します。 コンジュゲートダイナミクス;テンションコンジュゲートダイナミクス)。

22ヒステリシスは非線形現象であり、システム自体に適用された特定の摂動イベントによって引き起こされた効果の、場合によっては微小な部分のシステムによる吸収と登録につながります。摂動イベントへの暴露に関連する状態の変化の吸収と登録の現象は、新しい摂動イベントへのシステムの応答が、状態のすべての変化とそのすべての変化の時系列の履歴にもさまざまな程度で依存することを意味します現在の曝露に対する以前の反応。適用された摂動に関連する物理的サイズは完全に可逆的ではなく(非線形パターンを持っている)、ヒステリシス曲線またはサイクルとして知られる曲線を表すと推測できます。生物学的相転移オートポイエーシスを指す)では、転移は線形に発生することはありませんが、ヒステリシスの現象が制限ではなくシステムの生存能力の不可欠な部分になるように、常にシステム自体のある程度の非線形修正を伴います。相対論的文脈では、ヒステリシスの現象は時空とエネルギー現象の両方の発生において中心的な役割を担っています。この文脈において、時空の領域を構成するフラクタル/ホログラフィックオブジェクトが遭遇するヒステリシスサイクルの進行は、張力とトルクの間の関係になることによって記述され、対応する図は、によって明らかにされた変化から導き出されます。ツイストピンチヒステリシスループ[45]

23 [18]で説明したように、電気通信とコンピュータサイエンスの分野でC.シャノンの情報理論によって得られた成功のおかげで、理論が「情報」という用語を不適切に使用することが、実際にはコピーアンドペーストで採用されました。科学のすべての分野での操作。シャノンの情報理論は「情報とは何か」には答えず、「特定の信号のセットを使用して時間単位で送信できる情報の量、つまりデータはどれくらいか」にのみ答えました。シャノンの情報理論は、ノーバート・ウィーナーのサイバネティックス(「情報は情報であり、問​​題でもエネルギーでもない、それは別のものである」)、つまり動物と機械の制御と通信の科学とともに、「 「データ送信」、または「情報」の物理的概念の同義語としての(意味のある)意味を含むメッセージの送信のさらに悪いこと。 「情報」の物理的概念は、「データ送信」の概念とはまったく関係がなく、「(意味)意味を含むメッセージの送信」の概念とはさらに関係がないことを強調する必要があります。前者は、「情報」を、物理世界のさまざまなエントロピープロセスに関連する周囲のシステムの一貫性または構造的な「複雑さ」の尺度と見なします。つまり、特定のオブジェクトに関連する情報量の尺度は、その複雑さである可能性があります。内部構造(ネゲントロピー)は、後者は「情報量」をコード文字信号の周波数特性と見なします。つまり、メッセージのコーディングとデコードの方法を改善し、技術的な通信システム操作の最適化に関連するその他の質問を解決します。しかし、損傷が起こったため、細胞は互いに通信し、ゲノムには文字で設定された生命のアルファベットが含まれ、脳は全身にメッセージを送受信します。

24したがって、波動関数の崩壊を現実に属するプロセスまたは現象であるかのように参照することは意味がありません。波動関数は、観測者が特定のシステムの測定から取得できるすべての統計情報を含む抽象的な数学関数です。

25波の干渉は、同じ媒体に沿って移動しているときに2つの波が出会うときに発生する現象です。波の干渉により、媒体は、媒体の粒子に対する2つの個別の波の正味の効果から生じる形状を取ります。波の干渉は、本質的に建設的または破壊的である可能性があります。建設的な干渉は、2つの干渉波が同じ方向に変位する媒体に沿った任意の場所で発生します。たとえば、媒体に沿った特定の瞬間と場所で、1つの波の頂上が2番目の波の頂上と出会う場合、それらは「スーパークレスト」を生成するような方法で干渉します。同様に、トラフとトラフの干渉は建設的に干渉して「スーパートラフ」を生成します。破壊的な干渉は、2つの干渉波が反対方向に変位する媒体に沿った任意の場所で発生します。たとえば、山と谷の干渉は破壊的な干渉の例です。破壊的な干渉は、結果として生じる媒体の変位量を減少させる傾向があります。

26物理学では、共振または結合位相は、振動システムが最大振幅の代替駆動力に応答する状態です。 このような状態は、駆動力の周波数がシステムの自然な(減衰されていない)振動周波数と一致する場合に存在する可能性があります。 したがって、課せられた振動電磁場の場合、生物学的システム(例えば、細胞)は、そのようなシステムの自然(内因性)EM振動と一致するそれらの外因性振動(すなわち、代替駆動力)にのみ測定可能な方法で応答する。

27物理学には位相状態の概念があります。 一般に、フェーズは、このシステムが依存するパラメーターの変更時の物理システムの可能な記述に関連します(たとえば、温度、空間のタイプ、時間、弦理論における弦タイ定数など)。 物質の相状態とは、物質の可能な状態の1つ、つまり固体、液体、気体を意味します。 固体から液体への変化、および液体から気体への変化、およびその逆は、相転移として知られています。

28それが一部を形成する関係の文脈からそれを区別および/または区別可能にする(観察できない場合でも)など、ある程度の生存(共鳴の条件)を備えた相関システムのすべての構造化プロセス。 一般に、閉じ込めプロセスは局在化の現象と同等です。

29この意味で、地上環境はすべての影響においてテンソ振動環境であり、すべての生物学的構造/システムは、それが属する環境の特定のテンソ振動構成に合わせて調整された発振器/共振空洞に対応します。

30そのうちの1つは、質量とエネルギーがなく、仮説が立てられ、3つが知られています。

31フラクタルとして次元化され、ホログラムとして構成された感覚安定性の時空間中心。その周りで、結合関係の不確定な変動が発生します(量子レベルでの周波数-位相結合、量子相対論レベルでの位相-張力結合、張力-張力結合 相対論的レベルで)。

32ローゼンが書いているように:予測システムは、それ自体および/またはその環境の予測モデルを含むシステムであり、後の瞬間に関するモデルの予測に従って、ある瞬間に状態を変更することができます[75]

33大まかに言えば、動的システムのアトラクターは、時間の経過とともに典型的な初期条件から発生する軌道が向かう状態空間のサブセットです。 動的システムに複数のアトラクタがあることは非常に一般的です。 そのようなアトラクタごとに、そのアトラクタの盆地は、そのアトラクタに近づく長時間の動作につながる一連の初期条件です。 したがって、所与のシステムの長時間の運動の定性的な振る舞いは、初期条件がどの引力の盆地にあるかによって根本的に異なる可能性があります(たとえば、アトラクタは、さまざまなタイプの周期的、準周期的、または無秩序な振る舞いに対応できます)。 状態空間内の領域としての引力の盆地に関して、そのような領域の基本的なトポロジー構造は、システムごとに大きく異なる可能性があることがわかっています。 [クレジット:OttS。(2006)、Scholarpedia http://www.scholarpedia.org/article/Basin_of_attraction]

34対称性またはその他の制約により、滑らかな不変多様体を持つシステムで発生する可能性のある流域トポロジの一種。つまり、位相空間に滑らかな表面または超曲面が存在するため、表面の初期条件によって軌道が生成されます。 それは表面に残ります[76] [77]

35デヴィッド・ボームの全体性と暗黙の秩序のイタリア語版への彼の紹介から[78]

36事象の地平線Iamは、宇宙論的なものではなく、非局所化された(空間と時間の)相関現象によって通知された時空慣性参照系のグローバルプロパティを指します。 標準的な宇宙論的ビジョンによれば、事象の地平線は、代わりに時空の特異性(単一の時空点、エネルギー物質、密度、温度が無限である場所イベント)の現象であり、アインシュタインの一般理論に従って想定されています。 非一般相対性理論または相対論的速度でのジャイロスコープ運動が時空連続体を変形させて事象の地平線を決定するときの相対性理論

37事象の地平線は、時空における(連続的な)ヌル表面です。 事象の地平線は時間的に非局所的に定義されます。それは時空全体のグローバルプロパティであり、時空のすべて(または少なくとも非定常部分)が数値的に計算された後、別の後処理フェーズで見つける必要があります。

38死それは、生物系の物理的エネルギー次元と張力次元の間、その三次元性と超次元性の間の閉ループの喪失と見なすことができます。 NDSを経験している間、それが刺激されたりショックを受けたりして、張力の次元でコヒーレンスループに戻り、蘇生された細菌などの場合のように、生きた機能に回復する可能性があります[96]

39ストレンジアトラクターダイナミクスの特異性は、そのフラクタル次元によって支配されていることに由来し、その時間的および/または空間的構造は、一連の離散単位(1から22から3など)によって特徴付けられません。 連続した単位(123など)で構成されていませんが、空間と時間の測定可能な(決定論的)部分(フラクタル=壊れた)で構成され、測定不可能な(カオス的)によって中断されることなく(連続して)間隔が空けられます 空間間および時間間のフラクタル。 そのホログラフィック構成は、そのアクションプランのそれぞれが分割できない全体の一部と見なすことができるという事実に由来します。ミラーのゲームのように、部分は全体の自己相似性によってそれ自体を投影し、部分の全体は、 さまざまな解像度と遠近法の角度で。

40Torsionは、トルクを加えることによってねじれることによってシステムに設定される応力の状態です。 したがって、トルクは力として機能し、ねじれは幾何学的変形として機能します。 私たちの場合、張力の超対称性は、時空幾何学の基本応力としてのねじり力とトルクとして機能します。

41リミットサイクルの原理(Mitchel J. Feigenbaum)は、セルラーダイナミクスなどの連続サイクルの力学系がカオス状態から秩序状態に、またはその逆に通過(相転移)できる限界を示しています。 2つの状態間の遷移では、システムのダイナミクスを支配するストレンジアトラクターはリミットサイクルアトラクターと呼ばれます。

42(…)自己触媒反応の速度定数が十分に小さい場合、元の3分子2変数モデルの安定したリミットサイクルは不安定になります(そしてシステムは発散します)。 貯蔵物質としてさらに中間変数を追加するだけの場合、安定したリミットサイクルは、自己触媒反応速度を下げるときに、周期倍増カスケードを示してカオスになります。 レートをさらに下げると、安定したカオスアトラクタが不安定になり、システムが再び発散します。 対照的に、システムでは、元の2変数モデルと同じ(2次元)動作が観察されました。 もちろん、周期倍分岐とパラメータ空間のカオス領域は、数値的には見つからないほど狭い可能性がありますが、実際には、3次元モデル全体の軌道は2次元表面に限定されているようです。 長い時間制限[97]

43In this regard, see e.g [102].

