脳損傷から回復した男と脳神経軸索探査の物語

Seeing the Brain's Broken Cables

A new imaging technique helps researchers map the damage from traumatic brain injury with unprecedented accuracy.

By Bijal P. Trivedi|Monday, August 03, 2015

RELATED TAGS: BRAIN STRUCTURE & FUNCTION, MEDICAL TECHNOLOGY

540

壊れたケーブル
脳の上部からのこのビューでは、高解像度のファイバートラッキングマップにより、100万の神経線維が明らかになります。
ウォルターシュナイダー研究所

ルイ「トム」フロイントがオハイオ州のヘイフィールドにある3本足の通信塔を降りていたとき、それは17度の極寒だった。 40フィートの高さで、彼は、冷たい地球が雲のない冬の空に出会う地平線に伸びる、曇らされた茶色の茎の素晴らしい眺めを持っていました。トムはゲームのトップでした。42歳のとき、彼は地方にブロードバンドインターネットアクセスを提供する数百万ドルの会社を経営していました。彼は再婚したばかりで、体格が素晴らしく、背中に40ポンドの工具を備えた高さ250フィートの塔をよじ登ることができたため、同僚は半歳で後をつけました。

しかし、2009216日のこの日、足の裏で溶接が断ち切れました。これは、経験や肉体的な能力を妨げるものではありませんでした。 「大きなpingが聞こえたので、降りてきたことがわかりました」と彼は思い出します。

冷たい空気の中をスライスし、彼は塔が彼から離れて倒れるのを見ました。彼は押しつぶされることを避けるために途中でツイスト、猫のように、途中でそれを乗りました。彼の空中アクロバットは、彼の頭蓋骨が鋼の桁に衝突するのを一瞬で救った。塔が地面にぶつかった後、彼は塔にぶつかり、胸が氷のような金属製のフレームにぶつかった。彼の肩と頭の右側が地面にぶつかった。明るい白いかすみが視界を曇らせたとしても、彼は意識を保っていた。トムはゆっくりと説明します。「貨物列車のサイレンが頭の中で鳴っていました。耳障りでした」
壊れた接続
画像は、ATVのクラッシュで負傷した男性の脳の壊れた接続を示しています。破損した繊維(黄色)は無傷の領域(緑色)と対照的です。
ウォルターシュナイダー研究所

衝撃は骨盤と肩を砕き、右側の骨を骨折し、背骨と首を傷つけました。彼の肺の2つの葉が爆発した。彼が大きな氷のパックとして機能する凍った地面に横たわったとき、ヘリコプターがピッツバーグアレゲニー総合病院に彼を飛ばすまで、トムのアシスタントによって現場に呼ばれた地元の医者が彼に酸素を与えました。彼は意識から消えていきました。衛生兵は、彼が生き残れないと確信して、妻と子供たちとラジオで話し合うことを強制しました。

病院では、医師はCTスキャンを使用して、脳出血と骨折を検索しました。これらは、ぼやけた灰色の脳構造に対して白く見えます。奇跡的に、スキャンは否定的でした。病院でたった4日間-医師はトムの肺の穴からの内出血をうまく止め、骨折した骨をセットしました-彼は退院しました。医師によると、彼の回復の残りは「整形外科の仕事」だったと彼は言った。彼らは彼の脳は元気だと言った。

しかし、トムは気分が良くなかった。 「旋風の真ん中」にいるように、彼は混乱していた。彼の時間感覚は歪んでいました。彼は激しい頭痛に苦しんでいました。一日が過ぎていくと彼の視界はぼやけ、サイレンが頭の中で叫びました。彼は言葉を絶えず失い、自分の考えを編集することができず、しばしば不適切なコメントを曖昧にしました。トムは怒って、痛みを感じ、はっきりと考えることができませんでした。
シュナイダー・オコンボ
Walt Schneider
(左)と脳神経外科医のDavid Okonkwoは、脳のニューロンの配線図を作成するイメージングを開発するために協力しました。
シュナイダー:スコットゴールドスミス;オコンノボ:ピッツバーグ大学医療センター

今日まで、彼の短期的な記憶は「ゼロからゼロ」であり、私たちが話すように、彼はおそらく私たちの会話を思い出すことはないと警告しています。 「1週間前に会った人を覚えていない」と彼は言う。

事故後の最初の3年間、トムと彼の妻のカレンは、もっともらしい診断を探しました。彼は一連の神経科医を訪問し、それぞれが彼が脳損傷を被っていないと彼に保証した。次に、彼は心的外傷後ストレス障害PTSD-外傷性イベント後に再発する極度の不安発作があると言った精神科医と心理学者を探しました。しかし、彼も緊急治療室の外傷看護師であるカレンも、診断が適切だとは考えていませんでした。

結局、何が悪いのかを最終的に特定したのは医者ではありませんでした。トムの民事訴訟を扱っていた弁護士は、彼が外傷性脳損傷TBI)に苦しんでいたことを示唆しました。彼は法廷で代理を務めたフットボール選手にも同じ症状を見ていた。それは、フットボール選手、または40フィート以上から急降下する男が地面にぶつかるときのように、頭がぶつかったり打たれたりしたときに起こります。衝撃(自動車事故など)や爆発(イラクアフガニスタンで働いた無数の兵士に影響を与えた)への暴露もTBIを引き起こす可能性があります。

 

これらの種類の損傷は、身体のある部分から別の部分に信号を伝える脳の脆弱な神経を破壊する可能性があります。しかし、どの神経線維またはニューロンが壊れているかを視覚化できる診断技術はありません。神経が鳴ると、コンピューターの回路が損傷したように、異なる脳領域間の通信が中断されます。米国で毎年TBIに苦しんでいる約170万人の人々にとって、被害の場所を特定できないことは、回復とリハビリへの大きな後退です。その数には、2000年から2000年までの軍事戦闘で2014年。

多くの場合、このような損傷は、X線を使用して閉塞、出血、腫瘍、および頭蓋骨骨折を視覚化するCTスキャンでは見えません。 MRIは電波を使用してより詳細な画像を作成し、出血、腫瘍、および粗い構造的損傷を明らかにしますが、壊れた神経を検出することはできません。血流を追跡して脳の活動を測定する機能的MRIfMRI)でさえ、ニューロンの損失を検出できません。

TBI
関連の障害を持つ530万人のアメリカ人のように、トムは医師には見えない怪我に苦しんでいます。彼はスキルを奪われて仕事をすることができず、社会経済的スパイラルに陥りました。友人や家族は、しばしば不適切で感情的な振る舞いに戸惑い、静かに退き、かつて彼らが知っていた男を認識することができませんでした。
高精細ファイバートラッキング
患者の脳の潜在的な損傷は構造MRI(左)では見えませんが、高解像度のファイバートラッキング(右)では放射状コロナ脳路の非対称性が明らかになります。右側(赤色)は小さく、患者の左側の運動制御の喪失と一致しています。
ウォルターシュナイダー研究所

弁護士と話し合った後、カレンはピッツバーグ大学の研究チームとつながり、新しい脳画像技術に取り組みました。 2012年、トムは、脳神経外科の教授であり、大学の脳外傷研究センターの臨床ディレクターである神経外科医のデビッドオコンコウと任命しました。脳と脊髄の損傷は彼の専門です。 Okonkwoは、強力なMRI装置でトムの2時間の脳スキャンをスケジュールしました。その後、彼は結果を得るために数週間後に戻るように頼みました。

高解像度のニューロン

Okonkwo
は、脳損傷が簡単に見落とされることを知っていました。今日でも、頭部外傷または睡状態の患者がERに運ばれると、その人はCTスキャンを受けて、脳に外科手術を必要とする血栓があるかどうかを判断します。問題は、Okonkwo氏によると、10人中9人のケースで、これらの患者は正常なCTスキャンを受けており、元気であると言われているということです。 「しかし、多くの場合、それらは正常ではありません」と彼は付け加えます。 「そして、彼らはあなたの人生が変わった3か月後、6か月後、あなたと共有する最初のものになるでしょう。」彼はほとんどの病院で、TBIを診断しようとすることは骨を見つけることとほとんど同じだと彼は言いますX線装置が発明される前の破壊。
しかし、それは2009年の秋に、雪だらけの髪の毛のない心理学者であるWalt Schneiderがキャンパス全体から訪れたときに、Okonkwoにとって変わりました。シュナイダーはテクノロジーに魅了され、脳の主要な領域をイメージする新しい方法について話をするようになりました。路は、脳のある領域を別の領域(スーパーハイウェイなど)にリンクし、情報を伝える軸索の束ケーブルです。軸索は、神経細胞またはニューロンの長くて細い「尾」で、電気信号をあるニューロンから脳内の別のニューロンに伝達します。特定の管内では、すべての神経細胞は同じ場所で始まり、共通の場所で終わります。各路には主な機能があります。皮質脊髄路は運動を制御します。帯状回、記憶;そして、弓は言語を処理します。軸索が損傷すると、特定のニューロン間の通信が失われます。管全体が切断されると、2つの脳領域が互いに会話できなくなります。
拡散スピン図
拡散スピン図は、人間の脳内で水分子がどのように動くかを明らかにしています。分子の動きと速度の制限により、研究者は、より大きな脳路、または脳の領域を別の領域にリンクする軸索の束を特定する手がかりを得ることができます。挿入図は、3つの主要な区域の交差点を示しています。
ウォルターシュナイダー研究所

シュナイダーは、脳内のすべてのニューロンの配線図を作成できるイメージングのタイプを望んでいました。しかし、現在の技術-拡散テンソルイメージング(DTI)とも呼ばれる拡散MRIでは、TBI患者の問題を説明する可能性のある損傷した軸索を見ることができませんでした。

 

従来のDTIは、磁気パルスを使用して脳の神経細胞内の水分子にタグを付け、これらの水分子の動作に関する6つの特性を記録します。測定値は、軸索の形状と方向、およびある領域のニューロンが他の脳領域にどのように接続されているかを追跡する画像を作成するために使用されます。しかし、DTIイメージングには大きな問題がありました。異なる路からの軸索がターゲットに向かう途中で交差および交差すると、DTIソフトウェアが混乱し、各路の方向を完全に正確に判断できませんでした。シュナイダーは、これらの領域を最初から最後まで追跡できる技術を必要としていました。

シュナイダーは、米国国防高等研究計画局からの資金提供により、2009ピッツバーグブレインコンペティションを開始し、最高の頭脳を集めて脳の接続マッピングに取り組んでいます。彼は、1時間のMRIスキャンからのデータを使用して、視線の詳細な画像を作成できる誰にでも10,000ドルを提供しました。 168か国のチームがサインオンしました。結果がフィルタリングされると、Schneiderのチームは、ほとんどのエントリが標準のDTIイメージングよりも少しずつ優れていることを発見しました。しかし、その後、台湾の大学院生であるFang-Cheng Yehが見事なイメージを送りました。彼の研究により、マイヤーのループ、光放射の構造が明らかになりました。イェーは報酬を集め、シュナイダーは彼にアメリカに留学するように誘いました。彼は博士号の一部としてシュナイダーと働いた。現在、カーネギーメロン大学ポスドク研究をしています。
シュナイダーの研究室の数学者および計算生物工学者であるスディルK.パサックは、イェーのアプローチを分析しました。鍵となるのは、神経細胞内の水分子(通常の6個に比べて257個)のより鋭い観察をYehが使用して、軸索が脳内で神経回路を形成する方法を解明したことです。

MRIは水しか見えません」とPathak氏は説明します。 「水がどのように動くかを観察することで、すべての方向に自由に動いているかどうか、または神経細胞のような動きを制限する何かがあるかどうかを知ることができます。」脳全体にアプローチして、40のすべての主要な脳路を特定してマッピングします。シュナイダーとパサックは、この新しい方法を高精細ファイバートラッキングHDFT)と呼びます。最後に、配線図にアクセスできるようにするため、Pathakサイケデリックな色合いのさまざまな神経回路に関与する主要な経路をセグメント化し、色付けしました。
色付きの枠
高解像度の繊維追跡により、医師は患者の脳内の主要な管の相対的な健康状態を示すことができます。色付きの境界線は、中程度の傷害の懸念がある領域(左上)、懸念される可能性のある領域(右上)、および正常範囲内の領域(下側)を示す補助として使用されます。
ウォルターシュナイダー研究所
Pathak
は翌年、ピッツバーグの神経外科医および神経解剖学者であるJuan Fernandez-Mirandaと新しい脳画像の調査に費やしました。彼は、自分のコンピューター画面で作成した仮想領域が、医師が手術中に見たものと一致したことを確認したかったのです。フェルナンデス・ミランダは画像を編集し、正しい時と間違った方向を示したときを指摘した。コラボレーションにより粘り強いフィードバックサイクルが作成され、Pathakが数学を調整して領域を作成し、フェルナンデスミランダが解剖学的に正しいものを特定しました。最後に、Pathakの非侵襲的仮想解剖は、Fernandez-Miranda自身の血なまぐさい解剖に匹敵します。

Okonkwo
はすぐにその影響を理解し、シュナイダーと協力して、脳損傷患者を募集することにより、研究トライアルでこの技術をテストし始めました。
その後、シュナイダーの研究室のPathakと他のメンバーは、iPadアプリでOkonkwoFernandez-Mirandaと協力して、脳外科医や負傷した患者の損傷を検索する脳神経外科医に臨床的に関連し有用なツールを作成しました。

 

損傷の視覚化

スキャンの2週間後、トムとカレンはピッツバーグ大学医療センター長老派のオフィスでオコンコボと一緒に座っていました。彼が転落してから3年以上経った20129月でした。トムは、決定的な診断、トラブルの解剖学的説明、リハビリテーション戦略を聞きたいと考えていました。彼は事故の前にいた男の記憶に悩まされていたが、彼は再び自分自身になりたいと切望していた。
iPad
を使用して、Okonkwoはトムの脳の画像を作成しました。それぞれのトラクトは鮮やかな色をしており、スパゲッティの渦巻きのように輪になって、ねじれ、交差しています。

画面では、トムの脳の左側が緑色で、右側が赤色でした。 Okonkwo氏は、脳の2つの半分の間には自然な対称性が存在する傾向があり、非対称性により疑わしいと説明しています。左半球と右半球の自然な違いが原因である可能性がありますが、回路が中断された場合の負傷を示している可能性があります。 Okonkwo氏は、トムの脳の一部の領域では、回路が非対称であると付け加えました。
彼はドロップダウンメニューをクリックして、感情と記憶を制御する鍵となるTom's Papezサーキットを選択しました。 「脳の右側には、Papez回路内の左側ほど接続性がありません。」右側は地面を叩いたものです。

Okonkwo
は、ネットワーク接続が失われる可能性があると説明しました。たとえば、目から脳の後部へのリンクが減少または切断されると、視力が低下する可能性があります。 「この概念は、運動系、感覚系に当てはまります。記憶、感情、気分制御については少し異なる方法で当てはまります」と彼は言いました。トムのパペス回路接続の一部が中断されていました。
「新しい記憶のエンコードを担当する脳の部分は、以前のようにはなりませんでした」とOkonkwo氏は言います。彼はトムに消化させるために立ち止まった。 「そして、それは感情的な安定性やそのようなことにも関係している可能性があります。」

カレンは彼女の顔を覆い、泣き始めました。長年の疑念、不安、欲求不満の後、彼らはトムの頭の中で壊れたケーブルを見ました。 Okonkwoは、トムが別の損傷した脳回路、補足運動野を示しました。これは、個々の動きを統合してスムーズにするために不可欠です。誰かが勝手にに木の大きな枝をハッキングしたように、右側は左側とは劇的に異なっていました。 「補助的な運動領域に問題がある場合、優雅になることは非常に困難です。トムはうなずいた。
Okonkwo
は、被害の意味は不明であると強調した。この研究はまだ始まったばかりです。彼は、さまざまな損傷が脳機能にどのように影響するかを医師が理解する前に、数千の損傷した脳をスキャンする必要があると彼らに言いました。

トムには明らかな治療法や治療法はありません。しかし、トムとカレンにとって、自分の症状を検証する証拠を見るだけで、一歩前進したように感じました。 「満足です。悲しい。怖い。カレンは言った。 「クレイジーではないという確認が得られました」とトムは付け加えました。 「長い間、私は心を失っていると思っていました。これでようやく先に進むことができます。」
Okonkwo
氏によると、脳の詳細なスキャンを確認することは、診断的な意味でも治療的な意味でも、臨床的に重要です。 「実際に彼らを信じている人がいます。」

過去4年間、SchneiderOkonkwoはテクノロジーを調整してきました。彼らは彼らのアプローチに熱心で希望を持っていますが、他の人はより慎重です。南カリフォルニア大学ニューロイメージング研究所所長のアーサートーガは、脳に関してはまだ不明な点が多いと言います。彼と他の人たちは、人間と呼ばれる国家脳マッピングイニシアチブの一環として答えようとしている質問です。 Connectomeプロジェクト。多くの脳回路は対称的ではなく、左右の半分を単純に比較して脳損傷を検出することは信頼できない場合があります。また、被害の程度を誰かに伝えることは役に立たないかもしれないと心配しています。 「適切な治療とリハビリテーション戦略でこれらのつながりを回復できるかどうかはわかりません」とトーガは言います。
「ウォルトの仕事は本当に有望ですが、間違いなく議論の余地があります」と、国立精神衛生研究所のfMRI施設のディレクターとしてfMRIを専門とするPeter Bandettini氏は言います。シュナイダーの方法が特定の繊維路への損傷を本当に定量化できるかどうか、この分野の他の人は疑っています。たとえば、彼のアプローチは、特定のトラクトの繊維の78%が破壊されていることを本当に判断できますか? 「陪審員はまだその上にいる。」

しかし、Bandettiniはシュナイダーのアプローチをサポートしています。 「ウォルトがこれを打ち破り、テクノロジーを推進し、何ができるかを見ることが重要です。 。 。 [そして]彼は、臨床応用に関して軍医やTBIの医師と協力している数少ない脳イメージングの一人です。」
「実用的なインテリジェンス」

 

