ロシアの時間についての考察

On Some Properties of Physical

Time and Space

 

Prof. Dr. Albert I. Veinik

Institute of Physics and Technics, Belarus Academy of Sciences 4

Jodinskaya str., Academy City, 220141, Minsk, Belarus

 

 

宇宙は実質的な材料です
理論の新しいパラダイムが提案されています。このパラダイムによれば、異質なSIMPLE物質-経時的(ギリシャ語「クロノス」-時間)、計量的(ギリシャ語「メトロン-測定、サイズ)、回転、振動、熱、電気、磁気などが宇宙寺院の初期要素です。そのような種類の物質にはそれぞれ固有のプロパティがあり、オブジェクトにこの物質が含まれている場合、物質はこれらのプロパティをオブジェクトに渡します。オブジェクトに物質がない場合、この物質に対応するプロパティはありません。たとえば、光子には電気物質(電荷)が含まれていないため、光子には特別な電気特性はありません。
1950
年から10年以上が特別な熱物質(またはドイツ語でワームは熱を意味する)を発見し、この物質によってすべての熱現象を説明するために費やされました。特殊な粒子の実際の存在-「サトロン」は実験によって証明されました[1p.274]
マクロ世界レベルのすべての単純な物質は連続的な特性を持っていることが発見されました。ミクロ世界レベルでは、それらは離散、部分、または量子です。さらに微妙なレベル(ナノの世界)では、物質には力の特性があります。例は、いわゆる重力および静電界(ナノフィールド)です。
時間、計量、回転、および磁性物質の量子(最小部分)サイズは不明です。プランク定数は振動物質の量子と見なすことができ、電気物質の量子としては電子の電荷を考慮することができます。量子物質(vermiant)が多くの方法で検出されました。フランツ・ヴィデマンの法則を使用して熱流と電流を実験すると、結果が得られます。
3.87x10-23 [J / K] [1
p.410; 2p.177]
いわゆる要素粒子は、特定の方法(同じ名前の量子間)および普遍的な方法で相互作用する単純な物質のグループです。
(異なる名前のクォンタム間)。例えば、電子では、電気物質と熱物質の部分間の普遍的な相互作用力は4x10-25 N [1p.412; 3p.352]
一般理論(GT)各単純物質は、物質の量と質(構造)、および物質の挙動(常識)の量と質(方法)の4つの定量的手段に定義されます。物質は一次であり、その挙動は二次的であるため、挙動の量は物質のすべての量の関数です。この関数の微分計算により、よく知られたエネルギー保存則[1,2,3,4]であるGTの最初の基本法則の原理が得られます。
同じように、GTの他の6つの原理について方程式が数学的に得られます。これは完全な方程式系であり、これらの方程式は元素レベルでの現象の研究に不可欠で十分です。物質の量の役割は、伸びの熱力学的因子(伸展)または一般化された電荷(質量、熱物質の量、電荷など)に属します。物質の品質測定の役割は、特定の容量と導電率に属します。物質の挙動に対する量の普遍的な尺度の役割は、エネルギーによって果たされます。行動の質の尺度の役割は、熱力学的拡張性、一般化されたポテンシャル、またはインテンシアル(速度の二乗、絶対温度、電位など)によって果たされます。
GT
2番目の原則は、量の保存則です。 3番目の原則は条件の法則です。これは、自然現象間の完全なつながりの記述です。 4番目の原則は相互作用の法則であり、現象間の相互影響の対称性を決定します。 5番目の法則は、物質の移動の法則です。 6番目の法則は、同伴の法則であり、異なる物質の流れの間の相互同伴の対称性を記述しています。 7番目の法律は、散逸法、スクリーニング法、またはプラスとマイナスの摩擦法であり、上記のすべての法律に加わり、これらすべての法律を矛盾させません。また、7番目の法則はオブジェクトのエネルギーバランスを定義します[1,2,3,4]
2
番目、3番目、4番目、7番目の法律は新しいものです。
これらの法則は、さまざまな側面から実験的に証明されています。 Onzangerは、5番目と6番目の法律を策定しました。

 

 

熱は粒子の混Motionとした動きではない
したがって、上記の7つの法律の中には
   
エントロピーと宇宙の熱死を含む第2の熱力学原理はありません。 GTにはそのような禁止事項がないため、20種類を超える操作デバイスが作成されました。デバイスは、一熱源(空気、水、土)からの熱を電気エネルギーに変換し、100%以上の効率を示します。これは、クラウジウスの第2法則に違反しています[1p.447470]
1
これは、最も単純な熱相の2番目のタイプの永久可動装置の図です。この密閉容器では、液体が凸メニスカス(a)と凹メニスカス(b)の両方で蒸発するため、トンプソン-ケルビン方程式に違反します。 2本のパイプ24の閉回路(c)では、液体の蒸発は毛細管多孔質体1の凹状メニスカスから起こり(この場所では熱Qが吸収されます)、平坦なメニスカス3では蒸気が凝縮します(この場所で熱Qが放射されます)。温度差が生じ、差動熱対5に起電力EMF 0.5 mkVが発生します。パイプ内の蒸気と液体の永久循環の強さおよび熱対の電気出力は、H、つまりメニスカスの曲率によって定義されます。
1865
年のR.クラウジウスは、カルノの定理が科学のエントロピーを導入したことを証明できませんでした。
A.A.
グーマンはこの重大な間違いに論文を捧げました[5p.79; 6p.140]エントロピーの性質から、クラウセウスは宇宙の一方向性の発達と宇宙の熱死について結論に達しました。 1872年、ボルツマンはACCIDENTと確率の概念を使用した統計力学法によりエントロピーの意味を説明しました。熱は粒子の混oticとした動きと見なされるため、この説明により問題がより複雑になりました。ボルツマンは自分の間違いとその科学的結果に気付いたとき、自殺した。 N.WienerK.Shannonは、情報理論へのエントロピーの適用により、質問をより複雑にしました[1p.406]
Time Chronal
(時間に関連する概念)とmetrical(空間に関連する概念)のいくつかのプロパティは、多くの疑問を説明する新しいシンプルでエキゾチックな現象です。ニュートンによれば、時間は「持続時間の測定値」、たとえば、いくつかのプロセスまたはいくつかのイベントの持続時間です。すべての単純な現象はGT7つの原則に対応する必要があります。そのため、単純な現象を使用して、他の単純な現象(回転、振動、熱、電気、磁気、各現象の詳細を考慮します。
放送で発表された」は原則として異なります。
t」の長さは象徴的な記述であり、自然には存在しません。社会の合理的な組織のための人間がそれを発明しました。象徴的な時間「t」は、過去から未来まで一定の速度で厳密に均等に「移動」または「移動」し、それを測定する特別なタイムサービスがあります。
2
単純な熱電(b)および熱電気機械(c2番目のタイプの永久携帯電話の図。ボルト法によると
3
つ(またはそれ以上)の異なるタイプの導体ABCで構成される回路(a)合計の電位差はゼロに等しい。
閉回路(b)では、接点 "x"の領域で導体1,2,3の熱力学的特性が等しくないため、この法則に違反しています。したがって、合計起電力EMFはゼロに等しくありません(回路Cu-Bi-Al-Cu-Te-Al-Cuでは、EMF10 mkVに等しくなります)。木製のボールは再充電され、サーキットの両端間で永遠に振動します(c)。
時間「υ」は、バチルスから星までの特定のオブジェクト(体)の時間的特性として、自然に実際に存在します。ゼロから無限大までの任意の速度で「フロー」または「移動」できます。
したがって、原則として、存在しない象徴的な時間「t」の「動き」を制御することは不可能です。 「モーション」の速度をリアルタイム「υ」で制御するには、方程式の値を適切に選択するだけで十分です。方程式の値「τ」を置き換える必要があります。 「τ」は時系列インテンサイト(または時系列)です。値「υ」に反比例します。経時的な「τ」が増加すると、体内のすべてのプロセスの割合も増加します。

 

 

興味深いのは、既知の物理法則の中にはリアルタイム「υ」が含まれているものもありますが、一部の法則では記号時間「t」を使用しているため、重大な間違いにつながる場合があります。ニュートンの第2法則では、加速式の分母はリアルタイム二乗(dυ2)を使用します。したがって、時間の割合に10倍の差がある2体衝突実験の場合、作用力は反力の100倍になります。だから、ニュートンの第三法則。これにより、運動(および運動量)の保存が侵害されます。 「内部の力による」動きを可能にするいくつかの非補償力が作成されます(つまり、反作用のない運動と呼ばれます)。
GT
(状態の法則)の3番目の原理によれば、このプロセスは多くの方法で作成できます。たとえば、リング表面の内側を移動するボールは、その速度を変更します。別の例は、回転しているフライホイールであり、一方の側からのリムの速度は、惑星の表面上のこの点での運動の速度に加算されますが、フライホイールの他方の側からは、リムの速度が減算されます惑星の回転速度から。速度が異なると、ボールとリムの部分の時系列値が異なるため、ボールはリングを異なる方法で押します。また、リムは軸を異なる方法で押します。結果として、いくつかの非補償力が作成されます。回転ジャイロスコープを含むN.A. Kozyrevの実験を思い出してください[1p.444]GT3番目の原理によれば、30以上の操作デバイスが作成され、理論的結論が証明されました[1p.413,428]
そのような種類のデバイスに時間差があると、効果的な時間放射線発生器としてのデバイスの使用を可能にする時間の流れ(GTの第5原理)につながります。このようなジェネレーターにより、微生物の活力を刺激または抑制し、砂糖の精神変換、ワインの熟成を加速し、種子の発芽力を高め、植物の成長速度を23倍高めることができます植物の生産性を1.5倍に向上させます。硬化プロセスで照射されたアルミニウム鋳造の実験では、最大11%の凝集限界の増加、最大46%の降伏限界、最大6%の伸びの減少が実証されました。物質の経時特性に関するモノグラフ[7]を参照してください。
別の例:エネルギー伝達のすべての既知の物理法則-フーリエの熱伝導率、フィックの拡散、オームの電気伝導率、マクスウェルの方程式などには、象徴的な時間tが含まれており、実際にはさまざまな技術的デバイス。この観点は、アインシュタイン相対性理論の原理的な間違いの理由です。この理論から、時間の速度の変動性に関する結論は、マックスウェルの方程式と定速での「時間の移動」を含む有名なローレンツの変換の分析に基づいてなされました。
 
空間のいくつかの特性について
空間は単純なメートル法の物質であり、それ自体を含むオブジェクトにサイズと質量を提供します。したがって、時系列のメートル法の世界に住んでいるので、それらのオブジェクトを見ることができます[1p.247]。他のすべての物質は、特定のメトリック特性(サイズと質量)を持たないため、目に見えず、感知できません-連続拡張メディアであるスペースボリューム内に「塗り付けられ」ます。このメディアは、メトリック物質の一部で作成されます(メトリアントによる)。
paren
と名付けられた絶対真空状態では、すべての物質、メートル法も、絶対静止状態で存在します。これは絶対的な受動状態です。なぜなら、エネルギーと仮想値はゼロに等しいからです(GTの第一および第三の原理)。また、パレンは無制限の物質源です。エネルギーの入力が行われると、さまざまな量の物質が活性化され、粒子とオブジェクトが相互作用で作成されます。興奮したメトリエントは、作成されたオブジェクトの一部です。他のメトリアントはオブジェクトに含まれておらず、パレンの絶対受動状態のままであるため、見えず、感知できず、測定できません。これは、空間および空間に存在するオブジェクトのスキームです。
GT
2番目の原理によると、メトリアントのサイズは保存則に準拠しているため、体積(質量)に等しく、スペースを圧縮または圧縮解除することはできません。言い換えれば、空間には「硬さ」という固体の性質があり、真空中の電磁波伝搬の横方向メカニズムによって確認されます。メートル法の媒体の動きは、アクティブなメトリアントの周りのパレンのフローパッシブメトリアントによって行われ、連続的な空間の質を侵害しません。運動の開始時に、能動的メトリアントは受動的メトリアントを強制的に移動させ、慣性現象を実証します。偶数直線運動の場合、スキームは変更されず、慣性は示されません(ニュートンの力学の第一法則)。

 

 

 

別のケースでは、身体の回転のために、能動的なメトリエントは受動的なメトリエントを中心に移動させるため、慣性力(実際には遠心力)は中心から周辺に向けられます。
すべての間投詞(および間投詞の違い、したがってプロセスの速度)は、括弧内でゼロに等しくなります。したがって、絶対真空は絶対システムであり、通常の座標も含まれます。しかし、ゼロ速度w = x /υ= 0の場合、υは無限大に等しいため、いくつかの小さな伝達xが可能です。
括弧には摩擦はありませんが、活発なメトリアントの動きはわずかな抵抗と関連しています(GT7番目の原理)。抵抗力(および慣性)は、体組成、サイズ、構成などに依存する必要があります。これは、実験[1p.401]で証明されています。
空間を制御するには、原則として、通常の身体を計量範囲外のエンベロープ(断熱材)で覆う必要があります。この場合、エンベロープの内側のボディには通常の計量特性がありますが、エンベロープの外側のこのボディのサイズと質量はゼロです。この体は壁を通過できます。思考は物質的な物体なので、この身体は思考によって空間に向けることができます(テレポーテーション効果)。しかし、まだそのような封筒はありません...
 
いわゆる「現代自然科学の基礎」について。
相対性理論量子力学理論、および情報理論は、このような基礎とみなされています。すべての物理学の教科書には、原子の放射性崩壊の速度を変更することは決して不可能であると書かれています。これは、オブジェクトの年齢とイベントの日付を決定するために使用されます。一方、著者はトリウム(Th)崩壊の速度を最大6%増加させました[1p.347]

真空中の光の速度は相対論によれば一定ですが、我々の実験では、1.9 Kgのジャイロモーターを使用して生成された不均一な時間的放射領域でヘリウムアルゴンレーザービームの偏差が検出されました。レーザービームの長さは28メートルに等しく、検出器は光素子でした。光素子の出力信号が42mVから39.6mVに変更されました。

3
不均一な時間場によってレーザービームを曲げる実験のスキーム:1-レーザー、2,3,8,9-周波数wで回転するジャイロモーター; 4-金属管; 5-レーザービーム; 6-光検出器; 7-デジタル電圧計;長さは28 mです。


4
ビームの中心が点x0からx1にずれている場合、光検出器が受け取る光の流れの強度変化のスキームdJ = J0-J1
x0は検出器の位置です。 J0はビームの中心の強度です。 J1は、中心からの距離x1の強度です。


5
電圧計データの変化曲線、データの中心∆φ = 42 mV。位置1ではジャイロモーターがオンになり、位置2ではジャイロモーターがオフになります。

6光レーザービームへの経時的影響のデバイス
相対性理論には興味深い側面がいくつかあります。オブザーバーの速度が増加すると、オブジェクトのサイズが減少し、オブジェクトの質量が増加します。
たとえば、ベッドの長さは2メートルおよび20 Kgの質量に相当しますが、異なる速度で異なるロケットで移動し、ベッドを見ている一部の観測者は、同じ瞬間に異なるサイズと質量に気付くでしょう...



7
これは、リングに配置された不均一に動くボールを含む反動のないドライブの設計です。このデバイスは、ニュートンの第三法則および運動の保存則に違反しています。 1は電気モーター、2はモーターを固定するためのリングです。 3はモーターの軸です。 4はメタルドライブで、直径8 mmの作業ボール用の放射状の穴が8つあります。 5は作業用ボールです。 6は、偏心dの上部およびレギュレータです。 7は、45x68x12 mmのボールベアリングです。補償されていない内側の力は
偏心d側に。この側では、ボールの速度は最小です。力(離心率が0.7 mmで回転数が21000 rmpの場合)は14x10-5Nに等しくなります。


8
2
組のモーターが反対方向に回転して、トルクを補正します。

 

9
 
100x10-5 Nの非補償内部力を生成するジャイロモーター
量子力学情報理論の基礎では、CHANCE原理が受け入れられており、何らかのイベントの確率はその定量的な表現です。 通常、従来の物理学では、チャンスは自然の客観的な特性と見なされます。 以下で詳細に検討します。

 

 

 

 

実験結果の比較の過程で、いくつかの考えが虚偽について来ています。
誰かが私たちを宇宙、自然、人間についての間違った概念を信じるように導いてくれました。質問があります:この虚偽を誰が、なぜ作成したか、そして本当の目標は何ですか?
未知の時間的および計量的現象の事実上の存在から、目に見えない時間外/計量的でない世界の事実上の存在が続きます。
この世界は、時間的および計量的な物質なしに、時間と空間から生きています。
もっと正確に言えば、この世界(霊的世界と呼ばれる)は、目に見える時系列の世界と平行しており、UFOポルターガイスト超心理学など、いわゆる異常現象をすべて生成しています... [1]
光の力の世界は原則として真実であるため、暗黒の力は、いくつかの速度の不変性と自然の特性としてのチャンスに関する科学的宣言の理由です。
目標は何ですか?目標は、人間の注意を次の理解からそらすことです:地球の創造の日には、光の速度や原子の減衰率を含むすべてのプロセスの時間と速度は数百万、今日よりも数十億倍高かった。
したがって、数十億年の進化は間違いです。
また、偽りの目標は、自然のチャンスの基礎についての誤った信念を刺激することです。現実には、確率とチャンスは、その複雑さのすべてで現象を研究できない、または研究したくない状況で使用する計算方法です。
だから、生命のない問題からの偶然の組織化、一次問題と二次精神についてのアイデア...間違った結論に至る:宇宙は創造されず、神と魂は存在せず、悪魔も存在せず、そして私たちは恐れることは何もありません。この間違った結論は、人間を動物と等しくし、動物のように生きることを可能にします。
この誤った考えは、死後に何も存在しないため、人類を道徳的責任から解放します。

 

 

アメリカのほとんどの兵器が無意味
https://hibiki-love.hatenablog.com/entry/2019/08/16/013647

ロシアのなんちゃって反重力理論
https://hibiki-love.hatenablog.com/entry/2019/08/10/041206

地球温暖化の原因はダークマター(摩訶不思議ロシア科学)
https://hibiki-love.hatenablog.com/entry/2019/07/23/040030

オレゴンはどうやって水に蓄積するか
https://hibiki-love.hatenablog.com/entry/2019/04/20/035228

エーテル動力学的自然科学の始動(エーテルの文書)
https://hibiki-love.hatenablog.com/entry/2019/03/20/154217


等など

 

 

ユリ・ゲラーさんと洗脳電波(リモート・ビューイング)

エルドン・バード
EMF、フライ(フライ)効果、合成テレパシー 、
スカラー、エネルギー兵器、電子レンジ
エルドン・バードは80年代初期に海兵隊の電磁兵器プロジェクトを実施しました。
非常に少数の軍事マインドコントロール科学者のうち、この問題をこれまでに公に議論した人の
https://mankindresearchunlimited.weebly.com/eldon-byrd.html

エルドン・バード
• 教育:電気工学の学士号、医療工学の修士号
モルモン教徒でした。
1972年の国際遠隔測定会議の「議事録」で脳波の遠隔測定に関する論文を発表
メリーランド州シルバースプリングスのホワイトオークス研究所の海軍表面兵器センターの物理科学者(1968年-少なくとも1981年)
1973年10月、バードはユリ・ゲラーと実験を行いました。 ゲラーは、ニチノール金属片を永久に曲げたと言われていますが、これは大きな熱を加えなければ不可能です。 (バード、エルドン、 「ユリ・ゲラーの金属合金ニチノールへの影響」 、 ゲラー論文 、パナティ、チャールズ編、ホートン・ミフリン、1976年、67-73ページ)
(この実験の批判的なレビューについては、1981年のchptr 15、Gardner、Martin、 Science:Good、Bad、およびBogus 、Prometheus Booksを参照してください。)

「..私は催眠術をかけられるとは思わない。私はかつてアマチュアの魔術師でもあり、魔法と手品の技術を研究してきた」。 (バード、73ページ)

バードは、海軍の表面兵器との彼の仕事を「将来の戦争がどのようなものになるかを予測する」と説明しています。 ( マクレー、ロナルド 、 マインドウォーズ 、セント・マーチンズ・プレス、1984年、80ページ)

「非致死兵器局の海軍表面兵器で働いていたエルドンバードは、1981年に「暴動制御」、秘密作戦、人質除去などの目的のための電磁装置の開発を依頼されました。」

「バードは、弱い電磁場への暴露によって動物の行動が制御される実験についても書いています。「特定の周波数と出力強度で、動物をゴロゴロ、寝かせ、横転させることができます。」」(キーラー、アンナ、 「リモートマインドコントロールテクノロジー
シルバースプリングスにある海軍条例研究所のAdvanced Planning and Analysis Stoffの元運用アナリスト。 メンサおよび米国サイバネティックス協会の会員。 海軍にいる間、彼はおそらく植物の精神的能力の疑いを扱うバックスター効果を確認した。
(トンプキンス、ピーターと鳥、クリストファー、 植物の秘密の生命 、ハーパーとロウ、1973、pg 40-2)

バードは、名誉am損の疑いで、 ジェームス・ランディに3000万ドルで懐疑的なデバンカーを訴えました。 ランディはバードを有罪判決を受けた児童痴漢と呼んでいた(ロッド・セリングのトワイライト・ゾーン・ミステリー・マガジンの1988年6月号で)。わいせつな資料を配布する意図がある。 バードは「勝った」が、お金は受け取らなかった。 裁判中、彼は法定後見人であった未成年者と性的関係を持つことを認めたと思われます。 (Skeptic、vol 3、#3、pg 34;また、プレスリリースとMarcello Truzziによる解説については、ここをクリックしてください)

「バードは[ディックファーリー]についてCB "スコット"ジョーンズの家で夕食をとった[ランディとの訴訟]について話しました。92年と93年に一緒に過ごした数晩の夕べです」

「バードは、ユリ・ゲラーが訴訟費用として10,000ドルを払ったと言いました。バードとゲラーは、70年代からの仲良しです...」

「バードは、彼が「psi」などへの個人的な興味であまりにも公然であったため、彼を信用しないいくつかのイニシアチブの一部として、郵便査察官によって「設定」されたと言います。 、それは彼らの最も上級の民間科学者の一人として彼の早期退職に貢献しました。」

「彼がまだ海軍にいたとき、バード博士は、 マイケルパーシンガーが行ったさまざまなEMFおよびELFの「神経への影響」に関する研究の一部の契約マネージャーでした。 「心に影響を与えるEMF信号などを使って、そういったことをします。」 (ファーリー、ディック、 「False Memory Spindrome 」 )

「私はアメリ物理学会の年次総会で、エルドン・バードが超心理学者として取り組んできた重要なプロジェクトに関して裁判所で行った陽気な主張について聴衆に語りました。1つは幸運な着用者をヘアドライヤーと電気かみそりの致命的な影響により、これらの60ヘルツの電波が脳に衝突します。時計は問題の波の位相を感知し、対象を保護するために反対の場を生成します。この試験は、本「The Secret Life of Plants」を読んで信じた結果、海軍のダイバーに危険を警告するために海藻を訓練するプロジェクトがあったことを誇らしげに発表したときに、バードによって作成されました。 ( ランディホットライン、3/27/95 )

バードは現在、 イルカに取り組んでおり、おそらく海軍水上武器で残した仕事を続けています(日付、理由など、彼の出発の詳細は誰にもありません)

彼は、World Dolphin Researchの「 Hello、Dolphin」プロジェクトの主任研究員です。 このプロジェクトでは、人間とイルカの間のELFおよびその他の電磁放射の放出と受信を扱います。これは、精神現象とマインドコントロールの重複と関連があります。

彼は、1996年の米国サイコトロニクス協会の年次会議で論文「Dolphin Project Report and More」を発表しました。

著者: 超低周波電磁場およびスカラー場の精神活動のレビューと更新

エルドンバード(メリーランド州海軍表面兵器センター)。 」

「CIAの誰かから電話がありました」とエルドン・バードは回想します。 「彼らは私に来るように頼みました。 彼らはユリ・ゲラーについて話したかった」

そして、エルドン・バードがいます。 1972年、彼は「CIAの誰かから電話がかかってきた。彼らは私に来てくれと頼んだ。ユリ・ゲラーについて話をしたかった」と言った。


* エルドン・バード(メリーランド州海軍表面兵器センター)。 」

ゲラーは金属 合金の 格子構造を複製できないように変更しました。 彼がこれをどのように行ったかについて の現在の 科学的説明 はありません 。」(これは 、米国国防総省 による出版のためにリリースさ れた米国 政府施設 で行われた超心理学に関連する 最初の 研究 です)。


偶然の一致によって、または、ゲラーが幸いにも主張するように、同期性-バードはたまたまアルゴンキンに滞在している。 ゲラーは、彼がイリノイ州の自宅から来て、彼が2時間のラーニングアネックスの講義を行うのを手伝うように頼んでいました。

バードの名前は何年もの間ゲラーの名前にリンクされています。 今日、彼は私に言った、彼は発明者だ。 しかし、1968年から80年代後半まで、彼はメリーランド州シルバースプリング(DCの郊外)にある海軍表面兵器センターのエンジニアであり、彼が「異常で説明できない現象」と呼ぶものに興味を持っていました。 70年代前半、ゲラーが講義を行うためにDCに来たとき、バードは彼に会い、少しのテストを行うように手配しました。

武器センターの研究室で、バードは、極端な温度のような特定の条件下でのみ形状を変化させる「形状記憶合金」金属を扱っていました。 それらをそれらの条件に戻すと、彼らはその形状を「記憶」し、それに戻ります。 たとえば、衛星のアンテナに使用されます。 絶対零度に近い温度でアンテナ形状に成形します。 その後、室温でそれらを小さなボールに丸めて、衛星の側面にあるポケットに詰めます。 ゼロ度の宇宙空間では、小さなボールが「記憶」してポケットから飛び出し、アンテナ形状に戻り、送信準備が整います。 { 記憶金属は 、温められると事前に形成された形状に戻ります。 -インターネットエディター。}

バードは、形状金属合金のフィラメントのスニペットを操作するゲラーの力をテストし、「ごまかすのはかなり難しい」と考えました。 基本的に、彼は、ゲラーが心でワイヤーを曲げることができたと言います、物理的に再現することができなかった方法で。

バードは「研究室がプレスリリースを発表しました...米国海軍の海軍表面兵器センターは、この物質に異常が起こったことを確認も否定もしないという公式に発表された米国政府の声明」を発表しました。 アメリカ政府が心霊力のテストを行っていることを否定しなかったのは 、彼がにやにやしたことだ。 「それは本当のブレークスルーでした」と彼は笑いました。 そして、研究室での上司は? 「少年、彼らは怒っていた。上司が私のところに来て、 「これは何?」と言った。 「署名しました。」 ええ、しかし、私はこれらのことを読みません。」

1972年、彼はその電話を受け取り、バージニア州ラングレーにあるCIA本部までベルトウェイを走り回りました。 その最初の会議で、「彼らは私に彼をどれだけよく知っていたか、彼が何をしていたか、私が彼と一緒に訪問したかどうかなどの一般的な質問をしました。最初に一般的な質問。 。 彼は、CIAが心霊術の独自のテストを行っているという明確な印象を持ち帰りました。 「私は本当に興奮して帰りました」と彼は回想します。

「それはCIAとユリの始まりに過ぎなかった。彼らは時々私に電話して、ユリがどこにいるのか、彼が何をしていたのか知​​っているか尋ねる...彼らはユリに非常に興味を持っていた」今後数年間。 「最後に、彼らがユリについて尋ねることをやめた数年後、私は連絡を受けた人に尋ねました。 彼は「まず第一に、彼が本物だとわかっていなければ、彼に全く興味を持っていなかっただろう」と言った。 私は、「どうして彼が本物だと知ったの?あなたは私がやったことを話すことができるこの論争のデータをすべて持っているが、あなたはそこにいなかった。」 彼は言った、「ああ、私たちは彼をテストしたので、彼が本物だと知っている」。

バードはさらに、ユリがかつて彼に言ったと言います。「見よ、私はアメリカに住んでいる。私はここで働いている、私は居住外国人として税金を払わない。私は何か助けたい。 CIAの連絡先担当者に電話して、彼らのために何かしたいことを伝えますか?」バードは彼の連絡先に電話しました(「私はいつもスクランブル電話からCIAに電話することを決めました。 、KY3、「灰色の電話」。)

「(CIAの連絡先に)ユリが彼らのために何かをしたいと言ったとき、彼は「彼を使うことはできない」と言った。 「あなたは彼を使用できないとはどういう意味ですか?彼は喜んであなたを助けてくれます。」 彼は、「CIAのポリシーは、二重エージェントを使用しないことです」と述べています。 私は言った、「二重のエージェント?」 彼は、「ユリはモサドと一緒に働くことを知っています」と言います。

このバージョンのイベントがGellerの年代順にどのように適合するかははっきりしていませんが、とにかくです。 モサドがゲラーを「保険」として使用したのはバードの考えです。 たとえば、1976年7月3日にエンテベを襲撃したとき、彼らはレーダー防御の下に飛び込んだようですが、レーダーをノックアウトしようとしてゲラーに精神力を集中させました。 彼は、彼らがベッカ渓谷でシリアの対空ミサイル電池を爆撃したとき、彼らが同様にゲラーを使用したと思う。

分かった分かった。 ただし、プロジェクトグリルフレームがあります。 70年代半ばにSRIで実施された秘密研究のコード名。 後にメリーランドのミード砦に移り、スターゲイトに改名した。 バードは、専門用語が進むにつれて「プログラムを読んだ」と主張し、とりわけ政府が署名したことを否定するであろうことを示すフォームに署名した。

バード氏によると、プロジェクトを実行したのはCIAではなく、DIA(防衛情報局)であり、資金提供は軍事的でした。 彼は、「彼らはそれほど多くは得ていませんでした。何百万ドルという噂がありました。私が政府のために働いていたとき、彼らがこれまでに投入した最大額は、1年で合計100万でした。ばらばらではありませんでした。海軍はそれほど欠けていましたが、陸軍は欠けていました。」

バードは、かつて「ペンタゴンで最も安全なブリーフィングルームのグリルフレイムブリーフィングに行ったことがあります。そこに降りるには、7レベルのバッジが必要でした。レベルを通過するたびに、このリストを持っています。彼らはあなたをチェックオフし、バッジに触れ、あなたの顔を見てバッジの写真と比較します。この部屋はバグのために毎日掃除されました。地下12階でした。」

秘密が守られた理由は、彼が言うには、プログラムの「リモート視聴」の側面だったという。 彼らは単にそれをテストするだけではなかった、と彼は主張する:彼らはそれを使用する方法で軍事intelligence報員のグループを訓練していた。 数年前、退職した陸軍令状官ジョセフ・マクモンイーグルは、1978年から1993年までグリル炎/スターゲイトに関与し、人質の発見に役立つ技術を使用して、これらの遠隔視聴者の約15人の一人であるという主張で公開しました、敵のスパイ、潜水艦など。

1995年、CIAはスターゲイトに批判的なレポートを発行し、スターゲイトへのさらなる支出を「不当」と呼びました。

http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavefx.pdf

非致死兵器の生体影響

サイコトロニックウェポンズエキスパート、エルドンバード
バーズオブアフェザー...
海軍表面兵器局で働いていた科学者エルドン・バードは、暴動制御、秘密作戦、人質除去などの目的で電磁装置を開発するために1981年に委託されました。

エルドンバードは、ジョージワシントン大学修士号を持つ医療エンジニアでした。 彼は業界のPOLARIS潜水艦の専門家であり、戦略システムアナリスト、オペレーションズリサーチアナリスト、低温エンジニア、国防総省環境プロジェクト室長、海軍の金属マトリックス複合プログラムのプロジェクトマネージャー、海兵隊非致死的電磁兵器プロジェクトのプロジェクトマネージャー。 このプロジェクトの彼の請負業者には博士が含まれていました。 ロス・アディ、マイケル・パーシンガー、ロバート・ベック。 彼は、超低周波磁場の生物学的効果の専門家であると考えられています。 ラリー・コリンズの著書「迷路」の技術コンサルタントであり、スミルノフが米国にいる間、イゴールスミルノフの「心理診断と精神矯正」技術の評価に直接関与していました。 バード博士は2002年12月30日に亡くなりました。

カールのすべての奇妙な友人の中で、恐らく物理学者で医学者のエンジニアであるエルドン・バードは、最も陰鬱な人物です。 B yrdはエクソシスト事件が実際に起こった場所の近くのメリーランドに住んでおり、これは政府を超自然的な研究に刺激しました。

ブラッティは、 小説から映画へのエクソシストに関するウィリアム・ピーター・ブラティの本をリリースしました(ビル・ブリンクリー、「プリースト・フリーズ・マウント・レイニアー・ボーイが報告された悪魔のグリップで開催」)、14歳のメリーランド州マウント・レーニアの少年について語った [1949年]の古代の悪魔払いの儀式を通して、悪魔による所有のカトリックの司祭によって解放されていました 。 。 。 被験者に印刷されたすべてのセンセーショナルな資料は、彼をMount Rainier [Maryland]に置きました 。 レーニア山の最大、最古、そして最も有名な家族のメンバーと話をして、私は誰もその少年の名前も彼の家族の名前も知らなかったことを非常に奇妙に感じました。 数人は、問題の少年は本当に少し離れた小さな孤立したコミュニティであるコテージシティから来たという噂を聞いたと私に言った。 レーニア山の生涯に住むディーン・ランドルト(今日の70歳)の一人が率直に言ったとき、私はペイダートに当たったと感じました。 ヒューズ神父は私に2つのことを話しました。1つは少年がコテージシティに住んでいたということ、もう1つはゴンザガ高校を卒業して元気になったことです。」 http://www.strangemag.com/exorcistpage1.html

軍事研究者でありスピーカーであるバードは、細胞、組織、思考、および全人口について、非致死的なEMF兵器および生体の電磁的側面の専門家でした。 彼は音響学、増幅および伝達で働いた。 彼は、1972年の国際遠隔測定会議の「議事録」で脳波の遠隔測定に関する論文を発表しました。

彼は、Tom Bearden、Elizabeth Rauscher、Bob Beckなどとともに、スカラー物理学とバイオフィールドに関するUSPAのパネルに参加しました。 晩年、カールのように、彼は彼の仲間の人に人道主義的な方向を変えたようです、おそらく彼は彼の職業生活の間にさらされた初期の研究と専有知識への反応として。

USPA1993。超低周波電磁場とスカラー場の精神活動:米国科学海軍兵器研究所のエルドン・バード博士による講演。米国海軍兵器研究所では、生物間の意思と距離の関係について議論しています。 、精神活動信号、ベータエンドルフィン研究の歴史の一部、バイオオプティクスの最新の研究、電磁刺激が「異質な」体験を誘発する能力を持っているかどうか、アヘン化合物と免疫系、脳免疫系通信、行動に影響を与えるELF / RF兵器など。

1973年、バードは、MRUの本拠地であるメリーランド州シルバースプリングの米海軍表面兵器センターの物理学者でした。 彼の物語は、J。キースの秘密と抑圧に登場します。 1993およびLobster Magazine (イギリス)1998-#34。

内側の路線では、バードはカールに十分近く、彼のアパートに滞在することができました。 一般的に、カールが最も驚いたのは、バードの秘密の目録作成と、捕獲されたすべてのドイツの秘密の超兵器の評価でした。 これらの第二次世界大戦のプロジェクトは、クリプナーの空軍と陸軍のつながりに結びついていました。 REAL(スカラー)Kirlian写真は、飛行機の構造部品のマイクロクラックをテストするために使用できますが、逆にパワーを上げるだけでエンジンマウントまたは翼の根元に亀裂が生じることもあります。

バードは、内部情報筋によると、シルバースプリングスの街に現れたとされるタイムトラベラーから学んだため、1984年にソビエトが最終的に世界大国になるのをやめることを正しく予測することもできました。 1983年5月に、1965年にバードはイリノイ大学でESAKIとBRIAN JOSEPHSONとの仕事について電話で長い回想を始めました。そのとき、別のMRUのアソシエイトがトンネルダイオードを開発し、ジョセフソンと江崎はノーベルを共有しました1973年の賞。

1985年現在、ジョセフソンとバードがまだ非常に近いことを誰も知らない。 エルドンは、戦争中にハイゼンベルグのグループのすべてのキャプチャされたデータを評価する責任がありました。 彼らは、トンネルダイオードとほぼ同じ「ダイオードトンネル」と呼ばれるものを持っていました。 ダイオードトンネルをスイッチとして使用して磁場を崩壊させると、崩壊が非常に速くなり、高調波が光、X線、さらにその先まで広がる可能性があります。 ジョセフソンは説明を理解していましたが、メリーランド州ホワイトマーシュの海軍水上兵器で数時間過ごした後、彼らはまだ説明に関与していました。 彼らはそれを「真空の火付け役」と呼んだ。