44キリストの伝統的な生年月日は西暦1年で、ディオニュシウス・ザ・リトル(西暦523年頃)によって再建されましたが、誤って、西暦725年に修道士ベーダ・ヴェネラブルによって西暦の始まりとして採用されました。しかし、ほとんどの歴史家は、キリストの誕生日は、福音書の物語に従って、紀元前76年、つまりヘロデ大王の死の前に、ディオニュシウス・ザ・リトルによって計算された日付よりも47年早くなければならないと信じていますヘロデがまだ生きているときに子供が生まれ、罪のない人の虐殺を命じることができるようにするためです(マタイ316)。歴史的に、ヘロデの死の日付は、紀元前4年頃、調整されたパレスチナに現れた月食の数日前、ちょうど紀元前4313日に発生したことを知っています。さらに、ルカの福音書の章で、イエス6年目(....)にシリアのキリノ(将来)知事によって命じられた国勢調査の間に生まれたと読みましたが、この日付も混乱の対象でした、キリノはイエスの知事だったので、しかし西暦6年に、実際にその年に国勢調査を行いました。最近の研究によると、紀元前6年には、彼がまだ州知事ではなく単純な役人であった同じキリノが、サンツィオサトゥルニーノと並んで国勢調査を行ったことが明らかになっています。また、この歴史的な再建に基づいて、イエスの誕生は紀元前6年の国勢調査の前または現代でなければなりません。結論として、キリスト降誕についての話は、マシューが福音書の中で空の明るい星について説明しているときに書いたものだけを教えてくれます。実際には、それは星ではなく、2つの例外的なイベントでした。1854年ごとに発生する天文現象、つまり木星土星の結合。光の回折により、2つの明るい光源の合計よりも5倍明るくなります。 2)その間、待望の、バビロニア出身の天文学者である東方の三博士、マギ、ザラスシュトラの聖なる火の管理人の到来。

45紀元前7世紀から6世紀の間に、アッシリア帝国の包囲下で、首都エルサレムを擁するユダ王国の司祭権威が、セム族コミュニティ(さまざまな神々を崇拝した)の魂と力を凝固させることを目的として、アッシリアの侵略から身を守るという共通の目的の周りで、それはユダ王国を単一の寺院で単一の神を崇拝する歴史上最初の王国にしました:アブラミティックの神ヤーウェ、彼は、彼は、神のシナイ人の人物が考案しました紀元前2千年紀の後半(シナイのセム族がアルファベット順の文章を発明したとき)のセム族の司祭カーストによる、アッシリアの宇宙のトライアドであるアヌム-エンリル-エンキ(アヌムの女性の対応物であるキ、および女性の女性の神性、Ninhunsag)、およびMarduk-Ishtar-Shamashによって構成されたアッシリアの神性。クリシュナに付けられた多くの名前の1つであるĪśvaraに触発された神聖な人物(古代ギリシャのクリシュヌ、金に由来するChris-t-os象形文字Tまたはタウの文字を挿入することによって触発された神聖な人物エジプト、フェニキアヘブライ語のアルファベット、死と復活の象徴-クリシュナの特徴-、太陽の光の十字架、音楽スケールGAD)、多くの名前の1つ、57番目、ヴェーダの男性であるヴィシュヌに与えられた神性、Tatの化身の1つ。創世記(創世記の最終草案は、紀元前6世紀から5世紀にかけて、ユダヤで、未知の著者によって完成されました)によると、ヤハウェは人に与えました(ヘブライ語ではアダムと呼ばれ、空に対応しますが、女性は呼ばれます)イサと地球に対応)この戒め(創世記、216-17):庭の木から自由に食べることができます。しかし、善悪の知識の木から食べてはならない。それから食べるとき、あなたは確かに死ぬであろう。彼が食べて生き残ったので、それは続きます(創世記3:22):見よ、人は善と悪の知識において私たちの一人のようになりました。さて、彼が手を差し伸べて生命の木も取り、食べて、永遠に生きないように。そしてヤハウェはパラダイス(二律背反の欠如)から男女の夫婦(スカイアース、原始的な二律背反)を追い出し、そうすることで彼は生きるために働くこと(荒い物体からアーティファクトを得る)と彼女に与えることを非難した神の法の違反のために人間の苦しみを支払うために、両方とも痛みを伴う誕生。暗黙のうちに、課せられた罰は、現在獲得されている事実(鉄器時代)を認識します。仕事に結びついた技術的ノウハウ、および知識に関連する科学的知識は、良くも悪くも、人間の存在の状態を変える可能性があります。

46キリスト論評議会によって列聖された聖師父学の解決策は、キリストにおいて、神と人間の2つの性質を持つ人を描写しています。 人間の本性には、それを区別するすべての特性(イディオム)があり、神聖なものもあります。 意志、強さ、愛、自由意志、知恵、知識などはイディオムに属します。 人間と神の2つの性質があるので、キリストには2つの意志(人間と神)、2つの力(人間と神)などがあります。 イディオムは人間の性質に属し、ある性質から別の性質に移ることはありません。そうしないと、2つの性質が混ざり合ってしまいます。 キリストにおいて、神と人間の本性は肉体的であり、つまり、一方が他方の内側にあり、混ざり合ったり混乱したりすることはありません。 キリストは二つの意志を持っており、神の意志と人間の意志の両方を持っています。

47十字架のキリスト教の象徴は、4つの基本的な点(円の四角形、歴史上の人物)に分解され、水平面(地球、分析的思考、合成的思考)に配置され、矢状面で結合された宇宙スパイラルの幾何学的転置です。 (Axis Mundi)中心点、5番目の点(円への投影が5先の尖った星を形作り、その難解な意味はLeonardo daVinciによるウィトルウィウス人の五角形によって繰り返されます)。 結合され、不動の点(アリストテレスの記憶の動かない発動機)が垂直軸ゼニス-ナディール(宇宙人、象徴的な思想)と交差し、その周りを生と死のスパイラルが周回します。

48電界と磁界は、超低周波磁界のコンテキストで別々に扱われます。それらは人間と生物学的システムに異なる影響を及ぼします。電界と電流は、極低周波磁界への曝露によって体内に誘導されます。体内に誘導された電場と電流は、体自身の電場と電流と相互作用します。これらは、生物学的機能(神経刺激の伝導やイオン電流を介した細胞膜でのシグナル伝達など)で重要な役割を果たします。さらに、超低周波電界は体表面の電流に影響を与えます。一般に、これらのフィールドの効果は、フィールドの強度、フィールドの頻度、フィールド内の体の向き、および人間とフィールドソースの間の距離に依存します。距離が長くなると、フィールドは減少します。外部の超低周波電界は、物体の存在によって歪められ、電荷移動によって物体表面に電界強度を生成します。その強度は、物体のサイズ、形状、部品、接地、および電界内での方向によって異なります。電気的表面充電、例えば皮膚の表面と髪の毛は、静電界のように発生します。電界強度に応じて、これらの表面効果は、微小放電と髪の毛の動きによって知覚される可能性があり、それらは互いに反発してからまっすぐになります。これらの表面効果に加えて、外部の超低周波電界は、電荷の移動(静電誘導)によって体内で空間的に変化する電荷密度を引き起こします。体内に誘導される電界は、外部の50 Hz / 60Hzの誘導電界よりも数十万から数百万倍弱いです。非常に低い周波数の磁場は、実質的に支障なく体に浸透します。考えられる主な効果は、組織内の磁気的に誘発された電界と体電流(いわゆる渦電流)の刺激効果です(図3)。体自身のフィールドは、最大10 mA / m2の電流密度を持っています。さらに高い電流密度が心筋と脳に局所的に発生します。外部電界によって生成された電流は、皮膚または眼の感覚受容器によって10 mA / m2を超える電流密度でのみ知覚可能であり、繰り返し曝露された場合に刺激または障害を引き起こす可能性があります。神経、骨格筋、または心筋の刺激による急性の健康リスクは、電流密度が100 mA / m2を超える局所的に誘発された場によってのみ引き起こされます。

49See: Giuliano Preparata https://en.wikipedia.org/wiki/Giuliano_Preparata

50See: Emilio Del Giudice https://en.wikipedia.org/wiki/Emilio_Del_Giudice

51Padma-Sambhava teachings, The Knowing of the Mind in Its Self-Identifying, Self-Realizing, Self-Liberating Reality http://www.holybooks.com/wp-content/uploads/The-Tibetan-Book-of-the-Great-Liberation-Padma-Sambhava.pdf

52閉じ込め状態とは、それが形成する関係の文脈からそれを区別および/または区別できるようにするなど、ある程度の生存(共鳴の条件)を備えた相関システムのすべての構造化プロセスを意味します 。

53意識に恵まれた人間の心のすべての情報は、高次の超空間場(神経心理生理学的事象-地平線)の表面でホログラフィックスピン波干渉パターン(フォノンおよび光子干渉パターンによって運ばれる)として運ばれ、変換され、伝達されます 、脳の中間電磁界と非局所的に共鳴します。 その中のすべての目に見える構造と目に見えない構造を含む宇宙全体は、本質的にホログラムです。 電気力学の基本法則によれば、そのような情報は、スピン位相共役適応共鳴によって、あるフラクタルが関与する場から別の場に伝達することができます。

54Cited in: Sandoval, J. M., Knapp, J. C. (2017) Psychology as the Discipline of Interiority, Taylor & Francis, p. 71.

