オレゴンはどうやって水に蓄積するか

Zero point energy

近年、ハロルド・プソフは量子科学の発見から真空からのゼロ点エネルギーを普及させています。 一見近代的な科学にとって革命的ではあるが、このゼロ点エネルギーは以前に何度も発見されており、Orgoneエネルギー(Wilhelm Reich)やTachyonエネルギーなどの多くの名前が付けられている。 このエネルギーは古くからの記念碑として人類に知られていました、古代人はそれを「Chi」(中国人)、「Ki」(日本人)またはPrana(インド人)と呼びました。 現代の科学は古代の知恵に追いついて、それをゼロ点エネルギーとして再発見しています。 Wilhelm Reichが発見したように、それを生命のエネルギーと呼びましょう。それは、植物、動物、人間を問わず、地球上のあらゆる生物種に活気と命を与えるエネルギーです。

Implosion physics

宇宙の自由ゼロ点エネルギーを理解することは、古代の宇宙論と私たちの宇宙の性質を理解することです。古代人は彼の宇宙が振動するエネルギーの海、私たちの周りにあるエーテルからなると信じていました。つまり、物質の世界には別々の粒子は存在しませんが、その代わりに物質はエーテル内の定在波から生成されます。この古代の私たちの宇宙観は、ダニエル・ウィンターによる「爆縮物理学」と呼ばれる新しい物理学で最もよく説明されています。ダニエル・ウィンターは、神聖幾何学、古代の科学と哲学の専門家です。
ダニエル・ウィンターの爆縮物理学は、物質をエーテルの中に内在する渦の自立配置として説明しています。原子は単にこれらの渦の幾何学的配置です。それぞれの渦は、主流の物理学が電子粒子であるとみなすものと一致します。暗黙の渦がプラトニックソリッド、電子殻およびそれらの磁気量子数に従って配置されるとき、殻中の電子の数(2、6、10、14)はこれらの幾何学的形態の対称性から自然に現れる。フラクタルを形成するためにこれらのプラトニックソリッドを上下に入れ子にすると、異なる電子殻の存在する原子のモデル=フラクタルまたはプラトンソリッドのネストされたセットが得られます。
Platonic Solids
は、紀元前Plato 300によって言及され、彼はこれらの固体を火(四面体)、空気(八面体)、地球(立方体)、水(二十面体)およびエーテル(十二面体)の5つの要素とみなしました。プラトンが二十面体を水とみなしたことを思い出してください。
ちょっとちょっとだけ宇宙が本質的に電気であることをイメージして、これらの暗示するエーテル渦の実際に存在するすべての問題を想像してください。これは私たちの観測可能な宇宙を基本的に電磁波からなる行列にします。マトリックス自体は、これらの波によって紡がれた織り込まれたプラトニックソリッドのジオメトリで構成されています。長波から短波長までの波の中に波が入れ子になっていると、銀河、惑星、分子、原子、そして亜原子粒子など、すべてが相互に連結した状態になります。

このマトリックスは、非破壊的に原子内のゼロ点または静止点に干渉する螺旋状の電磁エネルギー波からなる。 内在する効果は、これらの波が重力として観測され、爆縮によって物質が形成されるだけでなく、加速して超光速に達することです。
暗黙の渦を想像するために、あなたが浴槽の中でプラグを引いたときに作られる小さな渦を想像するだけで、それがファンネルにすべてを引き付けるように渦の吸引を感じます。 これが電磁エネルギーの暗黙のエーテル渦がすることです。 それは物質を吸い込んで重力を生み出します。 ゼロ静止点ではエネルギー密度が無限に高くなっているので、これもゼロ点エネルギーの鍵です。

Torsion fields

Dan Winterによると、これはアインシュタインが探していた電磁気力と重力の関係です。 ロシアの科学者たちはこれらの暗示的な電磁エネルギー場、ねじれ場を呼びます。 静止点がゼロになるように渦巻く渦巻き状の波がねじれ波です。 宇宙からゼロ点エネルギーを引き出すことは、私たちの物理的現実を構成するエネルギーのマトリックスからエネルギーを引き出すことです! それは重力自体からエネルギーを利用しています!
50
年代にハンス・ジェニー博士は単純な音波を使った彼のCymatics実験で、すべてのPlatonic Solidsが球形体積の定在波干渉パターンとして現れることを示しました。 プラトニックソリッドは自己組織化宇宙の青写真です。 渦の中のらせん状の内在する波もまた、定在波パターンとしてこれらのプラトニックソリッドを作り出す。 内破は、単に波の干渉縞としてのこれらの入れ子にされた、またはフラクタルプラトニックソリッドのセットです。

 

体操実験の左側が正20面体、右側が星型の4面体
これが、プラトニックソリッドのような幾何学的形状が宇宙のエネルギーと共鳴できる理由です。 ロシアの科学はそれらを受動的ねじり場発生器と呼ぶ。 これはギザの大ピラミッドの秘密であり、実際には半八面体であり、地球のねじれ場と共鳴することができます。 地球グリッドと呼ばれる地球の電磁エネルギーマトリックスは、完全にこれらの入れ子になったプラトニックソリッドで構成されています。 原子のプラトニックソリッドエネルギーグリッドは、地球のエネルギーグリッドの大きい方のプラトニックソリッドに単純に固定されます。 宇宙望遠鏡の観測) これが私たちの肉体的現実のマトリックスを構成します。


Pictures courtecy of Dan Winter (www.soulinvitation.com)

内部プラトニックソリッドを使ったドーナツ畑
古代人はこれらすべてを非常によく理解していました。 それは、地球の秘密、風水、宇宙のカイエネルギーを導きそしてバランスをとる芸術です。 土地に幾何学模様を作成することで、私たちの宇宙のエネルギー行列の幾何学模様と共鳴が生まれます!