そのプロセスの一部は、OkonkwoSchneiderMRIデータをより適切に取得、分析、解釈し、直感的な方法で臨床医と患者に脳画像を提示できるようにする技術インフラストラクチャの構築です。スキャンには22分かかり、分析にはわずか4時間かかります。
現在、脳線維の高解像度スキャンを取得する唯一の方法は、研究トライアルに参加することです。これは、FDAが技術を承認するまで、今後35年間当てはまります。しかし、すでに、OkonkwoSchneiderは彼らの努力の成果を垣間見ています。彼らは、患者が脳損傷の結果を理解するのを助けています。

アフガニスタンイラクでの兵役が膨大な数のTBIPTSDの事例をもたらした後、治療は国家的な優先事項でした。 2007年以来、国防総省の戦闘死傷者ケアプログラムは、シュナイダーの技術に関する米国陸軍医学研究および材料司令部からの1,000万ドルを含む、500以上のTBIプロジェクトに7億ドル以上を費やしてきました。医師であり、メリーランド州フォートデトリックの脳の健康/フィットネス研究コーディネーターであるダラスハック大佐にとって、シュナイダーのHDFTテクノロジーの利点は、損傷した回路を確認して定量化できることです。彼はそれを使って、脳がガタガタと爆発した数千人の兵士のリハビリテーションを導くことができます。
シュナイダーの研究トライアルに参加した46歳の兵士(彼の仕事の性質上、彼の名前は使わないように頼んだ)は、人生を変えました。彼は20年以上、米国陸軍特殊部隊の歩兵師団で過ごし、アフガニスタンイラクの両方で勤務しました。約400回の爆発を生き延びた後、彼は記憶力の低下と注意欠陥を抱えていたため、高高度パラシュートミッションを敵の領土に導く能力が損なわれたことがわかっていました。

試験では短期間の記憶喪失が確認されましたが、問題はさらに深くなりました。彼はかつて貪欲な読者であり、いくつかの言語に堪能でした。今や彼はメールをかろうじて通過することができ、書かれた言葉は意味を失い、言語は頭の中で不明瞭に混ざり合った。
スキャン後、Okonkwoは彼に問題の原因を示しました。 「脳と目をつなぐ視覚領域が暴行を起こし、それがなぜ読めないのかを説明してくれました」と彼は言います。 「私はバカではありません。完全に壊れていません。これらのケーブルの多くは破壊されているため、うまく機能していません。」

リハビリテーション戦略は明確ではありませんでしたが、医学のインスピレーションの瞬間に、シュナイダーのチームメンバーの1人は、特に音楽、リズムを使用して、言葉をタップするなどの身体的なことを行うことをビートに合わせて読むことを推奨しました。彼らは、他の無傷の経路を使用するように脳を再訓練する可能性があると考えました。
彼は失うものは何もありませんでした。そこで、彼はヘッドフォンを差し込み、ビートを設定してメールを読んだり、言葉を見てコンピューターにそれらを読んでもらいました。動いた。彼が読んでいるとき、彼は言います。「ラップの記録を切っているようです。私はスタジオにいます。それは私とJay-Zであり、私たちはそれを成し遂げています!」とは言いましたが、時間がかかり、テクノロジーが必要で、それでも簡単ではありません。 「(しかし)私は記事、メール、そして本を読むことができます。」彼は解剖学的に正確なスキャンを行い、どの脳経路がまだ実行可能であるかを明らかにしたので、これはすべて可能です。
この新しい技術により、損害が見えるようになり、それが「実用的なインテリジェンス」であると、軍事用語を好むシュナイダーは言います。 「10年以内に、損傷をより効果的に修復する方法を知っているかもしれません。」

リハビリテーション中およびリハビリテーションとさまざまな薬剤の使用中に行われたスキャンは、損傷した神経を修復できるかどうかを証明し、それがどのように起こるかを明らかにし始めます。
トム・フロイント
トムフロイントと妻のカレンは、ピッツバーグの研究者シュナイダーがトムの脳の領域の損傷を特定するのに高精細ファイバートラッキングがどのように役立つかを説明するのを聞きます。その視覚化は「パズルの最後のピース」であり、カレンは彼の行動の変化に対処するのを助けたと言います。
スコット・ゴールドスミス

 

シュナイダーの脳スキャン技術は展開に最も近いとハックは言います。この手法の利点は、現在、全国の主要なVADOD、および医療センターで使用されているマシンで画像を処理できることです。 TBIの調査が拡大するにつれて、シュナイダーは、国防総省Tricareヘルスケアプログラムの主要病院と、ヒューストン、サンディエゴ、タンパ、パロアルト、カリフォルニア、およびリッチモンドVA病院で、今後3年間に1,000人以上の患者をスキャンする予定です、バージニア州

シュナイダーの繊維追跡画像は、連邦政府から資金提供を受けたヒューマンコネクトームプロジェクトから生まれた画像に似ています。このプロジェクトは、ニューラルネットワークDTIマッピングし、独自の見事なテクニカラーマップのコレクションを生成します。 「[しかし]ウォルトは[その]プロジェクトの一歩先を行きます」と、マサチューセッツ総合病院とカリフォルニア大学ロサンゼルス校のコネクトームプロジェクトのコンソーシアムで、シュナイダーのチームとも協力しているローレンスウォルドは言います。 Connectomeプロジェクトは、健康な成人の脳のイメージングにほぼ完全に焦点を当て、病気または損傷した脳を理解するための「ゴールドスタンダード」ベースラインを提供しています。しかし、シュナイダーはTBI専用のツールを開発しており、臨床医、脳神経外科医、神経解剖学者の学際的なチームを編成して、画像を精査し、臨床的に重要な配線の違いを特定して解釈しています。
新しい接続

損傷したケーブルを見た2年後、トムとカレンは安心しているようです。カレンにとって、決定的な診断は「パズルの最後のピース」を提供しました、と彼女は言います。トムの行動の背後にある理由を理解することは、彼女が結婚を癒すだけでなく、適応するのに役立ちました。
診断はまた、重要な実際的な影響をもたらしました。トムはより認知的および行動的なテストを受けており、まだいくつかの医師と協力しています。労働者の補償は現在、医療費を徴収していますが、これは本質的に彼の貯金を一掃していました。今、手形の支払いを受けることは、常に戦いではありません。
「診断以来、彼らは本当に私を助けたいと思っているようです」と彼は言います。

カレンはまだトムと特別な関係を共有していますが、彼女は人生が変わったことを認めています。 「今知っているトムは違う。彼女は今、彼に何を期待できるかについてのより良い感覚を持ち、その理解は両方にとって自由になっています。 「それは悪いニュースでしたが、トムの脳へのダメージを理解することが私たちの祈りの答えでした。」

[
この記事は元々「壊れたケーブル」として印刷されていました。]

 

 

KEY-WORD

 

The Connectome project

 

high-definition fiber-tracking map

やはり携帯電話で洗脳される(イライラしてませんか?)

一般大衆で使用されるマイクロ波兵器を研究する科学者として、ボーダフォンとブリティッシュテレコムで使用されているGM900マイクロ波ネットワークが重大な健康被害であるという証拠に気が付きました。

 

防衛Intelligence報機関(DIA)の題名:電磁波の生物学的影響(電波とマイクロ波)ユーラシア共産主義国は、携帯電話の周波数と同様のマイクロ波周波数が以下の分野で健康上の問題を引き起こす可能性があることを示しています:

        
血液

        
心臓血管系

        
細胞

        
中枢神経系

        
消化器系

        


        
代謝

        
再生

        
視覚システム

        
内部音知覚

電子レンジ電話の周波数と強度をテストする機器は、電子レンジと同様の信号を生成することを示しています。

 

2
台のVodaphone携帯電話は、それぞれ100mW / cm250mW / cm2を生成していました。電子レンジの危険レベルは5mW / cm2であり、ロシア人は武器の研究に10mW / cm2を定期的に使用していました。したがって、これらのVodaphoneを使用すると、重大な健康上の問題が発生します。さまざまな携帯電話をテストして、どれほど危険かを確認できます。

Orange
が使用するGM1800システムは、より高い周波数のマイクロ波を使用しています。オーストラリアの科学者は、これがこのタイプの放射線にさらされたマウスに癌を引き起こすことを発見した。私が持っている文書は、マイクロ波が体内に深く入り込み、脳と体に悪影響を与える可能性があることを示しています。

DIA
の調査は1976年にさかのぼり、約20年以上前に危険が知られていたことを示しています。ソビエト連邦は、携帯電話で使用されている1800 MHzおよび900 MHzの周波数と強度を武器として使用していました。あなたが物事を単純な視界で隠すことは、知能コミュニティのルールであり、携帯電話のふりをして彼らの行動に影響を与えるマイクロ波マインドコントロール兵器を受け入れさせることは天才のストロークでした。

 

これらのマイクロ波マインドコントロールバイスの代価を支払って、彼らの脳と行動を傷つけ、従順で制御しやすくすることは、純粋に悪魔的な天才でした。
 

 

 


英国インテリジェンス力とマイクロウェーブマインドコントロール

人々をストレスの多い、混乱した、従順なゾンビに変えるマイクロ波兵器は、英国の都心部で使用されています。

 

共産主義者によって開発された、電子レンジに似たマイクロ波兵器は、1980年代以来、都心の議会団地を標的にしています。これらの武器は、自然な脳波を模倣する超低周波ELF)信号を送信します。スイッチを押すだけで、これらのマイクロ波送信機の周りのすべての人々は、はっきりと考えることができず、落ち込んで無関心になり、何もせずに一日中くつろぎたいと思う従順なゾンビに変わります。著者の研究チームによって設計された新しいELF検出器の出現により、英国の大都市人口の大規模なマインドコントロールが証明されました。

 

ELF
信号は公式には原子力潜水艦通信局でのみ発見されるため、研究者はマイクロ波UHF、市内中心部のマインドコントロール信号、著者のアパート、携帯電話、BT電話、および点在する多数の送信機から送信されることにショックを受けました国。

携帯電話の大幅な増加により、英国の治安部隊はこの送信機のネットワークを使用して、これらの送信機の近くに住んでいる人の脳にマインドコントロール信号を送信できるようになりました。マイクロ波電話は、正しい強度のパルス変調されたマイクロ波を使用して頭蓋骨を通過して脳に入り、行動を制御します。したがって、マイクロ波送信機は、英国の人口をマインドコントロールするためのELF信号の送信に最適な媒体です。

研究者たちは、80年代初期の都市の暴動により、サッチャー政権が1970年代に開発されたELFマインドコントロールバイスを展開し、労働者階級の住宅団地を完全な警察区域に変えたと考えています。これらのゾーンでは、ELFトランスミッターが住民を従順なゾンビに変えました。この技術は非常に成功したため、すべての主要な町をカバーするように拡張されました。

 

彼らを従順にし、権威に従うようにするために、英国の大衆のマインドマインドコントロールは、携帯電話ネットワークと軍隊と警察のマイクロ波送信機と手をつないで拡大されました。現在、ロンドンの大都市圏全体が、UHFと電子レンジを搭載したELFを麻痺させています。

マイクロ波兵器の使用とマインドコントロールへの使用に関する研究は、英国の主要な精神医学研究施設の1つであるTavistock Institute1950年代に始まりました。英国の研究所は、彼らが知らないうちに英国の人口を制御する心の方法を研究していた。支配的な猿が下層で従順な行動を引き起こした猿の提出応答は、英国の科学者にとって最も関心のある脳の状態でした。

 

従順で従順な、ゾンビのような行動のためのこの特定の脳リズムを発見した後、それは記録され、英国のマイクロ波送信機にビームされるELF信号のテンプレートとして使用されました。イギリスは、1940年代にレーダーに使用されたマイクロ波技術の最初の発見者であったため、この分野の他のすべての人よりも優れた指揮を執っていました。

1970
年代は、ロシア人がモスクワの米国大使館に電子レンジをかけているというニュースで、物語に暗い側面をもたらしました。スタッフの3分の1は、最終的にこのマイクロ波照射により癌で亡くなりました。オーストラリアの科学者は1997年に、非常に安全な携帯電話で生成された微量のマイクロ波が、この放射線にさらされるとマウスにがんを引き起こすことを証明しました。

 

グリーンハム・コモンは、防衛省が女性の抗議者、いわゆるグリーンハム・コモン・ウーマンの攻撃的なマイクロ波に関与したのは初めてでした。この出来事は、英国の治安部隊が大衆の大集団に致死量のマイクロ波放射を喜んで使用することを示した。

 

機器は、女性の平和的抗議者が高レベルのマイクロ波放射にさらされていることを示し、その一部はその後癌で死亡した。北アイルランドは、大規模なマインドコントロールテクノロジーの完璧な実験場でした。

 

Tavistock Institute
での研究により、サッチャー政府は、人間に服従を引き起こす頻度である大規模な使用を可能にしました。

 

このELF周波数を放射し、

        
マイクロ波送信機

        
携帯電話

        BT
電話

        
他の送信機を使用して、

...
都心部の人口を行動的に制御できます。

 

私の研究グループにはELF検出器があり、あらゆる種類の英国の送信機が人口のマインドコントロールに使用されていることを証明できます。 ELFは自然には見つからず、原子力潜水艦の通信にのみ使用されるため、その存在はマインドコントロール兵器が一般大衆に使用されていることを証明しています。著者はまた、マイクロ波UHFVHFによる人間へのELF放送の壊滅的な影響を示す科学文書にもアクセスできます。

マルコーニはこのマイクロ波技術を本格生産に投入し、質問を始めた約30人の科学者と軍人が謎の状況下で「自殺」したと言われています。

私の研究では、マイクロ波兵器は、中産階級のトラブルメーカーや、施設に問題を引き起こす研究者をターゲットにしていることがわかりました。ロシアとアメリカの研究では、パルス変調マイクロ波(携帯電話に使用)が、特定の脳パターンを模倣するELFで変調されると、スイッチを押すだけで被害者の行動が変化することがわかっています。 MI5などの英国のセキュリティ警察は、行動の制御にこの研究に使用される450 MHz周波数(警察による使用が法的に許可されている)を使用することがわかっています。

 

英国では、マインドコントロールと犠牲者の殺害または無効化に使用されるMHz範囲のFMラジオ、FMラジオ、テレビ、携帯電話の周波数の膨大なカタログの周波数が測定されています:147153197199447453456466853883884887 ...

 

症状は、うつ病、困惑した思考、記憶力の喪失、ストレス、対処できないこと、奇妙な行動、統合失調症、神経衰弱、身体崩壊、脳および神経系の損傷、心臓発作、癌などです。

例としては、ブライトンパビリオンの外に駐車されているブライトン警察バンがありました。ブライトンのすべての市内中心部は、迷走者が集まって病気になり、逃げなければならないときに、電子レンジで攻撃されます。 Evening Argus新聞は、ブライトンパビリオンの敷地内に数か月間駐車していた白いバンが彼らのバンかどうかを警察に尋ねた。彼らはそれが「監視」車両の1つだと答えた。

 

2
4日水曜日、筆者はマイクロ波兵器を検出する周波数カウンターを備えたブライトン警察署を通過しました。私は、駅の反対側の壁に座っている2人の若い犯罪者に向けられた452 MHzマイクロ波ビームを検出しました。

 

警察のスポークスマンであるロバートギャロウェイは、この読み物を警察に向けました。

    
「彼らは健康への危険であっても、彼らはマイクロ波に興味がなかった。」

著者は、警察によるブライトンでのマイクロ波兵器の広範な使用と、市内中心部からの移住者を排除するためのテストプログラムとしてのMI5を発見しました。

この問い合わせ分野の研究者に連絡すると、彼らは皆、マイクロ波のような症状、頭痛、吐き気、めまい、目の損傷、耳の問題を訴えています...神経衰弱および肉体的崩壊を誘発する。電子レンジは1000 MHzを放ちます。

 

46日の月曜日の夜12時に行われたChannel 4プログラム、For the Love of ... New World Orderで、著者はこれらの事実のいくつかをテレビで明らかにしました。プレゼンターとこのプログラムの研究者は、マイクロ波攻撃の症状を示す撮影に先立つ数日間に激しい頭痛を訴えました。

 

一流の非軍事専門家のマイクロ波兵器、リモートビューイング(サイキックスパイ)およびサイ戦として、著者は、リリースされるリモートビューイングに関する彼の本を止めることを目標としたとき、マイクロ波の問題に気づきました。センチュリー・ブックスが発行したこのサイキック・スパイに関する本は、サイ戦争と超大国が開発した技術に関する科学者による最初の本です。

チャンネル4プログラムの撮影後、215日に建物の外でブライトン警察に逮捕され、警察署や町の公共の場所でマイクロ波兵器の使用を記録するのを止めるために周波数カウンターが押収されました。法律は破られていませんが。ブライトン警察は、ブライトンの浮浪者に対するマイクロ波兵器の使用が明らかになっていることを心配しているようです。

 

英国政府は、Watson FC-128周波数カウンターやOptotronicバイスであるすべての容易に入手可能な周波数カウンターも購入しており、メーカーは現在、「修正」モデルを販売しています。上記のマイクロ波兵器の周波数は表示できません。

 

著者の頻度カウンターはまだ返されていません。イベントのこのような高レベルの操作により、マイクロ波マインドコントロールは、この郡の一般大衆で実践されている秘密のポリシーの一部であるようです。批判者を嫌がらせ、無効にするという秘密の政府の方針の一部として、この攻撃手段は法律でカバーされておらず、文民統制のための完全な報装置である非常に否定的です。

 

著者のフラットは、大規模な神経学的損傷を引き起こし、腫瘍を生成するように設計されていると思われる900 MHzビームでターゲットにされています。

BT
電話ネットワークは、英国の一般市民の調整に使用される可能性があります。電話によって3040 MHzの信号が伝送されます。イヤピースを頭に当てると、骨伝導によりELF成分が電話ユーザーの脳に運ばれます。したがって、行動や健康に影響を与える可能性のあるELF信号は、すべてのBT電話ユーザーに渡されます。

 

デジタル電話は、このマインドコントロールキャリア周波数を伝送するように設計されているというテーマについて、私が相談した専門家から見えます。ボーダフォンは、友人に100 mW / cm2を超える847 MHzの信号を送り出す携帯電話を提供しました。これは、ユーザーの体内で4x100ワットの電球をオンにすることに相当します。これは、携帯電話を使用して、事業所にとって問題にならなくなった人を殺したり無効にしたりできる可能性があることを意味します。テストされた別のボーダフォンは、50 mW / cm2をポンプアウトしました。