55研究者たちは、人間の細胞を含む羊の胚の成長に成功しました。これは、臓器移植を必要とする多くの患者の命をいつか救うかもしれない画期的な出来事です。 カリフォルニア大学デービス校のPabloRossらは、テキサスで開催された2018 American Association for the Advancement of Scienceの会議で、人間の細胞で羊の胚を成長させたと発表しました。 研究者たちは、膵臓を発達させない動物の胚を作り出すためにゲノム編集技術を使用しています。 目的は、これらの胚に導入されたヒト細胞が成長して、失われた臓器を置き換えることです(例[177]を参照)。

Conflicts of Interest

The authors declare no conflicts of interest.

References

[1]

Groth-Marnat, G. (1989) The Near-Death Experience. A Review and Critique. Journal of Humanistic Psychology, 29, 109-133.
http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177
/0022167889291008
https://doi.org/10.1177/0022167889291008

[2]

Becker, E. (2010) Birth and Death of Meaning, Chapter IV. Simon and Schuster, Riverside.

[3]

Timmermans, S. (1999) Sudden Death and the Myth of CPR, Introduction. Temple University Press, Philadelphia, 6.
http://www.temple.edu/tempress/titles/1388_reg.html

[4]

Penny Sartori, R.G.N., et al. (2006) A Prospectively Studied Near-Death Experience with Corroborated Out-of-Body Perceptions and Unexplained Healing. Journal of Near-Death Studies, 25, 69-84.
http://inicia.es/de/luisfountain/archivos/a-prosp
ectively-studied-nde.pdf

[5]

Hou, Y., et al. (2013) Infre-quent near Death Experiences in Severe Brain Injury Survivors—A Quantitative and Qualitative Study. Annals of Indian Academy of Neurology, 16, 75-81.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3644787/
https://doi.org/10.4103/0972-2327.107715

[6]

Hardham, V. (1996) Embedded and Embodied in the Therapeutic Relationship: Understanding the Therapist’s Use of Self Systemically. In: Flaskas, C. and Perlsez, A., Eds., The Therapeutic Relationship in Systemic Therapy, Chapter 4, Karnac, London, 71-89.
https://www.scribd.com/document/128470559/Th
e-Therapeutic-Relationship-in-Systemic-Therapy-Sy
stemic-Thinking-and-Practice-Series

[7]

Mays, R.G. and Mays, S.B. (2017) NDEs and the Neural Correlates of Consciousness. International Association for Near-Death Studies Conference, Westminster, Colorado.
https://www.researchgate.net/publication/3198759
69_NDEs_and_the_Neural_Correlates_of_Consciousn
ess_-_IANDS_2017_Conference

[8]

Greyson, B. (1983) The Near-Death Experience Scale. Construction, reliability, and Validity. The Journal of Nervous and Mental Disease, 171, 369-375.
http://www.newdualism.org/nde-papers/Greyson/Greyso
n-The%20Journal%20of%20Nervous%20and%20M
ental%20Disease_1983-171-369-375.pdf
https://doi.org/10.1097/00005053-198306000-00007

[9]

Lange, R., Greyson, B. and Houran, J. (2004) A Rasch Scaling Validation of a ‘Core’ Near-Death Experience. British Journal of Psychology, 95, 161-177.
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/downl
oad?doi=10.1.1.533.9592&rep=rep1&type=pdf
https://doi.org/10.1348/000712604773952403

[10]

Varela, F. (2002) Consciousness in the Neurosciences—A Conversation of Sergio Benvenuto (1) with Francisco Varela. European Journal of Psychoanalysis, 14.
http://www.psychomedia.it/jep/number14/varela.htm

[11]

Aspell, J.E. and Blanke, O. (2009) Understanding the Out-of-Body Experience from a Neuroscientific Perspective. In: Murray, C.D., Ed., Psychological Scientific Perspectives on out of Body and Near Death Experiences, Chapter 5, Nova Science Publishers, New York, 73-88.
https://infoscience.epfl.ch/record/154802/files/200
9_Aspell(chap)_understanding%20the%20obe%20
from%20a%20neuroscientific%20perspective.pdf

[12]

Van Lommel, P. (2006) Near-Death Experience, Consciousness, and the Brain. World Futures, 62, 134-151.
http://deanradin.com/evidence/vanLommel2006.pdf
https://doi.org/10.1080/02604020500412808

[13]

Shemie, S.D., et al. (2014) International Guideline Development for the Determination of Death. Intensive Care Medicine, 40, 788-797.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4028548
https://doi.org/10.1007/s00134-014-3242-7

[14]

DeGrazia, D. (2017) The Definition of Death. The Stanford Encyclopedia of Philosophy, Edward N. Zalta (ed.).
https://plato.stanford.edu/archives/spr2017/entries/death-definition/

[15]

Parnia, S., et al. (2014) AWARE—AWAreness during REsuscitation—A Prospective Study. Resuscitation Journal, 85, 1799-1805.
http://www.horizonresearch.org/Uploads/Journal_Resuscitation__2_.pdf
https://doi.org/10.1016/j.resuscitation.2014.09.004

[16]

Blanke, O. and Mohr, C. (2005) Out-of-Body Experience, Heautoscopy, and Autoscopic Hallucination of Neurological Origin. Implications for Neurocognitive Mechanisms of Corporeal Awareness and Self Consciousness. Brain Research Reviews, 50, 184-199.
https://doi.org/10.1016/j.brainresrev.2005.05.008
https://pdfs.semanticscholar.org/4c20/7c40a83847faea9
2d35a8135f8907fc560f1.pdf

[17]

Ward, D. and Stapleton, M. (2012) Es Are Good: Cognition as Enacted, Embodied, Embedded, Affective and Extended. In: Pagliari, F., Ed., Consciousness in Interaction. The Role of the Natural and Social Context in Shaping Consciousness, Advances in Consciousness Research, John Benjamins Publishing Company, Philadelphia, 89-104.
https://doi.org/10.1075/aicr.86.06war
https://www.academia.edu/648508/Es_are_Good_
Cognition_as_Enacted_Embodied_Embedded_Affective_and_Extended

[18]

Messori, C. (2016) Intelligence vs. Artificial Intelligence: The King Is Naked. Open Access Library Journal, 3, 1-37.
https://doi.org/10.4236/oalib.1103115
https://www.scirp.org/Journal/PaperInformation.aspx?PaperID=72003

[19]

Kelly, E.W. (2001) Near-Death Experiences with Reports of Meeting Deceased People. Death Studies, 25, 229-249.
https://doi.org/10.1080/07481180125967
https://med.virginia.edu/perceptual-studies/wp-content/uploads/sites/267/2015/11/KEL13-NDEwithReports-of-Meeting-Deceased-People.pdf

[20]

SHI TRO, Commentary by Ven. Khenchen Palden Sherab Rinpoche and Khenpo Tsewang Dongyal Rinpoche to the Text by Karma Lingpa, The Profound Dharma of Self-Liberation through the Mind of the Peaceful and Wrathful, Part III, The Bard of Meditation—The Bard of the Moment of Death, Translation by Thupten Nyima.
https://www.scribd.com/document/20435024/SHI-
TRO-parte-III-Il-bardo-della-meditazione-e-il-bardo
-del-momento-della-morte-I-parte

[21]

Van Lommel, P., et al. (2001) Near-Death Experience in Survivors of Cardiac Arrest: A Prospective Study in the Netherlands. The Lancet, 358, 2039-2045.
http://www.thelancet.com/journals/lancet/artic
le/PIIS0140-6736(01)07100-8/fulltext
https://doi.org/10.1016/S0140-6736(01)07100-8

[22]

Pollack, R.A., et al. (2018) Impact of Bystander Automated External Defibrillator Use on Survival and Functional Outcomes in Shockable Observed Public Cardiac Arrests. Circulation, 137, 2104-2113.
http://circ.ahajournals.org/content/early/2018/
02/21/CIRCULATIONAHA.117.030700
https://doi.org/10.1161/CIRCULATIONAHA.117.030700

[23]

Maehle, A.-H. (2014) The Powers of Suggestion: Albert Moll and the Debate on Hypnosis. History of Psychiatry, 25, 3-19.
http://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.1177/09
57154x13500596
https://doi.org/10.1177/0957154X13500596

[24]

Ring, K. (1980) Life at Death: A Scientific Investigation of the Near-Death Experience. Coward, McCann & Geoghenan, New York.

