磁場でも質量損失があるらしい(ビーフェルド・ブラウン効果の磁場版)

3.2。磁気コアの測定
キャパシタの見かけの重量損失に関する実験的測定のほかに、磁心における異常な力を測定するための実験計画も実施した。
表4に、我々の実験アセンブリで使用されたデバイスの主な機能と技術情報を示します。このデータは、試験磁気コイル装置を使用して測定に使用した機器にも関係しています。ソレノイドの異常な力を測定するために、図3に取り付けた電気回路と図4に示す実験アセンブリの模式図に従って、表4に示す磁気コイルと計測器を使用しました。
我々の実験測定では、3つの異なる磁石:2つの磁気コイルと1つのネオジム磁石を含む磁気コアを使用した。第1の磁気コイルは直径1cm、長さ2.7cm、円筒形コアの周囲に192ループの寸法を有していた。第2のものは、直径1.4cm、長さ5cm、ループ252個およびフェライトシリンダーコアを有していた。この設定は、直径1.4cm、長さ1.4cm、1.17Tのネオジム磁石とNdFeBシリンダーコアで構成されています。
実験セットでは、3つのDVCと6つのDVCの2つのバッテリを使用し、120オームと200ワットのレオスタットの値を変化させた。磁気装置の異常な力の測定は、そのシステムに実際の摂動が存在することを示した。
容量310gのデジタルスケールBELモデルS303を使用することによる系統的な測定シーケンスは、115 / 230VAC±15%の電源を用いて高電圧を印加することによって実施された。電流は電流レンジ200μA〜10A、分解能100nA(200μADC電流)の電流計UNI-TモデルUT30Bによって制御されています。私たちの測定値は、結果が表5に示されている設定に異常な力を上げることを示しています。
我々は、磁気コイル試料の最大重量損失を検証する目的でいくつかの実験測定を行った。まず、直径1cm、長さ2.7cm、ループ192個、鉄合金製円筒鉄心を垂直位置にした第1磁気コイルの磁力を測定し、その対称軸を電子の円形ステンレス鋼台の対称軸2.1Aの電流がコイルを通って印加されたときに、デジタルスケールのプラットフォームとシリンダーコアとの間の距離は2cmであった。デジタルスケールの可読性は0.001gであり、その容量は310gであった。このような条件下で、2gfの力を測定した。
磁気デバイスを含む測定では、コアの磁化率の値がないため、磁場の決定のための実験手順を実行する必要がありました。磁場Bは、既知のマクスウェル引張力式[63]を用いて計算することができ、
F=SB2/2μ0
ここで、Fは磁力、Sは円筒形コアの表面積、Bは磁場、μ0は真空透過率である。磁場の1.072Tの大きさが計算され、その値は鉄合金の飽和範囲、すなわち1.6Tと2.2Tとの間である。いくつかの測定が行われ、コイルとデジタル・プラットフォームの間の磁気的相互作用8センチメートル以上の距離ではスケールが無視できる程度になった。
その後、同じ磁気コイルを、対称軸が垂直方向に互いに整列した31.5cm高さのカードストックの上部に配置した。
カードストックのシリンダは、デジタルスケールの円形プラットフォームの中心に配置され、その長さは、デジタルスケールのプラットフォームと磁気コイルとの間の適切な距離を確保し、磁気相互作用を強く低減させた。
2本のワイヤは、図4に示すように、磁気コイルとそれに支持されたカードストックの2つの他のシリンダとの電気的接続を提供した。薄い鉄の中空シリンダは、磁気シールドとして磁気コイルを収容し、 。この磁気シールドの効率は、ネオジム磁石クラスN35、直径1.4cm、長さ1.4cmおよび磁場1.17Tの磁気力の減少に従って証明された。磁気収縮のような形状磁気コア変動の可能性のある影響を低減するために、プラスチックの発泡体を磁気コイルの下に設置した。
磁気コイルは、図4の概略図に示されているように、オン/オフスイッチ、6Vのバッテリ、可変抵抗可変抵抗器および電流計と直列に接続されていました。

A 2.1電流の大きさ(平均)を電流計で測定し、スイッチをオンにしたときの可変抵抗器によって制御した。この状態では、セットアップの減量は、デジタルスケールで行われたいくつかの測定の最大値の平均に従って、電磁コイル、ワイヤ、中空円筒、プラスチックおよびシリンダーカードストックを含む15〜20mgfの間で変化した。セットアップの初期重量値(149.097gf)は、スイッチを再びオフにしたときに回復しました。電流の方向は変わりましたが、セットアップの重量損失は同じままです。新しい測定が行われたときに磁気シールド(薄い鉄の中空シリンダー)やプラスチックの発泡体などのデバイスが後から取り外されたにもかかわらず、重量損失値は同じままであることに注意することも重要です。磁気コイルの電気的接続のために銅から標準タイプのワイヤを他の金属材料に置き換えても重量損失の示度に変化はなかった。換言すれば、温度および電流に関するワイヤの金属収縮は、懸垂ワイヤのカテナリーを特に考慮して、重量測定に影響を及ぼす可能性が極めて低いように思われた。
実験的な特徴は、重量損失に関する磁気コイルと環境(デジタルスケールを含む)との間の磁場相互作用に基づく説明を排除するようであり、非局所力に関する理論的記述セクションで示された説明を補強する。
第1の磁気コイルの非局所的な力の大きさを計算する前に計算された2.1Aの電流と1.072Tの磁場を考えると、 (11)。得られた力の大きさの値は22.84mgfである。この理論値は、15mgf〜20mgfの範囲の実験値に近い。
解析を改善するために、我々は、表4に示すように、直径1.6cm、長さ5cm、252ループおよびフェライト円筒コアを有する第2の磁気コイルを使用して、他の実験測定を行った。これは、磁気コイル2の磁気コイル1を交換するだけで、前に述べたのと同じ設定で測定を行った.0.3Tの磁場の大きさは、前述した手順のようなデジタルスケールの磁気コイルおよびプラットフォームを使用することができる。
この0.3T磁場の大きさの値は、0.2Tと0.5Tとの間のフェライト磁気飽和範囲に近い。言い換えると、磁心はおそらく飽和しているか、またはこの状態に近い。
第2の磁気コイルを使用した同じ設定の重量損失のいくつかの測定の最大値の平均は、1.6Aの電流および磁場0.3Tに関して8〜10mgfの範囲であった。同じパラメータを考慮すると、式(11)によって計算される非局所力の大きさは7.79mgfであり、この値は実際には前述の範囲の実験値に近い。
電池を3Vに交換したことを除いて同じ磁気コイル2の構成を考慮すると、新しい測定が行われ、オンになったときに回路に流れる0.17A電流に関して1〜2ミリグラムの重量損失が検出された/ offスイッチがオンになりました。重量損失の理論値の0.828mgfは、飽和していないフェライト磁心の磁場の0.3Tの大きさに関する範囲の実験値にも近い。


実験結果の要約を表5に示す。
実験的な設定で採用された手順は、外部磁場相互作用およびコアの磁気収縮、または電流の熱効果に関するワイヤ導体の形状の変化などの他の影響を、重量損失の原因として排除するようであるセットアップ。
実験結果の値は、磁気双極子と量子絡み合いを介した環境との間の結合が考慮される理論値に近い。
著者らは、将来の実験を改善し、飽和効果と標準偏差をよりよく分析するために、印加された電流に対する重量変化の曲線を得ることを計画している。
この結果から、我々の理論的提案は、双極子と環境の間の微視的な一般化量子絡み合いの兆候としての巨視的な観測値に基づく、実験結果および/または磁気および電気デバイスにおける異常効果を説明することにおいて一貫していると結論する。


結論
本研究では、対称および非対称コンデンサの異常動作、高電圧での動作、および高磁場で動作する磁気コアに関する実験的および理論的な検討を行います。
私たちの調査は、他のさまざまな著者が行った文献に記載された多くの初期の実験的研究によって動機づけられました。磁心に異常な力が存在することについては、これまで未発表の実験でも調査されました。
検出された異常な力は、それに応じて採用される手順を考慮して、デバイスと環境との間の電気的または磁気的相互作用によって説明されないようである。この事実は、すべての粒子間の一般化された量子もつれの既存の状態を考慮して、非局所的相互作用に関する我々の仮説を補強する。磁気または電気双極子間の量子絡み合いを含む磁気および電気感受性のようないくつかの巨視的観察可能性を考慮して、古典的な量を用いて方程式を介していわゆる異常力の大きさを計算する方法を説明した。実際、理論的結果は、そのような概念が実験データの大部分を良好な精度で説明できることを示している。我々は、重力と慣性との関係を調べるために、量子絡み合いの既存の状態の応用を研究する次のステップに入るつもりである。また、デバイスを使った新しい材料や他の可能な構成や新しいセットアップの可能性が、電気的推進として技術的用途に使用できるように、相互作用を強化する方法を調査することを目指しています。
また、異常な力の大きさの検出や距離のある非局所的な力の誘導、高電圧コンデンサを他のソースデバイスとする新しい実験設定に基づいて、他の研究を精緻化していると報告することも便利であろう 。

オリオンのコロニー動画とかTR3Bとか

(原文)

http://hotword.hatenablog.com/?page=1516230000

 

ディスクロージャーであり、長年エリア51やグルームレイク、ネリス空軍基地で
秘密プロジェクトに携わっていた
エドガー・ロートシルトフーシェ

TR-3Bの推進システムについてこう語っている

「水銀に由来するプラズマは150Kの温度で250000気圧に加圧され50000回転に加速され重力の遮断を行い超電導プラズマを発生させます」

プラズマとは個体・液体・気体に続く第4の状態の物質と言われ
日本ではプラズマといえば大槻教授が有名だ

大槻教授によれば、UFOの現象などはプラズマで説明がつく

と言っていたが、ある意味、的を射ている

プラズマの特徴は、非常に柔らかい物質で、物質を貫通する性質も持ち
地球上では、もっとも古い物質の一つとも言われている

さらにプラズマ内部は亜空間とも言われており

我々の知る物理的法則が全く通じない

その証拠にフーシェ氏が言うには

「TR-3Bは最大でマッハ1000まで出すことが可能である、搭乗員には
40G以上のGがかかる事になるが、プラズマシールドのおかげで
TR-3Bの中では4G以上かかる事はなく非常に快適である」

と言っている

さらにこのプラズマシールドのおかげでどんなにスピードを上げても
空気の壁と言うものはなくなり

プラズマの持つ物質を反射する性質のおかげで

航空機や宇宙船などが高速になればなるほど、細かなチリやごみによる
機体への被害というものがなくなる

つまり、例えば、宇宙空間にある衛星などは常に
スペースデブリの脅威にさらされている

衛星などは、およそ秒速10キロほどで宇宙空間を飛んでいるのだが
秒速10キロにもなると、1cm以下のデブリに衝突するだけで

衛星は大破する事もある
高速での物体に働く運動量とは、それほど凄まじい破壊力を持つ事になる

TR-3Bは機体をプラズマで覆うことで、空気中のゴミなどの被害を
無視することができるのだ

まさに一石二鳥だ

そしてプラズマを発生させる事で一石二鳥が一石三鳥にもなる
実は、TR-3Bは戦闘機とは言われているが大気圏外での活動も可能と言われている
つまり宇宙空間だ宇宙空間では推進力にイオンエンジンを使う事は主流科学では当たり前の事だ

では、主流科学でも当たり前の常識であるイオンエンジン
TR-3Bはわざわざなぜ搭載しているのか?

答えは簡単だ

TR-3Bは宇宙空間も航行可能な性能を持った航空機だからである

通常、航空機の推進力にはジェットエンジンが使われるが
TR-3Bは推進力にジェットエンジンは使われない

(一応、低速状態ではジェットエンジンを使っていると言う
報告もある)

では、一体ジェットエンジンの代わりに何を使っているのか?

実はプラズマイオンエンジンと言うものが使われている
イオンエンジンといえば、つい数年前に
日本中を感動させた探査機「はやぶさ」に搭載されていたエンジンを
思い浮かべる方も多いだろう
宇宙空間では推進力にイオンエンジンを使う事は主流科学では当たり前の事だ

では、主流科学でも当たり前の常識であるイオンエンジン
TR-3Bはわざわざなぜ搭載しているのか?

答えは簡単だ

TR-3Bは宇宙空間も航行可能な性能を持った航空機だからである
TR-3Bが宇宙空間でも航行可能である事は、先ほど述べた
宇宙空間も航行可能である事だけでも脅威的なのだが

さらに脅威的なのは
TR-3Bの兵装である

TR-3Bの兵装で1番の脅威と言われているのが
EMPである

EMPと聞いてピーンと来た方も多いと思う

つい先日、北朝鮮の核ミサイル問題を取り扱ったニュースで

北朝鮮はEMP攻撃をおこなっていたかもしれない」

とニュースでやっていたのを聞いた方もいらっしゃるだろう
その、北朝鮮がつかっていたかもしれないEMPを
TR‐3Bは搭載しているというのだ!

しかも、宇宙空間での飛行も可能なTR‐3Bは
宇宙空間からのEMP攻撃が可能となっている

これは大変な脅威でしかない

通常の航空機のように大気圏内で飛行してくれるのであれば
航空機やミサイルによる攻撃も可能であろうが

TR‐3Bが大気圏外にまで出られてしまうと、戦闘機での撃墜はむろん
地上や艦船から打ち上げるミサイルではとても撃墜できるわけがない

まったくもって、無敵の戦闘機という訳だ

やはり、軍事面においては米国の右に出る国はない事が解る

軍事力という意味合いだけなら、ロシアや中国も驚異ではあるが・・・

たとえば、米露が戦闘状態にはいったとして

米国の攻撃の報復にロシアが核弾頭を発射したとしよう

すると宇宙空間にいるTR‐3BはロシアにたいしてEMP攻撃を行う

EMPは電子機器という電子機器を無力化する兵器なので
大陸間弾道ミサイルは無力化される

また、電子機器以外にはほとんど影響を与えないので
人間や生き物が死んだりする事はほとんどない

ペースメーカーなどを使用している人などには影響はあるだろうが

ミサイルのように無差別に人を殺す事がない兵器なので
「なんだ、とても良い兵器じゃないか?」

と思うかもしれないが

そんな甘いものを米国が作るだろうか?

電子を制する者が世界を制する

第二次大戦時代のように、機械をアナログで動かす時代なら
EMP攻撃など、全く怖くもないだろうが

現在はどうだろう?

いま、あなたがこのブログを何で読まれているだろうか?

パソコンだろうか?スマートフォンだろうか?

何にせよ、インターネットに繋がっているモノだから
電子機器であることには違いない

さらに目線を違うほうにむければ銀行のお金の管理などは
すべてデータとして管理されている

EMPで銀行が攻撃されれば、アナタは自分の口座から
預金を下ろすこともできなくなる

それどころか、金融関係がすべてストップすると
国家的大損失になり大パニックになる

また、水道ガス電気、これもすべて電子制御されている

想像してみよう

今から1分後にEMP攻撃を日本が受けたとしたらどうなるだろうか?

預金はおろせない

水道も使えない
ガスも電気も使えない生活になる

最近の車やバイクなども電子制御されているモノも多いので
車やバイクと言った乗り物は使えない

もちろん、飛行機なんて絶対使えない

移動の手段が無くなってしまうのだ

足か自転車か、アナログな船くらいしか使えない

どうだろう?

EMPは直接人を殺すことはないが
2次的3次的意味合いで殺すことはできる

少なくとも一つの国家をつぶす事くらいできてしまう
非常に恐ろしい兵器なのだ

つまり、現在の戦闘、戦争は

見えないところで始まり、見せないモノに攻撃をくわえ、見えないもので決着がつく

人知れず始まり人知れず終わっているという事になる

これだけ聞くと

「人が死ぬことが無ければいいじゃないか?」

などと思ったかもしれないが
もし、EMPを危険な思想を持つ国が使ったとしたらどうか?

例えば、北朝鮮がEMPを完成させ、世界に向けて攻撃したらどうなるか

アナタは明日から
金日成金正日肖像画を拝み
年に数回マスゲームを行い


政府に悪態をつこうものなら、政治犯収容所で
干枯らびたミミズの死骸を食う羽目になる

もちろん、日本の刑務所のような、まともな
衣食住、さらには医療設備まで整った
快適な刑務所生活はおくれない

どうだろう?

想像しただけで、身震いしそうにはならないだろうか?

とは言え、北朝鮮がEMPをつかって世界征服と言う話は
まだ、ましな方かもしれない

オリオンのコロニー動画とかTR3Bとか

(原文)

http://hotword.hatenablog.com/?page=1516230000

 

ディスクロージャーであり、長年エリア51やグルームレイク、ネリス空軍基地で
秘密プロジェクトに携わっていた
エドガー・ロートシルトフーシェ

TR-3Bの推進システムについてこう語っている

「水銀に由来するプラズマは150Kの温度で250000気圧に加圧され50000回転に加速され重力の遮断を行い超電導プラズマを発生させます」

プラズマとは個体・液体・気体に続く第4の状態の物質と言われ
日本ではプラズマといえば大槻教授が有名だ

大槻教授によれば、UFOの現象などはプラズマで説明がつく

と言っていたが、ある意味、的を射ている

プラズマの特徴は、非常に柔らかい物質で、物質を貫通する性質も持ち
地球上では、もっとも古い物質の一つとも言われている

さらにプラズマ内部は亜空間とも言われており

我々の知る物理的法則が全く通じない

その証拠にフーシェ氏が言うには

「TR-3Bは最大でマッハ1000まで出すことが可能である、搭乗員には
40G以上のGがかかる事になるが、プラズマシールドのおかげで
TR-3Bの中では4G以上かかる事はなく非常に快適である」

と言っている

さらにこのプラズマシールドのおかげでどんなにスピードを上げても
空気の壁と言うものはなくなり

プラズマの持つ物質を反射する性質のおかげで

航空機や宇宙船などが高速になればなるほど、細かなチリやごみによる
機体への被害というものがなくなる

つまり、例えば、宇宙空間にある衛星などは常に
スペースデブリの脅威にさらされている

衛星などは、およそ秒速10キロほどで宇宙空間を飛んでいるのだが
秒速10キロにもなると、1cm以下のデブリに衝突するだけで

衛星は大破する事もある
高速での物体に働く運動量とは、それほど凄まじい破壊力を持つ事になる

TR-3Bは機体をプラズマで覆うことで、空気中のゴミなどの被害を
無視することができるのだ

まさに一石二鳥だ

そしてプラズマを発生させる事で一石二鳥が一石三鳥にもなる
実は、TR-3Bは戦闘機とは言われているが大気圏外での活動も可能と言われている
つまり宇宙空間だ宇宙空間では推進力にイオンエンジンを使う事は主流科学では当たり前の事だ

では、主流科学でも当たり前の常識であるイオンエンジン
TR-3Bはわざわざなぜ搭載しているのか?

答えは簡単だ

TR-3Bは宇宙空間も航行可能な性能を持った航空機だからである

通常、航空機の推進力にはジェットエンジンが使われるが
TR-3Bは推進力にジェットエンジンは使われない

(一応、低速状態ではジェットエンジンを使っていると言う
報告もある)

では、一体ジェットエンジンの代わりに何を使っているのか?

実はプラズマイオンエンジンと言うものが使われている
イオンエンジンといえば、つい数年前に
日本中を感動させた探査機「はやぶさ」に搭載されていたエンジンを
思い浮かべる方も多いだろう
宇宙空間では推進力にイオンエンジンを使う事は主流科学では当たり前の事だ

では、主流科学でも当たり前の常識であるイオンエンジン
TR-3Bはわざわざなぜ搭載しているのか?