 

英国の電子レンジの安全レベルは5 mW / cm2です。これは頭の近くでは保持されません。 1 mW / cm2マイクロ波にさらされた神経細胞の腫れを引き起こすという軍の研究者による報告があります。

とりわけ、UHFVHF、およびマイクロ波EM放射による人口の完全なポリシングが、英国人口を従順で従順な精神状態に保つために使用されていることは明らかです。労働者階級の都心部の信号に精神的な混乱を加えて、従順で混乱を招くようにすることもできます。従順で明確に考えることができないようにマインドコントロールされた、ゾンビの地。破壊者は、電子レンジで習慣的に標的にされて、発狂させたり致命的な病気にしたりします

1976
74日、ウクライナチェルノブイリ原子力施設を動力源とする7つの巨大送信機が、10 HzELFマインドコントロール周波数を含む100メガワットの無線周波数を西に送り出しました。

 

米国の科学者、アンドリア・プハリッチ医学博士によると、ソビエト脈動は人間の脳の周波数をカバーしていました。ボブ・ベック博士とアンドリアは、ソビエトの伝染が武器であることを証明しました。

 

彼は、6.66 Hzの周波数がうつ病を引き起こし、11 Hzの信号が奇妙な行動と暴動の原因になることを発見しました。伝達は実際に人間の脳を引き込むことができ、それにより行動修正の集団を誘発することができます。さらに重要なことには、彼はELF信号がスイッチのフリックで癌を引き起こす可能性があることを発見しました。

 

これは、アミノ酸配列がスクランブルされて非天然タンパク質が生成されるように、RNAトランスフェラーゼの機能を変更することによりこれを行いました。
 

 

 


マインドコントロール

英国では拷問が生き続けています。英国の秘密警察であるMI5は、反体制派に対して非致死兵器を定期的に使用しています。

 

 

MI5労働党を憎むという十分に文書化された歴史を持ち、ハロルドウィルソン労働首相を倒すのに役立ちました。彼らは当然、右翼のドグマに従わなかったグループや人物をスパイし、信用を傷つけました。マーガレット・サッチャー1979年に右翼保守政権の首相になったとき、彼女はすぐにMI5を自分の秘密警察に採用する力を見ました。

 

1980
年代初頭の鉱夫のストライキの間、アーサー・スカーギルと彼の全米労働組合は、1年のストライキで保守政権をほぼ倒しました。

 

マーガレット・サッチャーMI5を使って鉱夫をスパイし、アーサー・スカーギルの信用を傷つけました。主要な警察官は、民間人に対するMI5の使用に反対し、彼らは無視されるか、置き換えられました。

マーガレット・サッチャーは、長年にわたって共同情報委員会の会議に定期的に参加した最初の首相でした。サッチャーは、訓練された科学者として、マイクロ波兵器の有用性をよく知っていたでしょう。探知者がいなければ、反体制派はこれらの武器が存在することを知らないので、探知することは不可能です。 MI5はこの研究をマーガレット・サッチャーから秘密にしていたのかもしれませんが、英国がこれらの恐ろしい、いわゆる非致死兵器に投入した資源は膨大です。

 

英国の諜報機関は、バンを運ぶマイクロ波兵器の艦隊と、反体制派の家の近くに配備できる携帯用マイクロ波兵器を実行しています。

 

莫大な費用は通信機器として装うことができます。誰もが知っているように、マイクロ波電話通信は現代社会で大流行しています。私の研究によると、マイクロ波電話ネットワークは、マイクロ波電話ユーザーの行動を制御するための主要なマインドコントロール兵器システムとして使用される可能性もあります。

1979
年から97年まで権力を持っていた保守的な政府の下で開発されました。英国の秘密、または「黒」政府は、自由にマインドコントロール武器の恐ろしい配列を持っています。これらの忌まわしいデバイスは、英国軍によって遠回しに「非致死兵器」と呼ばれています。

 

実際、彼らはあなたをゆっくりと殺します:

        
神経損傷

        
がん

        
自殺につながる精神崩壊

        
電子レンジの調理効果による心臓発作などの組織障害

脳機能に影響を与えるために、正確に変調されたマイクロ波放射が使用されます。

 

    
人間の行動と反応を完全に制御できます

    
パルス変調マイクロ波EM放射を使用します。

     

パルス変調されたマイクロ波は、低レベルのEMにかなり耐性がある頭蓋骨を通過できるため、マインドコントロール信号のキャリアとして役立ちます。

 

国に点在する膨大な数のマイクロ波アンテナ(一部はマイクロ波電話ネットワークに使用されます)はすべてパルス変調マイクロ波を使用しており、トラブル時や暴動時の民間人に対する戦略的マインドコントロールバイスとして使用されています。一般集団の行動を修正するために重要です。現代の民主主義では、悪い宣伝が自己敗北しているので、暴徒を撃つこと、または通常の手段で反体制派を拷問することはもはや実行できません。

 

このように、マイクロ波兵器は、マークや隙間のある傷を残さないため、英国の軍事情報機関によって開発されました。このパルス変調されたマイクロ波搬送ビームは、信号の搬送に使用できます。これらの信号は、Ross Adey博士などの神経医学研究者によって記録された脳の電位の非常に低い周波数の記録です。

カリフォルニア大学脳研究所のロスアディ博士の研究は、CIAによって資金提供されました。 Pandoraプロジェクトでは、特定のアクション、感情、病的な精神状態に関するさまざまな脳信号のカタログが記録されました。被害者の脳でこれらの信号を発射するためにマイクロ波が使用されたとき、彼らは信号によって運ばれる気分、行動、および病的状態を経験したことがわかった。

 

これは、自然な脳の周波数を模倣することにより、パルス変調マイクロ波ビーム(ELFパルス変調マイクロ波リモートマインドコントロールテクノロジー)によって運ばれる超低周波放送を使用して、人間の脳をリモート制御できることを意味します。

マイクロ波ビームを使用して、マインドコントロールコマンドを脳に直接ブロードキャストすることが可能になりました。必要なのは、気分、行動、思考など、それぞれの特定の脳の頻度のカタログです。

 

これらの興奮電位のカタログはロシアの神経医学研究機関から入手できるため、十分な現金を持っている人なら誰でも、英国の軍事マインドコントロールグループ(MI5心理的施行部門)と同じ技術を自由に使用できます。オウムの宗派は、5万人のロシアの改宗者を介してマイクロ波兵器を買いました。

 

特定の励起電位は、パルス変調されたマイクロ波送信機によって放送されます。このパルス変調されたマイクロ波ビームには、ELF励起電位周波数が刻印されています。人間の行動セットにはそれぞれ特有の頻度があることがわかりました。怒り、自殺、ヒステリー、トラウマ、連続殺人、パラノイア、欲望などのために。

 

彼らを助けるために、彼らは犠牲者の壁を覗くための洗練されたミリ波スキャナーを持っているので、彼らは彼らの家で標的を見ることができます。パルス変調されたマイクロ波は、被害者の脳に定期的に向けられますが、自宅の他の人々は何が起こっているのか気づきません。チェルトナムGCHQを調べている陰謀研究の第一人者は、屋根に2つの球体が道路に駐車されているこれらのバンの1つを発見しました。彼がナンバープレートを取り、連絡先を介して誰がそれを所有しているかをチェックしたとき、彼はそれがMODバンであることがわかりました。うまくいけば、彼はそれが彼にあまりにも多くの害を与える前に、マイクロ波兵器システムを見つけました。

これらのマイクロ波兵器はマルコーニで開発されたと言われています。 1つの特定のターゲットの壁を介してマイクロ波ビームを発射すると、マイクロ波ビームの途中にあるすべての材料がビームの強度と周波数を減衰または変更します。

 

マインドコントロールには正確な周波数と強度が必要であるため、犠牲者が動き回ったときにターゲットと武器の間にある物質に応じてマイクロ波ビームを変更できるように、非常に洗練されたマイクロ波アレイとコンピュータープログラムを開発する必要がありました家。これを行うには、ターゲットと武器の間の材料の反射率と屈折率をリアルタイムで分析し、ターゲットが動き回ったときに、犠牲者と武器の間の環境の変化に合わせてマイクロ波アレイを変更できるコンピューターに供給する必要がありました彼/彼女の家。

 

第二に、他の人がビームの前を歩いた場合、自動遮断器が必要でした。被害者は、自分が標的にされていることを他の誰にも気付かれずに、気が狂ったり動けなくなったりする必要がありました。

 

この技術は非常に複雑でしたが、最終的に完成しました。マルコーニプロジェクトに関連する25人以上の科学者と軍人が、謎の状況で亡くなりました。報員は、人々を静かに保つために定期的に人を殺します。たぶん、彼らはそのような悪魔的な武器を秘密にするために研究チーム全体を殺しました。もしそれが公表されれば、スキャンダルは政府を倒すだろう。

 

実際の話がどうであれ、80年代半ばから後半までに、すべての問題は解決され、これらの新しいスマートマイクロ波兵器は英国の路上で展開されました。

 

北アイルランドは、それらをテストするのに最適な場所であることを証明したでしょう。パルス変調されたマイクロ波兵器は今や時代を迎えました。

この方法により、気分や行動のセットをターゲットの脳に調整することができます。 諜報機関は被害者の行動を記録し、より激しい「治療」が必要かどうかを確認し、将来のマインドコントロールプロジェクトのガイドとして使用します。この方法により、UFOと陰謀の研究者は日常的に自殺を強いられていると言われています。マイクロ波マインドコントロール武器によって昼夜を問わず脳に自殺の興奮の可能性があると、すぐに脳がうつ病のサイクルにリセットされ、制御不能に陥り、自殺に終わります。

 

豆をこぼした、または潜在的な漏出の可能性がある英国の多くの報および技術担当者は、MI5が運営する特別なマインドコントロールチームによって自殺を余儀なくされています。不可解に自殺した英国の軍事および諜報の専門家の長いリストを見ると、彼らが自殺するように駆り立てる根本的なマインドコントロールロジックを見ることができます。

行動強化は、マインドコントロールと相乗的に使用されます。マイクロ波ビームの効果は、外部補強によって大幅に強化できることがわかった。

 

インテリジェンスコミュニティの担当者はターゲットの財産を破壊し、金銭を破壊し、悪質な噂を広め、口をオレンジ色にして、性的なペカディロを女性の下着を着て身を確認するなどの知識を広めます。パルス変調マイクロ波マインドコントロール技術の外部強化は非常に効果的であることがわかった。情報部長は現在、第七天国にいます。誰かが問題になると、「自殺マインドコントロールチーム」が家の外に駐車されます。

 

数週間以内に、犠牲者は自殺します。これは諜報機関のマンダリンにとって非常に喜ばしいことです。なぜなら、犠牲者が高度な政治家や軍人であったとしても、自殺は説明しやすいからです。

 

 

 

軍事諜報機関が自殺を望んでいない場合、彼らはあなたを怒らせます。これは、家にいる間に脳の特定の病的な精神状態の興奮電位を発散させることによって行われます。これを支援するために、諜報員は標的の犠牲者の脳に音とスピーチを置くことができます。

 

他の誰も標的の脳に伝わる声を聞くことができないため、この大脳間聴覚は犠牲者を怒らせるために使用されます。

 

マイクロ波キャリアビームを使用して聴覚データをターゲットの脳に直接送信することは、現在では一般的な方法です。励起電位を使用する代わりに、トランスデューサーを使用して、話し言葉ELFオージオグラムに変更し、パルス変調されたマイクロ波ビームに重ね合わせます。

影のエリートに問題を引き起こしている有名人を、彼らを怒らせて信用を落とすことは、諜報コミュニティの標準的な操作手順のようです。犠牲者は、ELF励起電位としてエンコードされたさまざまな種類の狂気と行動異常を運ぶパルス変調されたマイクロ波の影響を受けます。

 

これは、面倒な知名度の高い人を作り、彼らを信用しない奇行や狂気の行動を表示します。

 

この手法の例は、デビッド・イッケ、ファーギー、ダイアナ妃などです。

 

MI5
との連携でメディアエージェントを使用することにより、外部環境の強化により、知名度の高い人の心の制御された狂気が、最悪の可能性に照らされて信用を失います。このようにして、英国の警察による通常の方法で、またはペガサスグループなどの暗殺部隊によって殺された、カールブリッジウォーターの囚人、バーミンガムシックス、ギルフォードフォーなどとは違って、誤って投獄できない知名度の高い破壊者が作られます。ばかげて見える。公的な屈辱は、当局が無害にするために持っている最高の武器であり、問​​題を引き起こしている有名な人物として知られています。

VIP
を一時的に病気にする必要がある場合、インフルエンザの悪質な発作の間に脳が発する信号を含むマイクロ波ビームが犠牲者に発火する可能性があります。これにより、ターゲットはウイルスをキャッチしていなくても、インフルエンザのすべての症状を表示します。米国の秘密軍隊と密接な関係がある遠隔視聴の専門家であるエド・ダムズ少佐は、米国のテレビ番組でこのデバイスを暗示しました。

諜報員はまた、低レベルのマイクロ波を使用して、精神的および身体的混乱を引き起こし、病気につながる可能性があります。被害者にマイクロ波を照射すると、疲労、免疫系の損傷、思考に影響を与える神経学的損傷、タスクの実行能力の低下、早期老化、がん、白内障を引き起こします。

 

サセックス警察は、定期的にこの低レベルの電子レンジを使用して、都心からの酔っぱらいを片付けます。

 

この問題を研究している間、私は本社に近づくたびに10mW / cm2を超える高レベルのマイクロ波の影響を受けましたが、MI5は継続的にマイクロ波を家に照射しました。英国でマインドコントロール兵器の使用を研究しているときに、私は生の神経に触れたようです。

当局を苛立たせる組織は、マイクロ波送信機によって建物を「ホットスポット」に変えているため、スタッフ全員がマイクロ波による損傷に起因するシックビル症候群に苦しんでいます。または、対象組織のスタッフが行動を変えて不一致を引き起こしています。 UFOと陰謀のトップマガジンであるUFO Realityは、神秘的な健康問題を訴えていますが、別のニューエイジグループは、会議を行うたびに目の損傷、吐き気、頭痛を訴えました。

マイクロ波調理による犠牲者の加熱は、放射線の電界強度を高めることにより引き起こされ、犠牲者の目や胆嚢に局所的なホットスポットを引き起こし、循環が悪くなり、熱を運び去ることができません。

この神経によって脳に送られるのと同じ信号を犠牲者の視神経に照射すると、神経組織が過負荷になります。このようにして、破壊者は何が起こったのか知らずに諜報コミュニティによって盲目にされる可能性があります。アメリカの研究者がこの問題について私に不平を言って、この武器システムがMI5によって私の人に使用されていると警告しました。

神経学的研究は、脳が準備セットと呼ばれる各自発運動に対して特定の周波数を持っていることを発見しました。オブジェクトを選択すると、このアクション用の特定の準備セットがあります。

 

心臓から発せられるELF信号を含むマイクロ波ビームを胸に向けて発射することにより、この臓器をカオス状態、いわゆる心臓発作にすることができます。このようにして、心臓発作を起こしやすい政党の著名な指導者を、彼らが問題を引き起こす前に殺すことができます。

 

ニール・キノックの労働党政府は、20の主要な限界席での郵便投票による不正投票によって選挙の勝利からだまされたと言われています。さらに選出可能な新しい労働党指導者が見つかったとき、当時の労働党指導者であったジョン・スミスは、家族と一緒に田舎を歩いているときに、隠されたマイクロ波装置を使って致命的な心臓発作を起こしたと噂されています巨大な心臓発作を引き起こす迷走神経に。

 

MI5
には労働党に対する裸の憎悪の長い歴史があるため、上記にはいくつかの真実があるかもしれませんが、確固たる証拠はまだ見つかっていません。

麻痺は、マイクロ波ビームでエンコードされた準備セットをブロードキャストするこの方法を使用することにより、ターゲットに誘発されます。犠牲者の運動協調を妨害するために、脳の運動ニューロンの中枢のものと同一のELF信号を運ぶパルス変調されたマイクロ波ビームが使用されます。これはレーダー妨害に似ており、同じ周波数でより強力な信号を使用して敵のレーダーを押しつぶします。

 

運動ニューロンの準備セットの電位は、マイクロ波キャリアビームによって運ばれる大きな信号によって妨害されます。これは文字通り脳を過負荷にし、身体を制御できません。犠牲者に運動皮質のELF準備セットをブロードキャストするパルス変調マイクロ波兵器は、犠牲者を殺さずに犠牲者を麻痺させます。呼吸と心拍は、脳の別の部分にある別の周波数のセットによって制御される不本意な行動です。

この手法は、外国人による誘拐を装って、政府の秘密のマインドコントロール実験のために人々を誘拐するために使用できます。この性質のマイクロ波ビームは犠牲者を麻痺させるので、彼らは黒いヘリコプターに束ねられ、実験のために空輸されます。

 

手順が完了したら、催眠術を使用して、外国人による誘拐の誤った記憶を植え付けることができます。このように、当局は真のエイリアン誘拐を使用して、マインドコントロール実験のためにモルモットの無限の供給を得ることができます。

政府の関与の本当の記憶は電子的に消去されます。

 

この手法は、記憶保持に使用される信号を運ぶマイクロ波ビームをターゲットにブロードキャストすることにより、被害者の意識からすべての短期記憶を消去します。何かを思い出すと、それはまず短期記憶に保存されます。約12時間後、この短期記憶は脳内で長期記憶に変換されます。その後、残りの人生でこの情報を記憶します。

 

短期記憶から長期記憶へのこの変換が行われない場合、データは失われます。私たちの周りには詳細がありますが、数週間前に食べたレストランのインテリアを思い出してみてください。

 

特定の周波数のマイクロ波放射は、短期記憶から長期記憶への記憶の転送を妨げる可能性があります。特定の周波数のマイクロ波放射は、脳のシナプスを妨害する可能性があります。

 

脳細胞間の接続を妨げることにより、人々の記憶が乱れる可能性があります。このようにして、シール特殊部隊の暗殺者は任務終了後に脳を拭くことができるため、彼らは殺した標的を知らない。催眠術を使用すると、偽の記憶を脳に植え付けることができるため、実際の記憶によって残されたギャップが解消されます。