[25]

Lutz, A., Greischar, L.L., et al. (2004) Long-Term Meditators Self-Induce High-Amplitude Gamma Synchrony during Mental Practice. The Proceedings of the National Academy of Sciences USA, 101, 16369-16373. https://doi.org/10.1073/pnas.0407401101
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC526201/

[26]

Lagopoulos, J., et al. (2009) Increased Theta and Alpha EEG Activity during Nondirective Meditation. The Journal of Alternative and Complementary Medicine, 15, 1187-1192.
https://doi.org/10.1089/acm.2009.0113
http://online.liebertpub.com/doi/abs/10.1089/a
cm.2009.0113?journalCode=acm

[27]

Holde, J.M., et al. (2011) Teaching about Near-Death Experiences: The Effectiveness of Using ‘The Day I Died’. OMEGA, 63, 373-388.
http://academic.csuohio.edu/kneuendorf/c3
2117/Holdenetal11.pdf
https://doi.org/10.2190/OM.63.4.e

[28]

Pasricha, S. (1993) A Systematic Survey of Near-Death Experiences in South India. Journal of Scientific Exploration, 7, 161-171.
https://www.scientificexploration.org/docs/7/jse_07_2_pasricha.pdf

[29]

Messori, C. (2017) From Enlightenment to Cyborgs. Open Access Library Journal, 4, 1-46.
http://www.oalib.com/articles/5290767#.WpptIB3OXMw

[30]

Tiryakian, E.A. (1972) Toward the Sociology of Esoteric Culture. American Journal of Sociology, 78, 491-512.
https://doi.org/10.1086/225361
https://www.jstor.org/stable/2776304?newaccou
nt=true&read-now=1&seq=1#metadata_info_tab_contents

[31]

Greyson, B. (2006) Near Death Experiences and Spirituality. Journal of Religion & Science, 41, 393-414.
https://doi.org/10.1111/j.1467-9744.2005.00745.x
http://spiritualscientific.com/yahoo_site_admin/assets/docs/GreysonNDEandSpirituality.79194349.pdf

[32]

SHI TRO, Commentary by Ven. Khenchen Palden Sherab Rinpoche and Khenpo Tsewang Dongyal Rinpoche to the text by Karma Lingpa, The Profound Dharma of self-liberation through the Mind of the Peaceful and Wrathful, Part IV, Translation by Thupten Nyima.
http://it.scribd.com/doc/29441669/SHI-TRO-parte-IV-Il
-bardo-del-momento-della-morte-II%C2%B0-parte

[33]

Persinger, M.A. and St-Pierre, L.S. (2011) The Biophysics at Death: Three Hypotheses with Potential Application to Paranormal Phenomena. NeuroQuantology, 9, 36-40.
https://www.neuroquantology.com/index.php/journal
/article/view/388
https://doi.org/10.14704/nq.2011.9.1.388

[34]

Bòkkon, I. and Salari, V. (2012) Hypothesis about Brilliant Lights by Bioluminescent Photons in Near Death Experiences. Medical Hypoteses, 79, 47-49.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22543076
https://doi.org/10.1016/j.mehy.2012.03.028

[35]

Dotta, B.T., et al. (2011) Photon Emissions from Human Brain and Cell Culture Exposed to Distally Rotating Magnetic Fields Shared by Separate Light-Stimulated Brains and Cells. Brain Research, 1388, 77-88.
http://www.5mp.eu/fajlok/bokkon-brain-imagery/
persinger_2011_brain_res_www.5mp.eu_.pdf
https://doi.org/10.1016/j.brainres.2011.03.001

[36]

Hu, H. and Wu, M. (2011) Important Photon Emission Results Reported by Michael Persinger’s Group. Journal of Consciousness Exploration & Research, 2, 1555-1556.
http://file:///C:/Users/eeePC/Downloads/192-592-1-PB.pdf

[37]

Primas, H. (2009) Complementary of Mind and Matter. In: Primas, H. and Atmanspacher, H., Eds., Recasting Reality, Springer, Berlin, 178.
https://www.researchgate.net/publication/252490173_Recasting_Reality
https://doi.org/10.1007/978-3-540-85198-1_9

[38]

Pollack, R. (2015) Eugenics Lurk in the Shadow of CRISPR. Science, 348, 871.
http://www.columbia.edu/cu/biology/pdf-files/faculty/
pollack/2015%20Pollack%20R.%20_CRISPR%
20eugenics_%20Science.pdf
https://doi.org/10.1126/science.348.6237.871-a

[39]

Goldenfeld, N., Kadanoff, L. P. (1999) Simple Lessons from Complexity. Science, 284, 87-89.
http://guava.physics.uiuc.edu/~nigel/articles/complexity.html
https://doi.org/10.1126/science.284.5411.87

[40]

Witze, A. (2018) Signs of Buried Lake on Mars Tantalize Scien-tists. Nature, 560, 13-14.
https://doi.org/10.1038/d41586-018-05795-6
https://www.nature.com/magazine-assets/d41586-
018-05795-6/d41586-018-05795-6.pdf

[41]

Tartèse, R., et al. (2018) Insights into the Origin of Carbonaceous Chondrite Organics from Their Triple Oxygen Isotope Composition. Proceedings of the National Academy of Sciences, 115, 1-5.
https://doi.org/10.1073/pnas.1808101115
https://www.researchgate.net/publication/3268
43842_Insights_into_the_origin_of_carbonaceous_ch
ondrite_organics_from_their_triple_oxygen_isotope_composition

[42]

Ros-enblum, B. and Kuttner, F. (2000) The Observer in the Quantum Experiment.
https://arxiv.org/ftp/quant-ph/papers/0011/0011086.pdf

[43]

Schwartz, J.M., Stapp, H.P. and Beauregard, M. (2005) Quantum Physics in Neuroscience and Psychology: A Neurophysical Model of Mind-Brain Interaction. Philosophical Transactions of the Royal Society B, 360, 1309-1327.
https://arxiv.org/ftp/q-bio/papers/0401/0401019.pdf
https://doi.org/10.1098/rstb.2004.1598

[44]

Messori, C. (2016) From Continuity to Contiguity. On the Genesis of Consciousness, Culture and Oral Language (Part I-II-III-IV). Journal of Consciousness Exploration & Research, 7, 163-228.
https://www.researchgate.net/publication/295857703_
From_Continuity_to_Contiguity_On_the_genesis_of_consc
iousness_culture_and_oral_language_Part_I_of_IV

[45]

Messori, C. (2012) A Cosmogonic Model of Human Con-sciousness: Part I-II-III-IV. Journal of Consciousness Exploration & Research, 3, 1149-1208.
https://www.researchgate.net/publication/255696726_
A_Cosmogonic_Model_of_Human_Consciousness

[46]

Messori, C. (2000) Il Sole e la Luna. Sulla Natura dei Simboli e della Mente Umana. Federico Ceratti Editore, Milan, Italy.

[47]

Messori, C. (2004) Le Metamorfosi della Meraviglia. Riflessioni sui Percorsi della Conoscenza dall’Età del Bronzo ad Oggi. Maremmi Editori Firenze Libri, Florence, Italy.

[48]

Messori, C. (2011) Cells, Neurons, and Qualia: The Holographic Strange Attractor Model. Journal of Consciousness Exploration and Research, 2, 1417-1437.
https://www.researchgate.net/publication/255696668
_Cells_Neurons_and_Qualia_The_Holographic_Strange_Attractor_Model

[49]

Messori, C. (2012) Dalla Facoltà Acustico-Musicale alle Origini del Linguaggio Orale Fino al Predominio della Cavità Orale che Genera il Mondo sulla Cavità Uterina che Genera la Vita. Il Minotauro, Persiani Editore, Bologna, 2, 6-43.

[50]

de Sá-Nogueira Saraiva, R. (2006) Classic Ethology Reappraised. Behavior and Philosophy, 34, 89-107.
http://behavior.org/resources/184.pdf

[51]

de Sá-Nogueira Saraiva, R. (2010) Evolutionary Psychology of the I/Me and the Idea of the Immortal Soul. Revista Portuguesa de Filosofia, 66, 945-962.
http://static1.1.sqspcdn.com/static/f/811206/2105
7453/1353682695240/Evolutionary+Psychology.p
df?token=o%2FBPxfwbz5zuBG%2BBp5zO9LYe4KM%3D

[52]

Ilya Prigogine, I. (1981) From Being to Becoming: Time and Complexity in the Physical Sciences. W. H. Freeman & Co., New York.

[53]

Di Corpo, U. and Vannini, A. (2012) Syntropy: The Energy of Life. Kindle Edition.

[54]

Vannini, A. (2005) Entropy and Syntropy. From Mechanical to Life Science. NeuroQuantology Journal, 3, 88-110.
https://www.neuroquantology.com/index.php/jou
rnal/article/view/64/64

[55]

Maturana, H.R. and Poerksen, B. (2004) From Being to Doing: The Origins of the Biology of Cognition. Carl Auer, Heidelberg.

[56]

Maturana, H.R., Mpodozis, J. and Letelier, J.C. (1995) Brain, Language, and the Origin of Human Mental Functions. Biological Research, 28, 15-26.

[57]

Rosen, R. (1978) Fundamentals of Measurement and Representation of Natural Systems. North Holland, New York.

[58]

Rosen, R. (1991) Life Itself: A Comprehensive Inquiry into the Nature, Origin, and Fabrication of Life. Columbia University Press, Columbia.

[59]

Rosen, R. (2012) Anticipatory Sistems. Philosophical, Mathematical and Methodological Foundations. 2nd Edition, Springer, Berlin.