エルドン・バードが癌で亡くなったとき、一部は疑わしい状況下にあることを示唆しました。 彼が「倫理的」であったかどうかは、あなたの視点に依存します。 彼の死の前に彼のEMF兵器研究の性質を認識して、彼は彼らがいやがらせられる信号を測定するのを手伝おうとして、いくらかマインドコントロール犠牲者の擁護者になりました。 そのような技術を使用して、彼は主張が合法である可能性があることを知っていた、そして彼は主張が真剣に調査する価値があることを検証した。 また、アディー博士のLIDAマシンに資金を提供し、治療効果をテストしました。
• エルドンバード博士によるMind Control 34 meg MP3ファイルの プレゼンテーション 、84分
故エルドン・バード博士は、電子兵器を開発し、重要なイルカのコミュニケーション研究プロジェクトを実施した軍事科学者でした。 このプレゼンテーションでは、電子マインドコントロールと考えられる防御について説明します。 http://highstrangeness.tv/library.php
1980年から1983年まで、バードは海兵隊の非致死性電磁兵器プロジェクトを実行しました。 彼は、メリーランド州ベセスダにある国防総省放射線生物学研究所で研究の大部分を実施しました。「脳内の電気的活動とその影響を調べていました」と彼は言います。 バードは、医療工学と生体影響の専門家であり、小規模な研究プロジェクトに資金を提供しました。 これらはすべてMRU / MRF時代に行われました。 電子および医療技術者は、1981年に海軍のオリジナルの人間実験プロトコルを作成し、ELF兵器に関する「本を書きました」。 彼はまた、気功で有害な電磁場に対抗すること、および8 Hz近くの集中的な心の活動を研究しました。 弱い非線形場と生物学的プロセスとの相互作用(1984)および彼は後にスカラー物理学について書いた。

http://www.psychotronics.org/scalars.htm

Dr. Eldon Byrdは、 Megabrain Reportの第1号で、スカラーフィールドについて次のように説明しました。

スカラーは厳密に情報として見ています。 。 。 情報の海に住んでいるということでしょうか? 電磁エネルギーの形ではなく、音響エネルギーの形ではなく、測定する機器が現在ない他の形のエネルギーです。 それは情報の海です。 ただそこにあります。 時間と空間とは何の関係もないため、時間と空間のある時点から別の時点に伝播するのに時間がかかりません。 スカラーは単なる情報であり、物質やエネルギーを管理するのと同じ法則に拘束されません。

ホログラムは、2つの重ね合わされたコヒーレント電磁エネルギー波パターンの破壊的および建設的な干渉から生じます。 干渉の場として、ホログラムは方向と速度に依存しません。 純粋な情報です。 ホログラムは空間と時間にも依存しません。ホログラムのごく一部を照らすだけで、球状に分布した全体の情報を部分で利用できます。 ホログラムはスカラーフィールドです。<9>

特定の周波数で人間の脳が同期したコヒーレントな電磁エネルギーを生成すると、「レーザーのような」状態になり、脳波の振幅と強度が増加します。 また、その個人の合計「情報」を含むスカラーフィールドも生成します。

1981:Eldon Byrdが暴動制御用のEMデバイスを開発-

海軍表面兵器局で働いていた科学者エルドン・バードは、暴動制御、秘密作戦、人質除去などの目的で電磁装置を開発するために1981年に委託されました。 (11)

ビデオディスプレイターミナル(VDT)オペレーターの生殖ハザードをめぐる論争の中で、彼は低強度のフィールドにさらされた動物の脳機能の変化について書きました。 暴露した動物の子孫は、「後の知能の劇的な劣化を示した...簡単な課題を学ぶことができなかった...胎児の中枢神経系への非常に明確で不可逆的な損傷を示した。」 VDTオペレーターが弱い電界にさらされると、流産と先天性異常のクラスターがあります(胎児への中枢神経系の損傷の証拠があります)。 バードはまた、動物の行動が弱い電磁界への暴露によって制御された実験について書いています。 「特定の周波数とパワー強度で、動物をゴロゴロさせ、横たわり、横転させることができました。」

低周波睡眠導入-

1980年から1983年まで[。 。 。 ]エルドン・バードは海兵隊の非致死性電磁兵器プロジェクトを実行しました。 彼は研究の大部分をメリーランド州ベセスダにある陸軍放射生物学研究所で実施しました。

「私たちは、脳内の電気的活動とその影響を調べていました」と彼は言います。
バードは、医療工学と生物効果の専門家であり、Obolenskyによる渦兵器に関する論文を含む小規模な研究プロジェクトに資金を提供しました。 彼は、動物、さらには自分自身で実験を行い、脳波が外部から動物に衝突する波と同期するかどうかを確認しました。 (彼はそれらを発見したが、効果は短命だった。)http://www.usnews.com/usnews/culture/articles/970707/archive_007360_2.htm

非常に低い周波数の電磁放射(電磁スペクトル上の無線周波数よりもはるかに低い波)を使用することで、彼は脳が行動を制御する化学物質を放出するように誘導できることがわかりました。 「動物をWe迷に陥れる可能性がある」と彼は言う。 「私たちは、ニワトリの脳を(in vitroで)取得して、脳に天然のオピオイドの80%を捨てました」とバードは言います。 彼は、磁場を使ってラットの特定の脳細胞にヒスタミンを放出させる小さなプロジェクトを実行しました。

ヒトでは、これは即時のインフルエンザ様症状を引き起こし、吐き気を引き起こします。 「これらのフィールドは非常に弱かった。検出できなかった」とバードは言う。 「影響は致死的ではなく、可逆的でした。一時的に人を無効にすることもできます」とバードは仮説を立てます。 「それはスタンガンのようだったでしょう。」

バードは、彼のハードウェアを現場でテストしたことはなく、4年間予定されていた彼のプログラムは、明らかに2年後に閉鎖されたと彼は言います。 「仕事は本当に素晴らしいものでした」と彼は不平を言う。 「私たちは1年で武器を持っていただろう。」 バードは、「作品が機能しない限り」彼の作品は分類されないと言われたと言います。 それが働いたので、彼はプログラムが「黒くなった」と疑っています。

他の科学者は、成功した結果が達成された後、最高の秘密を回す電磁放射に関する研究の同様の物語を話します。 そのような作業が継続しているという手がかりがあります。

1995年、コロナと呼ばれる4つ星の米国空軍将軍の年次会議で、1,000を超える潜在的なプロジェクトが検討されました。 1つは「敵を眠らせる/敵を眠らせないようにする」と呼ばれていました。 それは、睡眠パターンを変えるために「音響学」、「マイクロ波」、および「脳波操作」を探求することを求めました。 最初の調査で承認された3つのプロジェクトのうちの1つでした。

彼は、1977年1月下旬にペンシルバニア州立大学で開催された Ira Einhorn 主催の「Mind Over Matter」会議で、植物のダウジングと精神的能力に関する論文を発表しました 。 他の出席者には、 アンドリア・プハリッチ と トーマス・ ベアデンが 含まれました 。 (Levy、Steven、 The Unicorn's Secret 、Prentice Hall Press、1989、pg 189)

舞台の魔術師ランディは、友人ユリ・ゲラーとエルドン・バードを彼を破滅させる恐toの陰謀で非難した。 Twilight Zone Magazineとのインタビューで、ランディはユリ・ゲラーとエルドン・バードがランディを破壊することを目的とした犯罪恐blackの陰謀の首謀者であると非難した。 バードはランディを訴えた。 ju審員は、バーディに関するランディの主張が名誉def損であると判断したが、損害賠償でバードに$ 0を与えた

エルドン・A・バード博士は、カーラ(現在のマインド・ジャスティス)の作品とシェリル・ウェルシュに推薦状を書いています。 エルドン・バードは、米国のニュースと世界レポート、7-7-97、 ワンダーウェポンで引用されましたペンタゴンの非致死兵器の探求は素晴らしいです。 しかし、スマートですか? ダグラス・パステルナック。 45-46ページに完全な引用を示します。
低周波睡眠

1980年から1983年にかけて、エルドンバードという男が海兵隊の非致死性電磁兵器プロジェクトを実行しました。 彼は、メリーランド州ベセスダにある国防総省放射線生物学研究所で研究の大部分を実施しました。「脳内の電気的活動とその影響を調べていました」と彼は言います。 バードは、医療工学と生物効果の専門家であり、Obolenskyによる渦兵器に関する論文を含む小規模な研究プロジェクトに資金を提供しました。 彼は動物で実験を行い、脳波が外部から動物に衝突する波と同期するかどうかを確かめるために、さらに自分自身で実験を行いました。 (彼はそれらを発見したが、その効果は短命だった。)

非常に低い周波数の電磁放射(電磁スペクトル上の無線周波数よりもはるかに低い波)を使用することで、行動を制御する化学物質を脳に放出させることができることに気付きました。 「動物をWe迷に陥れる可能性がある」と彼は言う。 「in vitroでニワトリの脳を使って、脳内の天然のアヘンの80パーセントを捨てました」とバードは言います。 彼は、磁場を使ってラットの特定の脳細胞にヒスタミンを放出させる小さなプロジェクトを実行しました。 ヒトでは、これは即時のインフルエンザ様症状を引き起こし、吐き気を引き起こします。 「これらのフィールドは非常に弱かった。検出できなかった」とバードは言う。 「影響は致死的ではなく、可逆的でした。一時的に人を無効にすることもできます」とバードは仮説を立てます。 「それはスタンガンのようだったでしょう。」

バードは、彼のハードウェアを現場でテストしたことはなく、4年間予定されていた彼のプログラムは、明らかに2年後に閉鎖されたと彼は言います。 「仕事は本当に素晴らしいものでした」と彼は不平を言う。 「私たちは1年で武器を持っていただろう。」 バードは、「作品が機能しない限り」彼の作品は分類されないと言われたと言います。 それが働いたので、彼はプログラムが「黒くなった」と疑っています。 他の科学者は、成功した結果が達成された後、最高の秘密を回す電磁放射に関する研究の同様の物語を話します。 そのような作業が継続しているという手がかりがあります。 1995年には、4つ星の米国空軍将軍の年次会議(-CORONAと呼ばれる)が1,000を超える潜在的なプロジェクトをレビューしました。 1つは「敵を眠らせる/敵を眠らせないようにする」と呼ばれていました。 それは、睡眠パターンを変えるために「音響学」、「マイクロ波」、および「脳波操作」を探求することを求めました。 最初の調査で承認されたわずか3つのプロジェクトの1つでした。」


2002年1月8日

ご担当者様

この推薦状は、技術と人の両方を紹介およびサポートするために作成されました。 その人は、無実の犠牲者に痛みと苦しみを引き起こしている人に対する虐待の数千件の報告の背後にあるものを見つけようとしている法律学生であり研究者であるシェリル・ウェルシュです。 このテクノロジーは、悪意を持って適用すると、悪用の原因となる可能性があります。

シェリル・ウェールズは、自分の人生に大きな不安を引き起こすテクノロジーに悩まされている普通の人だと主張しています。 しかし、私は彼女が、複雑なトピックを徹底的に研究し、合理的な結論を出す並外れた能力を持つ並外れた人物であることに気付きました。弁護士としての彼女の将来のキャリアで彼女に役立つ才能です。

彼女が調査している技術は、人間がマインドコントロールテクニックをテストするための大規模で世界的な実験で被験者として使用されている可能性への扉を開きます。 そのような主張の確固たる証拠はありませんが、過去の政府(たとえば、第三帝国、および私たち自身を含む他の政府によるいくつかのよく知られ、文書化された人間の実験)の市民に対する実験の「汚い手」彼らの許可なしに、彼女の主張をもっともらしくする。

疑いを持たない個人の心への明らかな侵入と思われるものの原因を特定するために、Cheryl WelshはCAHRA(現在はMind Justice)を設立しました。これは、人権侵害に対する市民団体です。問題。 CAHRA(ほぼ専ら彼女の努力を通じて)は、旧ソビエト連邦からの多くを含む専門家と犠牲者による記事、声明、意見の膨大なデータベースを蓄積しました。 逸話データベースを確固たる証拠に変換する時が来ました。彼女は、彼女の指揮下にある他の人の助けを借りて、彼らの注意を集中します。

私は、1980年代初頭に米海兵隊の電磁非致死兵器開発プロジェクトを担当し、磁場を持つ動物の行動を変更し、同調させることが可能であることが示され、関連する技術を評価する資格があります。人間の脳はリモートで波動します。 それ以来、技術は、フィールドを使用した遺伝子工学でさえも可能であり、実証可能なレベルまで進歩しました。 人間にマインドコントロールを与える技術が存在することは疑いの余地がありません。 シェリウェールズが調査しようとしているのは、それが使用されているかどうか、使用されている場合はだれですか? 彼女は解雇されるのではなく、耳を傾けるべきであり、軽meanされるのではなく、支援されるべきです。 虐待の可能性は非常に現実的であり、私たち全員の関心事であるため、彼女が明らかにしたこと、そして明らかにすることは、技術が現在使用されているかどうかにかかわらず、人類の未来にとって重要です。

エルドン・バード

以前は南カリフォルニア大学の脳研究センターで、現在はカリフォルニア州ロマリンダ大学医学部でロス・アディー博士は、CIAの悪名高いパンドラに取り組んでいました。
脳研究センターでのアディー博士の研究は、電磁放射線に対する生物学的反応の存在を示しています。 この反応は、使用するマイクロ波放射の周波数、振幅、線量に依存することがわかった。
1980年代、Adey博士は、脳組織の反応を修正するためにELF波で変調されたマイクロ波搬送波を使用して、いくつかの重要な実験を行いました。 彼は猫の脳組織で実験を行い、神経部位へのカルシウムイオンの結合が弱い電磁界の影響を受けることを示しました。 これらのフィールドは、哺乳類の体内で生成され、脳波計EEG)で検出されたフィールドと同様の周波数と振幅でした。

Adey博士は、組織レベルで1平方センチメートルあたり0.8ミリワットの強度を持つ147メガヘルツ(MHz)の場が、照射された脳組織からのカルシウムイオンの流出または放出を引き起こすことを示しました。 この応答は、マイクロ波搬送波のELF変調の振幅が6〜20ヘルツ(Hz)で変調されている場合にのみ発生しました。 ニューロンの最大刺激は16 Hzで発生しましたが、この周波数範囲パラメーターのどちらの側にも効果はありませんでした。8 [1996ネクサス] リモートビュー:REAL XファイルのストーリーBy Turan Rifat プロジェクト。 彼の研究には、電磁気的手段による特定の行動修正の誘導、および脳機能を妨害するカルシウム流出イベントの誘導、いわゆる「混乱兵器」が含まれていました。 (最近では、Adey博士は携帯電話からの電磁放射の生物学的危険に対して警告している。)

第二に、警察は450 MHzのマイクロ波周波数範囲の排他的使用を認められています。 これは、CIAマインドコントロールの専門家であるロスアディ博士が行動修正の実験で使用した周波数です。 警察は、このマインドコントロール周波数と、この周波数を全国に放送するための膨大なアンテナを独占的に使用しているようです。 緊急時のマスマインドコントロールに非常に役立ちます。 Adeyは、450 MHzの周波数でパルス変調されたマイクロ波の0.75 mW / cm2強度を使用することにより、ELF変調を使用して人間の行動のあらゆる側面を制御できることを発見しました。 サセックス警察本部は、町中のCCTV、閉回路テレビカメラに接続されています。 これらのカメラの一部には、この周波数をブロードキャストするために簡単に使用できるマイクロ波遠隔測定装置があります。 町を囲む大きなアンテナも使用できます。 ティムリファットによるマイクロウェーブマインドコントロール

PSYCHO_ELECTRONICS


2002年の春、米国海軍の初期の神経影響技術に取り組んでいた神経電磁気の研究者であるエルドンバード博士は、彼が個人的に知っている同僚から現代のマインドコントロールに関する匿名の手紙を私たちに提供しました。 この同僚は、米国国立衛生研究所で働く医師でした。 バード博士はまた、彼の同僚の声明を裏付ける独自の手紙を私たちに提供しました。 元国立衛生研究所の医師からの抜粋は次のとおりです。

「80年代半ばから後半にかけて、私は開業医でしたが、特に慢性疲労免疫機能障害症候群と呼ばれる新しい病気に関係して、精神神経免疫内分泌学の分野でほとんど専ら働いていました。ロードアイランド州上院議員レイボーンペルの友人、健康とウェルネスアドバイザー、個人医師、そして私は彼の特別立法助手と非常に親しい友人になりました。

「奇妙な新しい現象について語った米国政府の権威者に私が紹介されたのは1987年から88年の時間枠でした。この個人は、これを調査するために彼のすべての時間を捧げてきた特別な調査記者に会いたかったです彼は、神経科学の私のバックグラウンドと私が意識の物理学の領域で知っていたいくつかの難解な事柄から、私はこの現象の犠牲者とその調査者の両方に役立つかもしれないと考えました。

「彼は私に、この現象が現実であるという重要な証拠があり、それを非常に危険だと理解しようとする関係者によって見られたと言った。彼は最初からこの現象の背後にある技術を理解していた多くの科学者が私に警告した明らかな心臓発作で死んでしまう。

「彼は、この現象を真剣に調査した多くの人の意見では、特定の情報源にまだ追跡可能ではないため、歴史上これまでにないほど人類に対する脅威であると思われ、非常に悪意があると述べた。 、それが人類を自らの破壊へと導く可能性を持っていた。

「私はまた、現象を調査している人たちがそれ自体の犠牲者になることは珍しくなく、彼がボランティアを助ける前にリスクを知っておくべきだと考えたと言われました。上院議員との関係と支援へのコミットメントのため国民の健康と福祉に影響を与える問題、私はそれが私の能力の最大限に参加することが私の義務であると感じました。

「私は調査記者と会うことに同意した。彼は私の事務所に来て、この現象について最初のブリーフィングをくれた。3、4年後、私は次の事実を確信したという事実を説明したい。この現象は、実際には攻撃を受けましたが、典型的な方法ではありませんでした。

「この「技術」の犠牲者の大多数は、彼らが何らかの形で頭の中にスピーカーのインプラントを受け取ったと報告するでしょう。ほとんど絶え間なく、彼らは人々と機械の活動がある忙しい部屋のバックグラウンドノイズのように、ノイズを聞くでしょうまた、同性愛者の暴行から異性愛者のレイプや小児性愛行為への不適切な性的行動など、下劣な行為を行うよう絶えず苦しめられます。

「彼らはまた、これらの勧めの感情的な伴奏を、制御するのが難しい衝動として経験するでしょう。しばしば衝動や考えや声は、被害者に途方もない恐怖と怒りを経験させました。被害者の中には、「時間の損失」を経験した人もいました。彼らは意識していましたが、数分から数時間に及ぶ長期間にわたって彼らに何が起こったかをどういうわけか見逃していました。

「被害者の何人かは、これらの「攻撃」はテレビを見たり、コンピューターで作業したことと一致したと主張しました。多くの犠牲者は、群衆の中で自分を失った場合、「送信」を頻繁に中断できることを学びました。 これは、彼らがしばしば平和を得るために混雑した場所にさまようことを導きます。

「必然的にこれらの人々は医師の診察を求めます。これらの人々の大部分は精神病の既往歴がありませんでした。彼らの声の経験は突然始まり、彼らはこれらの出来事の最初の認識が起こった時間または日付を特定できました。彼らは幻聴を引き起こす精神病を患っていると言われ、これらの犠牲者の一部を研究した多くの著名な精神科医は、この「テクノロジー」によって本当に犠牲になった者は精神医学的診断に該当せず、彼らは経験していないと感じました聴覚幻覚:症状の発症前にかなりの数の犠牲者がうまく調整された人々でした特徴的に、非常にひねくれた声の内容のすべては、これらの人々の過去のキャラクターの発達に言及していませんでした。

「私たちがMと呼ぶこの記者は、偶然、ある医師が患者に何を告げずにHaldolと呼ばれるフェノチアジンを処方したかを聞いて、ほとんどすぐに声が止まったと言いました。しかし、患者は彼らはこれを他の多くの患者で試してみて、同じことが起こったことを発見しました。それを妨害する「伝達」の作用に生理学的に関連する何かがあるかのようでしたが、テクノロジーの背後にあるエージェントは、干渉薬が何であるかを発見しましたが、どういうわけか有効性を打ち切ることができました。

「患者が薬が幻覚または精神病の精神病患者に使用されていることを発見したら、最初のプラセボ効果は除去されたと懐疑的に言わなければなりません。しかし、ハルドルが幻覚の除去に非常に効果的である理由を疑問に思う必要があります患者の知識の有無にかかわらず、なぜ薬の名前が犠牲者の意識に導入されたときに、この再現可能な有効性の逃避があるように見えたのか。

「Mによる攻撃者のもう1つの属性は、被害者の過去の病歴を知る能力です。攻撃の症状の1つは、急性腹痛などの本物の病気の攻撃に臨床的に完全に類似した急性症状の再現であることがよくありましたしかし、これらの人々がこれらの症状に対して医師の診察を求める場合、真に病理学的なことが起こっているという証拠は臨床的に全くありません。これは、犠牲者が「廃人」であるという医療提供者の判断に寄与するでしょう。つまり、それはすべて何らかの形の心身神経症でした。

「調査記者Mは、この現象の彼の調査が彼を世界中に連れて行ったと宣言した。彼はソビエト機関、イスラエルのintelligence報機関、私たち自身のCIA、NSA、および海軍Intelligence報機関の個人にインタビューした。彼は他の国の多くの機関がこの現象や他の同様の現象を認識しており、人間の思考や感情に影響を与える可能性のある技術への取り組みを認めているものの、彼らの努力とこの現象を区別しました。

「Mは、彼がNSAでインタビューした人々からそれらの保証を得ることができないと述べた。私は、Mが分析のためにNSAに提出された被害者のテレビセットから記録された送信のコピーの所持を得た特定の事例を覚えている提出前に、他の科学者は、この被害者のテレビを監視するために使用した非常に特殊なデバイスが非常に異常な信号を受信したことを確認していました。

「私は信号の性質についても、録音装置についても何も言わなかった。しかし、彼が私に言ったことは、それをNSAに提出したとき、彼らは録音を取り戻すことができず、 NSAの担当者から、その発見が送信に関して明らかにしたことを確認します。

「調査レポーターMは、被害プロセス自体が人から人へと伝播する可能性があるという関連付けを行っていました。彼は、電話回線を介しても、ある被害者が別の人と話していると、被害者が話している人がいると感じたと述べました彼はまた、彼の調査に関して、答えに近づいたとき、彼が話をする人々は、調査に最初に従事し、興味を持ち、さらには参加した後でさえ、不合理に彼を遮断すると思われたと報告した。制御エンティティは、干渉するタイミングを感知し、実際に人々に自分の認識と認識をブロックさせると信じていました。Mは、干渉の範囲が、実際に人々を破壊するような行動を引き起こす可能性があると信じるようになりました。自分の自動車事故。

「彼は、ペル上院議員自身がこの軍隊の操作の無知な犠牲者になったと信じていた。彼は、ペルが真剣にMと交戦する時のために、スイッチが引っ張られて突然ペルが外れるかのようにこの結論を下した会話が何であるか、またはMが提示する内容に興味を持っていたことを忘れているように見えますが、後でPellは再びMを再度ディスカッションに招待し、同じ方法でディスカッションを再び中断しました。 Mはまた、忙しすぎたり、他のことに夢中になっていることによって引き起こされた気晴らしではなく、この現象に対する洞察で道に沿って出会った他の人の一部が単にその重要性を突然忘れていたという事実にも注目しました。 Mは、それについて知ることすら否定します。Mは、これが「技術」の背後にある1つまたは複数のエージェントによる防御的な操作であると感じました。

「妻と私は、Mが私に電話をかけた直後に、私たちの生活の中で奇妙なことに気づき始めました。私たちが知らない理由で、私たちは互いに議論し始め、お互いに非常に悪い感情を抱き始めました。私の妻が私に指摘したパターン。私は彼女にMや私たちの議論の内容について何も話したことがなかった。」

「その後しばらくして、[調査記者] Mとの接触を失いました。約1年後、私は彼に連絡を取り、彼の様子を見てみました。彼がこのプロジェクトに取り組んでいないことに気付いてショックを受けました。人類のために熱狂的にコミットされた仕事をなぜ放棄するのかと私が言ったとき、彼の反応は彼が私が何を言っているのかわからないかのようでした。

「この恐ろしい技術は私たちの政府によってひそかに使われているものであると示唆されています。私はそれを否定することはできませんが、実際に起こっていることはこれらの人々に影響を与える通常の生理学の一部ではないと心から信じています。私の経験では、特定の人々に、おそらくランダムに、外部から何かに影響を与えるものがあることを示唆しています。」

MRIやPETスキャンなどの脳イメージング技術が利用できます。MRIは脳の構造を調べるのに役立ちますが、PETスキャンは脳の代謝活動を調べるように設計されています。脳の構造、MRIの価値は限られていますが、PETスキャンでは、内部で発生した症状と外部で発生した信号の違いを判断できます。」

私が今読んだ手紙からの抜粋は、マインドコントロールが進行中の非常に現実的な国際犯罪であることを明白にし、それが暴露され停止されるまで、政府のあらゆるレベルの緊急の注意を必要とします。

PK

ゲラーの現象のもう1つの信頼できる証人は、冶金学者および米国海軍の科学者、エルドンバードです。 バードはユリを直接観察する機会がありました。

私はこれらの観察が明らかにしたことを彼に尋ねた:

「最初に「超常現象」(メカニズムを理解すれば現象は「正常」になるため引用符で)に最初に興味を持ったのは、アラン・バークのテレビ番組でテッド・セリオスを見た後です(数年前)。 、しかしSeriosが封印され、保護されたビデオテープに画像を刷り込んだ後、彼の心は変わりました。
彼がジョージワシントン大学でデモをするようになったときに、ワシントンDCエリアでUri Gellerと会った後、私は最初に金属曲げに興味を持ちました。 ゲラーは、当時働いていた米海軍政府研究所Iで発明された、NITINOLと呼ばれるニッケルとチタンの新しい形状記憶合金の記憶を変更した後、最初に金属の曲げの研究に携わりました。

電子顕微鏡写真、密度、写真、顕微鏡など、ゲラーが変更したニチノールで実行された分析テストがありました。 私が実施しなかったゲラー素材の他のテストには、壊れたキー、割れた金の指輪、壊れた針、エネルギーが刻印された水などの電子顕微鏡写真が含まれていました。

私は、ゲラがテレパシーを実行し、壊れた時計や時計を修理し、種子を発芽することを直接観察しました。 これらのいくつかは、受信者として自分自身を経験しました。」

Q:PKの「最新の」知識はどのようなものですか?また、PKの将来の理解に関して何か考えはありますか?


Byrd:「PKが金属の曲げ現象にどのように作用するかについていくつかの理論を開発しました。物理科学者として、超心理学のソフトな統計学ではなく、分析可能なハードデータを生成する現象に常に興味がありました。
最近、私は心が生物学的プロセスと相互作用する方法についての新しい情報に精通しました。 私は以前の理論を変えました。 それが科学の進歩です。「証明」ではなく、一貫性によってです。 私たちは、意図が遠くに行動を起こすことができる方法を理解しつつあります。」

80年代に、ユリはデモンストレーションから離れ、スキルをより実用的なテストに移しました。 彼は鉱物の探査を始め、そうすることで彼の財産の大部分を作り出したのに十分成功しました。 彼はまた、普通の人は個人的な信仰で同様のスキルを自分自身で使うことができるという彼の信念についてますます肯定的になりました。 彼は執筆に興味を持ち(*を参照)、21世紀のメディアであるインターネット(www.urigeller.comを参照)に興味を持ちました。

それでは、この驚くべき話から何を学ぶことができますか?

ユリ・ゲラーは本物だと思われます。 この物語のいくつかの重要人物からの回答を追跡し、最新の回答を得ることができたという事実は、「ゲラー現象」として知られるようになったものが、信頼できる科学的背景を持つ多くの人々によってまだ保持されていることを示しています人間の「マインドパワー」の非常に本当の能力。 実際、ターグはインテリジェンシアの「PKパーティ」について語り、政府は彼らの心の力を使って金属棒を曲げる物理学者を後援した。

彼の本「Mind Medicine」(Element Books、1999)で、ユリはこの「精神力」が何であるかを要約しています。


「私たち全員が先祖から受け継いだ深い知恵を表していると思います。それが利用されると、私たち一人一人に人生についてのより大きな知識と洞察を効果的に与えることができると思います。他の人よりも早くこのエネルギーを活用する方法を学びます;試行錯誤を経てやってくる人もいます。それを説明できないが完全に信頼する人もいます。その力は恐ろしく、これはまだ効力を理解するポイントに達していない人を怖がらせますそのような目に見えない力の。」
私はスーザン・ブラックモア博士のユリに関する意見を求めました。 彼女は興味深い認識を提供しました:


「数百万人が超感覚的知覚、幽霊、UFO、水晶の力、占星術の信条を信じていますが、ESPの証拠は議論の余地があり(せいぜい)、占星術の主張は明らかに間違っています。しかし、人々はそうではありません。視聴者とその奴隷であるプロデューサーは、陰謀理論、宇宙からの存在、私たちの精神力についての真実を隠蔽する科学者、そして強いアクセントを持つロシア人を好むようです。 can move trains with their teeth or bamboozle TV presenters with children's party tricks."
ゲラーに関して、彼が単なる策略を採用しているだけであることを示唆するには、信頼できる証人の証拠が多すぎます。確かに、そのような場合、彼はおそらくもっと驚異的な人物であり、歴史の中で最も信頼できる学者、高レベルのセキュリティクリアランスを持つ人、物理学者、冶金学者、宇宙飛行士、魔術師、政治家、世界のリーダー。

このような大規模な大規模な「トリケリー」は、これまでに行われたことはなく、最も懐疑的な人たちでさえ「これは不可能です。......それはできますか?」

著者に属するステンレス製スプーン; ゲラーとのインタビューの後、カトラリーラックで部分的に歪んでいることがわかりました。

ソース:

Uri Gellerへのインタビュー、2000年7月

教育:電気工学
の理学士号、医療工学の修士号はモーマンでした。
1972年
メリーランド州シルバースプリングスのホワイトオークス研究所、海軍表面兵器センターの物理科学者、国際遠隔測定会議の「議事録」に脳波の遠隔測定に関する論文を発表しました(1968年-少なくとも1981年)

*****

Eldon Byrd USPAプレゼンテーション


弱い
非線形場と生物学的プロセスの相互作用(1984)H10 超越瞑想(1985)J7a
意識から潜在意識へのコミュニケーション(1986)K25b
生細胞がELFおよびEMシグナルに応答する理由(1987)L13aスカラー
(1988)M10a
レビューおよび超低周波電磁界およびスカラー場の精神活動の更新(1989)N16a
デラワールカメラ:操作、歴史、および意味の理論(1990)P9b
イルカと子供、ELFコミュニケーション(1992)R3b
ハロー、イルカ、パートII:イルカは微妙なエネルギーを使用してどのように通信するか(1993)S11b
気功の存在と効果に関する科学的証拠(1993 IAPR)T7b
サイコトロニクス-科学か魔法か?(1994)U7a
Hyperspace(1995)V10ab
Basic Information Transmission Scalar Technology-Radionics 101(1995)V17ab
Dolphin Project Report and more(1996)W10b
Theory and Operation of the Next Generation of Psychotronic Devices(1997)X8a
Lightning:The Pulse of Life (1998)Y6a

************

1973年10月、バードはユリ・ゲラーと実験を行いました。ゲラーは、ニチノール金属片を永久に曲げたと言われていますが、これは大きな熱を加えなければ不可能です。(バード、エルドン、「ユリ・ゲラーの金属合金ニチノールへの影響」、ザ・ゲラー・ペーパーズ、パナティ、チャールズ編、ホートン・ミフリン、1976、pg 67-73)
(chptr 15、ガードナー、マーティン、サイエンスを参照):Good、Bad、and Bogus、Prometheus Books、1981 for this critical review。)
"..私は催眠術をかけることができるとは思わない。 「。(バード、73ページ)

バードは、海軍の表面兵器との彼の仕事を「将来の戦争がどのようなものになるかを予測する」と説明しています。(マクレー、ロナルド、マインドウォーズ、セント・マーチンズ・プレス、1984年、80ページ)

「非致死兵器局の海軍表面兵器で働いていたエルドンバードは、1981年に「暴動制御」、秘密作戦、人質除去などの目的のための電磁装置の開発を依頼されました。」

「バードは、弱い電磁場への暴露によって動物の行動が制御される実験についても書いています。「特定の周波数と出力強度で、動物をゴロゴロ、寝かせ、横転させることができます。」」(キーラー、アンナ、「リモートマインドコントロール技術」)

シルバースプリングスにある海軍条例研究所のAdvanced Planning and Analysis Stoffの元運用アナリスト。メンサおよび米国サイバネティックス協会の会員。海軍にいる間、彼はおそらく植物の精神的能力の疑いを扱うバックスター効果を確認した。
(トンプキンス、ピーターと鳥、クリストファー、植物の秘密の生命、ハーパーとロウ、1973、pg 40-2)

バードは、名誉am損の疑いで、ジェームス・ランディに3000万ドルで懐疑的なデバンカーを訴えました。ランディはバードを有罪判決を受けた児童痴漢と呼んでいた(ロッド・セリングのトワイライト・ゾーン・ミステリー・マガジンの1988年6月号で)。実際、彼は子供を含むわいせつな資料を配布する意図で所持のために逮捕され、所持の低い罪に対して有罪を認めたわいせつな資料を配布する意図がある。バードは「勝った」が、お金は受け取らなかった。裁判中、彼は法定後見人であった未成年者と性的関係を持つことを認めたと思われます。(Skeptic、vol 3、#3、pg 34;また、プレスリリースとMarcello Truzziによる解説についてはここをクリックしてください)

「バードは[ディックファーリー]についてCB "スコット"ジョーンズの家で夕食をとった[ランディとの訴訟]について話しました。92年と93年に一緒に過ごした数晩の夕べです」

「バードは、ユリ・ゲラーが訴訟費用として10,000ドルを払ったと言いました。バードとゲラーは、70年代からの仲良しです...」

「バードは、彼が「psi」などへの個人的な興味であまりにも公然であったため、彼を信用しないいくつかのイニシアチブの一部として、郵便査察官によって「設定」されたと言います。 、それは彼らの最も上級の民間科学者の一人として彼の早期退職に貢献しました。」
「彼がまだ海軍にいたとき、バード博士は、マイケルパーシンガーが行ったさまざまなEMFとELFの「神経への影響」に関する研究の契約マネージャーでした。誰かが「盗んだ」場合の波の伝播と潜水艦への影響について「心に影響を与えるEMF信号などを使って、そういったことをします。」(ファーリー、ディック、「False Memory Spindrome」)

「私はアメリ物理学会の年次総会で、エルドン・バードが超心理学者として取り組んできた重要なプロジェクトに関して裁判所で行った陽気な主張について聴衆に語りました。1つは幸運な着用者をヘアドライヤーと電気かみそりの致命的な影響により、これらの60ヘルツの電波が脳に衝突します。時計は問題の波の位相を感知し、対象を保護するために反対の場を生成します。この試験は、本「The Secret Life of Plants」を読んで信じた結果、海軍のダイバーに危険を警告するために海藻を訓練するプロジェクトがあったことを誇らしげに発表したときに、バードによって作成されました。(ランディホットライン、3/27/95

バードは現在、イルカに取り組んでおり、おそらく海軍水上武器で残した仕事を続けています(日付、理由など、彼の出発の詳細は誰にもありません)

彼は、World Dolphin Research の「Hello、Dolphin」プロジェクトの主任研究員です。このプロジェクトでは、人間とイルカの間のELFおよびその他の電磁放射の放出と受信を扱います。これは、精神現象とマインドコントロールの重複と関連があります。

彼は、1996年の米国サイコトロニクス協会の年次会議で論文「Dolphin Project Report and More」を発表しました。

著者:超低周波電磁場およびスカラー場の精神活動のレビューと更新

USPA:

Eldon Byrd
弱い
非線形場と生物学的プロセスとの相互作用(1984)H10 超越瞑想(1985)J7a
意識と潜在意識間のコミュニケーション(1986)K25b
生細胞がELFおよびEMシグナルに応答する理由(1987)L13aスカラー
(1988)M10a
低周波電磁場およびスカラー場の精神活動のレビューと更新(1989)N16a
デラウォーカメラ:操作の理論、歴史、意味(1990)P9b
イルカと子供、ELFコミュニケーション(1992)R3b
こんにちは、イルカ、パートII:微妙なエネルギーを使用してイルカが通信する方法(1993)S11b
気功の存在と効果に関する科学的証拠(1993 IAPR)T7b
サイコトロニクス-科学と魔法 (1994)U7a
Hyperspace(1995)V10ab
Basic Information Transmission Scalar Technology-Radionics 101(1995)V17ab
Dolphin Project Report and more(1996)W10b
Theory and Operation of the Next Generation of Psychotronic Devices(1997)X8a
Lightning:The Pulse of Life (1998)Y6a