電子マインドコントロールの最新の進歩については、Nexusの以前の記事で説明しましたが、ESPESPを逃した人のために、この機器はMASERと呼ばれる特殊なタイプのマイクロ波ビームを使用しています。これらは、マイクロ波ビームに相当するレーザーです。これらのMASERビームは、合成テレパシーと呼ばれるものを開発するために使用されています。これは、遠くから人々の心を読む能力です。

 

被害者の脳からの電磁(EM)放射を監視し、特に脳波(EEGで測定)を使用して被害者のサブヴォーカライズされた思考を読み取ることによる被害者の脳の電子スキャン。

1992
7月にノースカロライナ州フォートブラッグで行われた講演で、米軍特殊部隊のシャナウ少将の長は、合成テレパシーについて語った。米軍は合成テレパシーを完成させるために努力しています。合成テレパシーでは、サブヴォーカライズされた思考に関連する脳内の弱い電磁信号は、電極を使用するか、より高度なメカニズムでMASERビームによってコンピューターに接続されます。高度なコンピューターシステムは、特定の脳興奮電位を特定の単語に関連付けることにより、脳内のサブヴォーカライズされた思考を読み取ることを学びました。この場合、特定の言語は1つしかデコードできません。言語の各単語には、発見する必要がある特定の頻度のセットがあるためです。

 

言語内のすべての単語の特定の頻度を見つけるロバ作業が、大規模な並列処理を実行できるスーパーコンピューターにプログラムされたら、ファジーロジックソフトウェアを使用して、得られたサブヴォーカライズされた思考に関連付けられた実世界の興奮の可能性とこれを一致させます合成テレパシー装置の較正に使用される何千人もの拉致被害者から。 MI5の情報収集部門であるGCHQ Cheltenhamは、合成テレパシーに必要な高度なコンピューターシステムを所有しています。

合成テレパシーは、15 Hz5ミリワットの聴覚皮質の脳放射を検出します。これは、サブボーカライズされた思考に関連する脳内の興奮電位に関連付けられています。

 

低周波マイクロ波RFを含む新しい技術により、壁をスキャンしてX線のような人の体内を見ることができるデバイスを構築できるようになりました。これにより、セキュリティ担当者は自分の家のターゲットを確認し、家中を追跡できます。これに加えて、被害者の頭の中を見ることができれば、被害者の家の中を歩き回っているときでも、被害者の脳内の特定の脳中枢をコンピューター制御で標的にできます。

被害者が自分の家にいる間に、破壊者の特定の脳の中心で発射されたパルス周波数MASERの配列を使用してサブボカライズするときに発せられる特定の脳放射のスキャンにより、被害者をスキャンできます。副発想によって発せられる周波数放射のウィンドウを上下にスキャンするELFパルス変調MASERのアレイを発射することにより、干渉効果をMASERビームで測定できます。

 

犠牲者のELF脳放射は、サブヴォーカライズされた思考に関連するELFウィンドウでELFを運ぶパルス周波数MASERと建設的または破壊的に相互作用します。互いに位相がずれている一連のパルスMASERを起動すると、デジタルドメインで外部ノイズを除去できます。

 

収束するELF変調MASERは、被害者の脳内の低レベル放射によって影響を受けるため、破壊者の脳に入るELFパルス信号の変化を検出できます。

 

これの単純化したバージョンは、盗聴されている人の窓に照射されるレーザービームです。窓の振動により、レーザーが変調され、電気信号に変換されるため、音に変換されます。このようにして、被害者の脳内のサブヴォーカライズされた思考を読み取ることができます。

 

さまざまな単語および単語のグループ化のための興奮の潜在的シグネチャのライブラリを既に構築しているので、洗練されたコンピュータは放出シグネチャをワードストリームにデコードし始めることができます。このようにして、被害者のサブヴォーカライズされた思考をスーパーコンピューターのメモリに保存し、分析して、ターゲットが何を考えているかを読み取ることができます。

パルス変調された単一のメーザーによって運ばれるELFオージオグラムを使用して、サブヴォーカライズされた思考を犠牲者の脳に置くことができます。これにより、英国の合成テレパシーオペレーターは、破壊者と会話を交わし、彼を怒らせたり、キーワードを提示したりして、被害者が見つけたい情報について考えるようになります。

 

視覚皮質の興奮電位を犠牲者の脳にブロードキャストすることもできます。これにより、架空の画像を脳に投影して気が狂ったり、自殺するようにプログラムしたりできます。

私の研究により、真に全国規模のマインドコントロール兵器システムを発見することができました。英国の各警察署には、膨大な数のマイクロ波アンテナが装備されています。サセックス警察本部には、200フィートのアンテナがあります。建物はフェンスに囲まれ、立ち入り禁止です。このマイクロ波複合施設は、市営住宅団地の真ん中にあります。つまり、この地域の人々は低レベルのマイクロ波を浴びています。

 

科学者によってテストされたエミッターは警察のアンテナよりもはるかに小さな強度を与える新しい超安全な携帯電話であるため、新しい研究は低レベルのマイクロ波がマウスにガンを与えることを示しました、警察のマイクロ波システムは深刻な健康被害です。低レベルのマイクロ波放射は細胞内の水素結合を励起し、減数分裂を妨げる可能性があるようです。

 

これにより、細胞分裂がうまくいかなくなり、癌細胞、ひいては腫瘍につながります。

第二に、警察は450 MHzマイクロ波周波数範囲の排他的使用を認められています。これは、CIAマインドコントロールの専門家であるロスアディ博士が行動修正の実験で使用した周波数です。警察は、このマインドコントロール周波数と、この周波数を全国に放送するための膨大なアンテナを独占的に使用しているようです。

 

緊急時のマスマインドコントロールに非常に役立ちます。

 

Adey
は、450 MHzの周波数で0.75 mW / cm2の強度のパルス変調マイクロ波を使用することで、ELF変調を使用して人間の行動のあらゆる側面を制御できることを発見しました。サセックス警察本部は、町中のCCTV、閉回路テレビカメラに接続されています。これらのカメラの一部には、この周波数をブロードキャストするために簡単に使用できるマイクロ波遠隔測定装置があります。

 

町を囲む大きなアンテナも使用できます。

これの最も陰湿な側面は、携帯電話ネットワーク全体を簡単に使用して電話ユーザーの行動を制御できることです。マイクロ波検出器を使用することにより、新しいタイプの携帯電話は、イヤホンで約0.75mW / cm2のパルス変調されたマイクロ波信号を発することがわかりました。

 

これは偶然かもしれませんが、マイクロ波マインドコントロールの先駆者であるロスアディー博士が発見した、まさに行動制御に必要な強度です。したがって、理論的には、ELF信号をマイクロ波ネットワークに追加して、英国のすべての携帯電話ユーザーに正確な行動パターンを供給することができます。

 

暴動が広まった場合、行動刺激を放送して国内のすべての携帯電話ユーザーを和らげる能力が役立つことがわかります。携帯電話ユーザーは一般的に中流階級であるため、当局は主要な有権者の行動を制御する便利な方法を持っていることを意味します。マイクロ波搬送波ビームは、電話ユーザーに順応性の興奮の可能性を伝達し、トラブル時にサービスを維持するのに最適です。

 

ELF
信号がブロードキャストされない場合、電話は人間の行動に対してまったく異なる方法で動作します。この場合、マイクロ波携帯電話はニューロンにカルシウムイオンを放出させ、ユーザーをいらいらさせたり、ストレスが道路の激怒などの感情的な爆発を引き起こす可能性があります。

 

ブライトンでは、地元のMI5本社の屋根に大きなマイクロ波アレイがあります。この地域の秘密のバンカーには、その上に大きなマイクロ波アレイもあります。必要に応じて、携帯電話ネットワーク全体でブロードキャストされるELF変調信号を送信するのは子供の遊びです。これにより、携帯電話ユーザー全体を行動的に変更することができます。常に使用している電話からの低レベルのマイクロ波曝露から癌を発症するという犠牲を払って、一定のカルシウムイオン流出と生体電場との干渉によって神経回路網にストレスをかけています。

数ミリキュリーの電離放射線が国家放射線防護委員会を興奮させる一方で、非電離マイクロ波放射線を誘発する高強度の癌が未確認になるのは奇妙に思えます。

 

トランスミッターの近くのレベルが非常に高いため、田園地帯を散らかし、電球が近くで爆発します。インテリジェンスコミュニティが大規模なマイクロ波を大規模なマインドコントロール兵器として使用している場合、NRPBの沈黙は簡単に説明できます。

 

これに加えて、電子レンジからの漏れをチェックするために安価に入手できた多数のマイクロ波検出器は、国内のどの会社でも製造されていません。英国当局は、彼らが電子レンジを使用していることを人々が検出できるようにしたくないようです。

結論として、英国の諜報機関と警察は、目まいがするほどのハイテクマインドコントロールバイスを持っていることがわかります。彼らは定期的に自分の人口を標的にしており、数千人がマイクロ波兵器で病気になっています。合成テレパシーの出現により、「心のCCTV」が現実のものとなります。

彼らが開発と配備に関与していなかったため、マイクロ波兵器を知らず汚染されていない新労働党政府の選挙で、トニー・ブレアの政府は地雷を行ったようにこれらの忌まわしいマイクロ波兵器を禁止することは間違いありません。

 

唯一の問題は、MI5マイクロ波通信機器が実際にマイクロ波マインドコントロール兵器であることを労働党政府に納得させることです。

 

MI5
の組織は完全に秘密であるため、2億ポンドの予算がどのように使用されて、一般の人々に使用される最先端のマイクロ波マインドコントロール拷問兵器を磨くかについて、彼らは自信を持っているでしょう。

 

さらに厄介なのは、警察がこの分野を研究している人にEMPマイクロ波兵器を使用していることです。

 

 

REFERENCES ELECTRONIC MlND CONTROL

[1] Non-Lethality: John B Alexander, the Pentagon’s Penguin, by Armen Victorian, Lobster June 1993. This is an excellent article on the US black government’s ’hard-man’ of the mind control world -recommended for those who really would like to know how these people think and work.
UFO Reality No 1-3, Jon King, Mind Control.
Mind Control and UFO’s, by Alex Constantine, Feb 1996.

[2] UFO Reality No 4.

[3] Enigma Vol 2, It’s All In The Mind, T Rifat.

[4] Ross W Adey: Neurophysiologic Effects of Radiofrequency and Microwave Radiation, Bulletin of the New York Academy of Medicine, Vo1.55 No 1 1, Dec 1979; The Influences of Impressed Electrical Fields at EEG Frequencies on Brain and Behaviour, in Behaviour and Brain Electrical Activity, Burch, N and Altshuler, H.I., eds, Plenum press, 1975; Effects of Modulated Very High Frequency Fields on Specific Brain Rhythms in Cats, Brain Research, Vol 58, 1973; Spectral Analysis of Low Frequency Components in the Electrical Activity of the Hippocampus During Learning, Electroencephalography and Clinical Neurophysiology, Vol 23, 1967.

Dr Ross Adey, formally of the Brain Research centre at the University of Southern California, Los Angeles, now at Loma Linda University Medical School, Loma Linda, California. He worked on the CIA Pandora Project and was concerned with inducing specific behaviour modification by electromagnetic means as well as induction of calcium efflux events to interfere with brain function - the so called ’confusion weaponry’.
C.S. Blackman is a researcher who worked in the US on theoretical research that underlies the electronic RMCT devices now deployed world-wide.


Electronics World and Wireless World: The healing face of electromagnetic fields; 1993.

[5]. Martin Cannon, The Controllers.

[6]. Secret and Suppressed, Jim Keith.

[7]. Psychic Dictatorship in the USA, Alex Constantine.

[8]. Encounters, Vol 7, Psi Spies, Marie-Louise Small. Cosmic Top Secret: America’s Secret UFO Program,1992 William Hamilton III.

[9] Encounters, Vol 10, Room with a Remote View, by Richard Forsyth. This is an article about the author. http//www.fastnet.co.uk/pms ; Paranormal Management Systems’ web site. For an information pack on RV/RI, send £3 plus a SAE to PMS, PO Box 2749, Brighton, BN2 2DR, UK. Correspondence and normal courses are available, phone 01273 690424 to book for courses. We also offer consultancy on mind control problems.

Nexus Vol 3 No 6, Remote Viewing: The ESP of Espionage, by T Rifat. Nexus Vol 4 No 1 The Esp of Espionage, Part 1, by T Rifat.

Nexus Vol 4 No 2, The Esp of Espionage, by T Rifat. These three articles cover the theory of RV, RI and ESP in very great detail. recommended for the serious RV/RI student. For more information contact the author.

Alien Encounters No 1 1 Alien and Government Mind control, T Rifat. Sightings Nol2, Losing Your Mind! Mind control Technology, by T Rifat. UFO Reality No 8, Mind Control, Big Brother Is All In The Mind, T Rifat. Enigma 6, Mind Control, by T Rifat.

Fortean Times 95, Police State of Mind, by David Guyatt. US Synthetic Telepathy info supplied by David Guyatt.

Guyatt, David. "Some Aspects of Antipersonnel Electromagnetic Weapons" (paper prepared for ICRC Symposium for the medical profession.

 

432HZベースの音階とチャクラ

432 Hertz and the Suppression of Pythagorean Mathema
Anthony Tyler –量子理論が提供する科学的説明について、今日多くの人が聞いています。たとえば、すべての物理的オブジェクトの振動密度など、人間の経験をカプセル化する物理的現実は、1つの大きな振動にすぎないことを示していますコラージュ–無限の多様性を持つ歌。それゆえ、ヨハネの書から与えられた共通の説明は、「初めに、言葉がありました…」
「すごい、これはなんてクールなアイデアなのか」と単純に考えて、それをそのままにしておく人はたくさんいますが、次のように、これが提案するより根本的な質問を熟考し始めた、より深く探究し、探究心が強い人がいます人生が歌なら、そのチューニングは何ですか?そして、チューニングがある場合、人間はどのようにそれが何であるかを決定しますか?そして、私たちはこの重要な署名に自分自身をチューニングできますか?
研究者のジェイミー・ブターフは、これらの好奇心mind盛な人の一人です。ピタゴラスの数学と難解な科学を深く調査した。 432 Design、LLCの創設者であるButurffは、研究の前提と資料をbased432 Hertzの複雑な分析と理解に基づいています。これはButurffと彼の同僚によって、人間のクラウンチャクラの文字通りの頻度を表すために科学的に実証されています。実際、ジェイミーはすべてのチャクラポイントのヘルツ変換を検証し、明らかにしました。それらはすべて、制御された専門的な科学実験としてFDA承認の研究所で実証されています。ドキュメントは「ここで表示」でき、表は次のとおりです。

 


クラウン– 216/432/864ヘルツ– A(音符のチューニング)


サードアイ– 144/288/576ヘルツ– D(音符チューニング)


喉– 192/384/768ヘルツ– G(音符のチューニング)


ハート– 128/256/512ヘルツ– C(音符のチューニング)


太陽神経叢– 182/364/728 – Fシャープ(音符のチューニング)


仙骨– 303/606/1212ヘルツ– Eフラット(音符のチューニング)


ルート– 228/456/912 – Bフラット(音符のチューニング)


インドのプネーにあるバイオフィールド医薬品センターで実施された研究は、ここで全体を見ることができます。
これは、Buturffの研究の全範囲と併せて、これらのヘルツトーンを最終的に確認します。科学的研究は、特にこれらの周波数が治療のためのそれらの身体のチャクラポイントに向けられた場合、これらの周波数が生物学的生命のための高度な治療可能性の広いスペクトルを持っていたことを確認します。基本的に、この研究は、これらの周波数がチャクラポイントに持つチューニング機能を確認しました。
多くの人は、おそらく2010年からこのテーマに関する研究を行っているので、なぜジェイミーブターフと432デザインについて聞いていないのか疑問に思うでしょう。そして、彼の研究の知識レベルを考えると、 Buturff自身は文字通りYouTubeで下品な言葉を一切使用しないアメリカ市民であるにもかかわらず、公式の研究指向の「YouTubeチャンネル」はアメリカでの視聴が文字通りブロックされています。幸いなことに、Buturffは名誉ある研究者であるため、YouTube全体から法的に禁止することはできません。したがって、彼は引き続きビデオを送り出します。その多くはアメリカで個別に見ることができます。彼の個人的なチャンネル、または購読、それは非常に明確にブロックされています。
ただし、このブロッキングが貴重な素材であることを示す何らかの指標ではなかった場合、イエズス会に所属する利己的なシル、Jamie ButurffのLeonard Horowitzと432 Designのトローリング騒ぎは確かに指標です。エルサレム聖ヨハネ騎士団病院の主権正統派騎士団(本質的には腐敗したバチカンイエズス会騎士団と結婚した秘密結社)に称賛されたホロヴィッツは、そして彼自身の研究は、彼自身のエゴをなでることに重点を置いているようです。
しかし、実際には、ホロウィッツは博士の誇り、彼が「創造主」の選ばれた道具であるという絶え間ない主張、およびこの医師が実証する他の「自己陶酔的な特性」を誇示するブラガドシオにもかかわらず、彼は自分のウェブサイトでのみ人気があります、この偽の活動家について独自の調査を行っていないブログで。 A. True Ott博士(ウェブサイトはこちらで見ることができます)によって与えられたアカウントでは、Horowitzが本物の研究者とのネットワーキングを任務とするCoIntel Proの性質の「Military Intelligence」の合法的なエージェントであることが、もっともらしいが、確認されていません、彼らの仕事に関するデータを収集し、軍事intelligence報機関に報告します。 「Investigative Journal」によるこの件に関する記事はここで見ることができ、Horowitzにとっては非常に徹底的でひどい読み物です。
先に進む前に、Leonard Horowitzが難解な周波数数学の領域に表す偽情報について簡単に言及することが重要です。これは用語に不慣れな人には少し混乱するかもしれませんが、ホロビッツは528 Hzで心臓のチャクラを測定できると主張し、「ソルフェッジオ比」コンポーネントはチャクラポイントの振動と実際に同等であるという考えを促進すると言うだけで十分です。そして人類に与えられた精神的な贈り物です。
教育音楽スケール「Do、Re、Mi、Fa、So、La、Ti」として知られているホロウィッツは、人間が使用する古代のスケールであると主張していますが、実際には11世紀まで開発されていません。また、これらは6つの音符であり、いずれにしても1つのチャクラポイントを残しています。彼は、遺伝学者が実際に528 Hzの周波数を使用して損傷したDNAを修復するという主張を促進することでも人気があり、この主張は完全に研究されておらず、根拠がなく、本質的に完全に偽物です。いずれにせよ、ホロヴィッツを反証するために本当に必要な唯一の証拠は、彼がこの比率に適用したヘルツ周波数測定を再生することです。
実際に演奏すると、音階はほとんど音階ではなく、完全に不調和です。これは自然の周波数を理解するという点では完全な行き止まりであり、ホロウィッツは彼の研究の誤りを断固として否定するだけでなく、彼を公然と異議を唱える研究者を一貫して激しく攻撃します。
実際には、公平を期すために、ソルフェッジオ比はこのパズルの重要な部分です。 Buturffによって発見されたこの比率は、実際には数学者で発明家のMarko Rodinが30年以上前に発明したRodinコイルで開発した回路のファミリーナンバーグループです。これは、これらの数値がロダンコイルのエネルギーが移動する周波数スペクトルであることを意味します。ロダンコイルとして機能する例はギターであり、ファミリーナンバーグループは特定の音を出すために指で弦を押すことです。ホロヴィッツは、以下のビデオでブターフが説明したように、ロダンコイルの「ギター」の指に相当する数字を使用しており、作成された音符ではありません。 Jamie Buturffと432 Designは、Horowitzの情報を科学的に検証しました。