[60]

King, C.C. (1989) Dual-Time supercausality. Physics Essays, 2, 128-151.
https://pdfs.semanticscholar.org/c91b/930170ccd
a8e63aab2e4790fe6d27291553d.pdf
https://doi.org/10.4006/1.3035859

[61]

King, C.C. (1996) Fractal Neurodyamics and Quantum Chaos: Resolving the Mind-Brain Paradox through Novel Biophysics. In: Fractals of Brain Fractals of Mind, Advances in Consciousness Research 7, John Benjamins Publishing Company, Amsterdam, 179-234.
https://pdfs.semanticscholar.org/8238/e016a219eb
04b5eb08e2db9cb74d8672eb0d.pdf

[62]

Varela, F.J., Thompson, E. and Rosch, E. (1992) The Embodied Mind: Cognitive Science and Human Experience. The MIT Press, Cam-bridge.
https://monoskop.org/images/b/b2/Varela_Thompson_Rosch_-_The_Embodied_Mind_Cognitive_Science_and_Human_Experience.pdf

[63]

Messori, C. (2018) The Super-Coherent State of Biological Water. Labirinto d’Acque 2018-International Conference and Exhibition, Parma, 21-24 March 2018.
https://www.researchgate.net/publication/326225414
_The_super-coherent_state_of_biological_water

[64]

Jung, C.G. (2015) Collected Works of C. G. Jung. Routledge, Abingdon-on-Thames.

[65]

Huelga, S.F. and Plenio, M.B. (2013) Vibrations, Quanta and Biology. Contemporary Physics, 54, 181-207.
https://arxiv.org/abs/1307.3530
https://doi.org/10.1080/00405000.2013.829687

[66]

Streltsov, A., et al. (2015) Measuring Quantum Coherence with Entanglement. Physical Review Letters, 115, 1-8.
https://arxiv.org/pdf/1502.05876.pdf

[67]

Collini, E., et al. (2010) Coherently Wired Light-Harvesting in Photosynthetic Marine Algae at Ambient Temperature. Nature, 463, 644-647.
https://doi.org/10.1038/nature08811

[68]

Engel, G.S., et al. (2007) Evidence for Wavelike Energy Transfer through Quantum Coherence in Photosynthetic Systems. Nature, 446, 782-786.
https://doi.org/10.1038/nature05678

[69]

Peters, J.F., Tozzi, A. and Eva, D. (2017) Towards Equations for Brain Dynamics and the Concept of Extended Connectome. SciFed Journal of Neuroscience, 1, 1-9.
http://www.scifed.com/open-access/towards-equations
-for-brain-dynamics-and-the-concept-of-extended-connectome.pdf

[70]

Faure, P. and Korn, H. (2001) Is There Chaos in the Brain? Concepts of Nonlinear Dynamics and Methods of Investigation. Life Sciences, 324, 773-793.
http://fge.if.usp.br/~reynaldo/verao/caos2.pdf

[71]

Freeman, W.J. and Vitiello, G. (2015) Matter and Mind Are Entangled in EEG Amplitude Modulation and Its Double. University California, Berkeley, USA.

[72]

Aihara, K. (1997) Chaos in Neural Networks. In: Grebogi, C. and Yorke, J.A., Eds., The Impact of Chaos on Science and Society, United Nations University Press, Tokyo, 394 p.
http://www.nzdl.org/gsdlmod?e=d-00000-00---off-0cdl
--00-0----0-10-0---0---0direct-10---4-------0-1l--11-e
n-50---20-about---00-0-1-00-0-0-11-1-0utfZz-8-00-0-
0-11-10-0utfZz-8-00&a=d&c=cdl&cl=CL4.178&d=H
ASH014b485d6b46632c9aaa4d26.7#HASH014b485d6b46632c9aaa4d26.7

[73]

Freeman, W.J. and Vitiello, G. (2010) Vortices in the Brain Waves. International Journal of Modern Physics B, 24, 3269-3295. https://arxiv.org/pdf/0802.3854.pdf

[74]

Zerroug, A., Terrissa, L. and Faure A. (2013) Chaotic Dynamical Behavior of Recurrent Neural Network. Annual Review of Chaos Theory. Bifurcations and Dynamical Systems, 4, 55-66.
http://arctbds.com/volume4/arctbds_submission_26.pdf

[75]

Rosen, R. (1985) Anticipatory Sistems. Philosophical, Mathematical and Methodological Foundations. 2nd Edition, Springer, Berlin.

[76]

Viana, R.L., et al. (2009) Riddled Basins in Complex Physical and Biological Systems. Journal of Computational Interdisciplinary Sciences, 1, 73-82.
https://doi.org/10.6062/jcis.2009.01.02.0007

[77]

Ott, E., et al. (1994) The Transition to Chaotic Attractors with Riddled Basins. Physica D: Nonlinear Phenomena, 76, 384-410.
https://doi.org/10.1016/0167-2789(94)90047-7

[78]

Bohm, D. (1996) Universo m.ente material. [Wholeness and the Implicate Order.] Red Edizioni, Italy, 11-16.

[79]

Tozzi, A., Peters, J.F., et al. (2017) Topodynamics of Metastable Brains. Physics of Life Review, 21, 1-20.
https://doi.org/10.1016/j.plrev.2017.03.001
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1
571064517300520?via%3Dihub

[80]

Thornburg, J. (2007) Event and Apparent Horizon Finders for 3 + 1 Numerical Relativity. Living Reviews in Relativity, 10, 3.
http://arxiv.org/pdf/gr-qc/0512169v2.pdf
https://doi.org/10.12942/lrr-2007-3

[81]

Adamski, A.G. (2011) Bioplasma Concept of Consciousness. NeuroQuan-tology, 9, 681-691.
https://doi.org/10.14704/nq.2011.9.4.382
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.841.4586&rep=rep1&type=pdf

[82]

Haas, A.S. (2011) The Nature of the Relation between Psychology and Physics: An Ar-gument for a Central Role of Electromagnetism in Thought and Behavior. NeuroQuantology, 9, 892-909.
https://doi.org/10.14704/nq.2011.9.4.487
https://pdfs.semanticscholar.org/e098/f0082be5250df78dfcf078811e13a90abc67.pdf

[83]

Belova, N.A. and Acosta-Avlos, D. (2015) The Effect of Extremely Low Frequency Alternating Magnetic Field on the Behavior of Animals in the Presence of the Geomagnetic Field. Journal of Biophysics, 2015, Article ID: 423838.
https://www.hindawi.com/journals/jbp/2015/423838/

[84]

Fels, D. (2016) Physical Non-Contact Com-munication between Microscopic Aquatic Species: Novel Experimental Evidences for an Interspecies Information Exchange. Journal of Biophysics, 2016, Article ID: 7406356.
https://www.hindawi.com/journals/jbp/2016/7406356/
https://doi.org/10.1155/2016/7406356

[85]

Vanderstraeten, J. and Gillis, P. (2010) Theoretical Evaluation of Magnetoreception of Power-Frequency Fields. Bioelectromagnetics, 31, 371-379.
https://docslide.net/documents/theoretical-evaluati
on-of-magnetoreception-of-power-frequency-fields.html
https://doi.org/10.1002/bem.20568

[86]

Zhadin, M.N. (2001) Review of Russian Literature on Biological Action of DC and Low-Frequency AC Magnetic Fields. Bioelectromagnetics, 22, 27-45.
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/152
1-186X%28200101%2922%3A1%3C27%3A%3AAID-
BEM4%3E3.0.CO%3B2-2#
https://doi.org/10.1002/1521-186X(200101)22:1<2
7::AID-BEM4>3.0.CO;2-2

[87]

Galland, P. and Pazur, A. (2005) Magnetoreception in Plants. Journal of Plant Research, 118, 371-89.
https://doi.org/10.1007/s10265-005-0246-y
https://www.readbyqxmd.com/read/16283069/magnetoreception-in-plants

[88]

Puthoff, H. and Targ, R. (1974) Psychic Research and Modern Physics. In: Mitchell, E.D. and White, J., Eds., Psychic Exploration: A Challenge for Science, G. P. Putnam’s & Sons, New York, 536-538.

[89]

Amoroso, R.L. (1996) The Production of Fr?hlich and Bose-Einstein Coherent States in Vitro Paracrystaline Oligomers Using Phase Control Laser Interferometry. Bioelectrochemistry and Bioenergetics, 41, 39-42.
https://www.researchgate.net/publication/228914684
_The_production_of_Frohlich_and_Bose-Einstein_cohere
nt_states_in_in_vitro_paracrystalline_oligomers_using
_phase_control_laser_interferometry
https://doi.org/10.1016/0302-4598(96)01925-3

[90]

Reimers J.R., et al. (2009) Weak, Strong, and Coherent Regimes of Fr?hlich Condensation and Their Applications to Terahertz Medicine and Quantum Consciousness. PNAS, 106, 4219-4224.
http://www.pnas.org/content/106/11/4219

[91]

Preto, J. (2012) Semi-Classical Statistical Approach to Fr?hlich Condensation Theory. arXiv: 1203.2006.