Structured water

古代の知恵と現代の爆縮物理学へのこの紹介で、私たちは今水の性質を探り始め、水が宇宙の真空から宇宙エネルギーを与えるこの生命をどう利用できるかを理解し始めることができます。水の秘密は、それが同じ古代のgeomancyの原則、風水の芸術を使用して宇宙からChiOrgoneまたはゼロ点エネルギーを伝導することができるということです:幾何学的形態による共鳴!私たち自身の体細胞がこれらの共鳴原理を使って宇宙からの生命力、カイ、ゼロ点、または組織エネルギーを利用する能力の秘密は、おそらく最もありそうです。
ある水分子の水素原子が別の水分子の酸素原子と結合し始めると、水が内部構造を形成し得ることはしばらくの間知られていた。水分子は電気的に中性ですが、その電荷は分子に沿って均等に分散されていません。水分子は実際には小さな双極子である。なぜなら、H 2 O水分子中のより大きな酸素原子は、はるかに小さな水素原子よりも価電子をより強く引き付けるからである。その結果、水素はやや正電荷を帯び、酸素原子は負電荷を帯びます。この双極子効果は、水分子が分子鎖を形成することを可能にする。正に帯電した水素原子は、他のH 2 O分子の負に帯電した酸素原子と結合する。通常の水中での水素結合は非常に不安定であり、これらの結合はピコ秒しか続かない。そのため、水分子の熱振動の結果として、水は絶えず動的にこれらの内部構造を再構築しています。ゼロより低い温度でのみ、水素結合は氷晶を形成するのに十分に安定になる。
ロンドンサウスバンク大学の応用科学水および水系研究のマーティン・チャップリン教授による最近の理論は、水分子が二十面体に基づいて様々な構造および配置にそれら自身を配置できることを実証している。最も素晴らしい構造は、合計1820個の水分子を持つ13個の小さな正二十面体構造からなる超正二十面体構造です。


Icosahedral super water cluster of 1820 H2O molecules

Chaplinの水の分子構造モデルは、0度から4度の間の膨張、高沸点、そして水を希少な流体にする他の多くの奇妙な性質など、水の多くの異常な性質を説明することができます。したがって、この理論が示すのは、水がこれらの超二十面体クラスターを動的に作り出し、水にその独占的性質を与えるということです。
これが、Orgoneエネルギーに関連した水の秘密です。これらの正二十面体構造は、フォームを介してゼロ点エネルギーと共鳴します。それらはゼロ点エネルギーを崩壊させる導波路です。二十面体水クラスターは、物質、すなわち水分子の原子を支える内在波のフラクタル行列に単純に、入れ子になるか、または再帰的に適合する。ダニエル・ウィンターによれば、この電磁エネルギーの物質への爆縮は、我々が重力として観測するものです。したがって、言い換えれば、正二十面体構造は暗黙のOrgoneエネルギーの導波管であり、これらの暗黙の波の超伝導を可能にします。水中で起こることは、暗示する電磁エネルギーの渦が生成され、宇宙から水中にこのOrgoneまたはChiエネルギーを引き込むことです。エーテルを吸い込んでいるのはそれをエーテルの渦または渦と考えてください。それがエーテルの風のこの吸い込みが私たちが重力として経験することです。
生物学における最近の発見は、生物学的細胞内の水が高度に構造化されていることを示しています。これは、なぜ宇宙のカイや生命力のエネルギーがすべての生物学的生命を活気づけるのかに関する秘密です。

 

Orgone and consciousness

人間の意識は水分子のクラスタリングに影響を与えるようです。
50
年代後半に、ロシアの科学者、ニコライKozyrevは、人間の思考と感情がねじれ場に関連することを証明しました。ロシア人がそれらを呼ぶ傾向があるので、ねじれ場または真空領域は、宇宙の真空の中で電磁気的に内在する渦と同等です。
Heart Math Institute
で、Daniel Winterは、EEGECGの間でコヒーレンスが達成されたときに、eモーションが実際には心臓と心からの電磁エネルギーの爆縮であることを証明しました。愛の感情は、EEGECG周波数スペクトルの中で黄金平均比に関連する周波数によって調和して脳波と心臓波を同調させるでしょう。これは人の周りのエネルギー場に暗示する渦を作ります。 Kozyrevの意識的なねじれ場を作り出すこの効果はまた、なぜEmaru Emotoの水の結晶が思考と感情によって影響されるかを説明するかもしれません。江本勝は、水試料からの氷の結晶の形成が人間の意図によって変えられることを証明した日本の科学者です。
注目に値するのは、江本勝の水質サンプルは、自然のままの汚染されていない水源から得られたものだけでなく、人間の前向きな意思によって管理されたものでもあります。純粋な天然の湧水、または愛をこめて扱われてきた水だけが、これらの美しい六角形の氷の結晶を作り出すことができます。他のすべての場合では、氷の結晶は無秩序です。