スカラー

スカラー、パートI
エルドン・バード
http://www.psychotronics.org/scalers1.htm

パートIは、情報キャリアとしてスカラーをサポートする概念につながる歴史的背景(1900年にプランクの定数に関する演ductionと実験データの不一致の発見から始まります)を扱います。 アインシュタインの時空連続体の発展、現実の性質、古典力学、場と波、量子力学、および相対性理論の一般的および特殊な理論の簡単なレビューは、情報伝達の一形態としてのスカラーの出現の舞台を設定します。 その過程で、物理学の一部とそうでないものが明らかになります。

パートII [このジャーナルの次号に掲載]は、ベクトル力学とスカラーをリンクする方程式を提供し、スカラーが無限速度で情報キャリアとして機能する方法について結論を出します。

前書き

科学の目的の一つは、私たちの感覚体験の混chaosから秩序を提供することです。 カオスを経験する同じ脳が意味をなそうとする理論を作り上げなければならないので、これは非常に難しいです。 特に、物理学は進化の状態にあります(常に変化しています)。 その基礎は帰納的方法による経験から抽出することはできず、その真実の内容は人間の意識によってのみ検証することができます。

1927年、アーサー・ウェブスターは物理的宇宙をx、y、z、および時間のみで構成されると説明しました。 この記述の根底には無数の哲学的仮定がありました。したがって、数理物理学の基礎は本質的に哲学的です。

科学は部分の分析に関係している-全体から独立していると仮定される。 科学の最近の進歩は、この仮定に反論しています。 ニュートンの「遠く離れた行動」のアイデアに戻りますが、別のより洗練された視点からです。 相互接続性は、これまで以上に実行可能な視点であるように見えます。 ただし、相互接続力は微妙であり、従来のデバイスや手法による測定の対象ではないようです。 Bohm2は相互接続力を「量子ポテンシャル」と呼びました。

時空

Einstein3は、私たちの「物理」宇宙の空間と時間を完全に結びつけていたため、遠く離れた行動、ポテンシャルエネルギー、同時性の概念は破壊されました。 これはMaxwellの方程式と互換性がありましたが、古典的な力学とは互換性がありませんでした。

ただし、別の見方では、パウリの排他原理は、 仮想状態の分散を作成する単一のポイントから無限の時空を絞ります。 一方、マックスウェルの方程式は、無限の時空を点に絞ることに由来します。 仮想の(つまり、観測不可能な)エネルギーの粒子の海に住んでいると想像できます。 これらのエネルギー状態は、「実」エネルギーによって刺激され、負のエネルギー状態から正のエネルギー状態に仮想粒子を「蹴り」、粒子を「実」にします。 ディラック方程式はこれを予測し、仮想粒子の「ディラック海」を記述します。 ディラックの海は時空そのもののマトリックスです。

現実の性質

科学は、知覚対象から独立して外部世界が存在するという概念に基づいています。 したがって、「現実」は推測に基づいています。 または、少なくとも間接的な観測に削減されます。 したがって、現実の認識を変えようとする必要があります。3本当の科学の父はユークリッドではなく、ガリレオ以前の誰でもありませんでした。 純粋な論理的思考は経験的世界の知識を生み出すことはできません。 現実に関するすべての知識は、経験から始まり、経験で終わります。 ただし、これらを組み合わせることにより、個別に行うよりも完全なシステムが形成されます。

私は(他の人と同様に)科学の新しいパラダイムを提案します:「物理的現実」は「客観的現実」がないため、物理を扱う数学の観点からはまったく説明できません。 フィールドのみが存在し、そのフィールドが物理的現実として知覚するものを生成するという前提から始めると、その逆ではなく、いわゆる「現実」を扱うまったく新しい方法が出現します。 この論文のバランスはこの概念を扱っており、「物質」がフィールドを作成するという考え方が、フィールドが「物質」を作成するという考え方と同じように機能しない理由を示しています。

古典力学

過去75年間で、古典力学では物理宇宙の経験を説明できないことが明らかになりました。 マックスプランクは、量子力学が低速ではあるが高加速度で小さな質量に適用されることを示すことにより、古典物理学を廃止しました。 それにより、ニュートン物理学の制限法則を克服します。

1900年に、メカニズムからの演andとプランクの定数に関する実験的事実( ħ ) の間に矛盾があることが発見されました 。 理論は、固体の熱と放射密度が温度の低下に比例して減少することを示しました。 経験から、予想よりもはるかに急速な減少が明らかになりました。 量子力学の前に因果律を決定することはできませんでした。 ハイゼンベルグディラック、ド・ブロイ、およびシュレディンガーは、エネルギー値に離散周波数を割り当てる必要があることを示しました。

H.シュレディンガーは、複雑なスカラーを位置と時間に離散的に関連付ける偏微分方程式を開発しました。 これにより、原子の理論が導かれ、なぜガスが明確に定義された周波数の光のみを放射および吸収するのかが説明されました。 したがって、量子物理学が生まれました。

フィールドと波

最初は、「場」を説明しようとして、媒体の機械的解釈(エーテルの動きまたはストレス)が進められました。 これは、物理的現実の最終的な還元不可能な構成要素として電磁場に取って代わりました。 力は場で置き換えられました(微分方程式で記述されています)。 フィールドのみが相互作用を許可されました。 ヘルツは、場の概念が基本的であり、機械的伝播媒体を必要としないという主張の曖昧さにエーテルを追いやった3。しかし、これは、媒体の性質に依存する関係によって接続された2つの新しいベクトルの導入を必要とした-したがって、理論的分析にアクセスできない。 ベクトルは、磁場の概念と電流密度と磁場の関係に複雑さを加えました。 ローレンツは、電場が運動中の粒子の結果である場合を考慮することにより、電気力学の事柄を単純化しました。 波がエーテルに結び付けられなくなったため、これは物理学を大きく変えました。 それらは他の要因の結果であり、それらの存在のための媒体から独立していました。 電磁場を物質的な基盤から解放することで、問題なく力の概念への道が開かれました。 この時点では、重力効果さえも、遠く離れた場所で即座に行動することを誰も信じていませんでした。 電磁波が有限速度で伝播する場合、静電場も伝播すると想定されていました。

ド・ブロイは、プランクの定数を使用して定在波のアイデアを思いつきました。 しかし、ボルンは、ド・ブロイ・シュレディンガーの波動場が、イベントが実際に時間と空間で起こる方法の数学的記述ではなく、 システムについて知ることができることを発見しました。 これらの波動場は、すべての可能な測定の結果の統計的ステートメントと予測のみを作成します。 これにより、量子力学が「現実の」世界に導入されました。

アインシュタインによると、3時空は物質や場に依存しない存在です。 ただし、「空の」スペースなど、フィールドのないスペースはありません。 時空はそれ自体では存在しませんが、フィールドの構造的な品質です。 「何もない」というものはありません。 フィールドは、現実の表現です。 デカルトが言ったように、「フィールドの空のスペースは存在しません。」3

現在のフィールドの法則は、慣性システムに関してのみ意味を持ちます。 物質とフィールドを削除すると、慣性と時間が残ります。 ミンコフスキー空間は物質とフィールドのキャリアです。3ミンコフスキー空間には「今」はありません。

「問題」を「フィールド」に置き換える可能性を検討してください。 低エネルギー密度の領域と高エネルギー密度の領域を持つ動的な場-常に流動状態にあり、さまざまな形で現れる、ローカルな組織の対象、それ自体との相互作用の性質など、ほとんどのことを説明できます。科学は何世紀にもわたって熟考してきました。 フィールドと「凝縮エネルギー」(物質)との関係はどうなりますか? 電子は荷電粒子であると想定されています。 プロトンも同様です。 これが本当なら、磁気質量はどこにありますか? 何十年もの間、物理学では不条理がramp延しています。 波と粒子の「二重性」は、物事を「説明」するために物理学が行った長さを表します。

ヘルツが波を実証するまで、誰もマックスウェルを信じなかった。3後に、マックスウェルの方程式は、粒子の総電磁慣性の説明を妨げる固有の特異性を回避するための解決策を許さないことに留意した。 特異点を含まないMaxwellの方程式の正規の解決策はありません。方程式の解決策がない点または空間です。 したがって、物質の純粋な電磁界理論は決して達成されていません 。 アインシュタインはこれを一般化された場の方程式で強調して指摘した。

Rik – 1/2(gikR)= -Tik

ここで、R =リーマン曲率のスカラー、Tik =物質のエネルギーテンソル

両側の分岐をとる:

div [Rik-l / 2(gikR)] = 0 = div(-Tik)=偏微分方程式の形式の物質の運動方程式

分子球では場の理論は失敗します。 量子力学は現実の類似性とは関係ありません。 物理学は偶然のゲームに追いやられました。 真実の所有は、それを探すことによって置き換えられました。

量子力学

実験は、ポテンシャルエネルギーへの小さな時間変化する追加からなる外力で、ある量子状態から別の量子状態にシステムを遷移させることが可能であることを示しました。 このプロセスの非線形性と確率論的な性質により、確率の関数として任意の大きさの変化が可能になります。 したがって、シュレディンガーユリ・ゲラーが存在できることを証明した。

古典力学よりも量子力学が提供される物理的事象の理解の拡大にもかかわらず、それは力と物質的な点から構築されているため、「現実」の不完全な表現のままです。 量子力学は、単一の関数の状態ではなく、システムのアンサンブル(統計的な意味)を記述します。 結果は測定できません。したがって、定義により、科学には測定が必要なため 、「科学」の領域外です。 量子力学の統計的手法はフィールドに適用できないことに注意してください! 今日の物理学は現実の性質に関するものではなく、可能性に関するものです。 したがって、すべての明らかな不確実性のために、物理学の健全な一般的な理論的基礎は現在も、かつてもありませんでした。

リンク集

物理学における一連の進行のカプセル化

 

"目的"
現実

Maxwell:ベクトル場
ド・ブロイ:波
ディラック:スピナー

「主観的」
現実

アインシュタインセミベクトル(キャンセル料)
生まれ:フィールドの確率
ハイゼンベルク:物事の不確実性
現在:粒子が存在しない

マクスウェルは、物理的現実の概念を運動中の物質点(全微分方程式で記述)から連続場(偏微分方程式で記述)に変更しました。 量子力学はさらに一歩進んで、実際、 いかなる種類の絶対微分方程式の観点からも現実を記述することはできず 、物理的現実の発生の可能性の観点から現実を記述することができると述べました。

物理学の法則が何らかの形で原子の構造に結び付けられていると信じている人もいれば、システムの力学がその配置の関数であるポテンシャルエネルギーによって決定されると信じている人もいます。 任意のルールは、任意の結果をもたらします。 ニュートン物理学は物理学の基礎を提供することは完全に失敗していますが、それでも私たちの思考の中心的な位置を占めています。 どうして? まだ完全な基盤がないためです。

理論は経験から帰納的に導かれるものではありません 。 論理的思考は演ductive的であり、結果の確認がそこから生じると考えるのは急です。 ジレンマは、帰納的思考法が物理学(またはその他)の基本概念につながることはないということです。 組み合わせだけが必要な相乗効果を提供できます。 経験は理論を示唆し、逆もまた同様です。 新しいアプローチは、フィールドが物質を発生させるという概念に基づいており、その逆ではありません。

相対性理論の一般理論と特殊理論

一般相対性理論は、主に重力場に関するものであり、電磁(EM)場を含む他の場の存在または構造を予測することはできません。 「巨人」(ワイル、カルーザ、エディントン)は、理論を電磁界に拡張することに失敗しました。3理論によれば、空間は、粒子や物質点のない空間と時間の4つの独立変数で構成される連続場です。モーション。 一般相対性理論特殊相対性理論の両方は、離れた場所で瞬間的な動作を想定していません。 ただし、特別理論では、質量のない情報の転送は除外されません。 この概念から、情報キャリアが出現する際のスカラーの概念になります。

参照資料

1.ウェブスター、アーサー。 数理物理学の偏微分方程式 、1955:ドーバー出版。

2. Bohm、DJおよびHiley、BJ「量子理論によって暗示される非局所性の直感的理解について」1975年: 物理学の基礎 、5、p。 93。

3.アインシュタイン、A。 アイデアと意見 、1954:Bonanza Books。

 

 

スカラー、パートII
エルドン・バード

Maxwellの方程式は不完全であることが示されているだけでなく、両方のケースがスカラーとして記述できる場合でも、定常状態または非定常状態のケースでスカラー情報の転送を記述するには不十分であることが示されています。 スカラーの特性が調査され、電磁量の定義と関係の表が編集されます。 スカラーとベクトルの対比が解明され、例が示されています。

時空行列は物理的な世界を制限しますが、心は本質的にスカラーであり、そのため、境界がありません。

前書き

情報キャリアとしてのスカラーは、アイデアと同じように、数理物理学で許可されています。アイデアは測定できませんが、その効果は測定できます。

電界は、静止電荷と移動電荷に力を及ぼします。 ただし、磁場は移動する電荷にのみ力を及ぼします(磁場は静電荷ではなく電荷を移動させることで生成できますが、電界はどちらでも生成できるため)。 1つの大きな問題:磁気量は電気的に定義されました。 電束の源はクーロン電荷です。 そのような磁束源は知られていないか、定義されていません(SiUitto)。

以下は、確立された数学と物理学の観点からスカラーを定義する試みです。 現在の数学と物理学はこのタスクには不十分であるため、次のステップは、現在存在するものとは無関係に、スカラーを説明するためのまったく新しい物理学と数学のセットを開発することであることをお勧めします。

マクスウェルの方程式

マクスウェルの方程式は、電気密度の振る舞いを記述せず、空間内で不連続な物質点を持つ連続場に対する電気密度の組み合わせの効果のみを記述します。 これは、理論の不完全さを示しています。 完全な理論には、時間内のすべての要素と空間内のすべてのポイントの連続性が必要です。 物質がフィールドを引き起こすという仮定の下で、機械的な観点からこの問題に対処するために、大きな複雑さが追加され、パラドックスが出現します。 例えば。 自由空間でのマクスウェルの方程式は、実際の電磁(EM)エネルギー伝播の場合にのみ有用です(複素共役を無視します)。 それらは、無限のエネルギー量を予測するため、時空における瞬間的なスカラー情報伝達を記述することはできません。 フィールドが「物質」を発生させるという概念への考え方の転換で明らかになるように、スカラー情報伝達を達成するためにEMエネルギーを必要としません。

非定常状態の状態。 マクスウェルの方程式はすべてスカラーです。 次に、教科書では境界条件が課され、ソリューションは非ウェーブソリューションになります。 それらを波として機能させるために、未知の要因が方程式に追加され、それらが正しく出てくるようにしました。 科学者たちは、宇宙が理解できるかどうかにかかわらず、宇宙が思うように機能することを証明するために多大な努力を払います。

Maxwellの最初の方程式は、電荷Qがボリュームに含まれ、フラックスがボリュームの表面を通過すると仮定して作成されました。

 

ボリュームの表面全体に統合された表面(S)から出る磁束は、内部の電荷に等しいと定義されました。

 

しかし、これは、電荷から発せられる無数の磁束線があるため、フラックスは有限体積に対して無限であると言います。 これを回避する唯一の方法は、サーフェスとボリュームをゼロに縮小し、結果をゼロに設定することでした。 すごい! 今、マクスウェルの最初の方程式の物理的な解釈は、有限量の電荷がある宇宙で唯一の場所は空間がないということです!

Maxwellの方程式の非定常状態積分形式には何の問題もありません。スカラーを議論する際に、すべての実用的な目的に役に立たないのは、不条理な境界条件です。 ただし、上記の方程式と:

 

すべてスカラーです。 それらは、マクスウェル方程式の非定常状態形式です。

スカラーの特徴

電磁界は「125年前に理論化され、数年後に発見された。潜在的な場は50年前に理論化され、ほんの数年前に発見された。スカラー場は理論化され、最近、レーザービームとの相互作用を信じる理由がある生きている人間の神経組織が発見されました。

スカラーは潜在フィールドよりも基本的です。なぜなら、潜在フィールドは電磁フィールドから派生するのと同じように、スカラーは派生しているからです。 EとBがゼロの場合、スカラーフィールドは潜在的なフィールドを置き換えます。 スカラーは本質的に縦断的です。 それらは、電場と磁場がまったくない状態で縦信号をサポートできるポテンシャル場から導出されます。

縦波は、プラズマなどの物理的な非線形伝導媒体で観察されています。

スカラーの「伝播」は、2つの物理量である電気誘電率透磁率(光の速度に関連する)に依存しないため、スカラー情報は光の速度に限定されません。 スカラーポテンシャルは瞬間的なポテンシャルですが、スカラー情報はEM波にピギーバックする可能性があるため、無限から3xl08 cm /秒に減速します。 したがって、すべての周波数で動作する情報フィールドで満たされた宇宙に住んでいる可能性があります。 計測によってまだ検出されていない微妙なフィールド。 すべての生命体をリンクするフィールド。 これらの分野は、偉大な数学者ディラックによって記述されました。

2つのスカラーフィールドの重ね合わせは、EMフィールドまたは潜在的なフィールドではなく、より多くのスカラーフィールドのみを生成できます。 したがって、スカラーは電力伝送には使用できず、情報の転送のみに使用されます。 情報はスカラー場を使用して送信され、電子干渉法などのプロセスによって検出される場合があります。 生体システムは非常に非線形であり、スカラーを検出して相互作用することもできます。 すべての「物質」は電磁現象であるため、スカラー場を通じて相互接続性があります。 すべての生物は相互に通信するため、相互に影響を及ぼします。

電気エネルギーをコンデンサに保存できることは明らかです(大きな充電コンデンサの端子に触れた人は誰でもこの事実を証明できます)。 それでも、エネルギーはどこに保存されていますか? 「料金」自体で? 皿の上に? 誘電体で? またはプレート間のフィールドで? 電磁界理論により、あたかもそれが野外にあるかのように見えますが、誰も確実に知りません。 それがフィールドにある場合 、フィールドのどこに? スカラーエネルギーはただです。 どこにもありません。

磁場と電場がゼロの場合

イギリスのデビッド・ボームは、1975年にEとBの両方のフィールドが存在しなかったときの微妙な効果を説明しました。 フィールドがゼロの場合、 物理的なエネルギーの流れがないため、 物理的な結果は観察されません。 ただし、特定の条件下では、EフィールドとBフィールドがゼロの場合、それらのソース(スカラーポテンシャル、Vm、および磁気ベクトルポテンシャル、A) が物理的な結果をもたらす可能性があります。 観測可能なのは、磁力または電気力が存在しないときに、ポテンシャル場の影響下で発生する電子位相シフトの確率密度です。 この効果は、多くの実験(アハラノフ、ボーム、チェンバーズ、ヤクレビッチ、ランケ、オラリウ、ポペスク)で実証されています。 電界と磁界がゼロの場合、オブジェクトへのエネルギー伝達がないため、AフィールドはEとBから分離され、すべてのオブジェクトを貫通し、情報を瞬時に伝達するスカラーになります。 これにより、現在利用可能な計装でそれらを検出することは事実上不可能になります。 ただし、スカラーフィールドの生成は簡単です。 非常に低い周波数では、BフィールドとEフィールドはすべてトロイド内に含まれます。

 

Aは外部ですが、直接測定できません。 メビウスには、EフィールドとBフィールドとAフィールドが含まれています。 ただし、時間変化Aの関数としてのスカラーが生成されます(標準の電気および磁気機器では直接測定できません。これらすべてを登録するにはエネルギーの移動が必要です)。

ベクトル演算

ベクトル数学は、大学の教授や学生によって長い間定義され、操作されてきました。 優れた教科書は詳細を提供できます。 ただし、次のセクションの目的のために、いくつかの関係が繰り返されます。

ベクトルは、時間および/または空間を移動するスカラーとして定義されます。 ゼロ次のベクトルは、方向を持つ点です。 ベクトルは、加算、減算、乗算、分割、および操作が可能です。 ベクトルの操作は特に重要です。 座標変換の下で不変のベクトルは、テンソルと呼ばれます。

ベクトルの発散(div)。 A、です:

 

ベクトルの発散演算はスカラーを生成し、del()演算として知られています。 したがって、•A = divA。この操作は勾配(grad)とも呼ばれます。 したがって、

•A = div A = grad A

スカラーの勾配はベクトルです。 ベクトルの勾配はスカラーです。

ベクトル乗算には、基本的に2つのタイプがあります。ドットと外積です。 ドット(スカラー)積は、Aの大きさ×Bの大きさ×AとBの間の小さい角度のコサインとして定義されます(すなわち、| A | | B | cos <AB = A•B =スカラー)。

クロス積は、Aの大きさ× Bの大きさ×それらの間の小さい角度のサインとAおよびBに垂直な単位ベクトルa nの積として定義されます。

A x B = | A | | B | sin <ABa n

スカラー積とベクトル積の多くの組み合わせがあります。 例えば:

•A xB。

2 x Aはスカラー/ Aは任意のベクトル場です。

2 = 0はすべてのフィールドを満たし、構成する境界条件の関数として一意のソリューションを提供します。したがって、スカラーの考慮には役に立たない。

電磁気学に適用されるベクトルとスカラーの数学

スカラー(•A)が3次元空間で積分されると、2次元の表面になります。

 

 

 

フラックスを表します。


スカラーはどの座標系でも不変です。 定常状態のMaxwell方程式をスカラーに変換するのは簡単です。 それぞれの分岐を取ります:

•x E = 0

•x H = 0

••D =•ρ= 0

••B = 0

数学と物理学は満たされ、すべてが0に等しく、何も知らないことを多く知っていることが再び証明されました。

B =μH= x AおよびE =ρ

BとHはμにリンクされ、Eとρはμにリンクされ、光の速度へのリンクによって定義されます。 したがって、世界のすべての操作では、これらの物理量(したがってMaxwellの方程式)が瞬間的なスカラー情報の転送を記述することはできません。

結論

この論文は、電磁界理論の古典的および量子力学的基礎に適用される数理物理学の基礎が、「情報スカラー」と呼ばれる理論的に利用可能な信号の全領域を説明できないことを示した。 たとえば、分子構造がその存在をすべての宇宙に「広める」固有のフィールド品質を持っていると仮定します。 構造に関する「情報」は遍在しています。このプロセスに関連する電磁エネルギーの伝達はなく、時間も入りません。

原因と結果は、スカラーと生物学的プロセスの間で経験的に確立されています。 何が起こっているのかを説明するために数学と物理学を考え出す必要があります。 それは、確立された数学と物理学の外にある必要があります。それは、観察の完全な基礎を提供できず、独自の理論的自己の完全な基礎さえも提供していません。

概要

現実は測定に基づいていません。 科学は したがって、現実は科学に基づいていません。 科学は比metaです。

フィールドは「物質」を生み出します。

ニュートン力学は不完全です。

量子力学は不完全です。

マクスウェルの方程式は不完全です。

スカラーは情報です。

粒子(陽子、電子、亜原子粒子を含む)は、まさに「物質」として定義するように感覚や道具に現れるフィールドです。

 

 

 

参照資料

このペーパーの準備では、次のものが使用されました。
アインシュタイン、A。、 アイデアと意見 、1954:Bonanza Books。
• ウェブスター、A。、 数理物理学の偏微分方程式 、1955:Dover Publications。
• Sillitto、R.、 Non-Relatiavistic Quantum Mechanics 、1960:Quadrangle Books、シカゴ。
• Hayt、W.、 Engineering Electromagnetics 、1958:McGraw Hill
• Hawkins、G。、 工学および科学の学生のための多重線形分析 、1963年:ジョン・ワイリーと息子。
• コノピンスキー、E。、「電磁ベクトルポテンシャルが説明するもの」1978年5月: Am。 J. Phys。 、46(5)。
• ディーア、ジャック、プライベート通信。 1987(アリゾナ大学)
• Aharonov、Y。およびBohm、D。、「量子理論における電磁ポテンシャルの重要性」、1959: Phys。 Rev. 、115、pp.485-491。
• Chambers、R.、「閉じ込められた磁束による電子干渉パターンのシフト」、1960: Phys。 牧師レッツ。 、5、3〜5ページ。
• Jaklevic、R。、およびLanke、A。、およびMercerau、J。、「フィールドフリー領域における静的ベクトルポテンシャルからの量子干渉」、1964: Phys Rev. Lett。 、12、274-275ページ。
• Olariu、S. and Popescu、I.、 "電磁フラックスの量子効果" 1985: Rev. Mod。 物理学 、57、pp 339-435。
• Bohm、D.およびHiley、B.、「量子理論によって暗示される非局所性のイニシアチブ理解について」、1975年: 物理学の基礎 、5、p。 93。


エルドン・バード
• 教育:電気工学の学士号、医療工学の修士号
モルモン教徒でした。
• 1972年の国際遠隔測定会議の「議事録」で脳波の遠隔測定に関する論文を発表
メリーランド州シルバースプリングスのホワイトオークス研究所の海軍表面兵器センターの物理科学者(1968年-少なくとも1981年)
1973年10月、バードはユリ・ゲラーと実験を行いました。 ゲラーは、ニチノール金属片を永久に曲げたと言われていますが、これは大きな熱を加えなければ不可能です。 (バード、エルドン、 「ユリ・ゲラーの金属合金ニチノールへの影響」 、 ゲラー論文 、パナティ、チャールズ編、ホートン・ミフリン、1976年、67-73ページ)
(この実験の批判的なレビューについては、1981年のchptr 15、Gardner、Martin、 Science:Good、Bad、およびBogus 、Prometheus Booksを参照してください。)

「..私は催眠術をかけられるとは思わない。私はかつてアマチュアの魔術師でもあり、魔法と手品の技術を研究してきた」。 (バード、73ページ)

バードは、海軍の表面兵器との彼の仕事を「将来の戦争がどのようなものになるかを予測する」と説明しています。 ( マクレー、ロナルド 、 マインドウォーズ 、セント・マーチンズ・プレス、1984年、80ページ)

「非致死兵器局の海軍表面兵器で働いていたエルドンバードは、1981年に「暴動制御」、秘密作戦、人質除去などの目的のための電磁装置の開発を依頼されました。」

「バードは、弱い電磁場への暴露によって動物の行動が制御される実験についても書いています。「特定の周波数と出力強度で、動物をゴロゴロ、寝かせ、横転させることができます。」」(キーラー、アンナ、 「リモートマインドコントロールテクノロジー

シルバースプリングスにある海軍条例研究所のAdvanced Planning and Analysis Stoffの元運用アナリスト。 メンサおよび米国サイバネティックス協会の会員。 海軍にいる間、彼はおそらく植物の精神的能力の疑いを扱うバックスター効果を確認した。
(トンプキンス、ピーターと鳥、クリストファー、 植物の秘密の生命 、ハーパーとロウ、1973、pg 40-2)

バードは、名誉am損の疑いで、 ジェームス・ランディに3000万ドルで懐疑的なデバンカーを訴えました。 ランディはバードを有罪判決を受けた児童痴漢と呼んでいた(ロッド・セリングのトワイライト・ゾーン・ミステリー・マガジンの1988年6月号で)。わいせつな資料を配布する意図がある。 バードは「勝った」が、お金は受け取らなかった。 裁判中、彼は法定後見人であった未成年者と性的関係を持つことを認めたと思われます。 (Skeptic、vol 3、#3、pg 34;また、プレスリリースとMarcello Truzziによる解説については、ここをクリックしてください)

「バードは[ディックファーリー]についてCB "スコット"ジョーンズの家で夕食をとった[ランディとの訴訟]について話しました。92年と93年に一緒に過ごした数晩の夕べです」

「バードは、ユリ・ゲラーが訴訟費用として10,000ドルを払ったと言いました。バードとゲラーは、70年代からの仲良しです...」

「バードは、彼が「psi」などへの個人的な興味であまりにも公然であったため、彼を信用しないいくつかのイニシアチブの一部として、郵便査察官によって「設定」されたと言います。 、それは彼らの最も上級の民間科学者の一人として彼の早期退職に貢献しました。」

「彼がまだ海軍にいたとき、バード博士は、 マイケルパーシンガーが行ったさまざまなEMFとELFの「神経への影響」に関する研究の契約マネージャーでした。誰かが「盗んだ」場合の波の伝播と潜水艦への影響について「心に影響を与えるEMF信号などを使って、そういったことをします。」 (ファーリー、ディック、 「False Memory Spindrome 」 )

「私はアメリ物理学会の年次総会で、エルドン・バードが超心理学者として取り組んできた重要なプロジェクトに関して裁判所で行った陽気な主張について聴衆に語りました。1つは幸運な着用者をヘアドライヤーと電気かみそりの致命的な影響により、これらの60ヘルツの電波が脳に衝突します。時計は問題の波の位相を感知し、対象を保護するために反対の場を生成します。この試験は、本「The Secret Life of Plants」を読んで信じた結果、海軍のダイバーに危険を警告するために海藻を訓練するプロジェクトがあったことを誇らしげに発表したときに、バードによって作成されました。 ( ランディホットライン、3/27/95 )

バードは現在、 イルカに取り組んでおり、おそらく海軍水上武器で残した仕事を続けています(日付、理由など、彼の出発の詳細は誰にもありません)

彼は、World Dolphin Research の「 Hello、Dolphin」プロジェクトの主任研究員です。このプロジェクトでは、人間とイルカの間のELFおよびその他の電磁放射の放出と受信を扱います。これは、精神現象とマインドコントロールの重複と関連があります。

彼は、1996年の米国サイコトロニクス協会の年次会議で論文「Dolphin Project Report and More」を発表しました。

著者:超低周波電磁場およびスカラー場の精神活動のレビューと更新


1981年:エルドンバードは暴動鎮圧用のEMデバイスを開発
海軍表面兵器局で働いていた科学者エルドンバードは、1981年に暴動制御、秘密作戦、人質除去などを目的とした電磁装置の開発を依頼されました。 (11)

ビデオディスプレイターミナル(VDT)オペレーターの生殖ハザードをめぐる論争の中で、彼は低強度のフィールドにさらされた動物の脳機能の変化について書きました。

 

暴露した動物の子孫、

「後年、知能の劇的な低下を示しました...簡単なタスクを学ぶことができませんでした...胎児の中枢神経系への非常に明確で不可逆的な損傷を示しました。」

VDTオペレーターが弱い電界にさらされると、流産と先天性異常のクラスターがあります(胎児への中枢神経系の損傷の証拠があります)。バードはまた、動物の行動が弱い電磁界への暴露によって制御された実験について書いています。

「特定の周波数とパワー強度で、動物をゴロゴロさせ、横たわり、横転させることができました。」

低周波睡眠誘導
1980年から1983年まで[...] Eldon Byrdは海兵隊の非致死性電磁兵器プロジェクトを実行しました。彼は研究の大部分をメリーランド州ベセスダにある陸軍放射生物学研究所で実施しました。

「私たちは、脳内の電気的活動とその影響を調べていました」と彼は言います。

バードは、医療工学と生物効果の専門家であり、Obolenskyによる渦兵器に関する論文を含む小規模な研究プロジェクトに資金を提供しました。彼は、動物、さらには自分自身で実験を行い、脳波が外部から動物に衝突する波と同期するかどうかを確認しました。(彼はそれらを発見しましたが、効果は短命でした。)

非常に低い周波数の電磁放射(電磁スペクトル上の無線周波数よりもはるかに低い波)を使用することで、行動を制御する化学物質を脳に放出させることができることがわかりました。

「動物をWe迷に陥れる可能性がある」と彼は言う。「ニワトリの脳をin vitroで取得して、脳に天然のオピオイドの80%を捨てました」とバードは言います。

彼は、磁場を使ってラットの特定の脳細胞にヒスタミンを放出させる小さなプロジェクトを実行しました。

ヒトでは、これは即時のインフルエンザ様症状を引き起こし、吐き気を引き起こします。「これらのフィールドは非常に弱かった。検出できなかった」とバードは言う。

「効果は非致死的で可逆的でした。一時的に人を無効にすることもできます」とバードは仮説を立てました。「それはスタンガンのようだったでしょう。」

バードは、彼のハードウェアを現場でテストしたことはなく、4年間予定されていた彼のプログラムは、明らかに2年後に閉鎖されたと彼は言う。

「仕事は本当に素晴らしいものでした」と彼は不平を言う。「私たちは1年で武器を持っていただろう。」

バードは、「作品が機能しない限り」彼の作品は分類されないと言われたと言います。それが働いたので、彼はプログラムが「黒くなった」と疑っています。

他の科学者は、成功した結果が達成された後、最高の秘密を回す電磁放射に関する研究の同様の物語を話します。そのような作業が継続しているという手がかりがあります。

1995年、コロナと呼ばれる4つ星の米国空軍将軍の年次会議で、1,000を超える潜在的なプロジェクトが検討されました。1つは「敵を眠らせる/敵を眠らせないようにする」と呼ばれていました。それは、睡眠パターンを変えるために「音響学」、「マイクロ波」、および「脳波操作」を探求することを求めました。

最初の調査で承認された3つのプロジェクトのうちの1つでした。


EMF書誌

の書誌
の精神活性
電磁場 [1]

ロバートC.ベックとエルドンA.バード

 

単なるポジションペーパーにこの規模の書誌を含めることはまれです。 しかし、これと同じくらい物議を醸す主題で、この比較的新しい分野の背景で進行している膨大な量の仕事について読者に洞察を与えることが不可欠であると感じます。 記事に付随する書誌はもともと4ページのみでした。 それから、海軍水上兵器局のエルドン・バードの助けを借りて、この繊細なトピックに関するより広範なものが編集されました。 この重要な参考文献はその全体が含まれています。