[92]

Mesquita, M.V., Vasconcellos, A.R. and Luzzi, R. (2004) Considerations on Undistorted-Progressive X-Waves and Davydov Solitons, Fr?hlich-Bose-Einstein Condensation, and Cherenkov-Like Effect. Biosystems Brazilian Journal of Physics, 34, 489-503.
http://www.sbfisica.org.br/bjp/files/v34_489.pdf

[93]

Banerjee, A., et al. (2015) Proximate Kitaev Quantum Spin Liquid Behaviour in α-RuCl3. Nature Materials, 15, 733-740.
https://arxiv.org/abs/1504.08037

[94]

Wessels, P., et al. (2016) Direct Observation of Isolated Damon-Eshbach and backward Volume Spin-Wave Packets in Ferromagnetic Microstripes. Scientific Reports, 6, Article ID: 22117.
https://www.nature.com/articles/srep22117

[95]

Brizhik, L.S., Musumeci, F. and Ho, M.-W. (2003) Energy and Information Transfer in Biological Systems: How Physics Could Enrich Biological Understanding. Proceedings of the International Workshop. Acireale, Catania, Italy.

[96]

Dulbecco, R. (1950) Experiments on Photoreactivation of Bacteriophages Inactivated with Ultraviolet Radiation. Journal of Bacteriology, 59, 329-347.
https://jb.asm.org/content/jb/59/3/329.full.pdf

[97]

Wilhelm, T. and Hanggi, P. (1999) What Can Be Stated by the Glansdorff-Prigogine Criterion Concerning the Stability of Mass-Action Kinetic Systems? Journal of Chemical Physics, 110, 6128-6134.
https://pdfs.semanticscholar.org/2805/88ec818194b1350e9fcf70fdb0fad2964769.pdf

[98]

Rousseau, D. (2011) Near-Death Experiences and the Mind-Body Relationship: A SystemsTheoretical Perspective. Journal of Near-Death Studies, 29, 399-435.
https://pdfs.semanticscholar.org/4c47/1c5a6c722ce4728a48153cdb87f25195e751.pdf

[99]

Fracasso, C. and Friedman, H. (2011) Near-Death Experiences and the Possibility of Disembodied Consciousness. NeuroQuantology, 9, 41-53.
https://www.google.it/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=we
b&cd=13&ved=0ahUKEwjAhtrU0NnZAhVBzaQKHf6FCQ44ChAWC
DcwAg&url=http%3A%2F%2Fneuroquantology.com%2Findex.php%2Fjournal%2Far
ticle%2Fdownload%2F389%2F378%2526h%253DHAQFDYrTn&u
sg=AOvVaw2vNM8cE7a8N8XogPzbeU2U
https://doi.org/10.14704/nq.2011.9.1.389

[100]

Sartori, P., Badham, P. and Fenwick, P. (2006) A Prospectively Studied Near-Death Experience with Corroborated Out-of-Body Perceptions and Unexplained Healing. Journal of Near-Death Studies, 25, 69-84.
http://inicia.es/de/luisfountain/archivos/a-pro
spectively-studied-nde.pdf

[101]

Mays, R.G. and Mays, S.B. (2015) The Importance of Veridical Perceptions and Veridical Information in Near-Death Experiences. International Association for Near-Death Studies Conference, San Antonio, Texas.
https://www.researchgate.net/publication/28527055
1_The_Importance_of_Veridical_Perceptions_and_Veridi
cal_Information_in_Near-
Death_Experiences

[102]

Martini, C.M. (1980) Il Problema storico della risurrezione negli studi recent. [The Historical Problem of Resurrection in Recent Studies.] Gregorian Biblical BookShop, Analecta Grego-riana, 104, 32.

[103]

Auxéméry, Y. (2013) The “Near-Death Experience” during Comas: Psychotraumatic Suffering or the Taming of Reality? Medical Hypotheses, 81, 379-382.
http://www.medical-hypotheses.com/article/
S0306-9877(13)00250-8/fulltext

[104]

Zhu, R., et al. (2018) Spatial Multiplexing Reconstruction for Fourier-Transform Ghost Imaging via Sparsity Constraints. Optics Express, 26, 2181-2190.
http://proxy.osapublishing.org/DirectPDFAccess/6A924
18B-C645-DE81-37CF76C3C2971DD4_380954/oe-26-3-
2181.pdf?da=1&id=380954&seq=0&mobile=no
https://doi.org/10.1364/OE.26.002181

[105]

Zhang, Y., et al. (2016) A Novel Compressed Sensing Method for Magnetic Resonance Imaging: Exponential Wavelet Iterative Shrinkage-Thresholding Algorithm with Random Shift. International Journal of Biomedical Imaging, 2016, Article ID: 9416435.
https://www.hindawi.com/journals/ijbi/2016/9416435/

[106]

Carvalho-Santos, V.L., Elías, R.G. and Nunez, A.S. (2015) Spin Wave Vortex from the Scattering on Bloch Point Solitons. Annals of Physics, 363, 364-370.
http://repositorio.uchile.cl/bitstream/handle/
2250/136368/Spin-wave-vortex.pdf;sequence=1
https://doi.org/10.1016/j.aop.2015.10.005

[107]

Gertz, F., et al. (2014) Magnonic Holographic Memory. IEEE Transactions on Magnetics, 51, 1-12.
https://doi.org/10.1109/TMAG.2014.2362723
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi
=10.1.1.896.668&rep=rep1&type=pdf

[108]

Tozzi, A., Peters, J.F. and Jau?ovec, N. (2018) EEG Dynamics on Hyperbolic Manifolds. Neuroscience Letters, 683, 138-143.
https://www.researchgate.net/publication/32334
3253_THE_MANIFOLD_OF_LIFE_THE_MATH_SUBT
ENDING_LIVING_BEINGS’_DYNAMICS
https://doi.org/10.1016/j.neulet.2018.07.035

[109]

Tozzi, A. (2016) Borsuk-Ulam Theorem Extended to Hyperbolic Spaces. In: Peters, J.F., Ed., Computational Proximity. Excursions in the Topology of Digital Images, Springer-Verlag, Berlin, 169-171.

[110]

Tozzi, A. and Peters, J.F. (2016) Towards a Fourth Spatial Dimension of Brain Activity. Cognitive Neurodynamics, 10, 189-199.
https://doi.org/10.1007/s11571-016-9379-z

[111]

Nouri, F.M., et al. (2008) Electromagnetic After-Effects of Near-Death Experiences. Journal of Near-Death Studies, 27, 83-110.
https://digital.library.unt.edu/ark:/67531/metad
c799170/m2/1/high_res_d/vol27-no2-83.pdf

[112]

Nouri, F.M. (2008) Electromagnetic Aftereffects of Near-Death Experiences.
https://digital.library.unt.edu/ark:/67531/met
adc9054/m2/1/high_res_d/dissertation.pdf

[113]

Fracasso, C. and Friedman, H. (2012) Electromagnetic Aftereffects of Near-Death Experiences: A Preliminary Report on a Series of Studies Currently Under Way. Journal of Transpersonal Research, 4, 34-55.
https://www.researchgate.net/profile/Cheryl_Fra
casso/publication/278965261_Electromagnetic_Afte
reffects_of_Near-Death_Experiences_A_Preliminary_
Report_on_a_Series_of_Studies_Currently_Underway
/links/5588412008ae8c4f340639c2/Electromag
netic-Aftereffects-of-Near-Death-Experiences-A-P
reliminary-Report-on-a-Series-of-Studies-Currently-Underway.pdf

[114]

Greyson, B., et al. (2015) Electromagnetic Phenomena Reported by Near-Death Experiencers. Journal of Near-Death Studies, 33, 213-243.
https://pdfs.semanticscholar.org/6c57/806553
3b927d4e609718de9a2572299bc817.pdf

[115]

Blalock, S., et al. (2016) Electromagnetic and Other Environmental Effects Following Near-Death Experiences: A Primer. Journal of Near-Death Studies, 33, 181-211.

[116]

Ziemssen, T. and Kern, S. (2007) Psychoneuroimmunology—Cross-Talk between the Immune and Nervous Systems. Journal of Neurology, 254, II/8-II/11.
https://www.researchgate.net/publication/63
29468_Psychoneuroimmunology_-_Cross-talk
_between_the_immune_and_nervous_systems
https://doi.org/10.1007/s00415-007-2003-8

[117]

Tausk, F., et al. (2008) Psychoneuroimmunology. Dermatologic Therapy, 21, 22-31.
http://www.google.it/url?q=http://onlinelibrary
.wiley.com/doi/10.1111/j.1529-8019.2008.0016
6.x/pdf&sa=U&ved=0ahUKEwjorfqDs8DdAhW
RuIsKHTjLBLMQFgglMAk&usg=
AOvVaw0HSntxHMFXzYHmBvLGeS2M
https://doi.org/10.1111/j.1529-8019.2008.0
0166.x

[118]

Honeyman, J.F. (2016) Psychoneuroimmunology and the Skin. Acta Dermato-Venereologica, 217, 38-46.
http://www.google.it/url?q=https://www.medical
journals.se/acta/content_files/download.php%3Fdoi%
3D10.2340/00015555-2376&sa=U&ved=0ahUKE
wjorfqDs8DdAhWRuIsKHTjLBLMQFggSMAE&
usg=AOvVaw2VOIKDYjpedj-hqQzIok0b

[119]

Hillert, L. (2001) Hypersensitivity to Electricity; Symptoms, Risk Factors and Thera-peutic Interventions. Karolinska University Press, Sweden.
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?d
oi=10.1.1.1000.5868&rep=rep1&type=pdf

[120]

Tseng, M.-C.M., et al. (2011) Prevalence and Psychiatric Comorbidity of Self-Reported Electromagnetic Field Sensitivity in Taiwan: A Population-Based Study. Journal of the Formosan Medical Association, 110, 634-641.
https://core.ac.uk/download/pdf/82734017.pdf
https://doi.org/10.1016/j.jfma.2011.08.005