単一の六角形コアを有する氷晶は、六角形の頂点にフラクタル構造、しばしば六角形構造それ自体を有する。 マサルの水の結晶の六角形は、実際には二十面体の平面図です。

             

                     The hexagon in the icosahedron

この六角形または二十面体構造水に関する江本勝の研究は、この水が彼が造った「羽」あるいは宇宙の生命力を伝達する能力を持っていることを示しました。 今やHadoは、Wilhelm Reichが発見したOrgoneの日本語の単なる用語ではありませんか? 江本勝の研究は、水自体が構造化されると、水がこの宇宙エネルギーの超伝導体として機能する能力を認めているようです。 江本勝の調査によると、

天然のきれいな水源に六角形の構造水が現れる

水道水などの普通の水は、前向きで愛情のある人の意図によって六角形の構造水に変えることができます。

六方晶構造水はスカラー波またはねじれ場を使って人工的に作ることができます。

 

Woutje Winkler-Prinsという名のオランダの精神的な女性がいます。彼女は精神的なガイドから幾何学的形態についての情報を超常的に受け取っています。 彼女は少なくとも20年間紙に描かれた幾何学的な形を使って彼女の「構造化された水」を作っています、そして彼女が彼女のDonave商標の水を作るために使っている最新の幾何学的な形はこれです:


 
Woutje
幾何学的形状の二十面体スーパーウォータークラスタ

 

Woutje幾何学的形状の二十面体スーパーウォータークラスタ
2
つの画像間の類似性は際立っています。 両方の図の輪の数と、二重ループのある外側の輪の台形のような形に特に注意を払ってください。
この女性は、六角形または二十面体構造の水に関する情報を直感的に受け取っているのでしょうか。
偶然ではないと思います。

References

Charge compression, implosion physics in water, Daniel Winter: http://www.soulinvitation.com/watercharged/

Hydrogen bonding and memory effect of water: http://www.chem1.com/acad/sci/aboutwater.html

Icosahedral water clusters. Martin Chaplin:
http://www.lsbu.ac.uk/water/
http://www.lsbu.ac.uk/water/icosahedra.html

Dr. Emoto’s hexagonal water:
http://www.hado.net/indigo_water.html

Torsion fields, Nikolai Kozyrev:
http://ascension2000.com/DivineCosmos/01.htm

The electric universe:
http://www.holoscience.com

Cymatics, Hans Jenny
http://www.cymaticsource.com/

Woutje Winkler-Prins and Donave water:
http://www.nulpuntenergie.net/dng/donave.htm

 

 

水からの伝言

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E4%BC%9D%E8%A8%80

水からの伝言』(みずからのでんごん)とは、水の結晶である氷から言葉や音楽への反応が読みとれるとする江本勝の著作。水に向かって様々な文字を見せ、または音楽を聴かせた上で氷結させて、融解の過程で生じた結晶を顕微鏡を通して撮影した写真集となっている。シリーズで4巻までが発行された。

本書には、著者である江本の研究所で撮影された「雪花状の氷」[注釈 1]の写真が多数収録されている。名勝の水や「ありがとう」等の言葉を見せた水からは綺麗な結晶ができ、水道水や「ばかやろう」等の言葉を見せた水からはいびつな結晶ができるといった、科学的には荒唐無稽な話が写真と共に語られる。

江本の会社による自主出版であり一般書店では販売されなかったが[1]、支持者の手で配布されるなどして広まり[2]、その後2009年までには45ヶ国語に翻訳、世界75カ国で出版されシリーズで250万部以上が発行された[要出典]。

思いやる心の大切さを示す「いい話」として信奉者を生んだ他、ホメオパシーや積極思考の推進者からも支持される一方[3][4]、疑似科学だとして批判も起き、また小学校の道徳の授業にも使われた事で問題となった(#反響)。
内容

第一章 身近な水の話
各地の水から生まれた結晶の写真。
第二章 変化する水の話
音楽や文字の影響を受けた結晶。支持者が行った米の実験の紹介。
第三章 江本勝・水の世界は拡がる!
江本の会社で販売する波動測定器やマイクロクラスター水の紹介とそれらによる結晶。船井幸雄の「愛の気」を受けた結晶など。

米の実験

江本の講演を聞いた一般人によって行われたという「実験」。炊いた米(ご飯)を二つのガラス瓶に入れ、「ありがとう」と「ばかやろう」と手書きした紙をそれぞれの瓶に貼り、小学生二人がそれぞれの瓶に紙と同じ言葉を毎日掛け、一月後に「ありがとう」の方は発酵して良い香りになり、「ばかやろう」の方は腐敗して黒くなったというもの。

本書で瓶の写真と共に紹介し、江本は微生物が言葉に反応して善玉菌と悪玉菌に別れたのだろうと述べている(P.89)。
撮影方法

水に音楽を「聴かせる」場合には精製水を入れた瓶をステレオスピーカーの間に置いて曲を流し(P.73)、言葉を「見せる」にはワープロで打ち出した紙を内向きにして瓶に貼り(P.90)、共に一晩置いた上で複数のシャーレに一滴ずつ垂らして冷凍し、摂氏マイナス5度の冷蔵室に移して倍率200から500の顕微鏡に取り付けたカメラで撮影する(P.15, P.73)[注釈 2]。