答えは簡単だ

TR-3Bは宇宙空間も航行可能な性能を持った航空機だからである
TR-3Bが宇宙空間でも航行可能である事は、先ほど述べた
宇宙空間も航行可能である事だけでも脅威的なのだが

さらに脅威的なのは
TR-3Bの兵装である

TR-3Bの兵装で1番の脅威と言われているのが
EMPである

EMPと聞いてピーンと来た方も多いと思う

つい先日、北朝鮮の核ミサイル問題を取り扱ったニュースで

北朝鮮はEMP攻撃をおこなっていたかもしれない」

とニュースでやっていたのを聞いた方もいらっしゃるだろう
その、北朝鮮がつかっていたかもしれないEMPを
TR‐3Bは搭載しているというのだ!

しかも、宇宙空間での飛行も可能なTR‐3Bは
宇宙空間からのEMP攻撃が可能となっている

これは大変な脅威でしかない

通常の航空機のように大気圏内で飛行してくれるのであれば
航空機やミサイルによる攻撃も可能であろうが

TR‐3Bが大気圏外にまで出られてしまうと、戦闘機での撃墜はむろん
地上や艦船から打ち上げるミサイルではとても撃墜できるわけがない

まったくもって、無敵の戦闘機という訳だ

やはり、軍事面においては米国の右に出る国はない事が解る

軍事力という意味合いだけなら、ロシアや中国も驚異ではあるが・・・

たとえば、米露が戦闘状態にはいったとして

米国の攻撃の報復にロシアが核弾頭を発射したとしよう

すると宇宙空間にいるTR‐3BはロシアにたいしてEMP攻撃を行う

EMPは電子機器という電子機器を無力化する兵器なので
大陸間弾道ミサイルは無力化される

また、電子機器以外にはほとんど影響を与えないので
人間や生き物が死んだりする事はほとんどない

ペースメーカーなどを使用している人などには影響はあるだろうが

ミサイルのように無差別に人を殺す事がない兵器なので
「なんだ、とても良い兵器じゃないか?」

と思うかもしれないが

そんな甘いものを米国が作るだろうか?

電子を制する者が世界を制する

第二次大戦時代のように、機械をアナログで動かす時代なら
EMP攻撃など、全く怖くもないだろうが

現在はどうだろう?

いま、あなたがこのブログを何で読まれているだろうか?

パソコンだろうか?スマートフォンだろうか?

何にせよ、インターネットに繋がっているモノだから
電子機器であることには違いない

さらに目線を違うほうにむければ銀行のお金の管理などは
すべてデータとして管理されている

EMPで銀行が攻撃されれば、アナタは自分の口座から
預金を下ろすこともできなくなる

それどころか、金融関係がすべてストップすると
国家的大損失になり大パニックになる

また、水道ガス電気、これもすべて電子制御されている

想像してみよう

今から1分後にEMP攻撃を日本が受けたとしたらどうなるだろうか?

預金はおろせない

水道も使えない
ガスも電気も使えない生活になる

最近の車やバイクなども電子制御されているモノも多いので
車やバイクと言った乗り物は使えない

もちろん、飛行機なんて絶対使えない

移動の手段が無くなってしまうのだ

足か自転車か、アナログな船くらいしか使えない

どうだろう?

EMPは直接人を殺すことはないが
2次的3次的意味合いで殺すことはできる

少なくとも一つの国家をつぶす事くらいできてしまう
非常に恐ろしい兵器なのだ

つまり、現在の戦闘、戦争は

見えないところで始まり、見せないモノに攻撃をくわえ、見えないもので決着がつく

人知れず始まり人知れず終わっているという事になる

これだけ聞くと

「人が死ぬことが無ければいいじゃないか?」

などと思ったかもしれないが
もし、EMPを危険な思想を持つ国が使ったとしたらどうか?

例えば、北朝鮮がEMPを完成させ、世界に向けて攻撃したらどうなるか

アナタは明日から
金日成金正日肖像画を拝み
年に数回マスゲームを行い


政府に悪態をつこうものなら、政治犯収容所で
干枯らびたミミズの死骸を食う羽目になる

もちろん、日本の刑務所のような、まともな
衣食住、さらには医療設備まで整った
快適な刑務所生活はおくれない

どうだろう?

想像しただけで、身震いしそうにはならないだろうか?

とは言え、北朝鮮がEMPをつかって世界征服と言う話は
まだ、ましな方かもしれない

Negative and Positive Energy and Einstein(OTC-X1式UFOの研究者の主張)

Negative and Positive Energy and Einstein

  アインシュタインは重力や慣性エネルギー、質量、ベクトルの観点からエネルギーを見た。 正のエネルギーが重力引力である場合、負のエネルギーは重力キャンセルであるため、負のエネルギーは反重力である。 Alcubierreによれば、ワープ(光よりも速い)移動を達成するには負のエネルギーが必要です。したがって、ワープ・ドライブ・フライトを達成するには反重力が必要です。重力相殺と磁気静電重力はそのメカニズムです。 それはとても簡単です。我々は、磁気静電型の重力を実証するのに十分な証拠を持っています。ここで、クラフトの正面にある正の先導電荷は移動方向であり、後端は建設に関連する負電荷です。磁場崩壊(負のエネルギーである正のエネルギーの崩壊)に由来する磁気静電エネルギーだけでなく、イオン駆動のような本来の推進力でもあります。それだけでなく、他の人々がそれをやっている、それは比較的一般的で自然な理解です。 このウェブサイトには重力キャンセルの仕組みがあります。最も単純なのは、90度の慣性ベクトルキャンセルが関与する静止衛星であり、衛星の時計はより速く走る。 。 。 。 どのように多くの異なる方法で現実の基本的な単純な真実を見て、依然として答えを探していると主張していますか?答えは:ワープドライブは本当で有効です。 ワープドライブが単に投機的であり、存在しないと言うNASAの主張は、ばかげてばかげている! このウェブサイトのこの記事は、まさにその技術です。見落とすのは無責任であり、それを見て怒って無視するだけです。 それを検証するために必要な証拠や証拠はもうありません。 B-1爆撃機を見てください。 ロッキード社製のTR-3Bを見てください。 これらの航空機はOTC-X1と同様にコンセプトを示しています。 我々はすでにワープドライブを持っており、長い間、本当の秘密の宇宙プログラムの内部者であるCorey Goodeの主張を受けてきました。 LIGO重力波を検出しました。 重力波は実在して存在する。 他のすべては、最も基本的な常識の単なる問題です。 NASADARPAには、技術がすでに存在しており、非常に公開されているため、彼らが「ワープドライブ」を「探している」と言い続けていると主張し続ける理由はもうありません。 なぜ隠されたゲームと一緒に遊んで、それが既に開いている時に探し求めますか? 残っているステップは1つだけです:資金調達と協力。 ​ . . . 人間が賢明になるまでは、真剣に船を建てるまで自分のことをして、テスラの自由エネルギーで作業するつもりです。 私は自分で船を造るお金がないので、今私は新しいことをしようとしています、そして、私はチアリーダーをして、人々がこれを行うために一緒に働くように動機づけようとしているのにうんざりしています。 私の声が酷い、あるいは納得していない、または無礼に思えるかもしれないと私は謝罪します。 記録を立てましょう。 あなたがwarp-drive-physics.comでここを見ているので、あなたが今後10年間にワープドライブを見ないと、私を責めないでください。 後は君しだい。 人として何をしたいですか? それはあなたに非常に詳細に説明されています。 それを構築する。 ...私は自由エネルギー装置を売りに出せるようにすることを目指します。 私たちはこれを今できるはずです。 私は、これを達成するためにはどのように賢明でなければならないかを確認します。 現時点で私たちができない理由は何もありません。

Magnetic Vortex Dynamics(理研)

https://www.youtube.com/watch?v=Gd2IyoBl2ag

 

フ・フリーエナジーかっ…

(原文)guava.physics.uiuc.edu/~nigel/courses/569/Essays_Fall2008/files/Meng.pdf

序章

最近の磁気の進歩の最も顕著な現れの一つは、最新の磁性材料を用いた微細加工手順の確立である。
従来の薄膜堆積技術と組み合わせた電子ビームまたはイオンビームリソグラフィは、磁気ナノドットまたはナノワイヤのアレイなど、様々な横方向にパターン化されたナノスケール構造を生成する1,2)。高密度磁気データ記憶装置、3)磁界センサ、4)論理演算装置、5)等
理論的にも実験的にも、円筒状および他の磁気要素の特定の範囲(図1)では、平面内のスピン構成(渦)のカールがエネルギー的に有利であり、渦の核に現れる磁化.8-8)磁性ソリトンと呼ばれることもあるこのような系は、最近のいくつかの最近の論文で既に議論されている10,11) (面内回転磁化の反時計回りまたは時計回りの方向)および極性(渦巻核の磁化の上下方向)の2つの特性(「トポロジカル電荷」)、独立した将来の高密度不揮発性記録媒体の情報ビットを増加させる。この目的のために、準静的または短パルス磁場に曝されたときの渦の出現および安定性、ならびにドットが密集してアレイに配置されたときのそれらの特性の変化などの様々な特性が調査されている。この特性は、核形成および消滅場と呼ばれる実験的に測定され、理論的に計算された量、有効な磁化率などによって特定される。

半導体中の電子・核スピンダイナミクス

(原文)http://www.ohno.riec.tohoku.ac.jp/japanese/forjunior2018/theme-files/HP_spindynamics2012/spindynamics2012.htm

 

半導体中の電子・核スピンダイナミクスの制御と光検出

1.研究目的

 従来の半導体エレクトロニクスは半導体中の電子の電荷といった物理量を用いてその情報の伝達や記憶を行ってきました。しかし、電子には電荷の性質以外にスピンという磁気的な性質も持ち合わせています。このスピンの性質は電子だけでなく、特定の原子核も持っており、これらスピン各運動量は量子化された自由度の一つです。そのため、スピンの量子力学的性質を利用した量子コンピュータや量子メモリといった量子情報処理デバイスが提案されて以来、半導体中の電子スピンや核スピンのコヒーレントな制御や,その検出技術の確立に関心が高まってきています。そこで、我々の研究室では、光を利用して電子スピン,核スピンの生成,検出を行ない、電子・核スピンのコヒーレントな振る舞いを調べています。


2.時間分解Faraday/Kerr回転測定1

 電子スピンは外部から磁場を感じた時に磁場の周りを歳差運動しますが、その時の周期は百ps程度と短いです。スピンのこのような超高速現象の観測はピコ秒(10-12)、フェムト秒(10-15)程度のパルス幅を持つレーザ光を用いた時間分解ポンププローブ法によって行われます。我々は特に時間分解ファラデー/カー回転測定法を利用して電子スピンのダイナミクスを観測しています。まず、半導体中に電子スピン偏極を生成する方法ですが、これは円偏光で電子を励起することで実現されます。円偏光の第一パルス(ポンプ光)を試料に照射すると、照射直後には電子のスピンが揃った状態になります。そのΔt秒後、直線偏光の第二パルス(プローブ光)を照射し、その透過光/反射光のファラデー/カー回転信号を測定し、スピンを検出します。(ファラデー/カー効果とはスピンがあるところに直線偏光を照射すると、その透過光/反射光の偏光面が傾くというものです。)そして、ポンプとプローブの相関時間Δtを変えることで、電子スピンダイナミクスが観測できます。

 
 


3.核スピンと電子スピンの超微細相互作用2

 電子スピンと核スピン系には相互作用が働いており、電子スピンが持続的に生成されれば、核スピン系に角運動量を受け渡し、低磁場下でも動的な核スピン分極(DNP)が起きます。一方で揃った核スピンは核磁場として電子スピンに作用し、電子スピンの歳差運動の速さを変化させます。そのため核スピンのダイナミクスはこの歳差運動の変化から間接的に調べることができます。これらの電子・核スピン間の相互作用は超微細相互作用と呼ばれています。
 時間分解測定で観測されるラーモア歳差運動は、電子が感じるトータルな磁場に対応しています。超微細相互作用によって電子が核スピンから磁場を受けた様子を示す実験結果を以下に示しました。核磁場の影響を大きくするために、g因子の異方性を利用し、試料を外部磁場から10°傾けています。核磁場がゼロであるならば外部磁場をかけた場合と6Tかけた場合でラーモア周波数は変化しないはずですが、ここでは核磁場の影響によって変化していることが分かります。

 

 

4.全光核スピン共鳴法1

 では電子が外部磁場以外に受けた磁場は本当に核からの磁場でしょうか?その証拠として全光核スピン共鳴の測定について述べます。試料には、76MHzの周期的パルスをに照射していますが、これによって電子のスピンは76MHzの周期で生成・消滅が繰り返されます。このことは、核スピンの立場からは、の交流磁場を受けることと、同じことを意味します。ポンプ光とプローブ光の光路差をあるところでとめておいて、76MHzの交流磁場が常に核スピンに照射されている状態で外部磁場を掃引すれば、試料中のスピンを持つそれぞれの核からの磁気共鳴が観測されます。以下にその測定結果を示します。GaAs中には三つの異なる核スピンが存在しますが、それぞれの核スピンからの共鳴が観測され計算と良く一致します。

 

5.核スピンダイナミクスの測定3


 ここでは核スピンに焦点をあて、核スピンの分極と操作、コヒーレントな振る舞いの検出について示します。核スピンに対して共鳴振動磁場(周波数ωと静磁場の強度B0がω=γB0を満たす)を印加すると試料内の核スピンが共鳴を起こします(ここではスプリットコイルを用いて振動磁場を印加)。これをNMR(核磁気共鳴)と言います。非共鳴時の核スピンは電子スピンとの相互作用により分極状態にありますが,共鳴条件下ではこの分極状態が崩れ核磁場が大きく減少することになります。この変化は電子スピンの受けるトータルの磁場の減少というかたちで電子スピンに現れます。(左図のように,共鳴/非共鳴条件でラーモア周波数が変化しているのが分かります。)
 また、この変化をポンプ光とプローブ光の時間差を固定して静磁場を掃引しながら測定することで,NMR条件を満たす磁場強度においてカー回転角の変化量にディップが見られます。(右図参照) 

 

更に共鳴条件下では、核スピンが周期的に振動する様子も観測することができます。これは核スピンのアップとダウンの状態のコヒーレントな変化を示しており、ラビ振動と呼びます。ラビ振動をしている状況下では、電子スピンも周期的に核磁場の変動を感じ周期的な変化を起こします。図3に電子スピンのKerr信号と振動磁場印加時間との関係を示します。振動磁場の印加時間とともに、Ker回転信号が周期的に変動しており、つまりこれは核スピンが周期的にアップ、ダウンを繰り返していることを表しています。




6.多重NMRパルスによる核スピン位相操作4

 6ではRF磁場により核スピンを操作し、ラビ振動を観測しました。ここでは,更に核スピンの状態を任意に制御することに重点を置き,核スピンの操作を実演していきます。6では,あくまでスピンのz成分(スピンの上向き・下向き)のみを検出していましたが、実はx、y成分といった横方向の情報(位相情報)も持っています。核スピンはRF磁場の位相を制御することによって、x方向やy方向の任意の方向に向けることができます。つまり、核スピンの位相を任意に制御できるようになります。これはスピンの量子力学的な性質を利用するには大変重要な技術です。

実際に核スピンの位相が制御できていることは、単純なパルス列を用いることで確認できます。基本的な測定方法はラビ振動と同じですが、位相を制御された連続するパルス磁場を用いる点で異なります。ここでは、下図のように(a)X(π/2)-φ(π/2)と(b)X(π)-φ(π)というパルス列を用います(X,φはパルス磁場の印加方向、π/2、πはパルス磁場の長さを表します(πでスピンは反転します))。(a)のパルス列では一つ目のパルスで位相ゼロ(X方向)のRF磁場を印加し、上向きのスピンを90度回転させ、その後一つ目と同じ長さのパルスを連続して印加します。二つのパルス磁場を印加した後の状態は二つ目のパルス磁場の位相に依存し、角度に対してcos的な依存性を持ちます。一方(b)のパルス列では,一つ目のパルスで核スピンを反転させ,連続して一つ目と同じ長さだけ、位相を変えてパルスを印加します。図からもわかるように二つ目のパルス磁場がどの方向から印加されても元の状態に戻ることとなります。

(a) X(π/2)-φ(π/2)               (b) X(π)-φ(π)
 

 

以下は実際の測定結果であり,(a),(b)のパルス列ともに位相が良く制御できていることがわかります.

 

 

 我々はさらに、この位相を制御されたパルスを利用し量子計算の基本ゲートであるHadamardゲートとC-NOTゲートの操作を実演しましています。実験結果は少々複雑であるため、詳細を省きますが、この二つのゲートによって、量子計算が行えると言われています。


 コヒーレンスを保ったスピンは情報処理の媒体として使用することができるため、特に量子情報処理の分野で近年盛んに研究が行われています。半導体のように加工性に優れたデバイスを用いた局所的なスピンの操作や測定は、今後様々な拡張を予感させる研究テーマの一つであると考えられます。

References

 

[1]. G. Salis, T. D. Fuchs, J. M. Kikkawa, D.D. Awschalom, Y. Ohno, and H. Ohno, Phys. Rev. Lett 86, 2677 (2001).

[2]. G. Salis, D.D. Awschalom, Y. Ohno, and H. Ohno, Phys. Rev. B 64, 195304-1 (2001).

[3]. H. Sanada, Y. Kondo, S. Matsuzaka, K. Morita, C.Y. Hu , Y. Ohno and H. Ohno, Phys. Rev. Lett. 96, 067602 (2006).

[4]. Y. Kondo, M. Ono, S. Matsuzaka, K. Morita, H. Sanada, Y. Ohno and H. Ohno, Phys. Rev. Lett. 101, 207601 (2008).

人類のエネルギーを高める問題 (ニホラステスラ 記事)


ニホラステスラ 記事

4人類のエネルギーを高める問題
"The Century"、月刊誌、1900年6月。
人類進歩の動き; 運動エネルギー; 人類のエネルギーを増やす3つの方法
自然が人間の知覚に与える特別な現象の無限の多様性の中でも、私たちが人間の生命と呼ぶ複雑ではない運動よりも、意識が大きな驚きをもたらすものはありません。 その神秘的な起源は、過去の不可解な霧のベールによって隠されている、その文字は無限の迷路で明らかにされ、その究極の目標は未来の底なしの深みに隠されています。 人生は何ですか? その開発の動向は何ですか? これらはすべての時代の賢者が答えようとした質問です。
現代科学は主張する:太陽は過去、地球は現在、月は未来である。 私たちは熱い塊から生まれて、凍った塊になります。 自然の法則は無慈悲であり、私たちは自分の運命に素早くそして必然的に近づいています。 彼の賢明な結論では、ケルビン卿は太陽が明るい光を放射するのをやめ、約600万年の短命の生活空間しか残さない。そして、太陽が明るく光を放つのを止め、命を与えている暖かさは乾き、地球は宇宙を素早く掃く氷ブロック永遠の夜。 しかし、絶望しないようにしましょう。 それにはまだ生命のちらつきの火花があり、これは遠く離れた星で新しい火を照らす機会を与えるでしょう。 そのようなすばらしい機会が実際に存在していると思われます。デュアール教授の液化空気による優れた実験によって、有機的な生命の病原菌はどれほど強力であっても寒さから死んでいないことが証明されています。
その結果、それらは星間空間に存在する可能性があります。 一方、光の輝きが絶えず上がっている科学と芸術のビーコンは、私たちの道を照らし、発見した素晴らしい現象と彼らが示す喜びは、悲しい未来をある程度忘れさせる。
私たちは人間の生命の謎を理解することができないかもしれませんが、生命はその本性が何であれ、動きであることは間違いありません。 動きの存在は必然的に動くことのできる身体とそれを動かす力を意味する。 したがって、人生があるところには、力によって動かされる塊があります。 各塊には慣性力があり、各力は運動によって特徴付けられる。 この普遍的な財産と条件から出発して、身体は休息中であろうと動いているにしても、その州を保存し、それが何であれ、その原因が何であれ、同等の反対を引き起こすように強制し、必然的にそれに従う自然界のあらゆる動きはリズミカルでなければなりません。 この単純な真理は、長い間、異なる種類の推論によってこれを正当化するために来たハーバート・スペンサー(Herbert Spencer)によって明言されてきた。 それは、惑星の動き、海の潮汐と落ち込み、空気の残響、振り子の動き、電流の振動、無限の様々な有機現象の現象の中で、私たちが知覚しているすべてのものを確認します。 人生全体がこれを確認しているのではないでしょうか? 個人、性別、国家、人種の誕生、発達、老齢と死亡 - それはリズムではないにしても何ですか?