[121]

Tozzi, A. and Peters, J.F. (2016) Brain Low- and High-Frequencies Are Linked through Power Laws and Solidstate Physics. Technical Report.
https://www.researchgate.net/publication/293
651250_Brain_low-_and_high-_frequencies_link
ed_through_power_laws_and_solid-state_physics

[122]

Freund, F. and Stolc, V. (2013) Nature of Pre-Earthquake Phenomena and their Effects on Living Organisms. Animals, 3, 513-531.
http://www.mdpi.com/2076-2615/3/2/513
https://doi.org/10.3390/ani3020513

[123]

St-Laurent, F., et al. (2006) Earthquake Lights and the Stress-Activation of Positive Hole Charge Carriers in Rocks. Physics and Chemistry of the Earth Parts A/B/C, 31, 305-312.
https://doi.org/10.1016/j.pce.2006.02.003
https://www.researchgate.net/publication/
223675852_Earthquake_lights_and_the_stres
s-activation_of_positive_hole_charge_carrier
s_in_rocks

[124]

Pen?uelas, J., et al. (2004) Diamagnetic Susceptibility and Root GrowthResponses to Magnetic Fields in Lens Culinaris, Glycine Soja, and Triticum Aestivum. Electromagnetic Biology and Medicine Journal, 23, 97-112.
http://www.creaf.uab.es/global-ecology/Pdfs_U
EG/penuelas-ebm-Diamagneticsusceptibilityr.pdf
https://doi.org/10.1081/LEBM-200032772

[125]

Kondrachuk’, A.V. and Hasenstein, K.H. (2001) The Effects of HGMFs on the Plant Gravisensing System. Advances in Space Research, 27, 1000-1005.
https://www.academia.edu/26681046/The_effe
cts_of_HGMFs_on_the_plant_gravisensing_system
https://doi.org/10.1016/S0273-1177(01)00167-3

[126]

Pazur, A., Schimek, C. and Galland, P. (2007) Magnetoreception in Microorganisms and Fungi. Central European Journal of Biology, 2, 597-659.
https://www.researchgate.net/publication/215658
422_Magnetoreception_in_microorganisms_and_fungi

[127]

Brizhik, L., et al. (2018) Modeling Meridians within the Quantum Field Theory. Journal of Acupuncture and Meridian Studies, In Press, 8 p.
https://www.jams-kpi.com/article/S2005-2901(18)30076-1/pdf

[128]

Rahman, N.A., et al. (2017) Dielectrophoresis for Biomedical Sciences Applications: A Review. Sensors (Basel), 17, 449. https://doi.org/10.3390/s17030449
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5375735/

[129]

Pethig, R., et al. (2010) Dielectrophoresis: A Review of Applications for Stem Cell Research. Journal of Biomedicine and Biotechnology, 2010, Article ID: 182581.
https://www.researchgate.net/publication/44618612_
Dielectrophoresis_A_Review_of_Applications
_for_Stem_Cell_Research
https://doi.org/10.1155/2010/182581

[130]

Dukhin, A.S., et al. (2014) Peculiarities of Live Cells’ Interaction with Micro- and Nanoparticles. In: Colloid and Interface Science in Pharmaceutical Research and Devel-opment, Elsevier, Amsterdam, 193-222.
https://doi.org/10.1016/B978-0-444-62614-1.00010-7

[131]

Du, E., et al. (2018) Erythrocyte Membrane Failure by Electromechanical Stress. Applied Sciences, 8, 174.
https://doi.org/10.3390/app8020174
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5909407/

[132]

Lu, F., et al. (2018) Review of Stratum Corneum Impedance Measurement in Non-Invasive Penetration Application. Biosensors, 8, 31.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/article
s/PMC6023082/
https://doi.org/10.3390/bios8020031

[133]

Salceanu, A., et al. (2013) Approaches on Measurements of Human Skin Electrical Resistance. Buletinul Institutului Politehnic Din Iasi, LIX (LXIII), 67-78.
http://www.bulipi-eee.tuiasi.ro/archive/2013/fasc.4/
p6_f4_2013.pdf

[134]

Tedeschi, A. (2010) Is the Living Dynamics Able to Change the Properties of Water? International Journal of Design & Nature Ecodynamics, 5, 60-67.
https://www.witpress.com/Secure/ejournals//papers/D&NE050108f.pdf

[135]

Pokorny, J., et al. (2017) Warburg Effect—Damping of Electromagnetic Oscillations. Electromagnetic Biology and Medicine, 36, 270-278.
https://emmind.net/openpapers_repos/Endogeno
us_Fields-Mind/General/EM_Cancer/2017_Warbu
rg_effect_damping_of_electromagnetic_oscillations.pdf
https://doi.org/10.1080/15368378.2017.1326933

[136]

Pokorny, J. (2014) Cancer—Pathological Breakdown of Coherent Energy States. Biophysical Reviews and Letters, 9, 115-133.
https://www.researchgate.net/profile/Jan_Vrba/publ
ication/263805231_CANCER-PAthological_breakdo
wn_of_coherent_energy_states/links/57207e63
08aed056fa236c4d.pdf?disableCoverPage=true
https://doi.org/10.1142/S1793048013300077

[137]

Enami, S. and Colussi, A.J. (2013) Long-Range Specific Ion-Ion Interactions in Hydrogen-Bonded Liquid Films. The Journal of Chemical Physics, 138, Article ID: 184706.
https://pdfs.semanticscholar.org/1917/fa
dacf2b318da1d31b95c489483dd33ab30d.pdf

[138]

Teschke, O., et al. (2001) Interfacial Water Dielectric-Permittivity-Profile Measurements Using Atomic Force Microscopy. Physical Review E, 64, Article ID: 011605.
http://repositorio.unicamp.br/bitstream/R
EPOSIP/60423/1/WOS000169907100061.pdf

[139]

Fumagalli, L., et al. (2018) Anomalously Low Dielectric Constant of Confined Water. Science, 360, 1339-1342.
https://doi.org/10.1126/science.aat4191
https://arxiv.org/ftp/arxiv/papers/1806/1
806.04486.pdf

[140]

Bonthuis, D.J., et al. (2015) Interfacial Layer Effects on Surface Capacitances and Electro-Osmosis in Electrolytes. Philosophical Transactions of the Royal Society, 374, Article ID: 20150033.
http://rsta.royalsocietypublishing.org/conte
nt/374/2060/20150033

[141]

Bonthuis, D.J. (2014) Dielectric Profiles and Ion-Specific Effects at Aqueous Interfaces. Electrostatics of Soft and Disordered Matter, 129-142.
http://www-thphys.physics.ox.ac.uk/peo
ple/DouweBonthuis/documents/2014_Bont
huis_bookchapter.pdf
https://doi.org/10.1201/b15597-13

[142]

Moga, M.M. (2014) Magnetic Field Activity during Psychic Healing: A Preliminary Study with Healing Touch Practitioners. Journal of Nonlocality, III, 1-23.
http://journals.sfu.ca/jnonlocality/index
.php/jnonlocality/article/view/50/53

[143]

Korotkov, K.G., et al. (2010) Application of Electrophoton Capture (EPC) Analysis Based on Gas Discharge Visualization (GDV) Technique in Medicine: A Systematic Review. The Journal of Alternative and Complementary Medicine, 16, 13-25.
https://pdfs.semanticscholar.org/719b/
b390a011237007a897142b1c37930e2d37c5.pdf
https://doi.org/10.1089/acm.2008.0285

[144]

Kostyuk, N., et al. (2011) Gas Discharge Visualization: An Imaging and Modeling Tool for Medical Biometrics. International Journal of Biomedical Imaging, 5, Article ID: 196460.
http://www.hindawi.com/journals/ij
bi/2011/196460/

[145]

Yan, X., et al. (2002) Certain Physical Manifestation and Effects of External Qi of Yan Xin Life Science Technology. Journal of Scientific Exploration, 16, 381-411.
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/downlo
ad?doi=10.1.1.486.3229&rep=rep1&type=pdf

[146]

Yan, X., et al. (1999) Structure and Property Changes in Certain Materials Influenced by the External Qi of Qigong. Material Research Innovations, 2, 349-359.
http://yanxinqigong.cn/papers/MRI90020349.pdf
https://doi.org/10.1007/s100190050113

[147]

Sagi, M. (2016) The New Homeophaty: A New Paradigm in Infor-mation Medicine. World Futures, 72, 1-16.
https://dokumen.tips/documents/informa
tion-medicine-the-new-homeopathy-a-ne
w-paradigm-in-the-new-homeopathy.html

[148]

Betz, H.-D. (1995) Unconventional Water Detection: Field Test of the Dowsing Technique in Dry Zones: Part 1. Journal of Scientific Exploration, 9, 1-43.
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/downloa
d?doi=10.1.1.458.6149&rep=rep1&type=pdf

[149]

Betz, H.-D. (1995) Unconventional Water Detection: Field Test of the Dowsing Technique in Dry Zones: Part 2. Journal of Scientific Exploration, 9, 159-189.
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download
?doi=10.1.1.558.6201&rep=rep1&type=pdf

[150]

Krick, E. (1955) Entropy Logic Theory and Expanding Horizons of Consciousness. In: Nesterov, V.I., Ed., Physical Basics of Informa-tional Interaction: Collection of Articles, 31-41.
https://www.scancoaching.nl/wp-content/uplo
ads/2014/10/Physical%20Basics%20of%20
Informational%20Interaction%20pub.pdf