出来上がった結晶の形はシャーレ毎に異なるが(P.74)、その中から一つを選んで掲載している。ただしエルビス・プレスリーの『ハートブレイク・ホテル』を聴かせて作られた結晶については様子の異なる三つの写真を掲載し、曲の内容に結びつけた解説を行っている(P.86)。また「アドルフ ヒトラー」(アドルフ・ヒトラー)の文字を見せて作られた結晶には、いびつなものと整ったものを二つ並べ、根っからの悪人は存在しないと結んでいる(P.109)。
著者の主張

江本が本書などに掲載している結晶の写真は、複数の写真の中から取捨選択した「その水の性質をもっともよく表していると思われる結晶」である事を認めているが[5]、同じ水からできた結晶には類似性があるとしている(P.74)。更に波動測定器を使って情報を転写した水からは、いつ誰が実験しても同じ傾向が現れると再現性に自信を見せていた(P.117)。

しかし2005年に「AERA」の懐疑的なインタビューに応じた際には、江本は本書を「ポエムだと思う」「科学だとは思っていない」と語り、また「僕は科学者ではない」「今後、周りの研究者によって科学的に証明されていくと思う」と述べ、本書での主張を科学として証明する意志は無い事を窺わせている[6]。

2007年のブログでも、自分たちの研究は「アート、あるいはファンタジーのレベル」であるとして、科学的な証明は「本物の科学者達」に求めている[7]。

一方で2006年には、日本物理学会にて行われた高尾征治の発表で共同研究者の一人となっていた(#日本物理学会)。また同年には、本書の内容を二重盲検法により確認するという実験を超心理学者のディーン・レイディン(英語版)[注釈 3]らと共同で行い[8]、代替医療を扱う"Explore: The Journal of Science and Healing"(「探索:科学と癒しのジャーナル」の意)に掲載された[9]。内容は、江本が東京で開催したイベントの一環として、カリフォルニアに置かれたミネラルウォーターの瓶4本のうち2本に向けて参加者が祈り、内容を明かされずに受け取った瓶から結晶を撮影し、それぞれの結晶の「美しさ」を100人に判定してもらった結果、祈られた水の方が平均値が高かったというもの。

なお、2003年にはジェームズ・ランディが江本に対して「100万ドル超能力チャレンジ」を呼び掛けており[10]、江本も2007年のブログにて、ランディから案内があったが無視していた事を明かした[7]。応じなかった理由として、科学界が認める様な実験環境を作れなかった事を挙げているが、実際にランディが呼び掛けていたのは、「良い言葉」と「悪い言葉」の水をヒント無しで見分けてみろというだけのものだった[10]。
反響
結晶に関する議論

写真にあるものは雪花状の氷であり、雪や霜と同様に「気相成長」によって生じた、つまり種となる氷に周辺の水蒸気がくっついてできたものである。あるいは「小さな霜」といえる。結晶の形は中谷宇吉郎が研究した雪の結晶形の成長条件に従って、雪花状に成長するかどうかは温度と水蒸気量で決まる。形こそ雪花状であるが、雪や霜がそうであるように、分子構造は普通の氷と同じである。

また、藤倉珊は『トンデモ本の世界T』において、同じく中谷宇吉郎の研究を取り上げチンダル像による負結晶(逆結晶)別名「ウォーター・フラワー (Water Flower)」とする異説を唱えている。水の結晶と称される写真に、チンダル像ができる際、水蒸気によってできる穴と同じようなものが見える。「シャーレに水を分け、氷点下で凍結し、顕微鏡で視る」という撮影過程の中で、顕微鏡の落射照明により氷が融解するなどと指摘し、結晶の写真の美しさは、氷の融解する過程においてタイミング良く負結晶ができる瞬間の写真が撮影できるかどうか、つまりシャッターチャンスの妙味だとしている。

ただし、藤倉珊と同じと学会の会員で物理学者の菊池誠は、写真に写っているのは気相成長でできた普通の結晶であり、チンダル像だとする藤倉の説は誤りであると指摘している[11]。
変化に関する議論

それぞれの結晶の写真は江本の主観によって選ばれたものであり、また江本も証明に協力しないため[7][12]、ワープロで書かれた文字の内容で結晶が変わるといった主張に対し、科学界での議論は行われていない。

一方で江本平和賞(Emoto Peace Prize)受賞者[13]であるワシントン大学生物工学科教授のジェラルド・ポラック(Gerald Pollack)は、2016年にIHM(江本の会社)に招かれて講演した際に、ポラックが唱える「第四の水の相」で水が情報を記憶する事によって結晶の形が変わる可能性に言及している[14]。ポラックの説はIHMの根本泰行によって『国際生命情報科学会誌』でも紹介された[15]。

 

http://www.mineralwater.co.jp/crystal.html

より画像

 

下の写真は、お水を汲んだボトルに文字を書いた紙を貼り、その水の氷の結晶を写真撮影したものです。いのちからの伝言・・・・・(株)IHM発売元抜粋

『ばかやろう』の結晶

 

f:id:hibiki-love:20190420035025j:plain

『ありがとう』の結晶

 

f:id:hibiki-love:20190420035014j:plain

 

 

 

 

ここで言えることは、私たちが何気なく使っている言葉が、いかに大事なのかを教えてくれ ます。「よい言葉」を口にすれば、周りによいエネルギーを与え、逆に「悪い言葉」を口にすれば、破壊のエネルギーとなってしまいます。文字や言葉にも 固有の波動・エネルギーがあるのです。

 