高度な数学者であるマルコ・ロダンを議論することは、数学、ゼロポイントエネルギー、抑圧された技術の来るべきパラダイムシフトを議論することです。ロダンの話はとても興味深い。彼は確かに彼自身の抑圧を受けたが、彼の研究の発展には驚くほど成功していたからだ。彼の研究の徹底と彼の発明の有効性の両方のために、彼の卓越性は上昇し続けています。
ロダンコイルは、現代の数学的計算ではこれまで知られていなかったロダンが開発した回路図を使用して、電気を伝導するために使用されるトロイダルコイルです。本発明は、本質的に電子トーラス場およびコイル回路として機能する。
「…同じ量のワイヤで巻かれた従来のコイルと比較すると、トーラスの中心で磁場が自然に大きく増加します。さらに、生成された電界は、印加電流の特定の周波数に対してはるかに敏感であるという意味で、はるかに一貫性があります。これらの特性は、Rodin Coilの有用なアプリケーションの基本であり、その使用の制限にもなります。」
ここで引用された、ロダンのコイルの詳細な説明は、ここで読むことができます。マルコ・ロダンは今日まで画期的な研究を続けており、ロダンの数学者のプロテジェであるランディ・パウエルでさえ、ロダンと協力して自身の支持を集め、研究コミュニティで波を起こしている。最近のドキュメンタリー「Randy’s Doughnuts」では、研究が詳細に説明されており、ウェブサイトはこちらで見ることができます。
問題についての最終的な考えとして、Buturffがロダン自身の研究に深く関わっている理由は、コイルが持つ驚くべき応用によるものです。ロダンは、難解なピタゴラスの数学と数秘術の研究を使用して回路技術を開発しただけでなく、引用で説明したように、コイルはそれに正確に適用される電流を拡大します。要するに、ロダンのコイルは、ブターフが技術を適切に収集し、正確にテストすることを可能にしました。同様に、レナード・ホロヴィッツはマルコ・ロダンを不誠実な愚か者だと考えています。
独自のロダンコイルを開発するためのPDFオンラインガイドを次に示します。www.panaceatech.org/Marco%20Rodin%20Coils.pdf
現在、すべての音楽の現在のチューニングは一般に440 Hzです。ただし、ボブマーリーなど、多くのミュージシャンが自分の音楽を432 Hzにチューニングしています。それと、間違った設定の現代音楽があなたに与える影響を考慮してください。
以下は、440 Hzと432 Hzの違いと、すべての音楽を432 Hzにチューニングする必要がある理由を比較して議論するビデオです。これは、過去に人間によって伝統的にチューニングされていたものです。



GA = 440Hz:耳に適さない音楽
人類は、数千年ではないとしても何十年もの間繰り広げられてきた「私たちの意識に対する度重なる戦争」の主に無意識の犠牲者です。目標は明らかに、多種多様な手段を通じて、私たちを可能な限りだまされやすく、従順にすることでした。


特に現代史では、レン・ホロヴィッツ博士が音楽の戦略的「軍事化」と呼んでいるものがありました。これは1939年に「ミドルCの上の音A」という音を440 Hzにチューニングしたことが音楽の世界で採用されたときに起こりました。 1910年に、同じ変更を実施するための以前のプッシュは、限られた成功で満たされました。 30年後、英国規格協会(BSI)は、ロックフェラーとナチのコンソーシアムによる確固たる推進に続いて、A = 440Hz規格を採用しました。「まさに、第二次世界大戦の準備は、石油化学医薬品戦争金融業者によって確定されました」[i] A = 440が国際標準となった年でした。
アメリカミュージシャン連盟は、1440年にすでにA440を標準ピッチとして受け入れており、1920年に米国政府もそれに追随しました。[ii]イギリスのヒトラーの想定敵は、「アーリア/マスターレース」にこの「優れた」標準チューニングを採用すると思われます。ナチス(および、よく文書化された米国の金融業者による秘密)は、これから何を得る必要がありましたか?
1953年10月、イギリスとナチが任意のA = 440標準(現実を支配する創造の物理音響法則に対して「不調和」である)を押したにもかかわらず、23,000の国民投票に注意することも興味深いフランスのミュージシャンは圧倒的にA = 432Hzに賛成票を投じました。[iii]多くのミュージシャンは、最近の世紀を通じて、A = 432基準ピッチを強く好みました。

 

 


日本の医師が血圧治療薬を処方しない理由[ウォッチ]
ハルキ糖尿病治療
詳細を見る>
「この[A = 432 Hz]チューニングは、1881年にイタリアのミュージシャン会議で満場一致で承認され、物理学者のジョセフソヴールとフェリックスサバール、およびイタリアの科学者バルトロメオグラッシランディによって推奨されました。
Vibration音の振動
Walton、Koehler、Reidなどによるウェブ上の予備調査、分析、専門的な議論によると、A = 440Hzの周波数の音楽は人間のエネルギーセンター(つまり、チャクラ)と心臓から背骨の根元まで衝突します[下4]。または、心臓の上のチャクラが刺激されます。理論的には、振動は自我と左脳の機能を刺激し、「心」、直感、創造的なインスピレーションを抑制します。[v]
興味深いことに、440 Hzと741 Hzの差は音楽学では悪魔の間隔として知られています。
人間の意識を最大限に抑えるには、自然に共鳴する周波数、および生物学的および精神的精神的に最も向上する周波数を最大限に抑制しなければなりません。古代エジプトおよびギリシャの楽器は、432 Hzに調整されていることが報告されています。多くのギタリストが関心を持っている限り、A = 432 Hzが最も実用的で、最適で、バイオフレンドリーな共鳴チューニングです。 (A = 444 Hzは異なるスケールに属し、C = 528 Hzです。)


しかし、それだけではありません。内耳の一部であり、音響インパルスを電気信号に変換するco牛は、貝殻のようならせん形をしています。 lateral牛の二国間の断面は、フィボナッチ数列(自然に現れる黄金比/フィア)を通じて数学的に記述できます。 [vi]「チューニングと気質の短い歴史」のChas Stoddardによれば、このフラクタル性/再帰性により、オクターブをスパイラルの各レイヤーの同じポイントでデコードできるため、オクターブをまったく識別できない(つまり、このco牛の設計がなければ、ピッチの上昇または下降が聞こえるだけであり、たとえば、256 HzがCであり、512 HzもCであると特定することはできません。[vii] octaオクターブの概念はほとんど意味がなく、音響的には検出できません。
どういうわけか、オーストリアの天才的な先見の明を持つルドルフ・シュタイナー(1861-1925)は、これらすべてに熱中していました。彼は言った:
「C = 128hz(コンサートA = 432hzのC音符)に基づいた音楽は、精神的な自由に向かう途中で人類を支援します。人間の内耳はC = 128 Hzで構築されています。」
Phi / Golden Ratioが形態形成において非常に重要であるという事実(有機体がその形状を発達させる生物学的プロセス)human人間および自然全体において、432の銀河の調和の間には興味深いが、あまり知られていない関係があるかもしれない私たちの太陽系と黄金比で。

A = 432は最悪の場合はバイオニュートラルであり、意図的に使用した場合、生体エネルギー的に強化または治癒すると広く考えられています。 432 Hzの瞑想音楽は確かにリラックスして落ち着きますが、それについて「変革的」なものはないと考えていますが、変革的手段は、現時点で私たちの集合的な道に介入するために必死に必要なものです。ミュージシャンであり、ソルフェッジオの周波数を使用して、それらの癒しと進化のサービスを求める人々のためにDNAとクンダリーニの活性化を実行する人として、私は実際に私たちの歴史のこの時点で、528HzのソルフェジオC 512 Hzではなく、SelfとSourceへの再接続を検索する際に、私たちにとってさらに価値があるかもしれません。 DNAの活性化、修復、およびヒトの形質転換に広く関連しています。 (このトピックの詳細については、以前の記事「DNA増強剤の日記-個人のDNA「ハック動機」の物語」を参照してください。)
可視光のスペクトルと色の波長に注意してください。 528を探して、どこに着陸したかを確認します。「緑の光線」の領域で、密かに言えば。緑色の光線/周波数の高調波は、心臓のチャクラ渦によって吸収および代謝されます。 528 nmの可視光の波長も緑色であることは偶然ではありません。 1つは他の高調波です。この時点で人類が生体エネルギーの解剖学で何かを過給する必要がある場合、思いやり、共感、直観につながるのは確かに心臓の知性です。 (エゴ駆動型の頭の知性の悪知恵は十分にあります。)ここに、C = 528の有効性と重要性の手がかりがありますが、あまり遠ざけたくありません。

今主力に戻ります。マリア・レノルドは、著書「Intervals Scales Tones and Concert Pitch C = 128hz」で、A = 440Hzチューニング(科学的な「C」Prime = 128/256/512 Hz以上、A = 432 Hz)の決定的な証拠を主張し、「接続を分離します」現代の「平等な気質(ET)」チューニングは、ミュージシャンが和音を演奏する口実であると考えられていましたが、研究者のブライアンT.コリンズ(レノルドの本を強く支持している)によると、それは実際に音色と共鳴の調和の知覚を減少させます。[viii]
多くの人は、A = 440の音楽はより刺激的(または、一部の人にとっては攻撃的)であるが、心を中心とし、特に心(特に最大のEMを持つ)から切り離されているという見解を支持しているようです。脳を含むすべての身体器官のフィールドであり、実際にそれを取り込むことができます)。心臓を脳から切り離すことは、歴史(および現在の状況)が示すように、惑星規模で壊滅的です。多くの理由で、しかし根本的に、それは私たちを感覚的な存在としての生来の知恵と思いやりから切り離し、こうして私たちを互いに、そして私たちがこの惑星を共有する他の知的存在から切り離します(言うまでもなく、生きている知性である惑星自体は言うまでもありません)。

 

 
古代のチューニングプラクティスでは、「ジャストイントネーション」チューニングシステムを採用していました。 「すべての音符の純粋な間隔が、より小さな音の全体の比率によって数学的に関連付けられていて、より純粋な音になりました。」16世紀以降、ヨアヒム・エルンスト・ベレントによると、「12トーンの平均律」チューニングが開始されました。オクターブを除くすべての子音の間隔の調整不良。[ix]
ギタリストとして(主にエレクトリックギターで音楽を書くので、432にさらにダウンチューニングするよりもA = 444 / C = 528にチューニングすることを好みます(エレクトリックと私の音響の1つをすでに完全に下げています) 528は、よく研究されたレンホロウィッツ博士の共同研究者であり共著者であるジョセフプレオ博士によって再発見された、古代のソルフェジオスケールに由来します。生物の黙示録のための癒しのコードA = 444では、ほぼ細胞レベルで共鳴を感じることができます-振動は私を直進し、ギターはほとんど私の一部のように感じます。共鳴。これは、私が440 Hz(標準的なウエスタンチューニング)を使用している場合には当てはまりません。共鳴空洞のないエレクトリックギターは区別をそれほど簡単にしませんが、それは私たちの細胞が高く評価しないという意味ではありません微妙な違い。
Solfeggioスケールと、今後の記事で528が非常に重要である理由について詳しく説明します。
432の奇妙な事件
この資料をご覧になると、432と完了数との興味深い関係が上にあります。数字は、432の「普遍的」または太陽定数が、マニフェスト物質世界の「完了」(または完全性)に関係していることを示唆しています。

太陽の直径= 864,000マイル(432 x 2)
    •興味深いことに、8 + 6 + 4 = 18(1+ 8)= 9完了数
月の直径= 2,160マイル(5 x 432 = 2,160)
    •2 + 1 + 6 + 0は9に解決され、4 + 3 + 2 = 9および5 x 9 = 45および4 + 5 = 9も解決されます。
地球のエクイノックスの歳差運動= 25,920年(60 x 432)[x]
    •2 + 5 + 9 + 2 + 0も9に等しく、6 x 9 = 54および5 + 4 = 9にもなります。
興味深いことに、ベートーベンの時代の主要な音響学者は、サイマティックスゴッドファーザーであるエルンストクラドニ(1756-1827)でした。彼の音楽理論の教科書では、Cを「科学的な」チューニングである256/512 Hzとして明示的に定義しています。 (この標準スケールの中央Cの上のAは432Hzです。)
おそらく、これは432の2乗(186,624(1 + 8 + 6 + 6 + 2 + 4 = 9))に関係しており、光の速度の1%の精度内にあります(毎秒186,282マイル、これも9に解決されます!)。 )。測定された光の速度の平方根は431.6(!)です。演ductive的推論により、「A432に関連して調整された音は、光のボディ[音場]と直接調和し、振動が浸透し、巻き込みを通して、精力的なエッセンスのバランス。引き込みは、強い振動が弱い振動に影響を及ぼす傾向です。」[xi]
逆に、A = 440チューニングは、オーラ/マインドに不協和音または「アジテーティブ」効果を生成する可能性があります。DNAを中断/妨害するものはすべて、DNAの生来のサウンドライト変換メカニズムによりオーラに禁忌をもたらします。もちろん、人間のオーラは、マニフェストの測定可能な世界で「意識」または「マインド」として指し示すことができる最も近いものです。これは、「大いなる幻想:科学と精神性の統合」で示しています。
Cの基準として256Hzを使用すると(A = 432)、Cのすべての出現は2の累乗です。興味深いことに、シューマン共鳴-地球の表面と電離層の間の大気内に存在する地球の電磁「ハートビート」は約平均7.83〜8 Hz — 23に非常に近い(さらには同じ)23。これは、地球の軸回転の周波数を考えると、驚くことではありません。「地球の「ピッチ」(サイクル/秒/ヘルツ) Gは、C = 256Hzの場合、中央Cの24オクターブ下にある理論上のCの4分の1です。したがって、C = 256 / A = 432は地球の自転と一致しています。[xii]これは、光の速度と「一致」しており、太陽の直径と「一致」しています。 」は月の直径を持ち、分母の歳差運動と「同調」しています!


それは多くの調和であり、ホロフラクタル(スケーリングされた)プラズマベースの宇宙にまさに期待されるものです。
C#= 544 Hz、554 Hzではありません!
A.K.Aまったく突破できなかった突破口
1980年代後半に開始された画期的な研究コラボレーションで、生物学者のデイヴィッドディーマーと作曲家のスーザンアレクサンダーは、DNAの塩基(A、G、C、T)によって放射される周波数を直接確認しようとしました。彼らは、DNA分子の赤外線吸収スペクトルを直接測定することでこれを行いました。これらのDNA周波数はトーンの「スケール」として配置され、その後、アレクサンダーの音楽作品の基礎として使用されました。
これらの基本分子内の原子結合は、結合のエネルギーと強度、原子の核の質量に関連する特定の周波数の赤外線を吸収すると、「曲がり、伸び、揺れます」。水素などのより緊密で小さい結合は、波数(センチメートルあたりの波数​​)が高い光を吸収し、赤外線スペクトルの「ノート」が高い。」分光光度計を使用して、異なる塩基の周波数を確認しました。 。このデバイスの内部では、600〜3000波数(cm-1単位)の範囲の周波数の赤外光が各サンプルを通過し、特定の周波数で吸収され、機器はスペクトルとしてプロットします。波数が特定されると、次の式を使用してヘルツに変換されます。周波数(Hz)=速度(光の速度)x波数
このプロセスは赤外線ではなく、音であるため、膨大な数(メガヘルツ)が得られました。ヘルツに直接変換すると、人間の聴覚をはるかに超えてしまいます(したがって、意図したように楽曲を作成することはできません)。取得する数値を半分にすると、数値が音の周波数の可聴範囲内に収まるまで半分(一度にオクターブずつ減少)を続けると、はるかに低い(可聴) )オクターブ。各DNAベースは15〜18音を出しました。全部で60。興味深いことに、どの塩基もA#を放出しなかったように見えます。これは、全音階スケールが欠落している唯一の音でした。
このデータが収集されると、人間の聴覚範囲に変換され、Yamaha DX7 IIDシンセサイザーにプログラムされました。彼らは「特別な電子キーボードを使用する必要がありました...派生したチューニングはほとんどすべてマイクロトーン」であったためです(通常の半音よりも小さい音、西洋音楽で一般的に使用される最小間隔)。[xiii]これはアレクサンダーに手ごわいを与えましたこれらの密集したDNAベースノートのクラスターから実際の音楽作品を作成することに関する課題。最初は、シンセで60種類のマイクロトーンDNAノートを試したときに、彼女が見たり聞いたりしていたように見える組織や秩序はありませんでした。