[151]

Parker, A. and Brusewitz, G. (2003) A Compendium of the Evidence for Psi. European Journal of Parapsychology, 18, 33-52.
https://psy.gu.se/digitalAssets/1338/133864
5_parker--brusewitz-ejp-.pdf

[152]

Helfrich, W. (2017) Statistical Parapsychology as Seen by an Applied Physicist. Journal of Scientific Exploration, 31, 387-418.
https://www.scientificexploration.org/doc
s/31/jse_31_3_Helfrich.pdf

[153]

Bosch, H. and Steinkamp, F. (2006) Examining Psychokinesis: The Interaction of Human Intention with Random Number Generators—A Meta-Analysis. Psychological Bulletin, 132, 497-523. https://doi.org/10.1037/0033-2909.132.4.497
https://pdfs.semanticscholar.org/62aa/e31a291f
3cd08925cb4cafed1e355a0e83af.pdf

[154]

Schmidt, H. (1982) Collapse of the State Vector and Psychokinetic Effect. Foundations of Physics, 12, 565-581.
https://doi.org/10.1007/BF00731929
https://www.researchgate.net/publication/2267
35437_Collapse_of_the_state_vector_and_psychokinetic_effect

[155]

Davis, E.W. (2004) Teleportation Physics Study. Special Technical Report for the Air Force Research Laboratory (AFRL)/Space and Missile Propulsion Division, Propellant Branch (PRSP), 1-78.
https://doi.org/10.21236/ADA425545
https://www.researchgate.net/publication/23
5083700_Teleportation_Physics_Study

[156]

Radin, D.I. and Nelson, R.D. (1989) Evidence for Consciousness-Related Anomalies in Random Physical Systems. Foundations of Physics, 19, 1499-1514.
http://ww.w.leyline.org/papers/pdf/REG.meta-analysis.1989.pdf
https://doi.org/10.1007/BF00732509

[157]

Vernon, D.J. (2017) Exploring Precall Using Arousing Images and Utilising an On-LIine Memory Recall Practice Task. Journal of the Society for Psychical Research, 81, 66-79.
https://www.spr.ac.uk/sites/spr.ac.uk/files/p
ublications/JSPR%2081.2.pdf

[158]

Storm, L. and Tressoldi, P.E. (2017) Gathering in More Sheep and Goats: A Meta-Analysis of Forced-Choise Sheep-Goat ESP Studies, 1994-2015. Journal of the Society for Psychical Research, 81, 79-107.
https://www.spr.ac.uk/sites/spr.ac.uk/files/p
ublications/JSPR%2081.2.pdf

[159]

Baker, I.S., et al. (2017) A Controlled Study of Psychometry Using Psychic and Non-Psychic Claimants with Actual and False Readings Using a Mixed-Methods Approach. Journal of the Society for Psychical Research, 81, 108-122.
https://www.spr.ac.uk/sites/spr.ac.uk/files/p
ublications/JSPR%2081.2.pdf

[160]

Becker, C.B. (1990) Extra-sensory Perception, Near-Death Experiences, and the Limits of Scientific Knowledge. Journal of Near-Death Studies, 9, 11-20.
http://freedownloadb.com/pdf/bextrasensory-perception
-b-near-death-experiences-and-the-33342326.html
https://doi.org/10.1007/BF01074097

[161]

Phillips, S.M. (1995) Extrasensory Perception of Subatomic Particles. Historical Evidence. Journal of Scientific Exploration, 9, 489-525.
http://freedownloadb.com/pdf/bextrasensory-perception
-b-of-subatomic-particles-i-historical-4949678.html

[162]

Tressoldi, P.E., Storm, L. and Radin, D. (2010) Extrasensory Perception and Quantum Models of Cognition. NeuroQuantology Journal, 8, 581-587.

[163]

Laszlo, E. (2009) In Defense of Intuition: Exploring the Physical Foundations of Spontaneous Apprehension. Journal of Scientific Exploration, 23, 51-58.
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi
=10.1.1.596.9689&rep=rep1&type=pdf

[164]

Puthoff, H.E. and Targ, R. (1976) A Perceptual Channel for Information Transfer over Kilometer Distances: Historical Perspective and Recent Research. Proceedings of the Institute of Electronics and Radioengineers IEEE, 64, 329-354.
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=
10.1.1.447.6775&rep=rep1&type=pdf
https://doi.org/10.1109/PROC.1976.10113

[165]

Dunne, B.J. and Jahn, R.G. (1995) Consciousness and Anomalous Physical Phenomena, Technical Note PEAR 95004. Princeton Engineering Anomalies Research, Princeton University, School of Engineering/Applied Science.
https://www.greaterreality.com/pear/finalcap.pdf

[166]

Hubbard, G.S. and May, E.C. (1982) Countermeasures: A Survey and Evaluation (U). Final Report for DIA, 1-19.
https://www.cia.gov/library/readingroom/docs/
CIA-RDP96-00788R001300260001-0.pdf

[167]

Kembach, S. (2013) Unconventional Research in USSR and Russia: Short Overview. 1-23.
https://arxiv.org/pdf/1312.1148.pdf

[168]

Hin, O.K., Liang, S.H. and Choon, T.S. (2013) Information-Energy Equivalence in Qigong: Reviewing Dossey and Schwartz’s “Therapeutic Intent/Healing Bibliography of Research” in Light of Pang Ming’s Three Levels Theory of Mat-ter.
http://journals.sfu.ca/jnonlocality/public/journals/1/PR
EPRINTS/KeanII1020212.pdf

[169]

Zha, D. (1990) Parapsychology in the People’s Republic of China: 1979-1989. Report for the CIA, 1-17.
https://www.cia.gov/library/readingroom/docs/CIA-RD
P96-00789R002600290003-0.pdf

[170]

Sgarbi, M. (2012) Translatio Studiorum: Ancient, Medieval and Modern Bearers of Intellectual History. Brill, Leiden, 61-63.

[171]

Barnett, L. (1948) The Universe and Dr. Einstein. William Sloane Associate, New York, 12.

[172]

Pethiyagoda, R., et al. (2018) Time-Frequency Analysis of Ship Wave Patterns in Shallow Water: Modelling and Experiments. Ocean Engineering, 158, 123-131.
https://arxiv.org/pdf/1702.06275.pdf
https://doi.org/10.1016/j.oceaneng.2018.01.108

[173]

Carter, P.J. (2014) Imaginary Physics.
http://vixra.org/pdf/1210.0124v3.pdf

[174]

Carter, P.J. (2014) Consciousness and Perception in Higher-Dimensional Quantum Space-Time. NeuroQuantology, 12, 46-75.
https://neuroquantology.com/index.php/jour
nal/article/viewFile/724/639
https://doi.org/10.14704/nq.2014.12.1.724

[175]

Grau, C., et al. (2014) Conscious Brain-to-Brain Communication in Humans Using Non-Invasive Technologies. PLoS One, 9, e105225.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4138179/
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0105225

[176]

Adebayo, S.O. and Ilori, O.S. (2013) Influence of Paranormal Beliefs on Psychopathology in a Cross-Cultural Society. IOSR Journal of Humanities and Social Science, 11, 63-70.
https://doi.org/10.9790/0837-1126370
https://www.researchgate.net/publication/236963973
_Influence_of_Paranormal_beliefs_on_Psychopathology_in
_a_Cross-Cultural_Society

[177]

Francipane, M.G. and Lagasse, E. (2016) Towards Organs on Demand: Breakthroughs and Challenges in Models of Organogenesis. Current Pathobiology Re-ports, 4, 77-85.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5624548/

 

シュレーディンガーの著書「生命とは何か」のネゲントロピー

Abstract

私は、エネルギーの流れによって熱力学的平衡から遠く離れて維持されているコヒーレントな時空間構造化システムにおけるエネルギー貯蔵と動員に基づく「組織化された複雑さの熱力学」を定性的に概説しようとしています。 私は、対称的に結合されたサイクルがエネルギー貯蔵が可能なオープンシステムで発生し、そのようなシステムでは、すべての時空領域(「k =定数」レジーム)にわたるエネルギーの等しい母集団が極値状態であることを提案します。 このレジームは、ギブスエントロピー関数の最大値SG = -kSj pj ln pjによって特徴付けられます。この関数では、潜在的な自由度がすべての時空領域で最大化されますが、 すべての時空ドメインは、単一の実際の自由度に効果的に結合されます。

Key words

'Negentropy', living organization, space-time structure, stored energy, coherence, coupled cycles, thermodynamics of organized complexity.

Is It Free Energy?

私が考えている「ネゲントロピー」または「負のエントロピー」は、シュレーディンガーの著書「生命とは何か」1に由来し、彼は次のように書いています。

「生物が非常に謎めいたように見えるのは、「平衡」の不活性状態への急速な崩壊を回避することによってです。生物が摂食するのは負のエントロピーです。」

しかし、脚注の中で、シュレーディンガーは、「負のエントロピー」とは、実際には自由エネルギーを意味すると説明しています。 その後の多くの著者は、「ネゲントロピー」を自由エネルギーと呼ぶのは単に誤りであると感じているため、ネゲントロピーを単に負の符号を持つエントロピーであると見なしています2,3

それにもかかわらず、この用語は生物学者によって今日まで使用され続けており、生物学者の中で最も権威のあるものの1つから始まります。

「私たちのすべてのエネルギーと負のエントロピーの究極の源は太陽の放射であることは常識です。」