J. Aarons, J. Low frequency electromagnetic radiation 10-900 cycles per second. J. Geophys. Res. 61 (1956): 647.
--------and M. Hinissart. Low frequency noise in the range 0.5-20 cycles per second. Nature 172 (1953): 682-683.
Abbas, M., and H. Poeverlein. Propagation of hydromagnetic waves in current-carrying regions of the ionosphere and magnetosphere (parallel propagation). Radio Sci. 3 (1968): 1010-1012.
Abeles, M., and M. H. Poeverlein, Jr. Multispike train analysis. Proc. IEEE 65 (May 1977).
Adey, W. R. Cerebral structure and information storage. In Progress in Physiological Psychology, ed. E. Stellar and J. M. Sprague, 3, 181-200. New York: Academic Press, 1970.
--------Discrimination among states of consciousness by EEG measurement. Electroencephalog. Clin. Neurophysiolog. 22 (1967): 22-29.
--------Effects of electromagnetic radiation on the nervous system. Ann. N.Y. Acad. Sci. 247 (1975): 15.
--------Evidence for cooperative mechanisms in the susceptibility of cerebral tissue to environmental and intrinsic electric fields. In The Functional Linkage in Biomolecular Systems, ed. F. O. Schmitt, D. M. Schneider, and D. Crothers. New York: Raven Press, 1975.
--------Extracellular microenvironment. In A. K. Katchalsky, V. Rowland, and R. Blumenthal, Dynamic Patterns of Brain Cell Assemblies, 80-85. Cambridge, Mass.: MIT Press, 1974.
--------Frequency and power windowing in tissue interactions with weak electromagnetic fields. Proc. IEEE 68 (January 1980).
--------The influences of impressed electrical fields at EEG frequencies on brain and behavior. In Behavior and Brain Electrical Activity, ed. N. Burch and H. I. Altschuler, 363-390. New York: Plenum Press, 1975.
--------Introduction to the effects of electromagnetic radiation on the nervous system. Ann. N. Y. Acad. Sci. 247 (Feb. 28, 1975): 15-20.
--------Ionic nonequilibrium phenomena in brain cell interactions with EM fields. 179th Annual Meeting, American Chemical Society, Physical Chemistry Section, Houston, Tex., March 1980.
--------Ionic nonequilibrium phenomena in tissue interactions with electromagnetic fields. In ACS Symposium Series 157, Biological Effects of Nonionizing Radiation, ed. K. H. Illinger, 272-297. Washington, D.C.: American Chemical Society, 1981.
-------- Long-range electromagnetic field interactions at brain cell surfaces. In Magnetic Field Effect on Biological Systems, ed. T. S. Tenforde. New York: Plenum Press, 1978.
--------Models of membranes of cerebral cells as substrates for information storage. Bio Systems 8 (1977): 163-178.
--------Nonlinear effects of electromagnetic fields on whole organisms, living tissues and tissue preparations. In Nonlinear Electrodynamics in Biological Systems, ed. W. R. Adey and A. F. Lawrence, 3-22. New York: Plenum Press, 1983.
--------Organization of brain tissue: Is the brain a noisy process? Int. J. Neurosci. 3 (1972): 271-284.
--------Tissue interactions with nonionizing electromagnetic fields. Physiol. Rev. 1981).
--------and S. M. Bawin. Brain interactions with weak electric and magnetic fields. Neurosci. Res. Prog. Bull. 15 (1977).
--------and-------- .Nonequilibrium processes in binding and release of brain calcium by low-level electromagnetic fields. Advances in Chemistry Series 188, 361-378. Washington, D.C.: American Chemical Society, 1980.
--------and A. F. Lawrence, ed. Nonlinear Electrodynamics in Biological Systems. New York: Plenum Press, 1983.
--------and D. O. Waiter. Application of phase detection and averaging techniques in computer analysis of EEC records in the cat. Exp. Neurol. 7 (1963): 186-209.
--------et al. Impedance changes in cerebral tissue accompanying a learned discriminative performance in the cat. Exp. Neurol. 7 (1963): 259-281.
Adler, R. A study of locking phenomena in oscillators. Proc. IEEE 61 (October 1973).
Adrian, D. J. Auditory and visual sensations stimulated by low-frequency electric currents. Radio Sci. 12 (November-December 1977): 243-250.
Albanese, R. A., and E. L. Fell. Radiofrequency radiation and chemical reaction systems. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
Al'pert, Y. L., and D. S. Fligel. Propagation of ELF and VLF waves near Earth. New York: Consultants Bureau, 1970.
Altmann, G. Die physiologische Wirkung elektrischer Felder auf Organismen. Arch. Met. Geophys. Biol. 17 (1969): 269-290.
Alvarez, A. M. Apparent points of contact between the daily course of the magnetic components of the earth together with certain solar elements, and the diastolic pressure of human beings and the total count of their leukocytes. Puerto Rico J. Publ. Health Trop. Med. 10 (1935): 374-395.
Anderson, D. J., and M. J. Correia. The detection and analysis of point processes in biological signals. Proc. IEEE 65 (May 1977).
Anninos, P. A. Electromagnetic fields generated from neuronal activity. T.I.T.J. Life Sci. 3 (1973): 15-18.
Aschoff, J. Internal dissociation and desynchronization of circadian systems. XXI Cong. Aviat. Space Med. (1973): 225.
--------and U. Gerecke. Desynchronization of human circadian rhythms. Jap. J. Physiol. 17 (1967): 450-457.
--------et al. Interdependent parameters of circadian activity rhythms in birds and man. In Biochronometry, ed. M. Menaker, 3-27. Washington, D.C.: National Academy of Sciences, 1971.
Asian, E. Broad-band isotropic electromagnetic radiation monitor. IEEE Trans. Instr. Meas. 21 (1972): 421-424.
Axelrod, J. The pineal gland: A neurochemical transducer. Science 184 (1974): 1341.
Azarnia, R., and W. R. Loewenstein. Parallel correction of cancerous growth and of a genetic defect of cell-to-cell communication. Nature 241 (1973): 455-457.
--------et al. Intercellular communication and tissued growth. VI. Failure of exchange of endogenous molecules between cancer cells with defective junctions and noncancerous cells. J. Membr. Biol. 10 (1972): 247-258.
Azarnia, R., et al. The membrane junctions in communicating and noncommunicating cells, their hybrids, and segregants. Proc. Nat. Acad. Sci. 71 (1974): 800-884.
Baranski, S. Histological and histochemical effects of microwave irradiation on the central nervous system of rabbits and guinea pigs. Am. J. Phys. Med. 51 (1972): 182-191.
--------and Z. Edelwejn. EEG and morphological investigations upon influence of microwaves on central nervous system. Acta Physiol. Pol. 18 (1967): 423.
--------and-------- . Experimental and electroencephalographic studies of microwave effects on the nervous system. Ann. N.Y. Acad. Sci. 247 (1975): 109-116.
Barlow, J. S. Rhythmic activity induced by photic stimulation in relation to intrinsic alpha activity of the brain in man. Electroencephalog. Clin. Neurophysiol. 12 (1960).
Barnothy, M., ed. Biological Effects of Magnetic Fields. 2 vols. New York: Plenum Press, 1964, 1969.
Barnwell, F. H. A day-to-day relationship between the oxidative metabolism and world-wide geomagnetic activity. Biol. Bull. 119 (1960): 303.
Bass, L., and W. J. Moore. A model of neuron excitation based on the Wien Dissociation Effect. In Structural Chemistry and Molecular Biology, ed. A. Rich and N. Davidson, 356-369. San Francisco: W. H. Freeman, 1968.
Bassett, C. A. L. Electrical effects in bone. Sci. Am. 18 (1965).
-------- et al. Augmentation of bone repair by inductively coupled electromagnetic fields. Science 184 (1974): 575-577.
Bawin, S. M., and W. R. Adey. Interactions between nervous tissues and weak environmental electric fields. Proceedings of the 1975 Annual Meeting, U.S. National Committee, International Union of Radio Science, 1976.
-------- and --------. Sensitivity of calcium binding in cerebral tissue to weak environmental electric fields oscillating at low frequency. Proc. Nat. Acad. Sci. 73 (1976): 1999-2003.
--------et al. Effects of modulated very high frequency fields on specific brain rhythms in cats. Brain Res. 58 (1973): 365-384.
-------- et al. Effects of modulated VHF fields on the central nervous system. Ann. N.Y. Acad. Sci. 247 (1975).
-------- et al. Possible mechanisms of weak electromagnetic field coupling in brain tissue. Bioelectrochem. Bioenerg. 5 (1978): 67-76.
-------- et al. Weak, amplitude-modulated radiofrequency fields modify 4,5 Ca 2+ release from cat cerebral cortex in vivo. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
Becker, R. O. The effect of magnetic fields upon the central nervous system. In Biological Effects of Magnetic Fields, vol. 2, ed. M. F. Barnothy, 207-214. New York: Plenum Press, 1969.
-------- The neural semiconduction control system and its interaction with applied electrical current and magnetic fields. Proc. XI Int. Cong. Radiol. 11 (1965): 1753-1759.
Beischer, D. E., and J. D. Grissett. Extremely low frequency radiation and man. Proceedings, Department of Defense Electromagnetic Research Workshop, ed. P. Taylor, Commander, USN. 1971. (Limited distribution.)
-------- and V. R. Reno. Magnetic fields and man: Where do we stand today? AGARD Conference Proceedings No. 95, Pt. III: Special Biophysical Problems in Aerospace Medicine, ed. A. M. Pfister, C12, 1-9. Paris: Necker-Enfants Malades , 1971.
-------- and --------. Microwave energy distribution measurements in proximity to man and their practical application. Ann. N.Y. Acad. Sci. 247 (1975): 473-479.
-------- et al. Exposure of man to low intensity magnetic fields in a coil system. NAMI-1018 NASA R- 39. Pensacola, Fla.: Naval Aerospace Medical Institute, Oct. 3, 1967.
Beischer, D, E., et al. Exposure of man to magnetic fields alternating at extremely low frequency. NAMRL[2] Report no. 1180, July 1973.
Bender, H. A. A study of the effect of ELF electromagnetic fields upon Drosophila melanogaster. Final report, University of Notre Dame, November 1976.
Bennett, M. V. L. Electroreception. In Fish Physiology, ed. W. S. Hoar and D. J. Randall, vol. 5, Sensory Systems and Electric Organs, 493-574. New York: Academic Press, 1971.
Berry, M., and A. C. Riches. An immunological approach to regeneration in the central nervous system. Brit. Med. Bull. 30 (1974): 135-140.
Bhaumik, D., et al. On the possibility of Bose condensation in the excitation of coherent modes in biological systems. Phys. Lett. 56A (1976): 145-148.
Biggs, M. W. Studies on biomagnetic effect in mice. In Magnetic Field Effect on Biological Systems. New York: Plenum Press, 1978.
Bise, W. Low power radio-frequency and microwave effects on human electroencephalogram and behavior. Physiol. Chem. Phys. 10 (1978).
Blumenthal, R., et al. Membrane excitability and dissipative instabilities. J. Membr. Biol. 2 (1970): 351- 374.
Bodenstein, G., and H. M. Praetorius. Feature extraction from the electroencephalogram by adaptive segmentation. Proc. IEEE 65 (May 1977).
Boenko, I. D., and F. G. Shakhgel'Dyan. On the role of reflexogenic vascular zones in changes of blood coagulation during the effect of sound frequency electromagnetic field. Fiziol. Zb. SSSR Imeni I.M. Sechen. 54 (1968): 937-941.
Bowart, W. H. Operation Mind Control. New York: Dell, 1978.
Bowman, R. R. Some recent developments in the characterization and measurement of hazardous electromagnetic fields. In Biologic Effects and Health Hazards of Microwave Radiation (Proceedings of an International Symposium, Warsaw, 15-18, Oct. 1973), ed. P. Czerski et al., 217-227. Warsaw: Polish Medical Publ., 1974.
Branover, C. G., et al. A study of the behavior of the eel in natural and artificial magnetic fields and an analysis of its reception mechanism. J. Ichthyol. 11 (1971): 608-614.
Brezowsky, H. and W. R. Ranscht-Froemsdorff. Herzinfarkt und Atmospherics. Z. angew. Bader. u. Klimaheilk. 13 (1966): 679-686.
Brodeur, P. The Zapping of America: Microwaves, Their Deadly Risk and the Coverup. New York: W. W. Norton, 1977.
Brown, F. Response to pervasive geophysical factors and the biological clock problems. Cold Spring Harbor Symposia on Quantitative Biology, 1960.
Brown, F. A.. Jr. Responses of the planarian, Dugesia, and the protozoan, Paramecium, to very weak horizontal magnetic fields. Biol. Bull. 123 (1962): 264-281.
-------- Responses of the planarian, Dugesia, to very weak horizontal electrostatic fields. Biol. Bull. 123 (1962): 282-294.
-------- Some orientational influences of nonvisual, terrestrial electromagnetic fields. Ann. N.Y. Acad. Sci. 188 (1971): 224-241.
-------- and C. S. Chow. Interorganismic and environmental influences through extremely weak electromagnetic fields. Biol. Bull. 144 (1973): 437-461.
Bullock, T. H. Alternation of frequency of pacemaker nerve cells by imposed direct current. Anat. Rec. 84 (1942): 18-19.
-------- Conduction and transmission of nerve impulses. Ann. Rev. Physiol. 13 (1950): 261-280.
-------- An essay on the discovery of sensory receptors and the assignment of their functions together with an introduction to electroreceptors. In Handbook of Sensory Physiology, ed. A. Fessard, III/3. Electroreceptors and Other Specialized Receptors in Lower Vertebrates, 1-12. New York: Springer- Verlag, 1974.
Bullock, T. H. Initiation of nerve impulses in receptor and central neurons. Rev. Mod. Phys. 31 (1959): 504-514.
-------- . Neuronal integrative mechanisms. In Recent Advances in Invertebrate Physiology, ed. B. T. Scheer, 1-20. Eugene, Ore.: University of Oregon Press, 1957.
-------- . Problems in the comparative study of brain waves. Yale J. Biol. Med. 17 (1945): 657-679.
-------- . et al. Electrical polarization of pacemaker neurons. J. Neurophysiol. 6 (1943): 85-98.
Burch, N., and H. I. Altschuler, eds. Behavior and Brain Electrical Activity. New York: Plenum Press, 1975.
Callaway, E., and P. R. Harris. Coupling between cortical potentials from different areas. Science 183 (1974): 873-875.
Campbell, D. J., and J. A. Kiernan. Mast cells in the central nervous system. Nature 210 (1966): 756-757.
Campbell, P. A., ed. Medical and Biological Aspects of the Energies of Space. New York: Columbia University Press, 1961.
Campbell, W. H. Geomagnetic pulsations. In Physics of Geomagnetic Pulsations, ed. S. Matsushita and W. H. Campbell, 821-909. New York: Academic Press, 1967.
Carr, E. F. Anomalous alignment in the smectric phase of a liquid crystal owing to an electric field. Phys. Rev. Lett. 24 (1970): 807-809.
Corson, R. W. Anti-fatigue device works by creating electric field. Product Eng. (Feb. 13, 1967)
Cetas, T. C. A birefringent crystal optical thermometer for measurements of electromagnetically induced heating. USNC/URSI-IEEE Meeting, University of Colorado, Boulder, Colo., October 1975.
Changeux, J. P., et al. On the cooperativity of biological membranes. Proc. Nat. Acad. Sci. 57 (1967): 335-341.
Chapman, F. W., and D. L. Jones. Observations of earth-ionosphere cavity resonances and their interpretation in terms of a two-layer ionosphere model. U.S. Nat. Bur. Stand. J. Res. Radio Sci. 68D (November 1964)
Chapman, S. W., and W. D. Mathews. Audiofrequency spectrum of atmospherics. Nature 172 (1953): 495.
Chatterjee, I., et al. Electromagnetic energy deposition in man for near-field exposure conditions. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
Childers, D. G. Evoked responses: electrogenesis, models, methodology and wavefront reconstruction and tracking analysis. Proc. IEEE 65 (May 1977).
Cleary, S. F., ed. Proceedings of the Symposium on the Biological Effects and Health Implications of Microwave Radiation. Richmond, Va., Sept. 17-19, 1969. U.S. Dept. HEW, BRH/DBE 70-2, June 1970.
Coate, W. B., et al. Project Sanguine Biological Effects Test Program pilot studies. Final report, Hazleton Laboratories, November 1970.
Cohen, D. Magnetic fields of the human body. Phys. Today (August 1975): 35-43.
-------- . Magnetoencephalography: Detection of the brain's electrical activity with a superconducting magnetometer. Science 175 (1972): 664-666.
-------- . Magnetoencephalography: Evidence of magnetic fields produced by alpha-rhythm currents. Science 161(1968): 784-786.
-------- . and E. Givler. Magnetomyography: Magnetic fields around the human body produced by skeletal muscles. Appl. Phys. Lett. 21 (1972): 114-116.
-------- et al. Magnetocardiograms taken inside a shielded room with a superconducting point- contact. Appl. Phys. Lett. 16 (1970): 278-280.
Cohn, T. E. Receiver operating characteristic analysis of sensitivity in neural systems. Proc. IEEE 65 (May 1977).
[-------- .] Compilation of Navy Sponsored ELF Biomedical and Ecological Research Reports, vols. I, II (February 1975), vol. III (January 1977). Bethesda, Md.:
Naval Medical Research and Development Command, February 1975. Committee on Biosphere Effects of Extremely Low-Frequency Radiation. Biologic effects of electric and magnetic fields associated with proposed Project Seafarer. Report of the Committee, Division of Medical Sciences, Assembly of Life Sciences, National Academy of Science, 1977.
Cone, R. A. Transductive coupling in the visual system. In Functional Linkage in Biomolecular Systems, ed. F. O. Schmitt, D. M. Schneider, and D. M. Crothers, 234-246. New York: Raven Press, 1975.
Cooke, J., and E. C. Zeeman. A clock and wavefront model for control of the number of repeated structures during animal morphogenesis. J. Theor. Biol. 58 (1976): 455-476.
Cope, F. W. Biological sensitivity to weak magnetic fields due to biological superconductive Josephson junctions? Physiol. Chem. Phys. 5 (1973): 173-176.
-------- . Evidence from activation energies for superconductive tunneling in biological systems at physiological temperatures. Physiol. Chem. Phys. 3 (1971): 403- 410.
--------. Magnetoelectric charge states of matter-energy, a second approximation. Part II: Magnetoelectrets as possible evidence of magnetoelectric dipoles in solids, and as a possible mechanism for biological effects of magnetic fields. Physiol. Chem. Phys. 11 (1973): 461-463.
-------- . Superconductive Josephson junctions--A possible mechanism for detection of weak magnetic fields and of microwaves by living organisms. In Magnetic Field Effect on Biological Systems, ed. T. S. Tenforde. New York: Plenum Press, 1978.
Crane, J. S., and H. A. Pohl. Theoretical models of cellular dielectrophoresis. J. Theor. Biol. 37 (1972): 15- 41.
Creutzfeldt, O. D., et al. Relations between EEC phenomena and potentials of single cortical cells . II Spontaneous and convulsoid active. Electroencephalog. Clin. Neurophysiolog. 20 (1966): 19-37.
Crosby, E. C., et al. Correlative Anatomy of the Nervous System. New York: Macmillan, 1962.
Csaba, G. Regulation of mast-cell formation. Budapest: Akademiai Kiado, 1972. Czerski, P. Experimental models for the evaluation of microwave biological effects. Proc. IEEE 63 (1975): 1540-1544.
-------- . Influence of microwaves on the hematopoietic system with particular reference to the lymphocyte. Ann. N.Y. Acad. Sci. 247 (1975): 232-242.
--------, et al. Influence of microwave radiation on the hematopoietic system. In Biologic Effects and Health Hazards of Microwave Radiation (Proceedings of an International Symposium, Warsaw, 15-18 Oct. 1973), ed. P. Czerski et al., 67-74. Warsaw: Polish Medical Publishers, 1974.
--------, et al. Microwave irradiation and the circadian rhythm of bone marrow cell mitosis. J. Microwave Power 9 (1974) : 31-37.
Damaschke, V. K., and G. Becker. Korrelation der Atmungsintensität von Termitgen zu Aenderungen der Impulsfolgefrequenz der Atmospherics. Z. Naturforschg. 19 (1964): 157-160.
Davidson, R. O. Methods in Nonlinear Plasma Theory. New York: Academic Press, 1972.
Davis, A. R., and W. C. Rawls, Jr. The Magnetic Effect. Pompano Beach, Fla.: Exposition Press, 1980.
Davydov, A. S. Biology and quantum mechanics. Kiev: Nauka, 1979.
-------- . Nonlinear vibrational phenomena in biology. Academy of Science, Ukrainian SSR, Institute for Theoretical Physics, Preprint ITP-79-69E, 1979.
-------- . Solitons as energy carriers in biological systems. Studia Biophys. 62 (1977): 1-8.
-------- . Solitons in molecular systems. Phys. Scripta 20 (1979): 387-334.
De Felice, L. J., and R. L. De Haan. Membrane noise and intercellular communication. Proc. IEEE 65 (May 1977).
de la Warr, G. W. Biomagnetism. Oxford: de la Warr Laboratories, 1967.
de Lorge, J. O. Behavior and temperature in rhesus monkeys exposed to extremely low frequency-low intensity magnetic fields. NAMRL, Report no. 1203, May 1974.
-------- . Effects of magnetic fields on behavior in nonhuman primates. In Magnetic Field Effect on Biological Systems, ed. T. S. Tenforde. New York: Plenum Press, 1978.
-------- . Operant behavior of rhesus monkeys in the presence of extremely low frequency-low intensity magnetic and electric fields: Experiment 1. NAMRL, Report no. 1115, 1972.
-------- . --------: Experiment 2. NAMRL, Report no. 1179, March 1973.
-------- . --------: Experiment 3. NAMRL, Report no. 1179, November 1973.
-------- . A psychobiological study of rhesus monkeys exposed to extremely low-frequency-low intensity magnetic fields. NMRL, Report no. 1203, May 1974.
-------- and J. D. Grissett. Behavioral effects in monkeys exposed to extremely low frequency electromagnetic fields. Int. J. Biometeorol. 21 (1977): 357-365.
-------- and M. J. Marr. Operant methods assessing the effects of ELF electromagnetic fields. In ELF and VLF Electromagnetic Field Effects, ed. M. A. Persinger, 145-175. New York: Plenum Press, 1974.
Dern, H., and J. B. Walsh. Analysis of complex waveforms. In Physical Techniques in Biological Research, ed. W. L. Nastuk, vol. VI, chap. 3. New York: Academic Press, 1963.
Devyatkov, N. D. Influence of millimeter-band electromagnetic radiation on biological objects. Sov. Phys. Usp. 16 (1974): 568-574. Transl.
Dmitriev, V. G., et al. Nonlinear perception of infrared radiation in the 800-1355 nm range with human eye. Sov. J. Quantum Electron. 9 (1979): 475-479. Transl.
Doty, R. W. Electrical stimulation of the brain in behavioral context. Ann. Rev. Psychol. 20 (1969): 289- 320.
Dowling, J. E., et al. The interplexiform cell: A new type of retinal neuron. Invest. Ophthalmol. 15 (1976): 919-926.
Drago, G. P., and S. Ridella. A cell electrical model. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
Dropp, M. M. Mast cells in the mammalian brain. Am. Zoologist 13 (1973): 514.
-------- . Mast cells in the mammalian brain. I: Distribution. Acta Anat. 94 (1976):1-21.
Dubrov, A. P. The Earth's Magnetic Field and Life. Ed. Yu. A. Kholodov. Leningrad: Gidrometeoizdat, 1974.
Dumanskij, J. D., and M. G. Sandala. The biologic and hygienic significance of electromagnetic fields of superhigh and ultrahigh frequencies in densely populated areas. Biologic Effects and Health Hazards of Microwave Radiation (Proceedings of an International Symposium, Warsaw, Oct. 15- 18, 1974). Warsaw: Polish Medical Publishers, 1974.
Durfee, W. A., et al. Extremely low frequency electric and magnetic fields in domestic birds. Technical Report, Phase I (Continuous Wave), University of Rhode Island, March 1975.
Durney, C. H., et al. Qualitative explanations of near-field sar characteristics based on experimental and theoretical observations. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
Eccles, J. C. The Physiology of Synapses. Berlin: Springer-Verlag, 1964.
Einaudi, F., and J. R. Wait. Analysis of the excitation of the earth-ionosphere waveguide by a satellite- borne antenna. Pts. I and II. Can. J. Phys. 49, (1971): 1452-1460.
Einolf, C. W., and E. I. Carstensen. Low frequency dielectric dispersion in suspensions of ion-exchange resins. J. Phys. Chem. 75 (1971): 1091-1099.
Eisenberg, D., and W. Kauzmann. The Structure and Properties of Water. Oxford: Clarendon Press, 1969.
Elul, R. Dipoles of spontaneous activity in the cerebral cortex. Exp. Neurol. 6 (1962): 285-299.
Elul, R. Fixed charge in the cell membrane. J. Physiol. 189 (1967): 351-365.
-------- . The genesis of the EEG. Int. Rev. Neurobiol. 15 (1972): 227-272.
-------- . Relation of neuronal waves to EEG. In A. K. Katchalsky, V. Rowland, and R. Blumenthal, Dynamic Patterns of Brain Cell Assemblies, 97-101. Cambridge, Mass.: MIT Press, 1974.
Emlen, S. T. Can birds obtain directional information from the earth's magnetic field? Am. Zoologist 7 (1967): 806.
Enright, J. T. Heavy water slows biological timing processes. Z. vergl. Physiol. 72 (1971): 1-16.
Estes, W. K., and B. F. Skinner. Some quantitative properties of anxiety. J. Exp. Psychol. 29 (1941): 390- 400.
Faber, D. F., and H. Korn. A neuronal inhibition mediated electrically. Science 179 (1973): 577-578.
Fife, P. C. Asymptotic analysis of reaction-diffusion wave fronts. Rocky Mountain J. Math. 7 (1977): 389- 415.
-------- . Stationary patterns for reaction-diffusion equations. In Nonlinear Diffusion, ed, W. E. Fitzgibbon and H. F. Walker, 81-121. San Francisco: Pitman, 1977.
Finkelstein, D., and J. Powell. Earthquake lightning. Nature 228 (1970): 759-760.
Fischer, W. H., et al. Laboratory studies of fluctuating phenomena. Int. J. Biometeorol. 12 (1968): 15-19.
Flanagan, W. F., et al. Non-metallic electrode system for recording EEG and ECC in electromagnetic fields. Physiol. and Behav. 8 (1977): 531.
Formanchk, V. C., and A. K. Valentino. An improved ELF electric field probe. Technical Memorandum no. 2, HTR no. E6249, March 1974. HTRI, 1825 K St., N.W., Washington, DC.
Frankenhauser, B., and A. L. Hodgkin. The action of calcium on the electrical properties of squid axons. J. Physiol. 137 (1957): 218-244.
Frey, A. H. Auditory system response to radio frequency energy. Aerospace Med. 32 (1961): 1140-1142.
-------- . Behavioral biophysics. Psychol. Bull. 63 (1965): 322-337.
-------- . Behavioral effects of electromagnetic energy. In Symposium on Biological Effects and Measurement of Radio Frequency/Microwaves, ed. D. Hazzard, 11-22. HEW Publ. (FDA) 77- 8026, July 1977.
-------- . Brain stem evoked responses associated with low intensity pulses of UHF energy. J. Appl. Physiol. 23 (1967): 984-988.
-------- . Human auditory system response to modulated electromagnetic energy. J. Appl. Physiol. 17 (1962): 689-692.
-------- . and S. R. Feld. Avoidance by rats of illumination with low power nonionizing electromagnetic energy. J. Comp. Physiol. Psychol. 89 (1975): 183-188.
Frey, K. W., and I. Goeke. Wetter und Radiospeicherung der Schilddruse. Aertzliche Forschg. 23 (1969): 373-375.
Friede, R. L. Topographic Brain Chemistry. New York: Academic Press, 1966.
Friedman, H., and R. J. Carey. Biomagnetic stresser effects in primates. Physiol. and Behav. 9 (1972): 171- 173.
-------- . and -------- The effects of magnetic fields upon rabbit brains. Physiol. and Behav. 4 (1969): 539-541.
-------- . and H. A. Taub. The transcephalic DC potential and reaction time performance. Psychophysiol. 5 (1969): 504-509.
-------- . et al. Effect of magnetic fields on reaction time performance. Nature 213 (1967): 949-956.
-------- . et al. Geomagnetic parameters and psychiatric hospital admissions. Nature 200 (1963): 626- 628.
Friend, A. W., et al. Low frequency electric field induced changes in the shape and motility of amoebas. Science 187 (1975): 357-359.
Frohlich, H. Evidence for Bose condensation-like excitation of coherent modes in biological systems. Phys. Lett. 51A (1975): 21-22,
-------- . The extraordinary dielectric properties of biological materials and the action of enzymes. Proc. Nat. Acad. Sci. 72 (1975): 4211-4215.
-------- . Long-range coherence. and energy storage in biological systems. Int. J. Quantum Chem. 2 (1968): 641-649.
-------- . Long-range coherence and the action of enzymes. Nature 228 (1970): 1093.
-------- . Low frequency vibrations of macro molecules. Phys. Lett. 44A (1973): 385.
-------- . Possibilities of long- and short-range electric interactions of biological systems. In Brain Interactions with Weak Electric and Magnetic Fields, M.I.T. Neuroscience Research Program Bulletin, 1976.
-------- . Selective long-range dispersion forces between large systems. Phys. Lett. 29A (1972): 153-154.
Furchtgott, E. Behavioral effects of ionizing radiations. Psychol. Bull. 60 (1963): 157-199.
Furedi, A. A., and I. Ohad. Effects of high-frequency electric fields on the living cell. I. Behaviour of human erythrocyte in high-frequency electric fields and its relation to their age. Biochem. Biophys. Acta 71 (1964): 1-8.
Galejs, J. ELF and VLF propagation for models of a perturbed ionosphere. Radio Sci. 5 (1970): 1041- 1044.
-------- . Schumann resonances. U.S. Nat. Bur. Stand. J. Res. Radio Sci. 69D (August 1965).
-------- . Terrestrial extremely low frequency propagation. In Natural Electromagnetic Phenomena below 30 Kc/s, ed. D. F. Bleil, 205-260. New York: Plenum Press, 1964.
-------- . Terrestrial Propagation of Long Electromagnetic waves. Elmsford, N.Y.: Pergamon Press, 1972. [See pp. 129-138.]
Gardiner-Medwin, A. R. Membrane transport to solute migration affecting the brain cell microenvironment. Neurosci. Res. Prog. Bull. 18 (1980): 208-226.
Gauquelin, M., and F. Gauquelin. A possible hereditary effect on time of birth in relation to the diurnal movement of the moon and the nearest planets: It's relationship with geomagnetic activity. Int. J. Biometeorol. 11 (1967): 341.
Gavalas-Medici, R. [J.], and S. R. [Day-]Magdaleno. An evaluation of possible effects of 45 Hz, 60 Hz and 75 Hz electric fields on neurophysiology and behavior of monkeys. Phase 1. Continuous wave. ONR Technical Report Control no. N00014-69-A-0200-4037, National Technical Information Service no. AD-A008-404/6GA, Springfield, Va., April 1975.
-------- . and S. R. Day-Magdaleno. Extremely low frequency, weak electric fields affect schedule- controlled behaviour of monkeys. Nature 261 (1976): 256-258.
Gavalas [-Medici], R. J., et al. Effect of low-level low frequency electric fields on EEG and behavior in Macaca nemestrina. Brain Res. 18 (1970): 491-501.
Geacintov, N. E. Orientation of biological membranes and cells in magnetic fields. In Magnetic Field Effect on Biological Systems, ed. T. S. Tenforde. New York: Plenum Press, 1978.
Geel, S. E., and P. S. Timiras. Influence of neonatal hypothyroidism and of thyroxine on the acetylcholinesterase and cholinesterase activities in the developing central nervous system of the rat. J. Endocrinol. 80 (1967): 1069-1074.
Gibson, R. S., and W. F. Moroney. The effect of extremely low magnetic fields on human performance: A preliminary study. NAMRL, Report no. 1175, August 1974.
Glansdorff, P., and I. Prigogine. Thermodynamic Theory of Structure, Stability and Fluctuations New York: Wiley-Interscience, 1971. [See pp. 61-95.]
Gollender, H. Eosinophil and avoidance correlates of stress in anterior cingulate cortex lesioned rats. J. Comp. Physiol. Psychol. 64 (1967): 40-48.
Goodman, E. M., et al. Effects of extremely low frequency electromagnetic fields on Physarum polycephalum. Radiat. Res. 66 (1976): 531-540.
Graf, E. R., et al. Radiation noise energy and human physiology in deep space. American Astronautical Society, 1976 National Symposium: Saturn v. Apollo, and Beyond, (EN-2) (1976): 1-18.
Grant, E. H. The structure of water neighboring proteins, peptides and amino acids as deduced from dielectric measurements. Ann. N.Y. Acad. Sci. 125 (1965): 418-427.
Green, D. E. A framework of principles for the unification of bioenergetics. Ann. N.Y. Acad. Sci. 227 (1974): 6-45.
Green, J. D., et al. Rabbit EEG "thet" rhythm, its anatomical source and relation to activity in single neurons. J. Neurophysiol. 23 (1962): 403-420.
Green, J. P. Histamine. In Handbook of Neurochemistry, ed. A. Lajtha, vol. IV, Control Mechanisms in the Nervous System, 221-250. New York: Plenum Press, 1970.
Grewal, G. S., et al. Measurements of RF absorption in biological models due to near-field exposure. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
Grissett, J. D. Biological effects of electric and magnetic fields associated with ELF communications systems. Proc. IEEE 68 (January 1980).
-------- . Exposure of man to a simulated lunar environment, physiological and nervous system effects. Diss., Virginia Commonwealth University, Richmond, Va., 1970.
-------- . Exposure of squirrel monkeys for long periods to extremely low-frequency magnetic fields: Central-nervous system effects as measured by reaction time. NAMRL, Report no. 1146, October 1971.
-------- . and J. de Lorge. Central-nervous-system effects as measured by reaction time in squirrel monkeys exposed for short periods to extremely low-frequency magnetic fields. NAMRL, 1971.
Grodsky, I. T. Neuronal membrane, a physical synthesis. Math. Biosci. 28 (1976): 191-219.
-------- . Possible physical substrates for the interaction of electromagnetic fields with biological membranes. Ann. N.Y, Acad. Sci. 247 (1975): 117-123.
Guy, A. W. Biophysics-energy absorption and distribution. AGARD Lecture Series 78, Radiation Hazards (Non-ionizing Radiations--Biological Effects and Safety Considerations, September 1975.
-------- . A note on EMP safety standards. IEEE Trans. Biomed. Eng. 22 (1975): 464-467.
-------- . Quantitation of induced electromagnetic field patterns in tissue and associated biologic effect. In Biologic Effects and Health Hazards of Microwave Radiation (Proceedings of an International Symposium, Warsaw, 15-18 Oct. 1973), ed. P. Czerski et al., 203-316. Warsaw: Polish Medical Publishers, 1974.
-------- . et al. Determination of power absorption in man exposed to high frequency electromagnetic fields by thermographic measurements of scale models. IEEE Trans. Biomed. Eng. 23 (1976): 361-371.
-------- . et al. Electrophysiological effects of electromagnetic fields on animals. In Fundamental and Applied Aspects on Non-ionizing Radiation (Proceedings of the Rochester Intemational Conference on Environmental Toxicity, Rochester, N.Y., 5-7 June 1974), ed. S. M. Michaelson et al., 167-211. New York: Plenum Press, 1975.
Hagiwara, S., et al. Physiological properties of electroreceptors of some gymnotids. J. Neurophysiol. 25 (1962): 430-449.
Hallgren, R. Inductive neural stimulator. IEEE Trans. Biomed. Eng. 20 (1973): 470-472.
Hamer, J. R. Biological entrainment of the human brain by low-frequency radiation. Northrop Space Laboratories, Report no. NSL 65-199, 1965.
-------- . Effects of low level, low frequency electric fields on human reaction time. Commun. Behav. Biol. 2 (1968): 217-222.
-------- . Effects of low-level, low-frequency electric fields on human time judgment. Proc. Fifth Biometeorol. Cong., ed. S. W. Tromp and W. W. Weihe, 129. Amsterdam: Springer-Verlag, 1969.
Hansen, K, M. Some observations with a view to possible influence of magnetism upon the human organism. Acta Med. Scand. 97 (1938): 339-364.
Hansson, H.-A. Effects on nervous tissue of exposure to electromagnetic fields. In Nonlinear Electrodynamics in Biological Systems, ed. W. R. Adey and A. F. Lawrence, 65. New York: Plenum Press, 1984.
Hardy, J. D. Posterior hypothalamus and the regulation of body temperature. Federat. Proc. 32 (1973): 1564-1571.
Hauf, R., and J. Wiesinger. Biological effects of technical electric and electromagnetic VLF fields. Int. J. Biometeorol. 17 (1973): 213-215.
Hazzard, D., ed. Symposium on Biologic Effects and Measurement of Radio Frequency/Microwaves. HEW Publ. (FDA), 77-8026, July 1977.
Healey, R., and J. Reed. The Behaviour of Slow Electrons in Gasses. Sydney: Amalgamated Wireless, 1941. [On the Luxembourg effect.]
Heinmets, F., and A. Herschman. Considerations on the effects produced by superimposed electric and magnetic fields in biological systems and electrolytes. Phys. Med. Biol. 5 (1961): 271-288.
Herin, R. A. Electroanesthesia: A review of the literature (1819-1965). Activ. Nervosa Superior 10 (1968): 439-454.
Hines, J. N. Antennas. In Radio Engineering Handbook, 5th ed., ed. K. Henney, chap. 20, p. 1. New York: McGraw-Hill, 1959.
Hirsch, F. G., D. R. McGiboney, and T. D. Harnish. The physiologic consequences of exposure to high density pulsed electromagnetic energy. Int. J. Biometeorol. 12 (1968): 263-270.
Hodgkin, A. L., and A. G. Huxley. A quantitative description of membrane current and its application to conduction and excitation in nerve. J. Physiol. (London) 234 (1952): 500-544.
Holubar, J. The Sense of Time. Cambridge, Mass.: M.I.T. Press, 1969.
Holzer, R. E., and O. C. Deal. Low audio-frequency electromagnetic signals of natural origin. Nature 177 (1956) : 536-537.
Hong, F. T. Mechanisms of magnetic field interactions with retinal rods. In Magnetic Field Effect on Biological Systems, ed. T. S. Tenforde. New York: Plenum Press, 1978.
Hughes, H. C. On the directional dependency of "slow trail" extremely low-frequency atmospheric wave-forms. J. Atmos. Terr. Phys. 29 (1967): 545-552.
Hunt, E. L., et al. Behavioral effects of pulsed microwave radiation. In Biological Effects of Non-ionizing Radiation, ed. P. D. Tyler, 440-453. New York: New York Academy of Science, 1975.
Hyden, H. A calcium-dependent mechanism for synapse and nerve cell membrane modulation. Proc. Nat. Acad. Sci. 71 (1974): 2965-2968.
-------- . Changes in brain protein during learning. In Macromolecules and Behaviour, ed. G. B. Ansell and P. B. Bradley, 3-26. London: MacMillan, 1973.
Ibrahim, M. Z. M. The mast cells of the mammalian central nervous system. 1. Morphology, distribution, and histochemistry. J. Neurol. Sci. 21 (1974): 431-478.
-------- . The mast cells of the mammalian nervous system. 2. The effect of proton irradiation in the monkey. J. Neurol. Sci. 21 (1974): 479-499.
Illinger, K. H. Interaction between microwave and millimeter-wave electromagnetic fields and biologic systems: Molecular mechanisms. In Biological Effects and Health Hazards of Microwave Radiation (Proceedings of an International Symposium, Warsaw, 15-18 Oct. 1973), ed. P. Czerski, et al., 160-172. Warsaw: Polish Medical Publishers, 1974.
-------- . Molecular mechanisms for microwave absorption in biological systems. In Symposium Proceedings: Biological Effects and Health Implications of Microwave Radiation, BRH/DBE 70-2, PB 193898, 112-115. Rockville, Md.: 1970.
Jacobs, J. A. Geomagnetic Micropulsations. New York: Springer-Verlag, 1970.
Jaggard, D. L., and J. L. Lords. Cellular effects: Millimeter waves and Raman spectra--Report of a panel discussion. Proc. IEEE 68 (January 1980).
Jasper, H. H., and C. Stefanis. Intracellular oscillatory rhythms in pyramidal tract neurons. Electroencephalog. Clin. Neurophysiol. 18 (1965): 541-553.
Johnson, C. C., and A. W. Guy. Nonionizing electromagnetic wave effects in biological materials and systems. Proc. IEEE 60 (1972): 692-718.
-------- . and M. L. Shore, eds. Biological Effects of Electromagnetic Waves: Selected Papers of the USNC/USRI Annual Meeting, Boulder, Colo., 20-23 Oct. 1975, vols. I-II. HEW Publication no. (FDA) 77-8010, 1976.
-------- . et al. Fiberoptic liquid crystal probe for absorbed radio-frequency power temperature measurement in tissue during irradiation. Ann. N.Y. Acad. Sci. 247 (1975): 527-531.
Jones, R. W. Biological control mechanisms. In Biological Engineering, ed. H. P. Schwan, 87-203. New York: McGraw-Hill, 1969.
Justesen, D. R. and A. W. Guy, eds. Biological efftcts of electromagnetic waves. Radio Sci.12, Suppl. 6(s) (1977).
Kaezmarek, L. K. Cation binding models for the interaction of membranes with EM fields. M.I.T. Neurosci. Res. Prog. Bull. 15 (1977): 54-60.
-------- . Frequency sensitive biochemical reactions. Biophys. Chem. 4 (1976): 249-252.
-------- . and W. R. Adey. The efflux of 4,5 Ca 2+ and (3H)-aminobutyric acid from cat cerebral cortex. Brain Res. 63 (1973): 331-342.
-------- . and-------- . Factors affecting the release of [14C] taurine from cat brain: The electrical effects of taurine on normal and seizure prone cortex. Brain Res. 76 (1974): 83-94.
-------- and-------- . Some chemical and electrophysiological effects of glutamate in cerebral cortex. J. Neurobiol 5 (1974): 231-241.
-------- and-------- . Weak electric gradients change ionic and transmitter fluxes in cortex. Brain Res. 66 (1974): 537-540.
Kaiser, F. Coherent oscillations in biological systems. II. Limit cycle collapse and the onset of traveling waves in Frohlich's brain wave mode. Z. Naturforschg. 33a (1978): 418-431.
Kalmijn, A. J. The detection of electric fields from inanimate and animate sources other than electric organs. In Handbook of Sensory Physiology, ed. A. Fessard, III. 3. Electroreceptors and Other Specialized Receptors in Lower Vertebrates, 147-200. New York: Springer-Verlag, 1974.
-------- . The electric sense of sharks and rays. J. Exp. Biol. 55 (1971): 371-383.
-------- . Electro-orientation in sharks and rays: Theory and experimental evidence. Scripps Institution of Oceanography Reference Series, Contract no. 73-39, 1-22, 1973.
-------- . Electroperception in sharks and rays. Nature 212 (1966): 1232-1233.
Kataoka, K., and E. DeRobertis. Histamine in isolated small nerve endings and synaptic vesicles of rat brain cortex. J. Pharmacol. Exp. Ther. 156 (1967): 114-125.
Katchalsky, A. Polyelectrolytes and their biological interaction. In Connective Tissue: Intercellular Macromolecules (Proceedings of a Symposium Sponsored by the New York Heart Association), 9- 42. Boston: Little, Brown, 1964.
Kazhinskiy, B. B. Biological radio communication. USAF, Foreign Technology Division, FTD-TT-62- 1923/1+2, 1962.
Keeton, W. T. Magnets interfere with pigeon homing. Proc. Nat. Acad. Sci. 68 (1971): 102-106.
-------- . et al. Normal fluctuations in the earth's magnetic field influence pigeon orientation. J. Comp. Physiol. 95 (1974): 95-103.
Keilmann, F., and W. Grundler Nonthermal resonant action of millimeter microwaves on yeast growth. In Nonlinear Electrodynamics in Biological Systems, ed. W. R. Adey and A. F. Lawrence, 59. New York: Plenum Press, 1984.
Kelsall, M. A., and P. Lewis. Mast cells in the brain. Federat. Proc. 23 (1964): 1107-1108.
Kendig, J. J. Anesthetics and pressure in nerve cells. In Molecular Mechanism of Anesthesia, ed. B. R. Fink, vol. 2. New York: Raven Press, 1981.
Kevanishvili, G. S., and T. G. Zhgenti. Primary mechanism of electromagnetic field effect on living organisms. Izv. Akad. Nauk. S.S.R. 62 (1971): 37-40.