『~しなさい』の結晶

 

f:id:hibiki-love:20190420035002j:plain

『~しょうね』の結晶

 

f:id:hibiki-love:20190420034950j:plain

 

 

 

「・・・しようね」は、”ひまわりの花”のような美しい結晶です。キレイですね。これに対して、「しなさい」は結晶を作りません。命令形は、心に伝わらないのです。ちょっとした言葉でも、こんなに大きな違いがでてきます。意味深いですね。

 

 

 

『ムカツク、殺す』の結晶

 

f:id:hibiki-love:20190420034831j:plain

醜くゆがみ、すさまじいほど破壊的なエネルギーです。 テレビやゲームから流れてくる「残虐な言葉」や、破壊的なシーンは要注意です。子供にいかに影響を及ぼすかか想像できます。

『愛・感謝』の結晶

 

f:id:hibiki-love:20190420034801j:plain

最も美しい結晶をつくるのが「 愛・感謝 」という言葉であるといいます。 それは、最高の美、完璧な輝きの結晶です。やはり、この世の中で「愛と感謝」の気持ちに勝るものはない、ということでしょう。

 

 

 

 

人が言葉を発すれば、それを最初に受け取るのは「自分自身」です。人が想いを浮かべても、それは同じです。 プラスの言葉や想いは、自分や周りのエネルギーを高め、マイナスの言葉は自分や周りのエネルギーを下げてしまいます。 あとは実践だけ! でも、マイナスの言葉を使わないと意識するのも結構大変です。でも大丈夫!マイナスの言葉とプラスの言葉は、同時に発したり思い浮かべたりは出来ません。 マイナスを意識しないといよりも、プラスを意識すればOKです。 『ありがとう』 は最高のプラスの言葉です。

この結晶写真に関して詳しく知りたい方は、結晶写真の第一人者である江本勝氏の『水からの伝言―世界初!!水の結晶写真集』を読んでみて下さい。

 

 

 

 

ベーグルを鎖状にカットする方法

 

数学好きが位相幾何学を応用してベーグルをカットするとこうなる

原文

https://gigazine.net/news/20091209_bagel/

もっちりと詰まった食感が特徴のベーグル。欧米では単に焼いて食べたり、サンドイッチにしたりとメジャーなパンですが、数学好きが位相幾何学を利用してベーグルをカットするとこのようになる、という見本です。

 

これはニューヨーク州立大学のコンピューターサイエンス学科の教授、ジョージ・ハート氏が公開しているもの。授業の一環として学生にやらせてみたところ、大変好評だったとのことです。

X軸上で最もZ座標が大きくなる点をA、小さくなる点をC。Y軸上かつベーグル上でY座標がもっとも原点と近くなる点をB、Bの反対側かつ遠くなる点をDとします。

 

 


それぞれの点を用いて補助線を引きましょう。

 


ABCDの各点を通ってぐるっと一周する線を描きます。

 


赤の線は黒の線をZ軸で180度回転させたもの。この2つの線に沿って切込みを入れると……

 


見事、2つの輪が鎖のようにつながったベーグルとなりました。

 


ジョージ・ハート氏はこのベーグルの研究をさらに進めており、現在は「1回ひねりのメビウスの輪になるような切断面を見つける」のと「切断後の表面積は、通常のカットに比べてどう変化しているのかを計算する」のが課題とのこと。挑戦はまだまだ続きそうです。

エーテル動力学的自然科学の始動(エーテルの文書)

http://naturalscience.world.coocan.jp/atsyukovsky-startup-vol-2-japan.pdf

 

ロシア自然科学アカデミー

V.A.アツュコフスキー
エーテル動力学的自然科学の始動

目次
第1部エーテル動力学の方法論とエーテルの性質
はじめに
エーテル弁証法唯物論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5
第1章エーテル小史・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9
1.1.エーテルに関する理論とモデルの概観・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9
1.2.エーテルに関する既知の仮説,理論およびモデルの欠点・・・・・・・・・22
1.3.エーテル風.現実と捏造・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・24
結論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30
第2章エーテル動力学の方法論的基礎・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・32
2.1.普遍的物理不変量・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・32
2.2.構造と過程のモデル的(定性的)理解・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・39
2.3.現象の内的メカニズムの解明方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・43
結論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・47
第3章エーテルの構造・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・49
3.1.エーテルの構造・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・49
3.2.エーテルの諸パラメーターの数値の決定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・53
3.3.エーテルの運動形態・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・59
結論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・66
第4章気体渦の構造・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・68
4.1.渦運動論小史
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・68
4.2.線状気体渦の形成と構造・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・71
4.3.気体渦のエネルギー論
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・77
4.4.線状渦の周りにおける気体の運動.エネルギー論的パラドックス・・・・84
4.5.トロイダル気体渦の形成と構造.らせん運動の形成・・・・・・・・・・・・86
4.6.トロイダル渦の周辺における気体の運動・・・・・・・・・・・・・・・・・・・93
4.6.1.らせんトロイダル渦の周辺における気体のトロイダル運動と円周運動・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・93
4.6.2.渦の近傍における温度場と渦による周囲気体の吸収・・・・・・・・・・・95
4.7.渦の拡散・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・97
4.8.気体と渦の力の相互作用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・99
4.8.1.物体に対する気体媒質の力の作用の本質・・・・・・・・・・・・・・・・・・99
4.8.2.物体の前面に対する気体流の作用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100
4.8.3.物体の側面に対する気体流の作用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・101
4.8.4.物体に対する媒質の熱力学的作用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・103
結論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・105
おわりに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・107
文献・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・108
 