これは、発電機で得られた12.000.000ボルトの放電である。 毎秒100,000振動の電圧が、通常は不活性状態にある窒素を励起し、酸素と結合する。 写真に描かれている炎のような放電は直径65フィートに達する
この場合、人間のような最も複雑な形態であっても、どのような絡み合いや不思議にもかかわらず、物質宇宙全体を支配する非常に一般的な法則が完全に適用可能な動きに過ぎない。
私たちが人について話すとき、我々は人類全体を意味し、科学的方法をその運動の研究に適用する前に、運動は物理的現象であることを認識しなければならない。 しかし、今日何百万人もの個人や無数のグループやキャラクターが一つの全体を構成していると疑っている人はいますか? 私たちは思考と行動が異なっていますが、大空の星のような一体的な団結を、破られない絆で結びつけて形成しています。 これらの接続スレッドは見えませんが、私たちはそれを感じることができます。 私は指を切断し、それは私を傷つける:この指は私の一部です。 私は痛みを経験している友人がいるのを見て、これも私に苦しみを引き起こします。私の友人と私は1つです。 殺害された敵、物質の凝塊が見えますが、彼はすべての物質の凝塊から私のすべてを控えていますが、この光景は深く私を悲しんでいます。 私たち一人ひとりが全体の一部に過ぎないという証拠ですか?
何世紀にもわたって、このアイデアは、おそらく人々の平和と調和を維持する手段としてだけでなく、深く正当な真実として、最も賢明な宗教的信念で宣言されました。 仏教徒はそれを一方的に、キリスト教徒を別のもので表現しますが、どちらも同じことを語ります。私たちは一つです。 しかし、この考え方を支持する形で私共が支持できる唯一の証拠ではない。 科学はまた、同じ意味ではないが、1つの星座の輝き、惑星、月が単一の体であることを認めたときに、個々の個人のこの因果関係を認識しており、最終的にこれを実験的に証明することは可能である物理的および他の状態および現象を研究する手段および方法がより高度に改善されている。 それでも、人類は生きて生きるでしょう。 別の人物は一時的なものであり、人種や民族は出入りしますが、人類は残っています。 これは個人と全体の間の深い違いです。 ここでは、何世紀にもわたって無視できるほど弱いが一定の影響を受けた結果である、多くの驚異的な遺伝現象についての説明を見つけることができます。
今、力の影響を受けた人物を質量として想像してください。 それにもかかわらず、運動の法則はそれに適用され、 この質量のエネルギーは既知の公式に従って、ある速度の平方の質量の積の半分に等しくなる。 例えば、静止している砲弾には一定量の熱エネルギーがあり、これも同様に測定されます。 核が、互いに対して振動または回転運動を行う原子または分子と呼ばれる無数の小さな粒子からなると想像してください。 それらの質量と速度、ひいてはこれらの小さなシステムのそれぞれのエネルギーを決定し、それらを組み合わせると、明らかな休息の状態にある核の全熱エネルギーの考えが得られます。 この純粋に理論的な計算では、エネルギーは、全質量の半分、すなわち、 すべての小さな質量の合計の半分を速度の2乗で除算します。これは個々の粒子の速度で構成されています。 同様に、人類のエネルギーの半分に我々がまだ決定できない速度の2乗を乗じて、人類のエネルギーを計算することができます。 しかし、この無知は、自然を制御する質量とパワーの同じ法則に基づいて、私の計算の可能性を奪うものではありません。
しかし人間は回転原子や分子から成り、熱エネルギーのみを含む普通の物質ではありません。 それは、それが与えられた創造的な生活の原則から生まれる、ある高い質が敷かれた塊である。 波の水のようなその質量は常に変化しており、新しいものは古いものに取って代わります。 さらに、それは成長し、増殖し、死ぬので、その質量は、単一の個体だけでなく、人類全体によって変化する。 最も驚くべきことは、本質的に別のエネルギーを同化し、それを運動のエネルギーに変える固有の理解不可能な能力の助けを借りて、その運動の速度を増減させる特性である。 ある瞬間に起こるこれらの細かい細部を省略し、人類のエネルギーは人間性の質量の積の何倍かで計算されると仮定します。 どのような方法でこのスピードを測定しても何が測定の単位とされても、この概念によれば、このように定義されたエネルギーの増加は、ここで与えられた概念は、常に最も重要な科学的問題になります。 何年も前、ドレイパーの非常に興味深い作品「人の人生を生き生きと描写したヨーロッパの知的発展の歴史」は、この永遠の問題の解決が常に科学者の主な仕事でなければならないという認識に私を押し上げました。 それを解決しようとしている私自身の努力の結果のいくつかは、ここで概要を説明しようとします。