Keynes, R. D. Evidence for structural changes during nerve activity and their relation to the conduction mechanism. In The Neurosciences: Second Study Program, ed. F. O. Schmitt, 707-714. New York: Rockefeller University Press, 1970.
Kholodov, Y. The effect of electromagnetic and magnetic fields on the central nervous system. NASA TT F 465, 1967. Trans.
-------- . Effects on the central nervous system. In Biological Effects of Magnetic Fields, ed. M. Barnothy, 196-200. New York: Plenum Press, 1964.
-------- . Magnetism in biology. Translation no. JPRS 60737. Washington, DC.: Joint Publication Research Service, Department of Commerce, 1973.
Kiernan, J. A. A comparative survey of the mast cells of the mammalian brain. J. Anat. 121 (1976): 303- 311.
-------- . Degranulation of mast cells following antidromic stimulation of cutaneous nerves. J. Anat. 111 (1971): 349-350.
Kimeldorf, D. J., and E. L. Hunt. Ionizing Radiation: Neural Function and Behaviour, 261-263. New York: Academic Press, 1965.
King, R. W. P., and T. T. Wu. The Scattering and Defraction of Waves. Cambridge, Mass.: Harvard University Press, 1959.
Kirkwood, J. G., and J. B. Shumaker. The influence of dipole moment fluctuations on the dielectric increment of proteins in solution. Proc, Nat. Acad. Sci. 38 (1952): 855-862.
Kirschbaum, R. N. Increasing growth rates and livability of mice with an ELF. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
-------- . and E. W. Kienholz. Increasing chicken growth rates with niobium and magnetic fields. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
Kolin, A., et al. Stimulation of irritable tissues by means of an alternating magnetic field. Proc. Soc. Exp. Biol. Med. 102 (1959): 251-252.
König, H. L. Behavioral changes in human subjects associated with ELF electric fields. In ELF and VLF Electromagnetic Field Effects, ed. M. A. Persinger. New York: Plenum Press, 1974.
-------- . Biological effects of extremely low frequency electrical phenomena in the atmosphere. Interdiscip. Cycle Res. 2 (1971): 317-323.
-------- . ELF and VLF signal properties: Physical characteristics. In ELF and VLF Electromagnetic Field Effects, ed. M. A. Persinger, 9-34. New York: Plenum Press, 1974.
-------- . Environmental effects of atmospheric electric processes of very low frequency. USAF, Cambridge Research Laboratory, AF 19(628)-3880 T-G-232, January 1965. Transl.
Kopell, N. Reaction-diffusion equations and pattern formation. In Studies in Mathematical Biology, ed. S. A. Levin, 191-205. Washington, D.C.: Mathematics Association of America, 1978.
-------- . Waves, shocks, and target patterns in an oscillating chemical reagent. In Nonlinear Diffusion, ed. W. E. Fitzgibbon and H. F. Walker, 129-154. San Francisco Pitman, 1977.
Kornberg, H. A., et al. Health effects of occupational exposure to ELF fields. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
Kouwenhoven, W. B., et al. Medical evaluation of men working in alternating current electric fields. IEEE Trans. Power Appar. Systems PAS-86, 4 (1967): 506.
Kreutzberg, G. W., ed. Physiology and Pathology of Dendrites. New York: Raven Press, 1975.
Krippner, S. Human Possibilities. New York: Doubleday Anchor Books, 1980.
Kritikos, H. N., and H. P. Schwan. Hot spots generated in conducting spheres by electromagnetic waves: Biological implications. IEEE Tracts. Biomed. Eng. 19 (1972): 53-58.
-------- , et al. Effects of RF fields on nervous activities. Proceedings, Microwave Power Symposium, 54- 65, Waterloo, Ontario, 1975.
Krumpe, P. E., and M. S. Tockman. Evaluation of the health of personnel working near Project Sanguine beta test facility from 1971 to 1972. USN, Naval Medical Research Unit no. 4, Great Lakes, Ill., December 1972.
Krushausl, J. A. Solitons in physics. In Solitons and Condensed Matter Physics, ed. A. R. Bishop and T. Schneider, 22-26. Berlin: Springer-Verlag, 1978.
Labes, M. M. Magnetic field coupling with liquid crystalline structures. In Magnetic Field Effect on Biological Systems, ed. T. S. Tenforde. New York: Plenum Press, 1978.
Lagunoff, D. The mechanism of histamine release from mast cells. Biochem. Pharmacol. 21 (1972): 1889-1896.
Lakhtakia, A., et al. Near-field absorption in prolate spheroidal models exposed to a small loop antenna of arbitrary orientation. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
Large, D. B., and J. R. Wait. Theory of electromagnetic coupling phenomena in the earth-ionosphere cavity. J. Geophys. Res. 73 (1968): 4335-4362.
Lawrence, A. F., and W. R, Adey. Non-linear wave mechanisms in tissue-electromagnetic field interactions. DOE, Contract Report no. DE-A101-79 ET, 1979.
Lawrence, G. Electronics and brain control. Popular Electron. 4 (July 1973): 65.
Lawrence, J. H., et al., eds. Advances in Biological and Medical Physics, vols. 16-17. New York: Academic Press, 1978.
Lefever, R., and J. L. Denaubourg. On the changes in conductance and stability properties of electrically excitable membranes during voltage-clamp experiments. Adv. Chem. Phys. 29 (1975): 349-374.
Lehninger, A. L. The neuronal membrane. Proc. Nat. Acad. Sci. 60 (1968): 1069-1080.
Lewis, A. J. A report by A. J. Lewis, Ph.D. Document EW-76-011, Supplemental Report Contract no. XG- 4208 (54-20) 75S, January 1976. [Report on Soviet parapsychology, the work of Gennady Sergeyev, magnetic field effects (ELF), psychotronics, bioplasma research, etc.]
Lieber, A. L., and C. R. Sherin. Homicides and the lunar cycle: Toward a theory of lunar influences on human emotional disturbances. Am. J. Psychiat. 129 (1972): 101-106.
Lin, J. C., et al. Microwave selective brain heating. J. Microwave Power 8 (1973): 275-286.
Lindstrom, L. H., and R. I. Magnusson. Interpretation of myoelectric power spectra: A model and its applications. Proc. IEEE 65 (May 1977).
Ling, G. N., et al. The physical state of solutes and water in living cells according to the association- induction hypothesis. Ann. N.Y. Acad. Sci. 204 (1973): 6-47.
Lin-Liu, S., and W. R. Adey. Effect of ELF modulated 450 MHz field on calcium efflux from rat synaptosomes. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex,, Sept. 14-18, 1980.
Lissmann, H. W. On the function and evolution of electric organs in fish. J. Exp. Biol. 35 (1958): 156- 191.
Little, W. A. The existence of persistent states in the brain. Math. Biosci. 19 (1974): 101-120.
-------- . and G. L. Shaw. A statistical theory of short and long term memory. Behav. Biol. 14 (1975): 115-133.
Llaurado, J. G., et al. Biological and Clinical Effects of Low-Frequency Magnetic and Electric Fields. New York: C C Thomas, 1974.
Loewenstein, W. R. Cell-to-cell connections. In Cell Interactions (Third Petit Colloquium, London, November 1971), ed. L. G. Silvestri, 296-298. Amsterdam: North-Holland, 1972.
-------- . Cellular communication by permeable junctions. In Cell Membranes: Biochemistry, Cell Biology and Pathology, ed. G. Weissman and R. Claiborne, 105-114. New York: Hospital Practice, 1975.
-------- . Cellular communication through membrane junctions. Arch. Intern. Med. 129 (1972): 299- 305.
-------- . Intercellular communication. Sci. Am. 22 (May 1970): 78-86.
-------- . Intercellular communication through membrane junctions and cancer etiology. In Membrane Transformations in Neoplasias, ed. J. Schultz and R. E. Block, vol. 8, Miami Winter Symposia, 103-120. New York: Academic Press, 1974.
-------- . Membrane junctions in growth and differentiation. Federat. Proc. 32 (1973): 60-64.
-------- . Permeability of membrane junctions. Ann. N.Y. Acad. Sci. 137 (1966): 441-472.
-------- . Permeable junctions: Permeability, formation, and genetic aspects. In The Nervous System: The Basic Neurosciences, ed. D. B. Tower, vol. 1, 419-426. New York: Raven Press, 1975.
Luben, R. A., and C. D. Cain. Use of bone cell hormone response systems to investigate bioelectromagnetic effects on membranes in vitro. In Nonlinear Electrodyamics in Biological Systems, ed. W. R. Adey and A. F. Lawrence, 23. New York: Plenum Press, 1984.
Ludwig, H. W. Electric and magnetic field strengths in the open and in shielded rooms in the ULF- to LF-zone. In ELF and VLF Electromagnetic Field Effects, ed. M. A. Persinger, 35-80. New York: Plenum Press, 1974.
-------- . A hypothesis concerning the absorption mechanism of atmospherics in the nervous system. Int. J. Biometeorol. 12 (1968): 93-98.
-------- . Shielding effect of materials in the ULF, ELF and VLF region. Int. J. Biometeorol. 17 (1973): 207-211.
-------- . et al. Physiological effects of electromagnetic fields in the ELF region. II. A review. Arch. Met. Geophys. Biol. B 21 (1973): 110-116.
Lu, S., et al. Neuroendocrine and cardiodynamic response of the dog subjected to cranial exposure to 2450 MHz (CW) microwave. Proceedings, Microwave Power Symposium, Waterloo, Ontario, 1975.
-------- , et al. Thermogenic and cardiovascular regulation in dogs cranially exposed to 2450 Mhz (CW) microwave. Proc. IEEE-S-MTT (Microwave Symposium), Atlanta, Ga., June 12-14, 1974.
Lux, H. D., and P. Schubert. Some aspects of the electroanatomy of dendrites. In Physiology and Pathology of Dendrites: Advances in Neurology, ed. G. W. Kreutzberg, vol. 12, 29-44. New York: Raven Press, 1975.
Maass, J. A., and M. M. Asa. Contactless nerve stimulation and signal detection by inductive transducer. IEEE Trans. Magn. 6 (1970): 322-326.
McAffee, R. D. Neurophysiological effect of 3-cm microwave radiation. Am. J. Physiol. 200 (1961): 192.
McClain, D. S., and G. M. Edelman. Surface modulation and transmembrane control. In The Molecular Basis of Cell-Cell Interaction, ed. R. A. Lerner and D. Bergsma, 1-28. New York: Alan R. Liss, 1978.
McCleave, J. D., et al. Perception and effects on locomotor activity in American eels and Atlantic salmon of extremely low frequency electric and magnetic fields. Final report prepared at University of Maine for ONR, 1974.
McConnell, H. M. Coupling between lateral and perpendicular motion in biological membranes. In Functional Linkage in Biomolecular Systems, ed. F. O. Schmitt, D. M. Schneider, and D. Crothers, 123-131. New York: Raven Press, 1975.
MacGregor, R.J. A brief survey of literature relating to the influence of low intensity microwaves on nervous function. Rand Corp, Publication no. P 4397, June 1970.
MacGregor, R. J. A direct mechanism for the influence of microwave radiation on neuroelectric potentials. Rand Corp., Publication no. P 4398, June 1970.
-------- . Intrinsic oscillations in neural networks: A linear model for the nth order loop. Rand Corp., Publication no. R 642, February 1971.
-------- . A possible mechanism for the influence of electromagnetic radiation of neuroelectric potentials. IEEE Trans. Microwave Theor. Techn. 21 (1979): 914-918.
-------- . A simulation study of coincidence detection in the dendrites of a single nerve cell. Rand Corp., Publication no. RM-5598-RC, December 1969.
McLees, B. D., and E. D. Finch. Analysis of reported physiologic effects of microwave detection. Adv. Biol. Med. Phys. 14 (1973): 163-223.
McPherron, R. L., C. T. Russell, and P. J. Coleman. Fluctuating magnetic fields in the magnetosphere. II. ULF waves. Space Sci. Rev. 13 (1972): 411-454.
Magnusson, C. E., and H. C. Stevens. Visual sensations caused by changes in the strength of a magnetic field. Am. J. Physiol. 29 (1911): 124-136.
Mahlum, D. D. Mechanisms of biomagnetic effects. In Magnetic Field Effect on Biological Systems, ed. T. S. Tenforde. New York: Plenum Press, 1978.
Marha, K., et al. Electromagnetic Fields and the Life Environment. San Francisco: San Francisco Press, 1971.
Marino, A. A., and R. O. Becker. Biological effects of extremely low frequency electric and magnetic fields: A review. Physiol. Chem. Phys. 9 (1977): 131-147.
-------- , et al. In vivo bioelectrochemical changes associated with exposure to extremely low frequency electric fields. Physiol. Chem. Phys. 9 (1977): 433-441.
Marr, M. J., et al. The effect of low energy ELF electromagnetic radiation on operant behavior in the pigeon and the rat. Final Report, prepared at Georgia Institute of Technology for ONR, Contract no. N00014-67-0159-0009, 1973.
Marton, J. P. Conjectures on superconductivity and cancer. Physiol. Chem. Phys. 5 (1973): 259-270.
Mascarenhas, S. Electrets in biophysics. J. Electrostat. 1 (1975): 141-146.
Massoudi, H., et al. Long-wavelength analysis of electromagnetic absorption in prolate spheroidal models of man and animals irradiated by a small loop antenna. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
Mathewson, N. S., et al. Extremely low frequency (ELF) vertical electric field exposure of rats: A search for growth, food consumption, and blood metabolite alterations. USAF. Armed Forces Radiobiology Research Institute, January 1977.
Maxey, E. S. Critical aspects of human versus terrestrial electromagnetic symbiosis USNC/URSI Meeting, University of Colorado, Boulder, Colo., Oct. 20-23, 1975.
Maxwell, E. L., and D. L. Stone. Natural noise fields from 1 c/s to 100 kc/s. ONR, Report prepared at Deco Electronics for ONR, Report no. 371-590, 1960.
Medici, R. C. Methods of assaying behavioral change as a function of exposure to weak electric fields. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
Menzel, D. H., and W. W. Salisbury. Audio-frequency radio waves from the sun. Nature 161 (1948): 91.
Meyer, M. E., and D. R. Lamb. Sensitivity of the pigeon to change in the magnetic field. Psychonom. Sci. 5 (1966): 349-350.
Michaelson, S. M. Biological effects of microwave exposure. [Proceedings,] Medical College of Virginia Symposium, 1970.
-------- . Human exposure to non-ionizing radiation energy-potential hazards and safety standards. Proc. IEEE 60 (1972): 389.
--------, et al. Effects of electromagnetic radiations on physiological responses. Aerospace Med. 38 (1967): 293-298.
Michalke, W., and W. R. Loewenstein. Communication between cells of different type. Nature 232 (1971): 121-122.
Milroy, W. C., ed. Biomedical aspects of nonionizing radiation. Proceedings of a Symposium Held at the Naval Weapons Laboratory, Dahlgren, Va., 10 July 1973.
Milroy, W. C., et al. Electromagnetic pulse radiation: A potential biological hazard? J. Microwave Power 9 (1974): 213-218.
Mitchell, D. C., et al. Hyperactivity and disruption of operant behavior in rats after multiple exposures to microwave radiation. Radio Sci. 12 (1977): 163-271.
Mittler, S. Low frequency electromagnetic radiation and genetic aberrations. Final Report, Northern Illinois University, September 1972.
Mohler, R., et al. A systems approach to immunology. Proc. IEEE 68 (August 1980): 964-977.
Moseley, J. I. et al. Unit activity during focal cortical hypothermia in the normal cortex. Exp. Neurol. 37 (1972): 152-163.
Murr, L. The biophysics of plant growth in a reversed electrostatic field. Int. J. Biometeorol. 10 (1966): 135-146.
Nahas, G. G. Magnetic field effects on rodents. In Magnetic Field Effects on Biological Systems, ed. T. S. Tenforde. New York: Plenum Press, 1978.
Nazarea, A. D. Electric fields and self-coherent patterns and structures in chemical systems: Large-scale effects and biological implications. J. Chem. Phys. 9 (1979): 415-449.
Neumann, E., and K. Rosenheck. Permeability changes induced by electric impulses in vesicular membranes. J. Membr. Biol. 10 (1972): 279-290.
Nicholson, C. Brain-cell microenvironment as a communication channel. In The Neurosciences: Fourth Study Program, ed. F. O. Schmitt and F. C. Woden, 457-476. Cambridge, Mass.: MIT Press, 1977.
-------- . Dynamics of the brain cell microenvironment. Neurosci. Res. Prog. Bull. 18 (1980): 275-289.
Nicolas, G., and I. Prigogine. Self-Organization in Nonequilibrium Systems. New York: John Wiley, 1977.
Nunez, W., and M. Gershon. Species differences in mast cells of the thyroid gland. Endocrinol. 92 (1973): 152-159.
Ochs, S. Elements of Neurophysiology. New York: John Wiley, 1965.
Ogawa, T., et al. Observations of natural ELF and VLF electromagnetic noises using ball antennas. J. Geom. Geoelectr. 18 (1966): 443-454.
O'Konski, C. T. Electric properties of macromolecules. V. Theory of ionic polarization in polyelectrolytes. J. Phys. Chem. 64 (1960): 605-619.
O'Neil, J. J. Prodigal Genius: The Life of Nikola Tesla. New York: I. Washburn, 1944.
Orgel, A. R., and J. C. Smith. Test of the magnetic theory of homing. Science 120 (1954): 891-892.
Orme, J. E. Time, Experience, and Behavior. New York: American Elsevier, 1969.
Ormenui, I. Possible effect of ELF range atmospherics of 3-cps range on traffic accidents in a metropolitan area in Hungary. Int. J. Biometeorol. 16 (Suppl.) (1972): 93-94.
Ossenkopp, K. P. Maturation and open-field behavior in rats exposed prenatally to an extremely low frequency rotating magnetic field. Psychol. Report 30 (1972): 371-374.
-------- , and M. D. Ossenkopp. Self-inflicted injuries and the lunar cycle: A report. J. Interdiscip. Cycle Res. 4 (1973): 337-348.
-------- , and J. Shapiro. Effects of prenatal exposure to a 0.5 Hz low-intensity rotating magnetic field on white Peking ducklings. Am. Zool. 12 (1972): 650.
-------- , et al. Prenatal exposure to an extremely low-intensity rotating magnetic field and increase in thyroid and testicle weights in rats. Devel. Psychobiol. 5 (1972): 275-285.
Oncley, J. L. The electric movements and relaxation times of proteins as measured from their influence upon the dielectric constants of solutions. In Proteins, Amino Acids and Peptides as Ions and Dipolar Ions, ed. E. J. Cohn and J. T. Edsall, 543-568. New York: Hafner, 1965.
Ortoleva, P. J., and J. Rosee. Response of unstable chemical systems to external perturbations. J. Chem. Phys. 56 (1972): 293-294.
Olsen, R. G. Evidence for microwave-induced acoustic resonances in biological material. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
Olsson, Y. Mast cells in the nervous system. Int. Rev. Cytol. 24 (1968): 27-70.
Padawer, J. The ins and outs of mast cell function. Am. J. Anat. 141 (1974): 399-402.
Parker, J. H., and E. F. Carr. Anomalous alignment and domains in a nematic liquid crystal. J. Chem. Phys. 55 (1971): 1846-1850.
Patel, V. L., and L. J. Cahill. Evidence of hydromagnetic waves in the earth's magnetosphere and of their propagation to the earth's surface. Phys. Rev. Lett. 12 (1964): 213-215.
Pauly, H., and H. P. Schwan. Dielectric properties and ion mobility in erythrocytes. Biophys. J. 6 (1966): 612-639.
Pennock, B. E., and H. P. Schwan. Further observations on the electrical properties of the hemoglobin- bound water. J. Phys. Chem. 73 (1969): 2600-2610.
Perkel, D. H., and T. M. Bullock. Neural coding. Neurosci. Res. Prog. Bull. 6 (1968): 221-248.
Persinger, M. A. Day time wheel running activity in laboratory rats following geomagnetic event of 5-6 July 1974. Int. J. Biometeorol. 20 (1976): 19-22.
-------- . Effects of magnetic fields on animal behavior. In Progress in Biometeorology: Animal Biometeorology, ed. H. D. Johnson, 177-182. Amsterdam: Swets and Zeitlinger, 1976.
-------- . ELF electric and magnetic field effects: The patterns and the problems. In ELF and VLF Electromagnetic Field Effects, ed. M. A. Persinger, 275-310. New York: Plenum Press, 1974.
-------- . Mast cells in the brain: Possibilities for physiological psychology. Physiol. Psychol. 5 (1977): 166-176.
-------- . Open field behavior in rats exposed prenatally to a low intensity-low frequency rotating magnetic field. Devel. Psychobiol. 2 (1969): 168-171.
-------- . Possible cardiac driving by an external rotating magnetic field. Symposium on Biological Effects of Natural, Electric, Magnetic and Electromagnetic Fields. Sixth Int. Biometeorol. Cong., Noordwijk, the Netherlands, Sept. 3-9, 1972; Int. J. Biometeorol. 17 (1973) : 263-266. [This issue of Int. J. Biometeorol. contains 7 other papers from the symposium.]
-------- . Prenatal exposure to an ELF rotating magnetic field, ambulatory behavior, and lunar distance at birth: A correlation. Psychol. Report 28 (1971): 435-438.
-------- . Studies on the biological effects of low and extremely low frequency electromagnetic fields. Laurentian University, Sudbury, Ontario, 1973-1978. [Monograph available from the author.]
-------- . and D. J. Coderre. Thymus mast cell number following perinatal and adult exposure to low intensity 0.5 Hz magnetic fields. Int. J. Biometeorol. 22 (1978): 123-128.
-------- . and W. S. Foster. ELF rotating magnetic fields: Prenatal exposure and adult behavior. Arch. Met. Geophys. Biol. 18 (1970): 363-369.
-------- . and K. P. Ossenkopp. Some behavioral effects of pre- and neonatal exposure to an ELF rotating magnetic field. Int. J. Biometeorol. 17 (1973): 217-220.
-------- . and J. J. Pear. Prenatal exposure to an ELF rotating magnetic field and subsequent increase in conditioned suppression. Devel. Psychobiol. 5 (1972): 269- 274.
-------- , et al. Behavioral changes in adult rats exposed to ELF magnetic fields. Int. J. Biometeorol. 16 (1972): 155-162.
-------- , et al. Physiological changes in adult rats exposed to ELF rotating magnetic. fields. Int. J. Biometeorol. 16 (1972): 163-172.
-------- , et al. Psychophysiological effects of extremely low frequency electromagnetic fields: A review. Percept. Motor Skills 36 (1973): 1139-1159. [Note: This is perhaps the single most pertinent reference on ELF in this bibliography.--AU.]
-------- . Thirty-eight blood tissue and consumptive measures from rats exposed perinatally and as adults to 0.5 Hz magnetic fields. Int. J. Biometeorol. 22 (1978): 213-226.
Petersen, W. F. E. Man, Weather, Sun. Springfield, Ill.: Charles C. Thomas, 1947.
Petrov, J. R. Influence of microwave radiation on the organism of man and animals. NTIS, Report no. 72-22073, 1972.
Photiades, D. P., et al. Electrosleep in man by a combination of magneto-inductive and transtemporal electric currents. In The Nervous System and Electric Currents, ed. N. L. Wulfsohn and A. Sances, 153-158. New York: Plenum Press, 1970.
Piccardi, G. The Chemical Basis of Medical Climatology. Springfield, Ill.: C C Thomas, 1952.
Picton, H. D. Some responses of Drosophila to weak magnetic and electrostatic fields. Nature 211 (1966): 303-304.
Pierce, E. T. Some ELF phenomena. J. Res. 64 (1960): 383-386.
Pinneo, L. K., et al. The neural effects of microwave radiation, USAF, Rome Air Force Development Center, Report no. TRD-62-231, AD 277684, 1962.
Pionsey, R. Action potential sources and their volume conductor fields. Proc. IEEE 65 (May 1977).
Pohl, M. A. Natural AC electric fields in and about cells. In Nonlinear Electrodynamics in Biological Systems, ed. W. R. Adey and A. F. Lawrence, 87ff. New York: Plenum Press, 1984.
-------- and J. S. Crane. Dielectrophoresis of cells. Biophys. J. 11 (1971): 711-727.
-------- and-------- . Dielectrophoretic force. J. Theoret. Biol. 37 (1972): 1-13.
-------- and I. Hawk. Separation of living and dead cells by dielectrophoresis. Science 152 (1966): 647- 649.
Polk, C., and F. Fitchen. Schumann resonances of the earth-ionosphere cavity: Extremely low frequency reception at Kingston. U.S. Nat. Bur. Stand. J. Res. Radio Propagation 66D (May-June 1962).
Popa, M. M. Response of guinea-pig adrenals to continuous and arrhythmically interrupted low frequency electromagnetic fields. Proc. 5th Biometeorol. Cong., ed. S. W. Tromp and W. H. Weihe, vol. 4, 129. Amsterdam: Springer-Verlag, 1969.
Popp, F.-A., et al. Electromagnetic Bio-Information. Munich: Urban and Schwarzenberg, 1979.
Poppel, E., and H. Giedke. Diurnal variation of time perception. Psychol. Forschg. 34 (1970): 182-198.
Pressman, A. S. The action of microwaves on living organisms and biological structures. Sov. Phys. Usp. 8 (1965): 463-488.
-------- . Electromagnetic Fields and Life. New York: Plenum Press, 1970.
-------- . The role of electromagnetic fields in life processes. Biofiz. 9 (1964): 131-134.
[-------- .] Proceedings, Ad Hoc Committee jbr the Review of Biomedical and Ecological Effects of ELF Radiation. USN, Bureau of Medicine and Surgery, 1973.
Raemer, H. R. On the spectrum of terrestrial radio noise at extremely low frequencies. U.S. Nat. Bur. Stand. J. Res., Radio Propagation 65D (November-December 1961).
Ramon, C., et al. Effect of low-frequency weak magnetic fields on E. Coli bacteria. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
Ravitz, J. L. History, measurements, and applicability of periodic changes in the electromagnetic field in health and disease. Ann. N.Y. Acad. Sci. 98 (1962): 1144-1201.
Rein, G., and R. Dixey. Neurotransmitter release stimulated in a clonal nerve cell line by low intensity pulsed magnetic fields. In Nonlinear Electrodynamics in Biological Systems, ed. W. R. Adey and A. F. Lawrence, 79-86. New York: Plenum Press, 1984.
Reno, J. L. Microwave reflection, diffraction and transmission studies of man. NAMRL, Report no. 1199, February 1974.
Rentsch, W. Magneto-inductive transmission of stimuli to the brain, in electrotherapeutic sleep and electroanesthesia. Proceedings, First Annual Symposium (Graz, Austria, 12-17 Sept. 1966), ed. F. M. Wagenweder and O. St. Schuy, 161-168. Amsterdam: Excerpta Medica, 1967.
Reynolds, D. V., and A. E. Sjoberg, eds. Neuroelectric Research. Springfield, Ill.: C C Thomas, 1971. [This book contains papers by 81 contributors.]
Riesen, W. H., et al. A pilot study of the interaction of extremely low-frequency electromagnetic fields with brain organelles. HTRI, Technical Memorandum no. 3, HTRI Project E6185, Contract N00039-71-C-0111, 1971.
Roberts, A. M. Effect of the electric fields on mice. Nature 223 (1969): 639.
Romig, M. F., and D. L. Lamar. Anomalous sounds and electromagnetic effects associated with fireball entry. Rand Corp., RM-3724-ARPA, July 1963. Rosenblum, W. I. A possible role for mast cells in controlling the diameter of arterioles on the surface of the brain. Brain Res. 49 (1973): 75-82.
Russo, F., and W. E. Caldwell. Biomagnetic phenomena: Some implications for the behavioral and neurophysiological sciences. Genet. Psychol. Monogr. 84 (1971): 177-243.
Saito, M., et al. Response of nonspherical biological particles to alternating electric fields. Biophys. J. 6 (1966): 313-327.
Saito, T. Geomagnetic pulsations. Space Sci. Rev. 10 (1969): 319-411.
Sampson, H. W., et al. An ultrastructural investigation of calcium-dependent granules in the rat neurophil. Brain Res. 22 (1970): 157-162.
[-------- .] Sanguine Division, Sanguine System Final Environmental Impact Statement, 77-78. USN, Naval Electronics Systems Command (PME 117-21), 1972.
Scheich, H., and T. H. Bullock. The detection of electric fields from electric organs. In Handbook of Sensory Physiology, ed. A. Fessard, III. 3. Electroreceptors in Lower Vertebrates, 201-256. New York: Springer-Verlag, 1974.
Schiff, J. and W. R. Loewenstein. Development of a receptor on a foreign nerve fiber in a Pacinian corpuscle. Science 177 (1972): 712-715.
Schmidt, S., and P. Ortoleva. Multiple chemical waves induced by applied electric field. Chem. Phys. 67 (1978): 1010-1015.
-------- .and-------- . A new chemical wave equation for ionic systems. J. Chem. Phys. 67 (1977): 3771-3776.
Schmitt, F. O., and F. E. Sampson. Brain cell microenvironment. In Neuroscience Research Symposium Summaries, ed. F. O. Schmitt et al., vol. 4, 191-325. Cambridge, Mass.: MIT Press, 1970.
-------- , et al. Electronic processing of information of brain cells. Science 193 (1976): 114-120.
Schmitt, O. H., and R. D. Tucker. Human perception of moderate strength low-frequency magnetic fields. IEEE meeting, 1973. Typescript.
Schumann, W. O. Elektrische Eigenschwingungen des Hohlraumes Erde-Luft-Ionosphäre. Z. angew. u. Phys. 9 (1957): 373-378.
-------- . Über die strahlungslosen Eigenschwingungen einer leitenden Kugel, die von einer Luftschicht und einer Tonosphärenhülle ungeben ist. Z. Naturforschg. 7A (1952): 149-154.
Schwan, H. P. Alternating current spectroscopy of biological substances. Proc. IEEE 47 (1959): 1841- 1855.
-------- . Biological impedance determinations. J. Cell. Comp. Physiol. 66 (Suppl. ) (1965): 512.
-------- . Biological hazards from exposure to ELF electrical fields and potentials. NWL, Technical Report no. TR-2713, 1972.
-------- . Characteristics of absorption and energy transfer of microwaves and ultrasound in tissues. In Medical Physics, ed. O. Blassers, 1-7. Chicago: Yearbook Publishers, 1960.
-------- . Determination of biological impedances. In W. L. Nastuk, Physical Techniques in Biological Research, vol. 6, 323-406. New York: Academic Press, 1963
-------- . Electrical properties of bound water. Ann. N.Y. Acad. Sci. 125 (1965): 344-354.
-------- . Electrical properties of tissue and cell suspension. Adv. Bioi. Med. Phys. 5 (1957):147-209
-------- . Interaction of microwave and radio frequency radiation with biological systems. IEEE Trans. Microwave Theor. Techn. 19 (1971): 146-152.
-------- . Microwave biophysics. In Microwave Power Engineering, ed. E. Okress, vol. 2, 213-244. New York: Academic Press, 1968.
-------- . Microwave radiation: Biophysical considerations and standards criteria. IEEE Trans. Biomed. Eng. 19 (1972): 304-312.
-------- . Principles of interaction of microwave fields at the cellular and molecular 1eve1. In Biologic Effects and Health Hazards of Microwave Radiation (Proceedings of an International Symposium, Warsaw, 15-18 Oct. 1973), ed. P. Czerski et al., 152-159. Warsaw: Polish Medical Publishers, 1974.
-------- . To provide for the protection of the public health from radiation emissions. U.S. Senate, 19th Congress, Hearings Before the Committee on Commerce, May 13, 1968, 699-718.
-------- . and K. R. Foster. RF-field interactions with biological systems: Electric properties and biophysical mechanisms. Proc. IEEE 68 (January 1980).
-------- . and G. M. Piersol. The absorption of electromagnetic energy in body tissues--Review and critical analysis. I. Biophysical aspects. Am. J. Phys. Med. 33 (1954):371-404.
--------and-------- . The absorption of electromagnetic energy in body tissues. II. Physiological and clinical apsects. Am. J. Phys. Med. 34 (1955): 425-448.
--------and L. D. Sher. Alternating-current field-induced forces and their biological implications. J. Electrochem. Soc. 116 (1969): 22C-26C.
-------- , et al. Complex permittivity of water at 250 C. J. Chem. Phys. 64 (1976): 2257-2258.
-------- , et al. The electrical properties of bilayer membranes. Abstracts, 10th Annual Meeting, Biophysical Society, Boston,1966.
Schwartz, J. Histamine as a transmitter in the brain. Life Sci. 17 (1975): 503-518.
-------- , et al. Histamine formation in the rat brain in vivo Effects of histidine loads. J. Neurochem. 19 (1972): 801-810.
Schwarz, G. A basic approach to a general theory for cooperative [?] intramolecular conformation changes of linear biopolymers. Biopolymers 5 (1967): 321-324.
-------- . Cooperative binding in linear biopolymers. I. Fundamental static and dynamic properties. Eur. J. Biochem. 12 (1970): 442-453.
-------- . General equation for the mean electrical energy of a dielectric body in an alternating electrical field. J. Chem. Phys. 39 (1963): 2387-2388.
-------- , et al. On the orientation of nonspherical particles in an alternating electrical field. J. Chem. Phys. 43 (1965): 2562-2569.
Sclabassi, K. J., et al. Complex pattern evoked somatosensory responses in the study of multiple sclerosis. Proc. IEEE 65 (May 1977).
Seamon, K. B. Calcium and magnesium-dependent conformational states of calmodulin as determined by nuclear magnetic resonance. Biochem. 19 (1980): 207-215.
Sel'kov, E. E. Oscillations in biological and chemical systems. Eur. J. Biochem. 4 (1968): 79-86.
Servantie, B., et al. Pharmacologic effects of a pulsed microwave field. In Biologic Effects and Health Hazards of Microwave Radiation (Proceedings of an International Symposium, Warsaw, 15-18 Oct. 1973), ed. P. Czerski et al, 36-45. Warsaw: Polish Medical Publishers, 1974.
-------- . Synchronization of cortical neurons by a pulsed microwave field as evidenced by spectral analysis of electrocorticograms from the white rat. Ann. N.Y. Acad. Sci. 247 (1975): 82-86.
Sharma, R. C. Mechanism of characteristic behaviour of cells in an alternating electric field. Nature 214 (1967): 83-84.
Shatten, V. H., and J. M. Wilcox. Response of the geomagnetic activity index Kp to the interplanetary magnetic field. J. Geophys. Res. 72 (November 1967): 5185-5191.
Sheer, D. E. Electrical Stimulation of the Brain. Austin: University of Texas Press, 1961.
Sheppard, A. R. High frequency permittivity measurements in the time and frequency domains. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
-------- . Magnetic field interactions in man and other mammals: An overview. In Magnetic Field Effect on Biological Systems, ed. T. S. Tenforde. New York: Plenum Press, 1978.
-------- and M. Eisenbud. Biological Effects of Electric and Magnetic Fields of Extremely Low Frequency. New York: New York University Press, 1977.
-------- , et al. ELF electric fields alter neuronal excitability in aplysia neurons, Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
-------- , et al. Extracellular alternating currents change firing rate in aplysin pacemaker neurons. Soc. for Neurosci. Abstr. 6 (November 1980).
-------- , et al. Models of long-range order in cerebral macromolecules: Effects of sub-ELF and of modulated VHF and UHF fields. Radio Sci. 14 (November-December 1979): 141-145.
Sher, L. D. Mechanical effects of AC fields on particles dispersed in a liquid: Biological implication. Diss., University of Pennsylvania, Philadelphia, Penna., 1963.
-------- , et al. On the possibility of nonthermal biological effects of pulsed electromagnetic radiation. Biophys. 10 (1970): 970-979.
Sholl, D. A. The Organization of the Cerebral Cortex. New York: John Wiley & Sons, 1956.
Silverman, C. Nervous and behavioral effects of microwave radiation in humans. Am. J. Epidemiol. 97 (1973): 219.
Soyka, F. The Ion Effect. New York: E. P. Dutton, 1976.
Spiegel, R. J., and W. T. Joines. A semiclassical theory for nerve excitation by a low intensity electromagnetic field. Bull. Math. Biol. 35 (1973): 591-605.
Spirkin, A. Getting to know psycho-biophysical reality. USAF, Foreign Technology Division, Report no. FTD-ID (RS) T-1175-80.
Stein, M., R. C. Schiavi, and M. Camerion. Influence of brain and behavior on the immune system. Science 191 (1976): 435-440.
Stern, S., et al. Detection of 60 Hz electric fields by rats: Preliminary results. Second Annual Meeting, Bioelectromagnetics Society, San Antonio, Tex., Sept. 14-18, 1980.
Stewart, G. T. Change of phase and change of state in biological systems. Molec. Cryst. Liq. Cryst. 7 (1969): 75-102.
-------- . Liquid crystals of lipid in normal and athcromatous tissue. Nature 183 (1959): 873-875.
-------- . Some physico-chemical properties of paracrystalline spherulites of biological origin. Nature 192 (1961): 624-625.
Stratton, J. A. Electromagnetic Theory. New York: McGraw-Hill, 1941.
Sturrock, P. A. Generation of radio noise in the vicinity of the earth. U.S. Nat. Bur. Stand. J. Res., Radio Propagation 66D (March-April 1962).
Subbota, A. G. The effects of a pulsed super high frequency field on the higher nervous activity of dogs. Bull. Exp. Med. 46 (1958): 1206-1211.
Sugiura, M., and J. P. Heppner. Electric and magnetic fields in the earth's environment. In American Institute of Physics Handbook, sec. 5, 265-303. New York: McGraw-Hill, 1972.
Swenberg, C. E. Theoretical remarks on low frequency magnetic field interactions with biological systems. In Magnetic Field Effect on Biological Systems, ed. T. S. Tenforde. New York: Plenum Press, 1978.
Swicord, M. L., G. S. Edwards, and C. C. Davis. Strong interactions of radiofrequency fields with nucleic acid. In Nonlinear Electrodynamics in Biological Systems, ed. W. R. Adey and A. F. Lawrence, 35- 58. New York: Plenum Press, 1984.
Szuts, E. Z,, and R, A. Cone. Rhodopsin: Light activated release of calcium. Federat. Proc. 33 (1974): 1471. [Abstract.]
Tabichers, L. Y., et al. Apparatus for the treatment of neuropsychic and somatic diseases with heat, light, sound, and VHF electromagnetic radiation. U.S. Patent no. 3,733,049.
Takashima, S. Membrane capacity of giant squid axon during hyper- and depolarizations. J. Membr. Biol. 27 (1976): 21-39.
-------- and A. Minakata. Dielectric behavior of biological macromolecules. In Digest of Dielectric Literature, ed. W. Vaughn. Washington, D.C.: National Research Council, National Academy of Sciences, 1976.
-------- and H. P. Schwan. Passive electrical properties of squid axon membrane. J. Membr. Biol. 17 (1974): 51-68.
-------- , et al. Effects of modulated KF energy on the EEG of mammalian brains, II. Appearance of fast and slow waves after chronic irradiations. Proceedings of the 1978 Symposium on Electromngnetic Fields in Biological Systems, Ottawa, Ontario, June 28-30, 1978.
Tasaki, I. Evolution of theories of nerve excitation. In The Nervous System, ed. D. B. Tower, vol. III. The Basic Neurosciences, 177-195. New York: Raven Press, 1975.
Tenforde, T. S., ed. Magnetic Field Effect on Biological Systems. New York: Plenum Press, 1978.
Teng, H. C., and H. E. Howard. The relationship between sudden changes in weather and the occurrence of acute myocardial infarction. Am. Heart J. 49 (1955): 9-20.
Tepley, L. R., and K. D. Amundsen. Notes on sub ELF emissions observed during magnetic storms. J. Geophys. Res. 69 (1964): 3749-3754.
Toomey, J., and C. Polk. Research on extremely low-frequency propagation with particular emphasis on Schumann resonance and related phenomena. Bedford, England: Air Force Cambridge Research Laboratories, 1970.
Triffet, T., and H. S. Green. Information and energy flow in a simple nervous system. J. Theor. Biol. 86 (1980): 3-44.
Tromp, S. W. Medical Biometeorology. New York: Elsevier, 1963.
-------- . Psychical Physics. New York: Elsevier, 1949.
-------- . Seasonal and yearly fluctuations in meteorologically induced electromagnetic wave patterns in the atmosphere (period 1956-1968) and their possible biological significance. Interdiscip. Cycle Res. 1 (1970): 193-199. Trullinger, S. E. Where do solitons go from here? In Solitons and Condensed Matter Physics, ed. A. R. Bishop and T. Schneider, 338-340. Berlin: Springer-Verlag, 1978.
Tyler, P. E., ed. Biologic effects or nonionizing radiation. Ann. N.Y. Acad. Sci. 247 (February 1975).
Uteush, E. V. Research on the psychophysiological peculiarities of the operator. USAF, Foreign Technology Division, Report no. FTD-MT-24-57-1970.
Vaccaro, S. R., and H. S. Green. Ionic processes in excitable membranes. J. Theor. Biol. 81 (1979): 771- 802.
Valentinuzzi, M. Magnetobiology. Downey, Calif.: North American Aviation, 1961.
Von Holst, E. Electrically controlled behavior. Sci. Am. 206 (March 1962): 50-59.
Vyalov, A. M., et al. On the problem of the effect of constant and variable magnetic fields on the human organism. In Occupational Pathology, ed. A. P. Shisskova, 169-175. Moscow: Ministry of Health, 1964. [Translation available.]
Wachtel, H. et al. Effects of low intensity microwaves on isolated neurons. Ann. N.Y. Acad. Sci. 247 (1975): 46-62.
Wade, N. Fischer-Spassky charges: "What did the Russians have in mind?" Science 177 1972): 778.
Walcott, C., and R. P. Green. Orientation of homing pigeons altered by a change in the direction of an applied magnetic field. Science 184 (1974): 180-182.
Wallach, D. F. H., and P. H. Zahler. Protein conformation in cellular membranes. Proc. Nat. Acad. Sci. 56 (1966): 1552-1559.
Waltmann, N. Electrical properties and fine structure of the ampullary canals of Lorenzini. Acta Physiol. Scand. 66 (Suppl. 264) (1966): 1-60.
Wang, H. H., and W. R. Adey. Effects of cations and hyaluronidase on cerebral electrical impedance. Exp. Neurol. 25 (1969): 70-84.
-------- , et al. Calcium, mucopolysaccharides, and cerebral impedance. Federat. Proc. 27 (1968): 749. [Abstract.]
Wever, R. Different aspects of the studies of human circadian rhythms under the influence of weak electric fields. In Chronobiology, ed. L. E. Scheving, F. Halbert, and J. E. Pauly, 694-699. Tokyo Igako Shoin, 1974.
-------- . The effects of electric fields on circadian rhythms in man. Life Sci. Space Res. 8 (1970): 177- 187.
-------- . ELF-effects on human circadian rhythms. In ELF and VLF Electromagnetic Field Effects, ed. M. A. Persinger, 101-144. New York: Plenum Press, 1974.
-------- . Human circadian rhythms under the influence of weak electric fields and the different aspects of these studies. Int. J. Biometeorol. 17 (1973): 227-232.
-------- . Influence of electric fields on some parameters of circadian rhythms in man. In Biochronometry, ed. M. Menaker, 117-132. Washington, D.C.: National Academy of Sciences, 1971.
-------- . Influence of light on human circadian rhythms. Nord. Council Arct. Res. Report 10 (1974): 33-47.
-------- . A mathematical model for circadian rhythms. In Circadian Clocks, ed. J. Aschoff, 47-63. Amsterdam: North Holland, 1965.
Wieske, C. W. Human sensitivity to electric fields. Biomedical Sciences Instrumentation: Proceedings of the First National Biomedical Sciences Instrumentation Symposium, vol. 1, 467-475. Distributed by Plenum Press, New York, 1963.
Williamson, S. J., et al. Evoked neuromagnetic fields of the human brain. J. Appl. Phys. 50 (March 1979).
Wortz, E. C., et al. Biophysical aspects of parapsychology. Garrett Airesearch Corp., Document no. 75- 11096A, 1975.
-------- . Novel biophysical information transfer mechanisms (NBIT). Garrett Airesearch Corp. Document no. 76-13197, Contract no. XG-4208 (54-20) 75S, January 1976.
Zeeman, E. C. Primary and secondary waves in developmental biology. In Lectures on Mathematics in the Life Sciences, ed. E. C. Zeeman, 69-101. Providence, RI: American Mathematics Society, 1974.
Zhokov, V. P., and E. I. Indeikin. Relationship between acute attacks of glaucoma and changes in the magnetic field of the earth. Vestn. Ophthalmol. 5 (1970): 29-30.