4目次
第2部物質構造のエーテル動力学的基礎
はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・117
第1章核子原子核・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・119
1.1.原子核研究小史と既存の原子核モデル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・119
1.1.1.原子核の発見と物質構造の実験的研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・119
1.1.2.現代の原子核モデル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・123
1.1.3.原子核の研究方法論に対する批判的コメント
・・・・・・・・・・・・・・・・125
1.2.陽子のエーテル動力学的パラメーターの決定・・・・・・・・・・・・・・・・127
1.3.陽子の強い相互作用と電磁相互作用の物理的本質・・・・・・・・・・・・・135
1.4.中性子の形成と構造・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・146
1.5.原子核モデル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・147
1.5.1.元素周期系と原子核の組成・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・147
1.5.2.原子核の構造的組織化の基礎的なエーテル動力学的原理・・・・・・・・149
1.5.3.複合核のいくつかの一般的性質・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・154
1.5.4.複雑な核の構造・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・161
1.6.渦トロイドの励起状態――弱い相互作用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・169
1.7.元素変換の可能性について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・173
1.8.核異性・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・177
結論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・179
第2章原子物理学・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・181
2.1.原子物理学・量子力学形成小史・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・181
2.2.量子力学の哲学のいくつかの特徴について・・・・・・・・・・・・・・・・・・186
2.3.量子力学の方程式の流体力学的解釈・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・189
2.4.原子と分子の電子殻の構造・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・197
2.5.オーラのエーテル動力学的本性・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
203
結論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・205
第3章 分子と化学的相互作用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・206
3.1.化学結合と分子の形成・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・206
3.2.共有結合と化学動力学的相互作用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・208
3.3.分子間結合の形成・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・209
3.4.オーラとキルリアン発光・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・213
3.5.触媒作用のメカニズム
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
216
結論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・221
第4章エーテル動力学的熱力学・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・222
4.1.熱と物質の集合状態・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・222
4.2.自由電子の構造と金属の電気伝導および熱伝導の物理的本質・・・・・・・224
4.3.発熱核反応のエーテル動力学的メカニズム・・・・・・・・・・・・・・・・・・227
結論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・228
おわりに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・230
文献231
付録
1.オグジェヴァリスキーによる分子構造のモデル化・・・・・・・・・・・・・236
付録
2.キルリアンの方法による写真・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・246
[訳注1]日本語版における添え字一覧表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・251
[訳注2]訳文中の「物質*」について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・252

7Dホログラムはデマカセだった? (訂正記事)



ウイルスのFacebookビデオは、訪問者が動物のデジタルレンダリングに触ったり、感じたり、匂いをかくことができる日本の7Dテーマパークを見せると主張している。 逆画像検索では、映像は広告キャンペーンや拡張現実感技術を取り入れたその他のビデオをまとめたものであることがわかりました。
2
年前に投稿されたこのFacebookビデオは、6,300万回の視聴と143,500株を超えるシェアを獲得しています。
それは主張しています。 あなたは動物に触れ、感じそして匂いさえすることができます。 日本語は7Dですが、私たちはまだ3D4Dにいます。」
ビデオは、ホッキョクグマ、タイガー、サイ、ゾウクジラなどの動物と交流する人々を示しています。

Screenshot of misleading Facebook post

逆画像検索では、ビデオ内の3つのクリップがINDE社によって製造された拡張現実技術を示していることがわかりました。
人々がホッキョクグマと対話する様子を示す最初のクリップは、20131月にYouTubeで公開されたコカコーラとロンドンの科学博物館で撮影された世界野生生物基金のキャンペーンのためのビデオで見ることができます。
シーケンスの2番目のクリップはもともとオランダのロッテルダムで撮影され、拡張現実ディスプレイの一部として2013年にナショナルジオグラフィックによって公開されました。
ビデオの次のクリップは2015年にINDEによって香港で撮影されました。
INDE
マーケティングマネージャであるLivia Jozsaは、Facebookビデオの最初の3つのクリップはINDEによって作られたものであるとAFPに電子メールで伝えました。
「このビデオで紹介されている5つのクリップのうち最初の3つは、実際には私たちの大画面拡張現実システム、BroadcastARであることを確認できます。 3Dコンテンツを含むAR体験は、私たちによって完全に作成されています」とJozsa氏は言います。
「ビデオで紹介されているBroadcastARの各エクスペリエンスは、それぞれ異なるクライアント、異なる場所(ロンドン、ロッテルダム、香港)と時間にインストールされており、テーマパークや日本にはありませんでした。」
ビデオの4番目のクリップは、ポーランドインタラクティブ拡張現実キャンペーンのためにテクノロジーソフトウェア会社LemonOrangeによって制作されました。
3
年前にVIMEOに掲載されたイベントの説明で、「Visaで働く - 支払いソリューションのサプライヤ - LemonOrangeは、ポーランドで最大のインタラクティブ拡張現実ベースのキャンペーンを作成しました」と述べた。

ビデオの最後のクリップは、2016年にMagic Leapテクノロジ企業が発表したバスケットボールコートで飛ぶ巨大なクジラを示しています。

f:id:hibiki-love:20190316005021g:plain

https://youtu.be/e_qugiaMOf8

これは宣伝ビデオであり、拡張現実感ではありませんが、同社の創設者は、彼らが取り組んでいると述べています。
「最後のクジラについては、実際のAR体験ではなく、Magic Leapティーザービデオです」と、INDEJozsa氏は付け加えました。