人類のエネルギーを高める3つの方法
ですから、提示された図に注目しましょう。 Mは人類の質量を表す。 この質量は一方向の力fを一方向に動かし、別の力R-部分的に摩擦力、反対方向に作用し、質量の運動を抑制する部分的に負の力によって相殺される。 そのような反対の力はすべての動きに存在し、考慮する必要があります。 これらの2つの力の差は、力ベクトルf上の矢印によって示される方向に速度Vを質量Mに伝える有用な力である。 人のエネルギーは1/2 MV 2 = 1 / 2MV x Vで与えられる。ここで、 Mは人類の総質量であり、 Vは科学の現在の状態のもとで、正確に特徴づけ、定義する。 その結果、人類のエネルギーを増やすことはこの製品の増加と同等であり、容易に見ることができるように、この結果を達成するための実際の方法は3つしかない。 上のグラフに示される第1の方法は、両方の対向する力を変化させることなく(点線の円で示されるように)質量の増加を想定している。 第2のグラフから明らかなように、第2は、制動力Rをkの値に減少させ、質量および駆動力を以前の値に保つことである。 第3の方法は、下のグラフに示されており、質量Fおよび値Fに駆動力Fを増加させることからなり、質量および反作用力Rは変化しないままである。 明らかに、質量には一定の制限があり、反対の力は減少するが、動機付け力は無制限に増加する可能性がある。 これらの3つの可能な解決策のそれぞれは、人類のエネルギーを増やすという基本的な問題の異なる側面を表しています。 したがって、これら3つの別々の問題を一貫して考慮する必要があります。
問題番号1:人の数を増やす方法。 気化性窒素の燃焼
人類の質量を増やす2つの明白な方法があることは一般的に受け入れられている:第一に、その増加をもたらす力と状況の支援と保存第二に、質量を減らそうとする者の反対と弱体化。 体重の増加は、健康、完全な栄養、節度、習慣の順序、発達に向けて動く家族連合の創造、子供への誠実な態度、そして一般的に受け入れられているすべての宗教戒律および衛生規則の遵守に注意深い態度によって促進される。 しかし、一方で、余分な体重を加える過程で、3つの側面が明らかになります。 追加された質量は、利用可能な質量と同じ速度を有することができ、またはその速度はより小さくてもよく、またはより大きくてもよい。 これらの瞬間の相対的重要性を理解するために、レールに沿って数百の機関車が動く列車を想像して、動く塊のエネルギーを増やすために列車に4つの機関車が追加されたとしましょう。 彼らが列車に行く速度で移動すると、合計エネルギーは4%増加します。 速度が電車の速度の半分に等しい場合、エネルギーの増加はたった1%になります。 列車の速度に比べて2倍の速度で動くと、エネルギー利得は16%になります。 この単純な例は、質量を高速に加えることが非常に重要であることを示しています。 例えば、子供が両親と同じ程度の啓蒙に達した場合、つまり「同じスピード」を持つ塊であれば、追加された量に比例して確実にエネルギーが増加します。 彼らが知性が低い、言い換えれば、開発されていない、または「低速」の質量である場合、エネルギーの増加はごくわずかです。 しかし、それらがはるかに発展している場合、すなわち 「より速い速度」の質量であれば、新世代は人類全体のエネルギーに大きく貢献するでしょう。 法律で要求されている強制的な指標の下にある「低速」の塊に積極的に参加することは避けてください。「健康な体の健全な心」。 例えば、私の大学のいくつかが目指している筋肉の単純なビルドアップは、私が学生だったときに自分の見解が異なっていたにもかかわらず、私は「低速」の質量を追加することと同じで、これをお勧めしません。 精神的、肉体的に必要なバランスを取る適度な運動はもちろん重要です。 上記の例では、育てることが最も重要な目標は、新しく追加された塊の「スピード」を高めることです。
一方で、宗教的信念や衛生的なルールに反するものはすべて質量の減少につながると主張する必要はほとんどありません。 この種のウィスキー、ワイン、紅茶、コーヒー、タバコなどの覚せい剤は、多くの命を減らす役割を担い、適度に使用する必要があります。 しかし、私は、多くの世代の習慣の抑圧の厳しい措置が賞賛に値するとは考えていません。 断禁より節度を宣言する方が賢明です。 私たちはこれらの覚醒剤に慣れています。そのような改革が起こることになっているのであれば、それらはゆっくりと徐々に起こらなければなりません。 そのような目標を追求する彼らのエネルギーを費やす人々は、例えば、きれいな水の供給のように、自分自身の努力を何か他のものに向けることによって、より多くの利益を得ることができます。
エキサイティングな物質の作用から時期尚早に死に至るすべての人にとって、汚れた水を飲むことの結果から少なくとも1000人は死にます。 新しい生命が毎日私たちに注ぎ込まれる貴重な液体は、病気や死が私たちの体に来る主な乗り物のようなものです。 彼女が彼女と共に運ぶ破壊の微生物は、人間が気付かない破壊的な仕事を実行するより恐ろしい敵です。 彼らは私たちが生きて楽しんでいる間、私たちの運命に印を残します。 大部分の人々は飲料水でとても文盲で不注意であり、その結果は非常に有害であり、慈善家は自分自身をこのように害する人を啓発しようとするよりも、自分の力を使い分けることはほとんどありません。 飲料水の体系的な浄化と滅菌により、人類の質量は大幅に増加したであろう。 厳しい規則を導入する必要があります。それは、法律の執行義務、すなわち家全体やあらゆる公共の場での飲料水の滅菌を強制することができます。 簡単なろ過では感染に対する十分な防御が得られません。 内部消費のためのすべての氷は、慎重に殺菌された水から特別に調製する必要があります。 水道水から病原菌を除去することの重要性は一般的に認識されているが、大量に水を殺菌する満足のいく方法はまだ提案されていないため、既存の状況を改善するためにほとんど行われていない。 改良された電気器具の助けを借りて、安価なオゾンを大量に生産できるようになりました。この理想的な消毒剤は、重要な問題の解決策であるようです。
ギャンブル、特に取引所でのビジネスや興奮の活発化は、特に各個人が大きな価値を持っているため、体重の大幅な削減の理由です。 病気の最初の症状への注意の欠如と軽い無視は、死の重要な要因です。 すべての新しい兆候に注意して注意を払い、意識的にすべてのことをして予防することは、幸福と成功のために賢明な衛生規則に従うだけでなく、高い道徳的義務を果たします。 誰もが彼の体を、他の誰よりも愛しています貴重な贈り物として、人間の理解よりも優れていると言い切れないほどの美しさと職人技の驚くべき作品として考えなければなりません。 病気と死を生み出すことは、悪徳は自己破壊的であるだけでなく、非常に不道徳な習慣でもあります。 彼らの体を健康で清潔に保ち、感染を許さずに、彼らに与えられた高い原則に対する畏敬の念を表します。 この解釈で衛生的な規則に従う者は、ある程度、真に信者になります。 道徳の弛緩は、魂と体の両方を中毒させる巨大な悪であり、一部の国では非常に大きな人体喪失を引き起こします。 現代の慣習や動向の多くは、同じ悲惨な結果につながります。 例えば、世俗的な生活、近代的な育成、女性の生活様式は、家事から離れて男性と同じレベルに置くことを目的としており、必然的にそれらに組み込まれた理想的なイメージによって名誉毀損され、芸術的創造力を低下させ、不妊症や一般的弱体化レース 議論されている問題に関連する他の何千もの災害を呼び出すことができますが、一緒に集められたすべてのものは、貧困、飢餓、および必要性によって引き起こされる食糧不足という単一の悪と比較してはなりません。 食糧不足のために何百万人もの人々が毎年死ぬため、大衆の成長は遅れます。 啓発された地域社会でさえ、多くの慈善活動にもかかわらず、これはまったくの可能性がありますが、主な悪です。 同時に、私は食物の絶対的な欠如を意味するのではなく、健康的な食事の欠如を意味します。
良質で豊かな食糧を提供する方法 - したがって、この作業は当日の最も重要な問題です。 食物を提供する手段としての牛の飼育は、上記のように「スピードの遅い」塊の追加につながるはずであるため、最初に異議を提起する。 もちろん、野菜の栽培は望ましいですから、私は菜食主義が蔓延した野蛮な習慣から賞賛に値するものだと考えています。 私たちが菜食主義の食べ物を食べて生きて、仕事をし、同時に利益をもたらすことができるという事実は、理論ではなく実証済みの事実です。 ほぼ独占的に野菜を食べる多くの人々は優れた体格と強さを持っています。 オートミールのような植物性食品は肉よりも経済的であり、生理的および精神的効果の両方に関してそれを上回ることは間違いない。 さらに、このような食べ物は、消化器系にとって明らかに負担が少なく、よりバランスの取れた社交的なものとなり、貴重な利益をもたらします。 これらの事実を考慮に入れて、私たちの道徳を破壊する動物の無謀で残酷な殺人を止めるためにあらゆる努力を払う必要があります。 動物の本能を取り除き、私たちの発達を遅らせる情熱を取り除くために、私たちはそれらを引き起こす原因から始めなければなりません:栄養の質を根本的に改善しなければなりません。
哲学的観点からは、食糧は必要ないと思われる。 私たちは、食糧なしで生活し、環境からの重要な機能の実現に必要なすべてのエネルギーを受け取った組織された存在を想像することができます。 私たちはクリスタルに創造的な原則が存在するという明白な証拠を持っていますが、クリスタルの寿命を理解することはできませんが、それにもかかわらず生きた存在です。 結晶に加えて、場合によっては気体状態にあるか、またはさらに微妙な物質から形成された、物質の他の個別化された物質系が存在してもよい。 また、この可能性を仮定すると、我々の理解に人生の存在の条件がないため、惑星での組織化された存在の存在を不可解に否定することはできません。 彼らの憲法や人生の兆しは、私たちが単にそれを知覚できないようなものになる可能性があるので、私たちは、私たちの世界では、私たちの間で、存在しないかもしれないと自信をもって述べることさえできません。
人類の質量を増加させる手段としての人工食品の生産は自然に現れますが、少なくともこの種の食糧確保の経験は合理的ではないようです。 私たちがそのような製品を食べることによって成功して生き残ることができるかどうかは非常に疑問です。 私たちは何世紀にもわたる適応の結果であり、予期せぬ経験や恐らく悲惨な結果を招くことなく根本的に変化することはありません。 そのような疑わしい実験をすることは不可能です。土の生産性を高める方法を見つけることは、悪の破壊的な効果に耐えるより良い方法で私には見えるでしょう。 このため、森林保全の重要性を過大評価することは不可能であり、電力を発電する目的で水エネルギーを使用するという考え方を積極的に支持し、多くの場合、森林を燃やしてその保全に貢献する必然性は避けなければならない。 しかしながら、 そのようなまたは同様の方法によって達成される改善には限界がある。
土壌の生産性を大幅に向上させるためには、より効率的に人工的に受精させるべきである。 この場合、食糧生産の問題は、可能な限り最良の方法で土壌を肥料化する方法の問題に還元されます。 土壌はまだ謎です。 その起源の説明は、おそらく、生命自体の起源の説明と同等である。 破壊的で湿気の多い岩、熱と風、そして天候は、自分自身の中で命を救うことができませんでした。 いくつかの不可解な状態があり、一定の新しい原則が始まり、第一層が形成され、コケなどの下等生物の生命を支えることができました。 彼らは生きて死ぬほど土壌の生命力を強化し、高等生物は存在し、高度に組織化された植物や動物の生活が華麗に繁栄するまで続けられました。 しかし、今日でも肥料の効果についての理論には合意がないにもかかわらず、土壌は無限に生命を維持することができないという事実を説得することによって証明されており、植物が植物から摂取する物質を供給するための道が見出されなければならない。 主な貴重な物質は窒素化合物なので、その安価な生産はすべての人にとって重要な食糧問題を解決する鍵です。 私たちの大気中には窒素が無尽蔵に供給されています。もしそれを酸素と結びつけてこれらの化合物を生産することができれば、人類に恩恵をもたらします。
このアイデアは、科学者の創造的探求の中で長く、しっかりと位置づけられていますが、そのような結果を達成するための効果的な方法は発明されていません。 この問題は窒素の異常な不活性のために非常に困難に見えました。窒素の不活性は酸素との結合を「拒否」するためです。 しかしここで私たちは電気によって助けられます:適切な品質の電流が、要素の眠りの特性を目覚めさせます。 何世紀もの間、燃焼せずに酸素と接触していた石炭が点火されればそれに反応し、電気によって励起された窒素が燃焼する。 しかし、比較的近頃までは、効率の良い窒素を励起する放電は得られませんでしたが、1891年5月に科学講義を行い、新しい形態の放電を実演しましたが、私は "The Elms of St. Elm"大量にオゾンを発生させる能力に加えて、私が聴取者の注意を引く機会を得た特性を有していて、化学親和性を開始することができる。 その後、火炎の長さがわずか3〜4インチの放電であり、その化学的活性はちょうど弱く、結果として、窒素酸化のプロセスは非効率的で無駄であった。 この影響をどのように強めるかという疑問が生じました。 明らかに、窒素と酸素の接続プロセスをより効率的にするために、特別な種類の電流を得ることが必要でした。
最初の成功は、放電中の化学活性が非常に高い周波数の電流を使用すると著しく増加することがわかったときに達成された。 これは重要な前進でしたが、すぐに現実的な考慮がこの方向への進展に一定の制限を課しました。 その後、電気パルスのパラメータ、波形、その他の特性の影響を調べた。 大気圧、温度、水分などの影響を調べ、最も強力な放電作用を発揮する条件を徐々に明らかにし、プロセスの効率を最大限に引き出しました。 もちろん、より良い選択肢の探索には時間がかかりました。 私は徐々に前進しました。 炎が強くなり、その酸化作用がより強くなった。 マイナーからブラシ上に数インチの長さの放電が起こり、驚くべき電気的現象、すなわち大気中の窒素を吸収し、直径が60フィートまたは70フィートに達する轟音の炎に成長しました。 だから、ゆっくりと、ほとんど目に見えないほど、可能なことが実現しました。 しかし、すべてが行われているわけではありませんが、私の努力が報われたことはある程度、 LINK上のイラストに見ることができます。 画像に見られる放電は、炎と同様に、表示されたコイルを通過し、帯電した空気分子を集中的に励起する強い電気振動の結果として得られる。 この方法は、大気の2つの通常は無関係な成分から多数の化合物を生成し、放電の化学反応を強化するための他の条件がない場合でも、それらは容易に接続される。 このようにして窒素化合物を得る場合、当然のことながら、この反応の強度およびプロセスの効率に関連するあらゆる可能な方法が使用される。 さらに、形成された化合物を固定するためには、通常は不安定であり、短時間の間に再び窒素が不活性になるため、特別な措置が考えられる。 蒸気は、関節を永久的に固定する簡単で効果的な手段です。 図示された結果は、安価な機械的エネルギーおよび単純な電気装置のみを使用して、大量の窒素を無制限に酸化することを実際に可能にする。 これらの化合物を用いることにより、土壌を肥料化することができ、その生産性を無制限に高めることができる。 したがって、あなたは人工ではなく、私たちが慣れている安価で健康な食物を豊富に得ることができます。 この新しい無尽蔵の食糧供給源は、人類の大量化に大きく貢献し、人類のエネルギーに多大な貢献をもたらすため、人類に計り知れない恩恵をもたらします。 すぐに、私は、世界は鉄の生産の後に2番目に重要な時代になる産業の出現を見て願っています。
問題2:人類の大部分の増加を含む力をいかに減らすか。 TELEVOTOMATICS
上記のように、人類の進歩を阻害する力は、いわゆる部分的摩擦力と部分的に負の力である。 それらの違いを示すために、私は、例えば、無関心、愚かさ、能力不足など、特定の方向を欠いた純粋な形態、摩擦的、または反対の力の両方に名前を付けることができます。 一方、投射、狂気、自殺傾向、宗教狂信などは、特定の方向に作用する負の力です。 これらの不均一な制動力を弱めるまたは完全に克服するためには、特別な技術を使用する必要があります。 あなたは、例えば、狂信的な人に何を期待し、予防措置を講じるあなたの力で、啓発し、説得し、おそらくそれを指示し、その欠如を尊厳に変えます。 あなたは知りませんし、動物の情熱で克服された人が何をすることができるか、または愚かなことを決して知らないでしょう。あなたは知性がなく、狂気の要素が制御不能になるのを許す不活性な物質として彼を扱わなければなりません。 ネガティブ品質は、ある品質では常に固有であり、しばしば高いレベルであるが、間違った方向性が有益である。 しかし、指向的な効果を持たない摩擦のない力は不可避的な損失につながります。 したがって、最初の検討では、上記問題に対する一般化された答えは、すべての負の力を正しい方向に向けることと、摩擦力を減少させることであることは明らかである。
あらゆる摩擦的反作用の中でも、無知が人類の発展を妨げることは間違いありません。 理由なしに、偉大なセージブッダは言った: "無知は世界で最も大きな悪です。 数多くの言語や人々が存在するために無知から生じ、大きく増加する摩擦は、知識を広め、人類の多様な要素を統一することによってのみ減少させることができます。 努力はより良いアプリケーションを見つけることはできません。 しかし、過去に人類の進歩をどのように無知が妨げていたとしても、否定的な力の役割は今や間違いなく増加しました。 それらの中には他よりもはるかに重要なものがあります。 それは「組織化された軍事行動」と呼ばれています。 武器の生産に費やされるすべての無駄な努力について、軍隊の日常的な維持と軍事装置の膨大な量について、膨大な量の人間のエネルギーを取り入れた莫大な金額について、何百万人もの才能ある人、霊的にも肉体的にも、人類の喪失と野蛮の精神の宣言の破壊の武器、我々は必然的にこれらの哀歌の存在を伴う無数の損害にぞっとする 状況。 この恐ろしい悪に最善を尽くすために私たちは何ができますか?
法と秩序は、もちろん、権力構造の保存を必要とする。 コミュニティは存在せず、厳格な規律なしに発展することはできません。 そのような必要がある場合、各国は自分自身を守ることができなければなりません。 今日の状況は昨日の結果ではなく、急進的な変化は明日実現できません。 状態がすぐに解除されれば、これは戦争そのものよりも悪い状態につながるだろう。 普遍的な世界は美しい夢ですが、ほとんど実現できません。 最近では、最も大きな世俗的権力を服された人々の崇高な努力でさえ、実際には望ましい結果が得られていないことがわかりました。 現時点で普遍的な平和を確立するための物理的な可能性がないことは驚くべきことではない。 戦争は負の力であり、その方向は中間段階を通過するまで正に変化することはできません。 この問題は、車輪を一方向に回転させること、コースを減速させること、停止させること、及びそれに続く新たな方向への回転の加速を伴うことなく、逆方向に強制的に回転させることにある。
大きな破壊力を持つ武器の創造が戦争を止めるという紛争がある。 私は長い間自分自身と思っていましたが、今はそれを深い妄想と考えています。 そのような成果は主にそれを修正するが、それを止めることはない。 それどころか、私は、新しい方向性を持つ新しいタイプの兵器が、この方向に進むたびに、新しい才能豊かで熟達した人々を引き付け、新しい努力が費やされ、新しい動機が提案され、改善。 火薬の発見を覚えています。 この革新によって引き起こされたものよりもさらに急進的な結果を想像することができますか? そうでなければ、戦争が終わったとは思っていませんでした。なぜなら、騎兵は嘲りの対象となり、体力と器用さはそれほど劣っているということです。 それにもかかわらず、火薬は戦争を止めませんでした。 逆に、それは強力な動機として作用した。 戦争そのものが科学になり、人間の最奥の感情に触れるため、科学的根拠や投機的精緻化の助けを借りて戦争を終わらせることはできないと私は信じていません。 実際には、それは疑わしいです:高い原則を支持する準備ができていない人々は、何にもまったく適していますか? 人は魂ではなく、体ではありません。 人間は魂と肉体の団結です。 私たちの美徳と欠点は、力と物質のように不可分です。 彼らが分かれていれば、もう人はいない。
しばしば、もう一つの強力な議論が行われます。すなわち、救済策が攻撃手段を上回ると、戦争は不可能になります。 これは次のように定式化できる基本法則に相当します。ビルドするよりも破壊する方が簡単です。 この法律は、人類の知的能力と存在条件を反映しています。 彼らが破壊するよりも構築が容易なようなものだったならば、限界を知らずに創造性と蓄積の道に沿って妨げにならないでしょう。 私たちの惑星にはこのような条件はありません。 これを行うことができる本質は男ではないでしょう。 それは神だけかもしれません。 防衛は攻撃よりも常に優位に立つが、これだけで戦争を止めることはできないだろう。 根本的に新しい保護手段を使用して、攻撃に耐えられる港を作ることができますが、これらの手段によって、公海での戦闘での2つの軍艦の衝突を防ぐことはできません。 さらに、私たちがこの考え方を遵守してそれを発展させると、攻撃と防衛が2つの対立として関連していれば人にとってより良いと結論づけられます。 世界各地を無視しても、人類の進歩にとって極めて不利な状態に陥ることは間違いありません。 人々と国を隔てるすべての障壁の破壊だけが、文明の進歩を促進する。
また、航空機の登場は普遍的な平和につながると言われています。 そして、これは、私が信じるのは、まったく誤った視点でもあります。 もちろん、航空機は現われ、まもなく現れるが、条件は以前と同じままであろう。 実際、英国のような支配的権力が海上空域と同じように空域を管理すべきでない理由はないと私は見ている。 私は預言者とは思っていませんが、近くの未来が「空軍」の出現を見て、その中心はニューヨークから遠く離れているとは言いがたいです。 しかし、すべてのことにもかかわらず、人々は戦い続けることを喜ぶでしょう。
計画された軍事原理の開発は、最終的には戦争のエネルギー全体を、電気コンデンサーのエネルギーと同様に潜在的な爆発エネルギーに変えることにつながるだろう。 この形で、戦争のエネルギーは努力なしに救うことができました。 量がはるかに少なくなければならず、その効率は比例して大きくなくてはなりません。
外交侵略に対する国の安全保障に関しては、国民の絶対数や軍隊の大きさではなく、相対的な関係だけに依存しており、すべての国が同じ割合で軍隊を削減すれば、安全保障の程度は変わらないということは興味深い。 国民の不完全な教育の観点から、戦争の力を最小限に抑えることを目的とした国際協定は、人類の移動を妨げている軍事力を弱めることを目的とした最初の合理的な措置である。
幸運なことに、既存の状態は無限に続くことはできません。進化の新しい段階が現れます。 より良いものへの変化は近づいています。私は、私の考え方によれば、人々の間に平和な関係を築くための第一歩と、それが最終的に達成されることを意味するものを現してみようとします。
唯一の律法が強い者の律法であったとき、最初に戻ってみましょう。 理性の光はまだ着火されておらず、弱者は強い者の完全な力のままでした。 それから、弱者は自分自身を守ることを学び始めた。 彼はクラブ、石、槍、スリングまたは弓矢を使用し、時間の経過とともに体力の代わりに戦闘の決定的要因が知性であった。 野生の気性は徐々に崇高な気高い感情によって緩和され、一貫して何世紀もの絶え間ない発展の結果として、私たちは非合理的な動物の残忍な戦いから文明闘争と呼ばれる現在の状態に移行しました。中断、致命的な戦いに入るための信号で同時に準備する。 悲観主義者は彼らが望むものを言わせるが、これは重要かつ満足のいく進歩の絶対的な証拠である。
今、この進化の次の段階を考えてみましょう。 いずれにしても、まだ平和はありません。 現代の成果から自然に続くべき次の変化は、戦闘に関わる人々の数が絶えず減少していることです。 戦争の仕組みは異常に大きな力を持つだろうが、少数の人々しかそれを管理する必要はない。 この方向への進化は、軍事作戦に人員の参加が最も少ない機械やメカニズムをますます提供していきます。そして、これが完全に避けられない大きな結果は、大きく、遅く、ゆっくりと移動し、管理不能なユニットを放棄することになります。 主な目標は、可能な限り速いスピードを持ち、最小限のエネルギーを消費する戦闘車両の作成です。 人的資源の損失は、恒久的に退職する人々の数が徐々に減少することを意味し、機械は流血なしに競争に入り、人々は興味を持って野心的な観客として現れる。 この好条件が可能になると、世界は保証されます。 しかし、どのような破壊力が敷かれていても、急速なライフル、長距離大砲、弾丸、魚雷艇、その他の戦争兵器がどんなに完璧であっても、これらの成果のいずれかが得られれば、この条件は実現できません。 これらの戦争のすべての手段は、人間が自分の管理に参加することを要求します。 人々はこの仕組みの不可欠な部分です。 彼らの目標は殺人と破壊です。 彼らのエネルギーは悪を行う能力に現れます。 人々は戦いに従事しているが、流血は避けられない。 流血はいつも大まかな情熱に栄養を与えます。 この猛烈な精神を打破するためには、根本的な措置を講じる必要があります。軍事作戦の間に存在したことのない絶対的な新しい原則が提案されなければなりません - 納得のいくように、必然的に戦闘を単純な光景、光景、 この結果に到達するには、人々の参加を排除する必要があります。マシンはマシンと戦わなければなりません。 しかし、不可能と思われることをどうすればできますか? その答えは、レバー、ボルト、ホイール、クラッチなどで構成された機械的な装置だけではなく、人間の一部であるかのように機能することができる機械を作成するだけで、それを正しく実行できる高い原則を備えた機械です彼女は知性、経験、意思決定能力、意識を持っているかのように! この結論は、私の反省と実際に一生の間の観察の結果であり、今私はどのように私が最初に実現不可能な夢のように思えたのかを簡単に説明します。
何年も前、子供の頃、私はひどい病気に苦しんでいました。これは明らかに目の網膜の極端な興奮によって引き起こされました。 私は、実際の物体の視覚的な認識を歪め、思考の過程を混乱させたイメージを維持しました。 言葉が私に話されると、それが示した物体の鮮明な画像が目の前に現れていて、多くの場合、私が見た物体が本当であるかどうかは言えませんでした。 それは私に大きな不快感をもたらし、恐怖を引き起こしました。そして、私は執拗に自分自身を強迫観念から解放しようとしました。 しかし、長い間、私の試みは無駄であり、明らかに私が覚えているように、私が12歳の時に私に現れたイメージの追放で最初の成功を収めようとしていた。 当時のように私の幸福は決して完全ではありませんでしたが、残念ながら(私が信じていたように)、古い病気が戻ってきました。 私が参照する観測が始まったのです。 つまり、私は目の前で物体のイメージを見るたびに、私にそれを思い出させる何かを見ていたことに気づいた。 最初は彼はこれが純粋な事故だと思ったが、すぐに彼はそうではないと確信した。 受け取った視覚的印象は、意識的にまたは無意識のうちに、必ず画像の外観に先行していた。 徐々に、画像の出現を見いだす欲求が高まり、この欲望の満足はすぐに緊急の必要となった。 私は、以前に見られたイメージの結果としてイメージが私に現れた場合、同じ考え方で私の考えがわかりました。 また、思考の原因となったイメージの出所を特定するという同じ欲求を感じました。この最初の視覚的な印象の検索が私の習慣に入りました。 それが何であっても私の考えは自動的になり、何年もの連続して無意識の練習で毎回能力を得て、考えを生み出した視覚的イメージの起源を瞬時に決定しました。 ちょっとしたことで、私の行動も同じ刺激を持っていることが明らかになりました。それゆえ、毎年、毎年、自分の思考と行動のそれぞれを分析し、観察し、テストし続けています。私はそれを実証しました。私は自分の感覚に影響を与え、それに応じて行動し、動く外部刺激に単に反応する行動を実行する能力を備えたオートマトンです。 私は、インパルス、思考、または夢を引き起こした印象の起源を特定できないとき、私の人生全体で1〜2つの症例しか覚えていません。

テレオートマティクスの最初の実用化。 機械は、身体の角をつくったり前進したりする能力を持ち、その内部機構の作用は無線で距離を置いて規制されている。 写真に描かれている船は乗組員を必要とせず、独自の発電所、プロペラ、ステアリング・ギア、その他多数の機構を備えています。 これらはすべて、長距離の電気振動からそのような変動だけを受信するように構成された船の輪郭までの無線伝送のお陰で動作します。
そのような知識を持っている私は、当然のことながら、私のアバターになる自動デバイスを作成することを長い間考えてきましたし、より原始的な方法でも同じように外部の影響に反応します。 明らかに、このようなオートマトンには、推進装置、制御装置、および外部の影響から興奮することができる1つまたは複数の感覚器官が必要である。 この装置は、私が信じる理由があったので、同じ基本的な機械的特性と同じ構成要素を持つので、生き物のような行動を実行します。 生存、生殖、そして最も重要なことに意識の機能について言及する必要があります。それがなければ、モデルは完璧とはみなされません。 しかし、この場合、メカニズムは完全な形で構築できるので、成長する能力は必要ではありませんでした。 再現性については、機械的モデルの場合は単に生産プロセスを意味するため、無視することもできます。 自動デバイスが肉と骨、または木と鉄で構成されているかどうかは、思考のようなすべての必要な義務を果たすことができれば、それほど重要ではありません。 そうするためには、機械は、機械のすべての動作を制御する意識に対応する構成要素を有していなければならず、予期せぬ事態が発生した場合には、合理的に、 そして、私が簡単にそれを置くことができるのは、デバイスのこの要素であり、私の世界のビジョンのプロパティを与えました。 このように、本発明は実現されたので、遠隔地にある装置の動作を制御することが可能であることを意味する「テレオートマティクス」という名前が付けられた、科学的創造性の新しい方向性が生まれた。

リターンワイヤなしの単線システムで電気エネルギーを伝達する経験。 一方の端子または両方の端子がコイルの上側自由端を形成するワイヤによって接続された従来の白熱電球は、発電機からのコイルを介して伝達される電気振動によって照明され、その全電力の1/5
この原理は、陸上、水上、または空中で動作するどのようなタイプの機械にも当てはまりました。 最初の実用化のために、私は潜水艦を選択しました( SILICON参照)。 内部に置かれたバッテリーはエネルギーを供給した。 モーターから作業していたプロペラは 、運動器官でした。 同じようにバッテリーで駆動される別のモーターによって駆動されるハンドルは、運行体として機能した。 知覚器官に関しては、最初に、セレン元素のように、光線に敏感で人間の目として機能することができる装置を使用することが最初の考えであった。 実験の過程で、私は、光、熱放射、ヘルツ放射、または一般的には光線の助けを借りてオートマトンを完全に制御することは不可能であることを認識しました。 空間内を直進する放射体。 その理由の1つは、オペレータと離れたところにある機械の間に現れるあらゆる干渉が、制御することができなくなることであった。 もう1つの理由は、離れた場所で制御されているデバイスに関して一定の位置にある目を表す感覚デバイスであり、この必要性は制御に大きな制限を課すであろう。 もう1つの非常に重要な理由は、レイを使用すると、オートマトンにこの種の他のデバイスと区別される個々の特性または特性を与えることは、不可能ではないにしても困難になるということでした。 明らかに、マシンは個々のコールにのみ応答する必要があります。 このような考察から、装置の敏感な器官は、この場合、遭遇する障害にかかわらずその動作を制御することができ、遠隔制御に対するその位置に注意を払わないので、人の目より耳に多く対応しなければならないという結論に至った。 最後に、しかしそれほど重要ではない議論:忠実な召使と同様、彼は彼の主人の呼び出しを除いてすべての信号に耳が聞こえなく応答しないままになります。 これらの条件は、音のようなあらゆる方向の空間で伝送される光線または他の光線の代わりにオートマトンを制御するために使用されるか、歪みのない最小の抵抗の経路に従うように強制される。 私は、船内に配置された振動回路の助けを借りて、私が望む結果を得て、離れた電気オシレータによって伝達される必要な特性の電気振動に正確に調整または調整しました。 この回路は、伝達された振動、励起された磁石、およびプロペラおよびステアリングが制御される他の装置に弱く応答するが、他にも多数の機構が作動した。
上で説明した簡単な方法で、知識、経験、意思決定能力(遠隔操作者の意識と呼ぶ)は、このようにして必要な操作をすべて移動して実行できる機械に内在するようになりました。 彼女は盲目の男のように行動し、指示に従い、耳で知覚された。
構築されたオートマトンは、それぞれが単に遠隔のオペレータの体の機能を実行し、彼に合理的​​な指示を与えたため、「意識」と言いますと、「借用」しました。 しかし、この業界はまもなく発展し始めています。 どのような非現実的なものであっても、「自分の意識」を持つオートマトンを作り出すことが可能であることを示したいと思っています。これによって、感覚器官に影響を及ぼす外部刺激に反応して、あたかも彼が心を持っているかのように、さまざまな異なる行動と操作を生み出すために、オペレータは自分自身に任せられていませんでした。 彼は舗装されたコースに従うことができますか、または実行の時間の前に長い時間与えられた注文に従うことができます。 彼は、何が行われる必要があるものとないものとの違いを見て、経験を得るか、言い換えれば、その後の行動に確実に影響する印象を書き留めることができます。 実際、私はすでにこのプロジェクトを代表しています。
私は何年も前にこの発明を開発し、実証実験中に私の研究室の訪問者に非常に頻繁に言いましたが、仕事が完了してからずっと後になって、かなり自然に、メッセージ。 ほとんどの人は、この新しい科学的方向性の真の意味を理解しておらず、また、その根底にある基本的な原則の莫大な重要性を認識していませんでした。 それが現れた数々のコメントからどれくらい正確に判断できるのか、私が達成した結果は絶対不可能とみなされました。 本発明の実現可能性を認識することを望んでいない少数であっても、それを自走式の魚雷と見なした。これは軍艦を損なうために怪しげな成功を収めた可能性がある。 最も一般的な意見は、私はデリックや他の波の助けを借りてこの種の船を制御する方法しか開発しなかったということでした。 しかし、ワイヤで誘導される魚雷、無線通信が生まれました。もちろん、前述のことは明らかな結果でした。 私がこれだけを作成してもそれ以上のものを作っていなければ、私は本当に少ししか達成できません しかし、私が開発した科学的方向は、船の動きを制御するだけでなく、 すべての種類のプログレッシブムーブメントを確実に制御し、マシンのすべての内部システムで発生するプロセスを可能にします。