その後、さまざまな音の組み合わせを使用した数週間および数週間の実験の後、「音色の中心」が出現し始めました。特に1つのピッチは、困難なミクロトナールの泥沼に意味と一貫性を与えているように見えました。これは4つのベースすべてに共通のピッチです。C#(!)
アデニン:545.6 Hz
グアニン:550
チミン:543.4
シトシン:537.8
平均DNA Hz = 544.2
これは彼らのプロジェクトがサウンドベースのヒーリング、ジャストイントネーションのチューニング、創造の基礎となる音響法則に興味がある私たちにとって特に興味深い場所です。
今日のろくでなしの標準チューニング(平均律)では、C#= 554 Hz / A = 440、およびC = 523です。上記の各DNAベースの周波数値を注意深く見ると、それらの4つすべてがこの標準チューニング(A = 440、「ナチのチューニング」)にチューニングされていることにかなり近いことがわかります。このC#は、吸収率のほぼ中央に正確に配置され、平均として表示されます。このC#は、周波数スペクトル全体のバランサーとして機能しているようです。彼女はさらに、非西洋世界のゴング、ベル、ドラムのほとんどがこのC#の音色の中心に調整されていることを観察します。まるで私たちが無意識に「何か」(自然な宇宙の倍音)に調整しようとしているようです。
しかし、あごが落ちたのは、4つのDNA塩基のチューニングが544 Hzで平均化されなかったことではなく、C#= 554 Hz(わずか10 Hzの不一致)の標準チューニングにかなり近いことです。むしろ、A = 432 Hzの場合、自然そのものに基づいた古代のジャストイントネーションチューニングシステムのように、C#は正確に544 Hzであるという事実です。まさに、アレクサンダーの中心的な「組織化」DNAベース周波数として出現しました。ディーマーの研究!驚いたことに、AlexjanderとDeemerはこの重要な相関関係を見逃していたようです。
A = 432 HzはCosmic KeyboardまたはCosmic Pitchforkのチューニングであり、A440 Hzの最新の「標準」とは対照的です。C#を136.10 Hz [544 Hz 4オクターブ高い]「Om」に配置します。インドのクラシック音楽シタールチベットの僧ksたちの聖歌のピッチ。「自然から来たもの」と語るダメオン・ケラー。 [xiv]
今、私たちは、健全な癒しがなぜ働くのか、私たちの存在のあらゆるレベルで正確に働くための本当の基盤を見ています。調律するオクターブが何であれ、それはそのノートの他のオクターブを自動的に共鳴させるという調和規則です。したがって、限られた人間の声(または聴覚)の範囲内で声を調律し、チャクラに調子を合わせている場合でも、「正しい」音を選択すると、チャクラのサイマティックな変形を修正できます。前記チャクラの磁気渦は、通常の感覚知覚の範囲をはるかに超えた周波数で回転し(そして周波数で光を利用する)、したがって、ほとんどの人には見えません。高調波共鳴の法則は、同じ音の多くのオクターブの光/物質に同時に同時に影響を与えることを意味します。音(振動)は光/物質を形にするため、ヒーラーの武器の中で最も強力なツールになる可能性があります。サウンドは、他のツールではできない奇妙でエキゾチックなことを行います。たとえば、「ジャンク」DNAは音に反応します。コドンは音響振動を使用してオンまたはオフにすることができ、細胞膜(細胞の「頭脳」)には音響振動を検出して細胞に伝えるアンテナがありますマトリックス
元物理学者でバーバラブレナンスクールオブヒーリングの創設者である透視能力を持つバーバラブレナンによると、チャクラの変形を癒すためにこのように声を使うと、チャクラはほとんどすぐに立ち上がって正しく回転します。そこから、チャクラが第1 /エーテルレベルで修正され、フィールドの第2レベル(感情的な身体)で正しい色になるまで、ほんの数秒しかかかりません。[xv]
よく知られた生物学者のブルース・リプトンは、よく知られている「ロックとキー」細胞受容体部位の他に、振動周波数に反応する体内の細胞膜にアンテナ様構造(「一次繊毛」)があると述べています。
受容体アンテナは、光、音、無線周波数などの振動エネルギー場も読み取ることができます。これらのエネルギー受容体のアンテナは音叉のように振動します。環境内のエネルギー振動が受容体のアンテナと共鳴すると、タンパク質の電荷が変化し、受容体の形状が変化します…生物学的挙動は目に見えない力で制御できるほか、ペニシリンなどの物理分子でも制御できます…[xvi ]

リプトンの資料は、エピジェネティックな変化に関与するメカニズムについての何かを示しています。この場合、音によって引き起こされるエピジェネティックな変化です。直感的なチャネラーであるバーバラマルシニアックは、明らかに次元間のプレアデスのミューズから知らされている「調子を整える」ことは、「蓄積された知識を解放する鍵です。それは戸口のロックを解除し、情報があなたの体にあふれることを可能にします…[I]非常に微妙な方法で、あなたの認識を変えます。 "[xvii]私たちのDNAは調和の法則に合わせられます。 C#= 544 Hzで、チベットサウンドボウルのような癒しの楽器をこの自然なスケールに調整できることは完全に理にかなっています。
C = 528 HzとSolfeggioの周波数の重要性についてさらに詳しく説明します。その間、あなたは宇宙の共鳴周波数に非局所的かつ重力的に接続されており、誰も宇宙の「外側」に単独で立ったり、すべてから切り離されたりしないことを覚えておいてください。私たちは皆、この巨大な共鳴システムの一部であり、太陽、月、地球などのインテリジェントなサブシステムとの動的フィードバックループに参加しています。私たちの分離の感覚は、厳密に脳ベースの「壮大な幻想」です。
References: 
[i] Len Horowitz, Musical Cult Control, http://www.medicalveritas.org/MedicalVeritas/Musical_Cult_Control.html
[ii] Gary Meisner, http://www.goldennumber.net/music/
[iii] Mark Brewer, Music of the Spheres: A Case for A=432Hz, http://markbrewerharpist.com/blog/2013/02/music-of-the-spheres-a-case-for-a432hz/
[iv] The Secret Behind 432Hertz Tuning, http://attunedvibrations.com/432hz-healing/
[v] Horowitz, op. cit.
http://ptolentinobioresearch.wikispaces.com/file/view/cochlea.jpg/77216849/cochlea.jpg
[vii] Brian, T. Collins, The Importance of 432Hz Music, http://omega432.com/432-music/the-importance-of-432hz-music
[viii] Ibid.
[ix] Karol Jankowiak, Solfeggio Frequencies Set Body into Full Harmony, http://www.wakingtimes.com/2014/02/01/solfeggio-frequencies-set-body-into-full-harmony/
[x] www.mythsdreamssymbols.com/432.html
[xi] Brewer, op. cit.
[xii] Ibid.
[xiii] Susan Alexjander, The Infrared Frequencies of DNA Bases, as Science and Art, http://www.oursounduniverse.com/articles/IEEE.html
[xiv] Dameon Keller, http://dameonkeller.wix.com/esotericartschicago#!sound-&-vibration-and-color-&-light
[xv] See Brennan, Hands of Light, Bantam, 1988.
[xvi] Bruce Lipton, The Biology of Belief, 2005
[xvii] Marciniak, Earth, 68-9.
About the Author
Brendan D. Murphy – Co-founder of Global Freedom Movement and host of GFM Radio, BrendanD.Murphy is a leading Australian author, researcher, activist, and musician. His acclaimed non-fiction epic The Grand Illusion: A Synthesis of Science & Spirituality – Book 1 is out now! Come and get your mind blown at www.brendandmurphy.net

気象兵器HAARPは名前を変え環境改変技術(ENMODーーEnvironmental Modification Convention)になった

環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約
出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%94%B9%E5%A4%89%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AE%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E7%9A%84%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96%E3%81%AE%E6%95%B5%E5%AF%BE%E7%9A%84%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%AE%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%9D%A1%E7%B4%84

環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約
通称・略称 環境改変兵器禁止条約
起草 1976年12月10日
署名 1977年5月18日(ジュネーヴ
効力発生 1978年10月5日
寄託者 国際連合事務総長
条約番号 条約第7号及び外務省告示第188号
言語 英語、アラビア語、中国語、フランス語、ロシア語およびスペイン語
主な内容 現在あるいは将来開発される技術により自然界の諸現象を故意に改変・軍事的敵対的に利用することの禁止を定める。
条文リンク 環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約 (PDF) - 外務省
テンプレートを表示

環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約(かんきようかいへんぎじゅつのぐんじてきしようそのたのてきたいてきしようのきんしにかんするじょうやく、英: Convention on the Prohibition of Military or Any Other Hostile Use of Environmental Modification Techniques、英略称:Environmental Modification Convention (ENMOD))は、1976年12月10日、第31会期国際連合総会決議31/72号で採択され、1978年10月5日に発効した環境保全軍縮に関する条約。略称は環境改変技術敵対的使用禁止条約。通称、「環境改変兵器禁止条約」ともいう。

 

概要

環境改変技術敵対的使用禁止条約は、「現在あるいは将来開発される技術により自然界の諸現象を故意に変更し(例えば地震津波を人工的に起したり台風やハリケーンの方向を変える)、これを軍事的敵対的に利用すること」[1]の禁止を目的とする環境保全軍縮に関する条約。具体的には「津波地震、台風の進路変更等を人工的に引き起こして軍事的に利用すること」[2]を禁止する内容(第1条)となっており、条約を遵守する締約国のとるべき措置(第4条)や、違反の際の苦情申し立ての手続き(第5条)を規定する。ただし、罰則規定はない。また、有効期間は無期限と規定されている(第7条)。すごい.
主な内容
(第1条)敵対的使用の禁止

締約国は、他の締約国に対し、「破壊、損害又は傷害を引き起こす手段として広範な、長期的な又は深刻な効果をもたらすような環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用」を禁止される[3]。(第1条1項)

(第2条)定義

「環境改変技術」(environmental modification techniques)とは、「自然の作用を意図的に操作することにより地球(生物相、岩石圏、水圏及び気圏を含む。)又は宇宙空間の構造、組成又は運動に変更を加える技術」をいう[4]。(第2条)

(第3条)平和的使用

本条約は、「環境改変技術の平和的目的のための使用を妨げるものではなく、また、環境改変技術の平和的目的のための使用に関し一般的に認められた国際法の諸原則及び適用のある国際法の諸規則を害するものではない。」)と規定されている[5]。(第3条1項)

(第4条)締約国のとるべき措置

本条約において締約国は、「自国の憲法上の手続に従い、その管轄又は管理の下にあるいかなる場所においても、この条約に違反する行為を禁止し及び防止するために必要と認める措置をとること」を誓約する[6]。(第4条)
(第5条)苦情申し立ての具体的措置

苦情を申し立てる場合、締約国は、「他の締約国がこの条約に基づく義務に違反していると信ずるに足りる理由があるときは、国際連合安全保障理事会に苦情を申し立てること」ができる[7]。(第5条3項)
このような「苦情の申立てには、すべての関連情報及びその申立ての妥当性を裏付けるすべての証拠」を含めなければならない[8]。(同項)

 

●【気象兵器か。日本におけるピンポイント異常気象の多発は、】
https://togetter.com/li/1402891
今の日本は人工台風兵器や人工地震兵器の実験場?1945年は広島長崎で原爆兵器の実験をされて。
●2019.10.8. 『日米貿易協定FTA』が合意署名。日本の立法/行政/司法が、実質、米国の統治に。米国統治下で許される限りの全権を日本国首相に米国が委任した可能性。
●2019.10.09.関東最大級竜巻台風。
●2019.10.12.日本史最大級竜巻台風。その最中または前後で、『ジオエンジニアリング30兆円予算』が国会審議を通さずに決定。ジオエンジニアリングは、気象兵器、人口削減、被災ビジネスに使われる可能性。日米開発のジオエンジニアリング成果を海外顧客先に示す実験場としての、日本列島か。日本は世界の最終核廃棄物処理場と認知されつつあり、海外の水ビジネス巨大大手も参入中。人工知能により既存金融は崩壊中、スパイ防止法がない日本の『マネーロンダリング資金洗浄センター』カジノに、海外マフィアも集合中。
●2019.11.18 日本で初めて、DSEI国際兵器展示販売会が千葉幕張で開催。


大量破壊の究極の武器:軍事用の「天気を所有する」
ミシェル・チョスドフスキー教授
グローバルリサーチ、2018年7月5日
グローバルリサーチ 2004年9月27日
テーマ: 環境 、 軍事化、WMD
詳細レポート: 気候変動
https://www.globalresearch.ca/the-ultimate-weapon-of-mass-destruction-owning-the-weather-for-military-use-2/5306386
著者紹介ノート
軍事用の環境修正技術(ENMOD)は、現在の地球規模の戦争では、究極の大量破壊兵器を構成しています。
地球規模の気候変動に関する議論でめったに認められないが、世界の天気は現在、新世代の洗練された電磁兵器の一部として修正できる。 米国とロシアの両方が、軍事利用のために気候を操作する能力を開発しました。
環境修正技術は、半世紀以上にわたって米軍によって適用されてきました。 米国の数学者ジョン・フォン・ノイマンは、米国国防総省と連携して、冷戦の最盛期に1940年代後半に気象修正に関する研究を開始し、「まだ想像されていない気候戦争の形態」を予見しました。 ベトナム戦争中、1967年にプロジェクトポパイの下で開始されたクラウドシード技術は、モンスーンシーズンを延長し、ホーチミントレイルに沿った敵の補給ルートをブロックすることを目的として使用されました。
米軍は、気象パターンを選択的に変更できる高度な機能を開発しました。 このテクノロジーは、1990年代に高周波アクティブオーロラ研究プログラム(HAARP)の下で最初に開発されたもので、戦略的防衛イニシアチブ「スターウォーズ」の付属物でした。 軍事的観点から見ると、2014年に正式に廃止されたHAARP大量破壊兵器であり、大気圏外で動作し、世界中の農業および生態系を不安定にする可能性があります。
公式には、HAARPプログラムはアラスカのその場所で閉鎖されました。 それにもかかわらず、機密性に包まれた気象修正の技術が普及しています。
米国空軍の文書AF 2025最終報告書によると、天候の修正は、 「 戦闘機に敵を打ち負かすか強制するための幅広い選択肢を提供する」能力は、洪水、ハリケーン、干ばつの引き金にまで及ぶと言います。と地震
「気象の修正は、国内および国際的な安全の一部となり、一方的に行うことができます。それは、攻撃的および防御的なアプリケーションを持ち、抑止目的にさえ使用される可能性があります。 地球上で降水、霧、嵐を発生させたり、宇宙の天候を変更したりする能力や、人工気象の生産はすべて、統合された[軍事]技術の一部です。」
1977年に、国連総会により国際条約が批准され、「広く、長期的または深刻な影響を与える環境修正技術の軍事的またはその他の敵対的使用」が禁止されました。 環境修正技術の軍事的またはその他の敵対的使用の禁止に関する条約によると:
「環境修正技術」という用語は、自然のプロセスを意図的に操作することにより、生物相、リソスフェア、水圏、大気、または宇宙空間を含む地球のダイナミクス、組成または構造を変更するための技術を指します。 ( 軍事またはその他の環境修正手法の敵対的使用の禁止に関する条約 、国連、ジュネーブ:1977年5月18日)
1977年の条約の内容は、1992年にリオで開催された地球サミットで署名された国連気候変動枠組条約(UNFCCC)で再確認されましたが、軍事利用のための気象修正に関する議論は科学的なタブーになりました。
軍事アナリストと科学者は、この問題については口をきかない。 気象学者は問題を調査しておらず、環境保護論者は京都議定書の下で温室効果ガスの排出に主に焦点を合わせています。 軍事および情報機関のアジェンダの一部としての気候または環境操作の可能性は、暗黙のうちに認められていますが、国連の後援の下での気候変動に関するより広範な議論の一部ではありません。
冷戦後の気象戦の軍事適用についての議論はタブーですが、 それでも米国空軍は 、敵の知識なしに、行動を含む 非従来型の戦闘とインテルの作戦の現代の戦場におけるENMOD技術の戦略的重要性を認めました 、「秘密」の天気修正操作の 。
米軍はENMOD兵器が軍事兵器の一部であることを認めていますが、ENMOD技術が外国または米国の敵に対して米軍によって使用されたという正式な証拠または証拠はありません。
私たちの歴史のこの時点で、米NATO軍は世界中に配備されています。
米国とその同盟国はシリアとイラクに戦争を仕掛けており、イランと北朝鮮を標的にしています。 彼らはまた、ロシアと中国を脅かしています。
ペンタゴンは、世界的な軍事課題、「長期戦争」、国境のない戦争の輪郭を定式化しました。
「気象戦争」は、敵の生態系を不安定にし、農業を破壊し、通信ネットワークを無効にする可能性がある究極のWMDです。 言い換えれば、ENMOD技術は、国民経済全体を弱体化させ、何百万人もの人々を貧困にし、軍隊や軍事ハードウェアを配備することなく「国家を殺す」ことができます。
いくつかの小さな編集を除いて、次のテキストは2004年9月に最初に公開されました。
2004年の記事は、 ワシントンの新世界秩序兵器は気候変動を誘発する能力があるという著者による以前の研究のフォローアップであり、2001年1月、第三世界の復活、
http://www.globalresearch.ca/articles/CHO201A.html
エコロジストは2007年に上記の研究の短縮版を発表しましたが、軍事用の気候操作の問題は、環境保護主義者によってほとんど無視されてきました。
元の記事のURLは次のとおりです。
http://globalresearch.ca/articles/CHO409F.html
このエッセイは、統合された非従来型兵器プログラムの一環として、HAARPプロジェクトの悪魔的な性質を最初から明らかにしたロザリー・ベルテル博士の記憶に捧げられています。
「上層大気を理解し、制御するための50年間の集中的でますます破壊的なプログラムに関連しています。 …HAARPは、長期にわたる宇宙の研究開発と、意図的な軍事的性質の不可欠な部分です。 これらのプロジェクトを結合することの軍事的影響は警戒すべきです。 …HAARP / Spacelab /ロケットの組み合わせが、核爆弾に匹敵する非常に大量のエネルギーを、レーザーと粒子ビームを介して地球上のどこにでも届ける能力は恐ろしいものです。 このプロジェクトは、入ってくる武器に対するスペースシールドとして、または、よりだまされやすい、オゾン層を修復するためのデバイスとして、一般に「販売」される可能性があります。 「
この記事が気象戦争の危険性に関する議論を更新し、米NATO軍事装置の容赦ない「武装解除」を必要とする世界平和のより広い目的に貢献することを心から願っています。
公式には、HAARPプログラムはアラスカのその場所で閉鎖されました。 それにもかかわらず、機密性に包まれた気象修正の技術が普及しています。

バミューダ海域で起こっているハチソン効果

f:id:hibiki-love:20191015043212j:plain

 

Roll cloud captured on video in Northern Michigan

https://www.youtube.com/watch?v=vShBYxAstjc

Amateur video: Rare roll cloud caught on camera over Texas

https://www.youtube.com/watch?v=IAVymZA7mt4

電子霧
バミューダトライアングルのハチソン効果?