[1] This bibliography originally appeared in Archaeus 4 (1986): 54-77. This version has been scanned and converted into Mac WriteNow format. In whatever form the reader receives this, it is likely that there are several errors in the text due to this conversion. If there is a difficulty in locating a specific citation, please notify us, and we will supply the corrections.--Dennis Stillings, Editor (Archaeus Project, P.O. Box 7079, Kamuela, HI 96743; archaeus@fivemtn.org

[2] NAMRL = Naval Aerospace Medical Research Laboratory (Pensacola, Fla.)

これがダンカンさんの言っていた水素スピンによるブレインマッピングか?

 
 
神経線維の活動をとらえる革新的 MRI 計測法の可能性
現在の fMRI は神経活動によって引き起こされる脳血流変化を信号源としているため、脳血流変化が起きる神経の細胞体(脳の灰白質)の活動は検出できるが、神経の線維(脳の白質)の活動は検出できない。そこで従来の MRI が計算する水素原子核スピンの「位相」情報ではなく、「位相勾配」情報を計算してみたところ、神経線維の活動(電位変化)を反映すると思われる信号の検出に成功した(Human Brain Mapping 第18回年会発表、平成24年6月)(PGC法)。左右手の各指を交互の順番でタッピングするとき、脳梁(左右大脳半球をむすぶ神経線維束)を通じた左右の情報交換が必要であるが、PGC 法により、予想される脳梁の神経線維束の活動信号が検出された)。この研究は、神経線維連絡の活動を可視化する手法として、また、脳内情報連絡の研究の革新的手法として、第3期中期においても更なる研究が進められている。
d) 神経集団の同期的活動と脳波発生の関係脳機能発現を理解するためには、脳部位や活動時間帯の解明のみならず、神経活動ダイナミクスの「様式」の解明が必要であり、特に神経活動の振動や同期が重要なテーマである。そこで、多数の神経集団の同期的活動と脳波の発生との関係をモデル化により定量的に解析した
Physical Review E 誌掲載、平成22年7月)。
このようなモデル研究は、神経集団の協力的振舞いとマクロな機能発現の関係を研究する基礎となるものである。

アメリカのほとんどの兵器が無意味

黒海でドナルドクックをそれほど驚かせたのは何ですか?
https://www.voltairenet.org/article185860.html

ヴォルテールネットワーク | 2014年11月8日
EspañolfrançaisPortuguêsفارسى Deutsch italiano polski

この記事は、2014年9月にVoltairenetによって他の言語で初めて公開されました。
国務省は、ロシアのスホーイ-24 ( Su-24 )戦闘機が爆弾もミサイルも搭載せずに黒海でその船を流して以来、駆逐艦USSドナルドクックの乗組員が重大な士気を失ったことを認めました。電子戦装置。

このビデオでは、 USSドナルドクックが黒海に向かって航海し、ロシアの領海の近くに位置している様子を示しています。
2014年4月10日に、USSドナルドクックが黒海に突入し、 4月12日にロシアのSu-24戦術爆撃機が船上を飛行し、いくつかのメディアの報道によると、乗組員の士気を完全に低下させた事件を引き起こしましたペンタゴンが抗議を発行したこと[ 1 ]。
USSドナルドクック (DDG-75)は第4世代の誘導ミサイル駆逐艦で、その主要武器は最大2,500キロメートルの範囲のトマホーククルーズミサイルで、核爆発物を運ぶことができます。 この船は、標準モードで56個のトマホークミサイル、攻撃モードで96個のミサイルを搭載しています。
アメリ駆逐艦は最新のイージス戦闘システムを装備しています 。 統合された海軍兵器システムであり、同じネットワーク内に組み込まれたすべての船舶のミサイル防衛システムをリンクして、同時に数百のターゲットの検出、追跡、および破壊を保証できます。 さらに、 USSドナルドクックには4つの大型レーダーが装備されており、その電力は複数のステーションの電力に匹敵します。 保護のため、さまざまなタイプの50機以上の対空ミサイルを搭載しています。
一方、 USSドナルドクックを騒がせたロシアのSu-24は、爆弾もミサイルも運ばず、胴体の下に取り付けられたバスケットのみを運んでいました。ロシアの新聞Rossiyskaya Gazeta [ 2 ]によれば、 Khibinyと呼ばれるロシアの電子戦装置が含まれていました。
ロシアのジェット機が米国の船舶に接近すると、電子デバイスは、米国の駆逐艦に搭載されているすべてのレーダー、制御回路、システム、情報送信などを無効にしました。 言い換えれば、NATOの最新の船舶に搭載された防衛システムに接続された(または接続されようとしている)強力なAegisシステムは、リモコンでテレビの電源を切るとシャットダウンされました。
その後、ロシアのSu-24は、文字通り耳が聞こえず盲目にされたUSSドナルド・クックに対するミサイル攻撃をシミュレートしました。 訓練演習を行うかのように、ロシアの航空機-非武装-は、飛行する前に同じ操作を12回繰り返しました。
その後、第4世代駆逐艦はすぐにルーマニアの港に向けて出航しました。
防衛産業の専門家の間で広まった反応にもかかわらず、大西洋のメディアが慎重に隠蔽した事件以来、ロシアの領海に再び接近した米国船はありません。
いくつかの専門メディアによると、 USSドナルドクックの 27人の船員が現役からの解放を要求しました。
Vladimir Balybine-電子戦とロシア空軍士官学校に付属するいわゆる「視認性低下」技術の評価に関する研究センターのディレクターは、次のコメントを行いました。


ロシアのハイテク兵器の影響:アジアの戦略的バランスの転換
オーストラリア空軍分析2008-09
2008年12月12日
https://www.ausairpower.net/APA-2008-09.html
カルロ・コップ博士 、SMAAIA、MIEEE、PEng
©2008 Carlo Kopp

 

 

F-22Aラプター、B-2Aスピリット、および計画中の 「2018爆撃機」は、現在および次世代のロシアのハイテク兵器が提示する技術環境で生き残ることができる唯一の米国の設計です。 「最適化されたフルダギャップ」 F-35ジョイントストライクファイターはこの環境で生き残ることができず、すべての意図と目的のために戦略的に無関係なデザインになり、戦略的にはるかに重要なプログラムから希少な資金を流出させています (Image US空軍)。


抽象
高度なロシアの技術輸出は、中国、またはイランやベネズエラなどの小規模な企業によって運営されているかどうかにかかわらず、米国に大きな戦略的リスクをもたらします。 これらのシステムは、ほとんどの米国ISRおよび戦闘機へのアクセスを拒否し、B-2A、「2018爆撃機」、およびF-22Aのみがそのような防御を貫通するように設計されています。 「2018年爆撃機」が運用されるまで、米国にはこの新興環境に対処する能力を備えた200機しかありません。 妥協したXバンド最適化ステルスにより、F-35ジョイントストライクファイターはこの環境では生き残りません。 巡航ミサイルによるスタンドオフ砲撃のフォールバック位置は実行可能ではありません。 そのような防衛を通じて目標に到達するのはごく一部であり、50万ドルの巡航ミサイルを10万ドルの迎撃機、または数百ドルのレーザー推進薬と交換する経済学は、防御側に有利です。 米国では、ISRの収集と、移動性の高いSAM、レーザー、および無線周波数の指向性エネルギー兵器バッテリーの致死抑制のために、貫通能力が必要になります。 これは、戦略上または戦術上の関心のある実際のターゲットに対して小径爆弾で飽和攻撃を提供する必要性を超えています。 180個のF-22Aと20個のB-2Asのレガシー艦隊の現在の計画は、役割と任務の多様性、および些細な敵を超えるものに対処するために必要な出撃数を考えると、単純に信頼できません。 米国がその卓越したグローバル戦略的地位を維持する場合、空軍のためのその軍隊構造計画は根本的な再考を必要とします。 出発点は、「フルダギャップ最適化」F-35 JSFのキャンセル、解放された資金のより多くのF-22への投資、および既に手ごわい貫通ISRとF-22の攻撃能力のさらなる強化であるべきです。 また、米国の全空軍能力にわたって、さらなる技術革新も必要です。 米国がテロとのグローバル戦争のために空軍を最適化することを選択した場合、米国の世界的な力の相対的な低下を加速するだけです。

 


1. 旧ソ連防衛産業基地
2. アメリカの空軍を打ち負かすロシアのアプローチ
3. 米国の戦略的意味
4. 参照資料

 

ロシアのハイテク兵器は、旧ソビエト連邦の防衛産業がこれまでに設計および製造された最先端の武器の一部を輸出しているため、アジアの戦略的展望を変えつつあります。 この戦略は、米国の政策立案者に重要な長期的な影響を与えますが、米国空軍の将来に関する現在の議論が示すように、この問題はワシントンのサークルではよく理解されておらず、実際に広く理解されていません。

旧ソ連防衛産業基地

冷戦の終結は、ソビエト国防産業基盤にとっての恵みでした。これまで安全な大量の資金フローの崩壊は、ハイテク兵器の世界市場への自由なアクセスと、それらの開発と製造に必要な高度技術とのバランスが取れていたためです。 ソビエト連邦の崩壊から約20年後、旧ソビエト産業は、現在ロシア、バイロロシア、ウクライナおよび他の旧ソビエト共和国の独立国家に拠点を置いており、かなりの効果で世界的な舞台に戻っています。

この業界は、中国、インド、およびアジアの小規模なプレーヤーに広範囲で、しばしば大量の洗練された武器を提供してきました。 その結果、アジアの戦略的バランスが増加し、米国とその最も近い地域の同盟国である日本とオーストラリアを完全に犠牲にします。

ソビエトの軍事技術基地の王冠は、1992年以降、輸出市場に登場しました。収益は当初、産業の存続に資金を提供し、後に派生兵器および完全に新しい武器の開発に資金を提供しました。 エネルギー以外のロシアの主要な輸出品は現在、武器、軍事機器のスペアパーツ、サービス、およびコンサルタント業です。

スーパーキャビテーション魚雷、レーザー、電気光学、衛星誘導のスマート爆弾とミサイル、対艦および陸上攻撃巡航ミサイル、高度な地対空ミサイル、空対空ミサイルなど、幅広いハイテク製品メーターバンド「カウンターステルス」レーダー、パッシブ無線周波数センサー、戦闘機用のアクティブおよびパッシブフェーズドアレイレーダー、高出力無線周波数ビーム兵器、およびいくつかの情報源によると、高エネルギーレーザー兵器技術。 最も成功した輸出はKnAAPO / Irkut Sukhoi Flankerファイターであり、中国とインドだけで約750件の注文を占めています。

冷戦後期のソビエトの武器の大部分はアナログおよびハードワイヤードデジタルテクノロジーを使用して構築されていましたが、現代の製品はほとんどがデジタルであり、米国、EUイスラエルの設計で使用されているのと同じチップまたはテクノロジーを使用して構築されることが多くあります テキサス・インスツルメンツのTMS-320プロセッサチップを中心に構築されたAgat 9B1348ミサイルシーカーは、西側の同等品と非常によく似ています。 PolyanaまたはRanzhirのモバイルコマンドポストは、LCDディスプレイパネルと他のCOTSコンピューターハードウェアを使用します。これらは、米国のインテグレーターと同じOEMから供給される可能性が高い基本的なCOTSコンポーネントです。

米国は、ステルスシェーピング、ステルス材料、レーダー用のXバンドモジュールテクノロジーなど、多くの主要なテクノロジーでリードを維持していますが、グローバル化および改造された市場により、ロシアの産業は他のほとんどの基本テクノロジーとのギャップを埋めることができました。 Komsomolsk na Amureで現在製造されているSu-35BMフランカーは、セントルイスで製造されたF-15Eよりも優れているだけでなく、コックピットディスプレイから電子戦装備まで、より高度で基本的な技術で構築された多くのシステムを備えています。

才能を保持するためにシリコンバレーと競争しなければならない米国産業とは異なり、旧ソビエト連邦では、防衛産業は実質的な唯一のハイテク産業です。 豊富なロシア語のウェブベースの職業紹介広告は、ロシアの才能がどれほど優れているかを正確に示しています。

超音速空/海/潜水艦/陸などのロシアの先進兵器が3M-55ヤホント/ SS-N-26、3M-54クラブ/ SS-N-27シズラー、3M80 / 81/82モスキット/ SS-N-22を発射日焼けは海軍艦隊にとってこれまでで最も有能な脅威であり、Kh-55グラナト(AS-15ケント)、Kh-65、およびそれらの中国のクローンなどの陸上攻撃巡航ミサイルは、あらゆるプレイヤーにトマホーククラスの能力をもたらします予算で。 しかし、最大の戦略的影響は、空中戦と戦って勝つために作られた武器から生じます。

アメリカの空軍を打ち負かすロシアのアプローチ


1991年の米空軍の見事な成功は、1999年、2001年、2003年の空軍作戦に続き、両刃の剣でした。 米国空軍の戦略家によって開発された晩期の冷戦パラダイムを検証し、広範な教義上のアイデア、戦略、および技術を証明した一方で、意図しない損害をもたらす結果ももたらしました。 1つ目は、高度な米国の技術を打ち負かすためのロシアと中国の産業による20年近くの努力を刺激したことです。 2番目の結果は、ワシントンおよび西部の国防省の他の場所での不当な優位性と信頼感です。 この10年間での3番目の結果は、米国のテクニカルインテリジェンスの収集と分析機能の大規模なダウンサイジングであり、米国のアナリストはロシアと中国の技術の進歩をしばしば盲目にしています。

冷戦時代、ソビエトの技術戦略は、戦略的アジェンダを満たし、特定の米国の能力に対抗するために頻繁に作成された、より包括的な中央計画によって主に推進されました。 新しいパラダイムは完全に異なり、トップダウンの官僚的指令ではなく、ボトムアップの市場圧力によって推進されています。 旧ソビエト産業は、利益の動機と競争圧力により、自由に設計創造性を妨げずに自由に行使できるようになりました。 業界の多くが合資会社に民営化され、小規模メーカーの絶え間ない買収により、新しいアイデアと新しい市場が繁栄する商業的な温室環境が生まれました。 最も近い比較はレーガン時代の米国産業であり、そこでは創造的思考がしばしば契約で見事に報われた。 今日のロシアでは、最も先進的な製品の主要市場は輸出市場であり、ロシア軍ではなく、しばしば輸出製品よりも前のバリアントが装備されています。

冷戦の終わりに、米国はいくつかの重要で決定的な能力の優位性を所有し、通常、関連する技術の独占を持ちました。 これらにはステルステクノロジーが含まれます。F-117A、B-2の生産開始、F-22の開発、巡航ミサイルなどの高度な精密誘導弾薬の多様な範囲、および次のようなスタンドオフの大規模な情報監視偵察(ISR)プラットフォームAWACS、JSTARS、Rivet Joint、およびU-2。

新しい多極世界で米国と同盟を結んでいない国にとって戦略的緊急性がこれらの能力の敗北であり、その結果、これらがロシアの武器開発に明確な焦点を生み出したことは驚くことではありません。 通常、米国の設計と同等の製品が提供されているか、手が届かない場所で、米国の機能の使用を非対称的に拒否するように設計された製品が提供されています。

米国のISR機能に対抗する問題は良い例です。 業界は、中国にイリューシンIl-78機体に基づくKJ-2000 AWACSシステムの支援を提供しました。

ただし、ISRプラットフォームを破壊したり、使用を拒否したりすることを特に意図した超長距離空対空ミサイルおよび地対空ミサイルの非対称開発は、はるかに大きな懸念事項です。 これらには、S-400 Triumf / SA-21グロウラーシステム用に開発されたFakel 200海里SAM、フランカー家系を武装するために開発された162海里Vympel R-37および200海里Novator R-127 / K-100 AAMが含まれます。戦闘機の。 これらのミサイルの二次的な役割は、米国の空中給油タンカーとEC-130、EA-6B、EF-18Gなどのスタンドオフジャマーを破壊することです。 今後10年の半ばまでに、これらの武器はすべてグローバル市場で定着し、米軍にとって興味深い課題を提示します。

精密誘導弾薬(PGM)および巡航ミサイルの領域では、旧ソビエト産業は米国、EUイスラエル産業と直接競合する主要なグローバルプレーヤーになりました。 これは、米国の能力に対するもう1つの対称的な反応を示しており、それは明らかに影響を及ぼしています。 誘導爆弾では、GNPP KAB-250、KAB-500、およびKAB-1500は、米国GBU-10 / 12/16/24/27舗装II / III、GBU-15およびGBU-31 /と同じニッチを占有します32/35/38 JDAMシリーズ。 基本的なKAB-500 / 1500爆弾機体には、貫通型の汎用爆風、熱圧式またはガス状の燃料空気爆弾弾頭を搭載できます。 さらに興味深いのは、同じ機体にトマホークDSMACでモデル化された電気光学(EO)相関端末シーカー、GBU-15またはウォールアイでモデル化された熱画像シーカー、またはレーザーシーカーを提供できることです。 Paveway II、またはUS JDAMをモデルにした衛星慣性誘導パッケージに似ています。 後者には20のチャネルがあり、米国のGPSとロシアのGlonass衛星の両方を使用できます。 もう1つの注目すべき売り手は、3M-54 / 3M-14クラブ/シズラーファミリーの巡航ミ​​サイルで、現在は中国とインドによってKilo SSKに配備されており、空中発射構成、船舶発射構成、および陸上移動式沿岸防衛構成で販売されています。 陸上攻撃シズラーの亜種、3M14E / AEは、AGM-109H / LトマホークMRASM派生物と最もよく比較されます。

しかし、はるかに大きな関心を集めているのは、スマート兵器における米国の支配に対する非対称的な技術的対応です。 ロシアの戦略は、PGMと巡航ミサイルを飛行中に撃downすることであり、これにより、さまざまな防空兵器の開発の大規模な方向転換が見られました。 基本的な考え方は、米国のスマート兵器の大洪水が、これらの兵器に対する集中的なミサイルと指向性エネルギー兵器の防御射撃で打ち消されることです。 興味深いのは、米国のAGM-88 HARM対放射線ミサイルが、現在提供されているすべてのシングルポイント防衛兵器のターゲットタイプとして挙げられていることです。

1991年、ソビエトは、ポップアップヘリコプターと戦闘機の脅威から赤軍の陸軍作戦部隊を守るために、追跡シャーシでTor / SA-15A / BガントレットSAMとツングースカ/ SA-19グリソンSAM / SPAAGシステムを製造していました。 これらのシステムは両方ともそれ以来かなり進化しており、それらの交換は主にスマート弾薬を打ち負かすことを任務とし、同時に長距離SAMバッテリー、早期警戒レーダー、固定インフラストラクチャターゲットを保護します。

新しいTor M2E / SA-15Dは、強化された6 x 6 MZKT6922車両で道路移動可能であり、新しいPantsir S1E / SA-22グレイハウンドは、8 x 8 KAMAZ-6560に搭載されています。 どちらのシステムにもデジタル処理とフェイズドアレイエンゲージメントレーダーがあり、SA-22では、MiZ-29 Fulcrum戦闘機用に元々構築されたPhazotronのZhuk-MFEから直接派生しています。 能力または機動性のいずれにおいても、SA-15DまたはSA-22に直接相当する西側諸国はありません。

スマート兵器に対抗する意欲は、Almaz-Antey S-400 Triumf / SA-21 Growlerシステム用のFakel 9M96E1 / E2迎撃ミサイルの開発にも見られました。これらの武器は、Patriot PAC-3 ERINT迎撃機に相当します。 PAC-3とは異なり、これらの設計は当初から構築されており、ミサイルバッテリーを標的とする高性能の軍需品も殺します。 S-400は主に、ISRおよびポイントディフェンスミサイルを含むことで示されるように、外層の長距離および中距離のSAMおよびABM機能を提供するように設計されていますが、その前身であるS-300PS / PM / PMU / SA-10 GrumbleおよびS-300PMU1 / 2 Favorit / SA-20ガーゴイル。 後者のSAMシステムは大量に中国に輸出されており、中国のHQ-12 / 15 SAMシステムの基礎を形成しています。 S-400は完全にデジタル設計であり、道路のモビリティを向上させるために、新しいMZKT、BAZ、およびKAMAZ車両に再統合されました。 システムの55K6コマンドポストは、S-200 / SA-5ギャモンなどのレガシーミサイルシステムも制御するように設計されています。

指向性エネルギー兵器は、米国のスマート軍需品と巡航ミサイルによる大量攻撃を打ち負かすために重要であるとロシア人と中国人に見られる別の能力です。 ロシア人は、8 x 8 MZKT-7930トラックの移動式ビームダイレクタディッシュを使用して、500メガワットラネットEパルスマイクロ波ビーム兵器を販売しています。 このシステムは、7海里以上の範囲で航空機のアビオニクスと誘導弾薬エレクトロニクスに対して電気的に致命的です。

現時点では、高エネルギーレーザー兵器のステータスは明確ではありません。 Almaz-Anteyは、ソビエトの100キロワットプラスクラスの二酸化炭素化学レーザーを開発し、US THEL / MTHELに匹敵するシステムを構築しましたが、8 x 8 MAZ-7910シャーシで非常に機動性がありました。

この多岐にわたる多機能な防空兵器はすべて、「機動性とスクート」操作を促進するために、高い機動性と配備、数分の格納時間という重要な属性を共有しています。 1999年に実証されたように、非常に機動性の高い防空兵器の破壊は依然として問題です。743のHARMが発射されましたが、セルビアの機動性9M9 / SA-6 Gainful SAMシステムの12%のみが破壊されました。 デジタル無線リンクでネットワーク化され、低サイドローブアジャイルビームフェイズドアレイレーダーを装備したロシアの防空兵器の現在の世代は、1970年代のSA-6Bよりも殺すのがはるかに困難です。

ロシアの製造業者にとって、米国のステルス能力に対抗することは最優先事項です。 対称的な応答は、従来の航空機で使用するためのさまざまなレーダー吸収コーティングとラミネートの開発でした。 ロシアの情報筋によると、Su-35BMフランカーに使用されている吸収コーティングは、Xバンドのエンジンインレットトンネルのシグネチャを30分の1に削減します。 新しいPAK-FAステルス戦闘機はまだ見当たらないため、機体成形技術におけるロシアの進歩の評価はまだ実行可能ではありません。

ロシアのステルス対策の非対称的な側面は、はるかに顕著です。 これは、2メートルまたはVHFバンドレーダーテクノロジーの使用と、パッシブエミッター位置特定システムを含む他のセンサーのネットワーク化と統合を中心としています。

早期警戒および監視レーダーの開発における最近のロシアの取り組みは、2メートル帯域にあります。 これらの新しいレーダー、および旧ソ連時代のレーダーのアップグレードパッケージはすべて、デジタルであり、ほとんどがソリッドステートデザインです。 多くは、最近の米国のレーダー設計で主に見られる、これまでの技術である、地面の乱雑さや妨害を排除するための高度な適応処理技術を含んでいます。

主にテレビ放送に使用される2メートルのラジオバンドの焦点は、デシメートルおよびセンチメートルバンドレーダー用に設計されたステルス機体形成技術を大幅に無効にすることです。 ロシアは、アメリカのステルス戦闘機が大理石サイズのターゲットではなく、VHFバンドのビーチボールサイズのレーダーターゲットとして登場することを固く主張しています。 ローリー散乱レジーム物理学はロシアの見解を支持しています。

主要な開発は、モバイルSAMバッテリーをサポートするための高モビリティ向けに構築された新しいテクノロジーVHFデザインの出現です。 NNIIRT 1L119ネボSVUは、史上初のVHFバンドアクティブ電子操縦アレイ(AESA)であり、ミサイルの中間誘導を提供するのに十分正確です。 反ステルス技術に関するロシアの考え方は、標的のステルス性にもかかわらず、探知者がロックオンするのに十分なほどミサイルを飛ばし、ステルス無効センサーからのデータリンクを使用することです。 このレーダーは、45分で展開および収納できます。 新しいByeloRussian KBR Vostok Eは、油圧で折りたたまれた高架アンテナを使用して、展開と格納に8分の時間を要するモビリティゲームで優勝しました。 この新しいVHFレーダーも完全にデジタルのソリッドステートであり、革新的な「ハルチェンコ」正方形リングアンテナエレメント設計を採用しています。 アメリカのステルスの敗北は、その設計者による主な主張であり、190海里の範囲でF-117Aを追跡する能力を述べています。

VHFレーダーの努力は、エミッター位置特定システム、特にネットワーク化された85V6 Orion / VegaおよびTopaz Kolchugaシステムの開発と並行しています。 以前のTamara / Trash Canシステムのユーザーは、JTIDS / Link-16端末を放出することで米国の航空機の位置を追跡する機能を主張しました。 他のステルス対策技術には、NNIIRTによって開発されているVHF帯マルチスタティックレーダーが含まれます。

その他の重要な開発には、Su-35BM用の20キロワットクラスN-035 Irbis Eハイブリッドフェーズドアレイレーダーがあります。これは、すべての米国のレガシー戦闘機レーダー、スーパーホーネットのAPG-79、およびF-35のAPG-81よりも優れています。 ロシア初のAESAレーダーであるZhuk AEは、フランカー向けにスケールアップされており、最新のUS APG-77(V)2およびAPG-63(V)3 AESAのクラスでの性能を約束しています。