 

 

BroadcastARとは

旅行者のための放送AR:映画のような拡張現実感の経験

旅行者のエンゲージメントとソーシャルシェアのサポートが優れていることから、Travelerの最も優れている点は、その広告力と並んで広告とブランドを作成するための優れたメディアスペースであるということです。

Travelerは、センセーショナルなアンビエントサウンドと共に、世界で最も素晴らしいアニメーション3Dキャラクターのいくつかを備えた拡張現実感体験です。

Travelerの大画面エクスペリエンスは、カスタマイズ可能なインタラクティブ、拡張現実感の3Dエクスペリエンスをあらゆる画面、屋内または屋外のデジタルサイネージ、または一時的なLED /プラズマ画面に表示する、INDEのAppshaker BroadcastARシステム上で実行されます。

Appshaker BroadcastARは、小売環境を介してイベントや公共スペースへの設置を博物館や教育経験まで可能にするために設置面積に適応可能です。

システムは当社のSnapShareモジュールとシームレスに接続して、ソーシャルメディアを介した即時共有のためのインスタントJPGおよびビデオスナップショットを作成したり、オンサイトで印刷して素晴らしいROI機会を提供します。

道端で聞こえる霊の声はこれでは?---Holographic Whisper

Holographic Whisper

 

f:id:hibiki-love:20190316005815j:plain




抽象:
超音波フェイズドアレイ技術を拡張することによって三次元空間オーディオレンダリングの新しい方法を提案する。 超音波を任意の三次元位置に集束させるためのホログラフィック音響発生器として超音波フェイズドアレイを使用する。 超音波焦点における音圧は、空気中の自己復調効果に基づいて可聴音を放射するのに十分に高い。 その結果、超音波焦点は可聴音源として作用する。 このサウンドポイント方式により、従来の超指向性(サウンドビーム)スピーカーと比較して、より柔軟かつ正確に空中オーディオの分配を制御することができます。 この方法は、空気中で音源を自由に生成し消すことができます。 これらのポイント音源は個人的なメッセージや音楽を個人に届けることができます。

超音波は人間の耳に聞こえない周波数の音ですが、音圧がある程度以上に大きくなると変調成分が可聴音として放射される現象が知られています。この現象と超音波の直進性を利用した、正面に狭い指向性を持つ可聴音のビームを作るスピーカがこれまでに開発されています。このスピーカは多数の超音波振動子を同時に駆動するものでした。これに対して私たちは、多数の超音波振動子を個別に適切な時間差で駆動することで空中に超音波焦点を形成し、その焦点でのみ可聴音を発生させる技術を開発しました。これにより、何もない空中に点音源を自在に配置することができます。従来の可聴音のビームでは狙った人物以外に同一直線上に居る人にも聞こえてしまっていましたが、我々の点音源スピーカは狙った人物にのみ耳元でささやくように音を聞かせることができます。これにより、音環境の設計の自由度が飛躍的に高まることが期待されます。例えば、美術館などで展示ごとに異なる解説を来場者に聞かせたり、カフェなど騒がしい場所で人を呼び出したり、デジタルサイネージで道行く人の携帯端末に連動して音を届けたりする用途が考えられます。

 

f:id:hibiki-love:20190316005759j:plain

 

 

 

 

 

Holographic Whisper 2016

集束超音波をAM変調することで、焦点から全方位に可聴音を放射するスピーカです。

この点音源は空中の任意の位置に設置することができ、音場設計の自由度が格段に上がります。例えば狙った人の耳元にささやき声を届けることができますし、空中を飛び回る目に見えない何かを音で表現することもできます。集束超音波の特長

 (1)相手に触らない
 (2)狭い範囲を狙える
 (3)発生場所を自在に変えられる

をフルに活かした応用です。

 

 

例のアレです

凄い!!7Dホログラム(VR ヴァーチャル・リアリティ)

f:id:hibiki-love:20190316005021g:plain

 

技術は時間とともに非常に速く進化していることを私たち全員が知っているように、昨日私たちは2D3Dについて話していました、そして今私たちの議論のトピックは7Dホログラム技術です。 私たちはみんな2D3Dの技術について読んだことがあり、皆さんのほとんどはこれらの技術を経験しています。

f:id:hibiki-love:20190316004705j:plain

ドバイモールの7D動物園

7D Hologram Technology Amazing Show in Dubai

https://www.youtube.com/watch?v=5CqUYBopWLs

簡単に言うと、ホログラムは特殊なメガネや中間光学系を使わずに見ることができる画像ではなく、ライトフィールドをキャプチャして記録します。 このようにして記録された光のパターンが散乱し、結果として得られる画像が表示されます。 反射強度だけでなく、位相情報も記録します。 そのため、7Dホログラムは7つのパラメータで高品質のホログラムをキャプチャする技術です。 3Dホログラム技術と7Dホログラム技術を区別すると、主な違いは、7Dホログラムが被写体またはシナリオ全体を囲む多数の位置からキャプチャされることです。 7Dは7次元またはパラメータを意味し、我々は3D空間における各位置を記述し、この位置は2D空間における観察方向を捕捉し、さらに、我々は各方向について捕捉する2つのパラメータ、すなわち時間および強度を有する。 立体視と奥行き知覚を平行して記録すると、結果として得られる画像は視聴者の動きに合わせて動きます。