バミューダトライアングルの消失の説明の1つは、電子霧に基づいています。これは、カナダの科学者ジョンハッチソンが自分の研究室で実証できるものに似ています。それは海の上に形成される電磁界の灰色がかった雲のようなものです。そのような電子霧はどこからともなく現れ、船や航空機を完全に飲み込むように見えます。

その後、霧は船または飛行機と一緒に動き続けます。そしてすぐに、すべての電子システムと機器が誤動作を開始します。もう何も正しく動作しません。空間的見当識障害と時間の歪みが始まります。そして最後に、船または航空機は跡形もなく崩壊または消滅することさえあります。



これまでのところ、電子霧のそのような事件はすべて、超自然現象、またはバミューダトライアングルで自分の本を売りたいという作家の単なるセンセーショナルな物語として説明されてきました。これは、実際のベテランと経験豊富なパイロットや沿岸警備隊から来た奇妙な霧を引用する実際のSOSコールの一部という事実にもかかわらずです。

科学的な説明がないため、これらはこれまでのところ非現実的な物語として扱われてきました。

実際の経験
これは、ベテランのパイロットと現在の著者であるブルースジェノンが経験した電子霧の実際の発生率です(以下の彼の個人的なコメントを参照)。 1970年に彼が父親と一緒に古典的なボナンザを飛行している間に、楕円形の雲がアンドロス島から約3マイル離れたところに形成され始めました。彼が雲から抜け出すことができる前に、それは飛行機を飲み込み、彼らの周りにトンネルを作りました。

10,000フィートのトンネルを飛んでいると、周囲の雲が線を形成し、ゆっくりと回転し、反時計回りにらせん状に動きながら前進しているのが見えました。彼らは無重力の感覚を持ち始め、すべてのナビゲーションシステムが崩壊し始めました。

幸いなことに、マイアミビーチ(バミューダトライアングルの一角)で雲(電子霧)が突然崩壊し、再びレーダーで発見されました。しかし、それまでに彼らは通常の時間よりも30分短い時間で100マイルのトンネルを通り抜けました。

バミューダトライアングルの別の事件で、経験豊富なパイロットのジェンソンは、彼が地上150フィートの雲で迷子になったと報告しました。このような低高度で雲が形成された理由はありませんでした。彼の声は、彼が以前に失われた場所から約600マイル離れた11時間後に再び聞こえ、彼の燃料が終わってからあまりにも長い。彼は跡形もなく再び姿を消した。

ハチソン効果ですか?
それで、ハチソン効果は何を意味し、バミューダトライアングルと何の関係があるのでしょうか?

1979年、ジョンハッチソンは、異なる波長の電磁場が相互作用すると、ある時点で、カップの中を渦巻く水、木や金属などの物体が床から上がり始め、周りに浮いたり、オブジェクトによっては素晴らしい速度で飛ぶこともあります。

電磁気は、電流がワイヤまたはコイルを流れる場合に生成される磁場です。ハチソンは、実験のためにバンクーバーの自分のアパートを使用しました。スペース不足のため、彼は自分の小さなアパートにたくさんの楽器を詰め込んだ。それらのほとんどは、異なる波長の電磁場を生成し、通常の電源で動作する粗機械でした。

彼はオブジェクトの奇妙な振る舞いを750回以上示し、そのような電磁場の相互作用により、明らかに奇妙なことが起こりうることを証明しました。たとえば、金属は溶け、横にスライドすると壊れ、白熱しますが、触れたものは燃やしません。

ガラスの鏡が彼の家の外で粉々になった場合があり、隣人は彼らの家の物体が床から自動的に上昇し始めたと不平を言いました。実際、ハッチソン自身は、他の実験に取り組んでいる間、彼のすべてのマシンの電源を入れたままにして、初めてこのような奇妙な現象を観察しました。予期せず物体が肩に触れました。彼は振り返って、物体が床から上がり、空中に浮かんでいるのを確認しました。

ジョン・ハチソンは、彼が透けて見えない奇妙な金属タイプの霧の形成を自身で観察しました。驚くべき結果の多くは、マクドネル・ダグラス・エアロスペースとドイツのマックス・プランク研究所によって撮影され、文書化されました。

ハチソンは続けて、「高電圧の研究を行っていたとき、個人的に灰色がかったタイプのミストを経験しました。このミストは現れたり消えたりします。それを見ると、金属のように見えます。だからそれは存在する…それは存在する!」

電子霧周辺のバミューダトライアングルの発生についてコメントし、「自然が自然にこれらのフィールドを形成し、船舶または航空機が完全に崩壊するか、別の次元または領域に消滅する適切な状況を作り出す可能性が高い」と述べました。



ハチソンの電磁気効果は証明されていますが、なぜ実際にそれが起こるのか、そして電磁界が相互作用する場合に正確にいつ起こるのかは誰にもわかりません。なぜなら、そのような奇妙な効果を予想通りに作成できる固定されたルールがないことも観察されているからです。 99%の確率で、まったく発生しない可能性があります。

しかし、ハチソンがアパートの通常の電源だけで動作する手作りのマシンでそのような信じられないほどの効果を生み出すことができたら、自然がそのような効果を生み出した場合に放出されるエネルギー量はどうなるか想像できます。

そのような圧倒的な力のヒントは、空の雷が巨大な電力を生成し、大きな建物でも簡単に破壊するのを見ると理解できると思います。

ロールクラウドですか?
名前が示すように、ロールクラウドは、チューブ状の構造を持ち、内部に中空のトンネルを作ります。このようなロールクラウドの形成は非常にまれですが、そのような形成が行われることは知られています。そして、そのような雲は、空から地平線まで長距離に広がる可能性があります。

航空機がそのようなロールクラウドに入り、そのトンネルを通過する可能性も排除することはできません。しかし、トンネルのコア内部で起こることはそうではありません

ついにここまで来たか!!ロシアのターミネーター

スカイボットF-850に会う
トム・メトカーフ テック
https://www.space.com/russia-launching-humanoid-robot-into-space.html

ロシアのスカイボットF-850:「ターミネーターではなく」宇宙ロボット。2019年8月にソユーズ宇宙カプセルで国際宇宙ステーションに打ち上げられます。
 
明日の夜、 ロシアのソユーズ宇宙船がカザフスタンから国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられると、奇妙な場合でも、乗員カプセルの司令官の椅子に座っているヒューマノイドロボットが1人運ばれます。
スカイボットF-850と呼ばれるこのロボットは、 ロシアのFEDORロボットの最新バージョンの1つであり、救助活動から自動車の運転に至るまで、そして今や宇宙への飛行に至るまで、人間の万能スタンドインとして開発されました。
ロボットがソユーズで司令官の位置を占めるのは初めてです。スカイボットは、宇宙船が軌道に入るときの力や無重力の開始を含む、無人飛行中の状態を監視して報告します。
現実の「複製」:宇宙探査に使用される6つのヒューマノイドロボット

f:id:hibiki-love:20191015042149j:plain



ロシアの宇宙機関Roscosmosによると、ISSに到着すると、6フィート(180センチ)のスカイボットは、9月7日に地球に帰還するまでに、ISSの乗組員とほぼ2週間働きます。
ロスコスモスの高度なプログラムと科学のディレクターであるアレクサンダー・ブロシェンコは、最初のスカイボットはISSのロシア人のための「ソーシャル・コンパニオン」およびインタラクティブなリファレンス・ガイドとして機能すると述べています 。
多機能ロボットは、現時点ではロシア語のみですが、質問に答えたり、会話をしたり、冗談を言ったりすることができます。
これはほんの始まりにすぎない、とBloshenkoはSpace.comに電子メールで言った:「そのようなロボットの将来の世代は、船外活動や太陽系本体での遠隔測定操作など、人間にとって特別なリスクのあるタスクを解決するでしょう」
関連: トップ10の宇宙ロボット「セルフィ​​ー」  

ロシアのヒューマノイドSkybot F-850は、自律的に動作したり、人間のコントローラーの動作を模倣したりできます。
(画像クレジット:Androidnaya Technika)
高度なロボット工学
ロシアは2014年からFEDORロボットを開発しています。Bloshenkoは、ISSに飛行するSkybotバージョンは、打ち上げ時の振動や宇宙での操作の要求に耐えるように設計された堅牢な材料で作られていると述べました。
特別な移動アルゴリズムもインストールされており、スカイボットの動作は意図的に制限され、偶発的にISSに損害を与えないようにしています。

人工知能により、スカイボットは自律的に移動したり、行動したり、全身の「コントロールスーツを着たオペレーターの制御下で「アバター」モードで動作したりすることができます」とBloshenko氏は言います。
ロボットのヒューマノイドデザイン、特にその高度なロボットハンドにより、標準の「人間」ツールで動作することができます。ビデオでは、歩行、バルブの回転、ドアのロック解除、消火器、電気ドリル、ガストーチの動作をビデオで示しています溶接用。

ロボットのビデオは、車と四輪バイクを運転していることを示しています。さらに、2017年に注目すべき1つの機会に、銃の射程のターゲットで2つの自動拳銃を発射しました。
そのため、ドミトリー・ロゴジン副首相はロシアが武器としてロボットを開発していないと主張しました:「私たちはターミネーターを作成しているのではなく、さまざまな分野で非常に実用的な意味を持つ人工知能を作成している」
写真:NASAバルキリーR5宇宙ロボットの写真
宇宙のロボット

ロシアの宇宙機関Roscosmosは、スカイボットF-850が国際宇宙ステーションの乗組員の「社会的コンパニオン」として機能すると述べています。
(画像クレジット:Androidnaya Technika)
スカイボットF-850はISSで最初のロシアのロボットかもしれませんが、NASA欧州宇宙機関ESA)はすでに数年前から宇宙ステーションでロボットを操作しています。
NASAのロボノート2は、宇宙飛行士と一緒に動作するように設計された脚のないヒューマノイドで、2011年にISSに飛行し、2014年まで良好に機能しました 。 現在更新中であり、来年にISSに戻る予定です。
一方、ESAのほぼ球形の「ソーシャルロボット」であるCIMON( Crew Interactive Mobile Companionの略)は、2018年からISSに登場しています。
CIMONは、顔を認識し、写真やビデオを撮影し、宇宙飛行士がここ地球上のIBM自然言語処理コンピューターであるWatsonと通信できるように設計されています。

ISSで最も高度なロボットは、 NASAのAstrobeeプロジェクトと共に今年初めに到着しました。
2台の立方体のような自由飛行ロボットが4月にISSに飛行し、来月には3回目の飛行が予定されていました。 実験用ハードウェアプラットフォームとしてISSで10年以上飛行してきた由緒あるSPHERES衛星を引き継ぐように設計されています。
しかし、交換用のAstrobeeはSPHERESよりもはるかに賢く、実験のペイロードキャリアとして機能します。 やがて、機器の調査や機器のインベントリの実行など、ISSでの日常業務を引き継ぐ場合があります。

「乗組員の宇宙飛行中、乗組員の時間は常に貴重なリソースになります」とAstrobeeプロジェクトマネージャーのMaria BualatはSpace.comに語りました。 「Astrobee、Robonaut、または新しいロシアのヒューマノイドのような補助ロボットは、乗組員が現在しなければならない反復的または危険な作業の一部を引き継ぐことにより、宇宙飛行士の時間を解放するのに役立ちます。」
AstrobeesやSkybotを含むISSロボットの現在の世代はISS内でのみ動作するように設計されていましたが、宇宙で外部で動作できるロボットの開発作業が行われていました。
「外部ロボットなどをお持ちの場合、宇宙飛行士がスーツを着ずにEVA (船外活動)を行うことなく外部リークを修理するなど、修理作業を行うことができます」とBualat氏は述べています。 「それで、宇宙飛行士にとっても安全になります。」

 動画

Russian robot F.E.D.O.R Skybot F-850 & The Rockets
https://www.youtube.com/watch?v=GiX3vpVg3t4

Russian robot F.E.D.O.R Skybot F-850 & The Rockets
https://www.youtube.com/watch?v=GiX3vpVg3t4


•  Do the Robot! NASA's Valkyrie Gets Down in New Video 
•  Watch NASA's 'Lemur' Robot Climb a Cliff in Death Valley as Practice for Mars 
•  Tiny Robot 'Bumbles' Through the Air Aboard Space Station 

2019年10月の大雨は気象兵器によるものなのか?世界の気象コントロールの話題

天候さえも操るヴィルヘルム・ライヒの「クラウドバスター」
宇宙には未知のエネルギーが存在する――ヴィルヘルム・ライヒが「オルゴン」と名づけたこのエネルギーは、天候すら操る「クラウドバスター」の誕生につながりました。彼の見つけたこのエネルギーは疑似科学だったのでしょうか。

]
https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0912/13/news002.html

精神分析マルクス主義の統合を目指した心理学者で、性革命理論の提唱者として知られるヴィルヘルム・ライヒは、1897年3月、オーストリアガリツィア地方で生まれました。
 14歳のときに母親が自殺し、父親もライヒが17歳のときに肺炎で病死するという経験を経たライヒは、一度は陸軍に入隊しますが、すぐに除隊。その後、ウィーン大学法学部に入学します。ほどなくして医学部に移ったライヒは、そこで精神分析を学び、1922年には医学博士号を取得します。
 すべての人間は「性欲」(リビドー)に支配されているとするジークムント・フロイトから指導を受け、フロイト派の精神分析家として活動したライヒは、フロイトの後継者になるとみなされていました。しかし、リビドーを精神的なものと考えていたフロイトに対し、ライヒは、リビドーとは微細な物理エネルギーであると考えていたようで、1927年にはフロイトとの対立が表面化、1934年には国際精神分析学会から除名されてしまいます。
 ナチスに代表されるファシズムを性的抑圧によるノイローゼ患者のサディスティックな表現であるとした『ファシズムの集団心理学』などを上梓したことで、ナチスドイツからも危険視されていたライヒは、1934年、ノルウェーに亡命。オスロ大学の心理学研究所の実験施設で、人間が性的に興奮したときの皮膚電位の変化を測定し始めます。
 一方で、この時期、顕微鏡観察によって、滅菌した肉汁中に小胞(バイオン)を発見します。これは、内側から青みがかった淡い光を放ち、不規則に脈動する直径1ミクロンほどの小胞です。これをあらゆる生物の根源的な機能単位と考えたライヒですが、ノルウェーの科学者たちから激しい非難を浴び、1939年には逃げるようにして米国に亡命します。
オルゴンの発見
 米国に移ったライヒは、内部に薄い鉄板を張った合板製の箱を使い、海砂を加熱したときに発生するバイオンが特に強く発光するという仮説の実証実験に取りかかります。しかし、この箱からバイオンを取り出しても発光が消えないことから、ライヒは宇宙に偏在する未知のエネルギーがあると考え、それを性のオルガスムスにちなんで「オルゴン」と名づけます。

 1940年、箱の外側にエネルギーを吸収する有機物を、内側にはそれを反射する金属を張ったエネルギー集積器「オルゴンアキュミュレーター」(オルゴンボックス)を完成させます。このオルゴンボックスは、やけど、ガンなどの腫瘍(しゅよう)、神経症などの治療に効果があることが判明したため、彼はその研究に着手し、オルゴン療法を確立していきます。
 1942年にオルゴノンという研究所を設立したライヒは、ラジウム放射能をオルゴンエネルギーで中和しようと考え、1950年から大規模実験を敢行します。しかし、放射能の影響でオルゴンエネルギーが「Deadly Orgone」(死のオルゴン:DOR)に変化するという結果となり、実験にかかわった全員が肉体的/精神的な変調を訴えたため、1951年はじめに実験は中止されました。
クラウドバスターの誕生
天候さえも操るとされる「クラウドバスター」(出典:cez-okno.net)
 実験後には研究所の上空にライヒDOR雲と名づけた黒雲が1カ月にわたって出現したといいます。オルゴンもDORも水に引きつけられるところから、ライヒは長い金属パイプをDOR雲に向け、パイプにつないだケーブル線を深い井戸に入れ、雲のエネルギーを吸引することを考えつきます。これが、DORに限らず、大気中のオルゴンエネルギーを分散、あるいは集中させる「クラウドバスティング」という技術であり、ライヒは水中にアースした中空のパイプを数本束ねた装置「クラウドバスター」で何度か気象コントロールを行い、成功を収めたとされています。
 しかし、オルゴン療法がガン治療機の不法製造販売に当たるとFDA(米国食品医薬品局)から訴えられたライヒは、裁判中に法廷侮辱罪で投獄され、1957年11月に獄中で死亡します。
 ライヒのオルゴン研究はいわゆる疑似科学として扱われていますが、科学と疑似科学の境界はあいまいなものです。オルゴン療法も、実際には「生物学的オルゴン療法」と「物理学的オルゴン療法」に分けられており、前者は精神分析の応用で、現代医学ないし科学と矛盾するようなものではありません。後者はオルゴンボックスを用いた治療ですが、これはあくまで実験的な治療であり、それを商売にしていたわけでもありません。ただ一方で、UFOもオルゴンエネルギーを利用した乗り物であると考え、クラウドバスターでUFOを撃墜すべきであると提唱するなど、変わった言動も目立ったことが、ライヒの不幸だったのかもしれません。
 ライヒが提唱したオルゴンエネルギーもまた、いつの日か科学として認められる日がくるのでしょうか。

 

 


気象を操る。人類が天候をコントロールした10の歴史

http://karapaia.com/archives/52231256.html

 人類は天候から様々な影響を受ける。天候と環境(これ自体が天候の影響を受けたものだ)は世界中の言語に影響を与えた。家屋や社会の作りもしかり。食べ物や服装もしかり。宗教もまた気象に対する一種の答えとして形成された。