地上を流れる電気の無線伝送を実証する体験。 コイルは、離れて配置された発電機の振動に対して同調され、下側端子は接地される。 点灯するランプは、発電機からのアースを介して電気振動に伝達される電気振動によって励起される独立回路内に配置され、最大電力の5%のみが使用されます
機械の制御が害を及ぼす可能性があるという事実に関する重要な発言は、電気的な変動を利用して可能な驚くべき結果を意識していない人から来たものです。 世界はゆっくりと変化しており、新しい真実を見ることは困難です。 疑いなく、この原則を使用することで、特にこの原則が潜水艦や航空機に適用される場合、防衛兵器の創出と大きな破壊力の発揮が保証されます。 本質的には、船舶が船上に爆破できる量には限界がありません。特に、操船不能はほとんど不可能であるため、遠方まで攻撃することができます。 しかし、この新しい原理の運用は、破壊的な力だけに限定されるものではありません。 その適用は、以前に存在していなかった要素、すなわち、人力の介入なしに攻撃と防御の手段としての戦闘手段を軍事行動にもたらす。 この方向への継続的な技術的改善は、人類と人的損失の参加なしに戦争を単なる機械のコンテストに変えなければならないでしょう - 私の意見では、永久的な平和に向けての第一歩として達成されなければならないでしょう。 未来はこれらの意見を確認するか反論するでしょう。 誇張されていない私はこの問題について私の見解を述べ、私の正しさを深く信じていました。

写真は、発電機からの地球を介して伝達される振動に応答する、異なるチューニングを有するいくつかのコイルを示す。 強力な放電を伴う右側の大きなコイルは、周波数が2倍の2つの大きな垂直コイルで、毎秒50,000振動の基本周波数に調整されています。 メインの4倍を超える周波数の小さな白いコイル、および残りの小さなコイルを高調波に変換します。 発電機によって生成された振動は非常に強く、26倍の周波数に調整されたコイルにトレースすることができた
人類間の恒久的な平和的関係の確立は、人類の大量発生を妨げる力の弱体化に最も効果的に貢献し、この最も重要な人間の問題に対する最善の解決策となるであろう。 しかし、ある日、普遍的な平和の夢を実現するでしょうか? これが起こることを祈りましょう。 科学の光がすべての暗闇を払拭し、すべての国が一つに合併し、愛国心が宗教であると特定されると、言語と国と目的が一つになると、夢が現実になります。

記載された実験に使用された発電機の主要部の写真
問題番号3:人類の大部分の加速の力をいかに高めるか。 太陽エネルギーの使用
人類の主な問題の3つの可能な解決策(エネルギーを増やすという問題)の中で、この決定は、それが意味する価値だけでなく、人間社会の発展を決定する多くの要素や条件と密接に関連しているため、最も重要であると考えられるべきです。 すべてを順番に説明するために、私は最初から私を導き出して解決策に到達するためのガイドラインに留まり、ここで説明されている結果に一歩一歩踏み出しました。 問題の研究の準備段階として、進歩を決定する基本的な力、特に最初に述べたように人類のエネルギーの尺度であるその仮想的な速度の考え方で表現される基本的な力の分析的研究を優先するべきである。 しかし、私が望むように、この問題の深い研究は、検討中の主題をはるかに超えています。 これらの力の結果は、常に人類の動きの方向を決定する原因に常に向いていると言えば十分です。 合理的で、有益な、または便宜的な、あらゆる努力が、大衆運動の方向と一致しなければならないと言わなければならない。 実用的で合理的な人、観察者、ビジネスマン、話す人、計算をする人、事前に決定を下す人、すべての世話をする人がいます。 その結果が明らかになると、そのベクトルは動きの方向と一致し、その最大の有効性に寄与し、成功の秘密はこの知識と能力にあります。 新たな発見、新しい経験や新しい経験の追加、因果圏への新たな浸透は同じように作用し、したがって動きの方向を変えますが、合理的であると特徴付けられる結果的な努力の方向と常に一致しなければなりません。有益で、有益で実用的な自己保存に役立ちます。 これらの努力は、私たちの日常生活、ニーズと快適さ、仕事と商業活動に関係し、これが人の進歩を促進するものです。
しかし、周りの世界の喧騒を見て、この多面的な大衆を毎日の心配と行動で見てみましょう。春の壮大な時計の仕組みではないにしても、これはどうですか? 私たちが起きた午前中は、私たちの周りのすべてのオブジェクトがマシンによって作成されていることに気づくことはできません。 私たちが使う水は蒸気の力を上げます。 列車は遠くの場所から朝食を私たちに届けます。 エレベーターは私たちをアパートやオフィスビルに運びます。 私たちをそこに連れて行く車 - これらのすべてのメカニズムがエネルギーを活性化します。 毎日の義務を果たし、重要な人生の目標を達成するために努力するとき、私たちはそれに依存します。 私たちが夕方に機械的に造られた住居に戻ったとき、これを忘れてはいけません。私たちの家の中のすべての物質的な快適さ、目を引くキッチン・ストーブとランプは、エネルギーにどのくらい依存しているかを思い出させます。 また、機械の運転中に偶発的な停止が発生したり、雪が降ったり、何らかの理由で一時的に救命措置が一時停止されたりした場合、原動力がなくても耐えられない人生がいかに耐え難いのかがわかります。 駆動力は仕事です。 その結果、人類の動きを加速させる力の増加は、より多くの仕事をすることを意味する。

高出力の発電機の誘導の効果を示す経験。 この写真は、50フィートの側面を有する正方形の形の単一ワイヤと、ランプとからなるローカル回路に誘起された電流の作用により全出力で光る従来の白熱電球を示す。 この回路は発電機に接続された一次回路から100フィート離れています。 この回路には、ジェネレータの周波数に同調された電気コンデンサも含まれ、その電力は合計の5%未満で起動されます

写真の一部に見えるコイルは、地球の電流を大容量に戻すことができ、1秒間に100,000回の振動数で戻ることができます。 回路は、電圧が最大に達するまでコンデンサが充電され、次に放電が始まるように調整される。 放電は騒々しい騒音で起こり、22フィートの距離にある未接続のコイルに作用し、水パイプから実験室から300フィートの距離で1インチのスパークが噴出したような、
したがって、人類のエネルギーを増やす最も重要な問題の3つの可能性のある要素、すなわち栄養、平和、働きという3つの言葉に対応するという結論に至ります。 長い間、私は深く包括的にその問題を研究し、憶測と理論では喪失し、理解不能な内的衝動によって引き起こされた力の影響を受けて大衆になると考え、前述の実体の精神分析において最も単純な法則を適用し、幼少時代に私に教え、キリスト教の基本原則の本質を伝えます。 今私は彼らの科学的意味と目的を理解しています:人類の運動を加速する力を増強するための栄養 - 抑止力と働きの力を減らすために大衆、世界を増やすこと。 最も重要な問題に対するこれらの3つの解決策は、唯一可能なものであり、それらはすべて1つの目的、すなわち人類のエネルギーの増加という1つの目的を有する。 私たちがこれを理解すると、キリスト教がどのように賢明で深く科学的であり、非常に好都合で、それが他の宗教とどう違うのかがはっきりと区別されます。 これは間違いなく、何世紀にもわたって行われてきた実践的な経験と科学的観察の結果であり、他の宗教は抽象的な推論の結果であるように見えます。 効率と成長のために、より高い効率を達成するための休息と回復の期間を伴う、緊張と緊張と緊張との緊張は、その主で永遠の約束です。 したがって、キリスト教と科学の両方が、人類の効率を高めるために可能な限りすべてを行うよう促します。 これは現在、人間社会にとって最も重要な問題です。
人類のエネルギー源; 太陽エネルギーを受け取る3つの方法
まず、自分自身に尋ねましょう:すべての動いているエネルギーはどこから来ますか? どのような春が皆を動かす? 私たちは、海の潮がどのように交互に変わるか、川の流れ、風や雨、雹、雪が列車や蒸気船が到着して離れると、窓にどのように拍車がかかるかを見ています。 私たちは渡す車の騒音を聞いて、通りの声が私たちから聞こえます。 私たちは感じ、においと味、そして我々はそれについて考える。 巨大な海洋の強力な波から、私たちの思考に関連する謎の動きに至るまでのすべての動きは、共通の原因によって引き起こされます。 このすべてのエネルギーは、1つのセンター、つまり単一のソース、つまりサンからもたらされます。 太陽が人を動かす原因です。 太陽はすべての人類に命を与え、エネルギーで栄養を与えます。 非常に重要な問題への答えは、人類の動きを加速させる力を高めるためには、より多くの太陽エネルギーを人々の利益に導くべきです。 私たちは、不滅の搾取に関連する名前を持ち、人類に犠牲をした過去の偉大な人たちを尊敬し、尊敬します。彼の賢明な命の原則を持つ宗教改革者、深遠な真理を持つ哲学者、彼の公式の数学、自然科学者 - 自然の秘密と法則、アーティスト - 美しい人の創造者 - を明らかにしました。 彼の仲間の人生を促進するために太陽のエネルギーを最初に使った人の名前を挙げることができるすべての人の中で最大の人物を称える人はいますか? これは科学慈善団体の最初の行為であり、献身的な人物であり、その結果はあまり強調されません。
太陽エネルギーを使用する3つの方法は、最初に人間によって発見されました。 サベージ、何らかの方法で希釈された火の中で冷凍肢を温め、可燃性物質に蓄積された太陽のエネルギーを使用した。 彼は洞窟に枝の束を持って来て火をつけたところ、蓄積された太陽エネルギーをある場所から別の場所に移動させました。 彼はシャトルにセールをかけたとき、太陽のエネルギーを使って大気と環境を養いました。 最初の方法が最も古いことは間違いありません。 偶然発見されたその火は、彼の有益な暖かさを感謝するために野蛮人に教えてくれました。 おそらく、彼は自分の家に火を移すという考えでいっぱいでした。 そして、結局、私は水や空気の速い流れの力を使うことを学びました。 現代の発展の特徴は、進歩も同じように行われているという事実です。 木材や石炭に貯蔵されたエネルギー、または一般的には燃料で使用されるエネルギーの使用は、蒸気機関の創出につながった。 次の大きな前進は、燃料を動かさずにある場所から別の場所にエネルギーを移動させる、電気の形でのエネルギーの移動でした。 しかし、これまで環境のエネルギーを利用するという根本的な進歩は知られていない。
これらの3つの分野における最近の進歩は、まず、炉内の低温で石炭を燃焼させること、第2に、環境のエネルギーを有効に利用すること、第3に、電気エネルギーを任意の距離に無線で伝達することである。 これらの結果がどのように達成されても、その実用化は必然的に鉄の広範な使用を必然的に伴い、この貴重な金属は間違いなくこれらの3つの分野のさらなる発展に重要な要素になるでしょう。 私たちが低温で石炭を燃やして安価で費用効果の高い電気エネルギーを得て広く使用するには、電気モーターが必要です。 鉄。 私たちが環境からエネルギーを引き出すことに成功すると、エネルギーを得る過程で、そしてその使用において、我々は再び鉄を必要とします。 産業用ボリュームでのエネルギーの無線伝送が実現すれば、再び鉄を使用する発電機を広く使用しなければなりません。 私たちが何をするにしても、鉄はおそらく近い将来に成功するための主要な手段であり、過去よりもはるかに重要です。 鉄がどれほど長く支配するのかを言うのは難しい。なぜなら、真のライバル - アルミニウム - が発効しているからだ。 しかし、現時点では、新しいエネルギー源の探索とともに、鉄の生産と使用を改善する必要があります。 これらの分野の発展において、大きな進歩が可能であり、実施されれば、人類の有用な仕事の量を大幅に増加させるであろう。

強力な電流を発生するオシレータの可能性を示す経験。 写真に見えるボールは、20平方フィートの磨かれた金属めっきで覆われています。 ボールは電気の大きな貯蔵場所であり、その上に置かれた反転したピューターボウルは、鋭いエッジと、コンテナが充電される前に電気が流れることができる大きな穴を有する。 流れの中の電気量は非常に大きいので、大部分はボウルの縁部または供給された穴を通って流れるが、ボールまたは貯蔵装置は放電され、次いで充電される(これはボールの上部点から放出されることによって確認される)毎秒15万回
人類の仕事の量を増やしている、鉄の危険な可能性; IRONの製造における大きな損失
現時点で最も重要な進歩要因である鉄は、他の工業製品よりも大きな貢献をしており、人類の進歩を加速させています。 この金属の使用は普遍的であり、私たちの生活に関わるすべてのものと密接に関連しており、私たちが必要とするように、私たちが呼吸する空気となった。 その名前はその有用性と同義です。 しかし、鉄が人類の発展にどれほどの影響を及ぼしても、人間を進展させる力はそれほど大きくはありません。 鉄の生産は、現在存在するように、非常に大きな燃料消費を伴います。 エネルギーの無駄。 さらに、製造された全鉄のほんの一部分が有用な用途を見出している。 それの重要な部分は抑止抵抗の創造につながると同時に、もう一つの大きな部分は人類の運動を大きく減速させる負の力を発達させる手段である。 したがって、戦争の負の力は鉄にほぼ完全に表される。 この最も強力な制動力の大きさをある程度正確に計算することは不可能ですが、間違いなく非常に大きなものです。 例えば鉄を組み合わせて使用​​することで現在有効な肯定的インセンティブが、例えば10ユニットで表される場合、その遅延効果と結果を十分に考慮して、否定的な戦力を評価するのは誇張ではない、例えば6ユニット。 これらの推定値に基づいて、正の方向に作用する鉄の有用な刺激力は、これらの2つの数字の差によって決定され、これは4である。 しかし、万国平和の確立の場合、軍事装備の生産が停止され、国民間の覇権争いが健全かつ常に活発な商業競争に変わった場合、鉄の積極的なインセンティブはこれら2つの数字の合計によって測定され、つまり、この力は現在の値の4倍になります。 もちろん、この例は、戦争兵器を供給している鉄の生産を根本的に改革した結果、人類の有益な仕事の量が大幅に増加するという考えを与えるためだけに与えられています。