電子の四重極の振る舞いを制御する

研究者は新しい形態の電子物質の存在を実証

https://phys.org/news/2018-03-electronic.html

 

f:id:hibiki-love:20190810041912j:plain

単一の回路基板、前景は、他の回路基板と結合すると、四重極トポロジカル絶縁体の実験的配列を形成します。 クレジット:L. Brian Stauffer

 

 

研究者たちは最近、理論物理学を使って予測された四重極トポロジカル絶縁体と呼ばれる物質の新しい段階の「人間スケール」のデモンストレーションを作りました。 これらはこの理論を検証するための最初の実験的発見です。

 

研究者らは彼らの調査結果を雑誌Natureに報告しています。

 

QTIとのチームの仕事は、トポロジカル絶縁体と呼ばれる材料のクラスの特性に関する10年前の理解から生まれました。 機械科学および工学の教授で上級研究員のGaurav Bahlは、「TIは、内部の電気絶縁体であり、境界に沿った導体であり、低電力で堅牢なコンピューターおよびデバイスの構築を支援する大きな可能性を秘めている」と述べた。 。

 

 

TIの一般的でない特性はそれらを電子物質の特別な形にします。共著者で物理学教授のTaylor Hughes氏は、次のように述べています。

 

TIは通常結晶性物質中に存在し、他の研究では天然に存在する結晶中に存在するTI相が確認されているが、確認する必要がある理論的予測はまだたくさんある、とHughesは述べた。

 

そのような予測の1つは、四重極モーメントとして知られる電気的性質を持つ新しいタイプのTIの存在でした。物理学大学院生のウラジミール・ベナルカザル氏は、「電子は物質中に電荷を帯びた単一の粒子である」と述べた。 「結晶中の電子は、双極子単位、つまり正電荷負電荷のペアを生成するだけでなく、4つまたは8つの電荷1つの単位にまとめられた高次の多重極を生成するように集合的に配置できることを見出した。これらの高次クラスの最も単純なメンバーは、2つの正電荷2つの負電荷が結合している四重極です。」

 

電子の四重極の振る舞いを制御することはもちろんのこと、原子ごとに物質的な原子を設計することは現在実現可能ではありません。代わりに、チームは、プリント回路基板から作成された材料を使用して、実用的な規模のQTIのアナログを作成しました。各回路基板には、4つの同一の共振器(特定の周波数の電磁波を吸収する装置)が入っています。ボードは完全なクリスタルアナログを作成するためにグリッドパターンに配置されています。

 

研究者は新しい形態の電子物質の存在を実証

双極子モーメントは、1次元で区切られた1つの正と1つの負の2つの電荷で表すことができます。4極子モーメントは、2つの次元で区切られた4つの電荷で表すことができます。

「各共振器は原子として振る舞い、それらの間の接続は原子間の結合として振る舞います」と、主筆者で電気工学の大学院生であるKitt Petersonは述べました。 「システムにマイクロ波放射を適用して、各共振器で吸収される量を測定します。これにより、電子が類似の結晶内でどのように振る舞うかがわかります。マイクロ波放射が共振器によって吸収されるほど、電子を見つける可能性が高くなります。対応する原子上で。」

 

これをTIではなくQTIにする詳細は、共振器間の接続の詳細の結果である、と研究者らは述べた。

 

「典型的なTIで見られるように、QTIの端は導電性ではありません。代わりに、角だけがアクティブになります。つまり、端の端は4つの局所的な点電荷に似ています。四重極モーメントとして知られているものを形成する。まさしくテイラーとウラジミールが予測したように。」

 

QTI内の各共振器がどれだけの量のマイクロ波放射を吸収したかを測定し、正確な周波数範囲で正確にコーナーに位置する共振状態を確認しました」とPeterson氏は述べた。 「これは、4つのコーナー電荷を形成するために電子によって満たされるであろう予測された保護状態の存在を示した。」

 

電子物質のこの新しい段階のそれらのコーナーチャージは、通信とコンピューティングのためにデータを格納することができるかもしれません。 「これは、私たちの「人間スケール」のモデルでは現実的ではないようだ」とHughes氏は述べた。 「しかし、私たちが原子スケールでQTIを考えるとき、おそらく私たちが達成することができる以下のスケールでさえも、計算と情報処理を実行する装置のための途方もない可能性が明らかになります。」

 

実験と予測の一致は、科学者がQTIの物理学を実用化に十分に理解し始めていることを約束するものであると研究者らは述べた。

 

理論物理学者として、ウラジミールと私はこの新しい形態の物質の存在を予測することができたが、これまでこれらの性質を持つ物質は見つかっていない」とヒューズは言った。 「エンジニアと協力することで、私たちの予測は現実のものになりました。」

 

 

https://phys.org/news/2018-03-electronic.html#jCpで詳細をお読みください。

ロシアのなんちゃって反重力理論

原子および物質中の磁気スピナー粒子(実際の磁気電荷)の研究の開始と長年の間に、著者は物理的トライアドの概念を定式化することを可能にしました。フェーズ(Energo-medium)。物質の粒子はスピノルと呼ばれ、反物質の粒子はアンチスピノルと呼ばれます。 Energo-mediumは高密度のガス状の相であり、現実世界のすべての無限の空間を自分で満たしています。それはスピンレスとマスレスの粒子 - エネルギーで構成されています。スピノル場は流れの活力(物質の場)、つまり逆流のエネルギー(反物質の場)の両方になります。電気的および磁気的スピノル粒子からなる原子状構造は、物理質量(原子、核子など)を表します。すべての種類の質量の主な特徴は、その能力が渦電磁場である重力場を放射することです。すべてのスピノル粒子は零質量であるため、個々にはできない重力場を生成します。現実の世界におけるすべての主な力は、Energo-medium、すなわちその粒子の接触- エネルギーによって実現されています。重力場を含むスピノル場、私自身は力の意味の本当のところ、持っていません。彼らは、「ダークエネルギー」と呼ばれる積極的な(電力)教育をEnergo-mediumに導入した仲介者にすぎません。 「ダークエネルギー」は、プラス、マイナス、マイナスの両方になり得ます。すなわち、人間の技術的活動に関連した前向きな「暗黒エネルギー」は、地球上の安定した気候変動の原因となっています。温室効果ガスは、私たちの惑星の気候変動の主な「原因」ではありません。しかしながら、これらのガスは、ポジティブな「ダークエネルギー」の成長を刺激し、地球上のネガティブな熱のシナリオの原因となっている不可逆的な物理的プロセスの全体的なレベルの最も単純な指標です。

 

 

 

 

 

 

1.電気および磁気スピナー粒子の物理学と実世界の物理的な三つ組の紹介

自然界におけるすべての磁場の直接の源である磁性スピノル粒子(磁気電荷)は、原子および物質の構造において著者によって実験的に発見され、2001年に出版物の中で最初に科学界に紹介されました[1]。 。構造物質への磁性スピナー粒子の関与の問題を研究することを著者に研究させた最初の実験はフェリ磁性結晶中の中性子の磁気散乱を用いた彼の実験であったことに注意すべきです[2] [3]。原子と物質中の実際の磁気電荷とそれらの電流の検出と研究に関する著者の主な実験の結果は[4][5]に与えられ、さらに彼らの簡単な注釈が与えられている。 [6]に。

原子殻の組成の磁気スピナー(著者の名前 - マグネトロン)は物質の基本的な粒子であり、それらの物理的パラメータにより電子の磁気的類似物、すなわち電子に対応する値に等しい大きさの電荷とスピンを有する。電子のようなマグネトンは負の符号(g - )の電荷を持っています。それらはレプトンのクラスに属し、そして彼の統計的性質に沿ってフェルミオンに属する(スピン1/2)。

磁性アンチスピナー、例えば、反磁性体は、マグネトロンに対する真の反粒子である。彼らは正電荷g +)を持ち、抗レプトンのクラスに属しています。統計的性質によれば、反磁性体はスピノルに関してアンチスピン(-1/2)を持つ反フェルミ粒子である。

1.この記事の執筆者を惹きつけることに成功した単なる磁性スピナー粒子(磁気電荷)の検出は、何か特別なものとして見なされるべきではありません。作者の長所は、彼が原子、物質の構造、そして一般的には物理質量(PM)の組成に磁気電荷が実際に関与していることを示したという事実だけであった。もちろん、これは非常に重要な結論です。その後、一連の身体的所見と実験が続き、最終的に著者をGravito-PhysicsGravito-Technicsに導いた[7] - [9]。磁気電荷の最初の実際の検出について話すならば、それは20世紀初頭に発見されたFelix Ehrenhaftの大きなメリットであり、それは彼の多くの信者によって繰り返されました[10][11]100年以上もの間に基礎実験の認識と妥当な結論が妨げられた理由F. Ehrenhaftは、著者の出版物[4] - [6]で詳細に議論されており、この記事で述べられています。

電気スピナーの最も有名な代表は電子です。著者の研究によると、実際のところ、電子に対する真の反粒子は、陽電子でもディラックの「正孔」でもないe +電荷を持つ真の反物質粒子である[12]。幸いなことに、実際の磁気電荷とは異なり、物質内に正電荷が存在することは現代の物理科学にとって驚くべきことではありません。原子と物質の中の正電荷の実際の状態に関する問題を解決することにおける著者の利点は、いわゆる「反物質化」ディラックの「穴」を考慮することは可能です。さらに、著者は、観測された普遍的な正電荷が真の基本粒子(アンチスピナー)の範疇に入らなかった理由を示し、そして誤った見方に従ってディラックは、現代では認識されてきた。準粒子としての物理理論、いわゆる「正孔」または電子の空孔。原子殻の電子と共に構成する磁性および電気スピノル粒子(マグネトロン、アンチマグネトンおよびアンチエレクトロン)の主な物理的パラメータは付録1に含まれています。

弱いスピノル粒子、すなわち弱い相互作用に関与する粒子の代表はニュートリノおよび反ニュートリノであり、それらは著者の刊行物において詳細に論じられている[13]。原子および物質の構造成分としての磁気スピノル粒子の著者による検出は、彼が世界の電弱粒子に加えて磁力弱粒子、例えば磁気ニュートリノが存在し得ると仮定することを可能にしたことに注目すべきである。弱い磁場を放出する。宇宙におけるスピノル場の伝播速度に依存して、それらの源、すなわちスピノ - ルおよびアンチスピノ - ルは2つのグループ(ブロック)に分けることができる:粒子は電磁気ブロックおよびブロック弱い粒子。電磁ブロックの粒子によって、すなわち電荷および磁気電荷によって放出される伝播場の速度は、光の速度に等しい。弱いスピノル場の伝播速度は、常に光速よりも速いですが、たぶん時間だけです。さらに、弱い電磁界の強度は電磁ブロックの粒子によって放出される電磁界よりもかなり弱く、これが「弱い」粒子という名前を決定しました。スピノル場とスピノル粒子の速度特性についての詳細は以下の通りです(セクション3を参照)。

長年の研究の結果、実際の磁気スピノル粒子は、作者が世界物理的トライアドの概念を定式化することを可能にしました。それによれば、現実世界は3つの基本的な段階から成ります。フェーズトライアド自給自足とその保存則は、異なるフェーズの粒子間の相互変換を禁じます。例えば、物質の保存則は、あらゆる物質前の粒子の存在を排除します。マテリアルパーティクルは、多かれ少なかれ有意な含有量を持つマターパーティクルに含まれることができます。すべての材料粒子はスピノルおよび反材料粒子 - アンチスピナーです。スピナーおよびアンチスピナーは一般タイトルと呼ばれる:スピノ粒子。粒子アンチマターは、実際のスピノー粒子、すなわち世界の荷電粒子の約半分を構成しており、物理的表現におけるそれらの欠如は、それらの物質内での保持またはそれらの閉じ込めの条件の物理学によって決定される。反物質の保存の法則は、現実の世界における反物質の保存の法則に答えて、フィジカルトライアドの他の段階の粒子における変形アンチスピナーの可能性を排除します。対消滅の過程:スピノ - アンチスピノ - ルは、力「暗黒エネルギー」によるこれらの粒子の相互への強い圧縮(圧迫)を伴い、そして原則として、粒子の屈辱をもたらさない。そのようなプロセスにおいて可能な変換は、例えば、それらの中に多量または少量のアンチマターを有する他のアンチスピナーにおけるアンチスピナーのみである。

Energo-phase
Energo-mediumPower-mediumEn-medium)は世界的な世界規模のフェーズであり、現実世界の粒子と質量に対する力の作用のすべての主要な行為を実行します。 Energo-mediumは高密度のガス状の相であり、現実世界のすべての無限の空間を自分で満たしています。それは、スピンレスおよびマスレスの粒子 - エネルギーから成り、それらはその性質上、物質または反物質とは関係がない。エネルギーは非常に小さく、光の速度に近い速度で全方向に移動します。2つのタイプ、つまり左(εL)と右(εR)のエネルギーのみがあります。これは、それぞれの回転の適切な方向と関連付けられる必要があります。 。 Energo-medium内のエネルギーの一般的な状態は、二重に縮退していると判断されます。エネルギーの超高移動度は、この媒質が基本(乱されていない)状態にあるとき、粒子と質量がEnergo媒質中で比較的自由に動くことを可能にします。大きさのエネルギーの非常に大まかな見積もりによると、d∈ <10−35cmおよび密度Energo − mediumρ∈> 1090のエネルギー(cm 3)である。後者の値は、伝統的なエーテルの粒子と密度媒体を提供するデータに従って与えられています[14]

2.エネルギー、すなわちEnergo-phaseの粒子が動きを止めると、惑星や星を含むすべてのスピナー粒子と大衆は静的な世界環境で「コンクリート化」されるだろうと仮定することができる。そのようなシナリオは「宇宙のエキゾチックな死」という用語で定義できます。幸いなことに、これはあり得ない。

Physical Triads
の概念によると、Energo-mediumがその粒子の接触圧力を介してスピネル粒子に、したがって質量(物体)に作用させることによって、実世界で作用する主力。 「暗黒エネルギー」の力と呼ばれる、エネルギー段階で実行される粒子と質量に直接作用を強制します。それらは、粒子 - エネルギーによって作り出された局所的圧力のゾーンの形で、Energo-メディアにおける非平衡状態の場を表します。 Energo媒体における「暗黒エネルギー」の形成は、スピナー場、すなわち荷電粒子の場によって行われる。そうすることで、重力場を含むあらゆる種類のスピノル場は有意な力の値を持たない。それらは、Energo-mediumのエネルギー状態に影響を及ぼし、その中に「ダークエネルギー」の形成を誘導する仲介者の役割を果たすだけです。すなわち、「ダークエネルギー」は本当の力率であり、宇宙の規模(銀河、星、惑星や他の物体の移動)として、そしてミクロコズム(例えば、原子や核子のように、物理的な塊の中にある粒子は、

Energo-medium
とその粒子 - エネルギーの歴史的プロトタイプとして、著者はLe Sa​​geG. L.1784[15]によって示唆された環境「世界の粒子」に注目します。これらの粒子は、既存の説明によれば、未知の性質の粒子であり、非常に小さく、高速であらゆる方向に移動し、物質による吸収が不十分です。ル・セージによれば、2つの物体の間には「世界の粒子」の流れを遮蔽する効果があり、それは重力を表す力の作用の下で物体を互いに押し付けるための条件を作り出します。著者の出版物[13]では、重力相互作用の枠組みにおける身体の圧迫は真実であることが示されているが、それはLe Sa​​geによる解釈とは異なる理由によるものである。構造的な形とEnergo-mediumのいくつかの徴候によって、その粒子が物質に結び付けられていないエーテルを長引かせることを思い出させる。しかし、それらはあらゆる種類の材料粒子の元の「建築材料」であり、それらの動きが力場の基礎となっています。しかしながら、Energo-mediumEtherの間には多くの根本的な違いがあります。したがって、Energo-mediumは自己完結の法則の枠組みの中で実行される自己完結型の世界的フェーズであるため、Energo-mediumの粒子はMatterにもAntimatterにも還元されません。エーテルの粒子は、運動の1つの形態、すなわち前進運動のみに起因するのに対し、Energo媒体中の粒子の動力学は、線形のsoおよび角モーメントの両方によって特徴付けられる。後者の状況は、Energo媒体中および従来のエーテルの媒体中で、荷電された、すなわちスピノル粒子により生成された場の形態および性質における実質的な相違を決定する。

現在の理論的アプローチで広く使用されているものとは大幅に異なるEnergo-mediumとは異なります。後者は多くの場合、実際の粒子を除いて量子化された場の最低状態として表されます。実際の粒子が存在しない場合、実際のパルスは存在しない、すなわち、媒体自体および物理的真空の場のように、「エネルギー」の概念が消滅する。

もう1つ注意が必要です。そのため、Energo-mediumは世界的に活力のあるキャリアであるため、その基本的な特性は必然的にその名前に反映されなければなりません。

1は、現実世界のフィジカルトライアドの図を示しています。これは、「物質」、「反物質」、および「エネルギー媒体」という3つの基本フェーズで構成されています。スピナー、アンチスピナー、およびエネルギーは、Triadの図表粒子に示されています。図1で注目されるように、位相Triadsからのそのような導関数はスピノル場と「暗黒エネルギー」としてのものです。

この計画の外では、両方のスピノル粒子からなる凝縮物、すなわちスピノル場からなるいわゆるエネルギー凝縮物が残った。スピノル粒子からなる凝縮物は、2つの古典的なグループに分けることができます:重力形成構造(GFS)または物理質量と重力非形成媒体(GnFM)。著者によると、グラビト非形成媒体の最も顕著な例は、ブラックホールとして機能することができます。スピネル場のみが存在する組成の純粋なエネルギー性凝縮物の例は光子である。 Physical Triad real worldの詳細な概念は、著者の本の2つの版に含まれています[13]

2.物質内の磁荷とすべてのアンチスピナーの物理的閉じ込めは、物理科学によって無視されている主な理由です。

上記のように、自然界のすべての実スピノル粒子の約半分を構成する真の磁性スピノル粒子、および電気的アンチスピノル粒子、すなわち真の反電子線は、物理学では認識されていない。これは、原子や物質の中に閉じ込められていることを意味します。たとえば、電子の閉じ込めとは根本的に異なります。基本粒子の仮説閉じ込めはハドロン内のクォークの保持を説明するために、そしてまた自由クォークの探索における否定的な結果を説明するために提唱された。クォークよりもはるかに多くの根拠を持つ閉じ込めの概念は、保留磁気の電荷と原子や物質中の本当の反電子の上で拡張される必要があります。
彼らが物質から自由に出るのを禁止する。物質中の磁性スピナー粒子および真の反電子の閉じ込め条件は、ハドロン中のクォークの閉じ込め条件よりも実質的に柔らかいことに注意すべきである。一方、物質内の反電子および磁気電荷は、(電子の閉じ込めと比較して)実質的により硬い(閉じ込め)状態にある。

2は、物質の凝縮状態における電子、磁荷および反電子の準位のエネルギースケールでの配置を示しています。電子レベルが潜在的なピット内に位置し、自由状態で電子から出るためには、例えば加熱によって物質の内部エネルギーを増加させることが必要であることはよく知られている。

電子とは異なり、反電子のエネルギー準位、および磁気電荷の準位は潜在的にキュポラのもとにあり、自由状態を実現するためには、これらの粒子物質を冷却する必要があります。そこでの冷却の深い段階は、おそらく超伝導体としての磁気スピナー粒子、および反電子の超伝導体格子との結合がない状態への転移の証拠である超伝導効果を生じる。この場合、電流線の周りを回転する自由な磁荷は超伝導体の周りの格子との摩擦を受けないので、電流は抵抗なしに超伝導体を通過する。内部エネルギーが増加するにつれて、物質は(熱、放射線などによって)より高いエネルギーレベルで磁気電荷の転移を実現し、これは常に導体の電気抵抗の急激な増加を伴います[5][6][ 12]

このように、「制裁」の下で、すなわちキュポラの下で(図2参照)、原子殻の4つの成分からなる3つの真のスピノル粒子、すなわち電荷g-g +を持つ一対の磁性粒子と電荷を持つ反電子e +。原子殻内の粒子電荷の値が条件e = gを満たすことを思い出してください。逆説的に言えば、これら3つの本物のスピノル粒子は現代の物理科学ではまだ認識されていません。実際の磁荷は、磁気モーメントのような理論的補綴物によって「補償された」。真の反電子の理論的な「運命」、すなわちアンチ物質の実際の粒子は、誤った概念の電子空孔または「正孔」の下にこの粒子を「埋めた」P.ディラックによって「解決」された。結局のところ、現代の物理理論の信じられないほど複雑な状態なのでしょうか。
著者の刊行物[1] – [9]およびこの論文(第4節参照)にも示されているように、原子の殻は実際には電子ではなく、電気的および磁気的スピノル粒子で構成されている。原子殻内の電荷と磁気電荷の合同軌道電流は、渦電磁場である重力場の源です。このように、原子殻に適時に磁気電荷を導入することは、重力症状に関連した多数のそして壮大な妄想を回避するであろう。

3.物質と反物質のスピノル場[13]

ピノル粒子によって生成されるスピノル場は、粒子の性質に応じて、物質と反物質の分野に分けられます。本稿ではこれらの分野の統一名として、「スピノル分野」という用語が使われていますが、これは「電荷の分野」という用語と同義です。物質の場は、それら自身の線形と角度のパルスによって分極されるエネルギーの流れを表します。場の源物質はすべてスピノルと呼ばれる物質粒子です。したがって、フィールドあなたが定義することができます重要なこととスピノルのフィールドとして。用語:「スピノル」、「アンチスピノル」および「スピノル場」は、それらの回転動力学によって決定される粒子のスピンのようなものから得られる。スピン(角度) - 回転。スピンは渦ベクトルとして表され、その値はスピノル粒子の適切な回転の角速度によって決定されます。スピノル粒子のダイナミクスのもう一つの重要なパラメータは、それらの回転の方向です。このパラメータは直接スピンに関連しているわけではありませんが、彼は物質と反物質の粒子の非常に重要な本質を決定します。スピノル粒子は、実際のスピノル場である教育の流れや逆流のエネルギーを使って、粒子とエネルギー相互作用します。このようなプロセスでは、スピナー、すなわち物質の粒子は、流れ場におけるエネルギーのパラメータ、すなわちそれらの線形パルスと回転タイプを決定する自然な飛行時間セレクタ、回転ダイナミクスおよび自然タイプの役割を果たす。 εLまたはRait-εR)スピンベクトルの大きさ(モジュール)に依存して、すなわちスピノルの回転の角速度に依存して、物質の場は2つの目的、電磁(EM)と弱いとに分けられる。電磁界電磁界などのよく知られた電磁界。スピノル、すなわち電磁界の発生源である物質は、例えば電子およびマグネトロンであり、それらは関連するアンチスピノルと共に電磁殻原子を構成する。 EMオブラストの紡錘体は、ミニ電子およびミニマグネトロンのような粒子を含み、これらはEMシェル核子の構成要素であり得る。

さまざまなスピノル場におけるエネルギーの速度特性を考えてみましょう。図3は、Energo-mediumの主状態における線速度に対するエネルギーの確率スペクトルを示しています。 Iとして指定されたスペクトル上の線は光速(条件:u∈ = c)に対応し、電磁オブラストの場を形成する群エネルギーを定義する。これらは電場と磁場で、知られているように光速で空間に分布しています。スピネル場の組成におけるエネルギーの数線Iの右側のスペクトル上に位置するそれ自身の線速度は、弱いスピノル場を形成する。弱い場を放出するスピノルは、例えば、ニュートリノという物質であり、それはやはり弱いスピノルと呼ぶことができる。弱いスピナーは、EMスピナーよりも大きいスピンベクトルISIの大きさによって特徴付けられます。これは、それら自身の回転の大きい角速度に対応します。したがって、Energo-medium(空間)内の弱い場の速度は光速を上回りますが、ほとんどの場合はそうです。スピノル場の伝播速度はその源の並進運動の最大可能速度であるので、例えばニュートリノのような線形速度は光速を超えることができる。すでに述べたように、弱いスピノルはサイズが非常に小さく、例えばニュートリノの場合10-21 - 10-23 cmと評価されます。しかし、そのサイズが小さく、強度が弱いにもかかわらず、ニュートリノのような弱いスピノルは、中性子のように、素粒子の世界のそのような巨大なものの破壊を開始することができます。それらがエネルギーとの相互作用の性質から、それらは2つのグループに分けられるという事実に注意を払う:エレクトロスピナー、左のエネルギー(εL)を含む磁場と右のエネルギー(εR)を含むマグネトスピナー。光速でEnergo媒体中を伝播する左右の流れのエネルギーは、それぞれよく知られた電場および磁場である。

彼らの刊行物[13]において、著者は、エネルギーとスピノル粒子の相互作用において、別々に、これらの相互作用に関与する粒子の線形インパルスと角度インパルスの両方の法則保存の実践に入れて実行されることを強調する。したがって、線形パルスの励起がスピノル粒子の線形ダイナミクスの原因となる場合、角度パルスは、自然界におけるスピノルおよびアンチスピノルの回転ダイナミクスの原因となります。

アンチスピナー、すなわちアンチマターの粒子を形成しているアンチマターの分野をさらに考察する。スピノル、すなわち物質の粒子は、物質の場を表す偏極したエネルギーの流れを放出することを思い出してください。物理科学における流れエネルギーの形成(誕生)の過程は、電界の負電荷源、すなわちスピノルと関連している。

反物質の分野は物質の分野に関連して反磁場であり、流れの活力の偏光解消または消滅の過程で現れ、スピナーは物質の分野の形で放出されます。かくして、スピノルが流れの分極されたエネルギーの極であるならば、アンチスピノルは対極、すなわちそのような流れを排出または破壊する。フィールドアンチマターは、マターのフィールドと相関する場合、反フィールド分極エネルギーとして定義することができます。

マターとアンチマターの分野の相互関係は、図4に描かれている電気的ビスピノールまたはスピノル電気双極子の例を検討するのに便利です。ここでは、飛行時間セレクターの役割におけるスピノル(電子)をカットします粒子のスペクトルから、エネルギーの流れは、エネルギーの流れを直線的で角度のあるインパルスに沿って偏光している。この流れはスピノル場であり、この場合は電界である。最大磁束密度エネルギーρε(Nε)またはスピノルによって放出されたスピノル磁場の強度は、スピノルからの出口であり、アンチスピノルの入口ではゼロに等しい。

このような場は、流れ場スピノル内の負の密度勾配分極エネルギーによって決定される。すなわち、r0は、ベクトルスピナーSspを回転させる方向の単位ベクトルである。アンチスピナーは

すなわち、それらは、そのような流れのような反セレクタの役割を果たす、最大の反密度密度は、反尖端からの出力で観察され、そして最小は紡糸口への入口で観察される。アンチスピノルの場は、流れの中の正の密度勾配分極エネルギーと

ここではスピンベクトルSasの方向の単位ベクトルです。電気ビスピノルの場合について、エネルギーの密度流と逆流の比、すなわち物質と反物質の場の関係張力を図4に示す。

抗棘物質の分野の上記の説明に関連して、これらの分野は「船外」に深刻な科学的注意を払ったままであることに留意すべきである。電場などの物質の分野が科学や技術でよく知られている場合、現代の物理理論の反物質の分野は欠けているか、存在するのであれば暗黙的に存在します。しかしながら、正電荷を帯びた粒子(電荷)の相互反発の影響についての学童でさえそのような反発の事実は場の陽電荷、すなわち反物質の場の存在の明確なサインである。
重要なのは、アンチマターの分野の現れがマターの分野への影響に限定されないことです。スピノルとそれらの分野がない場合、アンチスピナーはそれらのエネルギーを組成Energo-mediumで偏光解消し、それが物質の適切な分野を形成する可能性があります。

アンチマターのフィールドやアンチフィールドのような物理学的概念の紹介は、スピノル粒子とスピノル場に適用されるパリティの概念を拡張することを可能にします。 Matterの自然マイナス記号のフィールドとAntimatterの自然なプラス記号のフィールドに割り当てると、これらのフィールドの関数のプロパティは、空間的反転、つまりその符号の反転などの条件を満たします。

4.物理質量の本質。渦巻:磁気と電磁(重力)場と重力浮揚

2001
年([1])以来、著者はすべてのメッセージの中で、物理質量、例えば原子や核子は、4つの独立した基本粒子からなる電磁気スピナー構造であると説明しようとしました。それらに対応するアンチスピナー。この四分体がなければ、物理量は形成できません。すべての種類の物理質量の主な特徴は、放出重力場に対するそれらの能力です。つまり、物理スピネル粒子の原子や物質への閉じ込め(物理的なスピネル粒子として)、そして電気的アンチスピナーとしての真の反電子は「生きている」こと、そして実際には「生きている」ことに注意してください。著者によると、後者の状況は、ヒッグス場の量子であるヒッグスボソンの有名な「神」の発生を決定した。まったく同じヒッグス場は架空のものであり、もっぱら数学の「供与者」であるMass in Natureです。ミサは原子形の構造を形成する際の共同参加の結果であるため、スピノソとしてのスピノ粒子およびアンチスピノルはすべて零質量である。零質量は、電気的および磁気的スピノル粒子、例えば電子およびマグネトロンだけでなく、弱いスピノル粒子、すなわちあらゆる種類のニュートリノでもあることを強調することも重要である。スピノル粒子の質量は、電気的または磁気的(電磁的ブロックスピノル粒子)、あるいは電弱および磁気弱(ブロック弱いスピノル粒子)を放出する能力を持っているため、絶対におかしなことです([1]を参照)。 ] [5] [12])。質量は依然として重力形成構造と呼ぶことができ、それは電気的および磁気的スピノル粒子、すなわち電磁単位の粒子によって形成される。重力場は電磁場であるため、光速でのみ空間内を伝播できることを理解するのは難しくありません。
ミサと、例えば、完全に異なる物理的カテゴリーのことを強調することが重要です。 World Physical Triadの基本フェーズとしての物質は、電磁気ブロックとしてすべての物質スピノル粒子(スピノル)を含み、弱い粒子をブロックします。すべての種類の質量は物質と反物質的なスピノル粒子で構成されているので、物質の質量を帰属させることは定義上正しくありません。それで、例えば、物質の粒子として陽子や中性子を呼ぶとすれば、それは全く間違っている。なぜなら、核子は質量の種類だからである。

観察された全ての様々な物理的質量は、いわゆる電磁気ブロックの粒子の形成、すなわち電気的および磁気的スピノル粒子によるものであることに留意されたい。そのような質量は電磁質量と呼ぶことができます。電気的および磁気的な個々のスピノル粒子に関しては、それらもすべて零質量であるため、(やはり)質量はそれらの共通の構造的組織の結果である。したがって、例えば、電子は零質量のスピノル粒子であり、「神」を含むボソンは何も変わらない。彼自身の実験の結果[1][5]および他の研究者の研究に基づいて、著者は現代の物理的概念の観点から結論として非常に珍しいことになった。粒子は、常に考えられているように、電子的ではなく電磁的です。この場合、原子構造中の磁性スピナー粒子の数は電気的な粒子の数にほぼ等しい。それは原子の電磁殻が重力場の自然な源(発生器)であるということです、それは実際には渦電磁場です。重力場の基本的な源は電磁スピナー準粒子であり、それはその作者のs-グラビトンの名前を受けている(engl。源からのs)。 s重力子の組成において:2つのスピノル(電子とマグネトロン)と2つの対応するアンチスピノル比喩的には、s重力子は1原子軌道に対して逆位相で回転する電気的および磁気的ビスピノル(ビスピノルこの連結スピノル対:スピノルおよび対応する彼のアンチスピノル)のコピュラの形で表すことができる。この準粒子は、逆位相で回転する2つの関節軌道の電流と磁流の形で表すこともできます。コヒーレント渦電磁気流またはs重力の上記モデルは、数学的形式で次のように書くことができる。循環)流れ。

そして、s重力による重力場形成の過程の方程式は次の形で表すことができます。

1

ここで、EHは渦電磁場(重力場)の組成における電場と磁場の瞬間強度のベクトルで、kは比例係数です。プロセスの重力場形成の上式に入れられたマイナス記号は、軌道電流の逆位相の逆電荷および磁場の両方に対応し、重力場のあらゆる点における電場および磁場の瞬間強度のベクトルの逆平行配向に対応する。上記の式(1)から分かるように、重力場は渦の電磁場であり、それは大きさが等しく、各点の方向が反対である方向強度ベクトル(EおよびH)の電場および磁場の変化によって特徴付けられる。 。渦磁場とは異なり、そのすべての点はHの瞬間強度の1つのベクトルによって答えられ、基本重力場のすべての点は値が等しいおよび互いに逆平行に配向されたEおよびHの場の瞬間強度の2つのベクトルによって答えられる。磁場(a)と重力場b)の間のベクトル - 渦のアナロジーを図5に示します。

さらに、図5は、渦磁場が回転する磁気ビスピノールの、または回転するスピノーリック磁気双極子の積であることを示している。基本重力場の源は、動的EM−ジスピスピナー、すなわち原子軌道上を逆位相で循環する2つの組み合わされたビスピノール(電気的および磁気的)としてまだ定義され得る重力である。図5には、古典的なプロセス形成式の磁場および電磁(重力)渦場も示されています。 := 0常磁性と同様に、常重力場PGF)と呼ぶことができます。

重力場を放出する質量(物体)間には、よく知られた引力または重力が実装されています。強重力場を放出する物理的な質量は、例えば地球からのような、重力源からのパラ重力場を推進するであろう。そして、それは著者現在の記事の重力浮揚効果(GLE[16]によって開いている。以下に、著者によるこの記事では、重力浮揚効果が、温室効果ガスと呼ばれる水素、CO2CHO3CH4、水蒸気などのガスとして現れることを示します。気体が飛翔または重力浮揚する能力を決定する物理的な原因は、分子と地球の間で形成される「暗黒エネルギー」です。

4超電導体中の磁荷とその電流を用いた実験の結果、彼は技術的な重力場を生み出すための技術を開発することが可能になるだろう。技術的な重力場およびそれによって形成される重力浮力は、輸送、揚力および宇宙工学、電力工学、ならびに多数の重力物理学および重力化学技術において使用することができる(出版物の著者[7] - [9])。

いわゆる磁性原子(Fe、Co、Niなど)の殻の外側の軌道上に存在する磁性ビスピノルは、いわゆる原子磁気モーメントのキャリアであり、すべての既知の磁気モーメントの原因であることに留意されたい。原子における現象。

渦磁場の形成過程と完全に類似して、渦ベクトルrot Eによって表される渦電場が形成される。この場合、そのような場の発生源は、次の成分を有する回転電気ビスピノールである。例えばスピノル、電子とそれに対応する彼の本当の反物質的粒子 – 真の反電子子である反棘子。上記のすべてから得られる主な結論は、原子および物質中の正電荷が実際にはそれらの自然の正電荷を持つアンチ物質の真の粒子であるという著者の主張です。電気的アンチスピナー、例えば実質的にアンチエレクトロンディラックの「正孔」でも陽電子でもないことを強調することは重要です。付録IIには、定常(定常)過程の場合、すなわち時間に依存しない場合について、実際の磁気電荷を含むすべての古典的な電磁気方程式が列挙されている。

地球上の気候変動の過程におけるスピノル場と「暗黒エネルギー」

ここで、重力場を含むすべてのスピノル場が粒子や(体の)質量に作用する重要な要因ではないという著者の重要な結論を述べましょう。スピノル磁場の枠組み内でのエネルギーの数、すなわち粒子のエネルギーは、その一部であり、これはスピノル磁場の出現がある空間の容積にある。著者の本で与えられている、ボリュームEnergo-mediumにおけるそれらの総含有量との関係で、スピノル場の組成における量的な関係の活力の詳細な分析。[12] [13]

しかしながら、スピネル場は、高密度のEnergo-mediumのために、彼女の作品の中に「暗黒エネルギー」と呼ばれる活動的な(力の)ゾーンの形で直接的な物理的影響を与える散逸エネルギー密度を生み出すことができます。 (体の)粒子および質量に対する圧力)。言い換えれば、スピノル場は「起爆剤」の役割を果たすことしかできず、その下では重要なパワー値を持ち合わせていません。しかし、そのような「爆発物」上の「起爆剤」にさらされると、「Energo-medium」を担う役割が実行され、物質上の物質、すなわち反物質、すなわち物質に対しての「暗黒エネルギー」の力作用の強力な作用そして大衆。