 人々が天候をコントロールしようと考えたのも無理はないだろう。この数十年の科学技術の進歩によって、我々はまさに神の領域へと踏み込んでいる。

 もちろん今後解決しなければならない課題も山積している。そもそも天候だけをコントロールすれば済む話なのかどうかもよく分からないのだが、そうした話は置いておいて、ここでは持てる全ての力を使って天候のコントロールに挑んだ人々がいたことを記しておこう。

スポンサードリンク

10. 霧の消散させる 霧消散装置


 飛行機の登場により、離着陸が必要な現場では霧がやっかいな問題になり始めた。だが第二次世界大戦の真っ只中では、パイロットは霧が晴れるまで座って待つといった贅沢は許されなかった。1942年にウィンストン・チャーチルがこの問題の解決を命じたのは、こうした理由である。その結果が霧消散装置(Fog Investigation and Dispersal Operation)だ。

 これは飛行場で毎時100,000ガロンものガソリンを燃やすことで、霧を上昇させる熱を発生させ、離陸や着陸の視界を確保した。イギリス空軍によると、イングランドの飛行場15か所のほか、アメリカの数か所でも使用されたという。1943~45年にかけて2,500機もの飛行機を安全に着陸させ、10,000名以上のパイロットの命を守った。

 今日でさえ、世界中の数多くの飛行場で霧の消散が定期的に行われている。だが技術は大戦当時よりも進んでいる。気温が氷点下以下ならば二酸化炭素やプロパンガスを利用する。それより暖かい場合はヘリコプターやバーナーが使われる。

9. 雹(ひょう)の形成を防ぐ 雹キャノン

 1890年代後半にM・アルバート・スティガーというオーストラリアのワイン醸造主が考案した。それは巨大なメガホンのような形状で、煙の輪を300メートルの上空に射出する代物だ。

 雹キャノンの狙いは、空気と煙を撃ち出すことで、上空の雲の中での雹の形成を防ぐことだ。雹は作物に深刻な被害を与えるために、この発明は農家にとって科学からの贈り物であった。数度の実験を経て、ベネチア付近の県ではたった1年のうちにこの雹キャノンが466基から1,630基本まで一気に導入された。

 雹キャノンはヨーロッパ各地にどんどん普及したが、同時に苦情も寄せられるようになる。当初、そうした訴えは、不適切な射出、遅すぎる使用、設置位置の問題などが原因として棄却されていた。しかし1903年からイタリア政府は222基の雹キャノンを2年間に渡り調査することを決定。その結果、これが導入された地域では相変わらず雹被害に悩まされていることが明らかとなり、雹キャノンへの信頼は瞬く間に地に落ちた。
 
 意外にも雹キャノンは現在でも使用されている。あるメーカー製のものは音速のショックウェーブによって雹や雨の形成を妨げるという。嵐が近づくと、レーダーで追跡しつつ4秒間隔で発砲する。2005年にアメリカのある自動車製造業者がこれを導入したが、あまりの騒音で住民が大迷惑したそうだ。

 

8. 雨を降らせる クラウドシーディング


 雹以外にも、干ばつによる農作物の被害も甚大だ。そこで1946年、ヴィンセント・シェーファーという気象学者とノーベル賞を受賞したアーヴィング・ラングミュアがクラウドシーディングを考案した。

 雨は、水滴が過冷却されると同時に、核生成という過程で氷の結晶が形成されるときにできる。空気中で結晶が保持できなくなると、これが落下。結晶は地上に届くまでに溶けて、雨に変わる。

 クラウドシーディングはこの理論を応用したもので、ヨウ化銀ドライアイスなどの粒子でこの過程を促進し、雲の雨形成能力を強化する。これは飛行機で撒くことも、地上からスプレーで散布することも可能だ。だが雹キャノンのように、その効果を証明することは難しい。

今日においてさえも、雨がクラウドシーディングの効果によるものなのかどうか確実に知る方法はない。それでもオーストラリア、フランス、スペイン、アメリカ、UAE、中国からは成功しているという報告が寄せられている。

 クラウドシーディングの専門家アーレン・ハギンズによると、これが最も効果的なのは干ばつの時期ではなく、通常よりも降雨量が多い時期であるという。そうした場合に10パーセントほど降雨や降雪が増えれば御の字で、増えた分を干ばつの備えとして蓄えておくのがいいらしい。


7. 台風の進路を変更 プロジェクト・シラス


 早くも1946年に米軍はクラウドシーディングの試験に乗り出す。最初の1年半で37回の試験飛行を実施し、雷雲、スコールライン、竜巻の上空などを飛行した。

 毎年大西洋で発生する台風は甚大な被害をもたらしているが、1947年10月のプロジェクト・シラスではその台風にクラウドシーディングを試みた。フロリダ、ジャクソンビルの海岸から560キロほど東にあった台風の中へおよそ36キロのドライアイスを投下。結果、台風は突如進路を変更し、アメリカ本土へと戻り始めた。

 ジョージア州は時速136キロという記録破りの台風に襲われ、1,400名以上が家を失い、少なくとも2名の犠牲者が出ている。

  関係者にはごうごうたる非難が浴びせられたが、ニューメキシコ州に場所を変え、プロジェクト・シラスは続行された。それからすぐに例年にないほどの雨が続いたことで、地元ツーリストから調査チームに対してまたもや批判の声が上がった。成果は上がっているように思えるが、1952年頃には資金難となり、研究は中止された。


6. プロジェクト・ストームフューリー


 それまでの研究を無駄にしないため、1962年に新たな野心的プロジェクトが発足。目的はクラウドシーディングで台風の破壊力を弱めることができるかを調べることだ。ヨウ化銀を満たした缶を台風の目に投下し、銃のような装置で中身を散布。これによって台風の目の中の対流を平衡させ、範囲を広めることで、風速を弱めようとした。

 8日間で四つの台風に対して実施し、半数で風速が10~30パーセント低下したが、半数では変化がなかった。変化がないケースでは、当初は実施手法に問題があったことが原因とされた。

 しかし後の研究では、台風にはクラウドシーディングが効力を発揮するために必要な過冷却された水がほとんど含まれていなかったことが示唆された。

 さらにこうした台風では、放っておいてもシーディングが実施されたときと同じようなプロセスが発生することも明らかとなる。こうして成功事例とされた半数も自然な現象であったと結論された。最後の実験は1971年のことで、1983年にプロジェクト・ストームフューリーは正式に中止された。成果が得られなかったとはいえ、台風の仕組みの理解や進路の予測には貢献した。


5. 雷の頻度を減らす プロジェクト・スカイファイア


 地球上ではどの瞬間でも1,800もの雷雨が生じている。こうした雷雨によって20分毎に60,000回の落雷が生じる。そのどれかで火災が発生したとしても驚くにはあたらないだろう。

 アメリカでは毎夏9,000回の森林火災や草原火災が起きている。1955年に米農森林局によって開始されたプロジェクト・スカイファイアは、雷雨の発生過程を理解し、雷の頻度を減らすことを目的としていた。

 プロジェクトが始まってからの数年はデータの収集が行われ、落雷を減らすために高濃度のヨウ化銀の使用も始まった。コントロールされた実験ができないために、その結果の定量化は困難である。それでも初期実験は多少なりとも成功したように思われた。

 1960年と1961年、ドライアイスヨウ化銀の代わりに無数の小さな金属のピンを使用し雷抑制を実施。これは各先端に反対の電荷を帯びさせた金属箔であり、現在では敵ミサイルやレーダーを撹乱するために利用されるものだ。


4. オペレーション・ポパイ ― ベトナム戦争洪水大作戦


 クラウド・シーディングはある時点から軍事利用も念頭に置かれるようになる。ベトナム戦争で実行されたオペレーション・ポパイの目的は、雨季に北ベトナム南ベトナムの道路で洪水を起こし、分断することだった。特にベトコンの物流の要であったホーチミン・ルートが標的とされた。

 1966~1972年にかけて2,600回の飛行が実施され、47,000ユニットのクラウドシーディング剤が投下された。実際に効いたのかどうかは議論されるところだが、雨季を30~45日伸ばすことに成功されたと言われている。

 

 作戦ではジャングル上空を定期的に飛行し、枯葉剤とともにクラウドシーディグ剤が散布された。しかし1971年にジャック・アンダーソンという人物がワシントンポスト紙上で暴露したことで公にも知られるようになる。

 1972年、米国防長官メルビン・レアードはかかる天候改変技術の使用はないと議会で証言。その2年後にレアードの私信がリークされ、証言が嘘であったことが明らかとなる。この一件が1976年の環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約の締結につながった。


3. ベラルーシの黒い雨


 1986年4月、旧ソ連領、現在のウクライナで人の手で引き起こされた最悪の災害の一つが発生した。チェルノブイリ原子力発電所事故である。

 これにより大勢の犠牲者が生まれ、プリピャチの住人は全員が避難を余儀なくされた。しかし、これは始まりに過ぎなかった。モスクワ、ヴォロネジ、ニジニ・ノヴゴロド、ヤロスラヴリなど、ソ連の様々な大都市を放射能を持つ雲が脅かしたのである。

 最悪の事態を避けるために、ソ連政府はチェルノブイリを中心とする約100キロの範囲でクラウド・シーディングを実施した。

 南ベラルーシの住民は当時、分厚く黒い雲が垂れ込めていたと証言している。そして悪夢の雨が降り始める少し前、数機の飛行機が街の上空を旋回し、何やら色のついた物体を射出していた。ソ連政府はクラウドシーディングを実施したことを正式には認めていないが、後に2名のパイロットが告白している。

 チェルノブイリ周辺の放射能レベルと放射性降下物の量を調査からは、ベラルーシ人が通常の20~30倍もの被曝をしており、子供は酷い放射線中毒を起こしていることが判明。調査を行なった英国人科学者のアラン・フラワーズは、ソ連が1986年にクラウドシーディングを行なったと主張したことで、2004年に追放された。


2. 北京の天候改変局


 今日、世界52か国が何らかの天候改変技術を利用している。だが特にそれが顕著なのが中国である。天候改変局(北京市人工影響天氣辦公室)は1980年代に設置され、37,000名もの職員が携わるこの分野における世界最大の組織となった。

 中国国内のいたるところで活動するが、主な地域は干ばつに見舞われることが多い北部および北東部だ。

 ロケットランチャー4,000基、対空砲7,000基、飛行機30機を備え、降雨量の増加や雹の抑制などを行う天候改変局は、祝日などでそれに相応しい天気を実現するという役割も担っている。

 1997年の新年に雪を降らせたり、また2008年の北京オリンピックでも天候改変技術が使用されたことは有名だ。開会式では雨が降らないように1,100機のロケットが雲へ向かって発射された。また毎年10月1日の国慶節の前になると、クラウドシーディングで雨を降らせ、大気の汚染物質を洗い流しておく。さらに夏の気温を低下させ、電力の消費を抑えるといったことも行う。


1. 砂漠に雨を降らせましょう

 天気は地球の自転、日光、海洋に由来する湿気によって作られ、影響を受ける。これらに比べれば、我々ができることは微々たるものである。だが世界の人口が増加し、大勢の人々が居住にはあまり適していない地域へと移住しつつある。そう、砂漠だ。

 世界有数の砂漠地帯であるアラビア半島UAEなど、砂漠で暮らす人々は増加しており、当然ながら雨の需要も大いに高まっている。

 あるスイスの企業はこの状況から利益を生み出そうと、負の電荷を帯びたイオンを産み出す10メートルの塔の建設を開始した。これは嵐雲を形成させるという。

 イオン化理論は1890年頃、ニコラ・テスラが初めて提唱した。しかし、その後実施されたいくつもの実験にもかかわらず、これが雨を作り出すという証拠は得られていない。さらにこのスイスの企業は、同社の技術に関する証拠や情報を公開していない。塔が建設されて以来、数度の暴風雨が発生しているが、当時中東で発生した異常気象の一部であると主張する専門家もいる。

 

最後に
大量破壊の究極の武器:軍事用の「天気を所有する」
ミシェル・チョスドフスキー教授
グローバルリサーチ、2018年7月5日
グローバルリサーチ 2004年9月27日
テーマ: 環境 、 軍事化、WMD
詳細レポート: 気候変動
https://www.globalresearch.ca/the-ultimate-weapon-of-mass-destruction-owning-the-weather-for-military-use-2/5306386
著者紹介ノート
軍事用の環境修正技術(ENMOD)は、現在の地球規模の戦争では、究極の大量破壊兵器を構成しています。
地球規模の気候変動に関する議論でめったに認められないが、世界の天気は現在、新世代の洗練された電磁兵器の一部として修正できる。 米国とロシアの両方が、軍事利用のために気候を操作する能力を開発しました。
環境修正技術は、半世紀以上にわたって米軍によって適用されてきました。 米国の数学者ジョン・フォン・ノイマンは、米国国防総省と連携して、冷戦の最盛期に1940年代後半に気象修正に関する研究を開始し、「まだ想像されていない気候戦争の形態」を予見しました。 ベトナム戦争中、1967年にプロジェクトポパイの下で開始されたクラウドシード技術は、モンスーンシーズンを延長し、ホーチミントレイルに沿った敵の補給ルートをブロックすることを目的として使用されました。
米軍は、気象パターンを選択的に変更できる高度な機能を開発しました。 このテクノロジーは、1990年代に高周波アクティブオーロラ研究プログラム(HAARP)の下で最初に開発されたもので、戦略的防衛イニシアチブ「スターウォーズ」の付属物でした。 軍事的観点から見ると、2014年に正式に廃止されたHAARP大量破壊兵器であり、大気圏外で動作し、世界中の農業および生態系を不安定にする可能性があります。
公式には、HAARPプログラムはアラスカのその場所で閉鎖されました。 それにもかかわらず、機密性に包まれた気象修正の技術が普及しています。
米国空軍の文書AF 2025最終報告書によると、天候の修正は、 「 戦闘機に敵を打ち負かすか強制するための幅広い選択肢を提供する」能力は、洪水、ハリケーン、干ばつの引き金にまで及ぶと言います。と地震
「気象の修正は、国内および国際的な安全の一部となり、一方的に行うことができます。それは、攻撃的および防御的なアプリケーションを持ち、抑止目的にさえ使用される可能性があります。 地球上で降水、霧、嵐を発生させたり、宇宙の天候を変更したりする能力や、人工気象の生産はすべて、統合された[軍事]技術の一部です。」
1977年に、国連総会により国際条約が批准され、「広く、長期的または深刻な影響を与える環境修正技術の軍事的またはその他の敵対的使用」が禁止されました。 環境修正技術の軍事的またはその他の敵対的使用の禁止に関する条約によると:
「環境修正技術」という用語は、自然のプロセスを意図的に操作することにより、生物相、リソスフェア、水圏、大気、または宇宙空間を含む地球のダイナミクス、組成または構造を変更するための技術を指します。 ( 軍事またはその他の環境修正手法の敵対的使用の禁止に関する条約 、国連、ジュネーブ:1977年5月18日)
1977年の条約の内容は、1992年にリオで開催された地球サミットで署名された国連気候変動枠組条約(UNFCCC)で再確認されましたが、軍事利用のための気象修正に関する議論は科学的なタブーになりました。
軍事アナリストと科学者は、この問題については口をきかない。 気象学者は問題を調査しておらず、環境保護論者は京都議定書の下で温室効果ガスの排出に主に焦点を合わせています。 軍事および情報機関のアジェンダの一部としての気候または環境操作の可能性は、暗黙のうちに認められていますが、国連の後援の下での気候変動に関するより広範な議論の一部ではありません。
冷戦後の気象戦の軍事適用についての議論はタブーですが、 それでも米国空軍は 、敵の知識なしに、行動を含む 非従来型の戦闘とインテルの作戦の現代の戦場におけるENMOD技術の戦略的重要性を認めました 、「秘密」の天気修正操作の 。
米軍はENMOD兵器が軍事兵器の一部であることを認めていますが、ENMOD技術が外国または米国の敵に対して米軍によって使用されたという正式な証拠または証拠はありません。
私たちの歴史のこの時点で、米NATO軍は世界中に配備されています。
米国とその同盟国はシリアとイラクに戦争を仕掛けており、イランと北朝鮮を標的にしています。 彼らはまた、ロシアと中国を脅かしています。
ペンタゴンは、世界的な軍事課題、「長期戦争」、国境のない戦争の輪郭を定式化しました。
「気象戦争」は、敵の生態系を不安定にし、農業を破壊し、通信ネットワークを無効にする可能性がある究極のWMDです。 言い換えれば、ENMOD技術は、国民経済全体を弱体化させ、何百万人もの人々を貧困にし、軍隊や軍事ハードウェアを配備することなく「国家を殺す」ことができます。
いくつかの小さな編集を除いて、次のテキストは2004年9月に最初に公開されました。
2004年の記事は、 ワシントンの新世界秩序兵器は気候変動を誘発する能力があるという著者による以前の研究のフォローアップであり、2001年1月、第三世界の復活、
http://www.globalresearch.ca/articles/CHO201A.html
エコロジストは2007年に上記の研究の短縮版を発表しましたが、軍事用の気候操作の問題は、環境保護主義者によってほとんど無視されてきました。
元の記事のURLは次のとおりです。
http://globalresearch.ca/articles/CHO409F.html
このエッセイは、統合された非従来型兵器プログラムの一環として、HAARPプロジェクトの悪魔的な性質を最初から明らかにしたロザリー・ベルテル博士の記憶に捧げられています。
「上層大気を理解し、制御するための50年間の集中的でますます破壊的なプログラムに関連しています。 …HAARPは、長期にわたる宇宙の研究開発と、意図的な軍事的性質の不可欠な部分です。 これらのプロジェクトを結合することの軍事的影響は警戒すべきです。 …HAARP / Spacelab /ロケットの組み合わせが、核爆弾に匹敵する非常に大量のエネルギーを、レーザーと粒子ビームを介して地球上のどこにでも届ける能力は恐ろしいものです。 このプロジェクトは、入ってくる武器に対するスペースシールドとして、または、よりだまされやすい、オゾン層を修復するためのデバイスとして、一般に「販売」される可能性があります。 「
この記事が気象戦争の危険性に関する議論を更新し、米NATO軍事装置の容赦ない「武装解除」を必要とする世界平和のより広い目的に貢献することを心から願っています。
公式には、HAARPプログラムはアラスカのその場所で閉鎖されました。 それにもかかわらず、機密性に包まれた気象修正の技術が普及しています。