75,000馬力の電気オシレーターの動作を示す実験写真。 放電は、空気を加熱し、強い喫水を生成し、建物の屋根の開口部を上昇する。 横方向の最大幅はほぼ70フィートです。 電圧は12,000,000ボルトを超え、発振周波数は毎秒130,000である
現代の鉄生産方法の不可欠な部分である石炭の巨額の損失を排除することによって、人に利用可能なエネルギーを節約することによる同じ計り知れない恩恵を得ることができます。 いくつかの国、例えば英国では、この無駄な燃料消費の有害な影響が感じられ始めている。 石炭の価格は絶えず上昇しており、貧困層はますます苦しんでいます。 「石炭鉱床の枯渇」という脅威からまだ遠いものの、慈善事業は、私たちが現在大部分のエネルギーを生産するために使用しているこの貴重な素材の野蛮な損失を許さない鉄の新しい生産方法を発明するというアイデアを私たちにもたらします。 将来の世代への私たちの義務は、石炭燃焼プロセスの効率を改善するまで、このエネルギーリザーブをそのままにしておくことです。 私たちの後に来る人々は、私たちよりも多くの燃料を必要とします。 私たちは、石炭をまったく使わずに、太陽のエネルギーを使って必要な鉄を生産する方法を学ぶべきです。 これを達成する試みがありました。 落下する水のエネルギーから得られた電流の助けを借りて鉄鉱石を溶かすという考えは、多くの心の中に入ってきました。 私は実際に低コストで鉄の生産を可能にするようなプロセスを実際に実施しようと多くの時間を費やしました。 この問題についての長い研究の後、溶融鉱石に直接発生する電流を使用することは利益がないことを確認して、私はより経済的な方法を発明しました。
IRONの経済的な新製造方法
私が6年前に開発した産業プロジェクトでは、鉱石を溶かすのではなく、水を分解するために、滝のエネルギーに由来する電流を使用するための予備的なステップが用意されていました。 設置コストを削減するために、この目的のために私が設計した非常に安価で簡単な発電機で電流を発生させることを提案しました。 電解分解の結果として放出された水素は、酸素と燃焼して再結合するはずであったが、分離されたものではなく、大気中の酸素と再結合していたはずである。 したがって、水の分解に費やされた電気エネルギーのほとんどは、鉱石の溶融に使用されたはずの水素の再結合の結果得られた熱として戻された。 水の分解の副産物として得られる酸素は、このガスを大量に得る最も安価な方法であるため、おそらく良好な金利をもたらす他の工業目的で使用することを意図していました。 これは、例えば、空気中で燃焼することができないか、または別の方法で経済的に処分することができるあらゆる種類の破片、低品位の炭化水素または石炭を燃焼させるために使用することができ、溶融鉱石に相当の熱量を再び与えることが可能になる。
プロセスの経済性を向上させるために、炉を出る熱い金属および燃焼生成物が炉に入る冷たい鉱石に熱をあたって溶融プロセス中に比較的少量の熱エネルギーしか失われないようにプラントの運転が想定される。 私の計算によると、この方法は1馬力を費やして年間約4万ポンドの鉄を受け取ることができます。 これらの近似計算は、回避できない損失を考慮して行われました。 上記の量は理論的に達成可能な量の約半分である。 これらの計算と、五大湖地域に豊富に存在するある種のフェルギン砂岩に関する特定の事実に基づいて、交通費と人件費がかかるため、この方法による鉄の生産は、方法。 この方法は、水から生成された酸素が想定されていたように鉱石を溶かすのではなく、より有益であることを見いだし、鉄の製造コストを削減する場合に大きなメリットがあります。 このプロジェクトは、生産の利益のみを考慮して進められました。 いつか、綺麗な産業蝶が乾いたしわのある蛹から出てくることを願っています。
鉄と鉄との分離は、原則的に石炭の消費には関係しないので、賞賛に値するが、後に鉄を溶かす必要があるため、この方法の有効性は大幅に低下する。 鉄鉱石の粉砕に関しては、水力発電や燃料消費を除いたエネルギーの供給が合理的であると考えています。 私が考えるように、鉄の抽出の可能性が出てくる電解低温プロセスと、燃料コストをかけずに所望の形態に鋳造することは、鉄の製造において非常に重要なステップになる可能性がある。 他の金属と同様に、鉄はまだ電解処理されていませんが、この低温プロセスが最終的に冶金における不完全な鋳造方法に取って代わることになることは間違いありません。炉内で頻繁に金属を加熱することは避けられません。
数十年前、鉄の価値はその驚くべき機械的特性から成っていましたが、ダイナモと電気モーターの出現により、ユニークな磁気特性のために人類にとってその重要性が増しました。 この驚くべき事例の第一歩は、30年前のことです。私は、慣習的であったように鍛鉄の代わりにACドライブに非エマルジョン鋼を適用するとモーターの生産性が倍増することを発見しました。 私はこの現象について、Albert Schmid氏に語りました。その努力と能力は、主にアメリカの電気製品の優位性に起因し、その後この生産に携わる工業団地の経営者に起因しています。 私の提案を受け入れた後、彼はこの鋼鉄を使って変圧器を建設し、明らかな利点も示しました。 Schmid氏の指導の下で、「鋼鉄」(実際には可鍛性鉄であった)の混合物が徐々に取り除かれ、すぐにそれ以上の重要性を必要としない製品改善。
アルミニウムの幸せな時代。 銅産業の声 新しい金属の巨大な漸進的な可能性
近年鉄の生産において大きな成功を収めており、本質的に改善の限界に達しています。 我々は、引張強さの大幅な増加、弾性、硬度または延性の向上を望んでおらず、磁気特性の大幅な改善も期待できません。 最近では、鉄に少量のニッケルを添加することは非常に有用であるが、この方向へのさらなる進展の可能性はない。 新しい発見には期待できますが、生産コストを大幅に削減することはできますが、この金属の貴重な特性を大幅に変更することはできません。 鉄の最も近い未来は、安価で普遍的な機械的および磁気的性質によって提供される。 これらの性質の性質は、今日他の物質が鉄と競合することができないようなものです。 しかしあまりにも遠くない未来において、その控えめな応用分野の多くにおいて、鉄は笏を別の金属に渡さなければならないことは間違いない。次の世紀はアルミニウムの世紀になるだろう。 ヴェーラーの実験がこの素晴らしい金属の導入を許したのはわずか70年後であり、アルミニウム産業はすでに40年近くも前から世界中の注目を集めています。 文明の歴史の中でこのような急速な成功が記録されたことは決してありません。 それほどずっと前に、アルミニウムは幻想的な価格で販売されました - ポンド当たり30ドルまたは40ドル。 今日それは多くのセントのために任意の望ましい量で購入することができます。 さらに、この価格が素晴らしいように見える時期は、生産を改善する機会がたくさんあるので遠くない。 現在のところ、金属の大部分は、合流と電気分解とを組み合わせたプロセスの過程で電気炉で製造されるが、この方法は当然、大きなエネルギー消費を必要とする。 私の計算によれば、鉄の生産に似た方法を使用することで、アルミニウムのコストを大幅に削減することができます。 アルミニウムポンドを得るためには、鉄ポンドを生成するのに必要な熱の約70%しか必要とされず、その比重は後者の重量の約1/3であるので、同じ熱量では、できるだけ多くのアルミニウムを得ることができる鉄量の4倍。 しかし、理想的な解決策は、低温電解生産プロセスであり、私はそれに期待しています。
アルミニウム産業の発展が銅産業の完全な破壊につながることは絶対不可避です。 彼らは存在することができず、一緒に繁栄することはできませんし、後者は復活することもない運命にあります。 今でさえ、アルミニウム線を通る電流の伝達はより安価であり、多くの経済的な用途で銅は競争に耐えることができない。 アルミニウムのコストをさらに大幅に削減すれば、銅の完全な排除につながります。 しかし、このような場合には常にそうであるように、より強力な産業が若者を抑圧するので、前者の広範な導入はスムーズに進まないだろう。巨大銅資本が矮小アルミニウム資本を支配し、数アンペアの銅が急速なアルミニウムを消滅させる。 しかし、これは延期するだけですが、差し迫った大惨事を防ぐことはできません。
しかし、アルミニウムは銅の移動で止まらない。 それは長年ではないでしょう、そして彼は鉄との激しい戦いに入り、後者の顔でライバルを見つけるでしょう、それは征服するのは簡単ではないでしょう。 競争の結果は、鉄が電気自動車の必須の材料になるかどうかによって大きく左右されます。 未来だけが答えを与えることができます。 鉄の中に現れる磁気は、本質的に単一の現象です。 多くの理論が示唆されていますが、この金属がこの点で他のすべての物質と完全に同じように動作するのは、それが何であるかはまだはっきりしていません。 磁気に関して、異なる物質の分子は中空バランサのように振舞い、部分的に粘性液体で満たされる。 明らかに、自然界には、バランスのような各分子が一方または他方に偏移するような、ある種の摂動因子が存在する。 分子が一方の側に偏っていれば、身体は磁石である。 別の場合は - 身体は磁石ではありません。 中空バランサの場合のように、下部の部分への液体の流れのために、両方の位置が安定している。 驚くべきこと:すべての既知の物質の分子は一方の側に偏っていますが、鉄の分子は他方の分子に偏っています。 この金属は地球上のすべてのものとは全く異なる起源を持っているようです。 鉄の磁気特性と同等またはそれを上回る安価な材料を発見することは非常に不可能です。
現在使用されている電流の特性を根本的に変えるまで、鉄が必要です。 それにもかかわらず、それが示す利点は明らかです。 我々は弱い磁力を使用していますが、これは他のどの素材よりもはるかに先ですが、強力な磁力を得る方法を見つけると、それがなければ高い結果が得られます。 実際には、私はすでに鉄を使用せず、鉄の変圧器に比べ重量の10倍の性能を持つ電気変圧器を作りました。 このような結果は、業界で現在使用されている通常の電流の代わりに、新しい方法で得られた非常に高い振動数の電流を印加することによって達成される。 私はまた、鉄を使わずに電動モーターを使ってそのような高い周波数で作業することに成功しましたが、理論的には前回よりも重量の単位あたりの比類のない仕事を生み出すことができますが、 。 しかし、今や途方もない抱えている困難は、最終的には克服され、その後、鉄は完成し、すべての電気自動車は、おそらくアルミニウムから、馬鹿げた低価格で製造されるでしょう。 例えば、造船や軽量建設が必要な多くの業界では、新しい金属がはるかに早く導入されるでしょう。 このような用途には非常に適しており、間もなく鉄に取って代わることは間違いありません。 時間がたつにつれて、鉄が持っているそのような貴重な特性を多く与えることができる可能性は非常に高いです。
この産業革命がいつ起きるのかはまだ分かりませんが、未来がアルミニウムに属していることは疑うことができず、人類の力を増強する主な手段になるでしょう。 この点で、他のどの金属よりもはるかに優れています。 私は、鉄の可能性に比して正確に100単位の漸進的な可能性を見積もっています。 この見積もりは驚くかもしれませんが、決して誇張ではありません。 まず、アルミニウム使用の全体的なスペクトルが鉄の30倍であることを覚えておく必要があります。 これはそれ自体大きなチャンスを意味します。 さらに、新しい金属は加工がはるかに容易であり、その利点が増す。 多くの資質がそれを貴金属に近づけ、付加価値をもたらします。 唯一のパラメータは特定の導電率であり、所定の重量が他の金属のそれよりも大きい場合、人類の将来の進歩において不可欠である。 アルミの驚くべき軽さは、それからの製品の輸送を非常に便利にします。 アルミニウムのこの特性は海軍の船舶の建設に革命を起こすでしょう。 しかし飛行機の助けを借りて人類が空を旅し始めると、その最も重要な進歩の可能性が明らかになります。 便が理想的には理想的であれば、多様で多言語の人類を結集する最良の手段になるでしょう。 このアイデアを実現するための第一歩として、より軽量のバッテリーを作るか、石炭からより多くのエネルギーを得る必要があります。
石炭からより多くのエネルギーを受取ることへの試み; 電気の移転; エンジンで働くエンジン; 低温石炭バッテリバッテリ
私はかつて、文明を成功裏に進歩させた最大の成果として、バッテリーで石炭を燃やして電力を受け取ることを考慮したことを思い出しました。私は、これらの問題の継続的な研究が主に私の見解を変えたことに驚いています。 私が今見ているように、電池での石炭の燃焼は、効果的ではあるが、はるかに完璧なものを目指した進化発展段階の中間段階に過ぎないだろう。 最終的に、このように電気を得ると、私たちは原材料を破壊します。これは野蛮です。 原料を浪費することなく、必要なエネルギーを得る方法を学ぶべきです。 現在、運転エネルギーの大半は石炭から得られ、直接、または燃焼生成物を介して、人類のエネルギーを大幅に増加させます。 残念ながら、現在マスターされているすべてのプロセスにおいて、石炭エネルギーの大半は無駄になります。 最高の蒸気エンジンは、すべてのエネルギーのわずかな部分しか使用しません。 より高性能なガスエンジンでさえ、損失は依然として大規模に発生する。 私たちの電気照明システムでは、石炭の総エネルギーのわずかな部分でさえ、ガス照明では1/3をほとんど使用していません。 世界で使用されている石炭を使用するさまざまな方法については、もちろん、理論的に利用可能なエネルギーの2%以下を消費しています。 彼の提案する解決策は、最終的には可燃性原材料の枯渇につながる長期的なものではないが、これらの無意味な損失を止める者は、人類にとって大きな恩人になるだろう。 石炭からより多くのエネルギーを得るための試みは主に2つの方法で行われます:電気を発生させ、次の発電エネルギーでガスを発生させることです。 どちらの場合も、すでに大きな成果が得られています。
AC伝送システムの外観は、人が石炭から得ることができる省エネルギーの時代を開く。 滝によって与えられる電気エネルギーは、他のタイプの燃料を節約し、それによって人類に利益をもたらすことは明らかである。 このエネルギーはより経済的であり、人間の労力をほとんど費やすことなく得ることができ、太陽のエネルギーを得るこの方法は、あらゆる点で最も完璧であり、多くの点で文明の成功に寄与する。 しかし電気はまた、古い方法よりも石炭からより多くのエネルギーを受け取る機会を与えてくれます。 長距離の石炭を消費地に輸送する必要はありません。鉱山の近くで焼却し、発電機で電力を得て、遠隔地に電流を移動させ、大幅な節減を達成します。 ベルトやドライブシャフトを使用して工場の機構を古い無駄な方法で作動させる代わりに、蒸気のエネルギーを電気に変換して電気モーターを接続します。 他の重要な利点に加えて、この方法は、可燃性物質から得られる有用な駆動エネルギーを2倍または3倍に増加させることは驚くべきことではない。 この分野では、長距離にわたるエネルギーの伝達だけでなく、完全に単純な装置を備えたACシステムが産業革命を起こすこともあります。 しかし、多くの分野でこの進歩はまだ感じられていません。 例えば、スチームや電車は依然として蒸気エネルギーを駆動機構に直接加えることによって駆動される。 慣習的な船舶用エンジンや機関車の代わりに特別に設計された蒸気エンジンとガスエンジンを使用し、エンジンを駆動するために電気を使用すると、燃料の熱エネルギーのより大きなパーセンテージが運動エネルギーに変換される可能性がある。 このようにして、石炭から受け取る有用なエネルギーを50%から100%に増加させることが可能である。 エンジニアがこのシンプルで明白な事実にもっと注意を払わない理由を理解することは難しいです。 このような改善は、船舶の騒音を低減し、飛行機の速度および運搬能力を大幅に向上させることが可能な海洋船にとって特に望ましいことである。
現在、最新の改良ガスエンジンを使用して、石炭はより多くのエネルギーを受け取る。 おそらく最高の蒸気類似品の2倍の効率があります。 ガス産業の発展は、ガスエンジンの迅速な導入を容易にする。 機械と電気工学の現状を考えると、石炭からエネルギーを取り出す最も合理的な方法は、明らかに石炭鉱床の近くにガスを発生させ、それを他の場所や他の場所で使用して、ガス動力モータによる動き。 このような企業の商業的成功は大部分が大容量ガスエンジンの生産に依存しており、この領域での集中的な作業により、すぐに出現するであろう。
しかし、これらすべての改善は、熱エネルギーの大きな損失を許さずに、最終的に石炭から電気を直接的に得ることができなければならないため、より完璧なものを目指した進化発展の中間段階にすぎません。 低温プロセスを使って石炭を酸化することは可能ですか?それはまだ問題です。 酸素との結合には常に熱の放出が伴い、炭素化合物のエネルギーが他の元素と直接的に電気エネルギーに変換されるかどうかは未知である。 特定の条件下では、硝酸は炭素を酸化して電流を生成するが、溶液は冷たくはならない。 石炭を酸化する他の方法も提案されているが、効果的な結果を約束するものではない。 私自身は完全な挫折を経験しましたが、おそらく、低温のカーボン電池を「完成させた」人ほど完全ではありませんでした。 本質的には、この問題は化学者にとっての問題です。 完成した実験がうまくいかないように、彼の結果をすべて計算するのは物理学者のためではありません。 化学は、科学で信頼できるものの、多くの物理的問題の発生に使用されているような正確な方法で解決策を探すことはまだできません。 可能であれば、結果は、控除や計算より永続的な実験によって達成されます。 しかし、すぐに化学者がペースを踏まれたコースに従うことができる時が来て、希望の結果に来るプロセスは推論によってのみ計算されます。 低温の石炭電池は、電気の使用の拡大に大きな刺激を与えることができ、短期間には航空機の創造につながり、車の広い分布を大きく加速する。 しかし、これらの問題や他の多くの問題は、簡単なバッテリーの存在に基づいて最良の方法で科学的に解決されます。
環境から受領したエネルギー。 風力発電所および太陽熱発電所; 地震の移動エネルギー; 自然源からの電気
可燃性物質に加えて、時間の経過とともに、他の利用可能なエネルギー源を豊富に使用することができます。 例えば、石灰石には膨大なエネルギーがあり、硫酸の影響下で二酸化炭素を放出するなどの方法で活性化することができます。 一度私はそのようなエンジンを作り、それは満足に働いた。
しかし、私たちの将来の主なエネルギー源が何であれ、私たちは便宜的に最低限のコストで抽出するべきです。 私はこの結論にずっと前に着きました、そして、この結果を達成するためには、上記のように、環境に蓄積された太陽エネルギーを利用するか、太陽のエネルギーを長距離の媒体を介して無料で入手できます。 当時、私はすぐに第2の方法を完全に実行不可能なものとして拒絶し、前者の可能性の探求に回した。
それは信じるのは難しいですが、それでも事実です。人類は、まさに時代から環境のエネルギーを使うチャンスを与えた非常に信頼性の高い仕組みを持っていました。 このメカニズムは風車です。 普遍的な信念とは対照的に、かなりのエネルギーが風から発生する可能性があります。 多くの誤解された発明者たちは、何年も風潮を抑えようと努力していましたが、エネルギーや波を使って空気を圧縮しても、悲しみに満ちた丘の上の風車によって与えられた兆候を完全に知らず、停止する。 事実、波や潮汐エネルギーで走るモーターは、原則として風車との競争が激しく、これははるかに優れたメカニズムであり、簡単な方法で相当量のエネルギーを得ることができます。 昔の人の風力エネルギーの価値は、彼が海を越えることを許しただけであり、今でも乗客と貨物の交通の実施において重要な要素である場合に限り、過大評価することはできません。 しかし、この理想的に単純な太陽エネルギーの使用方法には大きな限界があります。 機構は単位電力当たり大きな寸法を有し、エネルギーの生成は間欠的であり、必然的にエネルギーの蓄積とユニットのコストの上昇を伴う。
しかし、エネルギーを得るためには、地球に連続的に降り注ぐ太陽の光線を使用する方が、1平方マイル当たり400万馬力以上の最大値でエネルギーを供給するほうがずっと良いでしょう。 平均して、1年の間にどの地域でも1平方マイルから受け取ったエネルギーはほんのわずかですが、この発見の効果的な適用は無尽蔵のエネルギー源を与える可能性があります。 私がこのテーマを勉強し始めたとき私に知られている唯一の合理的な方法は、熱線の影響を受けてボイラーで蒸発する液体で作動する熱または熱力学エンジンの使用でした。 しかし、この方法と計算のより深い研究は、太陽の光線から巨大なエネルギーが入ってくるにもかかわらず、この方法ではほんの一部しか得られないことを示しました。 さらに、太陽放射は一定の周期性を持ち、私は風車の仕事で明らかにされたのと同じ制限の存在を確信しました。 大量ボイラーの不可避性、熱機関の低効率化、エネルギー貯蔵の追加コストなどを考慮して、太陽のエネルギーを得る方法についての長い研究の結果、いくつかのケースを除いて、「太陽エンジン」の産業上の成功は不可能であるという結論に至りました。
物質を消費せずに環境から駆動エネルギーを得るもう一つの方法は、地面、水、または空気に含まれる熱を使用して、エンジンを始動および継続することができます。 地球の内層は非常に暑いことがよく知られています。測定値が示すように、中心に近づくにつれて温度が深さ100フィートごとに約1℃増加します。 シャフトやボイラー室を120℃までの温度上昇に対応して、例えば12,000フィートの深さまで深くすることは困難ではなく、地球温暖化を確実に楽しむことができます。 実際には、地球の蓄積された熱からエネルギーを受け取るために深く進む必要はありません。 地球の表面層とそれに隣接する空気の層は、水の代わりにボイラーで使用できる非常に揮発性の物質を気化させるのに十分高い温度を持っています。 このような揮発性液体で作動するエンジンの助けを借りて、水から取られた熱以外のエネルギーを使用することなく、船を海中に動かすことが可能であることは間違いありません。 しかし、この場合に得られるエネルギーの量は、追加の条件を観察することなく、非常に小さいであろう。 自然な手段によって生成される電気は、利用可能になる可能性のある別のエネルギー源です。 雷放電には膨大な量の電気エネルギーが含まれており、それを変換して蓄積することができます。 数年前、私は雷放電のエネルギー蓄積の最初の部分である電気変換の方法の説明を発表しましたが、これは実装が難しいでしょう。 また、電流は常に地中を循環しており、地面と空気層との間には高さに比例して電圧差があることが知られている。
最近の実験では、私はこれに関連して、2つの新しい重要な現象を開いた。 それらの1つは、ワイヤの一端が接地され、他端が高電位になると、その軸の周りの地球の回転またはその並進運動のために発生する電流が存在することである。 しかし、電気が空気中に浸透するまで電流がワイヤを連続的に通過するという確信はまだありません。 ワイヤの盛り上がった端部が、表面が大きく先端が尖っている端子に接続されていると、その有効期限が大幅に短縮されます。 このようにして、電線を高さに保つだけで、一定の電気エネルギーを得ることができますが、残念ながら、このようにして得られる電力の量は少なくなります。
私が確立した第2の現象は、空気の上層には地球の電荷とは反対の一定の電荷があるということでした。 だから少なくとも、私は自分の観察結果を解釈しました。それは地球内部の断熱性と上部導電性のシェルを持つ地球は、おそらく人に恩恵を受けるために使用できる膨大な量の電気エネルギーを含んでいる高度に充電された電気コンデンサを形成します。端末をより高い高度に持ち上げることができます。
おそらく、他のエネルギー源が時間の経過とともに発見される可能性さえあり、そのうちの何も知らない。 おそらく、エネルギーメカニズムを提供するために、私たちは磁力や重力などの力を使う方法まで探します。 このようなプロジェクトの実施は信じられないほどのビジネスですが、そのような機会を否定することはできません。 一つの例は、私たちが望むことができ、決して達成できないことのアイデアを最もよく表します。 最高の精度で機械加工され、転がり軸受の水平軸上で地球の上を回転するように取り付けられた、ある種の均質材料から作られたディスクを想像してください。 そのような設置のために完全に正確にバランスがとれていれば、どこにいても安静になります。 このディスクを連続的に回転させ、重力の影響を受けて作業を実行する方法を見つけたとします。 しかし、外力の影響がなければ、ディスクは決して回転して作業を行うことができません。 これが起こった場合、それは、それ自身の運転エネルギーを作り出すメカニズムである、永続的な科学言語で呼ばれるものになるでしょう。 重力の作用でディスクを回転させるには、この力を反映したスクリーンを作成する必要があります。 このような画面の助けを借りて、この力がディスクの半分に及ぼさないようにして、ディスクの回転につなげました。 少なくとも、重力の性質を完全に知るまで、この可能性を否定することはできません。 この力は、地球の高さから中心に降下する空気の流れと同様に、運動を生成するために必要とされる。 このような流れがディスクの両側に及ぼす影響は同じであり、後者はこの位置では回転しないが、一方の半分が流れを保持するプレートによって遮蔽されていれば、ディスクは回転を開始する。
既知の方法からの無駄; 生きるために自然に生きるために、環境にやさしいエネルギーを取り除くことができる、「自立的な」エンジンまたはメカニズムを生み出す可能性。 移動エネルギーを得るための完全な方法
環境のエネルギーを使用する様々な方法を調査する過程で、私はこのアイデアの予備的な概要を知っていましたが、これらの現象の多くはよく知られていませんでしたが、その成功のためにはすでに知られている方法から大きく脱却する必要がありました。 風力タービン、ソーラーエンジン、地球の熱で動作するエンジンは、発生するエネルギーの量によって制限されます。 より多くのエネルギーを得るための新しい方法を開く必要があります。 環境には十分な熱エネルギーがありますが、それから知られている方法でエンジンを駆動するために使用されたのはごく一部です。 明らかに、この問題は、媒体のより多くの熱エネルギーを使用し、より高い速度でそれを抽出することを可能にする新しい方法を開く必要があった。
私はCarnotとLord Kelvin(William Thomson卿)の声明を読んで、外部の影響を受けていない "自動"マシンが環境の一部を冷やして温度を下げることができないと言われたところで、周囲温度より低く、回収された熱に取り組む。 これらの声明は私の興味を喚起した。 明らかに、それは人が行うことができるこのプロセスであり、彼が私に語った若者の経験から、人間はただオートマトン、つまり「自動」マシンであると私は確信したので、私は結論に達しました。上記のことを行うでしょう。 実現の第一歩として、次のデバイスを想像してみましょう:地球から大気の近くの近地球の空間に行く一連の金属バンドからなる熱電素子。 これらの金属バンドに沿って底部から上方に伝達された熱は、バンドの下部の位置に応じて、地球または海または空気を冷却し、結果として、知られているように、これらのバンドに沿って流れる電流が流れる。 次に、この熱電対の2つの端子に電気モーターを接続することが可能であり、原理的にこのモーターは、以下の媒体が惑星空間の温度まで冷却するまで連続的に作動する。 明らかに、媒体の一部をその環境よりも低い温度に冷却し、抽出された熱に取り組まなければならない無生物の機械となるであろう。