その影響下で形成されるスピノル場と「ダークエネルギー」の電力容量の比率を推定するために、電気油圧キックとして技術で知られているプロセスを考慮することは有用です。このプロセスは、「ダークエネルギー」の形成メカニズムと、粒子や物体に対する彼女の力の作用のモデルの類似物です。このプロセスの概略図が図6に示されており、ここではカバー2内に2つの電極3および4が取り付けられている高強度容器1が示されている。
容器の底部に、マトリックス5およびシート材料からの金属ブランク6を配置した。完全に液体で満たされている容器内の強力な放電の電極間に実施すると、高い水圧(ハイドロキック)が生じる。ハイドロキックが金属素材に強い衝撃を与えた結果、母材に押し付けられ、超硬質材料でもコピーが可能になりました。容器内に液体が存在しない場合、それ自体が電極間の放電が金属ブランクに大きな影響を及ぼさないことに留意することが重要である。上記のモデルの類推では、電気アークがスピノル場の役割を果たし、容器を満たす流体がEnergo-mediumの役割を果たし、水圧が「ダークエネルギー」の役割を果たします。 「ダークエネルギー」の種類や名前はスピノーフィールドの性質によって決定され、その形成を促します。例えば、「暗黒エネルギー」は、その形成が静的スピノル場によって引き起こされるものであり、静電気的または静磁気的な「暗黒エネルギー」と呼ばれるべきである。 「暗黒エネルギー」が誘発する動的スピノル磁場の形成は、動的「暗黒エネルギー」と呼ばれるべきである。後者は、例えば、導体を通る電荷の直流の通過を伴う渦磁場(rotH)の影響下で形成される磁気力学的「暗黒エネルギー」を含むべきである。動的は、明らかに、重力場によって引き起こされる「暗黒エネルギー」と呼ばれることができます。

ダークエネルギー」のもう一つの非常に重要なパラメータは、これが彼女のサインです。 「ダークエネルギー」は、プラスとマイナスの両方になり得ます。彼女の徴候は、Energo-mediumの平均的な地域内エネルギーレベルに関連した、州内の「暗黒エネルギー」における勾配的なエネルギー圧力の徴候に依存している。したがって、ポジティブな「ダーク」を定義することは可能です。

「エネルギー」の条件として、およびゼロ以上がエネルギー平均のエネルギー密度の平均地域レベルを採用する場合はマイナスとなる。したがって、スピノル場の性質や構造構成が異なると、Energo-mediumの構成にさまざまな兆候の「暗黒エネルギー」が誘発され、彼女のエネルギー圧の局所レベルの増減が反映されます。

7には、シナリオに対応する力の図が示されています。異なる符号の電荷を帯びた電気粒子間の負の「暗黒エネルギー」の形成(7a)と、電荷の粒子間の正の「暗黒エネルギー」の形成同符号(7b)。上記のように、これらの「ダークエネルギー」は静電的な「ダークエネルギー」と名付けられなければなりません。

ピノーフィールドの前述の分析および著者による正および負の「暗黒エネルギー」の概念の導入に関連して、エネルギーへの影響の異なる性質を担う、スピナーフィールドの開放および閉鎖の概念を導入することが必要である。エネルゴミディアムの状態。開いた、または相互に補償されていないスピノル場は、ビスピノールのようなスピノル形成には存在しない粒子を生成します。オープンスピノルフィールドと呼ばれる。彼らの相互反発は、電子間が正の「暗黒エネルギー」を実行していることの証明であり、その力が彼らの反発を実行することを実行している。閉じた、または補償されたスピノル場は、ビスピノールの枠組みの中で実現される場であり、ビスピノール場と呼ばれます(図2を参照)。閉じたスピノル場は静的であることができ、すなわち静的なビスピノールによって形成され、動的なことによって動くことができ、より頻繁には回転するビスピノールによって形成されることができる。例えば、閉じたスピナー場は重力場であり、渦電流は導体の周りに一定の電流で発生します。閉じられたスピナー場の際立った特徴は、減少したエネルギー圧力を有するエネルギー中胚葉において誘発するそれらの能力、すなわち負の「暗黒エネルギー」の領域である。 2つのいわゆる「重力」原子の間または1対の物体の間には、負の「暗黒エネルギー」の領域があります(図8b)を参照)。そのようなゾーンの形成の結果として、現代の物理理論においてそれらが相互の重力引力として定義されるように、原子または物体を互いに圧縮(圧縮)するプロセスが実行される。ただし、最後のプロセスから、非常に重要な例外があります。前のセクションで述べたように、ソース間のパラ重力場とフェロ重力場は著者の重力浮揚効果によって発見されて実装されています。最も強力な源となる重力場は地球です。重力浮揚効果の実施に関与する源である重力場は、例えば、いわゆる温室効果ガスである。このように、温室効果ガスと地球の分子の間には、ポジティブな「ダークエネルギー」のゾーンが実装されており、それが私たちの惑星の熱収支の変化に寄与しています。図8a)は、2つのコース間でポジティブな「暗黒エネルギー」が形成された状況を示しています。そのうちの1つはパラ重力場を放射し、もう1つはフェロ重力場を放射します。ここでの源となる重力場は地球であり、源となる重力場は水素原子です。この場合に形成される「暗黒エネルギー」は、所与の対における重力場の発生源の反発をもたらす。本稿で上述したように、この重力場および強重力場の発生源の斥力は重力浮揚の効果である。

粒子と質量に対する「暗黒エネルギー」の形成と影響に関する上記のすべては、地域的および地球規模のEnergo-mediumの変化の尺度としてエントロピーに関連しているかもしれません。最後の結論は、気候変動の問題に関連して地球の領域におけるエントロピーのレベル(エネルギー圧力のレベル)の可能な調整の実施の観点から特に重要である。技術的な人間の活動は、通常は環境内の不可逆的な物理的過程を伴い、これがより高い濃度の「暗黒エネルギー」を生み出し、エントロピーの増加につながります。 CO2O3CH4などの温室効果ガスは、それ自体が地球上の熱収支を変化させる主な「有罪」ではないことに注意することは興味深いです。彼らはこの過程に一定の貢献を加えているが、それだけでは地球規模の気候変動を生み出すことはできない。しかし、これらのガスは、ポジティブな「暗黒エネルギー」の成長を刺激する、いわゆるオープンスピノル場の形成に伴う不可逆的なプロセスのレベルの正しい指標であり、気候変動の本当の原因です。温室効果ガスが、燃焼、爆発、高温反応、化学技術などの技術的プロセスで生成されることは簡単にわかります。

原子力施設による「ダークエネルギー」の発生に注目しましょう。核反応の結果として「温室」出口がないという事実は、これらの反応が「製造」ポジティブな「ダークエネルギー」から解放されているわけではなく、したがって成長から地球環境の熱成分であるという意味ではありません。 。

このセクションを締めくくる際に、作者は地球環境におけるポジティブな「ダークエネルギー」のレベルを絶えず改善するいくつかの「法外な」技術だけを示していることに注意してください。非常に重要なのは、ポジティブな「ダークエネルギー」の形成への貢献度を特定するための、これらまたは他の技術的プロセスの詳細な分析です。

著者による研究によれば、組成物中のスピノル粒子の順序を侵害し、構造質量(原子、核子、物質など)を破壊する世界のすべての物理的過程は、正の「暗黒エネルギー」の形成を伴う」逆に、ビスピノールやあらゆる種類のミサの形成に至る過程では、負の「暗黒エネルギー」が発生します。

それに加えて、「温室効果ガス」は、重力ポジティブな「暗黒エネルギー」という教育を通じて地球上の気候変動に関与していることに注意することが重要です。これは、重力浮揚効果の明白な表れです。
6.
まとめ

原子および物質の実際の構造成分としての磁気スピノル粒子(磁気電荷)の解明、ならびにそれらの重要な物理的パラメーターの決定は、著者が彼の長年にわたる実験的および理論的研究(1969年から現在まで)の主な結果と考える。 )一定の電流で導体の周りに磁場が形成される過程のメカニズム、重力場の物理、物理質量の構造的な構成、原子の電磁気装置の殻、その他の物理的な状態や症状が明らかにされています。単純な物理的論理とモデリングによる上記の主な結果の基礎。磁気スピノル粒子とその場、基本的な物理的表現のシステムにおけるその欠けているリンク、それなしでは現実の世界の物理的な絵を理解することは不可能です。上述したように、実際の磁気電荷の公認140年に拘束されそしてそれらに関連した重要な技術的応用の主な理由は、原子および物質中の磁性スピナー粒子および電子の保持(閉じ込め)の物理学における根本的な違いとしてである。そうそして電磁気学の悪質な概念JC Maxwell [17]。この概念の枠組みにおいて、マクスウェルは、電流と共に導体内で起こる実際の物理的過程についての知識がない場合、任意の決定が彼自身の源、すなわち磁極(磁荷)の磁場を奪った。マクスウェルの誤った電磁気学の概念のために、主に、磁荷は「生きていて埋められ」、それらが放出する磁場は、電気の理論的な「流産」に変わりました。その上、「残酷な冗談」は物理的にスピノル粒子を閉じ込めるという物理学を演じた。例えば正の電荷(本当の反電子)を使って、PDiracによる出願[18]では誤って「穴」と認識された。または電子的な欠員。
原子や物質の中の本当の磁性スピノル粒子の研究といわゆる電子空孔または「正孔」の自然な状態の解明は、原子の殻が電磁気である、すなわちからなるという考えを強化することを可能にしました。電気および磁気スピノル粒子次の重要なステップは、現実世界のフィジカルトライアドの概念の作者による形成でした。フィジカルトライアドの概念を使用して、著者は、実際のスピノル粒子MatterおよびAnatteratterの物理学、およびEnergo-mediumのスピノル場の形成プロセスのメカニズムに関連するものなどの質問に対する明確な答えを得ることができました。 。非常に重要なのは、本物としての反物質の存在と物理的トライアドの独立した構成要素についての著者の結論です。反物質反物質はまったく異なる物理的カテゴリです。物理的表現における「不在」の反物質とその粒子(アンチスピノーサー)は、磁性スピノル粒子の「不在」と同じように、まず第一に、原子と物質における閉じ込めスピノル粒子の物理学によって引き起こされます。

著者が考案し、本稿で説明した物理学の応用のある例として、地球の気候変動の過程において、人間の技術的活動を引き起こした積極的な「ダークエネルギー」の実証的役割があります。著者は、「ダークエネルギー」の形成過程のメカニズムと、宇宙規模やミクロコズムのように、粒子や質量に対する地球規模の力の影響におけるその役割について考察しています。技術的な人間の活動によって引き起こされ、地球の熱環境に直接影響を与える実際の物理的要因は、オープンスピナー場とそのような場によって引き起こされる正の「暗黒エネルギー」です。

温室効果ガス排出量に関しては、それらはEnergo-mediumがポジティブな「ダークエネルギー」を汲み上げるいくつかの要因のうちの1つにすぎません。 地球の気候のマイナスの変化を決定します。

5.実際の磁気を帯びた一般物理学の主な規定は、International PIERS 2009 Moscowの会議で報告された(Progress in Electromagnetics Research Symposium [19] [20])。

付録I

原子殻の電子と共に構成する磁性および電気スピノル粒子(マグネトロン、反磁性体および反電子子)の主な物理的パラメータ。

電荷:マグネトロン(磁気スピナー)とアンチマグネトン(磁気アンチスピナー)は磁気電荷gを持ち、その値は電子電荷の値と等しい(g = e)。著者の研究は、基本的な磁性スピナー粒子の最大の可能性のある電荷が電子電荷に等しいこと、すなわちg max = eであることを示した。

電荷の符号:電子のように、マグネトロンは符号「マイナス」(g-)で帯電しています。反磁性体は正の磁気電荷g +)を持っています。

質量:電子のように、マグネトロン、アンチマグネトロン、アンチエレクトロンは、質量のない粒子です。なぜなら、物理的な質量は、電気的および磁気的スピノル粒子の結合構造「活性」の結果であるためです。

素粒子の種類:マグネトロンはレプトン反磁性体と反電子子は反レプトンです。

統計的性質:マグネトロンはフェルミオン(スピンが1/2)であり、反磁性体と反電子 - フェルミオン(スピンは-1 / 2)です。

物理的トライアドの位相との関係:電子とマグネトロンは物質的な粒子であり、すなわちそれらは物理的トライアドの物質相である。反電子と反磁性反物質の粒子です。

 

 

[1]
Sizov, R.A. (2001) New Presentation of Nature Magnetism, Gravitation and Nuclear Forces of Bonding (Experimentsand Theory). Akademizdat Center “Science”, Moscow.

[2]
Sizov, R.A. (1970) Solid State Physics, 12, 2869-2875.

[3]
Sizov, R.A. (1971) Journal of Experimental and Theoretical Physics, 60, 1363-1370.

[4]
Sizov, R.A. (2005) Magnetic Elementary Particles as Stable Structural Components of Atoms and Substance (Experimentsand Theory). Akademizdat Center “Science”, Moscow.

[5]
Sizov, R.A. (2008) Electric and Magnetic Spinorial Particles as Structure-Forming Components of Mass and Electromagnetic Source Gravitation (Experiments and Theory). Akademizdat Center “Science”, Moscow.

[6]
Sizov, R.A. (2015) Journal of Modern Physics, 6, 1013-1022.
http://dx.doi.org/10.4236/jmp.2015.68106

[7]
Sizov, R.A. (2013) Transference of People and Loads in the Terrestrial Space by Means of Technical Ferrogravitation. Akademizdat Center “Science”, Moscow.

[8]
Sizov, R.A. (2013) Generation and Technical Application of Ferrogravitation (The Collection of the Invention of theAuthor in Area the Gravitophysical and Gravitochemical Technologies). Akademizdat Center “Science”, Moscow.

[9]
Sizov, R.A. (2015) Journal of Modern Physics, 6, 1591-1601.
http://dx.doi.org/10.4236/jmp.2015.611161

[10]
Ehrenhaft, F. (1910) Wiener Berichte, 119, 836.

[11]
Ehrenhaft, F.(1942) Journal of the Franklin Institute, 233, 235-256.
http://dx.doi.org/10.1016/S0016-0032(42)90311-9

[12]
Sizov, R.A. (2015) Journal of Modern Physics, 6, 2280-2289.
http://dx.doi.org/10.4236/jmp.2015.615232

[13]
Sizov, R.A. (2011/2012) Matter, Antimatter and Energo-Medium—Physical Triad of the Real World. Akademizdat-Center “Science”, Moscow.

[14]
Atsukovsky, V.A. (2001) Physical Principles of Electromagnetism and Electromagnetic Phenomena. Ether-Dynamic Interpretation, Moscow.

[15]
Le Sage, G.-L (1784) Annual Report of the Board of Regents of the Berlin, 404-432.

[16]
Sizov, R.A. (2012) Levitation as a Spread Force Manifestation of Natural Ferrogravitation. Akademizdat Center “Science”, Moscow.

[17]
Maxwell, J.C. (1873) Treatise on Electricity and Magnetism. Volume 1-2, Clarendon Press, Oxford.

[18]
Dirac, P.A.M. (1930) Proceedings of the Royal Society A, 126, 360.
http://dx.doi.org/10.1098/rspa.1930.0013

[19]
Sizov, R.A. (2009) Magnetic Particles (Magnetons)—Structural Components of Atoms and Substance, ImmediateSources of Magnetic Field. Theory and Experiments, the Report at PIERS 2009, Moscow.

[20]
Sizov, R.A. (2009) Electric and Magnetic Spinor Particles—The Electromagnetic Source of Gravitation. Theory and Experiments, The Report at PIERS 2009, Moscow.

なんとか平面波(電磁気の修正の一つ)

抽象
本発明者らは、普遍的電磁場(試験場)、すなわちn個の時空次元において(事実上)任意の一般化された電気力学(場の方程式にFの任意の電力および導関数を含む)を同時に解くp形場Fを研究する。 主な結果の1つは、十分な条件です。アラインドWeylおよびトレースレスRicciタイプIIIKundt時空でMaxwellの方程式を解くすべてのnull Fは一般的です(特に曲線Kundt背景上のpガリレオの例を示す)。 さらに、WeylタイプIIKundt時空におけるいくつかの例が提示されています。
n = 4 = 2p
の場合に特に強いいくつかの必要条件も得られます。4次元の普遍2形式のすべてのスカラー不変量は一定でなければならず、null Fの特別な場合には消えます。

 

1はじめに
1.1
背景
発散電子の自己エネルギーを解くために、マクスウェル方程式の修正が古典理論の文脈で提案されてきた[1-5]。それらはまた、量子電気力学(QED[6][9])または弦理論(例えば、総説[10]およびその中の参考文献)から導き出された有効理論にも現れている。一般化された理論の特によく知られた例は非線形電気力学(NLE)によって与えられ、それは2つの代数不変式FabFabFab * Fabに依存するラグランジアンによって定義される[11,12]
シュレディンディンガーによる初期の研究[1314]では、マクスウェル方程式を解くすべてのヌル体(FabFab = 0 = Fab * Fabで定義される)は自動的に体の体積も解くことがわかった。
任意のNLEのイオン(真空中)。この意味で、ヌル場は理論に依存しない性質を示す。続いて、平面波(ヌル場の特別な場合)が平坦な時空の中でNLEだけでなくより高次の微分理論も解くことに気付いた[15]。これらの結果がどの程度一般化できるか、例えば平面波以外の場の構成、および湾曲した背景に対して理解できることが明らかに望ましい。最近では、より広いクラスのユニバーサルソリューションが構築されています[16]。これは、(整列された)ペトロフとトレースレスリッチタイプIII4次元クント時空における零電磁場から成ります。本稿では、特に双方向で結果[16]をさらに拡張します。まず、任意の次元np型体を考えます。
これは超重力と弦理論の応用(特別な場合n = 4 = 2 pの普遍性のための十分条件の回復)により直接的な関心事である。さらに、非nullの場合についても説明し、p型が普遍的になるために必要な特定の条件も取得します。この場合、n = 4 = 2 pのときにさらに進歩する可能性があります。
このセクションの残りでは、いくつかの予備的な定義を提供します。セクション2では、p型体が普遍的(または以下に定義されるように0-普遍的)であるためのいくつかの十分な条件を提示します - 他の結果と共に、それはこの論文の主要な結論の1つです。セクション3では、代わりに必要な条件に焦点を当てます。特に、4次元の2形式の場合、より多くの進歩が可能であり、そのために定理3.2と命題3.3が得られます。
付録Aは、この論文を通して使用されている表記法を要約し、主な定理と命題の証明に必要とされるいくつかの補助的な技術的結果(そのうちのいくつかはすでに知られている)付録A.3には、追加の関連資料も含まれています。
将来の研究のためにいくらか興味があるult補題A.6A.7)。

 

 

 

EINSTEIN-MAXWELL FIELDS WITH VANISHING HIGHER-ORDER

CORRECTIONS

 

 

抽象。
すべての高次補正が同じように消失するD次元でのアインシュタイン - マクスウェルp型解(gF)の完全な特徴付けが得られます。このようにしてこれらは同時に修正重力と(おそらく最小結合されていない)修正電気力学の両方を含む大クラスのラグランジュ理論を解く。具体的には、gFはどちらもスカラー不変量が消滅する場であり、さらに2つの単純なテンソル条件を満たします。それらは、KundtクラスとWeylタイプIII(またはより特別な)の重力と電磁の平面波のファミリーを説明しています。 (gF)のローカル形式といくつかの例も提供されています。
1.
はじめにとまとめ
アインシュタイン - マクスウェルラグランジアンは一般的に電磁気学と結合した重力のプロトタイプ理論を記述すると考えられているが、いわゆる「代替理論」の長い歴史もある。電子の自己エネルギーの長年の問題は、すでに1912年に修正されたエレクトロナミクスをもたらし[1]、続いてBorn and Infeldのよく知られた非線形理論[23]につながった(例えば、[2]を参照)。より一般的な非線形電気力学(NLE)については4]。一般相対性理論の誕生後まもなく、重力と電磁気学の統一された記述の探求はまたアインシュタインの理論のいくつかの修正を刺激しました - 例えば初期の作品[5,6]とさらなる参考文献のためのレビュー[7,8]を見てください。その後の数年間で、アインシュタイン - マクスウェル理論からの逸脱を考慮に入れるさらなる動機付けは、様々なタイプの量子補正を含む有効なラグランジアン(例えば、[9,10]およびそこに引用されたオリジナルの参考文献)または低い弦理論のエネルギー限界[11–14]
当然のことながら、EinsteinMaxwellの式に高次補正を追加すると、これらを一般的に解くのが難しくなります。しかしながら、理論に依存しない解決策、すなわち(事実上)あらゆる種類の補正に対して「免疫」を必要としない解決策が存在することは注目に値する。したがって、アインシュタイン - マクスウェル方程式の既知の解を用いて、少なくとも特定の体制において、より複雑な理論を探求することができる。これは、Maxwellの理論を解くすべてのヌル場が自動的に真空中の任意のNLEも自動的に解くことを示した、シュレディンガーによるNLEの文脈で最初に指摘された[1516]。完全なアインシュタイン - マクスウェル理論における時空幾何学への逆反応の包含については、後に[17]で議論された。続いて、電磁平面波はNLEだけでなく高次理論も解く[9](平時空間で。[18]も参照)、そして同様の性質がYang-Millsと重力平面によって共有されることがわかった。波[9][19]では逆反応が考慮されたが、[20] [22][23]では、これらの結果をより一般的な(電気)真空pp波とAdS波に拡張したものがそれぞれ得られた。
これは、特に、弦理論における時空特異点を議論するために使用されました[2122]
最近、より体系的な分析
純粋な重力補正を受けないD次元アインシュタイン時空(「普遍時空」)は[24]で始まり、[25-27]でさらに発展した(Kundtの場合の関連する結果については[28-30]も参照)。 )Kerr-Schildメトリクス)。
補完的な観点から、一般化された(p型)電気力学の理論(「普遍的な電磁場」)も同時に解くテストマクスウェル場の研究が[31–33]で行われました。かなりの進歩にもかかわらず、普遍的時空および普遍的電磁場の完全な特徴付け(すなわち、必要かつ十分な条件)は、一般的にまだ欠けている(しかし、特別な場合における様々な結果については上記参考文献を参照のこと)。
本稿では、すべての高次補正が任意の次元Dで同じように消失し、Maxwell形式の任意の階数pに対して、結合された(場合によっては最小ではない)Einstein-Maxwell方程式の解を調べます。我々は完全な特徴付けが可能であることを示し、それを我々は定理3.13.4として定式化する。本質的に(以下で説明する専門的技術まで)、我々はアインシュタイン - マクスウェル理論の解(g、F)について、両方の(g、F)が成り立つ場合に限り、全ての高次補正が消えることを証明する。スカラー不変量(V SI)が消失し、さらに2つのテンソル条件CacdeCcde b = 0と∇cFad...e∇cFd... eb = 0を満たす体。これは、特に時空間がKundtであり、aを持つことを意味します。帰納的な零ベクトル場(ただし必ずしもpp波ではない)と宇宙定数は消滅する。このような大規模な厳密解の特徴付けは、アインシュタイン マクスウェル理論よりも一般的な文脈で関連性のあるものにします。例えば[19-22]の線に沿った弦理論などです。さらに、この研究で使用された方法は、ここで得られた結果を、例えばYang-Millsの解にさらに拡張するのにも適しています。

紙の構造は以下の通りです。第2節では、検討中の理論を定義し、その意味でアインシュタイン - マクスウェル理論の修正と見なすことができる。
3節はこの論文の主な結果、すなわち定理3.13.4(それぞれ最小と非最小の結合理論の場合)とその証明を含む。代数的に修正された電気力学(NLEに類似した理論に関連する)に結合されたアインシュタイン重力の特別な場合に対するより簡単な結果も得られる(定理3.3)。 4節では、いくつかの例とともに、実際のアプリケーションに適した、適合座標での解(gF)の明示的な形式を示します。普遍時空[24] - [27]と普遍電磁界[31] - [33]への解の関係もカー - シルト時空との重なりと共に論じられている。 4つの時空次元の特別な場合において、いくつかの追加のコメントが提供されています。 4つの付録には、この論文を通して(特に、主要定理の証明において)使用されたさまざまな技術的結果が含まれています。それらの大部分は新規であり、それ自体がいくらか興味深いものであり、それらは将来の調査においても有用であると我々は信じている(我々は以前に知られた結果を単純に要約する少数の事例において関連の参考文献を引用した)。

 

 

 

 

 

 

ここで、C1iji = C1ijk= C1i1i = 0です。上記の2つのケースを組み合わせることによって、さらにサブケースが得られます(基本的に、最後の式の最終項をゼロに設定します)。
N = 4
の完全な分類は、少なくとも1つの整列方向が常に存在するという事実、すべてのそのような整列方向が離散的であること、正規化によってサブクラスの可能数が減少する(固有のサブケースにつながる)ため、比較的簡単です。次元3以下のベクトル空間上で定義されたワイルテンソルは必ずしも消滅しなければならないので、問題ではありません。
[6]
では、現在の分類が4次元で古典的なPetrov分類に帰着することが示された。
幸いなことに、ほとんどのアプリケーション[1] - [5]では、ワイル分類は比較的単純であり、より完全な分類の詳細は不要です。将来的には、例えばある種のスカラー高次元不変式を用いるなど、ワイル型を決定するためのより実用的な方法を見いだすことができれば有用であろう。また、状況によってはリーマンテンソルを分類する方がより実用的かもしれません(4次元でのリーマンテンソルの分類についてのコメントは[10]を参照してください)。高次元のワイルテンソル[6]
この分類体系には多くの用途があります。最近我々は、リーマンテンソルとその共変微分から構成されるスカラー不変量がすべてゼロであるN次元ローレンツ時空を調べた(それによって[11]の定理をより高次元に一般化する)。これらの時空は、消滅スカラー不変量(VSI)時空と呼ばれ、それらは、N次元pp波時空の高次元一般化と見なすことができる(これは、湾曲した背景における弦理論の文脈において興味深い)。 [12]では、より高次元のVSI時空は必然的にワイルタイプIIIN、またはOであることを証明した(そして我々は、任意の次元の好ましいヌル四分子におけるリーマンテンソルおよびワイルテンソルの標準形を示した)。任意次元での代数的に特別な真空タイプIIIN時空のために我々は帰無合同が測地線とせん断のないことを証明しました[13]Goldberg-Sachsの定理の一般化に向けたさらなる進歩は、高次元でも可能です。 [13]ではまた、非消失展開またはねじれを伴う真空型N時空におけるWeylテンソルは、常に自明な4次元ローレンツ部分および消失N-4次元ユークリッド部分を伴って可約であることを示しました。
今後の研究では、より高次元のワイルテンソルの完全代数的分類の詳細を提示する。特に、5次元の場合を詳細に調べ(そしてこの分類を以前の研究[14]と関連付け)、タイプDの時空を調べ、特別な関心のある4つの次元における特定のタイプDの解の一般化である厳密解を探す(これには、Schwarzschildソリューションをより高次元で一般化したものが含まれます。たとえば、高次元球対称真空非回転ブラックホール[3]は、正確なシュワルツシルト解を4次元で一般化したもので、D型ですが、5次元のSorkin-Gross-Perry-Davidson-OwenソリトンSolutions [2]は(代数的に特殊な)タイプIのすべてですが、ここでもタイプDの一般化シュワルツシルトブラックホールソリューションの特別な場合を除きます。

 

References

[1] G. Mie,

Grundlagen einer Theorie der Materie

,

Ann. Physik

342

(1912) 511–534.

[2] M. Born,

Modified field equations with a finite radius of the electron

,

Nature

132

(1933) 282.

[3] M. Born and L. Infeld,

Foundations of the new field theory

,

Proc. R. Soc.

A

144

(1934)

425–451.

[4] F. Bopp,

Eine lineare Theorie des Elektrons

,

Ann. Physik

430

(1940) 345–384.

[5] B. Podolsky,

A generalized electrodynamics. Part I – Non-quantum

,

Phys. Rev.

62

(1942)

68–71.

[6] W. Heisenberg and H. Euler,

Folgerungen aus der Diracschen Theorie des Positrons

,

Z. Phys.

98

(1936) 714–732.

[7] V. Weisskopf,

̈

Uber die Elektrodynamik des Vakuums auf Grund der Quantenth

eorie des

Elektrons

,

Kong. Dan. Vid. Sel. Mat. Fys. Med.

14

(1936), no. 6 1–39.

7

Terms proportional to

R

0

do not contribute to [

(Riem)]

1

since the (tensorial) coefficient of

R

0

in (3) is covariantly

constant.

17

 

 

[8] H. Euler,

̈

Uber die Streuung von Licht an Licht nach der Diracschen Theo

rie

,

Ann. Physik

418

(1936) 398–448.

[9] J. S. Schwinger,

On gauge invariance and vacuum polarization

,

Phys. Rev.

82

(1951) 664–679.

[10] A. A. Tseytlin,

Born-Infeld action, supersymmetry and string theory

, in

The Many Faces of

the Superworld

(M. Shifman, ed.), pp. 417–452. World Scientific Publishing, Singapor

e, 2000.

hep-th/9908105

.

[11] M. Born,

Th ́eorie non-lin ́eaire du champ ́electromagn ́etique

,

Ann. Inst. H. Poincar ́e

7

(1937)

155–265.

[12] J. Pleba ́nski,

Lectures on non-linear electrodynamics

. Nordita, Copenhagen, 1970.

[13] E. Schr ̈odinger,

Contributions to Born’s new theory of the electromagnetic fi

eld

,

Proc. Roy.

Soc. London Ser. A

150

(1935) 465–477.

[14] E. Schr ̈odinger,

A new exact solution in non-linear optics (two-wave-system

)

,

Proc. Roy. Irish

Acad.

A49

(1943) 59–66.

[15] S. Deser,

Plane waves do not polarize the vacuum

,

J. Phys. A

8

(1975) 1972–1974.

[16] M. Ortaggio and V. Pravda,

Electromagnetic fields with vanishing quantum corrections

,

Phys.

Lett.

B

779

(2018) 393–395.

[17] C. Deffayet, S. Deser, and G. Esposito-Far ́ese,

Arbitrary

p

-form Galileons

,

Phys. Rev.

D

82

(2010) 061501.

[18] H. Stephani, D. Kramer, M. MacCallum, C. Hoenselaers, and E. H

erlt,

Exact Solutions of

Einstein’s Field Equations

. Cambridge University Press, Cambridge, second ed., 2003.

[19] L. M. Sokolowski, F. Occhionero, M. Litterio, and L. Amendola,

Classical electromagnetic

radiation in multidimensional space-times

,

Ann. Physics

225

(1993) 1–47.

[20] M. Ortaggio and V. Pravda,

Electromagnetic fields with vanishing scalar invariants

,

Class.

Quantum Grav.

33

(2016) 115010.

[21] R. Milson, A. Coley, V. Pravda, and A. Pravdov ́a,

Alignment and algebraically special tensors

in Lorentzian geometry

,

Int. J. Geom. Meth. Mod. Phys.

2

(2005) 41–61.

[22] M. Ortaggio, V. Pravda, and A. Pravdov ́a,

Algebraic classification of higher dimensional

spacetimes based on null alignment

,

Class. Quantum Grav.

30

(2013) 013001.

[23] F. A. Ficken,

The Riemannian and affine differential geometry of product-sp

aces

,

Ann. Math.

40

(1939) 892–913.

[24] M. Durkee, V. Pravda, A. Pravdov ́a, and H. S. Reall,

Generalization of the

Geroch-Held-Penrose formalism to higher dimensions

,

Class. Quantum Grav.

27

(2010)

215010.

[25] M. Ortaggio,

Higher dimensional spacetimes with a geodesic, shearfree,

twistfree and

expanding null congruence

, in

Proceedings of the XVII SIGRAV Conference (Torino,

September 4–7, 2006)

, 2007.

gr-qc/0701036

.

[26] J. L. Synge,

Relativity: the Special Theory

. North-Holland, Amsterdam, 1955.

[27] R. Penrose and W. Rindler,

Spinors and Space-Time

, vol. 2. Cambridge University Press,

Cambridge, 1986.

[28] P. G. Bergmann,

Introduction to the Theory of Relativity

. Prentice-Hall, New York, 1942.

[29] I. Robinson and K. R ́ozga,

Lightlike contractions on Minkowski space-time

,

J. Math. Phys.

25

(1984) 499–505.

18

  

 

[30] R. G ̈uven,

Plane waves in effective theories of superstrings

,

Phys. Lett.

B

191

(1987) 275–281.

[31] R. Weitzenb ̈ock,

Invariantentheorie

. P. Noordhoff, Groningen, 1923.

[32] A. Coley, R. Milson, V. Pravda, and A. Pravdov ́a,

Vanishing scalar invariant spacetimes in

higher dimensions

,

Class. Quantum Grav.

21

(2004) 5519–5542.

[33] A. Coley, S. Hervik, and N. Pelavas,

On spacetimes with constant scalar invariants

,

Class.

Quantum Grav.

23

(2006) 3053–3074.

[34] A. Coley, A. Fuster, S. Hervik, and N. Pelavas,

Vanishing scalar invariant spacetimes in

supergravity

,

JHEP

0705

(2007) 032.

[35] J. Kowalski-Glikman,

Vacuum states in supersymmetric Kaluza-Klein theory

,

Phys. Lett.

B

134

(1984) 194–196.

[36] C. Hull,

Exact pp-wave solutions of 11-dimensional supergravity

,

Phys. Lett.

B

139

(1984) 39.

[37] D. Amati and C. Klimˇc ́ık,

Nonperturbative computation of the Weyl anomaly for a class

of

nontrivial backgrounds

,

Phys. Lett.

B

219

(1989) 443–447.

[38] G. T. Horowitz and A. R. Steif,

Spacetime singularities in string theory

,

Phys. Rev. Lett.

64

(1990) 260–263.

[39] A. A. Tseytlin,

String vacuum backgrounds with covariantly constant null K

illing vector and

two-dimensional quantum gravity

,

Nucl. Phys.

B

390

(1993) 153–172.

[40] E. Bergshoeff, R. Kallosh, and T. Ortin,

Supersymmetric string waves

,

Phys. Rev.

D

47

(1993) 5444–5452.

[41] K. P. Tod,

All metrics admitting super-covariantly constant spinors

,

Phys. Lett.

B

121

(1983)

241–244.

[42] J. P. Gauntlett, J. B. Gutowski, C. M. Hull, S. Pakis, and H. S. Re

all,

All supersymmetric

solutions of minimal supergravity in five dimensions

,

Class. Quantum Grav.

20

(2003)

4587–4634.

[43] T. Ort ́ın,

Gravity and strings

. Cambridge University Press, Cambridge, second ed., 2015.

[44] J. M. Figueroa-O’Farrill and G. Papadopoulos,

Homogeneous fluxes, branes and a maximally

supersymmetric solution of M-theory

,

JHEP

0108

(2001) 036.

[45] A. Garc ́ıa D. and M. Alvarez C.,

Shear-free special electrovac type-II solutions with

cosmological constant

,

Nuovo Cimento

B

79

(1984) 266–270.

[46] V. I. Khlebnikov,

Gravitational radiation in electromagnetic universes

,

Class. Quantum Grav.

3

(1986) 169–173.

[47] J. Lewandowski,

Reduced holonomy group and Einstein equations with a cosmol

ogical

constant

,

Class. Quantum Grav.

9

(1992) L147–L151.

[48] M. Ortaggio,

Impulsive waves in the Nariai universe

,

Phys. Rev.

D

65

(2002) 084046.

[49] J. Podolsk ́y and M. Ortaggio,

Explicit Kundt type

II

and

N

solutions as gravitational waves

in various type

D

and

O

universes

,

Class. Quantum Grav.

20

(2003) 1685–1701.

[50] H. Kadlecov ́a, A. Zelnikov, P. Krtouˇs, and J. Podolsk ́y,

Gyratons on direct-product spacetimes

,

Phys. Rev.

D

80

(2009) 024004.

[51] A. Coley, S. Hervik, and N. Pelavas,

Lorentzian manifolds and scalar curvature invariants

,

Class. Quantum Grav.

27

(2010) 102001.

[52] M. Ortaggio, V. Pravda, and A. Pravdov ́a,

Ricci identities in higher dimensions

,

Class.

Quantum Grav.

24

(2007) 1657–1664.

19

[53] V. Pravda, A. Pravdov ́a, A. Coley, and R. Milson,

Bianchi identities in higher dimensions

,

Class. Quantum Grav.

21

(2004) 2873–2897. See also V. Pravda, A. Pravdov ́a, A. Coley an

d

R. Milson

Class. Quantum Grav.

24

(2007) 1691 (corrigendum).

[54] A. Coley, S. Hervik, and N. Pelavas,

Spacetimes characterized by their scalar curvature

invariants

,

Class. Quantum Grav.

26

(2009) 025013.

[55] A. Coley, S. Hervik, G. O. Papadopoulos, and N. Pelavas,

Kundt spacetimes

,

Class. Quantum

Grav.

26

(2009) 105016.

[56] V. Pravda, A. Pravdov ́a, A. Coley, and R. Milson,

All spacetimes with vanishing curvature

invariants

,

Class. Quantum Grav.

19

(2002) 6213–6236.

[57] S. Hervik, V. Pravda, and A. Pravdov ́a,

Type III and N universal spacetimes

,

Class. Quantum

Grav.

31

(2014) 215005.

[58] A. Coley, A. Fuster, S. Hervik, and N. Pelavas,

Higher dimensional VSI spacetimes

,

Class.

Quantum Grav.

23

(2006) 7431–7444