f:id:hibiki-love:20190316004752j:plain



最近、日本のチームは燃えるような感覚のように害を与えることなく触れることができるより現実的なイメージパターンを作りました。この技術は、ドバイモール、映画館、その他の公共の場で現在使用されているため、間もなく手頃な価格になると予測されています。通常のテレビでも、7D映画を見ることができます。 7D空間で世界を考えてください。それがそれに影響を与えることが私たちの生活や生活水準に影響を与えます。今私と一緒に7Dホログラム技術の世界に来てください、あなたが同時に2つ以上の異なる場所にいると想像してください。講義を複数の教室に同時に配信できます。そして最も重要なことに、あなたはそれらを想像する代わりにあなたの講義のシナリオを作成することができます。このテクノロジーが手ごろな価格になると、個人用ホログラフィックプロジェクターが学生の居間での講義への参加を可能にします。英語を話す人でいっぱいの部屋とスペイン語を話す人でいっぱいの部屋をつなげて、海を飛び越えなくても実際の会話ができるようになるのは、とてもクールです。世界中の人々を近づけることに成功しているさまざまなインターネット技術のおかげで、世界を近づけることは共通の目的でした。7DHologramは、この観点で新しい次元を追加しました。あなたは放送現場シナリオにおけるその実装の1つを想像することができます。

このシミュレーションの助けを借りて、あなたは霊的存在と経験を理解し説明することができます。 あなたも近い死の経験を説明することができます。


シミュレートすることで、あなたは自分の心がどのようにして記憶を集めて記憶するか、あなたがどのように認識し、そしてどのように忘れるかを認識することができます。 基本的に、あなたの心はそれ自体が時間と空間の外で作成されたホログラフィック投影です。 ホログラムはあなたが想像できる無限の技術です。 たとえそれが人生のあらゆる面を変えます。 この技術の代替効果があるとすれば、それは他のどの技術よりも有害ではありません。それは軍事目的で使用され、紛争につながる可能性がある陰謀を達成するためです。

完全に実装されたこの技術は、あらゆる分野の生活に歴史的変化をもたらします。 その可能性は本当に刺激的です。 この技術はまだ実用段階にあります。 それが実装されようとしているとき、7Dホログラム技術で私たちがあなたの想像に従って世界を見ることができると言うことは間違っていません。

 

 

商業的に利用されるクロストリジウム属菌(セルロース由来のバイオエタノール)

WIKIPEDIAより参照

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%A0%E5%B1%9E

 


商業的に利用されるクロストリジウム属菌

C. thermocellum(クロストリジウム・サーモセラム)
好熱性。セルロソーム[注釈 1]という特徴的な酵素複合体[16]を有し、効率的なセルロース分解を行う。また、C. thermocellumのセルロース分解は酸素を要求しない。しかも、この細菌は好熱性であるため、発酵の進行とともに培養槽温度を上昇させる発酵熱を除去する冷却コストを削減することができる。このため、リグノセルロース系資材を基質とした燃料エタノール生産に利用できる。

Clostridium acetobutylicum(クロストリジウム・アセトブチリクム)
アセトン-ブタノール-エタノール発酵を行う。1910年ごろ、ハイム・ヴァイツマン[ 英: Chaim Weizmann ](イスラエル初代大統領)によって発見され、また、火薬とトリニトロトルエンの生産のためにデンプンからのアセトンとブタノールの生物学的生産に用いられた。このため、「Weizmann organism」と呼ばれる。この株は近年バイオブタノール合成の研究で注目されている[17]。

C. butyricum(クロストリジウム・ブチリカム)
本属のタイプ種である。酪酸菌群を含み、整腸剤としても用いられる。腸内常在菌「宮入菌」など有用な株がある一方、一部の株はE型ボツリヌストキシンを産生し食中毒の原因となる[18]。MIYAIRI 588株は、病原菌のC. difficile の生育後期の増殖を阻害するため、日本、韓国、中国で販売されている。

 

C. ljungdahlii(クロストリジウム・リュングダリイ)
好気性のC. ljungdahliiは食用の廃鶏で、合成ガス(化石燃料バイオマスから生じる一酸化炭素と水素の混合ガス)といった単一の炭素源からエタノールを合成することが発見された。このことは、化石燃料バイオマスの非効率的な燃料からエタノールを合成できることを意味する。この細菌を用いた、合成ガスからエタノールを生産する試みは米フェイエットビル (アーカンソー州) で「BRI Energy facility」のパイロットプラントで行われている。

クロストリジウム属菌はガン細胞を選択的に攻撃することが知られており、また、いくつかの菌株は充実性腫瘍へ入り込んで増殖することができる。このため、非病原性のクロストリジウム属菌は腫瘍へと治療用タンパク質の運搬に利用できる可能性があり、実用化に向けた研究が進められている。

病原性クロストリジウム属菌は、近年、医療分野においてその偏性嫌気性菌としての能力を利用したがん治療への応用が期待されている。また、(Shaw 2010)によって、自閉症をもつ小児の尿より本属が作り出す物質3-(3-ヒドロキシフェニル)-3-ヒドロキシプロパン酸(略称:HPHPA) が高濃度で検出される報告がなされ、カビ毒の向神経作用が注目された。