環境からエネルギーを取り出す計画。
Aはエネルギーの少ない媒質、BBはエネルギーの大きい媒質、Oはエネルギー経路、T は フェンス
しかし、高さに上げることなくそのような条件を作ることは可能ですか? 明確にするために、線図( LINK )に示すように、一種の遮蔽Gを想像すると、エネルギーはそれを通過できず、 Oチャンネルに沿ってのみ通過し、この閉じた空間では、低エネルギーの媒体は、上記のフェンシングの面では、通常の環境は高いエネルギーを有する。 このような条件が満たされると、エネルギーは矢印で示すように導電路Oに沿って移動し、通過中に所望のエネルギー形態に変換することができる。 問題は、そのような条件を作り出すことができるかということでした。 そのような人工的な「排水」を作り、環境のエネルギーがそれに追いつくことができますか? 所与の空間において、あるプロセスの助けを借りて極めて低い温度を維持することが可能であると仮定する。 環境は熱を放出することを余儀なくされ、それは機械的または他の形態のエネルギーに変換され、後者を使用することができる。 このような計画を実行することにより、世界のどこでも、いつでもどこでも一定のエネルギーの流れを受けることができます。 さらに、理論的に言えば、媒体中のエネルギーの急速な循環を引き起こし、このようにして非常に高速でエネルギーを抽出することが可能である。
したがって、そのような考え方は、実施の場合、環境からエネルギーを得るという問題を首尾よく解決することができました。 しかしそれは本当ですか? 私はこれがそうであると確信していました。このためにいくつかの方法がありますが、その一つは以下の通りです。 熱については、標高が高く、海面よりもはるかに高い山の湖の表面と想像することができます。その温度は、星間空間に存在する絶対ゼロを示すでしょう。 水のような熱を上から流れ落ちさせ、それで湖から海への水の道をどのように開くことができるのか、地球の表面からより高い寒い層に熱を向けることができます。 水のような熱は、上から下に向かって仕事をすることができます。また、上述のように熱電素子によって媒体からエネルギーを引き出す可能性が疑われるならば、この類推はすべての疑念を解消します。 しかし、宇宙のある部分で風邪をひねり、熱が絶えずそこに注ぐことができますか? そのような「排水」すなわちいわば「冷たい穴」を環境に生み出すことは、空でも水よりも軽いものでも、湖の中に空間を作り出すことと同じである。 私たちは、湖に貯水池を置き、そこからすべての水を汲み上げることによって、これを行うことができました。 この場合、私たちが知っているように、水はタンクに戻ってきて、理論的には汲出しに費やされた仕事と同じくらいの仕事をすることができます。 したがって、水の最初のポンピングとそれに続く水の注入のこの二重操作には何のメリットもありません。 これは、そのような流出を環境内に作り出すことは不可能であることを意味する。 しかし推測しよう。 熱は流体のようなある種の一般的な力学の法則に従うものの、熱とは異なります。 それは、それが上のレベルから下のレベルに移動するときに、他の形態のエネルギーに変換され得るエネルギーである。 整備士との完全で正確な類推を行うためには、貯水池に流入する水が、エネルギーなしで、またはエネルギー消費の少ない状態で抽出できるものに変わっていることを認めなければなりません。 例えば、この場合の熱が湖の水で表される場合、水を構成する酸素および水素は、熱が変換されて熱から寒さに移行する他の形態のエネルギーを意味し得る。 熱の変換プロセスが完全に完璧だった場合、その熱は他の形態のエネルギーに変わるので、熱はより低いレベルには達しませんでした。 この理想的なプロセスと同様に、タンクに流入するすべての水は、底に達することなく酸素と水素に分解され、その結果、水が絶えず流入し、タンクは完全に空になり、生成されたガスは蒸発する。 したがって、最初にヒートシンクの形成またはそれに対応する水の流れにある量の作業を費やしてしまえば、追加の努力なしにあらゆる量のエネルギーを得ることができる状態を作り出すことができる。 それは、駆動エネルギーを得るための理想的な方法です。 しかし、我々は絶対的に完全なエネルギー転換プロセスを知らないので、いくらかの熱はまだ低いレベルに達しています。我々の機械的な類推では、ある水がタンクの底に注ぎ出され、後者が徐々に遅く満たされます一定の圧送が必要です。 しかし、それが流入するよりも排出する量が少なくて済み、換言すれば、初期状態を保全し、排水中に生成されるエネルギーよりも少ないエネルギーが必要となることは明らかであり、ある種のエネルギーが環境から抽出されると言わざるを得ない。 一番上から下へと変化していないものは、それ自身のエネルギーでトップに戻ることができ、変化したのは純利益です。 このように、私が発見した法律の行動は、上から下に進む過程でのエネルギーの変換に完全に基づいています。
"自発的な"機械を作るための最初の試み; OSCILLATIONSの機械的発電機; 陶器と陶器の仕事。 液体空気
この真実を実感して、私は自分のアイデアを実現する手段を発明し始めました。長いこと考えれば、大気の連続冷却の過程で環境からエネルギーを受け取ることができるデバイスのデバイスが提示されました。 この装置は、常に熱を機械的な仕事に変換し、より冷たくて冷たくなり、このように非常に低い温度が達成されると、熱およびひいては環境からのエネルギーを得ることが可能になる。 これはカルノーケルビンの主張と矛盾するように思われたが、その過程の理論から進んで、そのような結果は達成可能であるという結論に達した。 私がパリにいた1883年後半にこの結論に至りました。これは私の考えが前年に開発した回転磁場として発明された時代です。 ここ数年の間、想像力の中にしか存在しない計画が詳細に詳述されており、運用モードが完成しましたが、大きな成果は達成されていません。 上記の本発明の商業的な提示は、私が1889年になるまでほぼすべての私の力の反動を必要としました。私は再び「自働」機械というアイデアに目を向けました。
*これは米国を指します。
そして、それに埋め込まれた原則と計算のより詳細な研究は、私が当初望んでいたように、従来の仕組みを用いて、結果が実際には達成できないことを示しました。 これは、次のステップとして、タービンと総称されるタイプのエンジンを研究し始めました。これは最初、このアイデアの実現のためのより多くの可能性を約束したようでした。 しかし、すぐにタービンも使用できないことが判明しました。 しかし、私の結論では、特定のタイプのエンジンを高度に完成させると、想像した計画を実現することができ、そのようなエンジンの開発を開始することに決めました。 私の最も重要な目標は、熱を機械的エネルギーに変換するプロセスの最大限の効率を達成することでした。 エンジンの特徴は、作動ピストンが何にも接続されていなかったことですが、緩やかであり、激しい振動で変動していました。 エンジンの製作中に生じた技術的な困難は、私が予想していたよりも深刻であり、成功は控えめでした。 この作業は、1892年の初めまで、ロンドンに移動する前に行われ、液化ガスを用いたDewar教授の優れた実験を観察することができました。 液化ガスは、特にオズレフスキーとピクテットがこの地域で最初に信頼できる実験を実施する前に受け取られたが、Dewarの研究はそのような騒動を引き起こし、知られていても新しいものが登場した。 彼の実験は、私が示唆したものとは異なる方法ではあるが、熱を機械的な仕事に変換する際に低温を得ることができ、ロンドンから帰国し、私が見たものに深く感銘を受け、計画は本当です。 しばらくの間中断され、作業が再開され、まもなく私はエンジンを作りました。これは非常に完璧で、機械的な振動発生器と呼ばれていました。 この機構では、ガスケット、弁および潤滑剤がなくても、それに取り付けられた固体鋼のシャフトおよび縦振動を経験するピストンの振動のこのような振動数を達成することが可能であった。 このエンジンと特殊設計のダイナモマシンを組み合わせることで、それによって達成される発振周波数の安定性のために、パラメータや物理的特性の定義では評価できない非常に効率の高い発電機を得ました。 私はシカゴのワールドフェアで1893年の夏に電気学会で機械と電気発振器と呼ばれるこの機械のいくつかのタイプを発表しました。そこでは緊急作業に従事している出版物の準備ができない講演を行いました。 機会を借りて、機械式振動装置の原理を説明しましたが、本機の本来の目的をここでは最初に説明します。
環境からエネルギーを得る過程では、私が想像していたように、5つのコンポーネントカニズムの構築が想定されていましたが、それらのマシンは存在しないため、再設計とデバッグが必要でした。 機械式振動発生装置がこの設計の最初の要素となり、作業を調整した後、機械式振動発生装置と幾分建設的な類似性を有する空気圧縮機に集中した。 再び、創造に通常の障害がありましたが、それらは成功裏に排除され、1894年末にこれらの2つの構成要素の作業が完了し、空気をほぼあらゆる所望の圧力に圧縮するためのツールが作成されました。いつもよりも経済的です。 私は、最初の2つと一緒に、仕事に損害を与え、私を戻した私の研究室での不幸、不幸に襲われたとき、例外的な収益性とシンプルさの冷凍ユニットを形成することができる第3のコンポーネントについては、ほとんど仕事を始めませんでした。 まもなく、Carl Lind博士は冷却中の空気の液化について報告し、これにより空気が液化するまで冷却することができることを実証しました。 これは私がまだ必要としている唯一の実験的証拠でした:私が提案した方法で環境からエネルギーを得ることは達成可能です。
冷却プロセスにおける空気の液化は、開口部であると考えられていたように偶然ではなく、長期間に渡ることができず、Dewarから脱出できない科学的根拠のある結果であった。 この素晴らしい進歩は、私が信じるところによると、この偉大なスコットマンの精力的な働きによるものです。 それにもかかわらず、リンドの業績は不滅です。 ドイツでは、液体空気が他のどの国よりも4年間多くの量で生産されています。この珍しい製品は、最も多様な用途があります。 最初は、彼には多くのことが期待されていましたが、今日まで、彼は業界にとって欺瞞的な希望です。 私が取り組んでいる仕組みを使うことで、その価値は大幅に減りますが、それでも商業的成功は疑わしいでしょう。 冷却剤としてのその使用は、その温度が低すぎるので経済的ではない。 物質の非常に低い温度を維持することは、それを非常に暑く保つことと同じくらい高価である。 石炭は、空気を冷たく保つために使用されます。 酸素の生産において、彼はまた、電解法と競合することもできない。 爆発物としての使用は、その低温が再び低い効率を確信し、駆動力としてのその使用があまりにも高いコストを許容しないので、適切ではない。 しかしながら、エンジンが液体空気中で運転されているとき、エンジンの鉄鋳造から約200フィート毎に約2馬力のエネルギーが与えられたとき、エンジン自体から、すなわちエンジンを暖かく保つ環境から一定量のエネルギーを得ることができることに注意することが重要である。 しかし、このユーザーの賞金は、エンジンの同等の損失にはならない。
私が長年取り組んできた課題は、まだ完全には解決されていません。 多くの機械部品も改善する必要がありますが、さまざまな困難を克服しなければならず、長い間、私の期待がすべて実現されたとしても、環境からエネルギーを抽出する「自動」機械を作りたいとは思っていません。 最近、私の仕事を中断させた多くの事情がありましたが、何らかの理由で遅延が有用でした。このプロジェクトの可能性の可能性について考えられる十分な時間がありました。
長い間、私は、太陽のエネルギーを抽出するこの方法の実際的な応用は無限の価値があると完全に確信していましたが、その主題についてのさらなる研究は、商業的な収益性にもかかわらず、計算が正しいならば、
予期しない居住環境の開放; ユニークな経験; 戻り電線なしの一方の電線への電気エネルギーの移送; ワイヤのない地上でのトランスミッション
太陽エネルギーを人類のニーズに利用する大きな問題の解決策として、環境から離れた場所への電気エネルギーの伝達の研究が最善の解決策でした。 長い間、私は、工業規模でのそのような移転は決して実行できないと確信していましたが、その発見は私の見解を変えました。 一定の条件下では、通常の状態で優れた絶縁体である雰囲気が導体の特性を獲得し、電気エネルギーの量を伝達できるようになることに気付きました。 しかし、電気エネルギーの無線伝送のためのこの発見をどのように実践するかの問題は、答えがないようでした。 数百万ボルトの電圧で電流を制御し続ける必要がありました。このためには、巨大な電気負荷に耐えられる新しいタイプの発電機が必要です。 実用化のために精神的に示唆する前にも、高電圧電流から生じる危険に対して総合的な保護システムを構築する必要があります。 これを数週間、数ヶ月、または数年間で行うことは、単に不可能です。 この作品は忍耐と絶望を必要としましたが、成功はすぐには起こりませんでした。 この長い研究の中で、他の有用な結果が得られました。その中で、成功したアプリケーションを見つけた主な成果を列挙して簡単なレポートを提供しようとします。
空気の伝導 - 予見されていないにもかかわらず、この発見は、私が何年も続けてきた特定の地域での実験の自然な結果です。 そして、私は1889年に、非常に高速な電気的変動によって示されたプロパティのいくつかが私の研究のために設計された多くの特殊な機械を作ったと信じています。 これらのメカニズムの特定の要件のため、それらの作成は非常に困難で時間がかかり、時間がかかりました。 彼らの助けを借りて私はいくつかの新しい重要な成果を得たので、私の仕事は多大な報酬を与えられました。 これらの新しい機械の助けを借りて私が行った最初の観察の1つは、極めて高い周波数の電気振動が驚くほど人体に影響を与えることでした。 例えば、私は、その時には絶対に致命的と見なされる数十万ボルトの強力な放電が不安や痛い結果を引き起こすことなく体内を通過できることを実証しました。 これらの変動は、私の演説が研究を継続していた医者に興味があった直後に、特定の生理的効果をもたらしました。 この新しい研究の方向性は、すべての期待を超えて実りあるものとなった。 過去数年間に、それは今や医学の公式に認められた部門であるほどに成長してきた。 現時点では不可能と考えられていた結果の多くは、現在容易に達成可能であり、以前は夢見ていなかった多くの実験を、これらの変動の助けを借りて容易に行うことができます。 私はまだ喜んで思い出しています.9年前、私は強力な誘導コイルを私の体に放出して、高周波電流の相対的安全性を科学界に実証していなかったのですが、私はまだ聴衆の驚きを覚えています。 その実験よりもずっと恐怖を感じることなく、今私はナイアガラに働いている発電機のすべての電気エネルギーをそのような流れで体を通過させて、40,000または50,000馬力にするでしょう。 私は腕と胸を通って手を結んだワイヤーを溶かしたような電気的な変動を受けましたが、私は何の不便も経験しませんでした。 このような太い銅線の回路に加えられた振動は非常に強かったので、輪郭の次または内側に配置された人体組織よりも高い電気抵抗率を有する物体および金属も高温に加熱され、しばしば急速な爆発私は何度も何も感じず、健康に有害な影響を与えずに頭を突き刺した。
もう一つは、フィラメントランプの代わりに真空管の助けを借りて電気照明の理想的なシステムを構築することが可能な新しい、より経済的な方法で光を受信することが可能であったため、 、建物の内部でのワイヤの使用。 照明の有効性は、振動の周波数に応じて増加するので、商業的成功は、超高周波数の電流の経済的な生産に依存する。 最近、私の検索のこの方向は成功し、満足をもたらしました。
これらの研究は、他の有用な観察および結果をもたらしたが、最も重要なことは、逆のことなしに一方のワイヤを通って電流を伝達する可能性の証明である。 最初はこの新しいやり方では非常に少量の電気エネルギーしか伝えられませんでしたが、この方向で私の努力は報われました。
写真( 参考文献 )は、明細書に記載されているように、ワイヤーのない実際のエネルギー移動を他の装置で使用されている装置の助けを借りて実施することを示している。 1891年初めの私の最初の実験(科学コミュニティに示されている)から、私の装置では1つのランプがほとんど輝かず(奇跡と見なされた)、電気器具が改善され、今私にとっては光を作る障害はないことが明らかになります同じようにして450個以上のランプを点灯させる。 実際、あらゆるタイプの電気器具を接続するためにこのように供給することができるエネルギー量には制限がない。
この伝播様式の現実が証明されたとき、地球を導体として使用し、すべての線を自然に解放するという考えが生じました。 どのような電気でも、それは非圧縮性流体のように振る舞い、地球は無尽蔵の電気源とみなすことができることが知られています。これは適切に設計された電気機械によって効果的に妨げられます。 そこで、この作業に合わせて、地上での電気の乱れを高効率で作り出すための特別な装置の開発に力を入れました。 この新しい方向での成功はまれであり、最終的にこの目的のために特別に設計された新しいタイプの変圧器または誘導コイルに関する作業が完了するまで、作業は苛立っていました。 私たちが最初に想定したように、この方法で微弱電気エネルギーを送信することができるという事実は、同じ変圧器の経験が示されているフォトオン( LINK )から明らかです。 達成された結果は、コイルの上端が効果を高めるためにワイヤまたはカバーのいずれにも接続されていなかったため、より顕著であった。
ワイヤレス電信; 設定の秘密。 HERZ研究におけるエラー; 極端に受信する装置
これらの分野の最後の私の実験の最初の重要な成功は、1893年2月と3月の2つの科学講義で私が描いた無線電信システムでした。 リフレクションの回路図で示される最も一般的な形態であり、その上部は電気装置を示し、下部はその機械的アナログを表す。 システムは原則として極めて単純である。 2つのチューニングフォークF、F 1を、送信局では1つ、受信局ではそれぞれ1つずつ想像してください。 シリンダ内に配置された小さなピストンPが 、それぞれの下側の歯に接続されている。 両方のシリンダは、弾性壁を有する大きなリザーバRと連通しており、このリザーバRは閉じられ、軽く非圧縮性の液体で満たされなければならない。 音叉Fの1つの歯の頻繁なストロークは、下方に位置する小型ピストンPの振動を引き起こし、液体を介して伝達されたその振動は、音叉Fに 「同調」された遠位音叉F1に到達する、すなわち、最後の 音叉F1は振動し始め、その振動は音叉Fから上の歯までの距離の一定の作用によって増幅され、振動の振幅を増大させ、固定接点と電気的接続を形成し、信号を録音するために使用することができます。この簡単な方法では、2つのステーション間でメッセージを交換することができます。この目的のために音叉Fの上の歯の隣に ' 各ステーションのデバイスは、受信機と送信機の両方に交互になり得る。
図の上部に示されている電気回路は、基本的に同じです。ある高さまで伸びる2つのESPとE1S1P1回路は、ピストンが取り付けられた2つの音叉として機能します。 これらの回路は、プレートの高さにあり、電気を蓄積し、効果を大きく高める、プレートF、E1および2つの金属プレートP、P1を介して接地される。 この場合、弾性壁を有する密閉リザーバRはアースで置換され、液体は電気によって置換される。 両方の回路は "チューニング"され、2つのチューニングフォークとまったく同じように動作します。 送信局で音叉Fをノックする代わりに、回路に接続された源5によってESPループ内に電気振動が発生し、これは地面に沿って伝播し、その中の類似の電気振動を励起する遠方の受信輪郭E1S1P1に達する。 第2の回路または回路には、敏感な装置、すなわち受信器s1が接続されており、これは動作に移され、リレーまたは他の装置を接続することを意図している。 各ステーションは、もちろん、電気発振源Sと機密受信機S 1の両方を装備しており、単純な装置は、2つの回路のそれぞれがメッセージの送受信のために交代することを可能にする。

無線電信を示す機械モデル図
システムの機能の前提条件は、2つの回路の正確な調整です。 そして、ここには誤解があります:原則として、このトピックに関する技術レポートでは、その利点を持つデバイスのスキームが提示されていますが、その本質は不可能であることを示しています。 最良の結果を得るには、すべての導体の長さの合計または接地点から上端までのループの長さは、電気振動の波長の1/4または奇数の倍数でなければなりません。 このルールを守らなければ、干渉を排除してメッセージの秘密を確実にすることは不可能です。 これはセッティングの秘密です。 しかし、最も満足のいく結果を得るためには、低音の電気振動に合わせる必要があります。 実験者が一般的に使用するHertzスパークデバイスは、効果的なチューニングが不可能な非常に高い周波数の振動と、メッセージの交換が不可能なような十分な光の摂動をもたらします。 しかし、科学的根拠に基づいて作られた効果的なデバイスは、ほぼ完璧な調整を実現します。 このプロパティのアイデアを提供する改良されたデバイスの経験が、写真( LINK )に繰り返し示されています。その下の署名は、その本質を説明しています。
私は無線電信の簡単な原則について記述してきたので、かなりの距離にわたって信号を送信することで、特性や成分が同一であるヘルツ放射と同じ波を使用することを深く確信しています。 これは最近悲しんだ物理学者の研究から導き出された多くの誤った判断の一つに過ぎない。 ほぼ36年前、Maxwellは1845年の有望なファラデー経験を続けて、光と熱線と電気現象を組み合わせ、理想的ではない微妙な構造のエーテルの振動による起源を説明する理想的な理論を開発しました。 Helmholtzの提案でヘルツがこの目的のために一連の実験に着手するまで、実験的な証拠は見出されなかった。 ヘルツは素晴らしい工夫と直感を示しましたが、時代遅れのデバイスの改善にほとんど注意を払っていませんでした。 そして結果として、彼は空気の重要な機能に気付かず、それは実験で明らかになり、その後私が発見したものです。 彼の実験を繰り返し、他の結果を得るために、私はこの見落としを指摘することにしました。 マクスウェル理論を支持するヘルツの証明は、彼が使用した輪郭振動の周波数の正確な推定によって補強された。 しかし、私は彼が彼が受け取ったと思った周波数を得ることができなかったと確信していた。 それによって使用されるものと同一の器具で得られた振動は、一般にはるかに低く、これは、高周波数で振動する高電圧電気回路上でうつむくように作用する空気の存在に起因する音叉に。 しかしそれ以来、私はエラーの他の原因を発見し、マックスウェルの詩的な概念の実験的な確認としてその結果を長い間認識していませんでした。 偉大なドイツの物理学者の仕事は、電気分野の現代的な研究のための優れた刺激でしたが、その魅力のために、ある程度は科学者の心を麻痺させ、したがって独立した研究のためには困難でした。 新しい開かれた現象が理論に合わせて調整されたため、真理はしばしば意図せず歪んだ。
私がこの電信システムを導入したとき、私の意識は、地球や環境のあらゆる距離にコミュニケーションをとるという考え方に完全に吸収されました。その実際的な実装は、主にどこでも生み出すことができる道徳的な影響のために重要でした。 この目的のために、最初のステップとして、私は、実際には非常に中規模のパワーデバイスであっても広大なスペースに信号を伝送することを望む、同調回路を備えた中継局の使用を当時提案しました。 しかし、私は、適切に設計された機器では、この種の中間ステーションを必要とせずに、距離にかかわらず、世界中どこでも信号を送信できると確信していました。 そして、私は「回転ブラシ」と呼ばれる一種の電気現象の発見のおかげで、この確信に達しました。それは1892年の初めに、私は外国の科学社会で講演しました。 これは、真空ランプ内の特定の条件下で形成され、磁気的および電気的影響に対する感受性を有し、言い換えれば、超自然と境界を接する、光のビームである。 この光線は、毎秒2万回転の速度で地磁気の影響を受けて急速に回転し、この部分の回転は南半球とは逆であり、磁気赤道領域では全く回転しない。 達成することが難しい最も敏感な状態では、電気的および磁気的な影響を非常に受けやすい。 その結果、腕の筋肉の張力と、結果として、ある距離に立っている観察者の身体におけるわずかな電気的変化が、梁に実体的な影響を与える。 最高の感度の状態で、彼は地球上で起こっているわずかな磁気的変化と電気的変化を区別することができます。 この顕著な現象の観測は、装置が非常に進歩していて、地球や環境の中では小さいが、電気的および磁気的状態を知覚することができれば、どの距離でも容易に通信できるという自信を与えてくれた。
新しい原則の策定。 電気ジェネレータ; 電気の巨大な動きの実現。 アースは人間に応答します。 国際交流の可能性
私は大胆な犠牲を伴いましたが、この大胆な作業に私の努力を集中することに決めました。克服しなければならなかった困難は、何年もの苦労の後にしか解決できないようなものでした。 これは私が自分自身に捧げることを好む他の仕事を延期することを意味しましたが、私にとっては、強力な電気振動を生成するための効果的なデバイスを作成するなど、エッセンス、電気分野における一般的な人間の問題。 その助けを借りて、あらゆる距離でのコミュニケーションが可能であるだけでなく、大量のエネルギーの移動、大気中の窒素の燃焼、効果的な照明装置の生産、および認識できない科学的および工業的意義を有する他の多くの成果。 しかし、結局、私は私の約束を果たして満足を体験しました。新しい原則が発見されました。その活動は、電気コンデンサーの驚くべき特性に基づいています。 それらの1つは、放出されるか、またはそれに含まれるエネルギーから、考えられるほど短時間で放出され得るということである。 このおかげで、彼は爆発的な力で同等のものを持っていません。 ダイナマイトの爆発は、その排出と比較して結核患者の呼気だけである。 これは、環境の最も強い摂動である最も高い電圧の最も強力な電流を得る方法です。 同等に価値のある別の特性は、その放電が任意の所望の振動周波数を、毎秒数百万までも有することができることである。
達成可能な最大周波数を得ました。コンデンサに頼って幸せなアイデアがあったとき、逆に進んでいます。 そして、変圧器の一次巻線を形成する太い線から数回巻いたコイルを通して、急速に交互に充放電することができる装置を設計した。 コンデンサが放電されるたびに、電流は一次巻線内で変動し、二次側で対応する発振を引き起こした。 このように、基本的に新しい変圧器、すなわち「電気オシレータ」と呼ばれる誘導コイルは、コンデンサを特徴付ける固有の特性を参照し、他の手段では達成できない結果を達成することができます。 これまでに想像もしていなかった任意の文字や強度の電気的現象は、作成されたデバイスの使用のおかげで難なく得られました。その主要なコンポーネントは写真( リンク )に表示されています。 ある場合には強力な誘起効果が必要であり、他のものでは3番目に可能な限り高速であり、非常に高い振動数または超高電圧であり、他の目的のためには非常に大きな変位が必要である。 REFERENCE 、 REFERENCE 、 LINK 、 LINK上のそのようなジェネレータを用いて行われた実験の写真は、これらの性質のいくつかを示しており、提示された現象の意義を表現しています。 上記の図の詳細な説明は、さらなる説明を不要にする。
提示された結果がどのくらい珍しいかはっきりしていますが、同じ原則で設計されたデバイスで提供できるものと比較してほんのわずかです。 私は電気放電を実証しました。その程度はおそらく100フィート以上に達しましたが、その長さの100倍に達することは難しくありません。 私は約10万馬力の電力で発電を行いましたが、1馬力、5馬力、または1000万馬力の能力も同様に容易に達成できます。 これらの実験は、人の積極的な参加によってこれまでに得られた結果と比較して、比例して重要な結果をもたらしたが、これらの結果は可能な限り胚である。
このようなデバイスを使って、地球のどこかでワイヤレス通信が可能であるという証拠は必要ありませんが、私が発見したことによって、私は絶対的な確信を得ました。 一般的に言えば、私たちは大声で叫び声を聞いてエコーを聞くと、その音が壁や他の境界に到達し、反射して戻ってきたことがわかります。 ちょうど音のように、電波が反射され、この現象は「立っている」波として知られている。 固定ノードと腹の波。 遠隔の壁に音の振動を送る代わりに、私は電気の振動を地球の深みに送りました。壁の代わりに私は地球に答えました。 エコーの代わりに、私は離れた深さから反射した定在波を受けました。
地球の定常波は、あらゆる距離の単純なワイヤレス配線以上のものです。 彼らの助けを借りて、あなたは他の方法では達成できない多くの重要な結果を得ることができます。 例えば、それらの使用は、地球の特定の地域における送信所からの電気的影響を随意に誘導することを可能にし、海上の船舶、それによって運ばれる距離、またはその速度など、移動体の相対的な位置またはコースを決定することができる。 または私たちは地球上の電波を、カメの速度から雷の速度まで、あらゆる速度で移動することができます。
このような成果により、私たちは短期間に大洋横断電信メッセージのほとんどが電線なしで送信されることを予見するあらゆる理由があります。 近距離の場合、有資格のオペレータを必要としない無線電話が必要です。 通信が必要な空間が広がるほど、無線通信がより便利になります。 ケーブルは容易に損傷し、高価な機器であるだけでなく、設計とは切り離せない特定の電気的特性のために伝送速度が制限されます。 ワイヤレス通信のための適切に設計された設置は、ケーブルの容量よりも何倍も大きな容量を有すると同時に、比類のない低コストを必要とする。 新しい方法での信号伝達がより速く、安く、より安全になるので、ケーブル接続が時代遅れになるのはそれほど長くはありません。 不正なアクセスからメッセージを保護するために私が発明したデバイスを使用すると、ほとんど完璧な秘密を提供することができます。
上記の現象は、これまでのところ、約600マイルに限られた距離でしか観測されていませんが、実際にこのような発電機によって発生する振動のパワーには制限がないという事実を考慮すると、トランスオーシャン接続を行うこのような設備の成功を確実に確かめることができます。 それだけではありません。 私の測定と計算は、これらの原理に基づいて、地球上で、金星や火星などの最も近い惑星でその行動が知覚されるような電気量の動きを実際に作り出すことができることを示しています。 したがって、惑星間通信に関する議論は、可能性のある地域から可能な段階に移行している。 実際、地球の電気的状態を混乱させる新たな方法でこれらの惑星の1つに明確な効果を出すことができるという事実は疑いありません。 しかし、このコミュニケーションの方法は、これまでに科学者たちが提案した他の方法とは根本的に異なっています。 これまでのすべての試みでは、1人または別の研究者が、リフレクターに焦点を当てる限り、私たちの惑星に到達する全エネルギーのわずかな部分しかデバイスで使用できませんでした。 しかし、私が開発した方法を使って、彼は装置に惑星に送られたすべてのエネルギーの大部分を集中することができ、その結果、後者への影響は何百万回も増加します。
必要な電力の振動を発生させるための設置に加えて、我々は地球に影響を与える弱い影響の兆候を検出することができる敏感な装置を持たなければならない。 これらの目的のために、私は新しい方法も開発しました。 それらを使用して、我々は、とりわけ、海中の氷山または他の物体の存在をかなりの距離で決定することができる。 彼らの助けを借りて、まだ説明されていないいくつかの地上現象を発見しました。 私たちがあらゆる惑星にメッセージを送ることができるという事実は、私たちが答えを得ることができることを確信しています。人はInfinityの唯一の生き物ではなく、理由があります。
電気エネルギーの実装からの遠距離への無線転送; 人類の加速する力を高める最善の方法
これらの実験中に行われた最も貴重な観察は、超高起電力を伴う電気パルスへの大気の異常な反応であった。 実験では、常圧下で空気が導体の明瞭な兆候を得ていることがわかり、長距離の産業ニーズに対応した大量の電気エネルギーの無線伝送の顕著な見通しを得ることができました。これまでは科学的な幻想としか考えられていませんでした。 さらなる研究では重要な事実が明らかになりました。電気のインパルスによって導電性が与えられ、数百万ボルトの電圧が非常に急速に増加した導電率は、希少度に応じて急激に増加しました。この種の電流の場合、銅線より優れています。
従って、新しい大気特性の発見は、ワイヤなしで多量のエネルギーの移動を可能にするだけでなく、より重要なことに、このようなエネルギー伝達が経済的であるという自信を与える。 この新しいシステムでは、送信が数マイル離れているか、数千マイル離れているかはほとんど変わりません。
これまでは、この方法を使用して、特殊な設備を作る必要があったため、工業的に重要なエネルギーを大量に移動しませんでした。 私が開発したこのような設備のいくつかのモデルは、システム全体の同じ動作条件で完全な可能性を示していました。 すべての実験の後、2つの端子を海抜30〜3500フィート以上の高さに15〜20百万ボルトの電圧で持ち上げると、何百という距離に亘って数千の馬力にエネルギーを移すことが可能であり、何千マイルもあります。 しかし、今日必要なターミナルの高さを大幅に減らすことができればと思っています。私はこの考えを実現するために非常に努力しています。 もちろん、数百ボルトの電圧を使用して火花を数百フィート飛ばしてしまうことに対しては偏見が広がっていますが、逆説的かもしれませんが、テクニカルエディションで説明したように、今日の都市で使用されているほとんどの従来の流通ネットワークよりも優れています。 これは、彼が何年もこのような実験を行ったにもかかわらず、私も私の助手も傷ついていなかったという事実によって、ある程度まで確認されています。
しかし、実際にシステムを適用できるようにするためには、いくつかの必須条件を満たす必要があります。 このような伝送が可能な装置を開発するだけでは不十分である。 機器は、高効率で電気エネルギーの変換および伝送を可能にするものでなければならない。
さらに、滝などの自然エネルギー源の産業的利用に従事する人々に提供するインセンティブが必要です。 彼らは地元の有益な企業から得られるよりも高い投資収益率を保証されなければならない。
それ以来、確立された意見とは対照的に、大気のより低い層および容易に達成可能な層は電気の導体であり、電気エネルギーの無線伝送は、重要な他のすべてのものより優れた技術者のための局所的な仕事になった。 その実践的実施は、人類の必要性のためのエネルギーを得ることは世界のどこでも可能であることを意味する。 少量ではなく、適切な設備の助けを借りて環境から抽出することができ、滝から無制限に抽出することができます。 エネルギーの輸出は、米国、カナダ、中南米、スイス、スウェーデンなど、よく位置付けられている多くの国にとって主要な収入源になるだろう。 人々はどこにでも住み着くことができ、土壌の肥料や灌漑に多くの労力を費やすことなく、不毛な砂漠を庭園に変えることができ、地球全体が変化し、より適応した人類の居住地になることができます。 火星に知的存在が存在すると、彼らはこの考えを実現して以来、天文学者がその表面に気づいた変化を説明する可能性が非常に高い。 相対的に密度が低いこの惑星の雰囲気は、この問題の解決を大いに促進するでしょう。
おそらく間もなく、環境から適度な量のエネルギーを取り出すことができる自励式の熱機関を用意します。 また、太陽から直接電気エネルギーを得る可能性もあります。 これは、すべての周波数の電気振動が太陽から出てくるマックスウェルの理論が正しい場合に起こります。 私はこの現象を研究し続けています。 ウィリアム・クルークス卿は、ラジオメーターとして知られている優れた発明で、光線が衝撃力によって機械的効果を生み出すことが証明されました。これは、例えば太陽光の広範な使用などの重要な発見につながります。 他のエネルギー源が利用できるようになり、太陽からエネルギーを得る新しい方法が発見されるかもしれませんが、これらの同様の成果のどれも、 私は、本発明よりも効果的に民族の和解を促進する技術的成果、あるいは人類のエネルギーをより大きく拡大して節約する技術的成果を想像することはできません。 これは、人類の進化を加速させる力を築く最良の方法です。 この革新的なイノベーションの道徳的影響のみを決定することはできません。 一方、地球温暖化のいずれかの時点で、自力で熱機関の助けを借りて環境からのエネルギーを限られた量で受け取った場合、その条件は以前と同じままです。 人類の生産性は向上しますが、人々は断ち切られたままであり続けます。
そのような結論のために準備されていない多くの人々は、わたしにとっては単純で明白なように見えるが、実際の適用からは遠く離れていると考えるだろうと私は予見している。 ある人の注意や反対も、他人の急速な受け入れと熱意と同じように、人間の進歩の質と必要な要素として有用である。 だから、当初は力に抵抗し、動き始めた質量はエネルギーを増やします。 科学者はすぐに結果を求めません。 彼は彼の進歩的なアイデアが容易に受け入れられることを望んでいない。 彼は草刈り機のように、将来のために働く。 彼の義務は、来て、道を見せる人々のための基礎を築くことです。 彼は生きて働いていて、詩人と一緒に望んでいます:


私の仕事を謙虚にしてください。
幸せ、希望の目標に!
私は頑張ってください!
はい、私は本当の表情で見る:
これらのバーは庭になり、
寛大な色合いとフルーツ。*
* I.-V. ゲーテ。 "希望"。